鞠莉「チカっちは私の事好き?」千歌「そりゃぁ好きですけど…」

シェアする

鞠莉-アイキャッチ4
1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:33:37.56 ID:NJrglKlT.net
鞠莉「Hi!ちかっちぃ!」ワシワシ

千歌「Wow!何ですかーもー!」プンスカ

鞠莉「ちかっちぃ!怒ってる割に割とノリがいいじゃない♪」

元スレ: 鞠莉「チカっちは私の事好き?」千歌「そりゃぁ好きですけど…」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:34:06.30 ID:NJrglKlT.net
千歌「はぁ…」

鞠莉「ねっねっ、ちょ〜っち1つQuestionしていい?」

千歌「いいですけどぉ…」
3: 即興、書き溜めなし(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:35:17.64 ID:NJrglKlT.net
鞠莉「ちかっちってさぁ、何だかんだ胸を揉まれても怒らないよね」

鞠莉「なんだかんだ言っても私の事好きなんでしょ♪」

千歌「はぁ…まぁ好きですけど…」
5: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:35:57.06 ID:NJrglKlT.net
鞠莉「良かったぁ〜!ちかっちに嫌われてなくって!」

千歌「そんな〜嫌う理由なんてあるわけないじゃないですか〜」ヘラヘラ
6: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:37:18.06 ID:NJrglKlT.net
鞠莉「じゃあもう少しQuestion!」

鞠莉「私の…彼女なんだけどさ、果南の事は好き?」

鞠莉(正直…こうも正々堂々と彼女宣言するのは、私もちょっち照れるかな…///)
7: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:38:25.55 ID:NJrglKlT.net
千歌「もちろん大好き!大切な幼馴染だよ♪もちろん曜ちゃんも!」

鞠莉(そうか…良かった良かった、幼馴染は仲良いに限るよね♪)

鞠莉「その台詞が聞けてHappy!でも、質問の先読みはしないでね♪」

千歌「え〜…」
9: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:39:35.17 ID:NJrglKlT.net
鞠莉「じゃあさ、りこっちぃは?好き?嫌い?」

鞠莉(一時期、チカっちはりこっちにゾッコンラブなように見えたけど…)
10: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:42:08.56 ID:NJrglKlT.net
千歌「大切なお友達だよ!大好き!」

鞠莉(どうやら私の勘違い…って事で決まり…か…)

鞠莉(家が隣同士って知った時はどこのラブコメ?って思ったりしたものだけど…)
11: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:43:22.01 ID:NJrglKlT.net
鞠莉「じゃあ…マルっちとルビィちゃんと善子ちゃんは?」

鞠莉(この3人は別に質問する必要ないけど、まぁ一応ね…)

千歌「一気に畳み掛けてきましたね…疲れました?」

鞠莉「好きなの?嫌いなの?」
12: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:45:51.01 ID:NJrglKlT.net
千歌「好きですよ〜!特にルビィちゃんとマルちゃんは真っ先に勧誘しましたし…」

鞠莉「それはFaceが好みだったから?」ニタァ

鞠莉「一時期の千歌ちゃん、『ルビィちゃん!マルちゃん!』って隙きあらば抱きついてたって、曜ちゃんから聞いてたけど?」
13: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:46:42.49 ID:NJrglKlT.net
鞠莉(あぁ…私って本当、意地の悪い質問…好き…♪)

千歌「イ…イエ〜ス…」タジタジ

千歌「でも今は性格とかも含めて好きです!」

鞠莉「分かってる…分かってるから…そんなに必死にならないで♪」ケラケラ
14: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:47:09.53 ID:NJrglKlT.net
千歌「もう…」ハァァ

鞠莉「じゃあ…」

千歌「!!!(ドキッ)」
15: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:48:38.67 ID:NJrglKlT.net
鞠莉「最後になるけど…ダイヤ…の事はどう…?」
16: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:50:40.47 ID:NJrglKlT.net
千歌「………」

鞠莉(身体が固まってるよちかっちぃ…ねぇ…)

鞠莉「ちかっちぃ…?」フリフリ

千歌「………」

鞠莉「………ニタァ」
17: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:52:20.29 ID:NJrglKlT.net
鞠莉「千歌さん!!!!!!」

千歌「はい!!!なんでしょう!!!」ビシッ

鞠莉「ダイヤの事は好きか嫌いか〜って話でしょ?」

鞠莉「ダ・イ・ヤー!くろさわだいや!分かる? Do you understand?」
18: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 23:53:12.75 ID:NJrglKlT.net
千歌「はい…///」

千歌「好…です…ダ…さ…の事…///」ボソボソ

鞠莉「Pardon?声が小さい!!」

鞠莉(顔真っ赤にしちゃって…もう〜か〜わいいんだから♪)
21: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:00:20.15 ID:Ndg4Uvxr.net
千歌「ダイヤさんの事も好きですよ!冷たいように見えて実はすごく優しいし
   誰よりもみんなの事を理解している所も好きだし、
   いつもユーモアたっぷりだから一緒にいてすごく楽しいし!
   もうあんな人がお姉ちゃんなルビィちゃんが羨ましくてしょうがないって、いつも思っているんですよ!
   ダイヤさんと少しでも多くお話したくて、いつもダイヤさんの側に居ようとするのに
   いつも鞠莉さんがダイヤさんをからかってたり、ルビィちゃんと姉妹コントやってたり!
   なかなか二人だけになれなくてもどかしくって、でも私はダイヤさんと少しでも会話できるだけで凄く舞い上がっちゃって
   頭をナデナデされた日には一日中幸せな気分になって、翌日は寝不足になっちゃって
   ダイヤさんと一分一秒でも長く居たいんです!
   これで嫌いなわけないでしょう!?えぇ!?鞠莉さん!!!」ベラベラベラ
22: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:03:33.17 ID:Ndg4Uvxr.net
鞠莉(ハッ…!あまりの迫真さに頭がグラングラン揺さぶられた…!
  何よこれ〜…ねっつれつぅ〜…もう顔中がルビィ色になっちゃって…♪
  もう大好きがとめどなく溢れ出してるじゃない♪ちかっち♪)

千歌「うぇっ…うぇっ…あ…///」パクパク

鞠莉「ちかっちごめんねぇ〜♪今までそんな想いしてただなんて私、まったく気づかなくって…」

千歌「まりさ…その…ちが…///」
23: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:04:47.81 ID:Ndg4Uvxr.net
鞠莉「大丈夫!これからはダイヤとできるっだけ二人っきりになれるようにセッティングしてあげるから♪」グッ

千歌「…!!!///アリガトゴザマス…」モジモジ

鞠莉「協力してくれてありがとうね、ちかっち♪もう終わりだから♪チャオ♪」フリフリ

千歌「グ…グッバ〜イ…」フリフリ
24: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:05:16.00 ID:Ndg4Uvxr.net
鞠莉「さぁ〜てつ〜ぎ〜は…♪」
26: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:07:25.14 ID:Ndg4Uvxr.net
鞠莉「チャオ〜♪ダイヤ!」ポーン

ダイヤ「何ですか、あなたは急に…」

鞠莉「まぁ、いいからいいから♪」

鞠莉(ダイヤの胸揉むと本気で締められちゃうからね♪やらない♪)
28: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:09:04.66 ID:Ndg4Uvxr.net
鞠莉「突然ですがダイヤにタ〜イムショック!」ファッ!

ダイヤ「はぁ…なぜあなたは時々意味不明な事…」

鞠莉「はい!第1問!ダイヤは私の事…好き?」デデデデデ…

ダイヤ「えっ…?」コンワク
29: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:10:59.49 ID:Ndg4Uvxr.net
鞠莉「ほら、早く早くぅ♪時間がどんどん減っていくからっ」

ダイヤ「えぇまぁ…はい、もちろん好きですが何か…」

鞠莉「OK…じゃあ果南の事は…?」

ダイヤ「…大切な幼馴染ですわ、好きです」
30: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:12:10.36 ID:Ndg4Uvxr.net
鞠莉「次、ルビィちゃんの事は好き?」

ダイヤ「愚問を…大好きに決まってますわ!!!
    ルビィに嫌われたとしたら切腹するぐらいに…」

鞠莉「リコっちと曜ちゃんとマルっちと善子ちゃんは?」

ダイヤ「かなりまとめてきましたね…やっつけですか?」

鞠莉「いいからいいから〜♪」
31: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:14:21.74 ID:Ndg4Uvxr.net
ダイヤ「私の大切な仲間です!嫌いになんか、なりっこありませんわ!」

鞠莉「それじゃあ最後〜♪」

ダイヤ「………///」カァァ

鞠莉(うわ〜…問題出す前に顔真っ赤に染めて…分かりやすいんだから♪可愛い♪)
32: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:15:49.79 ID:Ndg4Uvxr.net
鞠莉「ちかっち…いや、高海千歌さんの事は…好き?それとも嫌い?」キリッ

ダイヤ「…なんで最後だけそんなにかしこまった言い方なんですか!///」

鞠莉「ほら!早く言って言って!もう時間ないから!!!ねっ!!!」ホラホラ
35: 訂正(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:20:13.87 ID:Ndg4Uvxr.net
ダイヤ「スゥゥ…好き…好きですわ! いつも『ダイヤさん!ダイヤさん!』って可愛らしく駆け寄ってきて
    いつも私の側をくっついてくる所でしたり…
    でも、千歌さんの私に対する感情は、ただの先輩に対するソレなんだ思って落ち込んだり…
    そう!だらしない様に見えてやる時はやる所!私達3年の教室に突入して来た時等…
    それに幼いように見えて時々見せる真剣な顔がとっても麗しくてドキっとさせられたり…
    でもっでもっ…私の千歌さんに対する好きはそんなんじゃないですからねっ!勘違いしないでくださいっ!///」
36: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:22:57.25 ID:Ndg4Uvxr.net
鞠莉(よっっっっっっし!!!!!キタキタキタ!!!)

鞠莉「はい、ありがとうダイヤ♪とってもあっつ〜いのを…♪」

ダイヤ「ですから!!!そういうのじゃ…なくって…」モジモジ

鞠莉「いいっていいって♪そうそう、自分の気持ちは大切にしてね♪チャオ〜♪」フリフリ

ダイヤ「あっ…行っちゃいましたわ…」



鞠莉(二人共ほんっっっと分かりやすすぎ!これでくっつかないとか本当ありえないから!
  理事長の権力で無理矢理…いやいや、こういうのは当人同士で気づくべきよね♪
  まぁ、ダイヤをしっかり焚き付けといたから、どうなる事やら…♪)ニヤニヤ
37: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:23:09.85 ID:Ndg4Uvxr.net
あ、終わりです 即興
41: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 00:37:14.47 ID:Ndg4Uvxr.net
マリーが二人の気持ちを聞いて
こいつらお互いニブすぎだろさせたいだけの話
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『鞠莉「チカっちは私の事好き?」千歌「そりゃぁ好きですけど…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。