何かがおかしいラブライブ!

シェアする

μ's-アイキャッチ26
1: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/06(月) 23:55:23.83 ID:CzOhEaBk0
~部室~

「今日、集まってもらったのは他でもないわ」

「まさかこんな…スピリチュアルなことになるなんて」

「ほんとに…どうすればいいのよ」

「私に聞かないでよ!」

「凛達…これからどうなっちゃうの?」

「だ、ダレカタスケテ-!」

「早急に解決策を見出さなくてはいけませんね…」

「このままだと、普段の生活にも支障がでちゃうもんね…」

「あぁもう!一体どうすればいいの!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412607313

元スレ: 何かがおかしいラブライブ!

スポンサーリンク
3: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/06(月) 23:58:21.68 ID:CzOhEaBk0
「まさか…私達の身体が入れ替わるなんてね」

「どーしよー!!」

「あ、有り得ないわ!!こんなこと…」

「有り得ないって言っても、現状なってしまってるやん?」

「それは…!」

「でもでも、何で凛達の身体が入れ替わっちゃったのかな?」

「どうせ希がなにかしたのでしょう」

「そ、そんなわけないよ!ウチはこんなことできない!!」

「そうだよ!何でも希ちゃんのせいにするのはよくないよっ!」

「っ…すみません」

「だけど、そろそろ授業が始まっちゃうしどうしよう…」

「…」
4: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/06(月) 23:59:35.02 ID:CzOhEaBk0
「と、取り敢えず…誰が誰に入れ替わってるのか確認し合いましょ?」

「はい!私は高坂穂乃果ですっ!」

「穂乃果は私ですか…ハッ!」

「え、えーと…凛ちゃんじゃなくて海未ちゃんだね」

「はい」

「それで、絵里ちゃんはことりちゃんだにゃ」

「うん♪」

「凛は私なのね…私ってこんな馬鹿っぽい顔してたの?」

「酷い!」

「真姫ちゃんは希ちゃんに入れ替わってるんだね」

「そうよ。朝から身体が重くて仕方ないわ」

「真姫ちゃん、それどういう事なん…?」

「む、胸の話…」
5: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/07(火) 00:00:27.43 ID:24ShRYyz0
「ふ〜ん…で、花陽ちゃんはにこっちなんやね」

「はいっ!何だか身体が軽くて動きやすいです!!」

「ちょっとそれ、嫌味か何かかしら…?」

「そ、そういう訳じゃ…」

「にこはことりに入れ替わったのね」

「そうよ。朝起きた時家に理事長がいたものだからびっくりしたわよ」

「えりちは花陽ちゃんやね」

「えぇ、なんだか視点が低くて新鮮だわ〜。あ、別に花陽の背が低いって言ってるわけじゃないのよ!!」

「だ、大丈夫です…」

「それで、希ちゃんは私に入れ替わったと」

「そうなんよ。朝から状況掴めなくて焦った焦った」

「希でも焦ることあるのね」

「そりゃ、非現実的なことやもん。皆も焦ったやろ?」

「ま、まぁ…それなりには」
6: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/07(火) 00:01:24.90 ID:24ShRYyz0
キーンコーンカーンコーン

「ちゃ、チャイムがなっちゃった…」

「ですが授業には出ないといけません。教室に戻りましょう」

「ねぇ!これってもしかすると、前にやった組み合わせだよね!?」

「そう言えばそうかも…」

「ホントだ!それなら簡単にゃ!」

「よーし!頑張って穂乃果ちゃん演じるでー!」

「希ちゃん!穂乃果の身体で関西弁は禁止だよっ!」

「っと、ごめんごめん〜♪」

「そう言う穂乃果こそ、私なんですからちゃんとした話し方でお願いしますね」

「あー!凛はそんな話し方しないにゃー!!」

「ちょっと凛!ニャーニャー言わないで!!それに、授業は絶対寝ないでよ!?寝たら引っぱたくから…!!」

「お断りします!」
7: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/07(火) 00:02:15.09 ID:24ShRYyz0
「り、凛の話し方…凛の話し方…」

「海未」

「ファイトですよ」ニコッ

「そうよ。貴女なら出来るわ」ドヤチカチュン

「む、無理ですー!!」

ワイワイ

「…はぁ、普段通りでいいのよ普段通りで。ね?」

「ぴゃあ!」

「にこっ!」

「やるったらやる!」

「…」

「ことりぃ、何だか頭が痛くなってきたかもぉ♪」キャピッ
8: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/07(火) 00:03:32.34 ID:24ShRYyz0
〜1年の教室〜

エーココノコウシキハ

「(1度やったことある授業をもう一度やるって退屈ね…でも花陽の為にノートは取っておかなくちゃ)」カリカリ

「(うわっ…何ですかこのノート。落書きだらけじゃないですか!!全く…だから成績が上がらないのです!)」

「zzz…」スヤァ

「(よく前の席で寝ていられますね…)」

「(真姫に寝るなって言われてたわよね…?)」

「zzz…」スヤァ

先生「は〜いじゃあこの問題を西木野さん」

「にゃっ!?」ガタッ

「え、えと…」アセアセ

先生「?」
10: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/07(火) 00:04:57.13 ID:24ShRYyz0
「何それ!イミワカンナイ!」

先生「これ…一昨日やったところなんだけど」

「!?」

先生「ちゃんと復習してくださいね。まぁ、西木野さんなら大丈夫だと思うけど…」

「「(あーあ、可哀想な真姫)」」

先生「スクールアイドルの活動が忙しいのかもしれないけど、前の席で堂々と寝るのは勘弁してね」

「は〜い」

「(あちゃ〜、早速やっちゃったにゃ。ま、何とかなるか)」
28: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/16(木) 23:53:55.94 ID:ST5cli8f0
〜2年の教室〜

先生「え〜…と、言うわけだから光源氏は…」

「(眠い…でも、寝たら戻った時に海未ちゃんに怒られちゃう)」

「(この先生の授業ホント眠くなるんだよね。参ったなぁ)」

「(ふふ、穂乃果ちゃんたらウトウトしちゃって…でも、ウチも同じ授業やったなぁ源氏物語。もう一年経つんやね)」

「(そうそう、ここはこんな感じやったんや)」

「(…にこっち、大丈夫かな?)」

「…」

「(マズい…さっぱりわかんない)」

「(去年やった筈よね!?困難だったか全然覚えてないんだけど…)」

「(…てゆーか、ことりのノート面白いわね。謎のイラストが大事なところ押さえてくれてるし。はぁ、勉強の出来る人のノートってこんななのね)」

先生「え〜…それじゃあここの文章を和訳してもらえるかな。南さん」

「へ!?」ガタッ

先生「そんなに慌てんでも…」

「あ…えと…」

「に、にっこにっk「にこ…ことりちゃん」ボソッ

「希?」

「これ、見て」スッ

「(カンペ?)」ペラ

「えーと、光源氏は…」

先生「うむ、きっちり和訳できてますね」

「ほっ」

「(よかったよかった)」

ヘ-、ホノカヤルジャン

「(うっしっし、こんなところで私の株が上がっちゃったよ)」
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/17(金) 00:15:29.19 ID:LiTeS5Jd0
〜運動場〜

「まさか…体育だなんて」タッタッ

「3年生の体育って色んなことが出来るから楽しそうだよね」タッタッ

「でもテニスなんだよね…私、苦手だなぁ」タッタッ

「大丈夫!ラケット振ったらボールは飛ぶから!」タッタッ

「…テニスは野球と違うわよ?」タッタッ

「それくらいわかってるよぅ」タッタッ

先生「おーいそこ!喋ってないでしっかり走る!」

「「「は、はーい!!!」」」タッタッ
30: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/17(金) 00:16:59.88 ID:LiTeS5Jd0
〜テニスコート〜

「それ〜っ♪」パコ-ン

「きゃっ!ちょっと!どこ打ってるのよ!」

「ごめんね真姫ちゃん」

「絵里!」

「…じゃなくて希」

「はぁ…こんなんだと先が思いやられるわ」

「希!アンタもそんな話し方だと怪しまれるわよ」

「うぇっ」

「全く…アイドルたるもの、これくらいできないとダメなんだから」ヤレヤレ

「「…」」

「「(花陽(ちゃん)の演技力が凄い…)」」

「そ、そうね。ちゃんとやらなくちゃ」

「…」

「希!」

「仕方のないことなのよ。ほら、希も」

「…わかったわよ」

「え、えりち〜!いくでぇ〜!」

「ハラショー!」グッ

「にこっ!」
31: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/17(金) 00:34:51.25 ID:LiTeS5Jd0
〜昼休み 部室〜

「な、何とかお昼休みだよ…」

「穂乃果、寝ていないでしょうね?」

「大丈夫だよ!ね?にこちゃん」

「えっ!?え、えぇ!」

「にこっちはさっきの時間スヤスヤやったもんね」

「希!」

「にこちゃん酷い!ちゃんとノート取ってよぉ!」

「一応ノートは取ってたから!心配しなくても大丈夫だから!」

「ほっ、良かったぁ」

「ねぇ凛、あなた変なことしてないでしょうねぇ」

「う、うん…」シラ-

「ちょっと!目を合わせなさいよ!」

「凛は何も知らないにゃ!恨むなら凛に入れ替わった自分を恨むにゃ!」

「まさか…授業中に寝たんじゃないでしょうね…?」

「し、知らない!」

「絵里!」

「寝てたわよ。しっかりと、気持ちよさそうに」

ゴッ
32: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/17(金) 00:35:50.88 ID:LiTeS5Jd0
「痛いにゃ!」

「この…バカッ!」

「自分が自分に怒ってるなんておかしな光景だね」

「そうね。私としてはあんな怖い目つきの希の方がおかしいと思うけど」

「ホントだよね〜。入れ替わっても中の人の特徴はちょっと出てるのが面白いね」

「ちょっとでも出てるなら一大事になりかねませんよ…」

「海未ちゃん!他の子と話してた時敬語になってたよ!」

「えぇっ!?すみません…無意識に、つい」

「そう言う凛だって、当てられた時『わっかんないにゃ〜』とか言って誤魔化してたくせに」

ゴッ

「二度もぶった!」

「当たり前よ!凛!私が変な子になっちゃうじゃない!!」

「何言ってるの。入れ替わる前から充分変だよ」

「っ!!」

「まぁまぁ、二人とも落ち着いて。ウチ、そんなに怒ってばっかりの自分なんて見たくないんよ」

「…ごめん」

「改めて見ると、希が入った穂乃果ってとても落ち着いて見えますね」

「ホントだ。普段の穂乃果ちゃんもいいけどこっちの穂乃果ちゃんもいいね」

「えぇー!それって私落ち着いてないってこと〜?」

「全くもってその通りです」
37: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 12:17:12.04 ID:s3upC4BiO
〜屋上〜

「1日が終わったけど、元に戻る気配はないわね」

「色々疲れた…」

「そうだね…授業も知らないことばかりだったし」

「3年生の授業って大変だね」

「そうですね…凛も疲れたにゃ」

「海未ちゃん、すっかり凛ちゃんになりきってるね」

「つ、つい!」

「にゃーっ!海未ちゃんも凛と一緒ににゃんにゃんするにゃー!!」

「しませんから!!」

「ウチは楽しかったよ。何だか昔に戻れたみたいで」

「まぁ、3年の私達からしたら楽しかったと捉えるわよね。実際ちょっと楽しかったし」
38: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 12:17:51.44 ID:s3upC4BiO
「でも、このまま戻らないと大変なことになるよね」

「大変なこと?」

「3年生に入れ替わった3人だよ。このままだと花陽ちゃんと真姫ちゃんは2年の授業聞かないで卒業することになっちゃうよ」

「ほんとだ!かよちん凛より先に卒業しないで!!」

「大丈夫だよ…」

「1日経てば戻ってるでしょ。よくあるオチよ」

「(にことしてはもう一年やった方がいいんだけど…)」

「…」

「と、取り敢えずどうしますか?」

「練習、する?」

「入れ替わった状態で練習するの?」

「だよね…パートも違うし」

「それなら、基礎トレだけでもやりましょう。動きも同じだし」

「だね」
39: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 12:18:33.31 ID:s3upC4BiO
「(凄い…スイスイ動く)」

「(凛と入れ替わってもあまり変わらないですね…)」

「(絵里ちゃん凄いなぁ…体の柔らかさなら自信あったけど私はここまで足開かないよ)」

「(身体が軽いです…)」

「(真姫ちゃん…全然体力無いにゃ)」ハァハァ

「(…大き過ぎるのも面倒ね)」

「(ことりは思ったよりもキチンとトレーニングしているのね )」

「(穂乃果ちゃん、また太った?)」

「(何だか…窮屈ね)」
40: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 19:40:32.19 ID:qHKuO1JMO
「はぁ〜終わったぁ」

「さ、帰りますよ」

「えぇと、絵里ちゃんの家って…」

「あ、そうか。私今海未ちゃんだから自分の家に帰っちゃダメなんだ」

「真姫ちゃん、家にある物なら適当に食べていいから戸締りだけはしっかり頼むね」

「そう言えば、希ちゃん一人暮らしなんだね…」

「あ…」

「だ、大丈夫よ!普段とそんなに変わんないから」

「…それもそれで寂しいわね」

「花陽、ココロ達頼んだわよ」

「う、うん…」

「まぁでも、今日は親も早く帰ってこれるみたいだからご飯のしたくは必要ないと思うから。お風呂だけは付き合ってあげて」

「了解ですっ!」

「凛、何度も言うけどはしゃがないでね…!」

「大丈夫だよ…」
41: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 19:41:26.13 ID:qHKuO1JMO
〜帰り道〜

「はぁ…」

「にこっち、溜息なんかついてどうしたん?」

「家に帰ったら理事長がいるのよ?緊張するわよ」

「あはは、家にいる時は全然違うよ。だから緊張する必要なんてないない」

「アンタは付き合い長いからでしょ?私なんて面と向かって話すの昨日が初めてなのよ?」

「まぁ、何とかなるよ!」

「そうそう、希ちゃんの言う通りだよ!」

「…そうね」
42: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 21:43:37.66 ID:+eftfrnj0
「かよちん、帰りにラーメン食べに行こう?」

「凛、今は絵里ですよ」

「あっ」

「凛、花陽の体重がすぐに増えるのって貴女が原因じゃないの?」

「そ、そんなことないにゃ〜」シラ-

「けど、この身体が燃費悪いわね。お腹減ったわ〜」

「じゃあじゃあ!ラーメン屋さんに行くにゃー!」

「晩御飯まで我慢できるわよ」

「ちぇ〜」

「それに、今の凛は真姫なんですから余計なことをしたらまた怒られますよ?」

「そうだった!」

「でも何か不思議だね〜、自分と会話してるのって」

「…まぁ、本来なら有り得ない体験ですね」

「(ご飯…ご飯食べたい)」

「絵里ちゃん?」

「へ?」

「どうしたの?ボーっとして」

「ご、ごめんなさい。ちょっと考え事してて…」
43: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 21:44:48.25 ID:+eftfrnj0
〜希のマンション〜

「ただいま」

シーン

「…わかっていたけど、少しくるわね」グッ

「えぇと、帰ったら洗濯物取り込んでてって言われてたわよね」

〜にこの団地〜

「た、ただいま…」

ココロ「お姉さま、お帰りなさい!」

ココア「お帰り〜!」

虎太朗「おかえりー」

にこ母「お帰り、にこ」

「(へへ、家族がいっぱいって何だか楽しいな)」
44: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 21:45:54.46 ID:+eftfrnj0
〜絢瀬家〜

「ただいまぁ」

亜里沙「お姉ちゃんお帰りなさい」

「あ、亜里沙ちゃん」

亜里沙「どうしたの?ちゃん付けなんて」

「な、何でもないわよ!」アセアセ

亜里沙「…変なお姉ちゃん」テテテ

「(うぅ、絵里ちゃんの家って初めてだよぅ。全然何がどこにあるのかわかんない…)」

オネ-チャ-ン?ゲンカンニズットイタラサムイヨー?

「え、えぇ!」スタスタ
45: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 21:47:06.45 ID:+eftfrnj0
〜高坂家〜

「だだいまぁ」

雪穂「お姉ちゃんお帰り〜」

穂乃果母「お帰り穂乃果、今日は早かったのね」

「…っ」ジワッ

雪穂「お姉ちゃん!?」

「ご、ごめんね…何だか涙が止まらなくて」

「(あぁ…家族がいるって幸せやな。帰ってきたら『お帰り』って返事されるってこんなにうれしいんやな)」グスグス

穂乃果母「いきなり泣き出してどうしたのよ?何か失敗でもあったの?」

雪穂「どーせお姉ちゃんのことだから明日テストとかそんなんじゃないの?」

「えっ、ちが」

穂乃果母「だからあれだけ勉強しなさいって言ったでしょ!?マンガばっかり読んで…!次赤点だったら没収するからね!!」

「…」

「(穂乃果ちゃん…家族からの扱い悪いね)」
46: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 22:51:44.07 ID:+eftfrnj0
〜深夜、海未の部屋〜

「海未ちゃん…メールにきっちり宿題やったか聞いてくるんだから。おかげでこんな時間までかかっちゃったよ」

「…明日になればきっと戻るよね」

「でも、もしこのまま戻れなかったら雪穂やお母さんとは…もう」

「だ、ダメだダメだ!絶対、絶対に戻るよ!!」

「寝よう!明日になったら自分の部屋にいるんだ!!」

ガラッ

「おやすみなさーーーーーーい!!!!!!!!」

ウルセ-!

「ご、ごめんなさい」
47: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 22:52:40.92 ID:+eftfrnj0








しかし、穂乃果の想い虚しく入れ替わった状態は数週間続いた。そしてある日
48: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 22:53:49.87 ID:+eftfrnj0
「も、戻ったー!」

「ほんとだ!やったね穂乃果ちゃん!!」

「うん!」

「あぁ…この感覚が懐かしい」

「はぁ…」

「かよちんよかったにゃあ」

「うん…うん!」

「あぁ、これよこれ!この身体こそがにこにーなのよ!!」

「時間はかかったけど…何だかんだ戻れて良かったわね」

「…そうやね」

「希?」

「ううん、何でもない。さ、練習行こ?」

「えぇ!」
49: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 22:54:35.58 ID:+eftfrnj0
おしまい…?
53: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 23:29:08.55 ID:+eftfrnj0
「…元に戻ってめでたしめでたし。とはいかなかったみたいやね」

「実は、時間がかかりすぎで入れ替わったみんなが本人と思い込むようになってしまったんよ」

「脳みそって面白いね。記憶がすり替わってるんやもん。元の記憶なんてこれっぽっちしか残ってないと思うよ」

「え?何でウチがそんなこと知ってるのかって?」

「だってそれは…」
54: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 23:30:22.60 ID:+eftfrnj0






























「私、西木野真姫だから」




























55: ◆yNF8wMfqFk 2014/10/21(火) 23:31:14.39 ID:+eftfrnj0
ホントの終わり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
何かがおかしいラブライブ!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『何かがおかしいラブライブ!』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。