穂乃果「GW暇だなぁ」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ29
1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 19:41:00.66 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「せっかくのお休みだし、家でゴロゴロしてないで何かしなきゃ!」

穂乃果「よし、>>3するよっ!」

元スレ: 穂乃果「GW暇だなぁ」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 19:41:53.40 ID:08KaL0W8.net
電車の運転士
5: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 19:48:05.88 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「変わったことやりたいし、電車の運転士やろうっと!」

穂乃果「って言っても、さすがに穂乃果じゃ電車は運転できないよ……」

穂乃果「でもやりたいなぁ……あっ、確かなわとびがここに入ってたはず」ゴソゴソ


穂乃果「あった! よし、これを体に巻き付けて……」

穂乃果「これで電車の運転士ごっこができる!」

穂乃果「さて、外へくり出すよ!」

穂乃果「この電車は〜シアワセ行き〜」

穂乃果「テンション上がってきたあああ!」
6: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 19:52:03.63 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「ふんふーん♪」

穂乃果「穂乃果電車は階段も登っちゃうよ!」

穂乃果「フゥフゥ……」



穂乃果「めっちゃ疲れた……帰ろうかな……何やってんだろう穂乃果」

穂乃果「あっ、あれは>>7ちゃん!」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 19:53:13.62 ID:08KaL0W8.net
うみ
10: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 20:00:06.10 ID:+ObyVas1.net
海未「穂乃果ではありませんか。何をしているのですか?」

穂乃果「電車の運転士ごっこ! どう? うしろ、乗ってく?」

海未「へばってた電車は怖いので、あまり乗りたくないのですが」

穂乃果「へばってないよ! 今休憩したし!」

穂乃果「今日乗客いなくて快適だと思うんだけど。貸し切りだよ!」

海未「嫌ですよ、誰かに見られたら恥ずかしくて死んでしまいます」

穂乃果「穂乃果は一人でコレやってたんだけど!?」

海未「知りませんよ……穂乃果は、まぁ、やっててもしょうがない感じですし」

穂乃果「しょうがない感じって何!?」

穂乃果「やってよやってよ〜おねがい海未ちゃ〜おねがい〜うみちゃ〜」

海未「いやですいやですいやです〜」
12: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 20:09:22.49 ID:+ObyVas1.net
海未「うぅ……無理やり乗客にさせられてしまいました///」

穂乃果「ガタンゴトーン。ガタンゴトーン」

穂乃果「え〜次は〜……特に決まってないよ〜」

海未「こんなところを誰かに見られたら、絶対笑われてしまいます///」

海未「穂乃果だから許されるかも分かりませんが、私では……」

穂乃果「ガタンゴトーン! やっぱり乗客がいると気分が違うな〜」

穂乃果「電車ってこんな気持ちで走ってるのかも?」

海未「穂乃果、もう良いのではないですか? 降りたいのですが」

穂乃果「え〜、もうちょっと……あっ、>>14ちゃん!」

海未「んなっ!?」
15: 名無しで叶える物語(なっとう)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 20:10:22.50 ID:FySs6F5+.net
ありさ
19: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 20:17:22.32 ID:+ObyVas1.net
海未「穂乃果! 降ろしてください! 本当に!!」

穂乃果「じゃあ、亜里沙ちゃん駅で降ろしてあげるから待ってて〜」

海未「嫌です! この自動販売機駅で降ろしてください! 喉が渇いたんです!!」

穂乃果「危険な乗り降りはおやめくださ〜い」

穂乃果「亜里沙ちゃ〜ん!」フリフリ

亜里沙「あっ! 穂乃果さんと……海未さん!」

亜里沙「あっ」
22: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 20:27:02.49 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「えへへ、おはよっ! 亜里沙ちゃん」

亜里沙「おはようございます!」

亜里沙「えっと……何をしているんですか?」

穂乃果「う〜ん、電車ごっこかな? 海未ちゃんは乗客なんだっ」

海未「ふふふ、笑ってくれても良いのですよ?」

亜里沙「なるほどぉ……とても面白そうですねっ。こういうのってやった事なくって」

穂乃果「そうなの? 亜里沙ちゃんも乗っちゃう?」

亜里沙「良いんですか!?」

海未「亜里沙、無言で録画するのをやめてください」

亜里沙「ごっ、ごめんなさい! では海未さんの後ろに……えへへ」

穂乃果「ではしゅっぱーつ!」

海未「降りれませんでした……」

亜里沙「ハルァショー!」
23: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 20:39:43.14 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「せんろはつっづく〜よ〜どこまでも〜♪」

亜里沙「きゃー!」

海未「もう何人の人に見られたか分かりません……」

海未「温かい目で見られてはいましたが……もう帰りたいです」

亜里沙「(海未さんの背中……あったかくて良い匂いがする)」

亜里沙「(少しだけ抱きついちゃっても大丈夫かなぁ)……えぃっ」

海未「亜里沙? ……誰か見つかりたくない人でもいたのですか?」

亜里沙「あっ! ごっ、ごめんなさい! 友達が見えたので恥ずかしくて///」

海未「そうでしたか。穂乃果を気にせずに、いつでも降りて良いんですからね」

亜里沙「いえっ! もうちょっとここにいたいです!」

海未「? そうですか。でしたら、恥ずかしくなったら私の背中に顔を埋めてもかまいませんからね」

亜里沙「えっ! ホントデスカ!? ありがとうございます!!」

亜里沙「(ハッルァショー///)」

穂乃果「まだまだ行くよ〜」
25: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 20:51:37.26 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「いや〜、今日は良い天気だし、電車日和だねっ!」

海未「そんな日和はありませんよ……穂乃果、もう電車ごっこはやめませんか?」

穂乃果「え〜、まだ始まったばかりだよぉ? 亜里沙ちゃんはどう?」

亜里沙「ふわぁぁ……はっ、ごめんなさい! ずっと海未さんの背中にくっついてしまって」

海未「それは良いのですが。亜里沙はまだ続けたいですか?」

亜里沙「えっと……もう少しだけ」

海未「うぅ……亜里沙がそう言うなら続けますか」

穂乃果「やったぁ! 亜里沙ちゃん分かってるなぁ! 海未ちゃんとは大違い!」

海未「穂乃果……降りますよ?」

穂乃果「ごめんなさい!! ん? あっ、>>27ちゃんが見えた!」
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 20:54:45.91 ID:uakWY6SF.net
雪穂
30: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:03:44.55 ID:+ObyVas1.net
海未「(今までは大丈夫でしたが、知人に見られるのはもう嫌です!)」

海未「穂乃果! 降ろしてください! もう黒歴史は増やしたくないんです!!」

穂乃果「黒? よく分かんないけどダメだよ〜」

亜里沙「雪穂〜!」フリフリ

海未「亜里沙まで!? くっ、私が何をしたというのですかっ」

穂乃果「」テッテッテッ


雪穂「あっ、おねぇちゃん! って、何やってんの高校生にもなって……」

穂乃果「えへへ、何か思いついちゃって」

雪穂「もぅ……って亜里沙も何やってんの。恥ずかしいからやめて……海未ちゃ……」
35: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:35:59.83 ID:+ObyVas1.net
雪穂「……えっと」

海未「それ以上言わないでください//」

穂乃果「雪穂も乗ってく? まだ席は空いてるんだけど」

雪穂「えぇ〜、あんまり乗りたくないなぁ。子供みたいだし」

雪穂「っていうか亜里沙、午後会う約束してたんだけど、覚えてる?」

亜里沙「……お、おぼえてるよ」

雪穂「はぁ、まぁ良いけど。じゃあ待ち合わせ場所でね」

亜里沙「えっ、じゃあ今から一緒に乗って行こうよ」グイッ

雪穂「えっ、ちょっ、恥ずかしいって!」

海未「しゅっぱーつ!」

穂乃果「おー!」

雪穂「うわああ////」

雪穂「(何かおねえちゃんとこんな感じで遊ぶの久しぶりだなぁ)

雪穂「(ちょっと楽しいかも)」
40: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:50:11.75 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「シュッポーシュッポー」

海未「これって蒸気機関車だったんですか?」

穂乃果「まあまあ、そういうのは気にしなくて良いから」

雪穂「(何で亜里沙は背中に顔を埋めて……あぁ)」

亜里沙「はぁ……今日は最高の日だぁ」



穂乃果「はいとうちゃーく! ここで良い?」

雪穂「ふんふーん。あっ、ここで終わりか」

穂乃果「ははーん、雪穂? 最初は嫌がってたのに、今は楽しくなってたんでしょ?」

雪穂「なっ// そんなことないって!」

穂乃果「照れなくても良いのにー。はい、気をつけて降りてねー。またのご利用を♪」

海未「ではまた」

亜里沙「ありがとうございましたー。さようならー!」

雪穂「(そんなことないよ、最初から楽しんでたもんね)」
41: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:59:18.82 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「ふたりになっちゃったねー」

海未「そうですね」

穂乃果「何か、こうしてるとμ'sができる前のことを思い出しちゃった」

穂乃果「まだ3人しかいなかったけど、頑張って練習して、ライブして」

穂乃果「今も楽しいけど、あの頃も輝いてたよねっ!」

海未「穂乃果……」

海未「そうですね。あの頃からあなたは輝いていました」

海未「あなたがいなかったら、私は今を楽しめていなかったかもしれませんね」

穂乃果「海未ちゃん……」

海未「まぁ、これはあまり楽しくはないんですが」

穂乃果「え〜。あっ>>43!」

海未「うぅ……」
43: 名無しで叶える物語(なっとう)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 22:00:37.12 ID:FySs6F5+.net
こたろう
44: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 22:14:47.31 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「こたろう君、一人だけど迷子なの?」

こたろう「……」コクリ

海未「困りましたね、とりあえず連絡をとってみますね」

穂乃果「うん、にこちゃーん! だめかぁ」



にこ「はぁ……はぁ。ごめんなさいね、ちょっとはぐれちゃって」

海未「会えて良かったですね」

こたろう「ありがとう」

穂乃果「シュッポーシュッポー」

にこ「で、海未? 穂乃果は何をしているの?」

海未「えっと……穂乃果は電車ごっこをしています」

にこ「そっか。穂乃果、一緒に遊んでくれたのね。恥ずかしいでしょうに」

海未「いえ、そこは気にしていないと思いますよ」

にこ「そ、そう?」
45: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 22:22:47.49 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「一緒に乗る? にこちゃんも乗っちゃう?」

にこ「ノリノリね……でも、一旦帰るわ。昼ごはんもあるし、買い物も終わったしね」

海未「そうですか、ではここで」

穂乃果「ばいばーい! またご乗車くださーい!」

こたろう「ばいばい」

にこ「ほんとありがとねー!」


穂乃果「いいコトしたなぁ。まっ、これも電車の大事な役割だしね」ファサッ

海未「ふふっ、忙しい電車さんですね。って、無言で私を乗客にしないでください」

>>47「何やってるの?」
47: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 22:24:11.19 ID:3rq3NcPF.net
まき
49: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 22:38:13.98 ID:+ObyVas1.net
海未「真姫っ!?」

穂乃果「真姫ちゃん!!」ヒュッ

真姫「なっ、何よ! マカナイデ!」

穂乃果「まあまあ、長いものには巻かれようよ」

真姫「ヴェェ……もしかして電車ごっこ? 高校生なのにこんな事して、恥ずかしくないの?」

海未「うっ」

穂乃果「結構楽しいよ! やってみれば分かるって! ほら」

真姫「嫌よ! 降ろしなさい〜」

海未「真姫、やってみた方が良いと思いますよ」

真姫「!?」

海未「あなたは今まで、行う前から可能性を否定してきました」

海未「これをやっても無駄だ。そんな事をしても楽しいワケがない。ラブライブの活動も最初はそうでしたね」

海未「でも、まずはやってみましょう。続けるかの判断は、それからでも遅くはないんですから」

海未「それが未来へ繋がるのです」

真姫「背中で語らないでよ……ショウガナイワネー、少しだけだからねっ」カミノケクルクルクルリンパッ

穂乃果「真姫ちゃん」ウルウル

海未「これで恥ずかしさが分散されますね」
50: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 22:46:38.84 ID:+ObyVas1.net
真姫「チョット、海未! 最後に何か言ったでしょ!」

海未「何も言っていません。聞こえたとしたなら、あなたの弱い心の声です」

穂乃果「しゅっぱーつ! フゥゥゥン……ガタンゴトーン、ガタンゴトン-」

海未「シュッポシュッポシュッポ」

真姫「はぁ、適当な事を言って……」

真姫「(まぁ、こういうのも悪くないかもねっ)」

真姫「次は書店に寄ってよ」

穂乃果「あいよっ!」

海未「寿司屋ですか」
52: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 22:52:37.60 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「書店駅ー書店駅ー。ハクセンノウチガワマデオサガリクダ……サイッ」

海未「何か慣れてきましたね、穂乃果」

穂乃果「アリガトウゴザイ……マッス」

真姫「そのタメやめなさいよ。何か腹立つから。

真姫「じゃあ本買ってくるから。ばいばい」

穂乃果「ばいばーい。さて、待ってようか」

海未「真姫……絶対に抜けさせませんよ」

>>54 チラッ
54: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 22:54:22.78 ID:1GX7tmHM.net
絵里
59: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 23:04:51.77 ID:+ObyVas1.net
絵里「(何で穂乃果と海未が電車ごっこしてるの!?)」

絵里「(海未はこういうのって、恥ずかしそうにするタイプよね)」

絵里「(あれ? もしかして私の電車ごっこに対する認識がおかしいのかしら)」

穂乃果「あれ? 絵里ちゃんだ」

海未「ほんとですね、絵里も誘いましょう」

絵里「(これって普通なの? いや、それは無いわ。落ち着いて、エリーチカ)」

穂乃果「絵里ちゃん!!」

絵里「きゃ! 穂乃果……何をしているの?」

穂乃果「穂乃果? 電車ごっこだけど」

絵里「(やはり電車ごっこだったわ。海未も、電車ごっこですが何か? みたいな表情だし)」

絵里「(ここで一番正しい選択は何なの〜〜!?)」


絵里「そうね、たまには良いかも。私もやるわ」

穂乃果「さっすが絵里ちゃん!」

海未「(何でそんなにノリノリなんですか、絵里)」
60: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 23:13:12.36 ID:+ObyVas1.net
真姫「さて、お目当ての本も買えたし帰りましょ……おぉぉ!? 何でまだいるのよ!」

穂乃果「あっ、真姫ちゃん! 帰りも乗ってく? こっちは電車だから快適だよ!」

真姫「いや、そっちも徒歩と同じでしょ」

穂乃果「夢がないなぁ。ほら乗った乗った!」

絵里「で、これはシベリア特急なの?」

海未「いえ、設定は特に決めていないのですが」

絵里「そっ、そうよね! 普通そういうのは決めないわよね。この前やった時もそうだったわ」

海未「(頻繁にやってるんですか、絵里……もしかして亜里沙も!?)」
64: 穂絵海真(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 23:26:09.20 ID:+ObyVas1.net
穂乃果「さて、乗客も増えてきたね! 楽しくなってきた! ガタンゴトーン」

海未「静かにしてください穂乃果、ただでさえ恥ずかしい遊びなのですから」

絵里「えっ! やっぱりこれ恥ずかしいの!?」

真姫「当たり前でしょ。こんなのやってる高校生なんて穂乃果くらいなんだから」

穂乃果「もうっ、恥ずかしくないってば! なんだかんだ楽しんでるでしょ?」

真姫「ソンナコトナイワ……」

絵里「はぁ、何をやってるのかしら」

海未「次はーあの橋ーあの橋ー」

穂乃果「おっ、いいね海未ちゃん!」

>>65「」ボケーッ
65: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 23:27:57.97 ID:saKXf1bv.net
花陽
69: 穂絵海真花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 23:34:34.02 ID:+ObyVas1.net
花陽「あの雲、ちょっとお茶碗に見える……」

花陽「まだもうちょっと昼ごはんには早いかなぁ」

穂乃果「橋前にとうちゃくー!」

真姫「あのー、ここで降りたいんだけど」

穂乃果「何でですかー?」

真姫「普通に恥ずかしいからよ!」

海未「あーそういう理由では降りれません。残念ですね」

穂乃果「あっ、花陽ちゃんだ。乗ってく?」

花陽「あ、はい……」

海未絵里真姫「えっ」
71: 穂絵海真花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 23:45:08.28 ID:+ObyVas1.net
花陽「ふぅ……」


花陽「えぇ!? ナニヤッテルノォ!?」

絵里「自然に乗ってきて、その反応なのね」

花陽「乗って!? 何も乗ってないよ?」

真姫「そこからなの? メンドクサイワネ」

花陽「えっ、ごめんなさい……」

穂乃果「電車ごっこだよ! 花陽ちゃんは乗客なの」

花陽「あ、あぁ……お金持ってないなぁ……あはは」

花陽「えっと、恥ずかしくないの?」

海未「そんな純粋な目で攻撃しないでください」

真姫「恥ずかしいとか、もう忘れてたわ」

絵里「私はまだ羞恥心はあるわよ!?」
74: 穂絵海真花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 23:53:12.36 ID:+ObyVas1.net
花陽「ごっ、ごめんなさい!」

花陽「でも、こういうのって久しぶりにやると楽しいよね。あはは」

真姫「何か変に気を遣ってない!?」

絵里「花陽、違うわよ!? 私達ノリノリでやってるわけじゃないからね!?」

海未「そうです! 穂乃果に無理やり付き合わされてるだけです!」

穂乃果「海未ちゃんはわりと楽しそうにしてた気がするけど」

真姫「ソウネ……何かさっきシュッポシュッポ言ってたわ」

花陽「わ、私も言っちゃおうかなぁ。ガタンゴトーン、シュッポシュッポ〜」

海未「やめてください、花陽。優しさが痛いです」
75: 穂絵海真花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 00:00:07.04 ID:s4WXshBV.net
花陽「えへへ、ちょっと楽しくなってきちゃった」

穂乃果「でしょー? 花陽ちゃんは素直で良い子だなぁ。よしよし」

花陽「えへへ。穂乃果ちゃん、ありがとぉ」

真姫「私も素直なんだけどね。降りたいという方向性で素直なのよ?」

絵里「真姫、もう諦めなさい。これ穂乃果がやめるまで終わらないから」

海未「……空が青いですね」



>>77「……何をやって!?」
77: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 00:08:37.84 ID:yXLafRoG.net
78: 穂絵海真花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 00:15:16.95 ID:s4WXshBV.net
希「えっ、何あれ。こわっ……罰ゲームなんかなぁ?」

希「見つかったら取り込まれる気がするけど……」

希「見たところ、電車ごっこやね」

希「穂乃果ちゃん発案で、イヤイヤ付いてきてるって感じなんかなぁ」

希「うーん、特に用事は無いけど。恥ずかしそうだし、帰ろっかなぁ」


絵里「あっ、希がいる!! 穂乃果、あそこ希! 追いかけて!」

穂乃果「あっ、ほんとだ! 希ちゃーん!!!」

希「あああ」
86: 穂絵海真○←ココ花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 00:31:11.99 ID:s4WXshBV.net
海未「希、今逃げようとしていましたね! どこにいたってムリです」

絵里真姫「捕まえちゃう!」

希「変なテンションになってるやん……いつからやってんの?」

穂乃果「朝からずっとだよ!」

花陽「そうだったんだ……希ちゃんも乗らない? 最初は抵抗あるけど楽しいよ」

希「えぇ……ウチ、結構恥ずかしがり屋な所あるからね?」

希「人の目気にして動けない所あったりするからね?」

絵里「そういうの良いから」

希「えりち!!」

海未「希、乗りましょう」

希「もう語彙力無くなってるやん……思考停止してるやん」

希「うん、分かった。乗るから。名前欄がうるさいし、乗るね」

穂乃果「やった!! これでμ'sが増えた! 皆暇なんだね」
87: 穂絵海真希花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 00:43:05.59 ID:s4WXshBV.net
穂乃果「ごめん! 皆! 今の嘘だから! なわとび持ち上げないで!!」

真姫「もう……コレいつになったら終わるの? って、希! 胸にサワラナイデ!」

希「はっ! 無意識に触ってた……疲れてるんかなぁ。これは帰ったほうが良さそう」

海未「希、逃げないでください」

絵里真姫「捕まえちゃう!」

希「分かったから! 声大きい!」

穂乃果「μ'sが全員揃うまでやりたいんだけどなぁ……」

絵里「そうなの……じゃあ、あとの人を見つけに行きましょうか」

花陽「えへへ、人がいっぱいで楽しくなるね」

>>88「……」
88: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 00:44:31.16 ID:egrGGZ9i.net
理事長
89: 穂絵海真希花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 00:55:04.40 ID:s4WXshBV.net
理事長「……」

理事長「見なかったことにしましょう」

穂乃果「あ、理事長! おはようございまーす!!」

理事長「お、おはよう。何をしているの?」

穂乃果「電車ごっこです!!」

理事長「そう……」ホロリ

絵里「違います、理事長! これはただの遊びではないんです!」

海未「そうです。一見電車ごっこに見えるのですが、コレは廃校を阻止する可能性もあるんです」

理事長「そうなの?」

穂乃果「そうなの?」
91: 穂絵理海真希花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:16:53.46 ID:s4WXshBV.net
海未「仮に、ここに理事長が入ったらどうでしょうか」

理事長「そうね……気が触れたと思われるわね」

海未「それもありますが、違います」

花陽「それはあるんだ……」

海未「理事長が入った電車を見た人は、「あっ、あんなに良い距離感で話せる環境なんだ」と思うのです」

理事長「そうかしら……」

穂乃果「穂乃果もそう思う!」

理事長「うぅ……何かこの子には謎の説得力が」

理事長「分かったわ、私も入ります」

穂乃果「やった! 乗客が増えた!」



海未「真姫……何故私はあんな事を言ってしまったのでしょう」

真姫「アンタの気が触れちゃってるじゃない! 知らないわよ!」

海未「少し眠いんですよ……まぁ、あのままいってたらヤバイ集団だと思われてしまいますしね」

穂乃果「あ〜>>91ちゃんだ!」
92: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:23:51.41 ID:YyerSdrl.net
(・8・)チュン!
93: 穂絵鳥海真希花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:48:38.84 ID:s4WXshBV.net
ことり「穂乃果ちゃん! おはよう♪」

ことり「わぁ〜、皆楽しそうだねっ。電車さんごっこ? ことりもやりた……お母さん」

6人「(気まずい)」

理事長「あの……これはね。廃校を阻止するために。ね?」

海未「……はい」

理事長「あれ!? 元気無くなっちゃった!? 何か私、悪い事したかしら!?」

ことり「と、とりあえず私も入っていい?」

理事長「分かったわ。私と交代ね」

穂乃果「えぇ〜、入ったばかりなのに……少し経ったら楽しいですよ?」

理事長「う〜ん、よく考えたら恥ずかしいだけだしね。ここで失礼するわ」

真姫「(よく考えなくてもそうだと思うけど)」

>>94「確かに」
94: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:00:41.06 ID:jgXrd3Px.net
95: 穂絵鳥海凛真希花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:42:05.55 ID:s4WXshBV.net
凛「と言いつつ、話は何も聞いてなかったんだけどね」

花陽「あっ、凛ちゃん」

凛「かよちんだ! うわぁ〜、皆で電車ごっこ? 楽しそうだねっ」

絵里「そうなのよ。穂乃果が皆を誘って……気が付けばこんな事になっていたの」

穂乃果「えへへ〜。凛ちゃん、乗ってく?」

凛「うん! すっごく楽しそう!! 凛も乗せて乗せて〜」

海未「ふふっ、1年生組は素直に喜んでいて可愛いですね」

ことり「うんうんっ♪ でも、海未ちゃんも楽しそうだよ?」

海未「そう見えますか? ふふっ、皆につられているのかもしれませんね」

真姫「私は素直に楽しんでるわけじゃないんだけど」

希「そう? 真姫ちゃんさっきからニコニコしながら歩いてるやん」

真姫「べっ、別に! まぁでも休日にこうやって遊べたのは少し良かったかも……少しね」

希「うん、そうやね」
96: 穂絵鳥海凛真希花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 02:52:29.01 ID:s4WXshBV.net
にこ「ふわぁ、昼ご飯食べたら眠くなっちゃった……」

にこ「あの子達、まだ電車ごっこやってんのかしら」

にこ「ふふっ、こっちまで笑っちゃうわよ」

にこ「でも、あのくらいがアイドルとしては正解なのかもね」

にこ「笑顔にする力。μ'sにはそれがあるのよね……なーんて、よく分かんないんだけど」


「にこちゃーん」


にこ「うん? 何か外から声が聞こえたような」ガチャッ
98: 穂絵鳥海凛真希花(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 03:06:12.68 ID:s4WXshBV.net
穂乃果「あっ、にこちゃんいた! 皆集まったから、にこちゃんも乗ってよ〜」

海未「穂乃果、少し声が大きいですよ」

ことり「ふふっ、終点〜にこちゃん駅〜にこちゃん駅〜♪」

真姫「早く来なさいよ〜。にこちゃん来ないと終わらないんだからねっ」

凛「そんな事言って〜、終わってしまうのが寂しいって顔だにゃ」

花陽「真姫ちゃん、私も寂しいって思ってるよ? だから、そんなに恥ずかしがらなくても良いんだよ?」

希「困ってる真姫ちゃんかわいい……えりちは今日楽しかった?」

絵里「私? う〜ん、なんだかんだ楽しかったわ。だから、少し寂しいわね。せっかくこうして会えたんだから、もうちょっと遊びたいわ」
100: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 03:21:09.05 ID:s4WXshBV.net
にこ「ったく……まだやってたのね」

穂乃果「はい、にこちゃん乗って乗って〜」

にこ「揃いも揃って子供じゃないんだから……しょうがないわね」

穂乃果「じゃあ、しゅっぱーつ!!」

にこ「えぇ!? ここで終わりじゃないの!?」

穂乃果「終わらないよ〜、μ'sに終わりは無いもん!」

ことり「GOGO!!」

海未「ふふっ、ここまで来たら最後まで付き合いますよ」

凛「行っくにゃー!!」

花陽「皆が一緒だと、やっぱり楽しいなぁ」

絵里「そうね、μ'sはこうでなくっちゃ!」

希「ほら、にこっち行くよ! ちゃんと歩いてね!」



にこ「もう、かなわないわね……よし、行っくわよー!!」

http://i.imgur.com/Z2x5J33.png
1430822460-レス100-画像
101: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 03:21:34.48 ID:s4WXshBV.net
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「GW暇だなぁ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。