善子「ねぇ、ズラ丸の乳首...勃ってない?」

シェアする

花丸-アイキャッチ9
1: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 21:38:11.86 ID:OHoHhADi.net
-黒澤さんち-


花丸「zzz」スピー

乳首「」ビンビン

ルビィ「...」

善子「...」

ルビィ「...勃ってるね」

善子「ええ、Tシャツが完全に浮いてる...」

ルビィ「胸の形どころか乳首の形もはっきり見えるよぉ...///」

元スレ: 善子「ねぇ、ズラ丸の乳首...勃ってない?」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 21:41:35.70 ID:OHoHhADi.net
善子「あんな薄い白Tシャツ着てるのにブラ付けてないんだ...」

ルビィ「なんか、危ないね...絵面が///」

善子「無防備にぐっすり寝ちゃって」

ルビィ「今日の練習はハードだったから仕方ないよ」

善子「それにしたって...あ、あんな...///」


花丸「う〜んっ...ムニャムニャ」ゴロン

花丸「んっ...///」ビクンッ


ルビィ「!?」

善子「!?」

善子「い、今の一体...」

ルビィ「なんだか花丸ちゃんがやらしぃ...///」
7: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 21:46:49.88 ID:OHoHhADi.net
花丸「んっ...」ピクピク

善子「...乳首がピクピクしてる」

ルビィ「ま、まさか...」

善子「乳首にTシャツが擦れて 感じた...?」

ルビィ「うゅ...やだよぉ...花丸ちゃんがエッチな生き物になっちゃったよぉ...///」

善子「ズラ丸は私たちが思っていた以上にエッチなのかもしれないわ...!」

ルビィ「花丸ちゃん...」
10: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 21:50:40.42 ID:OHoHhADi.net
善子「だいたい、なんであんなに乳首が開発されてるのよ...」

ルビィ「...一つ心あたりがあるよ」


ルビィ「実は花丸ちゃん、普段からあんまりブラ付けないの」

ルビィ「付けなくても、花丸ちゃんはもともとインドア派だし 活発な服装をすることもなかったからそんなに問題なかったんだ」

花丸『ブラが無いと乳が垂れる?はんっ、たるんでるのはそいつの心ずら』

ルビィ「が、口癖だったぐらいだし」

善子「はぁ...それが何か関係が?」

ルビィ「ここ最近で一番の環境の変化はAqoursに入ったこと...」

善子「...!」


ルビィ「ここまで言えばもうわかるよね?」
12: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 21:56:47.42 ID:OHoHhADi.net
善子「ズラ丸は練習中もブラをしていないっ...!」

ルビィ「その通りっ...!」

ルビィ「その結果として今まで刺激を受けることのなかった乳首が、練習の激しい動きによって急速に擦られるようになったっ...!」

ルビィ「そして花丸ちゃんは知らず知らずのうちに、乳首の開発を行っていたんだ...」

善子「えっろ...///

善子「なんてことなの...」


花丸「ハァッ...ハァッ...///」

ルビィ「は、花丸ちゃん!?」
15: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:02:18.22 ID:OHoHhADi.net
花丸「んっ...///」ビクッビクッ

善子「これはどういう...?」

ルビィ「どうして花丸ちゃんは急に興奮し始めたの...!?」


びゅお〜ん...


花丸「んんっ...///」ビクビクン

善子「...!」

善子「風よ!風でTシャツが揺れて乳首が刺激されてる!」

善子「早く窓を閉めて!」

ルビィ「わ、わかった...!」
19: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:06:14.86 ID:OHoHhADi.net
善子「これで...」

花丸「スゥ...スゥ...」

ルビィ「よかった...寝息がもとに戻ったよ」


善子「...これは良くないわね」

ルビィ「うん...このまま花丸ちゃんの乳首が開発され続けたら...」

善子「ステージの上で刺激に耐え切れずにっ...」

ルビィ「っ...」

善子「そうならないために...」

ルビィ「うん、ルビィたちで花丸ちゃんの乳首を守ろう」

善子「そう...ね」

善子「リトルデーモンの乳首を守るのも堕天使の仕事よ」
21: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:10:11.79 ID:OHoHhADi.net
ルビィ「ええっと、具体的にはどうすれば...」ギシッ

善子「バカっ、動いちゃダメっ!」

花丸「んぁっ...!」///

ルビィ「!!」

ルビィ「ごっ、ごめん...!」

善子「ここは畳よ、少し動いただけで床に振動が伝わる...」

ルビィ「下手に動くこともできないね...」
23: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:11:40.67 ID:OHoHhADi.net
善子「移動は静かに...かつ迅速に」

ルビィ「だね...」

花丸「...zzz」

ルビィ「静かに...」ソォ〜

善子「...」

花丸「...」


ダイヤ「3人とも、熱いお茶を持ってきましたわ」ガラララッ

花丸「んああぁぁぁっっっ!!//////」ビクンビクン

ルビィ「バカッ!!!」
善子「バカッ!!!」

ダイヤ「えっ...え?」
25: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:14:11.47 ID:OHoHhADi.net
ルビィ「お姉ちゃんのばかっ!変態!」

善子「ズラ丸の乳首をどうしたいのよ!!」

ダイヤ「えっ、ご、ごめん...」

善子「静かにしてっ!」

ダイヤ「わ、わかりましたわ...よくわからないけど」


花丸「ふぅー...ふぅー...♥」ビクッビクッ

ダイヤ「熱いお茶はここに置いておきますね」

ダイヤ「ではごゆっくり...」

ルビィ「まずいよぉ...花丸ちゃんの乳首が...」
27: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:14:47.00 ID:OHoHhADi.net
善子「...」

善子「こうなったら最後の手段を使うしかないわ...」

ルビィ「最後の手段?」

善子「...ズラ丸のシャツを脱がす」

ルビィ「ええっ!?」///

ルビィ「そんなことダメだよぉ!」

善子「それしか方法はないのよ!!」

ルビィ「でも、花丸ちゃんのシャツの下は...///」

善子「...それでもよ」

花丸「ずらぁ...」zzz
30: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:16:34.86 ID:OHoHhADi.net
善子「まずは最小の動きでズラ丸に接近」

善子「そしてルビィ、あなたはTシャツをつまみ上げて乳首への刺激を最低にしなさい」

善子「脱がすのは、私がやるわ」

ルビィ「よ、善子ちゃん...」

善子「このヨハネに任せなさい...」

善子「いい堕天使っていうのは、一緒に堕天したリトルデーモンたちを幸せにするものなのよ」

善子「私を信じて」

ルビィ「...わかった、やろう」
31: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:18:42.05 ID:OHoHhADi.net
花丸「んぁぁっ!」///

善子「!?」

ルビィ「!?」

花丸「はぁっ...あっ、あっ♥」ビクンビクン

善子「ど、どうして急に...!?」

ルビィ「ルビィたちまだ何もしてないのに!!」

善子「風...?いや違う、窓も閉めてるし空調も切ってる...!」

ルビィ「じゃあなんで...」

ルビィ「!!」

善子「なにか分かったの!?」

ルビィ「"熱いお茶"だっ...!」
35: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:21:20.22 ID:OHoHhADi.net
善子「熱いお茶...?」

ルビィ「熱いお茶によって空気が熱されているんだよ!」

善子「!!」

ルビィ「その結果、大気の対流が起こって空気摩擦で花丸ちゃんの乳首が刺激されてるんだ!!」

花丸「はっ...イクッ...イっちゃうっ...///」ビクンビクン


善子「まずいわ、話してる場合じゃあない!!」

ルビィ「早くしないと花丸ちゃんが人間に戻れなくなるっ...!」
40: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:26:37.72 ID:OHoHhADi.net
ルビィ「Tシャツ、確保!」

善子「脱がせるわよ...」

花丸「ハァ...ハァ...!」///

善子「んっ...しょっ...」

花丸「んっ...♥」プルン

ルビィ「はわわぁ...///」

善子「う、おっきぃ...///」

善子「でも、これで大丈夫なはずよ...///」

ルビィ「そう...だね」///


花丸「んっ...はぁっ...///」


ルビィ「!?」

善子「ま、まだ感じていると言うの!?」
42: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:28:21.85 ID:OHoHhADi.net
ルビィ「これはまさか...」

善子「風で直接感じている...!?」

ルビィ「そ、そんなのどうしようもないよ!!」

ルビィ「一体どうしたら...」

善子「...」
43: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:31:27.34 ID:OHoHhADi.net
ルビィ「うゅ...花丸ちゃぁん...」ウルウル

花丸「あっ...イクッ...///」ビクンビクン


善子(考えろ...考えろヨハネ...!)

善子(どうすれば花丸を救える?どうすれば...)

善子(くそっ、友達1人救えなくて何が堕天使よっ!)

善子(...本当に、私って堕天使ね...堕天しきってるダメ天使よ...)

善子(...ん?)

善子(堕天...)

善子(!!)
44: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:33:10.36 ID:OHoHhADi.net
善子「私、バカだったわ」

ルビィ「よ、善子ちゃん...?」

善子「そもそもの発想が間違ってたのよ...」

善子「ズラ丸を"乳首でイかせない"ようにするんじゃあない」

善子「ズラ丸が"乳首でイけない"ようにすればよかったのよ」

ルビィ「ど、どういうこと?」

善子「つまり、ズラ丸の乳首の感度が高過ぎるなら 他の部位の感度を上げればいいのよ!」

ルビィ「!!」
52: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:37:46.40 ID:OHoHhADi.net
ルビィ「そっか、花丸ちゃんが全身性感帯になっちゃえば乳首の刺激なんてとるに足らない...!」

善子「そのとおり...」

善子「この作戦はこれから"堕天作戦"と呼称する」

花丸「だめっ...イクッ...イっちゃうぅ...///」ガクガク

ルビィ「私はどうすれば?」

善子「まずは花丸をイかせましょう...あなたの担当部位は上半身よ」

善子「特に"唇"を開発しなさい」

善子「私は下半身を担当する」

ルビィ「わかった...ルビィ、かんばる」

ルビィ「...いや」

ルビィ「がんばルビィ!!」

善子「その意気よ」フフッ
55: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:40:38.08 ID:OHoHhADi.net
花丸「ハァ...ハァ...///」ビクッビクッ

ルビィ「花丸ちゃん...///」

ルビィ「今、楽にしてあげるね...」

ルビィ「んっ...」チュッ

花丸「!?」

ルビィ「んっ...んん...」ニュルックチュッ

花丸「っ〜〜〜!!///」ビクビクビクゥ


善子「わぁ///」

善子「花丸のここ、大変なことになってる...///」クパァ

花丸「ずらっ!?」///
57: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:42:41.53 ID:OHoHhADi.net
花丸「ルビィちゃん!?善子ちゃん!?」

花丸「何やってるずら!?」

ルビィ「ごめんね...花丸ちゃん」

ルビィ「ルビィ、こんな方法でしか花丸ちゃんを救えない」

花丸「意味がわからな...んんっ!?」///

ルビィ「んっ...ん...ぷはぁっ...///」ハァハァ

ルビィ「花丸ちゃんの唇、あまぁい...///」トロン

花丸「ルビィちゃん...///」


善子「花丸のここ、どんどん溢れてくる...」

善子「舐める...わよ///」

花丸「そんなとこ舐めちゃっ...あんっ...♥」
60: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:46:33.37 ID:OHoHhADi.net
善子「花丸のあそこっ...すごい匂い...♥」クチュクチュ

花丸「だめっ...そんなに弄ったら...///」

花丸「っ......!////」ビクビクゥ

花丸「っはぁ...っはぁ...///」

ルビィ「ルビィも忘れないで...んっ」

花丸「んっ...///」


善子「明日はオフよ...」

善子「だから今日は足腰立たなくなるまで...」

ルビィ「いっぱい気持ちよくなろうね♥」

花丸「ず、ずらぁ!?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
64: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:49:41.25 ID:OHoHhADi.net
-数週間後-

ダイヤ「はいっ、今日の練習はここまでですわ!」

千歌「ふぁぁ...疲れた」

梨子「今日もまた一段とハードで...」

曜「あはは、まぁ本戦も近いからねぇ」

ダイヤ「あ そうそう、花丸さん」

花丸「...なにずら?」

ダイヤ「最近あなたの動きは素晴らしいですわ」

ダイヤ「これからもこの調子で頑張って下さい」

花丸「あ、ありがとうございます」


善子「...」

ルビィ「...」
65: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:51:56.51 ID:OHoHhADi.net
花丸「...」

善子「...」

ルビィ「...」

花丸「...ね、ねぇ善子ちゃん、ルビィちゃん」

善子「...なに?」

花丸「その...もう...」

ルビィ「...」

善子「はっきり言わないとわからないわ」

花丸「は...はうぅ...」///

ルビィ「ふふふ、変な花丸ちゃん」
67: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:58:08.54 ID:OHoHhADi.net
善子「で、なんのようかしら?」

花丸「マ、マルに...」

ルビィ「...」

花丸「練習中ずーっと2人のご褒美が欲しくてあそこを濡らしてたマルに...」


花丸「エッチなお仕置きをしてください...///」パサッ


ルビィ「あはは、パンツぐっしょぐしょだ♪」

善子「ふふふ、いい感じに調教が出来たわね」

花丸「お願いします...もう我慢できない...///」

ルビィ「いいよぉ♪」

善子「たっぷり可愛がってあげる」

花丸「は...はぅ...///」


 


結局プレイの一環で、ステージ上でイカされた花丸であったが、彼女の顔は多幸感で満ちていたという。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「ねぇ、ズラ丸の乳首...勃ってない?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。