先輩「おーい星空」中2凛「あ、はい!今行きます!」

シェアする

花陽-アイキャッチ18
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:05:21.37 ID:C/gzU7ES.net
凛「(男子陸上の先輩がなんの用だろ……)」

凛「はい、どうしました?」


先輩「いやーちょっとしたい事があるからさ……体育館裏後で来てくれね?」

凛「え………あぁわかりました……」


凛「(なんだろ?でも長くなりそうだし……かよちんに先に帰ってて言っとこ)」

元スレ: 先輩「おーい星空」中2凛「あ、はい!今行きます!」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:07:36.04 ID:C/gzU7ES.net
凛「かーよちん!」


花陽「ん?あー凛ちゃん!ごめんね、もう少しで部活終わるから…」


凛「いや、それなんだけど先に帰ってていいにゃ」


花陽「え、なんで?」


凛「いやーなんか先輩に呼び出されちゃって………ごめんね」


花陽「……………………」


凛「かよちん?」


花陽「え……あ、うん!じゃあまた明日」


凛「うん!ばいばーい!」
5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:09:14.44 ID:C/gzU7ES.net
先輩「(ふぅ……そうだ……俺は今から星空に>>7する……)」












凛「体育館裏って結構遠いにゃー……ハッ……ハッ………」
7: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:11:34.93 ID:Q1bjxUu9.net
告白
10: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:13:40.82 ID:C/gzU7ES.net
先輩「(ふぅ………告白か………)」

先輩「やべぇ……緊張してきた……」





ザッ



先輩「!」

先輩「いや……待ってたぜ星空」





先輩「?…………星空?」





花陽「私ですよ…………」


先輩「ヒエッ………」
14: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:18:21.12 ID:C/gzU7ES.net
先輩「小泉………どうした?こんな体育館裏に………」


花陽「いえ……さっき凛ちゃんと話した時………ここに筆箱置いていってしまって………」



先輩「そ、そうか………(ホッ……)」


花陽「……………………」



先輩「……………………」





先輩「ん?」


花陽「はい?」


先輩「いや……用がすんだんだし……いけば?」

花陽「いいじゃないですか……居ても」

花陽「それともあれですか?私がここに居たら何かマズイとでも?」


先輩「いや、別に…………(小泉ってこんな奴だったっけ……)」
17: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:22:12.47 ID:C/gzU7ES.net
先輩「(……やばいもう少しで星空来る……………もし俺が星空と付き合ったとしたら………)」
°
°
°
°

凛『んもぅ!先輩/////』

先輩『ははっ!照れやがってー!』

凛『んもう!それ以上やったら怒るにゃ!』

凛『あ、先輩……あの……凛、今日お弁当作ってきたんです………』

先輩『お、マジ?頂くよ!」

凛「あ、ありがとうございます!」

先輩「うん!美味い!」

凛「へへっ………///」


°
°
°
°



先輩「ゲヘッ……ゲヘヘヘ……!」


花陽「……………………」
21: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:28:54.02 ID:C/gzU7ES.net
先輩「ゲヘヘヘ………」


花陽「先輩」


先輩「グフフ……」


花陽「先輩!」


先輩「ん……!?」

先輩「あぁ……なんだ?」


花陽「さっき凛ちゃんの名前を口ずさんでましたけど………何か凛ちゃんに用があるんですか?」

先輩「え……いや……」


花陽「用があるなら私を通してください」


先輩「あ、すま……え?」


花陽「はい?」


先輩「いえ………」


先輩「(クッソなんだこの空気……例えるなら初めて悟空とベジータが戦う前のあの無言タイムのような空気…………)」



先輩「(ってそうじゃなく……マズイ……これはマズイ………今の小泉の前で星空に告白するのはマズイ……俺の本能がそう告げてる………)」


先輩「(あと5分ちょいで星空は来るだろう……)」


先輩「(それまでになんとか小泉を…ここから!!!」
25: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 21:37:45.07 ID:C/gzU7ES.net
先輩「(何か活かす作戦は………)」


先輩「(まずは無難だがこれで……)」


先輩「おい!小泉!」

花陽「……はい」

先輩「ほら、もう結構……な?時間……おそいし………そろそろ帰宅しても……」


花陽「あ……大丈夫です」


先輩「(いや、てめぇが大丈夫でもこっちが大丈夫じゃねぇんだよおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!)」



先輩「(落ち着け……まだ慌てる時間じゃない…………)」



花陽「先輩」


先輩「ん……?」


花陽「凛ちゃんは料理あんまり美味くありませんよ」


先輩「あ、そうなの?」

先輩「(くっそー……お弁当作ってもらえねぇじゃん………………ん?)」


先輩「(あれ?俺小泉にお弁当の話したっけ……………でもお弁当の話を突拍子もなくしたって事は……俺が妄想話したのか?)」


先輩「(あれ?なんか怖くなってきた)」
189: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 14:11:57.88 ID:GUgFv3Dt.net
先輩「…………………」

花陽「…………………」

先輩「(やばい……来る………もう4分もしたら来るだろう………ふぅ…ふぅ……落ち着け………落ち着け…俺………)」



花陽「…………大丈夫ですか?先輩、汗が………」


先輩「う、うん………まぁ大丈夫だ………」

先輩「はぁ……はぁ………(死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ)」


先輩「(落ち着け……落ち着け俺………ここで一計を案じすぐに案を出すのだ俺……)」


先輩「(何か活かす作戦んぅぅぅぅぅ…………)」
190: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 14:20:03.44 ID:GUgFv3Dt.net
先輩「(いや待てよ……もうここはストレートに……星空と大事な話があるって言えば………今日の小泉でも退いてくれるだろ…………)」


先輩「(なんか今日はちょっとカリカリしてるけど……流石にこう言えば…………………よし!)」



先輩「なぁ………小泉………」

花陽「はい?」


先輩「俺……ちょっと……ほら……星空と大事な話があるんだ……ちょっとだけどっか……いっててくれないか?」           
花陽「ダメです」


先輩「…………………」

先輩「たの……」
花陽「ダメデス」

先輩「おねが……」
花陽「ダ メ デ ス」








先輩「(ああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!)」
191: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 14:25:49.94 ID:GUgFv3Dt.net
先輩「(そうこうしてうちに……………)」


凛「何のようですか……?」



先輩「(来てしまった…………)」


先輩「(もう腹をくくって告白するか………小泉にだけバレるのはもはや仕方あるまい………)」

先輩「(背に腹は変えられないっていうし……………………あれ?)」


先輩「(い、いない………小泉が…いない?)」

先輩「(さっきまであそこに………でも……いないぞ……!!)」

先輩「いない……?……いない!やったあああああぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」

凛「……!?」


先輩「ああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」


凛「あの…………帰っていいですか…………」


先輩「いや、違う!違うんだ!話がある!」


先輩「すぅーはぁ………じ、実は俺………」

凛「…………………?」
192: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 14:32:36.75 ID:GUgFv3Dt.net
先輩「じ、実は俺……!!!」


先輩「「「「!???」」」」






この瞬間俺はとてつもない悪寒に襲われた。
化物に喰われそうになったとか、金縛りにあったとか、殺人犯に殺されそうになったとかそんなもんじゃない。

いる



星空の1cm後ろに小泉が……………




真顔で…………ただ、ただ小泉はつっ立っているだけなのに…………俺は………過呼吸に陥った……………


その時………俺は小泉と目があっていた……………とてつもなく冷たく冷酷な目…………星空に告白したら即殺すよ?という感じの目………………



しだいに人が集まっているのがわかった…………。

俺はその後病院へ搬送された…………
194: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 14:42:46.87 ID:GUgFv3Dt.net








凛「てなことがあったんだよねー中学生の頃!」

真姫「ふーん、でもなんで急にそんな話を?」

凛「いやー昨日帰り道その先輩と会ったから…」


ピクッ


花陽「何かその先輩と喋ったの凛ちゃん……?」

凛「うーうん、かるーく会釈しただけだにゃ」


花陽「……………………………………」


花陽「そっかぁ!何かお話すれば良かったのに凛ちゃん」

凛「でもなんか凛に怯えてる感じだったなー…………凛……中学の頃何かしたかにゃー……………」

花陽「きっと凛ちゃんの勘違いだよ!怯えてたんじゃなくて体調が悪かったんじゃないかなー」

凛「そうかな…?………そうかな!」

凛「でもあの時あの先輩何が言いたかったんだろー?」

真姫「多分告白したかったんじゃない?」

凛「や、やめてよ真姫ちゃん……なんか照れるにゃ……………」

花陽「あはは……凛ちゃん可愛かったもんねーー」

凛「もうかよちんまで!」



凛「でもあの先輩に呼び出されたあの時…………先輩何か怯えてた気がするんだよね………なんでだろう………」

凛「かよちん分かる?」

花陽「………………」



花陽「さぁ……?わかんないよっ♪」



END
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『先輩「おーい星空」中2凛「あ、はい!今行きます!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。