穂乃果「さすが海未ちゃん」

シェアする

海未-アイキャッチ22
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 06:39:47.10 ID:RoxPE//9O
とある日の午後

不良「いいから金出せよ」

少年「すいません、すいませんないです」

不良「はあ?」

穂乃果「あわわわ、か、かつあげだよ。こう言う時は…電話…警察?政治家?」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん…警察だよぉ」

穂乃果「と、とりあえず穂乃果が助けなきゃ」

ことり「あ、危ないよぉ」

海未「待ちなさい、穂乃果」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475012386

元スレ: 穂乃果「さすが海未ちゃん」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 06:47:27.70 ID:RoxPE//9O
穂乃果「う、海未ちゃん?」

海未「何をやっているのですか?」

不良「あ?何だよ?」

少年「…」

ことり「う、海未ちゃん〜」

海未「何をやっているのかと聞いているのです?もしかして、難しい質問でしたか?」

不良「あ?バカにしてんのか?」

海未「バカになどしていませんよ?ただ、なかなか質問に答えて頂けないので…お金を出せ…とか聞こえたのですが?」

不良「こいつに金を借りていた所だったんだよ」

海未「成る程。そう言う事だったのですね」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 07:30:03.54 ID:RoxPE//9O
穂乃果「納得しちゃうの?どう考えても嘘だよ?」

不良「そう言う事だから関係ない奴はどっか行けよ」

海未「これは大変失礼な事をしました」

不良「たくっ、さっさとどっかに行けよ」

海未「…つかぬことを伺いますが…お二人はご友人か何かなのですか?」

不良「…そんな所だよ」

海未「…小学生と?」

不良「…そうだよ」

海未「ほう。一体どういった経緯で友人関係を築いたのでしょうか」

少年「と、友達なんかじゃない」

不良「あ?てめっ、勝手に喋ってんじゃねぇよ」

海未「…本当ですか?」

不良「…人をおちょくってるのか?」

海未「だって、そちらの少年はあなたの事を友達じゃないと仰ってますよ?もしかして、あなたの一方的な思い込みなんじゃないのですか?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 07:36:33.17 ID:RoxPE//9O
不良「何?」

海未「いや、もしあなたが一方的にそちらの少年と間に友情を感じているのであれば…」

不良「友達なんかじゃねえよ」

海未「え?そうなのですか?では一体?」

不良「さっきそこであったばかりだよ」

海未「そうなんですか?何故嘘をついたのですか?」

不良「面倒だからだよ」

海未「成る程。あなたは先ほどあったばかりの人間にお金を借りるのですか?」

不良「…悪いのかよ?」

海未「あまり常識的とは言えないですね」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 07:46:09.59 ID:RoxPE//9O
不良「何が言いてえんだよ?」

海未「もしかして…かつあげをしてるのかなって?」

不良「…だったらなんだよ?無関係の奴は黙ってろよ」

海未「無関係の小学生からお金をむしり取ろうとしてる方に言われたくないのですが」

不良「…あんまり俺を怒らせるなよ?」

穂乃果「う、海未ちゃん…あんまり煽らない方が」

不良「そっちの奴はわかってんじゃねぇか。それにお前ら3人とも良くみたら可愛い顔をしてるじゃねえか」

海未「…あなたはバカなのですか?」

不良「は?」

海未「安心しなさい、穂乃果。この人に私たちをどうにか出来るわけないですから。だいたい、こう言った不良は狡猾さをうりにしてる割には考えが足りなさすぎますね」

不良「なんだと?」

穂乃果「狡猾?」

ことり「穂乃果ちょん。そこで言葉の意味に疑問を持っちゃうと話がぶれちゃうからね?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 09:15:56.12 ID:RoxPE//9O
海未「いくらここが人通りが少ないからってここは東京ですよ?いつ、どこで、誰に見られているかも分からないのに制服で堂々と犯罪行為をするなんて…」

不良「は、犯罪?」

海未「犯罪でしょ?強盗か恐喝か…」

不良「お、大袈裟だろ」

穂乃果「う、海未ちゃん…その辺に」

海未「それに…仮に私たちを暴力でどうにかしようとしてもしょせんは小学生相手に脅しをするような人ですから。同年代には相手にされないのですかね?」

不良「て、てめえ…後悔させてやる」

海未「はあ、頭に血がのぼりやすい人ですね。後悔するのはあなたの方だと思いますけど」

穂乃果「海未ちゃんも人の事言えないけど…」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 09:20:53.75 ID:RoxPE//9O
不良「ふざけんなぁぁぁ」

ブン

パシッ

海未「やぁ」

不良「ぐわっ」

海未「この程度ですか?」

不良「ち、チクショウ。み、見てろよ?」

海未「おや?携帯を取り出してどうしたのですか?まさか、仲間を呼ぶつもりですか?なんだ、友達がいるんじゃないですか。その人にお金を借りればいいのに…」

不良「う、うるせぇ」

海未「なんて言って仲間を呼ぶのでしょう?女の子に敵わないから助けてくれなんて言ったら笑い者ですね」

不良「くっ」

海未「おや?電話をするのをやめたのですか?」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 09:27:08.94 ID:RoxPE//9O
不良「な、仲間なんか呼ぶ必要がねぇんだよ」

ブン

パシッ

海未「やぁっ」

不良「ぐわっ」

穂乃果「何回繰り返すのかな?」

海未「もう、やめにしたらどうですか?」

不良「ち、チクショウ」

海未「なぜ、あなたはケンカやかつあげなどするのです?」

不良「お前には関係ないだろ?」

海未「巻き込んでおいてその言いぐさですか」

不良「…他にやる事がねぇんだよ」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 09:31:28.09 ID:RoxPE//9O
海未「私たちはスクールアイドルをやっているんです」

不良「は?」

海未「もし…もし、やる事がないなら私達のライブを見に来て下さい。ケンカやかつあげより楽しませる事は保証しますから」

不良「…」

海未「さあ、これで顔を拭いて下さい」

不良「…」

海未「君も大丈夫ですか?この道は小学生が一人で通るにはいささか不安な場所ですから気をつけて下さいね?」

小学生「お姉ちゃんありがとう。僕もライブ見に行くね!」

海未「それは嬉しいです」

海未「では、私たちは行きます」

不良「待てよ」

海未「?」

不良「ライブは…どこでやってるんだよ?」

海未「音ノ木坂です」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 09:34:16.47 ID:RoxPE//9O
不良「…スクールアイドルか」




穂乃果「流石、海未ちゃんだね」

海未「バカ穂乃果」

穂乃果「えぇ?」

海未「あなたが考えなしに行くから…私がどれだけ怖かったか」

穂乃果「ご、ごめん」

海未「まあ、あそこで行くから穂乃果なのですが」

穂乃果「へへ」

ことり「流石はことりの自慢の二人だなぁ」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 11:05:17.53 ID:Kip9KvBeO
とある日の部室

穂乃果「でね、そこで海未ちゃんが一度ライブに来て下さいって」

にこ「さすがは海未ね」

穂乃果「こないだのライブもその前も来てたからね。まだ、見た目は突っ張ってる感じだけどなんか一生懸命受験勉強してるらしいからね」

にこ「やっぱりアイドルは人を変える力を持ってるのよ。だから私はアイドルが好きなのよ」

凛「海未ちゃん凄いにゃ〜」

真姫「穂乃果は無鉄砲過ぎるけど」

ガララ

海未「穂乃果、ここに居ましたか…」

凛「あ、噂をすればヒーロー登場にゃ」

海未「?」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 11:20:47.89 ID:Kip9KvBeO
穂乃果「今、海未ちゃんの勇姿を語ってたんだよ」

凛「不良に立ち向かっていくなんて凄いにゃ〜」

真姫「それに更正までさせるなんてね」

海未「…穂乃果…べらべらと」

穂乃果「え?別に言っちゃいけない事じゃないじゃん」

海未「わざわざ言う事でもないでしょう?」

凛「こう言う所がまたカッコいいにゃ〜」

海未「そ、そんな事よりも」

にこ「照れてるわ」

海未「穂乃果…また赤点ギリギリだったらしいですね?」

穂乃果「ギクッ」

真姫「穂乃果もなの?凛もよ」

海未「赤点を取ったらアイドル活動出来ないのはご存知ですよね?」

にこ「…」

真姫「まさか…にこちゃんも?」

海未「…はあ、全く。部内に3人も」

穂乃果「いや、赤点ではなかったからね?」

凛「うん。ギリセーフだよ?」

にこ「わ、わ、わたわたそは全然よゆーだったけど?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 11:42:17.86 ID:Kip9KvBeO
真姫「あなた達ね、このままだと大変な事になるわよ?」

凛「何で?」

穂乃果「さあ?」

真姫「このままじゃμ'sがお馬鹿の集団だと思われるでしょ?」

穂乃果「まあ、」

凛「実際にそうだし…凛と以外は」

にこ「あんたが一番ばかでしょ?」

海未「誰がバカなのかは置いておきます。が、今日は練習を中止にして1日勉強をしたいと思います。」

穂乃果「ええ!?」

凛「そんな」

にこ「私も?」

海未「当たり前です」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 12:51:33.05 ID:Kip9KvBeO
凛「なんで、勉強なんかしなきゃいけないの?」

穂乃果「そうだよ。中間テストで赤点ギリギリだっただけで」

にこ「そ、そうよ。そもそもにこは勉強なんか出来なくても困らないわ」

真姫「困るわよ!」

凛「だいたい、凛は日本人なんだから英語なんて必要がないし」

穂乃果「方程式とかだって将来役にたたないよね?」

にこ「作者の気持ちなんかわかるはずないじゃない。会ったことないんだし」

凛「実験とかは科学者にまかせるにゃ」

真姫「…屁理屈ばっかり」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 23:12:11.03 ID:EO2Tzr12O
凛「屁理屈じゃないよ。本当の事だもん」

穂乃果「そうだ!そうだ!」

海未「…」

真姫「じゃあ、3人は将来どうするのよ?どうなりたいの?」

穂乃果「…お嫁さーん」

凛「あ、凛も!」

にこ「そこはアイドルって言いなさいよ」

穂乃果「もうアイドルだし」

真姫「聞いた時間を返して」

凛「時間は巻き戻せないにゃ」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 23:16:43.71 ID:EO2Tzr12O
穂乃果「だいたい真姫ちゃんは将来何になりたいのさ?」

真姫「私は…お医者様に」

凛「お医者さんになるのに国語とこ必要なの?」

真姫「当たり前でしょ!」

にこ「国語の勉強時間をドイツ語の勉強にあてた方が為になるんじゃない?」

真姫「なっ」

凛「なんでドイツ語?」

にこ「…あんたはいいから」

にこ「だいたい、あんたは何をやるにしても非効率的なのよ。なんでも遠回し遠回しに」

真姫「…うぅ」

にこ「本当にさ」

穂乃果「に、にこちゃん」

凛「…真姫ちゃん泣きそうだから」

にこ「え?」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 23:25:00.28 ID:EO2Tzr12O
真姫「な、泣きそうなんかじゃ…」

海未「…真姫。もういいですよ」

真姫「…海未?」

海未「もう、放っておきましょう。」

穂乃果「へ?」

海未「だって、そうじゃないですか?真姫があなた達の為を思って言ってるのに」

穂乃果「いや、そのね?」

海未「なぜ、勉強しなければいけないのか、でしたっけ?方程式なんて社会に出てから使わない?」

凛「…えっと」

海未「あなた達が心配する必要はありませんよ。このままだと、あなた達は進級も卒業も出来ず社会に出る事もないでしょうから。卒業するには方程式を勉強しなきゃいけませんからね」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 23:34:54.12 ID:EO2Tzr12O
にこ「あの…海未?」

海未「仮に社会に出れたとしても将来の選択肢は少ないでしょうね。だって、勉強もなにもしないで生きていくのですから。果して社会があなた方を必要としてくれますかね?」

穂乃果「そ、そうだね」

海未「作者の気持ちなんてわからないでしたっけ?自分の国語力の無さを棚に上げて…こういう問題の題材には文章の中に作者の心情が散りばめられているのです。文句を言う前に少しでも作品に触れてみるべきだと思いますけどね。まあ、読みもしないで文句ばっかり言うのはあなた方らしいですね」

穂乃果「そ、そんな事は」

海未「英語も勉強しなければいいです。あなた達は日本人なんですものね?あなた達がなんと言おうと英語が世界共通語なのは変わりませんが…。この先、海外に行った時に日本語が通じなくても英語は通じるかもしれませんが…日本語一本で頑張って下さい」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 23:38:54.30 ID:EO2Tzr12O
凛「…英語も頑張るよ」

海未「無理しなくていいです」

凛「…うぅ」グスン

真姫「う、海未?」

凛「ご、ごべんなざい」

海未「…」

凛「屁理屈ばっがりいっでごべんなざい」

海未「…はぁ。これからはちゃんと勉強するんですよ?凛はやれば出来るのですからね?ダンスだって最初はそうだったでしょう?」

凛「うん。頑張る」

海未「…これで涙を拭きなさい」

凛「あ、ありがどう」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 23:43:50.59 ID:EO2Tzr12O
穂乃果「ああ、凛ちゃんが」

にこ「抜け駆けしたわ」

海未「おや?まだ、いたのですか?勉強しないなら出ていってください。凛の勉強の邪魔です」

穂乃果「あ、あの海未ちゃん」

海未「…なんですか、高坂さん?」

穂乃果「こ、高坂さん?」

海未「あなたの事ですが?」

穂乃果「…あの、穂乃果も勉強するよ」

海未「…いや、もういいですよ。私は今まで何度も口酸っぱく言ってきましたがあなたは一向に勉強しようとしなかったじゃないですか。私ももう疲れました。第一私とあなたは赤の他人ですしね。高坂さんに勉強しろなんて言う筋合いもないですからね。」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 23:47:06.86 ID:EO2Tzr12O
穗乃果「うぁぁぁん。ぞんな…ぞんな、こど言わないでよ。他人なんて言わないでよ。ぢゃんど勉強ずるから…穗乃果って呼んでよぉ」

にこ「ほ、穂乃果」

海未「宿題もちゃんと自分でやりますか?」

穗乃果「うん」

海未「遅刻もしないようにしますか?」

穗乃果「うん」

海未「食べすぎにも気をつけますか?」

穗乃果「うん。だから、だから穗乃果を見捨てないでよ」

海未「まったく、最初からちゃんと勉強してればこんな事言わないのに。私があなたを見捨てるわけないでしょう、穗乃果?」

穗乃果「うぁぁぁん。うみぢゃぁぁぁん」

海未「わっ。急に抱きつかないで下さい。あー、鼻水が服についたじゃないですか」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/28(水) 23:52:14.78 ID:EO2Tzr12O
穗乃果「だっで、海未ちゃんに見放されたかと思っだんだもん」グズッ。

海未「ほら、涙を拭いて。勉強しましょう。にこも。にこは三年生何ですからしっかりして下さい」

にこ「わ、悪かったわ」

穗乃果「ごべんなざい」

海未「穗乃果、にこ、それから凛も。本来なら私より先に謝るべき相手がいるでしょう?」

穗乃果「真姫ぢゃん…ごべんなざい」グズッ

凛「ごべんなざい」グズッ

にこ「真姫、悪かったわ。ごめんなさい」

真姫「う、うん」

海未「さあ、勉強をしましょうか。それが、終わったら皆で絵里がお薦めしてたパフェでも食べて帰りましょう」

ほのりんにこ「うん」

真姫「…」

海未「どうしました?」

真姫「ありがとう、流石は海未ね」

海未「いえ、私も真姫と同じで3人の事が大切ですから」

真姫「なっ」カァァァ
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/29(木) 00:06:59.21 ID:BdNkPrM+O
とある日の休日

絵里「そう言えば、聞いたわよ、海未?」

海未「何をですか?」

絵里「あの穂乃果達に勉強をやる気出させたんですって?」

海未「…まあ」

絵里「一体どんな魔法を使ったのかしら?あの勉強嫌いのやる気を起こさせるなんて」

海未「そんなたいした事は」

絵里「またまた、謙遜しちょって…あら?」

少年「おじさん、タバコはポイ捨てしちゃいけないんだぞ」

男「あ?なんだ、坊主?文句があるのか?」

少年「ポイ捨てはダメだよ。っていうか歩きタバコもダメだよ」

男「うるせえな。地球は俺のゴミ箱なんだよぉ」

絵里「…最低な大人ね」

海未「地球は俺のゴミ箱…斬新な決め台詞ですね」

絵里「感心している場合じゃないでしょ」

少年「拾えよ。おじさん」

男「お前、大人に対する言葉遣いがなってねぇな。第一俺は25歳だ。おっさんじゃねぇ」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/29(木) 00:10:55.85 ID:BdNkPrM+O
絵里「ちょっと、見ていましたよ」

男「なんだ、お前は?」

絵里「私は…あの…通りすがりのスクールアイドルよ」

男「…は?」

少年「…」

絵里「…あれ?」

海未「…絵里」

男「…おっと。意味がわからなくてフリーズしちまったぜ。で、そのスクールアイドルがなんだよ」

絵里「あなた、子供にポイ捨てを指摘されて恥ずかしくないの?」

男「は?だから、なんだよ?お前も目上の人間に対しての言葉遣いがなってねぇな」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/29(木) 00:14:06.73 ID:BdNkPrM+O
絵里「話をすり替えないで。ポイ捨ての話をしてるのよ?」

少年「そうだ」

男「礼儀もわきまえないガキとは話したくもねぇな」

海未「…あの」

男「誰だ?この金髪のツレか?」

海未「…ええ…私も通りすがりのスクールアイドルです」

絵里「海未」パァァ

男「で?なんだよ?」

海未「失礼な言葉使いは訂正させて頂きます」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/29(木) 00:16:16.73 ID:BdNkPrM+O
男「ほう」

海未「ですので大人のあなたにお聞きしたいのですが?」

男「なんだよ?」

海未「地球はあなたのゴミ箱なのですか?」

男「…ああ、そうだよ」

海未「…大の大人が言う台詞とは思えない」ボソッ

男「ああ?」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/29(木) 00:23:37.13 ID:BdNkPrM+O
海未「そうですか。ですが、この地球は私達の物でもあるんです」

男「…だからなんだよ?俺の物である事にもかわりねぇだろ?」

海未「そうですね。と言う事は共有物ですよね?」

男「何が言いてえ?」

海未「不愉快なんですよね?ゴミ箱の中身をそのままにされるのは。あなた個人の地球じゃないんですからゴミ箱です中身のゴミは回収して下さい。」

男「はあ?おちょくってるのか?」

海未「…はあ。あなたの屁理屈に付き合ってあげたのでしょう?」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/29(木) 00:34:07.21 ID:BdNkPrM+O
男「屁理屈だあ?」

海未「屁理屈でしょう?地球はあなたのゴミ箱なんて。いや、屁理屈にすらなってないですね」

男「なんだと?」

海未「先ほどあなたは言葉遣いが気にくわないと仰いましたよね?」

男「だからなんなよ?」

海未「私達が大人に敬語を使うのは尊敬しているからなんです。しかし、あなたの行動はどう考えても尊敬に値する物ではないでしょう?もし、敬語を使って欲しいのならそれに見合った行動をしてください。」

男「…くっ」

少年「はい、おじさん。もう、ポイ捨てしないで下さいね?」ヒョイ

男「わ、わかったよ」


絵里「あらら、この子にこんな事を言われたら拾うしかないわね」

海未「いえ、大人なのだから当たり前でしょう」

少年「お姉ちゃん達、ありがとう…ございました」

絵里「尊敬されちゃったわね。私は何もしてないけれど」

海未「真っ先に飛び出して行ったじゃないですか。通りすがりのスクールアイドルとして」

絵里「意地悪いわないでよね」

海未「ふふ」

絵里「でも、流石は海未ね」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/29(木) 00:41:48.25 ID:BdNkPrM+O
とある日の練習後の風景

海未「絶対に嫌です」

ことり「どおしても?」

海未「嫌です」

花陽「海未ちゃん達は何をしてるの?」

希「次のライブの衣装を決めてるんだって」

凛「久しぶりだね。あの海未ちゃんも」

穂乃果「まあまあ、海未ちゃん。そんなに恥ずかしくないって」

海未「破廉恥です」

ことり「どこが破廉恥なの?可愛いでしょ?」

海未「可愛い…ですが私が着るとなると」

穂乃果「大丈夫、似合うって」

海未「スカートが短すぎるし」

穂乃果「大丈夫!そんなに足は太くないから!」

海未「あなたに言われたくありません」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/29(木) 00:46:57.36 ID:BdNkPrM+O
絵里「いいじゃない、海未」

希「ウチ等も見たけどなかなか可愛いやん」

にこ「そうよ。あれが破廉恥って意味が分からないわよ?」

希「まあ、にこっちには少し早いけどね」

にこ「なんでよ」

花陽「海未ちゃん…私も恥ずかしがり屋な方だけどあれくらいなら全然平気だよ?」

海未「で、でも」

真姫「あれよりも第二候補の穂乃果が考えた謎の衣装のが私は嫌よ」

凛「凛もあれは嫌にゃ」

海未「私はまだ穂乃果の考えた方が…布が多いですし」

希「海未ちゃんは布の多さで決めるんや」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/29(木) 00:49:37.11 ID:BdNkPrM+O
海未「とにかく破廉恥なのは嫌です」

ことり「…穂乃果ちゃん?」

穂乃果「仕方ないね?」

海未「分かってくれましたか?」

ことり「海未ちゃぁぁぁん、お願ぁぁぁぁぁい」

海未「はぁぁぁぁ」

ことり「ね?」

海未「………わかりました」






穂乃果「…流石は海未ちゃんだね」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/29(木) 00:50:12.59 ID:BdNkPrM+O

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「さすが海未ちゃん」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「さすが海未ちゃん」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。