梨子「ラブレター?」  よしりこ

シェアする

梨子-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:11:29.31 ID:QUTzOazn.net
昼休み 中庭

善子「はい、沼津の高校生からよ。」

梨子「手紙?」

善子「そう、ピアノのコンクールの時に客席で見てたそうよ。一目惚れだって。」

梨子「でもなんでよっちゃんから?」

善子「浦女の制服着てたから知り合いかって聞かれて渡されたのよ。」

梨子「そうなんだ。」

梨子(男の子からだ……)

元スレ: 梨子「ラブレター?」  よしりこ

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:12:11.37 ID:QUTzOazn.net
善子「良かったらそのアドレスに連絡欲しいって言ってたわよ。」

梨子「う、うん……」

梨子(こんなの渡されても……、私が好きなのは……)

善子「で、どうするのよ?」

梨子「え、あっ、何が?」

善子「その手紙の返事よ!どうするの?」

梨子「え?わ、私は……」
3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:13:18.44 ID:QUTzOazn.net
梨子(私が好きなのはよっちゃんだから……なんて。)

梨子「くれた人には悪いけど、私はまだそういうのは早いかな。」

梨子「もしまたその人に会ったら、ごめんなさいって伝えておいて。」

善子「……そう、わかったわ。」
4: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:13:35.29 ID:QUTzOazn.net
梨子(……よっちゃんは私の事どう思ってるんだろう。)

梨子(他人のラブレターを渡してくるってことは、私の事なんて……)

キーンコーン

善子「あ、昼休み終わったわよ。」

梨子「あ、うん。戻ろうか。」
5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:14:42.09 ID:QUTzOazn.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
授業中 教室

梨子(私はよっちゃんのことが好き)

梨子(今まで恋愛なんてした事がなかったから、男の子が好きとか女の子が好きなんていうのはわからなかったけど)

梨子(あの子と一緒にいる時だけが嬉しくて)

梨子(それ以外の時はあの子の事を考えて切なくなる)
6: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:15:07.31 ID:QUTzOazn.net
梨子(恋なんかしたことなかったし、その相手が女の子だって事に戸惑いはしたけれど、私の心を乱すこの感情は特別なもの)

梨子(私の思い、よっちゃんはどう思うんだろう)

梨子(やっぱり気持ち悪い、のかな?)
8: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:15:55.23 ID:QUTzOazn.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
放課後 部室

鞠莉「みんな〜、果南に好きな人ができたよ〜!」

善子「へ!?」

千歌「え、ええ〜!?」

ダイヤ「ほ、本当ですの果南さん!?」

果南「ちょっ!?鞠莉!そんな大声で言わないでよ!」
9: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:16:25.65 ID:QUTzOazn.net
鞠莉「Why?皆に相談した方がいいアイデアも浮かぶって話になったじゃない。」

果南「そ、そうだけど……」

鞠莉「果南はどうやったら愛しの彼と結ばれるか、みんなに相談したいんですって!」

果南「う、うぅ……」
11: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:17:01.65 ID:QUTzOazn.net
千歌「か、果南ちゃんも大人に近づいていくのかぁ……」

ルビィ「果南ちゃん!がんばルビィだね!」

花丸「でも、果南ちゃんの好きな人ってどんな人ずら?」

果南「そ、それは……ゴニョゴニョ……」

善子「聞こえないわよ!」

ワイワイガヤガヤ
12: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:17:52.16 ID:QUTzOazn.net
梨子(……)

梨子(よっちゃんも男の子の話題で盛り上がってる……)

梨子(やっぱりよっちゃんは私みたいな普通の女の子とは違うんだ……)

梨子(やっぱり、この気持ちは抑えなきゃいけないのかな)

梨子(何でだろう、すごく胸が苦しいよ……)
13: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:18:42.68 ID:QUTzOazn.net
善子「リリー?どうしたのよ、神妙な顔して?」

梨子「え?あ、ううん。何でもないよ!」

善子「なら良いんだけど……あ!もしかして!あなたにも好きな人ができたのね!?」

梨子「え?」
14: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:19:35.50 ID:QUTzOazn.net
善子「それなら早く言いなさいよ!この堕天使ヨハネの恋愛術を教えてあげるわ!」

梨子「ち、違うよ!」

花丸「善子ちゃん、恋愛術なんて言って……、この前彼氏なんていたこと無いって言ってたずら。」

善子「ずら丸!余計な事言わないの!それとヨハネよ!」
17: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:21:38.09 ID:QUTzOazn.net
梨子(本当に小悪魔みたいだな。)

梨子(あなたといると、私の心は苦しくなるの。)

梨子(恋愛術なんて言わないで、まるで恋した事があるみたいじゃない。)

梨子(多分、男の子に。)

善子「……」

梨子(泣いちゃ……駄目だよね、)
19: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:23:16.45 ID:QUTzOazn.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
夕方 自宅

梨子「あっ!よっちゃんからメール来てる!」

「リトルデーモン!三津海岸に集合命令よ!」

梨子「海岸……?」
21: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:27:17.93 ID:QUTzOazn.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
三津海岸

善子「遅いわよ。」

梨子「ごめんね、急にどうしたの?」

善子「……」

善子「……夕日、綺麗ね。」

梨子「え?あ、うん。」

善子「……」

梨子「……」
22: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:28:15.80 ID:QUTzOazn.net
善子「……ごめんね。」

梨子「え?」

善子「部室で皆と盛り上がってた時、私とだけ目を合わせてくれなかったじゃない。」

善子「気づかない内に何か悪い事しちゃったかなって思って……」
24: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:28:56.11 ID:QUTzOazn.net
梨子「いや……よっちゃんが謝るような事は無いよ!」

梨子「ただ少し……」

梨子「ううん、何でもない。こっちこそごめんね。」

善子「……」
25: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:29:30.20 ID:QUTzOazn.net
梨子「でもありがとね、気にしてくれて。」

善子「……何か悩み事でもあるの?」

梨子「えっ?」

善子「……すごく悲しそうな顔してるわよ?」
26: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:30:17.66 ID:QUTzOazn.net
梨子「そ、そんなこと無いよ」ニコッ

善子「……」

善子「リリー……、あなたの目ってすごく綺麗ね。」

梨子「……?」

善子「すごく澄んでる……、だから堕天使には分かっちゃうの。」
27: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:31:12.57 ID:QUTzOazn.net
善子「すごく澄んでる……、だから堕天使には分かっちゃうの。」

善子「どんなに上手く笑って見せても。」

善子「目の奥が泣いてる……」

梨子「……」
28: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:31:52.53 ID:QUTzOazn.net
善子「話してくれない?」

梨子「……ごめんね、よっちゃん……」

梨子「私、帰るね。」

善子「え?ちょっと!」

梨子「本当にありがとね。」

善子「あっ……」
46: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:57:03.08 ID:QUTzOazn.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
自宅

梨子「う……うぅ……」

梨子「善子ちゃん……善子ちゃん……」

梨子「全部伝えたいぃ……伝えたいよぉ……」

梨子「何で私は女の子が好きなのよぉ……」
47: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 20:57:42.60 ID:QUTzOazn.net
梨子「うぅ……」

梨子(あんな別れ方したら善子ちゃんに嫌われちゃうよ……)

梨子(何で私の気持ちは隠さないといけないの?)

梨子(いつまでこの思いを隠さないといけないの?)
52: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 21:03:10.74 ID:QUTzOazn.net
梨子(あんなに優しくされちゃったら……私……)

梨子(涙が止まらないよ……)

梨子「……」

タダイマー

梨子(お母さんが帰ってきた……)

梨子(……涙拭かなきゃ。)
62: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 21:14:53.71 ID:QUTzOazn.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
翌日 昼休み 音楽室

〜♪

梨子(久々に弾くピアノだけど……)

梨子(皮肉だな……、私の心が締め付けられるほどピアノの響きは澄んでいくみたい。)

梨子(……)
68: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 21:26:29.95 ID:QUTzOazn.net
梨子(いつもは善子ちゃんとお昼を食べてたけど……)

梨子(気まずくていつもの場所に行けなかった……)

梨子(善子ちゃん、待っててくれてるかな……)

梨子(それとも、もう私の事なんて気にして無いのかな?)
69: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 21:27:04.33 ID:QUTzOazn.net
梨子(あんな態度とっちゃったんだもん、仕方ないよね……)

梨子(……私、悪い子だな……)

梨子(……)

善子「リリー!」ガラッ
72: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 21:29:26.07 ID:QUTzOazn.net
梨子「よ、善子ちゃん!?」

善子「やっと見つけた!学食のサンドウィッチ無くなっちゃうわよ!」

梨子「え?」

善子「早く行くわよ!」

梨子「え?え?あっ!」

善子「堕天疾走!」ダダダ
75: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:02:20.51 ID:QUTzOazn.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
学校中庭

善子「それでずら丸ったら面白いのよ!」

梨子(善子ちゃん、何も聞いてこないし、怒ってもいないみたい……)

梨子(……優しすぎるよ。)

梨子(でも、私の本当の気持ちを知ったら……)

梨子(……)
76: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:03:06.16 ID:QUTzOazn.net
梨子(仮に善子ちゃんが私の気持ちを受け入れてくれたとしても、世間は善子ちゃんの事も冷たい目で見る……)

梨子(それに、私は彼女を傷つける態度をとった。)

梨子(……)

梨子(やっぱり私は善子ちゃんと一緒にいない方が良いのかな……?)

梨子(お互い傷つけ合うだけなのかな……)
77: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:03:33.29 ID:QUTzOazn.net
善子「ちょっと!聞いてるの?」

梨子「え?あ、ごめん……」

善子「もう、朝練の時も皆心配してたわよ!」

梨子「え、皆?」
78: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:04:06.26 ID:QUTzOazn.net
善子「あなた、千歌さんからのメールに返事してないでしょ。」

梨子「え?……うわっ!いっぱい来てた!」

善子「あの子、ずっと返事が来ないから触れて欲しくない事なのかって思ってるみたいよ。」

善子「皆あなたの事を心配してるし、あなたの事を大切に思ってるの。」

梨子(確かに、朝練の時も皆が妙に優しくしてくれた……)
80: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:05:05.39 ID:QUTzOazn.net
善子「……リリー。」

善子「私がAqoursに入るとき、皆は私の話を真剣に聞いてくれたし、受入れてくれた。」

善子「本当に嬉しかった、私は自分の好きな事をして良いってわかった。」

善子「好きなものを好きでいて良いって思った。」

善子「私はあなた達に助けられて今ここにいるの。」
81: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:06:04.60 ID:QUTzOazn.net
善子「だから今度は私が、リリーを助けたい!」

善子「それが友情だと思うから……」

梨子(友情……)

梨子(……これ以上善子ちゃんに迷惑をかけたくない……)
82: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:27:33.01 ID:QUTzOazn.net
梨子「……」

梨子「……ありがとう。」

善子「リリー……!」

梨子「でもね、私たちこれからあまり関わらないようにした方が良いかもしれない。」

善子「えっ?」
83: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:35:51.21 ID:QUTzOazn.net
梨子「ラブライブも終わって部活にも少し余裕ができてきたし。」

梨子「私、秋休みはピアノのコンクールを受けにまた東京に行くんだ。」

善子「それって……」

梨子「……明日から部活以外では会わないようにしようよ。」

善子「……」
84: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:43:56.50 ID:QUTzOazn.net
梨子「多分、それが……それが一番……」

梨子「うぅ……ひぐっ……」

梨子「ごめんね……うぅ……」

善子「……」

善子「やっぱり私があなたを傷つけてたのね……」

梨子「え!?」
85: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:52:35.23 ID:QUTzOazn.net
善子「リリーは優しいから、ずっと我慢してたのね……」

梨子「ち、ちがうよ!」

善子「本当にごめんなさい……私は梨子さんといる時が一番楽しかったから、多分羽目を外しすぎて……」

善子「あなたが嫌がっている事に気が付かなかった、それどころか今も何がいけなかったのか分からないの……」
86: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:53:39.26 ID:QUTzOazn.net
善子「ひぐっ……本当にごめんなさい……もうなるべく関わらないからぁ……」

梨子「違う!勘違いだよ!」

善子「梨子さんは……うぅぅ……本当に優しいのね……」

善子「でも……フォローは大丈夫だから……」
87: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:54:05.56 ID:QUTzOazn.net
善子「うぅ……ぐすっ……バイバイ……」

梨子「待って……」

梨子「あ、あぁ……」

梨子「うぅ……うああああああぁぁぁぁぁん!!!」

ダイヤ「ちょっ!梨子さん!?こんなところでどうしたんですの!?」
89: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 23:27:58.95 ID:QUTzOazn.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
翌日 夕方 自室

梨子(学校……サボっちゃった……)

梨子(メールもみんなから来てるけど……今は返事したくないな……)

ピンポーン
90: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 23:28:27.87 ID:QUTzOazn.net
梨子(……)

コンコン

梨子母「梨子、千歌ちゃんが御見舞に来てくれたわよ。」

梨子「……千歌ちゃんが?」
92: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 23:34:33.42 ID:QUTzOazn.net
梨子「……」

梨子「……分かった。」

コンコン

千歌「お邪魔しまーす!」

梨子「いらっしゃい。」
93: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 23:43:50.34 ID:QUTzOazn.net
千歌「大丈夫?体調悪いの?」

梨子「うーん……まあそんなところかな。」

千歌「そっか……梨子ちゃん最近様子が変だったから……」

梨子「心配かけてごめんなさい、でも私は大丈夫だから……」

千歌「……」
94: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 23:48:12.62 ID:QUTzOazn.net
千歌「……」

千歌「……善子ちゃんと何か有ったの?」

梨子「え……いや……」

千歌「……」

千歌「善子ちゃん、今日部活辞めたんだ……」

梨子「え?」
96: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 23:53:29.54 ID:QUTzOazn.net
千歌「理由は何も教えてくれなかったけど、とても悲しそうだった……」

梨子「……」

千歌「もちろん止めたかったんだけど、部室に来る前にはもう退部届を提出してたみたいで……」

梨子「……」
97: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 23:56:52.23 ID:QUTzOazn.net
千歌「今の梨子ちゃん、今日の善子ちゃんと同じ顔してる……」

千歌「……梨子ちゃんは……辞めないよね?」

千歌「私……善子ちゃんに続いて梨子ちゃんまで辞めちゃったら……」

梨子「……」
101: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 00:08:58.52 ID:5s2Vce0b.net
千歌「喧嘩しちゃったなら仲直りしよ?自分の気持ちを伝えればきっと分かり合えるよ?」

梨子「私の気持ち……」

千歌「え?」

梨子「私の気持ちなんて!」バンッ!

千歌「ひっ!」
102: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 00:10:03.11 ID:5s2Vce0b.net
梨子「私の気持ちなんて伝えたら……」

梨子「……」

千歌「……ごめん。」

千歌「私、もう帰るね。」

梨子「……」
112: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 17:52:39.49 ID:5s2Vce0b.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

三ヵ月後 自室

梨子(……もうずっと学校に行ってない……)

梨子(……)

梨子(あぁ……今日はピアノのレッスンだ……)
115: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:17:48.83 ID:5s2Vce0b.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
昼 沼津市街

梨子(また先生に褒められた……)

梨子(善子ちゃんの事で辛い思いをするほど表現が深くなっていくみたい……)

梨子(やっぱり善子ちゃんと離れて正解だったのかな……)

梨子(……)
116: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:47:27.06 ID:5s2Vce0b.net
梨子(……)

梨子(そろそろ学校いかないと……卒業できなくなっちゃうな。)

梨子(でも、私は卒業してどうしたいんだろう?)

梨子(私が人と違うせいで、本当に大切な人を傷つけて……)
117: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:48:56.30 ID:5s2Vce0b.net
梨子(善子ちゃんからもAqoursの皆からも離れてしまった……)

梨子(恋なんて知らなければ、今までみたいに楽しく過ごせたのに……)

梨子(これじゃあ大人になっても……)

梨子(……)

梨子(……もう、生きてても同じ事を繰り返すだけなら……)
118: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 18:56:19.94 ID:5s2Vce0b.net
梨子(……)

梨子(……善子ちゃん……)

梨子(……)

梨子(……あれ?)

梨子(あそこに居るのって……善子ちゃん?)
119: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 19:01:38.06 ID:5s2Vce0b.net
梨子(き、気まずいな……バレないようにしなきゃ……)

梨子(……え?隣に居るのって……)

梨子(え?やだ、嘘……)

梨子(なんで男の子と一緒に居るの……?)
120: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 19:19:22.11 ID:5s2Vce0b.net
梨子(嘘……!嘘!)

梨子(嫌だ……そんな……)

梨子(何で……酷いよ……!)

梨子(……)
122: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 19:20:15.40 ID:5s2Vce0b.net
梨子(……これが普通なんだよね。)

梨子(……)

梨子(……帰ろ……)
123: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 19:26:08.01 ID:5s2Vce0b.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
夕方 裏ノ星バス停前

梨子(……)

梨子(海……綺麗だな。)

梨子(……少し、怖いな。)
124: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 19:26:41.11 ID:5s2Vce0b.net
梨子(どれだけの人が悲しんでくれるんだろう?)

梨子(お母さんとお父さんは……泣いてくれるかな?)

梨子(Aqoursの皆は……もう私の事なんか忘れちゃったかな……)
129: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 20:48:45.45 ID:5s2Vce0b.net
梨子(……)

梨子(……善子ちゃんは……)

梨子(……)

梨子(……うぅ……)
130: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 20:55:12.31 ID:5s2Vce0b.net
梨子(内浦に来てから、楽しかったな。)

梨子(……)

梨子(薬……これだけ飲めば十分かな?)

梨子(……)

善子「……リリー?」

梨子「えっ?」
131: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 21:00:43.60 ID:5s2Vce0b.net
善子「あっ……ご、ごめんなさい、つい……」

善子「じゃ、じゃあね……」

梨子「ま、待って!」

善子「え?」

梨子「あ……えっと……」
133: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 21:11:55.91 ID:5s2Vce0b.net
善子「でも、私とはもう関わりたくないんじゃ……」

梨子「そ、それは違うの!」

善子「……」

善子「リリー」
134: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 21:12:34.70 ID:5s2Vce0b.net
善子「……こんなところで何してたの?」

梨子「……」

善子「風邪でも引いてるの?」

梨子「……違うよ。」

善子「……じゃあ、その大量の薬は何?」

梨子「……」
135: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 21:22:20.59 ID:5s2Vce0b.net
パァン!

梨子「!?痛っ!」

善子「バカ!」

善子「何でそんな事するのよ!?」
136: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 21:23:46.21 ID:5s2Vce0b.net
善子「私が梨子から離れれば、あなたはまた幸せになれるんじゃなかったの!?」

善子「私が居なければあなたは……」

梨子「……」

善子「何で何も話してくれないのよぉ!」
137: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 21:24:57.89 ID:5s2Vce0b.net
善子「ぐすっ……うぅ……」

善子「話してよぉ!死んじゃう位なら話してよぉ!」

善子「お願いぃ……ひっく……」

善子「うぅぅ……」

善子「嫌だぁ……梨子が死んじゃやだよぉ……!」
138: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 21:36:21.59 ID:5s2Vce0b.net
梨子「……」

梨子「私……」

梨子「……善子ちゃんは、私の事好き?」

善子「好きぃ!大好きぃ!」
139: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 21:43:04.96 ID:5s2Vce0b.net
梨子「……そっか、私も大好きだよ。」

梨子「でもね、私の好きって言うのは善子ちゃんの好きとはちょっと違うの。」

善子「……?」

梨子「……私、善子ちゃんの事を愛しているんだ。」

善子「……え?」
140: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:10:29.59 ID:5s2Vce0b.net
梨子「あなたの事を想うと、私の心は苦しくなる。」

梨子「でもあなたに会うと、あの夕日みたいに心が沈むの……」

梨子「よっちゃん……大好きだよ……」

善子「……」
141: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:11:22.11 ID:5s2Vce0b.net
善子「……私も。」

梨子「……!」

善子「わたしも大好き……」

梨子「……気持ち悪く、無いの?」
142: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:12:28.82 ID:5s2Vce0b.net
善子「気持ち悪くなんかない……」

梨子「……女の子が女の子の事を好きなんだよ?こんなの気持ち悪いよ……」

善子「気持ち悪くなんかない!」

善子「リリーが誰を好きになっても気持ち悪くなんかないわよ!」
143: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:14:13.37 ID:5s2Vce0b.net
梨子「善子ちゃん……!」

善子「……気づいてあげられなくてごめんね。」

梨子「じゃ、じゃあ……!」

善子「……」

善子「でもね。」
144: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:23:54.30 ID:5s2Vce0b.net
善子「友達のままじゃ……だめかな?」

梨子「……え?」

善子「……私、好きな人が居るの。」

梨子「……嘘、でしょ?」

善子「……」
145: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:24:28.20 ID:5s2Vce0b.net
善子「……ごめん。」

善子「……私は男の子が好きなの……」

善子「梨子の気持は本当に嬉しいの。あなたみたいな人が友達でいてくれて本当に嬉しかった……」

梨子「……」

善子「だから……」

善子「……ごめん。」
146: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:25:02.22 ID:5s2Vce0b.net
梨子「……」

梨子「そっか。」

梨子「ありがとね。」

梨子「……」

梨子「……内浦の海って、本当に綺麗だよね。」
147: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:25:27.65 ID:5s2Vce0b.net
善子「え?」

梨子「広い海が夕日に照らされて……」

梨子「海風が気持ちいいな……」

梨子「……こんな景色をあなたと見られただけでも、素敵なことだよね。」
148: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:26:38.05 ID:5s2Vce0b.net
善子「……」

梨子「……少しだけ、抱きついても良い?」

善子「……うん。」

梨子「ありがと。」
149: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:29:46.90 ID:5s2Vce0b.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 翌日、梨子は自宅で遺体となって発見された。
そして数日後、善子も後を追う様に内浦の海で発見された。 
どちらも自殺だった。
150: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:29:57.17 ID:5s2Vce0b.net
終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「ラブレター?」  よしりこ』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。