善子「リリーに嫌われた……」花丸「ないずら」

シェアする

善子-アイキャッチ24
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:39:36.59 ID:Xg1tgSMr0


善子「ちょっとずら丸、聞いてよ!」

花丸「……あっ、善子ちゃん」

善子「ヨハネよっ!」

花丸「はいはい。それで、いったいどうしたの?」

善子「ああ、そうだったわ――ふふっ…この堕天使ヨハネも、たまには下界の者の知恵を借りようと思ってね……花丸、貴女はその生け贄に選ばれ――」

花丸「えい」ズビシッ

善子「あいたっ」

花丸「相談事があるなら、素直にそう言うずら。ほら、そこに座って」

善子「はい……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475404776

元スレ: 善子「リリーに嫌われた……」花丸「ないずら」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:40:27.08 ID:Xg1tgSMr0
花丸「それで、相談事っていうのは?」

善子「うん、リリーのことなんだけれど……」

花丸「梨子さん? 梨子さんがどうしたの?」

善子「実は……」

花丸「実は……?」

善子「実は、リリーは私のことを、あんまりよく思ってないかもしれないの……」

花丸「えっ?」

善子「いや、それどころか…嫌われている可能性すらワンチャン……!」

花丸「まるはそんなことないと思うけど……」

善子「私だって、そうだったら嬉しいわよ……」

花丸「…よかったら、どうしてそう思うのか教えてくれるずら? 善子ちゃん」

善子「最近、リリーが私に意地悪するというか……冷たいのよ……」

花丸「そう?」

善子「そうよ……ええと、あれはいつのことだったかしら――」

――
―――
――――――
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:41:36.78 ID:Xg1tgSMr0
梨子「……」カリカリ

善子「あ、リリー」

梨子「…」エンピツタテル

善子「気付いてないし……もうっ」

梨子「んー…」

善子「リリー!!」

梨子「わひゃい!? ……ってなんだ、よっちゃんかぁ」

善子「なんだ、とはなによ。このヨハネのことを無視するなんていい度胸じゃない、リリー?」

梨子「ごめんね、中庭の木がきれいだったから……こんどの絵の構想を考えてたの」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:42:31.31 ID:Xg1tgSMr0
梨子「どうしたのよっちゃん、曜ちゃんがお刺身食べてるのを初めて見たときみたいな声出して」

善子「今すぐ遊びにヨーソロー! するんじゃないの?」

梨子「うん」

善子「えー…なんでよー……」

梨子「もう少しでいいアイデアが出そうなの。だから、モヤモヤしてる状態をはっきりさせておきたくて……」

善子「そうなの……」

梨子「ほんとにごめんね、よっちゃん。もう少しだけ、まってて?」

善子「わかったわ……その代わり、ちゃんといいアイデア出しなさいよ! ヨハネとの契約なんだからね!」

梨子「うん、ありがとう♪」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:43:27.22 ID:Xg1tgSMr0
梨子「ん……」

善子「……」

梨子「……!」カリカリカリ

善子「……?」

梨子「んー……」

善子「はぁ……」

梨子「……♪」

善子「うーん……」ノビー

梨子「……」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:44:38.37 ID:Xg1tgSMr0
梨子「……よっと」ガタッ

善子「どうしたのリリー、椅子なんて引いて。あっ、もしかして終わった!?」キラキラキラ

梨子「それはまだだけど、はい」ポンポン

善子「……膝? 膝がどうかしたの?」

梨子「このままよっちゃんを待たせておくのも申し訳ないから……膝枕でもどうかなって」

善子「え、でもそれじゃリリーがやりづらいんじゃ……」

梨子「書き物するだけだし大丈夫。まあ私なんかの膝枕、別にいらないかも入れないけれど……」

善子「そんなことないわ! むしろ丁度眠くなってきたくらいだし? あー、寝たいなー、すっごく誰かの膝で眠りたいなー!!」

梨子「そ、そんなに……? それじゃあ……はい、どうぞ」

善子「ありがと、リリー!」

――――――
―――
――
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:45:10.58 ID:Xg1tgSMr0
善子「――と、いうわけよ……」

花丸「なるほど」

善子「ひどくない?」

花丸「善子ちゃん、ひとついいずら?」

善子「ヨハネだし……で、なに? ずら丸」

花丸「嫌われてるかもとか、本気で言ってる?」

善子「は、はぁ!?」

花丸「今の話のどこに辛くなる要素があったの……それが辛い話なら、世の中からハートフルストーリーが消え失せるずら」

善子「いやだって……」

花丸「だって?」

善子「すぐに構ってくれないのよ!? 信じられなくない!?」

花丸「うん、ワガママにもほどがあるよね?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:45:45.50 ID:Xg1tgSMr0
善子「それがなに? 膝枕ならって!」

花丸「むしろなぜ膝枕がさらっと出るのか、まるにはちょっと理解できない」

善子「もはや女神じゃない!」

花丸「さっきからよしこちゃんは何に怒ってるの? 善子ちゃん自身?」

善子「結局気付けば1時間半くらいはそのままだったのよ」

花丸「あ、思ったより長い」

善子「まあ私も驚いたわよね。えっ、1時間半!? ……って」

花丸「1時間半同じ姿勢で放置なら……確かに、ちょっとつらい、かも……?」

善子「いや、あまりに穏やかな時間すぎて、気づいたらそんなに経ってたって驚きだけれど」

花丸「あ、うん」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:46:11.74 ID:Xg1tgSMr0
花丸「うん、明らかに梨子さん冷たくないよね? むしろアツアツだよね?」

善子「前なら、『あ、よっちゃん!』……って、すぐに気付いてくれたのよ……」

花丸「日頃如何に可愛がられていたか気付く、いい機会ずら」

善子「でも前より反応が芳しくないっていうのは確かだし……」

花丸「それは、まあ……」

善子「それに、他にもこんなことがあったのよ――」

――
―――
――――――
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:47:07.02 ID:Xg1tgSMr0
善子(トイレ……)

善子(でもどうしよ、廊下きっと暗いわよね……確か下の階にしかないし…)

善子(うう、正直少し恥ずかしいけれど、ここでやってしまうよりかは……)

善子「リリー、リリー、起きて……」

梨子「ん、よっちゃん……? どうしたの……?」

――――――
―――
――
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:47:37.45 ID:Xg1tgSMr0
花丸「待つずら」

善子「なによ、まだ始まったばかりじゃない」

花丸「なんで寝ているすぐ横に、梨子さんがいるずら……?」

善子「……? リリーの家に泊まった時だもの。当たり前じゃない」

花丸「えっ」

善子「えっ」

花丸「ど、どこで寝たずら……?」

善子「……? 敷布団借りたの」

花丸「ああ、だよね……」

善子「……?」

花丸「……まあいいずら。続き、話して」

善子「え、ええ……」

――
―――
――――――
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:48:18.80 ID:Xg1tgSMr0
梨子「ん、よっちゃん……? どうしたの……?」

善子「ト、トイレの場所教えてほしくて……」

梨子「かいだん下りて…玄関ホールの、すぐよこ……」

善子「で、できれば案内してほしいなぁ〜、なんて……」

梨子「……」

善子「だ、だめ……?」

梨子「………もしかして、こわい?」

善子「べ、別にそんなことは……」

梨子「じゃあ大丈夫よ、ぜったい分かるし……」

善子「……ねえ、リリー。ヨハネのお願い、聞いてくれないの……?」ウルウル

梨子「……しょうがないなぁ」

善子「あ、ありがとう!」パァァ
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:48:58.58 ID:Xg1tgSMr0
善子「リ、リリー、ちゃんといるわよね? ね?」

梨子「いますよー……」

善子「ちゃんといてね? 勝手に戻ったりしないでね!?」

梨子「大丈夫だよ〜……」

善子「そ、そう……」

梨子(ねむい……)ウツラウツラ

善子「あ、あれ、リリー……?」

梨子「……」ガクリガクリ

善子「リ、リリー? リリー!」

梨子「あうっ」ガクッ パチッ

善子「へ……? い、いやぁーーーーーーー!」マックラ

梨子「…はっ! なに、何事!?」

善子「あ、明かりが! たすっ……! リリー!? リリーーーーー!」

梨子「ご、ごめんよっちゃん! 今つけるから!」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:49:28.37 ID:Xg1tgSMr0
善子「……」

梨子「よっちゃんごめんね……つい、うとうとしちゃって……」

善子「やだ、ゆるさない……」

梨子「うぅ……」

善子「……」

善子「はぁ……リリー、ベッドの奥に行きなさい」

梨子「う、うん……」

善子「んしょ……」

梨子「よ、よっちゃん?」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:49:57.61 ID:Xg1tgSMr0
善子「ヨハネに災いをもたらしたリトルデーモンは、こうして壁とヨハネに挟まれて寝苦しい夜を過ごす罰を受けるの。今更後悔したって、遅いんだから……」

梨子「……」

善子「なによ、文句あるの……?」

梨子「……ありませんよー、堕天使ヨハネ様ー」

善子「朝までこのままだからね」

梨子「うん」

善子「蹴落としたりしたら、あの、なんか高いアイスおごりだからね!」

梨子「う、うん……」

善子「ならいいわ……おやすみ」

梨子「はい、おやすみなさい」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:50:55.66 ID:Xg1tgSMr0
――――――
―――
――

善子「ということがね、あったのよ」

花丸「ふーん」

善子「ね、ひどくない!?」

花丸「まる、もうツッコむの疲れたから本読んでいい?」

善子「はじめからひとつの布団で寝たかった!!!」

花丸「まさかのそこずら!? てっきり電気消されたくだりだと思ったのに!? もう強欲ってレベルじゃないずら!」

善子「あれは今にして思えば、無理に起こしちゃった私にも少し非があるし……」

花丸「あ、そこはまだまともに判断できてるずらか……」

善子「リリーが敷布団もって階段上がって来た時の私の気持ちがずら丸に分かる!? わからないでしょ!」

花丸「お泊りの時点で、十分すぎるずら……しかも最後は同衾達成してたよね?」

善子「ああ、同衾って一緒に寝ることだったの。何のことかと思ったわ」

花丸「それで、感想は?」

善子「すごい安心感のある睡眠だったわ。なんかいい匂いした。すごかった」

花丸「そう…」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:51:23.48 ID:Xg1tgSMr0
善子「いい加減分かったでしょ、最近リリーの私の扱いがそっけないって」

花丸「ありえないずら」

善子「まだ認めないのね……」

花丸「まるはいつまでこの茶番に付き合わされずらか……」

善子「茶番じゃないわよ!」

花丸「こんなの熱いお茶どころか、コーヒーにすら合わない程の激甘ずら」

善子「ずら丸、あなた頭大丈夫……?」

花丸「怒るよ?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:52:14.83 ID:Xg1tgSMr0

花丸「もうめんどくさいし、とっとと梨子さんに確かめてくればいいと思うずら。ほら早く音楽室に」

善子「ちょ、そんなことして現実を突きつけられたらどうするのよ……!」

花丸「あ、そこは相変わらずヘタレるんだ……」

善子「無理…絶対立ち直れない……」

花丸「いや結果は一目瞭然というか、火を見るより明らかというか……」

善子「ずら丸あなた……なんて酷いことを言うの……!」

花丸「うーん、まると善子ちゃんの間におっきい齟齬がある気がするなぁ」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:52:41.92 ID:Xg1tgSMr0
花丸「でもね、善子ちゃん……」


ガラガラガラ

梨子「花丸ちゃん、資料返しに来たよー」


善子「え、リリー!? リリーナンデ!?

花丸「善子ちゃんが来る前に作曲の資料の貸し出ししてたずら」

善子「うそぉー!?」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:53:11.35 ID:Xg1tgSMr0
梨子「あれ、よっちゃん?」

花丸「ほら、まるは席を外すから、ぱぱっと解決しちゃうずらよ、善子ちゃん――あ、資料はカウンターに置いておいてね」

善子「ちょ、ずら丸ーー!!!」

ガラガラガラ バタン
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/02(日) 19:55:18.48 ID:Xg1tgSMr0
ヨッチャンドウシタノ?

エ、エエト…エエイ、ママヨー!



花丸「……」フゥ…

ガサガサ

のっぽパン「ヤア」

花丸「……」

ガサリ

のっぽパン「アレ…?」

花丸「甘いのは今はいいや…………」

花丸「話が終わるまで、ルビィちゃんのとこ行ってよ……なんだか、無駄に疲れたずら……」








おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
善子「リリーに嫌われた……」花丸「ないずら」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「リリーに嫌われた……」花丸「ないずら」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。