花陽「>>3をしたいなぁ」

シェアする

花陽-アイキャッチ13
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 18:50:25.88 ID:DwNdx8ra.net
花陽「えへへ…、ずっとしたかったんだぁ」

元スレ: 花陽「>>3をしたいなぁ」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 18:51:09.15 ID:3yN2voCE.net
ガンプラバトル
5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 18:56:24.84 ID:DwNdx8ra.net
花陽「ガンプラバトル、ずっとしたかったの…」

凛「うーん…。でも、誰もガンプラ持ってないよ?」

花陽「そもそもガンプラ持ってても花陽たちがガンプラバトル出来る訳じゃないもんね…。言ってみただけだよ…。あれはテレビの中だけ。わかってるんだけどね…」ハァ

>>7>>10
7: 名無しで叶える物語(試される大地)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 18:57:06.73 ID:0MgbmKSs.net
真姫
10: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 18:59:57.42 ID:691vK+h4.net
ガンプラバトルやめてお医者樣ごっこしましょう
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:05:37.63 ID:DwNdx8ra.net
真姫「ガンプラバトルやめてお医者樣ごっこしましょう」

凛「にゃにゃ!?真姫ちゃんいつから話をきいてたの!?」

真姫「そんなことは些細なことじゃない。それより、お医者樣ごっこしましょ?」

凛「そ、そうかなぁ…。それになんだか真姫ちゃん難しい漢字を使ってる気がするにゃ」

花陽「うぅ…。でも、したかったなぁ…」

真姫「花陽。私たちももう高校生。出来ることと出来ないことの区別はついてるでしょ?だから…」

花陽「う…、うん。そうだね!くよくよしてても始まらないもんね!わかった!お医者さんごっこするよぉ!」

凛「えぇ…。かよちん流されてるにゃ…」
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:08:22.82 ID:DwNdx8ra.net
真姫「さて、ここじゃ人目につくし、>>14にいくわよ」

凛(あれ?お医者さんごっこも高校生がすることじゃないんじゃ…)

花陽「う、うん!ふわぁ…。なんだか緊張してきたよぉ…」
14: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:10:00.70 ID:aoSS2UZB.net
カラオケ
18: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:19:42.51 ID:DwNdx8ra.net
真姫「カラオケにいくわよ」

凛「わぁいカラオケ!凛カラオケだぁいすき!」ピョンピョン

真姫「なに言ってるの?カラオケだからって歌いに行く訳じゃないのよ?いい?お医者樣ごっこなんだからね?」

凛「えぇー…」

花陽「でも、具体的にお医者樣ごっこ?ってなにするの?」

真姫「それはついてからのお楽しみよ…。ウフフ」



店員「お時間の方はどうなさいますか?」

真姫「フリータイムで、あ、あとドリンクバー、カップはアイス三つで。ありがと。じゃ、いくわよ」スタスタ

凛「真姫ちゃん張り切ってるね」コソッ

花陽「三人でこうやって遊ぶの、久しぶりだからはしゃいじゃってるのかもね。ふふ、かわいいねぇ」コソッ

真姫「二人ともハヤクシナサイヨ」

りんぱな「はぁい♪」テクテク
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:23:29.37 ID:DwNdx8ra.net
ガチャリ

凛「暗いにゃー」デンキカチリ

真姫「暗いままの方がいいかもしれないわよ?」

花陽「?どうして?」

真姫「…どうしてって、これからするのはお医者樣ごっこだからよ」

花陽「???」

真姫「じゃあまず配役を決めるわね。」

凛「配役?」

真姫「ごっこなんだもの。当たり前でしょ?花陽は>>22、凛は>>24、そして私は>>23よ」
22: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:28:12.22 ID:VA2wv11r.net
点滴吊るすスタンド
23: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:28:16.43 ID:aoSS2UZB.net
ブラックジャック
24: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:28:25.86 ID:FwqfFv1B.net
ベッド
31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:37:38.57 ID:DwNdx8ra.net
真姫「花陽は点滴吊るすスタンド、凛はベッド、そして私はブラックジャックよ」

花陽「スタンドかぁ…。花陽に出来るかなぁ…。ってスタンドナノォ!?」

凛「凛はベッド…。ねぇ真姫ちゃん、ほんとにこんなことがしたかったの?」

真姫「凛、花陽。ベッドもスタンドも喋らないのよ。…違うわ。喋らないぞ」

凛(ブラックジャックやりたかっただけなのかなぁ)

花陽(凛ちゃん寝ころがれていいなぁ…。花陽は立ちっぱなしだよぉ…)

真姫「患者がいない病室と言うのも、なかなかに暇なものだな…。ピノ子!ピノ子はいないか!…。そうか、買い物に行かせたんだったな」フゥ

花陽(真姫ちゃんなりきり派だなぁ)

凛(今まであんまり友達と遊んだことがなくって遊び方がわからない、とかなのかなぁ)

真姫「…メス!…ふふ、なんてな」

凛(楽しそうだからこっちの真姫ちゃんも好きにゃ)
36: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:50:39.29 ID:DwNdx8ra.net
真姫「ま、たまには休息も必要…か。なんであれ患者がいないというのは良いことだからな」ストン

凛「に″ゃあ!?」グェッ

凛「真姫ちゃ、重…」ペシッ

凛「にゃう」

真姫「ベッドが少しギシギシ言っているな…。どこか悪いのか…?」

真姫「足か…」サワサワ

凛「っふぅっ…///!?」ビクン

真姫「それともフレームか…」ツツツ

凛「ひゃあん///」ゾクゾク

真姫「やはり本体部分か…」ソッ

凛「ちょ、ちょちょ、ちょっと待って!すとーっぷ///!!!」ガバァ

真姫「きゃ!?もう、凛ったら、こっからがいいとこなのに何するのよ!」ぷくぅ

凛「だ、だって、なんかやらしい手つきに…///」

花陽「そうだよ凛ちゃんいいとこだったのに!」プンスカ

凛「かよちんまで!?」

花陽「みんな期待してたんだよ!?」

凛「え?え?えぇ???」

真姫「はぁ…。なんかさめちゃったわね」

凛「ご、ごめん…」

真姫「良いわ。配役を変えても一回やりましょ」
37: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:52:13.54 ID:DwNdx8ra.net
真姫「今度は凛は>>40、花陽は>>42、私は>>41でやるわ。ちゃんとなりきるのよ?」
40: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:56:42.32 ID:ArhI5kYV.net
淫獣
41: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:56:42.80 ID:3yN2voCE.net
尿瓶
42: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 19:56:43.11 ID:4wNtjONE.net
セクハラ患者
47: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 20:08:54.06 ID:DwNdx8ra.net
真姫「凛が淫獣、花陽がセクハラ患者、私が尿瓶よ、わかったわね?」

花陽「セクハラ患者!?しかもまた人間が一人だよぉ…」コドクナヘヴン…

凛「いんじゅう…???ってなに?」

真姫「えっちなペットか妖精さんのことよ」

凛「え…///えっちな…///」

真姫「さて、そろそろ始めるけど…。とりあえず電気消すわね///」カチリ

花陽(ノリノリに見えて真姫ちゃんも恥ずかしいんだね…。安心したよぉ)



凛「にゃ、にゃあにゃあ」

花陽「おやおや猫ちゃんこんなところでどうしたの?」ナデナデ

凛「にゃあ」スリスリ

花陽「ふふ、くすぐったいよぉ、猫ちゃん。かわいいねぇ…♡」

凛「にゃあ〜ん♡」

花陽(一人でセクハラってどうすればいいのぉ!?)ダレカタスケテー

凛(かよちん優しいにゃー♡)



真姫(…寂しい)クスン
51: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 20:20:08.54 ID:DwNdx8ra.net
花陽(目が慣れてきて気づいたけど、真姫ちゃん寂しそう…。よぉし!)

花陽「さて、そろそろ…ぴゃあ!?」

凛「にゃーんにゃーんにゃーん♡」ペロペロ

花陽「り、凛ちゃん!?」

凛「凛は猫ですにゃー♪かよちんの言ってること、わからないにゃー♡」

花陽(凛ちゃんが指をペロペロしてくる…///!セ、セクハラ患者的にはどんな対応すればいいのぉ!?)

真姫 「…」スッ[>>52]

花陽(…カンペだ)
52: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 20:20:51.41 ID:Q6gcou9m.net
はらばん
55: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 20:28:20.91 ID:DwNdx8ra.net
真姫[はらばん]

花陽(…???サザン○○○スターズの原○○さんの開いたライブのこと…???)

真姫「!」キュキュキュ[≠]

花陽(あ、消してる…)

真姫スッ [使って!私を!寂しい!]

花陽(…うん!わかったよ、真姫ちゃん!)
58: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 20:37:24.41 ID:DwNdx8ra.net
凛(さて、次はそろそろ…///おっぱいの方を…///!し、仕方ないよね!い、淫獣だもんね///!)ペロペロ

花陽「こぉら!猫ちゃんったら、いたずらが過ぎますよぉ?」ペシッ

凛「うにゃにゃ?」

花陽「うぇっへっへっ、悪い猫ちゃんにはしつけが必要ですね…」

花陽「猫ちゃん、おトイレのしつけの時間だよ」

凛「!?!?」イヤイヤ

花陽「さぁ、来て!尿瓶さん!」

凛「嫌だにゃ!本当にしつけが必要なのはセクハラしまくりのかよちん患者の方にゃ!先生たちが困ってるって言ってたにゃ!」アワアワ

花陽「ふふーんだ。猫ちゃんの言ってることなんてわかりませーん」プイッ

凛「凛、実は猫の見た目した妖精だったのにゃ!さぁ、尿瓶さん!こっちにおいで!」

真姫(ど、どうしよう…。どっちに行ったら…)

真姫(えーいままよ!>>62の方に行くわ!)
62: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 20:42:09.52 ID:KJd9FW2Q.net
顔は凛の方
尻の方をかよちんに向ける
駄目なら↓
65: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 20:57:29.89 ID:DwNdx8ra.net
真姫(どっちに行っても角がたつ…。ここの正解は…、これだわ!)バッ!

凛(よし!こっちを向いた!)

花陽「…あぁ…。そんな…。」

真姫(…!違うわ!後ろは花陽側よ!使っていいのよ!)オシリフリフリ

花陽「…あ、でも、尿瓶の前側が凛ちゃ…、猫ちゃんの方ってことは使うのは猫ちゃんの方だね♡」ニコッ

凛「はっ!?そうだにゃ!しまったにゃー!」ガビン

真姫(そうだけど!良いのよ!後ろも!)オシリフリフリ

花陽「ふふふ…。尿瓶さんもこんなに使って欲しがってる…。覚悟してね♡猫ちゃん♡」オシリナデナデ

真姫(ぁん…♡)
67: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:05:33.12 ID:DwNdx8ra.net
花陽「さぁ猫ちゃん。おトイレしてみようか♡」ナデナデ

花陽(なんだかこのキャラ楽しくなってきたよぉ…♡)ナデナデ

凛「ま、待つにゃ、ごっこ!ごっこ遊びでしょ!?」

花陽「猫ちゃんはまた、そうやって途中で駄々こねて終わりにしようとするの…?」ムゥ

凛「そ、そういうつもりじゃないけど…、ま、真姫ちゃんだって嫌だよね!?」

真姫「んっ…♡」(ん…///。花陽ったらいつまで尿瓶のお尻撫でてるのよ…♡)

凛「ほ、ほら、真姫ちゃんだって…」

真姫「嫌じゃ…ないわ…///」

凛「う、嘘だよね…真姫ちゃん…」ブルブル

真姫「尿瓶使わなかったらお医者樣ごっこの要素がほとんどなくなっちゃうもの…♡」

花陽「さ、脱ぎ脱ぎしましょうねぇ♡」

凛「にやああああああああ!!!!」
69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:08:02.28 ID:DwNdx8ra.net
…おしっこ展開の辺りはカットした方がいい?どうあがいても尿瓶じゃそうなっちゃうんで嫌な人いるかもと思って

下7個で飛ばすか飛ばさないか多い方
71: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:08:30.60 ID:LKZP42rk.net
飛ばさない
73: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:08:55.37 ID:3yN2voCE.net
とばすなんてとんでもない!
74: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:09:05.98 ID:4wNtjONE.net
飛ばさない
75: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:09:12.15 ID:CgIAJm6D.net
飛ばさずにどうぞ
76: 名無しで叶える物語(アメリカ合衆国)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:09:19.69 ID:OcpgonQO.net
飛ばしてはならない
77: 名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:09:46.98 ID:LzLqiiRq.net
飛ばす理由がない
78: 名無しで叶える物語(もも)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:10:05.72 ID:BJz1MI0e.net
あ、やっぱ俺も飛ばさない派で
79: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:10:47.49 ID:lryrXxiL.net
とばさないにゃー!
83: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:29:10.16 ID:DwNdx8ra.net
凛「う…うぅ…///もうお嫁にいけないにゃ…」シクシク

花陽「ふふ…その時はお姉さんがお嫁にもらってあげますからねぇ…♡」

真姫(目、目の前に…///凛の…、あ、あそこが…///)ハァハァ

花陽「…あれ?まだ何も入れてないはずの尿瓶から液がもれてるよぉ?」クスクス

真姫(…!?嘘!)

花陽「ほら、とろとろの…。これ、なんだろうねぇ…♡」クチュ

真姫(この患者…!尿瓶にまでセクハラするなんて頭おかしい…!)ゾクゾク

凛「…凛、おしっこでないにゃ…」

まきぱな「え?」

凛「その、多分、今、出ないにゃ…」シュン

花陽「…うーん。…。」

花陽「!」

花陽「そっかぁ。じゃあ、出るようにしないといけないねぇ♡」

凛「で、でも、そんな方法…」

花陽「あるよ?はい、コップ持って?さ、ジュースとってきて?」パスー

凛「…わかった…。じゃあ」ヨイショ

花陽「履いちゃだめ♡」

凛「!?な、なんで!」

花陽「だめなものはだーめ♡凛ちゃんは猫ちゃんなんだよ?上を着させてもらえるだけ、ありがたいんだよ?ギリギリ上着で隠れるから、いっておいで♡」

凛「」ゾクゾクッ…!

花陽「一応隠せないように二個くんできてもらおうかなぁ…。でも、こっちはまだ残ってるから…」

花陽「尿瓶にながしちゃおっか♡はい、あーん♡」トポポポ

真姫「ひゃ!?」

真姫「んくっ…!んぐっ!けほつ!けほっ!」

真姫「…あふぅ♡」

花陽「よくできました♡さ、猫ちゃん、いってらっしゃい♡」

凛「は、はいぃ…」ガチャリ
84: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:37:17.15 ID:DwNdx8ra.net
凛side

凛(だ、誰かに見られたら、凛、変態だって思われちゃうよ…///)ドキドキ

凛(行きは片手でコップ二個持てるからいいけど…)

凛(帰りは…///)

凛(うぅ…。前に引っ張るとお尻が見えちゃうし…///)

ガチャ\シーンジテーコーコロノトーキーメイター/バタン

凛「!」ビックゥ!

凛(だ、誰かさんがお手洗いに行ったにゃ…!見、見られてないよね…)

凛(急がないと…!)

凛(…なににしよう)

凛(>>86>>87にしよ)
86: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:39:21.14 ID:4wNtjONE.net
カルピス
87: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:39:35.75 ID:rOW6pCGn.net
オレンジ
88: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 21:46:14.60 ID:DwNdx8ra.net
まきぱなside

花陽「…ねぇ真姫ちゃん?」

真姫「…。」

花陽「真姫ちゃん、ほんとにいいの?嫌じゃない?」

真姫「へーきよ。何度も言わせないで///」

花陽「…実はそういうの好き、とか?」

真姫「な、違うわよ///!仕方なくよ、仕方なく!」

花陽「そ、そう…?フリだけでも…」

真姫「もう…。さっきまでの強気なあなたはどこにいったのよ…。…さっきまでみたいにガンガンいっちゃっていいから…」ボソッ

花陽「ふふっ♡真姫ちゃん、やっぱり…♡」

真姫「やっぱりってなによぉ///!」
96: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 22:34:10.52 ID:DwNdx8ra.net
凛(…よし!あとは戻るだけ!)

凛(誰にも見つからないように…)

ガチャ\キライキライヨヤンナッチャーウ/バタン

凛(またドアが開いた!)

凛(…この位置だと見つかっちゃう!)ゼツボウ

凛(見、見られたら…見られたら…///)ゾクゾクキュン

凛(ダッシュだ!)ダッ

凛(ここを曲がって)グッ

ピラッ

凛(嘘!?めくれちゃっ…)バッ!

ビシャッ

凛「きゃあ!」

凛「…。」グショォ…

凛「ど、ど、どうしよう…」オロオロ

ガチャ

凛「!!!!!」

凛(終わった…)


花陽「もう、凛ちゃん!はやく!入って!」グイッ

凛(…あ、開いたの自分達のとこの部屋だった…)ハァ…ハァ…

花陽「…あれ?どうして片方のコップがからっぽなのかな?」

凛「そ、その、カルピス、こぼしちゃって…」ポタポタ

花陽「じゃあ風邪引かないように上も脱がないとね…♡」

凛「」

凛(今日のかよちんに勝てる気がしない…!)
98: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 22:44:29.51 ID:DwNdx8ra.net
花陽「わぁ…♡猫ちゃん、素敵なブラだね♡」

凛「は、恥ずかしいよぉ…///」

花陽「今更だよ、猫ちゃん。猫ちゃんのこっちは、とっくにもっと恥ずかしいことになってるもんね」クチュクチュ

凛「あっ♡あん♡そ、それはぁ♡カルピス…♡だにゃあ♡」カクカク

花陽(凛ちゃん腰ふってる…♡無意識なんだろうなぁ…♡)

真姫(この部屋、凛と私のエッチな匂いがあわさって…♡すごい…♡)

花陽「…はい!どう?猫ちゃん。猫ちゃんは今、生まれたままの姿なんだよ?どんな気分かな?」

凛「す…、すっごく恥ずかしくて///、でも、なんだか、物足りなくて…♡もう…よくわかんない…♡」ハァハァ

花陽「…さて、そろそろ尿瓶のカバーをはずすね♡動かないでねー♡」

真姫(わ、私もなのね…///)
100: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 22:59:54.87 ID:DwNdx8ra.net
真姫「あ、あの、自分で脱げるから…んひぅっ///!?」クチュ

花陽「尿瓶はぁ、喋りません♡」ヌガシヌガシ

真姫「は、はい…♡」

花陽「うわぁ…♡猫ちゃん、見て?この尿瓶さん、すっごくエッチなぱんつ穿いてるの♡」

凛「ほ、ほんと…///黒くてスケスケで…すごい…///」

真姫(あんまり見ないで…///)モジモジ

花陽「しかもね?ほら」サワリ

真姫「んっ♡」

花陽「こぉんなにビショビショなの♡猫ちゃんとおんなじだね♡」クチュ

凛「ふにゃあ…///」

花陽「えいっ」ズルッ

真姫(あぁ…♡あの西木野の一人娘のこの私が…///言いなりになってはだかにされちゃうなんて…♡)

花陽「じゃあ猫さん。ジュースのんで、しーしーの準備しようね」

凛「にゃあ…///♡」
102: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:15:55.65 ID:DwNdx8ra.net
凛「んっ…」ゴクゴク

花陽「…いけそう?」

凛「ふっ…///うん♡今なら、なんか、出そう…♡」

花陽「良かった♡じゃあ、溢れないように尿瓶の口につけてね?はい、あーんして?」

真姫「♡」アーン

凛「///」ピトッ

真姫「ん♡レロ♡チュゥ…♡」クチュクチュ

凛「んやぁ♡!?…あ♡はぁんっ♡」

凛(すごいっ…♡ビリビリ来る…♡)

真姫「チュ…♡クチュ♡ぷはっ♡んぅ…♡」(もっと激しく…♡はぁ…、欲しい…私もぉ♡)

凛「はっ♡はっ♡はぁっ♡あ♡んあぁ♡」カクカク

花陽(凛ちゃんまた腰ふってる…。発情期の猫ちゃんだね♡)

凛「出る…♡出るよぉ…♡」カクカク

花陽(ついに…!)
プルルルルルルル!!

花陽「ぴゃあっ!?!?」

凛「にゃあっ!?♡」プシャア

真姫「んっ♡」ゴクッ

真姫(凛のオレンジジュース…♡みかんは嫌いだけど、これは、甘くて、美味しい…♡)ゴクン
103: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:28:05.69 ID:DwNdx8ra.net
ガチャ

花陽「は、はい!わかりました!はい!」

ガチャ

花陽(びっ、びっくりしたぁ…)

凛「はぁ…♡はぁ…♡」グッタリ

真姫「花陽ぉ…♡私、まだイケてないの…♡お願い…イかせてぇ…♡」スリスリ

花陽「ごめんね真姫ちゃん、お預けだよ。残り時間5分だって、お電話来ちゃったから」

真姫「いや!こんな状態で終わりなんて、生殺しもいいとこよ!お願い!花陽ぉ!」ナミダメ

花陽「だめだよ、もうお片付けしないと、間に合わなくなっちゃう」

真姫「だ、だったらもう自分でする!」クチュ

真姫「ぁんっ…♡はぁ…♡」クチュクチュ

真姫「あ♡あん♡!は、花陽ぉ…?手ぇ、離して…?」ガシッ

花陽「だーめ♡イッちゃだめです♡帰るまで素直な真姫ちゃんでいて欲しいから。これは命令です♡」

真姫「は、はいぃ…♡」

花陽「凛ちゃんもはやく服を…あぁ!?そっか、びしょびしょだった!」

花陽「えっと…、花陽の体操着で我慢してね?汗くさいかも知れないけど…はだかで帰るわけにもいかないから…」

凛「ご褒美にゃ…♡」
104: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 23:34:04.95 ID:DwNdx8ra.net
……

花陽「…ふぅ。スリリングな遊びだったね、お医者樣ごっこ」

真姫「ねぇ、花陽、はやく花陽のお部屋行きましょ…♡我慢できない♡」

凛「凛も、もっと欲しいにゃ♡」

花陽(二人共、こんなにとろけちゃって…)

花陽(でも、いつも振り回されてるこの二人にこうやって接することができるのって…)

花陽(なんだろう、すごく、快感…♡!)

花陽「うん!じゃあ、いこっか!」

花陽(私たち一年生の仲は、これからもーっと、深まりそうです♡)


おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「>>3をしたいなぁ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。