花丸「なんずら? この部屋は」ルビィ「閉じ込められた?」善子(まさかこの部屋って……)

シェアする

善子-アイキャッチ23
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:12:47.62 ID:+ijqLyZD.net
花丸「ほぇ〜、こんな都会の宿にはすごい部屋があるずらね〜」

ルビィ「うゅ……」ガチャガチャ

善子(間違いない……この部屋の雰囲気、これは……)

花丸「うわ〜! 広いベッド!! 未来ずら〜!!」

ルビィ「開かないよぉ……出られないよぉ……」ガチャガチャ

善子(ウワサには聞いたことがあるけど……まさか実在するだなんて……)

花丸「この光ってるボタンは何ずら?」ポチッ

ルビィ「わっ! 部屋が暗くなった!」

善子(アンダーグラウンドの掲示板に残った伝説……禁断の脱出不可能部屋……)

花丸「わ〜っ! すごくきれいな光ずら〜!!!」

ルビィ「すごい……きれ〜!」

善子(その名を……"セックスしないと出られない部屋"!!!)

※ 同作者さんによるSSです(管理人)

【SS】名探偵国木田花丸の事件簿

元スレ: 花丸「なんずら? この部屋は」ルビィ「閉じ込められた?」善子(まさかこの部屋って……)

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:13:22.73 ID:+ijqLyZD.net
善子「って、はしゃいでる場合か〜〜〜っ!!!」

花丸「ずらっ!?」

ルビィ「ぴぎっ!?」

善子「いい!? 私達閉じ込められてるの!! もっと焦りなさいよぉ!!」

花丸「ベッド広くてふかふかずら〜♪」

ルビィ「わぁ〜! 冷凍庫の中にアイスもある〜❤」
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:13:46.57 ID:+ijqLyZD.net
善子「聞け〜っ!!」

花丸「善子ちゃんさっきからうるさいずら〜」

善子「ヨハネよ!!」

ルビィ「でも、出られなくても、このお部屋……お菓子もあるし、ベッドもあるし、お風呂場もあるし……」

花丸「焦らなくてもいずれ出られるずら。だとしたら、堪能できるうちに堪能しておくずら〜♪」

善子「き、危機感ゼロ……ッ!」
4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:16:07.76 ID:+ijqLyZD.net
善子(いえ……危機感がどうこういうのは二の次よ)

善子(問題は、ここが本当に例の部屋だとしたら……!)

善子(きっと"指令書"があって……それをクリアしないとペナルティが課される……!)

善子(冗談じゃないわ!! なんとしてでも、この部屋を無事に脱出してみせる!!)

善子(っていうか、私はノンケよ!!)

花丸「さっきから善子ちゃん、なんかブツブツいってるずら」

ルビィ「きっと善子ちゃんもテンションがあがってるんだよ」
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:21:00.94 ID:+ijqLyZD.net
善子「ということは、まず指令書を探さないと……」

花丸「あ、なんか置いてあるずら」

善子「ちょっ!」

ルビィ「なになに?」

花丸「テレビの番組欄みたいずら」

善子(よかったー! なんかもっとやばいものかと思ってたら……)

ルビィ「えっと? "みんなのオカズちゃんねる"……?」

善子「アウトーーーーーーッッ!!!」
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:21:29.28 ID:+ijqLyZD.net
花丸「わっ! 善子ちゃん一体どうしたずら!?」

善子「ヨハネよ!! とりあえず、アウトよアウト!!」

花丸「な、何がアウトずら?」

ルビィ「?」

善子「な、何がって……あ、明らかにいかがわしいテレビじゃない!!」

花丸「? どうしてずら?」
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:22:40.18 ID:+ijqLyZD.net
善子「ど、どうしてって……い、言わせるなぁ!!」

花丸「マル、てっきり旅料理番組みたいなものだと思ってたんだけど……」

ルビィ「ルビィも……」

善子「………」

善子(あれ。もしかして……)

花丸「まあ、他のを見るずら♪」

ルビィ「アイドルの番組なにかやってないかな……♪」

善子(この二人、その手の知識全然ないの!?)
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:23:06.34 ID:+ijqLyZD.net
花丸「それにしてもでっかいテレビずら〜♪」

ルビィ「うちのよりもずっとずーっと大きいよ〜」

善子(いやありうる!! あの過保護な姉を持つルビィと、家電製品ほぼゼロ、現代に生きる化石のずら丸ペアならありうる!!)

花丸「にしても、このリモコンどこを操作すればいいずら?」

ルビィ「うゅ……ボタンが一杯でわかんないよぉ……」

花丸「善子ちゃん、どうすればいいずら?」

善子「ヨ・ハ・ネ!! て、テレビなんて見てる場合じゃないわよ!! 没収よ没収!!」

花丸「ああっ! むごいずら!」

善子「まったく……」
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:26:47.55 ID:+ijqLyZD.net
花丸「そういえば、あれは何ずら?」

善子「ん? ……ああ、マッサージチェアね」

ルビィ「すごい!」

花丸「座ってみてもいいずら!?」

善子(……まあ、ぱっと見はただのマッサージチェアよね……)

善子「まあ。大丈夫だと思うけど……」
16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:27:35.08 ID:+ijqLyZD.net
花丸「よいしょっっと」

善子「それで、ここのリモコンを操作して……」

ウィーン

花丸「あ〜っ! 未来ずらぁ〜!!」

善子「ほんと、幸せそうにしちゃって……」

ルビィ「マッサージ機器も色々完備してるって、すごいね」

善子「ま、まあ? 疲れを癒やすための施設なんだしね……」

ルビィ「あ、これもマッサージ機なのかな?」デンマー

善子「ギャーーーーッ!!!」
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:32:05.59 ID:+ijqLyZD.net
花丸「あ゛〜〜〜❤ 極楽ずら〜〜〜♪」

ルビィ「マルちゃん! これも使ってみよ♪」ヴヴヴヴヴヴヴヴ

花丸「うわ〜っ! 未来の形ずら〜!!」

善子「駄目ぇええええっ!!」ガシッ

ルビィ「善子ちゃん!?」

善子「はーっ……はーっ……!!」

善子「こ、これは堕天天界条例によって禁忌扱いされた伝説の魔具! だから使用禁止!!」
20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:36:48.05 ID:+ijqLyZD.net
ルビィ「うゅ……」

花丸「はぇ〜。善子ちゃんは色々詳しいずら〜」

善子(ダメだこの部屋……し、心臓に悪いっっ!!)

ルビィ「あ、これなら大丈夫かな! スイッチとかもついてないし!!」

花丸「? 変な形ずら」

ルビィ「んー……きっと、肩を揉むためのものじゃないかな? ほら、ここが取っ手で……」

善子「……ルビィ、その……あんたが手に持ってるのって……」

ルビィ「えっと、肩叩き棒?」

善子(どう見てもディルドじゃないのよぉおおおおお!!!!!!!!)
21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:39:22.65 ID:+ijqLyZD.net
花丸「なんかこけしみたいな形ずら」

ルビィ「ふふっ。花丸ちゃんらしいたとえだね」

善子(適切すぎる例えよ!!!!!)

ルビィ「えっと、これで肩を叩けばいいのかな?」

花丸「ずらっ」

善子「それも没収ぅうううううううう!!!!!!!!」

ルビィ「ぴぎぃっ!」

善子「ぜぇ……ぜぇ……」

花丸「さっきから善子ちゃん、テンション高すぎずら」

善子「もう……突っ込むのにも疲れたわ……」
22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:40:58.70 ID:+ijqLyZD.net
ルビィ「そろそろ、お風呂入らない?」

花丸「うん! さっき見たけど、すごい広かったずら!!」

善子「あ……そ」

花丸「善子ちゃんも入るずら」

善子「私は後で入るから」

花丸「何言ってるずら。こんなに広いんだから、3人で入るずら〜♪」

ルビィ「わーい! みんなでお風呂ー!」
23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:41:24.36 ID:+ijqLyZD.net
善子「な、ちょ! 嫌よ!! なんでそんな!!」

花丸「? どうしてずら?」

ルビィ「私もよくお姉ちゃんと一緒に入ってるよ?」

善子(高校生にもなって何やってんのよあの生徒会長は!!!!)

花丸「ほーら。早く脱ぐずら〜♪」

善子「ちょっ、ばっ、やめっ、ぬ、脱がすなああああ!!!」
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:45:52.30 ID:+ijqLyZD.net
善子「うう……」スッポンポン

花丸「広いずら〜♪」

ルビィ「すごい……おしゃれなお風呂ー!」

善子(うぅ……どうしてこんなことになってんのよぉ……)

ルビィ「まずは身体を流して……」

花丸「? 変な形の椅子ずら」 

善子「没収ャアアアアアッッ!!!」ガッ

花丸「? 善子ちゃん、そんなに座りたかったずら?」

善子「あはは、あはははは!! そうね!! 腰が痛くてね!!!」

善子(なんでスケベ椅子が置いてあんのよ!!!!)
28: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:46:21.11 ID:+ijqLyZD.net
ルビィ「わわっ!! すごい!! お風呂が泡でいっぱい!!」

花丸「テレビで見たことあるずら!!」

善子「へぇ……バブルバスなんだ」

ルビィ「うゅ〜♪」

花丸「善子ちゃんも入るずら〜♪」

善子「………あ、うん」

チャプッ

善子「……」

花丸「〜♪」

ルビィ「〜♪」

善子(って、密着しすぎよ!!!!)
29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:46:55.85 ID:+ijqLyZD.net
ルビィ「お家のお風呂よりも大きい〜……」

花丸「3人入っても余裕ずらね〜」

善子(いやいやいや限界ギリギリなんだけど)

ルビィ「うん。ウチのだと、お姉ちゃんとほとんどくっついちゃうんだ〜」

花丸「姉妹水入らずずら」

善子(ほんっと何やってんのよあのシスコン生徒会長は!!!!)

花丸「じゃあ、マルたちもひっつくずら〜♪」

ルビィ「わーい♪」

善子「ひゃぁあああっっ!!」
30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:49:37.46 ID:+ijqLyZD.net
花丸「どうしたずら、すっとんきょーな声あげて」

善子「い、いいいいいきなりなにすんのよぉ!!」

ルビィ「?」

善子「いやいやいやいやいや、そんなキョトンって顔されても困るわよ!!」

花丸「変な善子ちゃん」

善子「ヨハネよ!!! もういい! あがる!!」

花丸「だめずら。ちゃんと100まで数えるずら」グイッ

善子「わぎゃっ!」ザプンッ
32: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:50:48.46 ID:+ijqLyZD.net
ルビィ「あ、沈んじゃった」

花丸「ずら」

善子(ごぼぼぼぼ……!!)

善子(……って、ずずず、ずら丸とルルルルルルビィのあそこがめめめめめ目の前にぃっ!?)

善子(――あ、やっぱルビィはまだ生えてないんだ……じゃなくって!!)

善子「ぷばっはぁっ!!!」

花丸「おかえりずら〜♪」

ルビィ「あはははは♪」
35: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:55:09.20 ID:+ijqLyZD.net
善子「はーっ! はーっ!! はーっ!!!」

善子(びっくりしすぎておもいっきりお湯飲んじゃった……)

花丸「さーて。いまから100数えるずら♪」ギュッ

善子「ぴぎゃっ!?」

ルビィ「いーち、にーい、さーん……」

善子「な、なななななななんで抱きついてんのよぉ!?」

花丸「だって善子ちゃん、途中で逃げるずら」

善子「逃げないっっ!! ぜったい逃げないからっっ!!」

花丸「信用ならんずら〜」
37: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 00:55:55.76 ID:+ijqLyZD.net
善子(は、はははは花丸の83cmがわわわわわわ私にあたたたたた)

ルビィ「善子ちゃん、なんか顔赤くなってきたよ……?」

花丸「もしかしてのぼせちゃったずら?」

善子「あぶぶぶぶ……」

花丸「それじゃ、あがろっか」ザパッ

ルビィ「うん」

善子「うーん……うーん……」
41: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:04:07.54 ID:+ijqLyZD.net
花丸「それにしても、部屋着まで準備してあるだなんてさすがずら〜♪」

ルビィ「サイズも色々あるんだね〜」

善子「………」

善子(ノーブラノーパンでガウン着てる……いや、そのためのガウンなんだけど)

善子(目のやり場に困る!!!!)

花丸「ってかどうして善子ちゃんはこれ着ないずら?)

ルビィ「肌触りも良くて気持ちいいよ?」

善子「私は別にいいわよ……」
43: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:04:32.98 ID:+ijqLyZD.net
花丸「ははーん……さては」

善子「な、なによ」

花丸「善子ちゃん、もしかして太ったずら?」

ルビィ「あっ……」

善子「な……な……なーーーっ!?」

善子「それをっ!! あんたがっ!! 言うっ!?」

花丸「マルは問題ないずら」

善子「いいわよ!! 着てやるわ!! 着てやろうじゃないの!!!」バサーッ
44: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:06:49.45 ID:+ijqLyZD.net
花丸「お風呂上がりのアイスは格別ずら〜♪」

ルビィ「はぅうう……❤」

善子(ああ……なんと愚かな真似をしてしまったの……)ガウンスガタ

花丸「? 善子ちゃん、アイスいらないずら?」

ルビィ「あ……溶けちゃってる」

善子「あら……ぼーっとしてた」

ルビィ「ペロッ」

善子「ら……って」

花丸「ルビィちゃん、欲張りずら」

ルビィ「えへへ……でも、もったいなくて」

善子「ーーーーーーーーーー!!!!!!!」
46: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:07:45.20 ID:+ijqLyZD.net
花丸「マルにもよこすずら♪」

ルビィ「きゃっ♪」

善子「あ、ああああああんたたちぃ!?」

はなまるびぃ「??」

善子「な、なななな、なにをは、ハレンチな真似をぉおおっ!?」

ルビィ「なんだか今日の善子ちゃん」

花丸「うん、ダイヤさんみたいずら」

善子「ぴぎゃああああああ!!!」
47: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:15:52.46 ID:+ijqLyZD.net
花丸「んー! 色々遊んでたら疲れたずらー」

ルビィ「もう夜も遅いよぉ……」

善子(うう……散々な目に遭ったわ……)

花丸「とりあえず、もう寝るずら」

ルビィ「そうだね……明日になったら、出られるかなぁ?」

善子(……そういえば、指令書とか無かったわね)

善子(……もしかして、私の思い過ごしだったの?)

善子(え゛っ。だとしたら、本当にここからどうやって出るの……?)
48: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:16:50.59 ID:+ijqLyZD.net
花丸「よーしーこーちゃんっ」ダキッ

善子「うひゃはぇっ!?」

花丸「さ、一緒に寝るずら♪」

善子「い、っしょ?」

ルビィ「こんなに広いベッドだもん♪」

花丸「合宿を思い出すずら〜」

善子「………」

善子(え? マジ?)
49: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:23:53.17 ID:+ijqLyZD.net
花丸「ふかふかのベッド……気持ちいいずらぁ……」

ルビィ「うゅゅゅゅぅ〜……」

善子「………」

花丸「……すぅ……すぅ……」

ルビィ「ぴゃぁ……ぴゃぁ……」

善子「………」

善子(ね、眠れるかーーーーーっ!!!!)
51: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:24:30.35 ID:+ijqLyZD.net
善子(なんで私が二人に挟まれてるのっ!?)

善子(しかも三人共裸ガウンの状態だしっ!? なんかいい匂いするしっ!? 両腕に柔らかいものあたってるしっ!?)

善子(っていうか顔が近いよぉ近いよぉぉおおおお!!!)

花丸「んみゅ……」フッ

善子(耳に息吹きかけられれらららららら)

ルビィ「ゅ……あいしゅ……」パクッ

善子(指咥えられてりゅぅううううう!!!!!)
52: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:25:08.40 ID:+ijqLyZD.net
花丸「んー……おまんじゅう……」モミモミ

善子「んーーっ!!」

善子(こ、このアホ丸ーーーー!!! ど、どこ触ってんのよーー!!)

ルビィ「……おねえちゃ……」モミモミ

善子(反対側もーーーーーっ!!!!)

善子「ん……っ// くぅっ……///」

善子(駄目……声出しちゃ、二人共起きちゃう……!!!)
53: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:27:37.29 ID:+ijqLyZD.net
花丸「のっぽぱん………」ハムッ

善子「あんっ!」

花丸「んー……」モニュモニュ

善子「やだ……ぁっ……は、歯立てないで……!」

ルビィ「あいしゅ……」チュルッ

善子「ぁあっ!!」

ルビィ「にゅ……むにゅ……」チュルチュル

善子「す、吸うのもだめっ……!」
54: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:29:14.80 ID:+ijqLyZD.net
善子「はぁっ……はぁっ……」

善子(いま、何時……どれくらい経った……?)

花丸「ん………」

ルビィ「すぅ………」

善子(眠れない……一瞬でも気が緩むと、それを見透かしたかのようにぃっ!?)

花丸「ん……ちゅっ……」

ルビィ「ちゅっ……ぺろっ……」

善子「あ……はぁん……///」

善子(ね、ねむれないぃぃ……!)
58: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:36:39.35 ID:+ijqLyZD.net
善子「あぁぅ……ぅぅぅ……///」

善子(うう……パンツ履いてないから、ふ、太ももがぺたぺたするよぉ……///)

善子(シャワー浴びたい……できれば冷水の……うう……///)

花丸「んー……」グイッ

ルビィ「うーん……」ゴロンッ

善子「ひゃっ!」

善子(ふ、二人の足が、か、絡まって……!)
59: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:37:09.20 ID:+ijqLyZD.net
善子「んっ……ふぅぅ……ん……!」

善子(こ、このばか丸……! む、むっちりした太ももが、こ、股間にあた……っっ///)

善子(ルビィもルビィよぉお……! ぷにぷにが、なんかあたってくるんですけどぉ……!)

善子「はぁ……はぁ……///」

善子(はやく……朝になってぇえええええ!!!!)

花丸「ん〜❤」

ルビィ「ゅ〜♪」
60: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:47:05.04 ID:+ijqLyZD.net
ちゅんちゅん(・8・)


花丸「んーっ! よく眠れたずら〜!」

ルビィ「ふぁああ……おはよ〜」

善子「……おはよう」

花丸「? 善子ちゃんどうしたずら?」

ルビィ「眠れなかったの?」

善子「……ええ。不眠気味なの」
62: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:59:33.10 ID:+ijqLyZD.net
花丸「それじゃ、そろそろ帰るずら」

ルビィ「そうだねー」

善子「……着替える前に、シャワー浴びてくるわ」

花丸「?」

ルビィ「?」
64: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 01:59:46.03 ID:+ijqLyZD.net
花丸「あれ……でも、この部屋って」

ルビィ「うん……ドアが開かないの」ガチャガチャ

善子「……」

花丸「鍵か何かがあるずら?」

ルビィ「わかんないよぉ……!」

善子「……これ」

花丸「?」

ルビィ「……? 何、これ?」
65: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 02:00:16.35 ID:+ijqLyZD.net
善子「………」ピッピッ

\リョウキンヲ オシハライクダサイ/

善子「………」

ガチャッ

ルビィ「あ、開いたよ!!」

花丸「脱出ずらー!!」

善子「………」
66: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 02:00:43.63 ID:+ijqLyZD.net
善子(セックスしないと出られない、部屋?)

善子(……違うじゃない)

善子(この部屋って……)

善子(かんっぜんに)

善子("セックスするための部屋"じゃないのよおおおおおお!!!!!!!)

善子「がああああああああああああっっ!!!」

花丸「善子ちゃん、またなんかブツブツいってるずら」

ルビィ「名残惜しいんだよきっと」
68: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 02:05:30.40 ID:+ijqLyZD.net
善子「にしても、散々な目に遭ったわ……」

花丸「まさかホテル側の不手際だったとは思わなかったずら」

ルビィ「でも、楽しかったよね♪」

花丸「ずらっ♪」

善子(私はもう懲り懲りよ……)

花丸「ね、善子ちゃん?」サワサワ

善子「ひああっ!?」

ルビィ「善子ちゃんは、楽しかった?」サワサワ

善子「あ、は、ひぃっ!」
69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 02:06:23.02 ID:+ijqLyZD.net
善子(お、おおおお落ち着きなさい津島善子!! いえヨハネ!!!)

花丸「また今度は一緒に洗いっこしたり……」

ルビィ「アイス食べさせあったり……」

花丸「ふふっ……回転するベッドとかも、いいかもしれないずらね?」

ルビィ「マッサージ機器も、もっとウネウネ動くやつとか……ね♪」

善子「か、回転ベッド……? 動くマッサージ……?」
70: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 02:07:07.09 ID:+ijqLyZD.net
花丸「必死に我慢してる善子ちゃんも可愛かったよ……?」

ルビィ「今度は、そんなに我慢しなくてもいいから……」

善子「は……はひぃ?」

花丸「また、今度も3人一緒に」ペロッ

ルビィ「"お泊り"しよっ?」レロッ

善子「ぁ……ぁ……///」

はなまるびぃ「「それじゃ、予約……しておこっか?」」
73: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 02:10:10.50 ID:+ijqLyZD.net
おしまいです。
お付き合い頂きありがとうございました。
過去作もまたよろしくお願い致します。

曜「策士担当?」千歌「作詞担当だけに!」
善子「リリーがガチレズだという風潮」
梨子「女の子にセクハラをすると高圧電流が流れる腕輪ですって!?」
曜「同人誌即売会?」
SS スーパーマリオハラサンシャイン
SS 鞠莉「ダイヤはトンカチで叩くと粉々になる」
SS 曜「プロテインが切れちゃった……」
千歌「安価でAqoursの絆を強めるよ!!」
千歌「闇のゲーム?」
善子「罪深き肉棒が生えてきた……」
曜「内浦に出現した正体不明の巨大普通怪獣対策本部」
梨子「逆転の発想」 ※安価SS
梨子「出来たわ! どんなヘタレでも百戦錬磨のプレイガールに変える薬よ!!」
千歌「曜ちゃんにおもらしさせたい!!!」
【SS】名探偵国木田花丸の事件簿
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花丸「なんずら? この部屋は」ルビィ「閉じ込められた?」善子(まさかこの部屋って……)』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。