真姫「いとしのエリー」

シェアする

真姫-アイキャッチ11
1: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 21:21:04.28 ID:kdAErN/20
真姫「はあ……」

花陽「……真姫ちゃん?」

真姫「は、花陽!? 何よ、びっくりさせないでよ」カミノケクルクル

凛「何回も呼んでたのに気付かなかったのは真姫ちゃんニャ」

真姫「何回も?」

花陽「うん。真姫ちゃんなんだか上の空で……」

真姫「ごめん、少し考え事をしてて……」

花陽「考え事?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427804464

元スレ: 真姫「いとしのエリー」

スポンサーリンク
3: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 21:24:33.48 ID:kdAErN/20
凛「何? 凛達に出来ることだったら力になるよ?」

真姫「………。ちょっとしたことよ。だから大丈夫」

凛「そうなの? だったらいいんだけど……」

真姫「心配してくれてありがとう」ボソッ

花陽「? 真姫ちゃん?」

凛「なんていったか聞こえなかったニャ」

真姫「なんでもないわよ! ほら、行くわよ!」

花陽「わわっ! 真姫ちゃん待って!」
4: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 21:28:10.41 ID:kdAErN/20
――――
――


先生「それじゃあここを……。西木野さん、解いてみて」

真姫「…………」ハァ

先生「西木野さん?」

凛「真姫ちゃん?」チラッ

モブ「西木野さん……? 先生に呼ばれてるよ?」ツンツン

真姫「う゛ぇえ!?」ビクッ

先生「……。西木野さん、授業はちゃんと聞いてね」

真姫「は、はい……」
5: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 21:34:18.07 ID:kdAErN/20
――――

花陽「真姫ちゃん……? 本当に大丈夫?」

真姫「えぇ、大丈夫よ。ちょっとだけぼーっとしちゃって」

凛「凛達には相談できないこと?」

真姫「そういうんじゃないの! 本当に些細なことだから!」

凛「些細なことでも凛達に相談していいんだよ!」

凛「だって、凛達友達でしょ?」

凛「それとも凛達じゃ信用できない?」

真姫「……。私も凛と花陽のこと大事な友達だって思ってるし仲間として信頼してるわ」

真姫「でも、個人的な話で、これは自分で決めないと後悔することだから」
6: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 21:40:22.79 ID:kdAErN/20
凛「決めるのは自分だとしても凛達は相談に乗ることは出来るよ?」

真姫「ありがとう、気持ちだけで充分よ」

凛「凛は相談してほしいの!」

花陽「凛ちゃんっ!」

凛「かよちん……?」

花陽「真姫ちゃんにも事情があると思うの。だから真姫ちゃんを責めちゃダメ」

花陽「真姫ちゃん」

真姫「花陽……」
8: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 21:46:53.16 ID:kdAErN/20
花陽「今は話せないのかもだけど、どうしてもつらくなったら私たちを頼って」

花陽「約束だよっ」ニコッ

真姫「………。ありがとう、花陽」

真姫「自分なりに答えを出せたら、その時は相談してもいい……?」

凛「っ! うん、絶対、絶対に相談してね!」

真姫「えぇ、約束するわ」

凛「それじゃ指切りっ!」

真姫「……するの?」

凛「かよちんも!」

花陽「花陽もぉっ!?」
9: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 21:49:56.51 ID:kdAErN/20
真姫「3人で指切りなんて聞いたことないわよ」

凛「でもやるの!」

凛「3人の約束。つらい時は一人で背負い込まないでみんなで力になるニャ!」

花陽「うん、花陽が2人に背中を押してもらったみたいに!」

凛「凛が2人に背中を押してもらったみたいに!」

凛「誰かが困ってる時は支え合うニャ」

真姫「凛、花陽……」
10: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 21:53:37.90 ID:kdAErN/20
凛「指切りげんまん」

花陽「嘘ついたら針千本のーますっ」

真姫「指切ったっ!」

凛「あははっ」

花陽「えへへっ」

真姫「ふふっ」

真姫「……。ありがとう」ボソッ

花陽「真姫ちゃん?」

凛「聞こえなかったニャ」

真姫「なんでもない」ニコッ
11: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 21:57:57.38 ID:kdAErN/20
――――
――


練習後

真姫「……はあ」

絵里「お疲れ様、真姫」スッ

真姫「っ! エリー、ありがとう」ゴクッ

絵里「……間接チュウね」フフ

真姫「なっ! 女同士だからノーカンでしょ!?」

絵里「何? 意識しちゃった?」ニヤニヤ

真姫「そ……っ!」カアアアアアアアアア

絵里「そ?」

真姫「っんなわけないでしょ!?」
12: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 22:10:15.73 ID:kdAErN/20
絵里「よかった、元気あるじゃない」

真姫「え?」

絵里「なんだか元気なかったみたいに見えたから」

絵里「それとも私の思い過ごしだった?」

真姫「……思い過ごしよ」

絵里「でも、あの子達も心配してるみたいよ?」クイッ

真姫「あの子達……?」チラッ

りんぱな「」ジッ

真姫「あぁ……」
13: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 22:17:10.07 ID:kdAErN/20
絵里「もちろん、私も心配してるんだからね」ニコッ

真姫「エリー……」

絵里「あっ、そうだ。帰りにパフェでも食べていく?」

絵里「おいしいお店知ってるわよ?」

真姫「食事前に食べるものじゃないわ」

絵里「そう? 練習で散々運動したしプラマイゼロよ」

真姫「お誘いは嬉しいけど今日は遠慮しておくわ。また今度行きましょう」

絵里「残念。今度は絶対よ?」

真姫「はいはい。その時はあの子達も誘って」

絵里「ふふ、そうね」
14: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 22:22:00.58 ID:kdAErN/20
絵里「それじゃあ、暗くならないうちに帰るのよ」フリフリ

真姫「エリーもね」

絵里「……」ニコッ

りんぱな「っ!」アセアセ

真姫「……。凛、花陽っ!」

花陽「ぴゃっ!?」

凛「ニャっ!?」

真姫「帰るわよ」

凛「ばれてたの?」

真姫「ばればれよ……」ハァ
15: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 22:25:46.59 ID:kdAErN/20
――――
――


数日後

真姫「ねえ。凛、花陽」

花陽「? 何、真姫ちゃん?」

真姫「練習後、少し部室に残ってくれる?」

凛「もしかして……?」

真姫「……自分なりの答えが出せたから」

真姫「凛、花陽。お願いね」

花陽「うんっ!」

凛「凛達に任せるニャ!」
16: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 22:29:35.61 ID:kdAErN/20
――――

真姫「……」

凛「真姫ちゃん、みんな帰ったよ」

真姫「……。えぇ、ちょっと深呼吸させて」

花陽「は、花陽も緊張してきちゃった……。花陽も」

凛「あ、じゃあ凛も」

まきりんぱな「すーっ、はーっ」

真姫「じゃあ、話すわよ」

凛「うん……!」ゴクッ

花陽「」ドキドキ
17: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 22:33:34.41 ID:kdAErN/20
真姫「私、エリーのことが好きなの」

花陽「絵里ちゃんが」

凛「好き……?」キョトン

真姫「えぇ」

凛「凛も絵里ちゃん好きだよ?」

真姫「はあっ!?」

凛「真姫ちゃんもかよちんも、穂乃果ちゃんも――」

花陽「凛ちゃん、そういう好きじゃないと思うよ」コソコソ

凛「? じゃあどういう好き?」
18: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 22:44:36.61 ID:kdAErN/20
真姫「焦ったじゃない、ら、ラブの方の好きよライクじゃなくて」

凛「ラブ? ライク?」ウーン

花陽「えっと、友達としてーじゃなくて恋人みたいな好き、ってことだと思う」

凛「あー、なるほどー、真姫ちゃんは絵里ちゃんがす――」

凛「えぇっ!? 真姫ちゃん絵里ちゃんのこと好きになっちゃったの!?」

真姫「さっきからそう言ってるじゃない!」

凛「で、でも真姫ちゃんも絵里ちゃんも女の子でしょ?」アセアセ
19: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 22:45:50.58 ID:kdAErN/20
真姫「そう、私もエリーも女よ」

真姫「気持ち悪いと思った?」

花陽「思わないよ!」

花陽「だって、愛は人それぞれだもん!」

花陽「真姫ちゃんの場合はそれが絵里ちゃん、たまたま女の人だっただけでしょ?」

凛「そうニャ。凛達は真姫ちゃんの恋を応援するよ!」

真姫「ありがとう。凛、花陽」ニコッ
20: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 22:49:26.54 ID:kdAErN/20
真姫「それで、自分なりに答えを出したって言ったでしょ?」

花陽「だから花陽たちに相談してくれたんだよね?」

真姫「えぇ、そのね、エリーのことなんだけど」

凛「もしかして想いを伝えるの?」

真姫「……。逆よ、諦めようと思うの」

花陽「諦める……?」

凛「それって絵里ちゃんを好きっていう気持ちを諦めるっていうこと!?」
21: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 22:53:16.26 ID:kdAErN/20
真姫「それ以外に何があるのよ」カミノケクルクル

凛「なんで? なんで諦めちゃうの?」ズイッ

真姫「だって、迷惑でしょ?」

真姫「凛と花陽は理解があったみたいだけどエリーに理解があるとも限らないし」

真姫「私みたいなめんどくさいのに好かれても面倒なだけよ」

凛「真姫ちゃんはそれでいいの?」

真姫「いいも悪いもないわよ。決めたの」

凛「真姫ちゃんはそれで諦められるの!?」

真姫「諦める諦めないじゃなくて諦めなきゃいけないの」
22: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 22:58:18.93 ID:kdAErN/20
真姫「だから、この話はおしまい」

真姫「聞いてくれてありがとう」

凛「真姫ちゃ――」

花陽「真姫ちゃんっ!」

真姫「な、何よ……?」ビクッ

花陽「花陽の知ってる真姫ちゃんは、そうじゃないよ!」

真姫「はあ?」

花陽「花陽の知ってる真姫ちゃんは、すっごく自信家で、歌も上手で、作曲もできて、勉強もできて……」

花陽「それに、すぐ諦めたりしない!」

真姫「っ!」
23: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:13:58.73 ID:kdAErN/20
真姫「……それとこれとは話が別なのよ」

花陽「別じゃないよ!」

花陽「本当に絵里ちゃんのこと好きなんでしょ!?」

真姫「好き、だけど……」

花陽「好きなら気持ちを伝えなきゃダメだよ! 絶対に後悔する!」

真姫「伝えて、うまくいかなかったら?」

真姫「ギスギスして空気が悪くなるでしょ?」

真姫「そうしたらμ'sは解散になっちゃうかも」

真姫「だから、私が諦める。それが一番丸く収まるのよ」
24: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:18:38.16 ID:kdAErN/20
花陽「……。きっと真姫ちゃんがずっと悩んで、出した結論がそれなんだって分かるよ」

花陽「でも違うよ、そうじゃない」

花陽「それじゃあ真姫ちゃんが報われないもん!」

真姫「だから私のことはいいのよ」

真姫「私が諦めれば――」

花陽「花陽はμ'sが好き。真姫ちゃんの言う通り恋愛沙汰で解散しちゃうってこともありえなくはないと思うよ」

花陽「でも、それと同じくらいに、友達が――真姫ちゃんが大切だもん!」

真姫「……ありがとう、花陽。私は大丈夫」
25: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:23:11.62 ID:kdAErN/20
花陽「大丈夫じゃない!」

花陽「大丈夫ならなんで――」

花陽「なんでそんなつらそうな顔してるの……?」

真姫「……っ」

花陽「ねえ、真姫ちゃん」

花陽「花陽は応援してるよ?」

凛「凛も応援してる」

真姫「で、でも私のエゴでμ'sが解散になんてなったら――」
26: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:25:17.77 ID:kdAErN/20
花陽「ならないよ」

真姫「どうして言い切れるのよ」

花陽「花陽がさせない」

花陽「花陽じゃ力不足かもだけど……」エヘヘ

真姫「花陽……」

凛「凛だってさせないよ!」

凛「絵里ちゃんと真姫ちゃんが気まずいみたいだったら凛が割り込んで空気をぶち壊すニャ!」

真姫「凛……」
27: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:28:07.70 ID:kdAErN/20
花陽「だから安心して」

花陽「前に花陽の背中を押してくれたみたいに」

凛「凛の背中を押してくれたみたいに」

花陽「今度は花陽が」

凛「今度は凛が」

りんぱな「真姫ちゃんの背中を押すから」トンッ

真姫「う゛ぇえ……」ヨロッ

真姫「い、いきなり押さないでよ――」クルッ
28: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:30:16.23 ID:kdAErN/20
花陽「頑張ってくださいね」ニコッ

凛「っ! 当たって砕けろだよ!」グッ

真姫「っ!」

真姫「……。……凛のそれ、穂乃果のでしょ?」

凛「あれ? そうだったかニャ?」

真姫「でも、ありがとう」ボソッ

りんぱな「?」

真姫「決心がついたわ。エリーに気持ちを伝える」

花陽「真姫ちゃん!」

凛「真姫ちゃんっ!」
29: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:32:50.65 ID:kdAErN/20
なんて以ての外よね」フフン

凛「それでこそ真姫ちゃんニャ!」

真姫「いくわよ、エリー待ってなさい!」

絵里「タオルを忘れて愉快なエリーチカ♪」ガチャッ

絵里「って、あら? まだ残ってたの?」ビクッ

真姫「な、なんていうタイミングでくるのよっ!?」

絵里「え? も、もしかして大切なこと話してた?」アセアセ

花陽「ううん」フルフル

凛「これ以上にないグッドタイミングだよ」

※ 1行目の真姫の台詞は訂正がない為不明です(管理人)
30: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:36:02.11 ID:kdAErN/20
花陽「それじゃあ、花陽達は外に出てるね」

絵里「え? なんで?」

凛「ごゆっくりー」パタン

絵里「? 3人で一緒に帰るわけではないの?」

真姫「まったく、あの2人ってば変なところで気を利かせて……」ブツブツ

絵里「ん?」ズイッ

真姫「なっ! なんで顔を近付けるのよ!?」カアアアアアアアア
31: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:40:43.27 ID:kdAErN/20
絵里「真姫、ここ数日やっぱり何か悩んでたみたいだったから」

絵里「でも今の真姫はなんだか悩みが解決したようなすっきりした顔をしてるわ」

真姫「……あの2人のおかげよ」

絵里「そうなのね。よかった、心配してたのよ?」

絵里「あ、タオルを回収して……」

真姫「……。ねえエリー」

絵里「何? 真姫」

真姫「一度しか言わないからよく聞きなさいよね」

真姫「私は、エリーのことが好き!」
32: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:43:02.97 ID:kdAErN/20
絵里「えっ? あ、あぁ! 私も真姫のことは好きよ?」

真姫「そうじゃなくて。エリーのこと、一人の女性として好き」

真姫「かっこよくて、でも可愛くて。こんな私にでも優しくしてくれるエリーが、好き」

真姫「だから――」

絵里「……そこから先は私が言ってもいい?」

真姫「え?」

絵里「だから、私とパートナーになりましょう」

真姫「……はあ?」

絵里「え?」
33: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:45:30.40 ID:kdAErN/20
真姫「パートナーって、何よそれ」

絵里「え? だ、だって渋谷で同性パートナー条例が――」

真姫「あぁ、そういえば」

真姫「でもそれって渋谷在住の20歳以上限定でしょ?」

絵里「そ、そうなの!?」

絵里「希、騙したわね……」

真姫「つめが甘いのよ、エリーは」フフ

真姫「まあ、そういうところも好きなんだけど」ボソッ
34: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:46:27.98 ID:kdAErN/20
絵里「い、言い直させて!」

真姫「……どうぞ」

絵里「私と、パートナーを前提にお付き合いして下さい!」

真姫「……結局それ?」

絵里「よ、よくない? だって、結婚と同等の関係よ?」

絵里「も、もう1回――」

真姫「……はあ。いいわよ」カミノケクルクル
35: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:47:15.83 ID:kdAErN/20
絵里「じゃ、じゃあもう一回」

真姫「そっちじゃないわよ!」

真姫「パートナーの方」

絵里「え? ぱ、パートナーになってくれるの?」パアアアアアアアア

真姫「私から告白したんだし、断るわけないでしょ?」

絵里「真姫っ!」ダキッ

真姫「う゛ぇええっ!? きゅ、急に抱き付かないでよ!」カアアアアアアア

絵里「それじゃあさっそく初デートしましょう!」

真姫「初デート!?」
36: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:49:58.82 ID:kdAErN/20
絵里「行くわよ、パフェを食べに!」

真姫「初デートがパフェ?」

絵里「ダメかしら?」

真姫「ダメじゃないけど……。言ったでしょ?」

真姫「その時はあの子達もって」

絵里「あぁ、まだ外にいるわよね」

真姫「だから、初デートはまた後で」

絵里「そうね、真姫の相談に乗ってくれてたんでしょ? なら私からもお礼しないと」
37: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:50:36.23 ID:kdAErN/20
真姫「……凛、花陽」ガチャッ

花陽「真姫ちゃん!」

凛「ど、どうだったの!?」

絵里「パフェ食べにいくわよ」

花陽「え?」

凛「パフェ……?」

真姫「エリーがおいしいお店知ってるんですって」

花陽「そっか……。うんっ!」

凛「え? 結局どうなったの!?」
38: ◆ZTPjpycbhE 2015/03/31(火) 23:51:09.94 ID:kdAErN/20
真姫「凛、花陽」

花陽「?」

凛「にゃ?」

真姫「ありがとうっ!」カアアアアアア

凛「ま、真姫ちゃんがお礼なんて珍しいニャ」

絵里「本当にね」フフ

真姫「べ、別に珍しくないわよ!」

凛「真姫ちゃん照れてるー」

花陽「ふふ、よかったね、真姫ちゃん」ニコッ

真姫「っ!」プイッ

おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「いとしのエリー」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「いとしのエリー」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。