【SS】ダイヤ「思う存分楽しみましょう♪誰も見てませんし

シェアする

ダイヤ-アイキャッチ14
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 18:03:13.48 ID:4/WAbxY1.net
ピーンポーン♪

『生徒会長よりお知らせします…最近―――』


曜「おっ、ダイヤさん!」

花丸「うん紛れもないダイヤさんズラ」

果南「最近不審者が出るみたいだから、生徒に注意と、暗くならないうちに帰るよう呼びかけだっけ?」

鞠莉「まぁいざとなったら私がいくらでもハイヤーを横付けしてあげるから♪」

梨子「いやぁ…それはいいです………目立つから」

鞠莉「もうっ!梨子はシャイね♪ところでシャイとシャイニーって似てるよね♪」

ルビィ「きゃははははは!鞠莉さん面白〜い!」

鞠莉「サンキュー!ルビィちゃん♪」

善子(いや、それ笑える?ルビィ!)

千歌「相変わらず鈴が響いたみたいな綺麗な声だなぁ…」

曜「どうしたの?千歌ちゃん」

千歌「いや、何でもないよ、なんでも」アセアセ


千歌(つい本音がポロっとね…♪)

元スレ: 【SS】ダイヤ「思う存分楽しみましょう♪誰も見てませんし♪」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 18:08:24.48 ID:4/WAbxY1.net
『本来の完全下校時刻は17時45分ですが、今週は17時をもって完全下校時刻とします』

『生徒の皆さんは速やかに下校してください』

『では皆さんお気をつけて…生徒会長からのお知らせでした』ピーンポーン…


鞠莉「さっすがダイヤ♪」

果南「一言も噛まずに終えたね」

ルビィ「へへっ…照れるや…」

善子「いや、何でルビィが照れるのよ」
6: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 18:12:36.78 ID:4/WAbxY1.net
曜「ふははははw」

果南「まぁ、私達はまだ帰らないよ?」

花丸「えーーーー!」

梨子「いや、帰った方がいいと思…」

果南「いや、ダイヤがさ、"私達は特例で残れるようにしました"って
   それを使わない手はないじゃん?」

曜「そ〜だよ〜!休んでないで、みんな頑張ろ!ラブライブのために!」

善子・花丸・梨子「おーーー………」

千歌「………(夕日が綺麗だなぁ…)」ファサァ
10: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 18:18:12.52 ID:4/WAbxY1.net
パサパサ…ガタンゴトン…

『はぁ…全く、不審者とか厄介ですわね…』

『面倒ですわ…またもう一度放送しなきゃならないなんて…』



梨子「あれ…?」

ルビィ「ひょっとして…」

果南「ダイヤ…マイク切り忘れてるよ…」ハァ…

鞠莉「さっすがダイヤ!ファニーね☆」

花丸「ずら」
11: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 18:22:23.50 ID:4/WAbxY1.net
『こんな事に拘束されて、屋上へ行けないとは不覚…!』

『今日は7時ぐらいまで練習しましょうか…』


果南「おっ、ダイヤぁ!やる気だね!」

曜「そ〜こなくっちゃねっ!」

花丸「いやいや、勘弁して欲しいずらぁ!」

善子「ほんっとよ…ほんと勘弁…」
12: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 18:27:07.46 ID:4/WAbxY1.net
『生徒会の仕事なんて今はありませんし…暇ですわぁ〜ファァァ…』


曜「いや、気ぃ抜きすぎでしょ!マイク点いたまま欠伸を全校放送ってw」

善子「そういえば…生放送が終わった後、切り忘れてそのままオナニーし始めた配信者が居てね…」

曜「何それ、こわっ!」

梨子「へぇ…♡」
14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 18:31:45.25 ID:4/WAbxY1.net
千歌「こーいう所も可愛いなぁ…ダイヤさん…」

ルビィ「千歌ちゃんなんか言った?」ピョコンッ

千歌「いや!何でもないよ…」アタフタ

ルビィ「ふ〜ん…?」ジロジロ

鞠莉「ほう…?」キラーン
18: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 18:40:06.47 ID:4/WAbxY1.net
『…思う存分楽しみましょう、誰も見てませんし』

8人「?」


 


『ち、千歌さん!どうしたんですの!?いきなり入ってきて!』


 

千歌「!?」

ルビィ「え…ここの千歌ちゃんニセモノなの!?」

曜「う〜ん…」ツネー

千歌「にゃにひゅるの〜?よ〜ちゃ〜ん…」

曜「うん、このほっぺの感触は本物だ!」ピターンッ

千歌「もぅ〜…急に引っ張らないでよ〜」

曜「あはは、ごめんごめん…」

ルビィ「じゃあ一体お姉ちゃんは何を…」
23: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 18:45:31.22 ID:4/WAbxY1.net
善子「もしや…千歌さんの生霊…?いや、ダイヤさんが産み出したタルパ…!いや、ドッペルゲンガー!?」

善子「どちらかは分からないけど…二人共魔の香りがするわね…」

善子「くっくっくっ…面白くなってきたわぁ…」

花丸「な〜に言ってるずら、冗談は善子ちゃん」

千歌「私、生霊なんて出せないよ!?」

鞠莉「そーいうのはね、自分の知らないうちに思念が勝手に離れてるのよ、チカっち♪」

善子「その通り」

梨子「いや、二人共何好き勝手に言ってるのよ」
25: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 18:56:19.40 ID:4/WAbxY1.net
『へへっ、ダイヤさんがお暇してるかな〜ってビビビっってきたんです♪』

『ほら、私のアホ毛がピンピンしてるでしょ?』ピンピン!

『全く…おせっかいな人ですわね…』

『でも、ありがとうございます♪』


 
千歌「私のアホ毛、そんな漫画みたいにならないよ〜!」ガビーン

果南「ん?でもチカさ、落ち込んでる時は大抵垂れてるような気がするんだけど…アホ毛」

千歌「それはほら、湿気でさ…果南ちゃんと一緒にいる時でしょ?」

果南「何?私そんなに湿気てる!?」

曜「湿気っていうか…うん、水分だね…」

鞠莉(ウンウン)
26: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 19:04:51.11 ID:4/WAbxY1.net
『えへへ〜私が生徒会の仕事手伝ってあげましょうか?』

『千歌さんが手伝うようなものはありませんよ、そもそも仕事自体ありませんし』

『え〜そんな〜…』

『…でも、私は千歌さんが来てくれて心の底から嬉しいのですよ?ちょうど今、千歌さんに逢いたくてしょうがなかったんですから』

『うぇっ///』

『私が暇なのを察して飛んでくるなんて…千歌さんが私を愛してくれてるなーって嬉しくなったんですわよ?』

『しょ、しょんな…ダイヤさん…』
32: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 19:11:33.03 ID:4/WAbxY1.net
花丸「ていうか、ダイヤさんの千歌ちゃんの声真似、あまり似てないずら」

梨子「声質が違うからね、声質っていうか属性っていうか…」

鞠莉「でも、いかにもチカっちが言いそうな事言ってるじゃない?
なかなかよ、ダイヤの観察眼は」

千歌「そ、そうかな…///私、あんな感じかな…///」
36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 19:28:06.68 ID:4/WAbxY1.net
『ダ、ダイヤさん、千歌に近…』

『大丈夫、私に身を委ねてください…』

『あっ…♡』

 


『ちゅっ…♡』


 

曜「…」

花丸「…」

果南「…」

梨子「…///」

ルビィ「お、お姉ちゃ…///」

鞠莉「〜♪」ニヤニヤ

善子「なーにやってんだかぁ…」

千歌「な…な…だ…///」カァァァァァァ
38: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 19:29:53.82 ID:4/WAbxY1.net
果南「マイクの前で自分でキス音か…」

果南「マイク入ってないつもりだから思う存分やってるんだね、完全に裏目出てるけど」

ルビィ「お姉ちゃん…///」
41: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 19:37:19.20 ID:4/WAbxY1.net
『ダイヤさん…その…』

『どうしたんです?千歌さん』

『やわらかかったです、すっごく…ダイヤさんの唇…』

『…褒めてくれて光栄ですわ…可愛い千歌さん』

『そんな…私なんて普通で…褒められるような顔じゃ…』

『あら?そんな嘘を言う唇はこうしますわよ?』

『ちゅっ…♡ちゅっ…♡』
42: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 19:44:48.10 ID:4/WAbxY1.net
千歌「//////////////」

果南「あー…チカ、顔真っ赤にしてるけど、熱でも出たの?違うか」

梨子(うわぁ…もう恥ずかしい台詞禁止よ…次々とポンポンポンポン口から…///)


 
『ぷはぁっ…ご馳走様…♡』

『ダイヤさぁ〜ん…♡』

『おや、千歌さん、顔がとろけてますわ?』

『だって…ダイヤさんが上手なんですもん…』

『ありがとうございます…では再び…』

『んっ…ちゅっ…ちゅぱっ…♡』
46: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 19:58:09.72 ID:4/WAbxY1.net
善子「さすがにこれは…
当人は誰も聞いていないと思ってるのよね…
誰か先生が止めに入らないのかしら」

果南「ダイヤの名誉のためにあえてそうしないんだと思うよ?
現場に先生が入ってきたらどう?私ならしばらく学校休むね」

曜「あ〜…そうだよね…」

千歌「…」モジモジ


『ふう〜…!え〜と時間は…』

『まだこんな時間ですか…なかなか時が過ぎないものですわね』


 

果南「おっようやく終わりか」

曜「遅いよ〜何もかも遅いよダイヤさ〜ん!」

ルビィ「はぁぁぁぁ…ようやく終わったよぉ…」


 


『はぁ…虚しい…虚しいですわ…』
47: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 20:04:19.06 ID:4/WAbxY1.net
『妄想の中では千歌さんとイチャラブしていますが、現実ではどうもツンツンしてしまいますわね…』

『私のイメージを崩したくないというか…全く、まだ私は素直になりきれていないようですね
 スクールアイドルを無理矢理嫌ってた頃と変わらないじゃないですか』


千歌「…!」


『こんな事している間にも、千歌さんは練習でルビィや曜さんと沢山触れ合っているのですね』

『同じユニット羨ましいですわ…私もシャロンならもっと自然に…こう…接近できたのですわよね…』

『帰りは梨子さんといつも一緒ですし、なかなか二人っきりって事には…』

『このまま、この想いを隠したまま、卒業するのでしょうか…?寂しい…とっても寂しいです…』
48: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 20:12:22.84 ID:4/WAbxY1.net
鞠莉「………」

鞠莉「チカっち!!!」バッ

千歌「……!!」

鞠莉「行って…あげて!ダイヤのもとへ!」

千歌「でも…」モジモジ

鞠莉「いいから行ってあげて!!!」

千歌「………でも」
50: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 20:18:22.68 ID:4/WAbxY1.net
ルビィ「千歌ちゃん」

ルビィ「好きなんでしょ?お姉ちゃんの事が」

千歌「…」

ルビィ「分かるよ…お姉ちゃんの事を話している時の千歌ちゃんって、
    表情も声も全然違うもん…」

ルビィ「千歌ちゃんはお姉ちゃんの気持ちに応えるべきだと思うよ?」


千歌「…ありがとう、ルビィちゃん、鞠莉さん」

ルビィ「千歌ちゃん!」

鞠莉「チカっちぃ…!」


千歌「行って参ります!!!」

ルビィ「うん!がんばって!!」

鞠莉「グッドラック!!」
51: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 20:22:54.90 ID:4/WAbxY1.net
生徒会室

ダイヤ「千歌さん…あなたはどうして千歌さんなの?」ハァ

ダイヤ「何で好きになったのでしょうね…千歌さんの事を…」


ガラッ


ダイヤ「おや?これはいけない来客ですか…」


千歌「ダイヤさん!!!」

ダイヤ「ちかさん…?どうして…」

千歌「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…」ゼーゼー

ダイヤ「とりあえず、落ち着くまで待ってあげます」ナデナデ
52: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 20:30:20.78 ID:4/WAbxY1.net
千歌「ふ〜………ダイヤさん!!!」

ダイヤ「はい、なんですか?」


千歌「結論から先に言います!私はダイヤさんの事が好きです!!」


ダイヤ「…っ!えっ…///?」


千歌「大好きなんです!ダイヤさんがとっても!!!」


 

ダイヤ「…千歌さんから尊敬される先輩であれて、とても嬉しいですわ」フゥ


千歌「あーもう…そーいうんじゃなくて…もう…!こうだ〜!」



もぎゅ〜〜っ!
53: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 20:37:38.69 ID:4/WAbxY1.net
ダイヤ「〜〜〜〜〜!!!」


千歌「愛してるんです!一人の女性としてっ!!ダイヤさんの事を―――」

千歌「―――これでも分からないのなら、私、泣いちゃいますよ…?」ギュゥゥ


千歌「私は妹思いのダイヤさんが好きです」

千歌「果南ちゃんと鞠莉さんの関係を優しく見守ってるダイヤさんが好きです」

千歌「厳しいこと言いながら、いつもみんなの事を心配してくれてる優しいダイヤさんが好きです」

千歌「口では反対しても、いつも裏でAqoursを支えてくれてたダイヤさんが好きです」

千歌「でも、私なんて砂利だし…普通だし…ダイヤさんは高嶺の花だし…」

千歌「ダイヤさんに怒られるだけでも嬉しかったです…
   それに、ダイヤさんって何か思いつくと一番に私に話を振ってくれて、優越感感じてたり…」

千歌「とにかくっ!私はダイヤさんの事がだいだいだーいすきなんですっ!」
54: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 20:40:04.13 ID:4/WAbxY1.net
ダイヤ「…/////////」ポー


千歌「ダイヤさん…?」

千歌「お〜い…」フリフリ


ダイヤ「…はっ!すいません、少し混乱していまして」


ダイヤ「千歌さんから先に言われちゃいましたね…いつか私の方から告白しよう、しよう…としてできなくて…」

ダイヤ「ですが今なら言えます…私は千歌さんの事が、大好き…ですわ!///」


千歌「知ってます」

ダイヤ「へっ…?///」

千歌「知ってま〜す♪」

ダイヤ「な…なぜです…」


千歌「だって、ダイヤさんの私への想い…屋上にいてもハッキリ聞こえましたもん!」
56: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 20:47:36.27 ID:4/WAbxY1.net
ダイヤ「な…な…まさか!」ダッ

ダイヤ「なんでマイクの電源がONになっているのですかぁぁぁぁぁぁ!」

千歌「もう最初から全部よ〜く、聞こえましたよ?」

ダイヤ「あぁ…もう終わりですわ…あぁこのまま消え去りたい…」

千歌「消えるのなら、私も一緒に消えますよ?」

ダイヤ「いや、そういうんじゃなくてですね」


千歌「でも、いいじゃないですか…」

千歌「電源が入ってなかったら、私はこのままずっと、ダイヤさんの気持ちに気づかなかったんですよ?」

千歌「怪我の功名です!」

ダイヤ「まぁ…それはそうですが…」
58: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 20:49:40.68 ID:4/WAbxY1.net
千歌「大丈夫ですって!ダイヤさんを馬鹿にしたりとかみんなしませんって!ね?そうでしょみんな!」


オー! イイゾ-カイチョウ! セイトカイチョウガンバレ! ダイヤ-! チカチャーンファイトー! オウエンシテルヨー! オシアワセニネー!


千歌「ね?本当、慕われてますね…浦の星の生徒会長さん♪」



ダイヤ「みなさん方…」ジーン

ダイヤ「私は今日程、この学院の生徒会長である事を誇りに思った日はありません!」
59: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 20:51:48.22 ID:4/WAbxY1.net
ダイヤ「ですから!皆様の前で示しを付けますわ!千歌さん!」グイッ

千歌「へっ?」


ちゅっ♡


千歌「〜〜〜!!!」


ちゅぅぅぅぅぅぅ…


千歌(ちょっ…ダイヤさん、息が、息がぁぁぁぁぁ」


ダイヤ「…」むちゅ…ぶっちゅうううううううううう

ダイヤ「ぷはぁっ…これが、答えです!!!」


ヒューヒュー ブラボォォォォォォ ヤッタ!カンドウシタ! ケッコンロー!
60: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 20:57:33.86 ID:4/WAbxY1.net
善子「やった!やったわぁ!!!」ピョンピョン

鞠莉「YEHHHHHHHHHHHHHHH!!!」ハイタッチ

曜「HEEEEEEEEEEEEEEEEEEY!!!!!!」ハイタッチ

花丸「ZURAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!」ハイタッチ

ルビィ「やったよぉ!」

梨子「千歌ちゃん、ダイヤさんと結ばれる、か」

果南「ね、どうなるのか思ったけど、ハッピーエンドになって良かったよ」
61: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 21:01:32.11 ID:4/WAbxY1.net
千歌「やわらかい…」

ダイヤ「どうしたのですか?」ナデナデ

千歌「ダイヤさんの太もも〜…膝枕最高…」ハムハム

ダイヤ「やんっ!ちょっ…ハムハムしないでください」

千歌「〜〜〜〜〜〜♪」

ダイヤ「全く…可愛いんですわ」ナデナデ


この後みんなにたっぷり祝福された



END
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【SS】ダイヤ「思う存分楽しみましょう♪誰も見てませんし』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。