穂乃果「さすがことりちゃん」

シェアする

ことり-アイキャッチ19
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 12:41:14.83 ID:hBheiod5O
前作 乃果「さすが絵里ちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1475493410

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475638874

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

元スレ: 穂乃果「さすがことりちゃん」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 12:44:29.27 ID:hBheiod5O
とある日の下校中

穂乃果「はぁ、テスト期間中って暇だよね。練習ないしさ」

海未「勉強しなきゃいけないでしょう?」

穂乃果「まあ、そうなんだけど」

ことり「穂乃果ちゃん、分からない所は私も一緒にやるから頑張ろ?」

穂乃果「うぅ、ことりちゃん。やっぱり、ことりちゃんは優しさや」

海未「…ことり、あんまり穂乃果を甘やかさないで下さい」

ことり「は〜い」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 12:49:15.56 ID:hBheiod5O
男の子「わ〜ん」

穂乃果「ありゃ?子供が泣いてる」

海未「どうしたのでしょうか?」

ことり「迷子かな?」

海未「…僕、どうしました?」

男の子「…わ〜ん」

海未「えぇ?何故また泣くのですか?」

穂乃果「海未ちゃんは怖いんだよ、きっと」

海未「はあ?何故です?」

穂乃果「僕…どうしたのかな?」

男の子「…アハハハハハ」

穂乃果「あ、笑われた」

海未「良かったですね」

穂乃果「良くないよ。なんか知らないけど爆笑されてるよ?微笑むとかじゃなくて爆笑されてるよ、穂乃果」

海未「う〜ん。何故ですかね?」

穂乃果「本当に何で?これでも一応アイドルなんだよ、僕?」

男の子「…うわぁん」

穂乃果「あ、また泣いちゃった」

海未「大きな声を出すからですよ」

穂乃果「出したくもなるよ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 16:53:00.33 ID:hBheiod5O
ことり「ねえ、君?お名前はなんて言うのかな?」

男の子「たくみ 」

ことり「そっか?じゃあ、たくみ君って呼んでもいい?」

たくみ「うん」

ことり「お姉ちゃんはね、ことりって言うんだ」

たくみ「…ことりちゃん」

ことり「うん。でね、この面白いお姉ちゃんは穂乃果ちゃん」

たくみ「アハハ、穂乃果」

穂乃果「え?…私は呼び捨て?っていうか、面白いお姉ちゃんって」

ことり「で、こっちのちょっと怖い美人なお姉さんは海未ちゃんです」

たくみ「海未…さん」

海未「誰が怖いのですか…誰が」

たくみ「うぅ」ジワ

ことり「海未ちゃん!?」

海未「あぁ、怖くないですよ〜?お姉さんはとっても優しいですよ〜」

穂乃果「それはどうかな?」

海未「穂乃果…?」

穂乃果「おっと、子供の前だよ?」

ことり「ね?あのお姉ちゃん達面白いでしょ?」

穂乃果「…ことりちゃん」







7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 16:58:23.90 ID:hBheiod5O
ことり「これからことり達はクレープを食べて帰る所だったんだよ?たくみ君は何をしてたのかな?」

海未「え?クレープを食べて帰る所だったんですか?テスト期間中ですけど?」

穂乃果「…海未ちゃん、いいから」

たくみ「今日はお母さんとお買い物に来てたの」

ことり「そっかぁ、何を買いに来たのかな?」

たくみ「大根」

ことり「スーパーに来てたのかな?」

穂乃果「スーパーって言うとここら辺は○○ストアだよね?」

海未「そうですね。ねえ、たくみ君?お母さんはどんな人ですか?」

たくみ「…おっきい」

海未「子供から見ての大きいはあてになりませんね」

たくみ「…ごめんなさい」ジワ

海未「ち、違うですよ?…違うんだよ?お姉ちゃん、怒ってなんかないぞ〜?」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 18:38:25.01 ID:hBheiod5O
ことり「たくみ君のお母さんはどんな髪型かな?」

たくみ「穂乃果と同じくらいでことりちゃんと同じ色」

ことり「そっかぁ。お洋服はどんなだったかな?」

たくみ「ことりちゃん達よりももっと長いスカートはいてた」

ことり「うん。お買い物してる帰り道だったのかな?」

たくみ「んーん。お母さんが大根買ってる時にお外にピエロがいたから…」

海未「ついて行ってしまった訳ですか」

穂乃果「ピエロなんているかな?」

ことり「秋葉原はたまにコスプレしてる人がいるからたぶん…」

海未「と言うことは秋葉原内のスーパー及び八百屋と言うことですか」

ことり「でも、外にピエロがって言ってたからスーパーだと思うよ。だとしたら…」

穂乃果「やっぱり、○○ストアだね」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 18:44:45.62 ID:hBheiod5O
ことり「たくみ君。お母さんが心配してるかもしれないから私達と一緒にお母さん捜そうね?」

たくみ「うん」

海未「では、○○ストアに向かいましょう」

穂乃果「おー!」

たくみ「おー!」

ことり「やっと元気が出たね」

海未「そうですね」

ことり「ねえ、たくみ君?たくみは何歳なのかな?」

たくみ「4歳」

ことり「じゃあ、幼稚園生だ」

たくみ「来年は年中さんになるし妹も生まれるんだ」

ことり「あ、じゃあもうすぐお兄ちゃんだ」

たくみ「うん」

海未「兄になるならすぐに泣いてはダメですよ」

たくみ「…はい」

海未「あ、いや、怒っている訳ではないのですよ?」

穂乃果「そうだよ。それに、海未ちゃんもわりと結構簡単に泣くんだから」

たくみ「そうなの?穂乃果もすぐに泣きそう」

穂乃果「ほ、穂乃果は泣かないよ。泣いたことないし」

たくみ「嘘だぁ」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 18:49:46.89 ID:hBheiod5O
ことり「穂乃果ちゃんも実はお姉ちゃんなんだよ?」

たくみ「えー?嘘だぁ。僕はことりちゃんがお姉ちゃんだったら嬉しいな」

ことり「えぇ?本当に?じゃあ、お姉ちゃん家子になっちゃう?」

たくみ「でも、お母さんが…」

ことり「そうでしょ?お母さんが心配焼きもち妬いちゃうよ」

たくみ「お母さんも僕の事大好きだもん」

海未「さあ、そろそろ○○ストアに着きますよ?」

たくみ「はい」

海未「私に対してももうちょっとくだけてくれても」

ことり「まあまあ」

穂乃果「さあ、たくみ君。お母さんを探しに行こうね」

ことり「もしかしたら、迷子センターにいるかも」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 19:27:39.83 ID:hBheiod5O
穂乃果「…迷子センター…穂乃果もよくお世話になったなぁ」

海未「あなたは落ち着きがなかったですからね」

たくみ「ことりちゃん達も迷子になった事あるの?」

穂乃果「私達が話してたのにことりちゃんに聞くんだ」

ことり「あるよ。昔ね、穂乃果ちゃんが冒険に行こうって言ってね」

たくみ「じゃあ、穂乃果のせいなの?」

穂乃果「違うよ?あの時は海未ちゃんが…」

海未「違います。あなたの無計画のせいです」

ことり「みんな道が分からなくなっちゃったんだよ」

たくみ「そーなんだ。ことりちゃんも迷子になるんだね」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 19:30:32.48 ID:hBheiod5O
ことり「うん、みんな一度は経験するんだよ」

海未「ほら、お喋りはここまでにしてスーパーに入りましょう」

ことり「そうだね。迷子センターは…」

母親「たくみ!?」

たくみ「あ、お母さん。お母さーん」

母親「ばか!」

たくみ「え?」

母親「全く…どんだけ心配したか」

たくみ「ご、ごめんなさい」

母親「あの、ありがとうございます」





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 20:00:42.81 ID:hBheiod5O
ことり「いえ、そんな」

穂乃果「良かったね、たくみ君。ママに会えて」

たくみ「穂乃果も良かったな」

お母さん「もう、なんて事言うの。この子は…」

海未「お母さんと会えたら急に強気になりましたね」

ことり「じゃあね、たくみ君」

たくみ「…僕がおっきくなったらことりちゃんと結婚してあげるよ」

ことり「楽しみにしてるね」

お母さん「あらあら、この子ったら」

穂乃果「プロポーズされちゃったね」

ことり「えへへ」

女の子「あっ、たくみ君だ」

たくみ「あ、おまえなにしてんだよ」

女の子「お買い物だよ。そのお姉さん誰?」

たくみ「…俺がけっこんする人だよ」

女の子「…そうなの?」

ことり「…でも、たくみ君が結婚できる年になったらことりはおばさんだな。もしかしたらもう結婚してるかも」

たくみ「え?」

女の子「ほら、たくみ君にはお姉さんは無理だよ」

たくみ「うるせえな」

ことり「たくみ君、女の子には優しくしなきゃダメだよ?」





15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 20:53:52.98 ID:hBheiod5O
たくみ「…うん」

ことり「ね!…じゃあ、お姉ちゃん達行くね」

穂乃果「…お姉ちゃん」

ことり「じゃあね」

お母さん「本当にありがとうございました」

たくみ「また、僕と絶対に遊んでよ」

ことり「…」手フリフリ

穂乃果「惜しいことしたね〜ことりちゃん」

海未「何を言ってるのですか、幼稚園児ですよ」

ことり「…見て、あの二人」

女の子「ねえ、後で公園に遊び行こうよ」

たくみ「ちぇ、しょうがねぇな。俺は公園なんか本当は行きたくないんだけどな」

ことり「ね?」

穂乃果「さすがことりちゃんだなぁ」

海未「そうですね。こういう所敵わないですね」

ことり「?」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 21:14:17.05 ID:hBheiod5O
とある日の放課後

にこ「はあ、プリントを教室に忘れるなんて」

ガタガタ

にこ「あれ?家庭科室の明かりがまだついてる?」

希「バァ」

にこ「キャァァァ」

希「おっ!?いい反応」

にこ「の、の、の、希?」

希「ウチも忘れ物したんよ。スクールバックを丸ごと忘れてね。財布も携帯もないから焦ったんよ」

にこ「スクールバック丸ごとって何で気が付かないのよ」

希「いやあ、ウチって教科書を入れてないやん?軽くても気がつかんのよ」

にこ「ええ?…あんたは真面目なのか不真面目なのか分からないわね」

希「ウチは自分に素直なだけやん?」

にこ「どうだか?」

希「っとそんな事よりも家庭科室の明かりがまだついとるけど…まだ誰かいるの?」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 21:21:10.00 ID:hBheiod5O
にこ「もう、外も真っ暗なのに…もしかして幽霊?」

希「いやいや、幽霊やったら明かりなんかつけないんやない?」

にこ「そんな真面目に返されても…」

希「誰か居ますか?」ガララ

にこ「ちょっ」

ことり「あっ、希ちゃん」

希「ことりちゃんやん」

にこ「なに?ことり?」

ことり「あれ?にこちゃんも?」

希「何してるん?こんな時間まで」

ことり「ん?ちょっと、衣装の出来が納得いかなくて」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 21:35:56.38 ID:hBheiod5O
にこ「それで、こんな時間まで?」

ことり「うん」

希「でも、これなんか完璧やん」

ことり「う〜ん…でもね、もうちょっと手を加えればもっと良いものが出きると思うんだ」

にこ「だけど…誰も気づいてくれないのに」

ことり「別に誰かに気づいて貰いたいからやってる訳じゃないよ?私はμ'sが好きだから」

にこ「…ことり」

ことり「だって、そうでしょう?好きなものの為になら無理してでも頑張りたくなっちゃうでしょ?ね、希ちゃん?」

希「うん…まあ」

ことり「にこちゃんもそうでしょ?アイドルが好きだからずっと頑張って来たんでしょ?」

にこ「そうね」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 21:45:21.08 ID:hBheiod5O
ことり「それに、私にもプライドだってあるし。やっぱりどのスクールアイドルよりも凄い衣装を作りたい」

にこ「そう。ことりはそういうのはないと思ってたわ」

希「そうやね」

ことり「だから、全然苦じゃないよ」

にこ「そう」

希「でも、別に一人で全部やる必要はないんよ?ウチ等は皆でμ'sなんやからね?」

にこ「そうよ」

ことり「うん。ありがとう」

にこ「こう言うところはさすがことりね」

希「うん。皆の為を事故犠牲とも思わない。さすがやね」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 22:39:56.08 ID:hBheiod5O
とある日の午後

真姫「はあ、じゃんけんで負けるなんて」

ことり「ついてないね〜」

真姫「…ていうか、誰よ。こんな、重いもの頼んだのは」

ことり「アイドル雑誌…にこちゃんか花陽ちゃんかな?」

真姫「全く…アイスをって話だったのに」

男子A「よう、てめえとこうしてやりあうのももう何回目だ?」

男子B「さあな?いちいち覚えてねえぜ。脳の容量の無駄遣いだからな。だいたい、おめぇとはケンカになった覚えもねえよ。俺がやったのは一方的ないじめだぜ」

男子A「言うじゃねぇか。それでこそ俺のライバルたぜ。だが、今日でけりをつけようか」

男子B「だれが、ライバルだよ」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 22:46:12.30 ID:hBheiod5O
真姫「…今時、漫画でも滅多に遭遇しないような光景ね」

ことり「どう考えてもこれからケンカ刷るよね?」

真姫「まあ、仲良くお茶って感じじゃないわね」

男子A「てめえ…相変わらずむかつくヤローたぜ」

男子B「お喋りなやつだな、黙って来いよ」

男子A「文字数はお前の方が多いだろうがぁ」
ダッダッダッ

男子B「お!そう来なくっちゃなぁ。ダリャー」

ことり「ストップー」

真姫「こ、ことり?」

男子A「な、なんだ?」

男子B「誰だよ、お前」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 22:51:29.88 ID:hBheiod5O
ことり「あなた達、ケンカしようとしてたでしょ?」

男子A「だから、なんだよ」

ことり「ケンカはダメだよ

男子B「いや、だからお前誰だよ?関係ないだろ?」

ことり「私は南ことりです」

男子A「お、おう」

ことり「関係はないけど見ちゃったから関係あります」

男子B「いや、だから俺達の事知らないだろ?じゃあ、俺達が殴り合いをしようが関係ねぇじゃないか」

ことり「それは…でも、今こうしてお話ししてるからもう関係者です。ね?暴力はよくないよ?」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 23:01:15.48 ID:hBheiod5O
男子A「うるせえな。女は引っ込んでろよ。これは男のプライドとプライドの」

男子B「てめえの小さなプライドと俺のプライドを同列で語るなよ」

男子A「なんだとぉ?」

男子B「へっ。おいおい、顔を真っ赤にして猿面に磨きがかかってるぜ?俺に勝ったらバナナをご馳走してやるよ」

男子A「このやろぉ」ダッダッダッ

男子B「へっ、来な」

ことり「だから、ダメだよぉ」

男子A「…おい。なんで、俺達の間に入るんだよ。危ねぇじゃねぇか」

男子B「おいおい、寿命が延びたんだ。お礼を言うべきじゃないのか?」

ことり「この人はお猿さんに似てないよ。ちゃんと謝まろ?」

男子B「はあ?」

男子A「…おい」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 23:10:01.34 ID:hBheiod5O
ことり「君も暴力なんて絶対にダメだよ?」

男子A「いや、だからな」

ことり「だからもへったくれもありません。ケンカはダメですよ」

真姫「こ、ことり」

男子B「…アハハハハ」

男子A「あ?何を笑ってんだよ」

男子B「いや、なんかやる気なくなっちまったぜ」

男子A「はあ?」

男子B「あんなに強くなる事に憧れてケンカに夢中になって…なのにこんなに簡単に否定されて。なんかバカバカしくなっちまったんだよ」

男子A「…アハハ、確かに」

ことり「分かってくれたのかな?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 23:15:06.89 ID:hBheiod5O
男子B「でも、なんだろうな?今までも教師達に散々否定されたのに…あの時はむかついただけだったのに」

男子A「さあな」

ことり「もう、ケンカはダメだからね」

男子B「ああ、もうしねぇよ」

男子A「…俺ももうしねぇ」

ことり「もし、またしたら…ことりのおやつにしちゃうぞ〜」

男子A「え?」ドキッ

男子B「なっ」ドキッ
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/05(水) 23:23:12.22 ID:hBheiod5O
ことり「ね?」

男子A「あ、ああ」カァァ

男子B「おいおい、また顔が真っ赤になって猿面になってるぜ?」

男子A「なんだとぉ」

ことり「あ、だからケンカは」

男子A「あ、わかってる、わかってる。しねえよ」

男子B「なあ、もう一回名前聞いて良いか?」

男子A「あ、抜け駆けを」

ことり「南ことりです。スクールアイドルμ'sの南ことりです」

男子A「スクールアイドル?」

男子B「μ's?」

ことり「うん。また、ライブやるから良かったら見に来て」

男子A「ああ」

男子B「暇があったらな」

男子A「24時間暇な癖によ」

男子B「ああ?」

ことり「あっ!」

男子B「しねぇって」

ことり「ふふ、なら良かった」

真姫「…凄いわ。さすがことりね」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 07:39:47.55 ID:j9wQv2ydO
ある日の放課後

ことり「ふふふん」

花陽「ことりちゃん、随分とご機嫌だね?何か良いことあったの?」

ことり「うん。昨日美味しいチーズケーキを発見したんだぁ」

花陽「そうなんだぁ」

ことり「今度花陽ちゃんも一緒に行く?」

花陽「うん」

ガララ

穂乃果「匿って」

ことり「穂乃果ちゃん、どうしたの?」

穂乃果「今、海未ちゃんから逃げてるの」

ことり「何かしちゃったの?」

穂乃果「聞かないで」

ことり「でも、海未ちゃんに怒られちゃうよぉ」

穂乃果「ことりちゃん、おねがぁい」

ことり「…もう、仕方がないなぁ」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 07:44:20.52 ID:j9wQv2ydO
穂乃果「イエーイ!やっぱりことりちゃん大好き」

花陽「ことりちゃんは穂乃果ちゃんに甘いねぇ」

穂乃果「あ、花陽ちゃん」

花陽「気づいてなかったの?」

穂乃果「いやぁ、焦ってたからね。おっと、じゃあ、隠れるからね」

ガララ

海未「…ことり、花陽」

ことり「あ、海未ちゃん」

海未「ここに穂乃果が来ませんでした?」

ことり「来てないよ?」

海未「隠すと穂乃果の為になりませんよ?」

ことり「…でもぉ」

海未「いるのですね?」

ことり「いやぁ」

海未「出てきなさい、穂乃果!私にはあなたとことりの行動が手に取るようにわかるのです」

穂乃果「なんでバレたんだぁ」





29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 10:01:58.05 ID:j9wQv2ydO
海未「お得意のパターンでしょ?こう何度も何度も同じ手が通用すると思わないで下さい」

穂乃果「はぁ〜い」

ことり「ごめんね、穂乃果ちゃん」

海未「ことりも…本当に穂乃果の為を思うんなら甘やかしてばかりではダメですよ?」

ことり「うぅ、ごめんなさい」

海未「べ、別に怒っている訳ではありませんよ?」

穂乃果「なんか穂乃果の時と態度が全然違う」

海未「あなたには然るべき態度をとっています」

穂乃果「でもさ、宿題は明後日までなんだから今日やらなくてもいいじゃん」

海未「そう言ってあなたは忘れるのでしょ?」

穂乃果「そうだけど」

海未「だから、部活が始まる前、絵里や真姫がいるうちにやっておいた方がいいのです」

穂乃果「え〜、でも〜穂乃果は凛ちゃんとバドミントンをやる約束が…」

ことり「じゃあ、穂乃果ちゃんことりも手伝うから一緒にやろ?それで、今日中に宿題が終わったらご褒美にケーキ食べて帰ろう?ね?」

穂乃果「…それなら」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 10:06:00.58 ID:j9wQv2ydO
ことり「海未ちゃんもそれならいいでしょ?」

海未「全く…仕方ないですね」

ことり「それじゃあ、図書室で宿題やりに行こう?早くしないと練習が始まっちゃうよ?」

穂乃果「うん」

海未「はい」

花陽「いってらっしゃい…」

希「実は2年生組を操っているのはことりちゃんなんじゃっていつも思うんよね」

花陽「ヒッ…希ちゃん?いつから居たの?」

希「さっき来たんよ…いやぁ、やっぱりさすがことりちゃんやね」

花陽「うん。あの二人の事はことりちゃんに任せるのが一番だよ」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 11:29:18.30 ID:j9wQv2ydO

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「さすがことりちゃん」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「さすがことりちゃん」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。