善子「赤い部屋?」

シェアする

善子-アイキャッチ18
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:25:13.64 ID:GT378l4J.net
※元ネタは某有名FLASH


・ ・ ・ ・ ・ ・

ホームページを開いた瞬間、本来のブラウザ以外に表示される小さな広告――ポップアップ広告。

普段は誰も見向きもしないまま消すこの広告。

その中に――絶対に消してはいけないと言われている広告があるという。

この噂を聞いたのは最近の放課後。

最近インターネットにハマっている友人が、ネットで奇怪な噂を知ったと話しかけてきたのだ。

元スレ: 善子「赤い部屋?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:27:32.29 ID:GT378l4J.net
ルビィ「それじゃ二人共ばいばーい」

善子「ん? 今日は一緒に帰らないの?」

ルビィ「うん。お姉ちゃんと一緒に、アイドルの勉強会するんだ〜」

花丸「ほぇ〜、勉強熱心ずら」

ルビィ「って言っても、ダンスの練習したり、アイドルのDVD見たり、プチPVの撮影とか……」

ルビィ「いつものAqoursの練習と、そんなに変わんないんだけどね」

善子「にしても、随分な熱の入れようね」

ルビィ「うん。なんでも、ファンサービスのことについてもっともっと学ぶべきだーって張り切ってて……えへへ」
5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:29:08.15 ID:GT378l4J.net
善子「……あのスルー劇、未だに根に持ってんじゃないんでしょうね」

ルビィ「あははは……」

花丸「善子ちゃんのネット配信でもルビィちゃんのほうが人気だったずら」

善子「! そうよ!! このリトルデーモンの分際で!!」ガタンッ

ルビィ「ピギャッ!?」

花丸「ああっ、飛び火しちゃった……」

ルビィ「うゅ……」

花丸「でもルビィちゃんすごいずら〜。出待ちとか、ファンレターとか、憧れるずら〜」

善子「ぐぬぬぬぬ……ヨハネだって、秘めたる真の力を解き放てば……ブツブツ」
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:29:33.86 ID:GT378l4J.net
ルビィ「で、でも、お姉ちゃんが色々としてくれてるお陰だと思うんだ……」

花丸「何言ってるずら。ルビィちゃんはルビィちゃんの頑張りで輝いてるずら」

ルビィ「マルちゃん……」

善子「ふ、ふん! まあ? 本気を出したこの堕天使ヨハネには劣るけど……」

花丸「それじゃまた明日ずら〜」

善子「聞けーーーーっ!!!」
9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:32:34.03 ID:GT378l4J.net
善子「さ、私らも帰りましょ」

花丸「そういえば善子ちゃん善子ちゃん」

善子「ヨハネよ!」

花丸「ねえねえ知ってる?」

善子「……何よ」

花丸「インターネットをしている時に出てくるポップアップ広告の中に、絶対に消してはいけない広告があるんだって」
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:34:48.26 ID:GT378l4J.net
善子「……一応聞いておくけど、ポップアップ広告が何か知ってるの?」

花丸「バカにしないでほしいずら! 時々パッって出てくる、なんか鬱陶しい健康食品のチラシみたいなやつずら!」

善子「……広告ブロック使えばいいのに」

花丸「? そんな便利なものがあるずら?」

善子「ああ……今度見てあげるわ」

花丸「頼もしいずら〜♪」
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:35:56.20 ID:GT378l4J.net
善子「で? その……消しちゃいけない広告?」

花丸「うん」

善子「なにそれ? 消したらウイルスにでも感染するの?」

花丸「ふっふっふっ……そんな可愛いもんじゃあないずら!」

善子「……一応聞いておくけど、ウイルスが何かはわかるの?」

花丸「・ ・ ・ ・ ・」

花丸「風邪の原因?」

善子「なんでパソコンから風邪のウイルスが出てくんのよ!!」

花丸「未来ずら〜!」

善子「違ーーーーう!!!」
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:38:33.90 ID:GT378l4J.net
花丸「まあ、そういう細かい話は置いといて」

善子「!?」

花丸「なんと! その広告を消してしまうと……命をとられちゃうらしいずら!!」ドヤァ

善子「あんた、仮にも寺の娘でしょうに……そんなこと吹聴するもんじゃないわよ」

花丸「でも、おもしろそうずら」

善子「バチがあたるわよ」

花丸「自称堕天使属性の善子ちゃんに言われたくないずら」
16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:39:08.11 ID:GT378l4J.net
善子「誰が自称堕天使よ!!!」

花丸「善子ちゃんそのものずら」

善子「ヨハネよ!! 全く……ネットを触り始めてテンション高いのはわかるけど、よくもまあそんな出所の分からないウワサを信じられるわね」

善子「そのウワサの張本人は、今頃ガッツポーズしてるわよ」

花丸「まあまあ。話は最後まで聞くずら」

善子「まだ続くの……」
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:40:32.40 ID:GT378l4J.net
花丸「善子ちゃんは、テキストトゥスピーチって知ってる?」

善子「ヨハネよ。あれでしょ? いわゆるゆっ○りボイスみたいな」

花丸「そうずら。ウワサの広告は、そのテキストトゥスピーチの無機質な声が出てくるみたいで」

花丸「で、その言葉というのが広告に唯一乗っている言葉」

「あなたは好きですか?」

花丸「と、それだけを喋るという、何の広告かよくわからないらしいずら」

善子「"あなたは好きですか?"ねぇ……」
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:41:38.00 ID:GT378l4J.net
花丸「しかも、その広告というのが明らかにおかしな広告で、どこにも繋がってないっていうから、本当に不思議ずら」

善子「……ああ、リンクが貼られてないってことね」

花丸「りんく?」

善子「あんたほんっとーに噂の横流ししてるだけなんじゃあないわよね!?」

花丸「冗談ずら。クリックしても新しいところに飛ばないってことずら?」

善子「はぁ………」

花丸「面白いずら?」
20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:43:13.51 ID:GT378l4J.net
善子「………」

花丸「というわけで、その広告を一目見ようと最近ずっと探してるんだけど、なかなか見つからなくて」

善子「あんた本当に暇なのね……」

花丸「デジタルとオカルトの融合っていうのも面白いずら♪」

善子「タフねぇ……」

花丸「だから善子ちゃん、もし見つけたら教えて欲しいずら」

善子「わかったわーかったわよ」

花丸「頼んだずらー♪」

善子「アホくさ……」
22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:44:42.45 ID:GT378l4J.net
家についたときには、既に外は真っ暗になっていた。

両親はまだ帰ってきていない。

早速パソコンを起動し、その「消しちゃいけない広告」とやらについて検索してみた。

善子「何よ……意外と情報あるのね」

しかし、どれもずら丸が言っていた以上の情報はなかった。
23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:45:27.78 ID:GT378l4J.net
時計の音と、マウスのクリック音だけが部屋に響いていた。

もともと信じていなかったということもあり、途中からは黒魔術の研究などのインターネットサーフィンに興じていた。

ウワサ話のことなんて、すっかり忘れていた。
24: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:46:04.09 ID:GT378l4J.net
カチッ

「あなたは 好きですか?」

善子「ひっ!」

静寂を切り裂く無機質な声
25: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:46:38.95 ID:GT378l4J.net
善子「で、出たわね……」

そのポップアップ広告には、噂通りに真っ赤な背景にただ一言。

「あなたは好きですか?」

と書いてあるだけだった。

しかし、よく聞き取れなかったが「あなたは」と「好きですか?」の間に

善子「何か言ってた……?」

しかもこの広告、よく見ると何か黒い線が縦に一本ひかれている。

善子「そうだ、ずら丸に電話しなきゃ……」
26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:48:11.96 ID:GT378l4J.net
出ない。

いつまで経っても出てこない。

善子「あんのバカ丸……携帯電話なんだから、携帯しなさいよ……」

善子「……リンクもされてないわね」

善子「広告って言うよりも、いたずらよね……」
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:48:56.06 ID:GT378l4J.net
その時、この広告についてのウワサを思い出した。

この広告を消すと、命を奪われる。

善子「……まさかね」

嫌な妄想が頭をめぐり鳥肌を立たせる。

善子「どうせ、誰かがいたずらで作ったんでしょ……」

善子「じゃあ、消したらどうなるのかしら」

善子「さすがに殺すまではできないでしょ……」

善子「試しに……」

善子「だ、大丈夫よ……いたずらなんだもの」
28: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:50:28.64 ID:GT378l4J.net
カチッ

善子「………」

「あなたは好きですか?」

善子「……ぷっ」

善子「ぷぷぷぷ……」

善子「あははははははははは!!!!」

私は爆笑した。

消したら殺される。

というか消しても出てくる。

つまり、殺されることはないが消すことも出来ない。
29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:51:40.65 ID:GT378l4J.net
善子「そういう仕掛けだったのね!!」

さっきまでの緊張は何処へやら、その無機質な声が滑稽に思え、何度も何度もウィンドウを消した。

カチッ
「あなたは好きですか?」
カチッ
「あなたは好きですか?」
カチッ
「あなたは好きですか?」
カチッ
「あなたは好きですか?」
「あなたは好きですか?」
「あなたは好きですか?」

善子「ん?」
30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:52:06.25 ID:GT378l4J.net
善子「左の文字がずれて文字が出てきてる……」

善子「……赤?」


「あなたは好きですか?」
「あなたは好きですか?」
「あなたは好きですか?」
「あなたは好きですか?」
「あなたは好きですか?」


善子「ちょ、ちょっと!?」

善子「わ、私はクリックしてないわよ!!」
31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:54:05.84 ID:GT378l4J.net
「あなたは好きですか?」
「あなたは好きですか?」
「あなたは好きですか?」
「あなたは好きですか?」
「あなたは好きですか?」
「あなたは―――」



「あなたは赤い―――が好きですか?」

善子「ぺ、ページが……!」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
35: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:00:46.29 ID:GT378l4J.net
善子「な、何このサイト!?」

善子「げっ!? これ全部人の名前……?」

善子「何の名前よ……」

善子「あっ!」

善子「国木田花丸……!」

善子(なんでずら丸の名前が……!)

善子(と、とにかくパソコンを止めましょう!!)

善子(すごく、やばい気がする!!)

善子(強制的に電源を……!)
36: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:01:59.46 ID:GT378l4J.net
善子「!」

善子(何かがいる!)

善子(私の後ろに、何かがいる!!)

善子(早くこの場から逃げ出したいけど動けない……)

「アナタハ赤イ――ガオ好キデスカ?」

善子「あ―――――」
40: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:08:03.60 ID:GT378l4J.net
ルビィ「あの……二人共?」

花丸「どうしたずら?」

善子「何よ?」

ルビィ「なんていうか……目が真っ赤だよ?」

善子「徹夜だったからね」

花丸「徹夜だったからずら」

ルビィ「え、えー……」

ルビィ(何の徹夜なんだろ……)
42: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:08:24.80 ID:GT378l4J.net
善子「……」

花丸「……」

ルビィ「そ、それよりも二人共……」

善子「何?」

花丸「何ずら?」

ルビィ「さ、さっきから距離が近いと思うんだけど……あ、歩き辛いというか……」

善子「別にいいじゃない」

花丸「仲良くすることはいいことずら?」

ルビィ「うゅゅうゅゅ……///」
43: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:08:56.74 ID:GT378l4J.net
善子「それにしても、ルビィって本当に可愛いわよね……」

ルビィ「ぴぎ?」

花丸「うん……本当にめんこいずら……」

ルビィ「ぴぎぎぃ?」

善子・花丸「ふふふふふふ……」

ルビィ(ふ、二人共どうしちゃったんだろ……!)

ルビィ「……あれ?」
45: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:09:19.83 ID:GT378l4J.net
ルビィ「二人共……そのキーホルダー……」

善子「ああ、これね」

花丸「ルビィちゃんのデフォルメキーホルダーずら♪」

ルビィ「い、いつのまに……っていうか、恥ずかしいよぉ///」

善子「ふっふっふっ……」

花丸「うふふふふ……」

ルビィ(うう……二人の見る目がなんかいつもと違う気がするよぉ……///)
46: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:10:40.71 ID:GT378l4J.net
「ねえ、あのウワサ聞いた?」

「知ってる知ってる!」

「とあるポップアップ広告を消しちゃうと、日本人形みたいな謎の黒い長髪の少女が部屋にやってきて……」

「赤い髪の可愛い女の子のアイドルPVを徹夜で、目が真っ赤になるまで見せ続けて終いには……」

「「アイドルグッズで部屋が真っ赤になっちゃうってウワサ!!」」


――アナタは赤い髪の女の子がお好きですか?
52: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:12:07.33 ID:GT378l4J.net
おしまいです。
お付き合い頂きありがとうございました。
過去作もまたよろしくお願い致します。

曜「策士担当?」千歌「作詞担当だけに!」
善子「リリーがガチレズだという風潮」
梨子「女の子にセクハラをすると高圧電流が流れる腕輪ですって!?」
曜「同人誌即売会?」
SS スーパーマリオハラサンシャイン
SS 鞠莉「ダイヤはトンカチで叩くと粉々になる」
SS 曜「プロテインが切れちゃった……」
千歌「安価でAqoursの絆を強めるよ!!」
千歌「闇のゲーム?」
善子「罪深き肉棒が生えてきた……」
曜「内浦に出現した正体不明の巨大普通怪獣対策本部」
梨子「逆転の発想」 ※安価SS
梨子「出来たわ! どんなヘタレでも百戦錬磨のプレイガールに変える薬よ!!」
千歌「曜ちゃんにおもらしさせたい!!!」
【SS】名探偵国木田花丸の事件簿
花丸「なんずら? この部屋は」ルビィ「閉じ込められた?」善子(まさかこの部屋って……)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「赤い部屋?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。