希「十月九日は道具の日」

シェアする

希-アイキャッチ28
1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 00:07:20.84 ID:E/xEfcuJ.net
※関連スレhttp://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1475766350/
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1475852760/

『誘ってくれてありがとう。西木野さん』

『真姫でいいですよ。フミコ先輩』

『じゃ、じゃあ…真姫ちゃん♪』

フミコ(真姫ちゃんとちょっと仲良くなった♪)

フミコ(素敵だよね。真姫ちゃん…でも私には穂乃果ちゃんが…)

希「えっ。…占ってほしい?」

フミコ「は、はい。お願いします!」

希「いやぁ、今ちょっと調子が悪いっていうか…ゴメン」

フミコ「そうなんですか?…残念」シュン

パタン

絵里「占ってあげればいいのに…本当に調子が悪いの?」

希「うん…重要なカードが一枚ないから、なんか不安で…」

絵里「そういうものなの?…希って、タロットカード以外の占いはできないの?」

希「うーん…やっぱりタロットが一番やりやすいかな」

絵里「でも、たとえば…スプレッドっていうの?…カードを並べられない場所でも手軽に占える物があったほうがいいんじゃない?」

希「そやね…この機会に考えてみようかな」

希(タロット以外か…でも、トランプ占いだとあまり変わらない気もするし…何がいいかなぁ)

【穂むら】

希「きぃちゃん。こんばんは」

ほの母「いらっしゃい希ちゃん。おだんご食べる?」

希「はい」

ほの母「占い?」

希「いつものタロット以外にも何か覚えようかなって…」

ほの母「占いねぇ…自分でもできそうなのは、トランプくらいしか思いつかないけど…」

穂乃果「おだんごの串みたいなのをたくさん使ってやる占い、なかったっけ?」

希「ああ、もしかして筮竹のこと?」

雪穂「ぜいちく?」

※ 前作記事へのリンクです(管理人)

真姫「十月八日は木の日」

元スレ: 希「十月九日は道具の日」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 00:09:52.35 ID:E/xEfcuJ.net
ほの母「プロポーズされたら」

希「それはゼクシィ」

穂乃果「国産牛肉ってだけじゃ意味ないんだよね。和牛!じゃなくちゃ」

希「それは贅沢」

雪穂「関ジャニ∞が移籍する前は十年くらい同じレーベルだったんだよね」

希「テイチクやね」

ほの母「占いの話じゃなかったの?」

希「いや、みんなが勝手にボケただけやん?」

きぃほのゆき「えへへ♪」

希「けど、筮竹はなぁ…筮竹がウチに告げるんや!とか言っても、ぜいちくって何?ってなるんは目に見えてるし…」

穂乃果「決めゼリフのためにタロットカード使ってるんですか?」

希「それだけのためってほどやないけど、やっぱり言葉にしてわかりやすいほうがいいと思うよ。占う対象も高校生か、ウチより年下の子が中心やし」

雪穂「占いかぁ…テレビや雑誌の占いは見たりするけど、実際にどうやって占ってるのか全然知らないや」

ほの母「そうねぇ。自分が占う側だったことってほとんどないわよね」

希「テレビや雑誌の占いは誕生月や十二星座、血液型とか一定数のパターンに割り振っただけで、特定の個人を占った物やないからね。ウチにも正直よくわからんわ」

穂乃果「確かに…そういうざっくりした占いよりは、希先輩に占ってもらったほうが信用できる気がするなぁ」

ほの母「ふふふ…でも希ちゃん優しいから、あんまり厳しいことは言ってくれないんじゃない?」

希「そ、そうかなぁ?…まあ、なるべくいいように解釈するようなところはあるかも」

穂乃果「前向きなのが一番だよね♪」

【翌日・アイドル研究部部室】

希「…というわけで、まずはコレや!」チャリン

にこ「…お金?」

希「そう。タロットカードにもペンタクルのカード…金貨のシンボルがあるやろ。占いとコインは切っても切れない関係なんよ」

にこ「ふーん…見たことないコインだけど、外国のお金なの?」

希「そ。エリちが持ってた、ロシアのコペイカ銅貨や」

にこ「ロシアねえ…」

希「誰にでも価値がわかる日本のお金より、なんか雰囲気出ると思わない?」

にこ「まあね。五円玉とかだと別の意味で怪しい雰囲気はあるけど」

希「あー、五円玉はありかもね。穴の向こうに未来が見える的な」

にこ「50円より五円玉のほうがそれっぽいわよね」
3: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 00:12:21.28 ID:E/xEfcuJ.net
希「大きさ、色、質感とかいろいろね。値段は安いけど、そんな安っぽく感じないっていうか…」

にこ「古い物なら尚更でしょ」

希「そうそう!たとえば昭和とか…ウチらより年上のコインは、ウチらの知らない時代も知ってるんやもんね」

にこ「五円玉がウチに告げるんや!とか言うの?」

希「コインでええやん?筮竹よりはありやろ?」

にこ「…けど、コインで占えるのは裏表だけでしょ。結果は二つしかないじゃない」

希「まあ、それはそうなんやけど…でも立ててみて倒れ方とか、転がり方とかいろいろあるし」

にこ「そんなのまで占いの結果に影響するの?…それぞれのパターンが出る確率もばらばらじゃない?」

希「でもほら、神社のおみくじも凶は少なめで大吉は多めだったり、全部同じではないやろ?」

にこ「そうなの?」

希「神社によっても違うんやない?必ずしも確率は同じじゃなくていいと思う」

にこ「なるほどね…出やすいパターンをいい結果や無難な結果に当てはめていけばいいのか」

希「じゃあ、早速これで占ってみようか」

にこ「何を占うの?」

希「にこっちはエリちと穂乃果ちゃん、どっちのお嫁さんになるべきか」

にこ「…なんで絵里と穂乃果なのよ」

希「ん、凛ちゃんがよかった?」

にこ「つーか、カードが一枚なかっただけであんたに占ってもらえなかった子がいたでしょ。そっちを占ってやんなさいよ」

希「にこっち、優しいね?…もしかして」

にこ「ないわよ!…いいから、さっさと行け!」

バタン

希「えーと…何を占うんやったっけ?」

フミコ「は、はい。私が…真姫ちゃんと穂乃果ちゃん、どっちと相性がいいのかって」

希「ふむふむ…もしかして、恋愛的な?」

フミコ「えっ。…そ、そそそそそんなことは…」アワワワ

希「ふふふ…いいよ。じゃあ、これで」ピーン

パシッ

フミコ「え…?」

希「裏か表か…どっちやと思う?」

フミコ「えーと…じゃあ、表!」
4: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 00:15:39.93 ID:E/xEfcuJ.net
希「はい、表や」

フミコ「当たった。…で、どっちですか!?」

希「これは自分の気持ちに正直に行動して正解って暗示や。フミコさん本人が決めることやな」

フミコ「えぇ!?…でも、どっちと相性がいいかって話で…」

希「相性って、何もはじめから決まってることやないんと違う?相手とどう接するかによって変わっていくと思うんや」

フミコ「そういうものなんですか…?」

希「うん。穂乃果ちゃんと西木野さん、二人とも好きやったら二人と仲良くしてもいいんやない?…恋人とか結婚とかいう段階やったら、また別やけど」

フミコ「さ、さすがにまだそこまでは…」

希「ふふふ。だったら二人とも同じくらい好きでも大丈夫や」

フミコ(自分の気持ちに正直に…か)

【屋上】

凛「コインで占い…?」

希「そう。コイン一枚でいつでもどこでも占える!タロットより楽やし、わかりやすくてスマートやろ?」

凛「へー。面白そう♪」

希「凛ちゃんは何か占ってほしいことはある?」

凛「んー。じゃあ、何ラーメンがいいか占ってくれますかー?」

希「えっ。…ラーメン?」

凛「はい。凛はラーメン大好きだけど、ラーメン屋さんからベビースターまで選択肢は無限にあるでしょ?今日は何がいいかなって♪」

希(タロットカードなら78枚あるから、組み合わせで幾らでも選択肢を増やせるけど…コインは裏表しかないからなぁ)

凛「だめですかー?><」

希「い、いや。そんなことないよ」

希(何回か投げて絞り込んでいく形にすれば…いけるやん!)ピーン

希「あっ」

凛「え?」

キラーン

希「ああっ…落っことしちゃった」ガクッ

凛「取りに行かなくちゃ!」

希「う、うん。…見つかるかなぁ?」トボトボ

希(やっぱりコイン占いはアカンね。何か違う方法を探そう…)
5: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 00:23:22.12 ID:E/xEfcuJ.net
【三年教室】

絵里「せっかくカードを見つけてもらったのに、使わないの?」

希「そんなことないけど、タロット以外の占いもできたほうがいいやん?」

絵里「まあ、選択肢が増えるのはいいことだと思うけど…」

希「エリちは道具へのこだわりとかある?ウチのタロットみたいに、これなくなったら困る!って物とか」

絵里「んー、どうかしら…スマホや財布や鍵とか誰でも困る物くらいしか思いつかないわね」

希「シュシュは?…エリち、だいたいいつもポニーテールやんな?」

絵里「無ければ無いで別の物を使うし、絶対に括らないといけないってほどでもないわよ。むしろ希のほうが下ろしてることって全然なくない?」

希「あー、言われてみればそうかも…」

にこ「あんたも二つ結びにしてみたら?結構可愛いと思うんだけど♪」

絵里「なに言ってるの。…私はそんなキャラじゃないわよ」

希「ウチも見てみたいなぁ。エリちのツインテール♪」

にこ「たまにはいいでしょ?私がやってあげるわよ」

絵里「ちょ、ちょっと…しないって言ってるでしょ!」

希「逃げたらわしわしするよー?」

絵里「やめなさい!希!」ジタバタ

キーンコーンカーン…

穂乃果「わあ、可愛い♪」

凛「可愛いにゃ♪」

真姫「いいんじゃない?」

花陽「生徒会長さん…すっごく可愛いですっ」キラキラ

絵里「…やめてよ///」

にこ「ほら、やっぱりあんたはアイドルに向いてるのよ。入っちゃいなさいよ」

絵里「やらないって言ったでしょ。スクールアイドルなんて…」

凛「凛も最初は絶対無理って思ってたけど、結構楽しいですよー♪」

真姫「…私は、生徒会長と一緒にやりたいんだけど」

穂乃果「この間のカラオケも楽しかったし♪」

絵里「…確かに、あなたたちと一緒に何かをするのは楽しいし、好きだけど…だからって何でも一緒ってわけにはいかないわよ」

にこ「あんたも頑固ねー」
6: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 00:26:01.79 ID:E/xEfcuJ.net
絵里「これ、返すわ。…いつも声をかけてくれてありがとう」ナデナデ

にこ「子供扱いしないでよ。頭をなでるな!」

絵里「ふふふ」

花陽(にこ先輩と生徒会長さん、仲良しだよね♪)

【弓道場】

希「当たり」

海未「…はい?」

希「いや、弓矢も占いに使われたりするやんな」

海未「ああ、日本古来の占いですね。各地の神社などでは今でも行われていたりしますが」

希「んー。ウチも弓道やってみようかな?」

海未「そうですね。的に全く当たらないようでは、いつも外れになってしまいますし…弓矢で占いをするなら練習が必要です」

希「でも園田さんくらい上手やったら、だいたい真ん中付近に当たっちゃって逆に占いが成立しなくなるんやない?」

海未「確かに、熟練するほどばらつきは減るでしょうね。腕次第で最高の結果を出せてしまうというのは、運頼みの占いとは意味が違ってきますね」

希「ほどほどに努力が必要か…なかなか難しいね」

海未「それもですけど、筮竹などを買うより弓道のほうが…些か費用がかさむと思われますが」

希「うぐっ…それこそ、宝くじでも当たらないと厳しいかな?」

海未「そういえば、あれも矢でしたね…ふふっ」

希(弓道はカッコいいけど、道具を揃えるにはお金が結構かかるみたいや。スクールアイドルなら衣装くらいで、何なら制服でもできなくはないけど)

【翌日・二年教室】

希「…というわけで、今度はこれや!」バーン

ことり「さいころ?」

希「そう、ダイスがウチに告げるんや!」

ことり「コインよりは、結果のパターンも三倍に増えますね」

希「うん。それに一個だけやなく、同時に二個、三個と振れば数字の組み合わせでいろいろできるし」

ことり「使いやすくて見た目も可愛いし、いいと思います♪」

希「よし。じゃあ早速…ミコちゃん!」

ミカ「ミカです…」シクシク

ヒデコ「巫女は副会長ですよね?」

希「ごめん、ごめん…ミカさんは何か占ってほしい事はある?」

ミカ「えっ。…えーと」
7: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 00:30:55.12 ID:E/xEfcuJ.net
ことり「好きな娘との相性とか♪」

ミカ「えぇ!?…じゃ、じゃあ…」

希「恋占いでいいの?」

ミカ「…お米」

希「へ?」

ミカ「どのお米が一番喜んでもらえるか占ってください!」

希「アハハ…お米(花陽ちゃんみたいやね)」

ヒデコ(…小泉さんかな)

ことり(…かよちゃん、だよね)

希(お米の品種とか、そんなに知らないけど…ウチにもわかるようなことを割り振って、ある程度絞り込む感じでいいかな)

コロコロ

ミカ「ど、どうですか…?」

希「えーと…たまには海外のお米なんてどうかな?」

ミカ「海外!?」

希「うん。アメリカやイタリア、タイとか…」

ヒデコ「どこで売ってるんだろう…お米屋さん?」

ことり「っていうか、お米買うの…?」

ミカ「料理に挑戦してみようかなって…」

ヒデコ「なにー!?お家デートかー?」

ことり「お弁当持ってデートとか♪」

ミカ「で、デートじゃないよ!///」

【音楽室】

希「うーん…」

真姫「…何ですか?」

希「いや、思い通りの結果が出ないなって」

真姫「なにそれ。イミワカンナイ」

希「ほら、ダイスって出目のパターンが決まってるやん?」

真姫「そうね。立方体なら6種類、理論上は確率は同じ」

希「ってことは、答えは少なくとも六通り必要。足りなければ複数の目に同じ物を割り振ったりして確率に差が出る」
8: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 00:33:25.32 ID:E/xEfcuJ.net
真姫「必ず6の倍数に揃えようとしても…」

希「これ要らないやろっていう頭数合わせみたいな選択肢が出てくるよね」

真姫「タロットでも同じことじゃないの?」

希「いや、タロットカードは数字だけやなく絵柄にそれぞれ意味があるやん?…もともと一枚一枚に複数の意味がある物やから、それだけでいろんな解釈ができるんよ」

真姫「なるほどね…じゃあ、結局タロットカードが一番合ってるってことでいいんじゃない?」

希「それはウチもわかってるけど…ほら、たとえば160km/hのストレートを投げるピッチャーでも、それしか球種がないと打たれちゃうやん?」

真姫「まあ、そうね」

希「一番得意なもの以外にも何かできたほうがいいと思うんや」

真姫「私も音楽以外の趣味もあるし…そんな感じ?」

希「そうそう。…西木野さんの趣味って何?」

真姫「カメラとか…」

希「写真撮ったりするん?」

真姫「ええ。…ほら、こんなの」

希「お。これは中庭の花壇やね」

真姫「花陽がいつもお世話してるみたい」

希「こっちはアルパカ…あはは、毛が長い時と刈った後のを見比べると面白いね」

真姫「でしょ。音ノ木坂は面白い被写体が多くて飽きないわよ」

希「普段はスマホで撮ってるん?…道具にこだわりとかないの?」

真姫「ちゃんとしたカメラも使うわよ。まあ、絶対これじゃなきゃダメってほどでもないかしら」

【中庭】※回想

花陽「水がー♪なくちゃたーいへん」サァァ…

パシャ

花陽「ピャァ!?…ま、真姫ちゃん…いつからいたの?」

真姫「偶々通りかかっただけよ。思いがけないシャッターチャンスだったわ♪」

花陽「急に撮らないでよぉ…」

真姫「すごくいい表情だったわよ。ほら」

花陽「そ、そうかなぁ…?」

【再び音楽室】

真姫「ちゃんとしたカメラほど綺麗には撮れなくても…いい写真は撮れると思うわ。大切なのは道具だけじゃなくて…」

希「…そっか」
9: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 00:35:05.88 ID:E/xEfcuJ.net
希(撮りたいもの、残したい時間、気持ち…いろんな要素が揃ったシャッターチャンスが生まれて、そのとき持ってる物で撮る…それが自然なのかも)

【アイドル研究部・部室】

穂乃果「あれ、今日はタロットなんだ?」

希「うん」

希(占いの手段をあれこれすることより…)

『どのカードがないの?』
『落ちたらケガするよ…?』
『中庭の木に引っ掛かってましたよ』

希(みんなが見つけてくれた…絆が手繰り寄せてウチの元に還ってきたカードで、みんなに恩返しできたら…それが一番かもね)

【秋】

理事長「…どう?」

希「空…ですね」

理事長「そら?」

希「はい。あの木に引っ掛かってる物は、空に関係する何か…だと思います」

理事長「それは東條さんの推理?」

希「いいえ。カードがウチにそう告げるんです!」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「十月九日は道具の日」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。