穂乃果「さすが希ちゃん」

シェアする

希-アイキャッチ1
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 20:03:57.05 ID:j9wQv2ydO
前作 穂乃果「さすがことりちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1475638874

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475751837

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

元スレ: 穂乃果「さすが希ちゃん」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 20:09:46.09 ID:j9wQv2ydO
とある日の下校中

穂乃果「いや〜、希ちゃんが居てくれて良かったよ〜。皆して忙しくしてるから穂乃果一人で帰らなくちゃ行けなかった所だもん」

希「うん。ウチも穂乃果ちゃんが居って良かったよ」

穂乃果「これから暇人二人でユニットでも組んじゃおうか?」

希「いや、そう言うくくりならやめて?別にウチもいつでも暇人って訳やないからね?」

穂乃果「そうなの?一人暮らしだから暇な時間が多いのかと思ったよ」

希「まあ、時間をもて余すことは多いけど…」

穂乃果「じゃあ、暇な時は穂乃果を読んでよ」

希「ええの?じゃあ、早速今日泊まりに来る?」

穂乃果「いいの?行く行く!」

希「じゃあ、帰りに夕飯の材料買って帰ろうか?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 20:15:19.05 ID:j9wQv2ydO
穂乃果「うん!穂乃果はハンバーグが食べたいな」

希「おー、じゃあそうしようか?穂乃果ちゃんも手伝ってな?」

穂乃果「うん!任せて!」

不良「おい!てめえ、人にぶつかっといてそのまま行くのかよ」

高校生「だから、ごめんなさいと謝ってるじゃないですか」

不良「ふざけんなよ。あー、痛てぇ。完全に骨折れてるな」

高校生「ええ」

穂乃果「あわわ、どうしよう。あの男の子完全に絡まれてるよ」

希「本当だ」

穂乃果「本当だって希ちゃん、助けなきゃ」

希「…うん」

穂乃果「ちょっと」

希「待って穂乃果ちゃん」






5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 20:21:39.64 ID:j9wQv2ydO
穂乃果「何故?」

希「…穂乃果ちゃんもよくよくトラブルに出くわすね」

穂乃果「それを言うためだけにとめたの?」

希「違うよ?無闇に飛び込んで行っても火に油を注ぐだけかもしれんやん?」

穂乃果「そうだけど…なにもしないよりは」

高校生「…」ジー

穂乃果「あの男の子凄くこっちを見てるよ」

高校生「…助けて下さい」

希「え?何で?」

穂乃果「ええ?嘘でしょ?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 20:27:17.63 ID:j9wQv2ydO
不良「てめえ、なに勝手に喋ってんだよ」

高校生「助けて下さい。お願いします」

希「いや、ウチ等女の子やん?」

高校生「…そうだけど」

希「まさか、女の子を巻き込むの?」

高校生「いや、警察に電話とか」

希「いや、警察の前にタクシーとか救急車やない?」

高校生「どうして?」

希「だって、この人骨折してるやん」

不良「はあ?」

希「え?だって、さっき骨折してるって言うてたやん」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 20:33:16.49 ID:j9wQv2ydO
不良「あのな、それは」

希「え?してないの?」

不良「いや、してるよ」

希「じゃあ、救急車呼ばないと」

不良「そこまでじゃねぇんだよ」

希「え?自分で程度が分かるんですか?」

不良「…まあ」

希「もしかして、実はお医者さんとか?」

不良「ちげぇよ。どう考えても高校生だろ、俺」

希「ああ、そうなん?じゃあ、やっぱりお医者さんに見て貰わなくちゃ」

不良「いや、掛かり付けの医者がいるからそこにいるからとりあえず慰謝料をよこせよ」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 20:40:15.81 ID:j9wQv2ydO
希「慰謝料やって」

高校生「えぇ」

不良「早くよこせよ。とりあえず、1万でいいよ」

希「え?怪我させられて慰謝料1万円でええの?」

不良「あ?ああ」

穂乃果「希ちゃんはどっちの味方なの?」

希「あ、もしもし?今、ちょっと」

不良「っておい!誰に電話してんだよ」

希「え?お巡りさんだけど…?」

不良「なに、チクろうとしてんだよ」

希「え?慰謝料請求するって言うからちゃんとお巡りさん呼ばなきゃと思って」

不良「ふざけんな」

希「チクるって何を?だって、あなたは被害者やん?」

不良「…ぐ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 20:53:12.71 ID:j9wQv2ydO
希「それとも、警察を呼ばれたらまずい事でもあったん?…もう、呼んじゃったけど」

不良「はあ?ふざけんなよ」

希「何でよ?あなたが怪我させられたって言うから呼んだんやよ?」

不良「ふざけんな。どう見ても骨折してねえだろ」

希「え?でも、さっき骨折したって」

不良「…な…それは…てめえ、俺が女だからって殴らねぇとでも思ってんな」

穂乃果「ええ?最悪の展開だ」

希「え?ウチ殴られるの?どうしよう、穂乃果ちゃん?慰謝料請求した方がいいかな?もうすぐ、お巡りさん来るけど。」

穂乃果「うん…した方がいいと思う」

不良「…ちっ。今日はもう見逃してやるよ」

希「あ、本当?じゃあ、気をつけて帰ってな?東京は人通りが多いからぶつかって骨折しないように」

不良「ちぃ」

高校生「あの、ありがとうございました」

希「あのなぁ、君。男の子なんやから女の子は巻き込んだらあかんよ?」

高校生「…すいません」

希「ま、でも良かったね。相手が優しい人で」

高校生「は、はい」

希「穂乃果ちゃんも。正義感が強いのはええけど考え無しに飛び出したらあかんよ?勇気があるのと無鉄砲は違うんやからね?」

穂乃果「うん。でも、凄いなぁ希ちゃんは」

希「褒めてもなんもでんよ?そんな事より早く帰ってハンバーグ作ろ?」

穂乃果「うん!流石は希ちゃんだなぁ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 20:55:11.15 ID:j9wQv2ydO
穂乃果「あの?因みに警察は?」

希「ああ、あれはえりちに電話したんよ。呼び出し音が鳴ってた方がリアルやからね」

穂乃果「はあ…本当さすが」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 22:10:39.32 ID:j9wQv2ydO
とある日

希「でね、そのお笑いコンビが絶対にこれから売れていくと思うんよ」

にこ「へえ」

絵里「…」

希「ウチはずっと無名の頃から応援しとるから分かる」

にこ「いや、今も無名でしょ?」

希「今は積極的にライブをやってるからテレビに出てないだけやん」

にこ「結局無名なんじゃない」

希「あー、この話をにこっちとしても平行線やね」

にこ「あんたが聞き分けないんじゃない」

希「そんな事、ね、えりち?」

絵里「…え?あ、ああそうね」

希「えりち…話を聞いてた?」

絵里「き、聞いてたわよ。ほ、本当に内海は最近調子悪いわよね」

希「何の話をしてるの?」

絵里「え?巨人の今後についてじゃなかったけ?」

にこ「何を言ってんのよ」

希「お笑いの話をしてたんだけど」

絵里「あ、ああ。ごめんなさい」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 22:12:59.63 ID:j9wQv2ydO
希「なんかあったん?」

絵里「いや…何もないわよ?」

希「嘘、絶対に様子が変やん」

にこ「確かに、それで何もないって方がおかしいわね」

希「なんか悩んでるの?」

絵里「本当。本当に何もないから。じゃあ、私はこれで」

にこ「逃げた」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 22:21:22.08 ID:j9wQv2ydO
翌日

希「やっぱり、あそこで坂本が」

にこ「へえ。にこは野球詳しくないのよね」

絵里「…」

希「え?坂本しらん?巨人のキャプテンやん」

にこ「巨人は二岡とか仁志とかしか」

希「何時の話をしてるん?」

にこ「高橋由伸とか小笠原とかも分かる?」

希「だから何時の話をしてるん?ね、えりち?」

絵里「え?そ、そうね。そろそろ鬼越トマホークが来るんじゃないかしら?」

にこ「なんの話をしてるのよ?」

絵里「あれ?お笑いの話じゃなかったっけ?」

希「今は巨人軍の話をしてるんやけど」

絵里「あ、ごめんなさい。パリーグしか見ないから」

希「昨日内海がどうとか言ってたのに?」

絵里「…」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 22:27:18.66 ID:j9wQv2ydO
希「ねえ、やっぱり様子が変よ?何か悩んでるんと違う?」

絵里「…」

にこ「言っちゃいなさいよ」

絵里「でも…」

希「でも? 」

絵里「軽蔑するかもしれない。呆れるかもしれない…私の事…バカだと思うかも」

にこ「絵里?」

希「みくびらないでよ」

絵里「の、希?」

にこ「え?」

希「みくびらないで。呆れたら何?軽蔑したら何?バカだったら何?ウチやにこっちが簡単にえりちを見捨てるとでも思ってるの?」

絵里「…希」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 22:37:44.35 ID:j9wQv2ydO
希「私は絶対にえりちを見捨てないよ?これからもえりちを怒ったり笑ったり一緒に泣いたりしたいから…だから、言って?えりちがどんな事を言っても私は」

絵里「実は…」

希「うん」

にこ「実は?」

絵里「最近ね、もしかして私っておっちょこちょいなんじゃないかって。そそっかしいんじゃないかって思って」

希「へ?」

にこ「はあ?」

絵里「こないだね、クラスの子が絢瀬さんって意外とポンコツだよねって話しているのを聞いてしまったの」

にこ「…今さら?」

希「…」

絵里「…やっぱり」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 22:42:14.53 ID:j9wQv2ydO
希「プッ…アハハハハ」

絵里「ちょ、」

希「アハハハハ、深刻そうな顔をして何を悩んでいるのかと思ったら」

にこ「確かに呆れるわね」

絵里「だ、だって私って元生徒会長でクールなイメージで来ていたから」

希「アハハハハ」

絵里「ちょっと、笑いすぎよ」

希「あ、あんなえりち?別に気にする事ないんよ?それだけ最近のえりちはくだけてきたって事やから」

にこ「まあ、堅物生徒会長だった頃よりはいいんじゃない?全く、心配して損したわよ」







17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 22:51:36.71 ID:j9wQv2ydO
絵里「だ、だって」

希「ま、とにかく今まで通りでいいんよ。えりちは」

絵里「な、何よそれ」

希「そのままの意味」

絵里「やっぱり、相談しなければよかったわ」

にこ「全くよ」

絵里「…もう、帰りましょ」

希「でもな、えりち」

絵里「?」

希「さっき言った事は全部本当やからね?えりちに迷惑をかけられるなんてこんな栄光な事はないんやから」

絵里「…希」

希「だから、簡単にウチから離れられると思わんといてなお二人さん」

絵里「ええ」

希「やっと出来た友達なんやから…じゃあね」

絵里「…希」

にこ「一人が多かった希だからそれだけ友達思いなのね」

絵里「ええ…さすが私達の親友ね。頭が下がるわ」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 20:32:51.25 ID:zZGTHYvtO
とある日
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 20:45:58.45 ID:zZGTHYvtO
凛「はあ〜、今日も疲れたにゃ〜」

花陽「そうだねぇ」

凛「この後に生徒会の仕事なんて凛だったら絶対にいやにゃ」

希「それをウチ等もやってたんよ?」

凛「凄いにゃ〜。ね、かよちん?」

花陽「そうだねぇ」

真姫「尊敬に値するわね」

凛「おお!真姫ちゃんが素直に尊敬するなんて珍しいにゃ」

真姫「私だって尊敬くらいするわよ」

凛「冗談だって〜、怒っちゃやだよ。真姫ちゃん」

真姫「べ、別に怒ってないわよ」

凛「へへぇ、知ってるにゃ」ダキッ

真姫「ちょっと、急に抱きつかないで」

凛「かよちんも」

花陽「わぁ」

希「ふふ、一年生組は仲がいいね」

凛「希ちゃんも入る?」

希「じゃあ、ウチは皆がどれくらいそだったか…」

凛「そ、それは勘弁にゃ」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 20:54:19.27 ID:zZGTHYvtO
真姫「全く、希は」

花陽「そう言えば、凛ちゃん。こないだ言ってたDVD届いたんだ」

凛「本当?じゃあ、今日かよちん家に行くにゃ!」

花陽「うん」

凛「かよちん家でお泊まりにゃ」

花陽「ふふ」

真姫「…」

凛「じゃあ、凛達こっちだから」

花陽「じゃあね」

希「うん。また、明日〜」

真姫「…じゃあ」

希「…」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 20:55:50.43 ID:zZGTHYvtO
真姫「…はぁ」

希「真姫ちゃん?」

真姫「何?」

希「ちょっと、お茶でも飲んで行かない?」

真姫「今から?」

希「うん」

真姫「…別にいいけど」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 20:59:10.54 ID:zZGTHYvtO
〜喫茶店〜

希「アイスで」

真姫「…私も同じので」

希「お揃いやね」

真姫「で、何よ?」

希「何って?」

真姫「何かあるから誘ったんでしょ?」

希「う〜ん…まあ」

真姫「どんな顔してた、私?」

希「ちょっと寂しそうやった」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 21:28:31.79 ID:zZGTHYvtO
真姫「凛と花陽は私の初めての友達なのよ」

希「…うん」

真姫「ずっと、友達なんか必要ないって自分に言い聞かせて来たのに…」

希「うん」

真姫「最初はこんな私と友達になってくれる…それだけで良かったのに…私、どんどんわがままになっていく」

希「うん」

真姫「二人を見てるとね、たまに思うの。どうして、私じゃなかったのって?どうして私は…二人の幼馴染じゃ…私と二人の間には築いた時間が少なすぎる」

希「…本当、真姫ちゃんはどこまで言っても面倒くさい性格してるね」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 21:49:11.14 ID:zZGTHYvtO
真姫「なっ」

希「過ごした時間がどうとかどうでもいいやん。真姫ちゃんは長い時間一緒にいないと友達だと思えないの?」

真姫「違う。そんな事は言ってないじゃない。ただ、あの二人の間には私の知らない…」

希「なら、楽しみやん」

真姫「は?」

希「これから、もっと二人の事を知れるんやろ?こんな楽しみな事はないやん。それに、長い時間をかけて友情を育んで行くのは確かに素敵な事やけど一番大切なのは今一緒にいることじゃない?」

真姫「…」

希「それに、そんな事を気にしてるのは真姫ちゃんだけやない?携帯見てみ?」

『真姫ちゃんもうお家についたかな?真姫ちゃんも今日、家に泊まりに来ない?私のオススメのアイドルのDVDを一緒に見よう?凛ちゃんも待ってるよ
PS.希ちゃんも誘ったので来ると思います』

真姫「…花陽…凛。…私、本当…自分勝手…ウゥ」

希「な?案外こんなもんやって。そしたら、ちょっと、ゆっくりしてから行こうか?目を真っ赤にして行ったり二人ともびっくりしちゃうよ」

真姫「…うん」

希「ふふ、素直やね」

真姫「もう、からかわないでよ」

希「あ、ごめーん」

真姫「ありがとう、希」ボソッ

希「へ?」

真姫「何でもないわよ。全く、さすがね」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 22:48:15.71 ID:zZGTHYvtO
とある日の部室

ガララ

希「お疲れさんでーす」

絵里「あわわわわ」

希「…何してるん?」

凛「あ、希ちゃん」

穂乃果「あのね…今3人で怖い話をしてたの」

絵里「わ、わたしはややややめてって言ってるのに」

凛「そしたらね…急に部室の明かりが消えて…扉も開かなくて」

穂乃果「ほら、怖い話をしてると幽霊が寄ってくるって言うでしょ?」

希「ああ…なるほど」

絵里「だから、私はやめてって言ったのに」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 22:55:24.92 ID:zZGTHYvtO
希「えりち、そればっかり」

絵里「だって…」

凛「とにかく、どうしよっか」

希「いや、ウチは普通に扉開けてきたやん?」

穂乃果「…あっ!?」

凛「あの…内側からは…空かないにゃ」

希「…へぇ」

絵里「た、祟りよ、どうするのよ?殺されるわ…どうするの?ねえ?どうするの?」

希(なるほど。扉はにこっちが外から押さえてるのかな?ウチが来た時にこっちが向かいの教室に入っていくの見えたし。この教室のブレーカーは階段の脇の分電盤にあるから外から消すのも可能やし)
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 23:00:26.95 ID:zZGTHYvtO
絵里「希…どうしよう?…ねえ?なんとか言ってよ?スピリチュアルパワーでなんとか」

希(う〜ん。穂乃果ちゃん達について一緒にえりちを怖がらせるか…えりちを助けてあげるか…)

絵里「お願いします。誰か助けてぇぇぇぇぇ」

バチン

穂乃果「あ、また灯りが」ニヤニヤ

凛「わあ、祟りにゃ」ニヤニヤ

絵里「イヤァァァァ」

希(これはちょっと、可哀想過ぎるね。たまには、えりちを助けてあげよ)

穂乃果「わあ、祟りだよぉ」

凛「怖いにゃ」

絵里「イヤァァァァ、助けてぇぇぇぇぇ」

バチン

穂乃果「あ、またついた」

凛「ポルターガイストにゃ」

希(えりちもカーテン開ければいいのに)
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 23:05:45.79 ID:zZGTHYvtO
希「…穂乃果ちゃん」

穂乃果「え?何?」

希「ちょっと」

穂乃果「どうしたの?これは絵里ちゃんにドッキリを仕掛けてるんだよ?」ボソッ

希「…あっ?そうだったん?じゃあ…あの凛ちゃんの隣にいる女の子は誰かが変装してるのかな?」ボソッ

穂乃果「へ?」

希「ちょっと、凛ちゃん?」

凛「何?」

絵里「どどどど、どうしたの?」

希「凛ちゃんも人が悪いなぁ。ドッキリやったら誘ってよ」ボソッ

凛「希ちゃんなかなか来なかったから」ボソッ

希「さっき、凛ちゃんの隣にいた血だらけの女の子はにこっち辺りが変装してるのかな?」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 23:13:04.48 ID:zZGTHYvtO
凛「え?何の話?」

穂乃果「この部屋には3人しか」

凛「いや、希ちゃんを含めて4人だよ?」

希「え?嘘やって。確かに、凛ちゃんの隣に女の子が」

凛「…いやぁ、何を言ってるの?」

穂乃果「そ、そうだよ」

絵里「イヤァァァァ」

凛「え?え?何?」

穂乃果「なななな、何?急に?」

希(えりち、ナイスタイミング)
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 23:17:30.15 ID:zZGTHYvtO
希「穂乃果ちゃん達がこんなイタズラするから…本当に呼んでしまったんとちゃう?」

穂乃果「へ?何を?」

希「霊」

凛「いやいや」

バチン

穂乃果「へ?何?」

凛「ほ、穂乃果ちゃん、落ち着いて。にこちゃんだって」

絵里「イヤァァァァ」

希(さてと)

ガシャーン

穂乃果「キャァァァァ」

凛「にゃぁぁぁ。何?ほ、穂乃果ちゃん急に大声出さないでよ」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 23:23:29.65 ID:zZGTHYvtO
希(さて、二人が混乱してるうちに海未ちゃんに…)

穂乃果「に、にこちゃん?もう、いいよ?」

絵里「に、にこ?なに?にこいるの?」

凛「あ、灯りつけていいにゃ」

穂乃果「ち、ちょっとにこちゃん?」

ドンドン

穂乃果「あれ?開かない?にこちゃん?穂乃果だよ?あれ?」

凛「え?開かないの?」

絵里「え?え?え?」

希「あ…なんか…嫌な感じが…」

穂乃果「へ?何?」

希「知ってるやろ?ウチが霊感強いの?」

凛「そ、そうなの?」

穂乃果「じ、冗談だよね?」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 23:26:12.15 ID:zZGTHYvtO
希「怒っとる…霊が怒っとるんよ。こんなイタズラしたから」

穂乃果「そんな」

絵里「イヤァァァァ」

凛「ヒッ」ビクッ

穂乃果「え、絵里ちゃん。大声出さないでよ」

希「あ、穂乃果ちゃん…穂乃果ちゃんの隣に」

穂乃果「へ?へ?へ?」

ガララ

絵里「キャァァァァ」

穂乃果「ギャァァァァ」

凛「にゃぁぁぁ」

バチン
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 23:32:54.86 ID:zZGTHYvtO
凛「あ、灯りがついた」

希「あ、あ、あ…り、り、凛ちゃん…隣に」

穂乃果「あ…あ…あ、お、お、血が…女の人」

絵里「え?…イヤァァァァァァァァァァァ」バタン

穂乃果「…………う……う」

凛「にゃぁぁぁぉおおおおぁ」ガクッ

海未「…」

希「もうええよ、海未ちゃん」

海未「あれ?絵里?」

希「あら?穂乃果ちゃんと凛ちゃんを懲らしめるつもりがえりち…気を失っとるやん」

穂乃果「へ?う、海未ちゃん」

凛「あ、アハ、アハハ」

海未「全く、文化祭でやった幽霊の格好をして来てくれなんてメールが来るから何かと思ったら…どうです?少しはやられる方の身になってみて」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/09(日) 23:39:02.80 ID:zZGTHYvtO
穂乃果「そ、そう言う事だったの?」

凛「び、びっくりして腰が」

穂乃果「あれ?じゃあ、にこちゃんは?」

海未「私が普通に叱りました」

ガララ

にこ「あんた達に付き合うとろくな事が起きないわ」

希「ま、これに懲りたら少しはイタズラを控える事やね」

凛「希ちゃんもいつもは一緒にやるくせに」

穂乃果「ね」

海未「分かったのですか?」

ほのりん「はい!」

海未「にこは?」

にこ「…はい」

希「さ、絵里を起こさなきゃ」

穂乃果「はあ、やられたなぁ」

凛「さすが希ちゃんにゃ」

希「さ、えりち、起きて?」

絵里「う、う〜ん。…希?…キャァァァァ」バタン

希「あ、海未ちゃん見てまた気絶した」




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「さすが希ちゃん」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「さすが希ちゃん」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。