ダイヤ「最終決戦ですわ!」

シェアする

ダイヤ-アイキャッチ4
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:29:43.13 ID:NU7TC1aW0
よしルビ4作目です

善子「ルビィと話せない……」の続きとなってます。よろしければどうぞ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476084582

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

元スレ: ダイヤ「最終決戦ですわ!」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:30:47.16 ID:NU7TC1aW0
ルビィ「それでね!」

善子「ふーん、なかなかいいわね♪」



ダイヤ「……」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:31:22.47 ID:NU7TC1aW0
ルビィ「善子ちゃん、はいあーん」

善子「な、自分で食べれるわよ/////」

ルビィ「いいから、あーん♪」



ダイヤ「……」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:32:02.68 ID:NU7TC1aW0
ルビィ「じゃあ帰ろっか!」ギュッ

善子「やっぱり手を握るのはもう少し後にしない?/////」ギュッ

ルビィ「前もそんなこと言ってたでしょ?今日こそは離しません!」



ダイヤ「……」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:33:09.54 ID:NU7TC1aW0
────────
ダイヤ「はぁ……」

果南「なんか分かりやすく落ち込んでるね……」

ダイヤ「最近ルビィと善子さんの仲が良過ぎるような気がしますの……」

果南「いいことじゃないの?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:34:00.58 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「善子さんがルビィに仲良くして下さってるのは大変ありがたいのですが、その……なんというか……」

果南「はっきりしないね。どうしたの?ダイヤらしくないよ」

ダイヤ「……善子さんとルビィが恋人のように見えますの……」

果南「こ、恋人ってそんな」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:34:50.57 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「わたくしも最初は2人の仲が良くなってきただけだと思っていたのですが」

ダイヤ「最近の2人の行動を見ているとそれ以上の関係に見えるのです……」

果南「もしかして、鞠莉みたいなことやってるの……?」

ダイヤ「そこまでではないのですが、なにやら恥じらいのようなものが見えて、それが余計に……」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:36:01.95 ID:NU7TC1aW0
果南「少し考えにくいけどダイヤがそういうならそうなのかもね。……で、ダイヤはどうしたいの?」

ダイヤ「それを果南さんに相談したいのです。わたくしはどうすればいいのか分からなくて……」

果南「まあ2人が恋人だっていうならダイヤが口出しするようなことじゃないんじゃない?私なら尚更だよ」

ダイヤ「そう、ですわよね……」

果南「そんなに悩んでるなら一回善子と話し合ってみればいいんじゃないかな」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:36:45.03 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「そうしたいのは山々なんですが、花丸さんが怖くて……」ブルッ

果南「マルが?なんで?」

ダイヤ「あ、いいえ、なんでもないのです……」

果南「そう……ま、2人のことを考えるのもいいけどたまには学校のことも考えてよ?なんたってダイヤは浦の星の生徒会長なんだからさ」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:37:55.85 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「生徒会長……そうだ、思いつきましたわ!」

果南「何が?」

ダイヤ「ありがとうございます、果南さん。明日善子さんと話し合ってみますわ」

果南「お役に立てたなら何よりだけど……あ、そういえば鞠莉待たせてるんだった。それじゃまた明日」

ダイヤ「ええ、また明日」

ダイヤ「……明日、ですわね」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:40:19.18 ID:NU7TC1aW0
(次の日)

果南「ステップ、ラスト!……はい、朝練終わり!」

千歌「くはぁー!終わった!」

梨子「朝からきつくなってきたね……」

曜「でも、だいぶ体力ついてきたんじゃない?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:41:10.72 ID:NU7TC1aW0
…………

ルビィ「はい、善子ちゃん」

善子「あ、ありがと……」ハァハァ


ダイヤ「善子さん、ちょっといいかしら」

善子「え?」

ダイヤ「今日のお昼、生徒会室に来てくれませんか?お時間は取らせません」

善子「は、はい……」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:41:55.15 ID:NU7TC1aW0
…………

花丸「ダイヤさん」

ダイヤ「花丸さん……」

花丸「マル、言ったよね?邪魔しちゃダメだって」

ダイヤ「はい。覚えていますわ」

花丸「それなら、ダイヤ「でも!」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:42:46.63 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「わたくしはルビィに幸せになって欲しいのです!」

花丸「それが今の善子さんを、ルビィを傷つけることになったとしても!」

ダイヤ「私はルビィの幸せを諦めることだけはできないのです……」ギリッ

花丸「……分かったよ、ダイヤさんがどれくらい覚悟を決めているのかが」

花丸「でも、これだけは覚えてて欲しいズラ」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:43:30.44 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「……?」

花丸「ルビィちゃんの幸せを決めるのはルビィちゃんだってことを。善子ちゃんだってそれは同じ」

花丸「そしてそれはダイヤさんも同じズラ」

ダイヤ「それはどういう……?」

花丸「マルはそろそろいなくなるズラ。ダイヤさん、頑張って下さい」ガチャ


ダイヤ「わたくしの、幸せ……?」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:44:37.60 ID:NU7TC1aW0
────────
(昼休み)
善子「し、失礼します……」ガチャ

ダイヤ「お待ちしてましたわ」

ダイヤ「どうぞ、そこに腰掛けて下さい」

善子「はい……」

ダイヤ「最近、ルビィと仲良くしてくださってることにはありがたく思いますわ。姉としてお礼申し上げます」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:45:17.00 ID:NU7TC1aW0
善子「いえ、私がしたいことなので、礼なんて……」

善子(なんだろ、今日のダイヤさんいつもと迫力が違う……)

ダイヤ「時に善子さん、」

善子「は、はい!」ビクッ

ダイヤ「貴女、ルビィと付き合っていますね?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:45:59.59 ID:NU7TC1aW0
善子「……はい」

ダイヤ「やはり、そうでしたか……」フーッ

ダイヤ「単刀直入に言います」

ダイヤ「わたくしは貴女達の交際を認めるわけにはございません」

善子「ッ」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:46:48.33 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「確かに同性婚には古くから歴史があり、その起源は古代エジプトと言われております」

ダイヤ「そしてキリスト教が出来る前では同性婚も認められており人間の種族として同性婚というものはあるのかもしれません」

ダイヤ「近年でもイギリス、カナダを始めとして同性婚が認められている国もございますしね」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:47:47.12 ID:NU7TC1aW0
善子「なら!」

ダイヤ「しかし!」

善子「ッ」ビクッ

ダイヤ「それでも人とは社会の中で生きるものです」

ダイヤ「その社会が同性婚に対して決して良い印象を持っていないのは紛れもない事実です」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:48:47.57 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「ルビィは黒澤家の者として周りからそのような目で見られるようなことがあってはなりません」

ダイヤ「そして、ルビィが黒澤家でなかったとしても周りから奇異の目で見られながら苦しむことをわたくしはさせたくないのです」

ダイヤ「貴女は、そのようなこと全てからルビィを守れると断言できますか?」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:49:32.23 ID:NU7TC1aW0
善子「わ、私は……」

ダイヤ「……1日だけ猶予を上げます。明日また今日と同じ時間にここへ来てください。その時貴女の答えを聞かせてください」

善子「はい。……失礼、しました」ガチャ
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:50:37.12 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「……」ギリッ

ダイヤ(これで、終わりですわね……)

ダイヤ(明日善子さんがどのような答えを出したとしてもわたくしがこれから2人に嫌われて生きていくことには間違いない……)

ダイヤ(自分勝手なのは分かってます。でも、例えそうだとしてもわたくしは……)
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:51:29.48 ID:NU7TC1aW0
────────
(放課後)

ルビィ「帰ろっか!善子ちゃん」

善子「……そうね」

ルビィ「なんか今日の練習中もずっと元気なかったけどどうしたの?」

善子「ルビィ、あのね」

ルビィ「何?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:52:36.99 ID:NU7TC1aW0
善子「私達、分かれた方がいいのかな……」

ルビィ「……お姉ちゃんに、何か言われたんだね」

善子「やっぱり変なのかな?女の子同士で付き合うなんて……」

ルビィ「……」

善子「ルビィは黒澤家の子なんだから周りの目とかも人一倍気をつけなきゃいけないでしょ?……それなら、ルビィを傷つけるくらいなら私は」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:53:30.57 ID:NU7TC1aW0
チュッ

善子「!」

ルビィ「そんなこと言わないでよ!」

ルビィ「黒澤家とかそんなのどうでもいいの、善子ちゃんが好きだって言ってくれるなら周りなんてどうでもいい!」

ルビィ「ルビィは最初からずっとそう思ってたよ?」ウルウル
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:54:12.04 ID:NU7TC1aW0
善子「……ホントにいいの?それで。辛いことがこれからたくさん出てくるかもしれないのよ?」

ルビィ「最初に言ったことだよ。ルビィは善子ちゃんが好きだって。それはずっと変わらない」

善子「……ありがとう、ルビィ」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:55:02.07 ID:NU7TC1aW0
善子「私も覚悟を決めたわ。ダイヤさんに一言言ってやるんだから!」

ルビィ「それでこそ善子ちゃんだよ♪」

善子「それでね、明日ルビィにも生徒会室に来て欲しいの」

ルビィ「ルビィが行ってもいいの?」

善子「うん。ルビィにも私の想いを聞いて欲しい。────そして、ダイヤさんの想いも」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:55:55.12 ID:NU7TC1aW0
ルビィ「お姉ちゃんの?」

善子「今日話してみて分かったわ。ダイヤさん、すっごく思いつめてる。」

善子「それを救ってあげれるのは私でも無理ね。ルビィ、貴女じゃなきゃ」

ルビィ「……うん、分かった。善子ちゃんも頑張ってね」

善子「ふっ……問題ないわ。この堕天使ヨハネにかかれば浦の星生徒会長だって怖くないもの!」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:56:40.72 ID:NU7TC1aW0
────────
ダイヤ「お風呂、お先しましたわ」

ルビィ「お姉ちゃん、今日善子ちゃんに何言ったの?」

ダイヤ「……貴女達の交際を認めないと言ったのですわ」

ルビィ「なんで、お姉ちゃんがそんなこと決めるの?」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:57:42.55 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「貴女は黒澤家の者、もっと先を考えなければなりません」

ルビィ「……お姉ちゃんはいっつもそう。黒澤家とか言って結局は自分勝手に決めてるだけだよ!」バンッ

ダッダッダッダッ


ダイヤ「そうですわね……わたくしはどこまで行っても自分勝手ですわ……」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:58:35.44 ID:NU7TC1aW0

────────
(次の日)

ダイヤ「さて、答えは出ましたか?」

善子「ええ、決めてきたわ」

善子「でも、ちょっとまって」

ダイヤ「?」

善子「入ってきて」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 16:59:36.12 ID:NU7TC1aW0
ルビィ「失礼します……」ガチャ

ダイヤ「る、ルビィ!?」

善子「一人で来てなんてダイヤさんは言ってないでしょ?それにルビィにも話を聞いて欲しいの」

ダイヤ「……分かりましたわ、ルビィの同席を認めましょう」

ダイヤ「それで善子さん、答えを聞かせてください」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:00:40.88 ID:NU7TC1aW0
善子「……昨日ダイヤさんに言われて悩んだわ」

善子「何が一番いいのかって」

善子「どう転んでも辛い道になることは変わらないかもしれない。」

善子「それでも、今を恐れて不確かな将来のことを考えるより今ある幸せで将来を作っていきたい!」

善子「だから私はルビィとは別れないわ」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:01:33.53 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「……貴女には分かってるのですか?それが黒澤家にとってどれほど重い決断か」

善子「……正直全くわからないわ、黒澤家のことなんて。それでも、ダイヤさんがどれほどルビィのことを大事に考えてるかぐらいはその顔を見れば誰でも分かるわ」

善子「ダイヤさん、本当は黒澤家のことなんてどうでもいいんでしょ?」

ダイヤ「ッ!」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:02:26.66 ID:NU7TC1aW0
善子「だって昨日私に話してたときからずっと辛そうだったもの」

善子「それを見てわかったわ。ああ、きっとこの人はルビィのことが心底大事なんだって」

善子「だからこそ私やルビィに嫌われることになったとしても私達の交際を反対したんでしょ?」

善子「全く、大事なのに嫌いになるようなこと言うなんて不器用な人ね」クスッ
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:03:26.82 ID:NU7TC1aW0
ルビィ「お姉ちゃん……そうなの?」

ダイヤ「……わたくしは、どうしたらいいのか分からなかったのです。」

ダイヤ「これからのルビィの幸せを守るために今のルビィの幸せを壊しても良いのか」

ダイヤ「全て私の自分勝手で行ったことです。つまるところ私は自分の中でしか考えてなかった。」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:04:06.97 ID:NU7TC1aW0
ルビィ「……本当に、自分勝手だよお姉ちゃん」

ダイヤ「ルビィ……」

ルビィ「ルビィはね、善子ちゃんが好きだから一緒にいるの!周りのことや将来のことを差し引きしても善子ちゃんと一緒にいる方が大事なの!」

ルビィ「お姉ちゃんがルビィのことを勝手に決めないでよ!」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:04:47.36 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「本当に、申し訳ありません……」

ダイヤ「もうこれ以上私が貴女達に関わる事はありません……」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:05:42.51 ID:NU7TC1aW0
ルビィ「お姉ちゃん……」

ルビィ「本当にルビィの話聞いてた?」

ダイヤ「それは、どういう……」

ルビィ「ルビィは善子ちゃんが大事だけど、お姉ちゃんのことだってとっても大事なんだよ?」

ダイヤ「ッ」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:06:52.53 ID:NU7TC1aW0
ルビィ「私のことを大切にしてきてくれたお姉ちゃんのことを嫌いになんてならないよ!今までも、これからも」

ルビィ「だから、お姉ちゃんのこと嫌いになったとか勝手にルビィのことを決めつけないでよ……」

ルビィ「お姉ちゃんはルビィのたった1人のお姉ちゃんなんだから……」ウルウル
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:08:01.42 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「本当に、わたくしはバカでしたわね……」

ダイヤ「全部一人で勝手に決めて空回りして……」

ダイヤ「本当にバカダイヤですわ……」ウルウル

善子「そうよ、どんなに冷たく振舞おうが関係ないわ」

善子「私達はルビィのことをこんなにも大切にできる妹思いのダイヤさんのことが大好きなんだから」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:08:47.53 ID:NU7TC1aW0
ダイヤ「善子さん……本当に申し訳ありませんでしたわ」

善子「そ、そんなに謝らなくていいの!大切な妹のことだもん、悩んで当然だわ」

善子「でも、これからは1人で考えるんじゃなくて私達にも話してほしいわ。ダイヤさんも一緒に幸せになれる方法を考えるためにね」

ダイヤ「私の、幸せ……」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:12:11.77 ID:NU7TC1aW0


ダイヤ(ああ、そうだったんですね……)

ダイヤ(花丸さんの言っていたことがようやく分かりましたわ)

ダイヤ(わたくしは、ルビィの幸せばかり考えて自分の幸せすら考えてませんでした)

ダイヤ(まさか、それがお見通しだったなんて……)

ダイヤ(私は本当に、良い後輩に恵まれておりますね……)クスッ
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:12:50.42 ID:NU7TC1aW0
────────
(その後)

ダイヤ「良いですか、善子さん」

ダイヤ「黒澤家の者として周りには示しがつかないといけません!」

ダイヤ「はい、そこのステップもう一度!」

善子「な、なんでー!?」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:13:22.53 ID:NU7TC1aW0
千歌「うわあ、ダイヤさん凄い張り切ってるね」

曜「特に善子ちゃんには厳しいような……」

梨子「最近元気なかったからよかったんじゃないかな?」クスッ

果南「ちょっと、ルビィ」チョイチョイ

ルビィ「はい、何ですか?」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:13:56.37 ID:NU7TC1aW0
果南「何でダイヤがあんなに元気になってるの……?」

ルビィ「なんでも、『今日から善子さんのことは妹と思って接しますわ!』だそうです……」アハハ

果南「ああ、そういう……(なんか異様にモノマネが上手かった……)」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:14:29.39 ID:NU7TC1aW0



ルビィ「よし、花丸ちゃん。一緒に、体操しよ?」

花丸「了解ズラ!」

花丸「……ダイヤさんも幸せになれたみたいで良かったズラ♪」

ルビィ「花丸ちゃーん?」

花丸「い、今行くズラ!」アタフタ

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:15:18.19 ID:NU7TC1aW0
善子「……」ゼェゼェ

ダイヤ「はい、ここまででいいですわ。続きは10分後に開始します」

善子「も。もう無理……」バタン

鞠莉「Heyダイヤ、ちょっとやり過ぎなんじゃない?ヨシコ限界みたいよ?」

ダイヤ「善子さんにはこれくらいのことはこなしてもらわなくては困ります!」フンス

鞠莉「Why?」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:16:46.97 ID:NU7TC1aW0





ダイヤ「善子さんは私の妹になる方ですもの、これくらいしてもらわないとルビィのことは安心して任せられませんわ!」




おわり
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 17:20:00.03 ID:NU7TC1aW0
4作目これにて終了です。

書いてて疲れたので次書く機会があればもっとゆるいものを書きたいと思います。それでは見て下さった方、ありがとうございました。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
ダイヤ「最終決戦ですわ!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ダイヤ「最終決戦ですわ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。