ダイヤ「スーパーエリーチカ64をやりますわよ!」

シェアする

絵里-アイキャッチ16
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:06:15.26 ID:Q7w7JZjW.net
千歌「またですか鞠莉さん」

鞠莉「ノー!今回はマリーが造ったわけではないわ」

ダイヤ「私が鞠莉さんに手伝ってもらってゲームを造ったのですわ!」

善子「まあ、タイトルから予想つくわよね」

果南「ダイヤの絢瀬絵里さん好きは筋金入りだからね」

ルビィ「それもお姉ちゃんの素敵な所だと思います!」

ダイヤ「ルビィ……!」

花丸「新しいゲームずらか!」

梨子「花丸ちゃん嬉しそう」

※ 前作記事へのリンクです(管理人)

鞠莉「大乱闘Aqoursシスターズをやりましょ?」

元スレ: ダイヤ「スーパーエリーチカ64をやりますわよ!」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:09:27.12 ID:Q7w7JZjW.net
ダイヤ「では早速エリーチカの勇姿を目に焼きつけるのですわ!」

善子「今回も私たちが出るの?」

鞠莉「そ、そうデースね」

梨子「(あ、これは駄目なパターンだ)」

千歌「今回のゲームは1人用だから誰がやる?」

曜「じゃあ私がやる!」

果南「お手並み拝見といこうかな」

花丸「楽しみずらぁ!」
7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:12:48.79 ID:Q7w7JZjW.net
ルビィ「それでこれはどんなゲームなんですか?」

曜「えーと、確かマリオシリーズでおなじみの攫われたピーチ姫を助けるゲームだね」

果南「スーパーマリオ64……懐かしい」

千歌「それで、今回は城のあちこちにある絵の中に飛び込んでスターを集めるんだ」

梨子「え!絵に飛び込むの!?」

千歌「あ!梨子ちゃん今のはえって驚きと絵画の絵を掛けて」

梨子「いませんから!」

千歌「えー、絶対掛けてたよー」

善子「それでそのスターを集めてクッパの所に向かって倒すってのが大まかな流れね」

花丸「へー、善子ちゃんも知っているんだ」

善子「ま、まあ下界偵察する時の参考にした遊戯だからね(どうせ1人用ゲームしかまともにできなかったわよ!)」
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:15:52.93 ID:Q7w7JZjW.net
ダイヤ「では準備もできましたので、いきますわよ!」ポチッ

曜「よーし。渡辺 曜、全速前進であります!」

『スーパーエリーチカ64!』ババーン

梨子「(ちょっと待ってなんでタイトルがそんなにおどろおどろしいの!?)」

千歌「あの、鞠莉さん。どうしてエリーチカの文字だけ赤いんですか?」ヒソヒソ

鞠莉「それがね、ダイヤったら赤文字の方が目立つからって勝手に赤くしちゃったのよ。止めようにも黒澤家総出で押し切られちゃって……」ヒソヒソ

善子「なにやってんのよ黒澤家(しかも赤は赤でも血の色じゃない)」

花丸「今回のゲームはホラー系ずらか?」

曜「(気合入れたのはいいけど、これクリアできるのかなあ)」
11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:18:49.04 ID:Q7w7JZjW.net
エリ『私の名前はエリーチカ。とあるスクールアイドルの一員で賢くてクールな完璧美女よ』

ダイヤ「流石エリーチカですわ!なんと神々しい」

千歌「なにこれ」

鞠莉「ダイヤの意見を通された結果こうなりました♪」

曜「(こんなナルシストにされて絵里さん可哀想)」

果南「ダイヤ……はぁ」

梨子「(このゲーム今までで一番の駄作になりそう)」

善子「うわ、痛いわねこれ」

花丸「善子ちゃんの堕天使よりは……」

善子「ちょっとそれはひどくない?って善子言うな!」
12: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:22:57.22 ID:Q7w7JZjW.net
エリ『今日は楽しみにしていたピーチ味の限定チョコを食べようとしていたのに、大魔王ノンタンの手によって奪われてしまったわ!だからこれから取り返しにいくわよ』

果南「姫が食べ物に変わって」

千歌「魔王が希?さんになったのかな」

曜「急にスケールが小さくなったね」

花丸「あ、土管から誰かでてきたずら」

ルビィ「話の流れから絵里さんだと思うんだけど」

鞠莉「できるだけコピ……忠実に再現したわ」

梨子「急に不安になること言わないでください」

ダイヤ「さあ、エリーチカの降臨ですわ!」
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:26:47.36 ID:Q7w7JZjW.net
エリ『待っていなさいノンタン!ピーチチョコは返してもらうわよ!』

梨子「えっ」

千歌「青いつなぎに」

果南「赤い帽子……?」

曜「アウトー!アウトですよ鞠莉さーん!」

善子「だっさ」

ダイヤ「ど、どういうことですの!?なぜエリーチカがくたびれたおじさまのような服を着ているのですか!?」

ルビィ「お、お姉ちゃん落ち着こうよぉ……」

花丸「これから工事でも始めそうな格好ずら」
15: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:30:42.66 ID:Q7w7JZjW.net
鞠莉「やはりヒーローはこの姿ではなきゃいけないと思ってね。あ、もちろん各方面から許可はもらってるわよ?」

千歌「(どうやれば許可をもらえるの!?)」

梨子「(鞠莉さんのコネが怖い)」

ダイヤ「ふむ、ヒーローはこの格好が普通なのですか?」

鞠莉「イエース!このシリーズではこの格好がジャスティスなのよ?マリー、嘘つかない」

善子「(う、うさんくさ)」

ダイヤ「ならば結構!早くエリーチカを操作するのですわ!」

果南「結局納得するんだ」

曜「よーし!改めて全速前進でありますー!」
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:34:15.21 ID:Q7w7JZjW.net
花丸「操作はどうなるずら?」

千歌「えっと、確かジャンプとかパンチとかがあるんだよ」

果南「側転とか走り幅跳びとかもだね」

エリ『ハッ!ハラッ!ハラッショー!』

曜「さ、三段ジャンプをしてみたんだけど(つなぎを着た絵里さんの三段ジャンプがシュールすぎて笑いそう!)」

梨子「ちゃ、着地した時にドヤ顔をしてる……(これ絵里さん怒らないかな?)」

ルビィ「えっと、その、絵里さんすごいです!」

花丸「運動神経がいいんずらねぇ」

ダイヤ「流石はエリーチカですわ!なんと美しいフォームに華麗な着地でしょうか……これならばオリンピックで金メダルを取ってもおかしくありませんね」

善子「それはない」
17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:38:18.30 ID:Q7w7JZjW.net
曜「ま、まあ気を取り直して城に入ることにするよ……えっと、走り幅跳びはっと」

エリ『ハラショオオオオ!』

千歌「もうこれってギャグゲームだよね」

鞠莉「……忠実に再現したわ」

果南「やましい自覚はあるんだね」

梨子「あれ?空から誰かが降ってきたよ」

善子「確か、ジュゲムっていうカメラマンが出るんだっけ」

花丸「降ってきたけど、黒ずくめずら」

ルビィ「うゅ……怪しいなぁ」

ダイヤ「……」ソワソワ
18: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:42:47.00 ID:Q7w7JZjW.net
エリ『あなたは?』

?『エリーチカを撮影する人ですわ』

エリ『そう?……じゃあ私はもう行くから』

千歌「今の特徴的な口調って」

果南「ダイヤだよね」

ダイヤ「そそそそそんなことないと思いますわよ?決してゲームの中ぐらいエリーチカの側にいたいとか間近でエリーチカの姿を撮るカメラマン役になりたかったなんてこれっぽっちも思っていませんわよ?」

花丸「欲望ダダ漏れ、ずら」

曜「おー、城の中はあんまり変わってないの、かな?(ダイヤさんはスルーしておこ)」

善子「ところどころに絢瀬絵里さんの絵画が飾られているけどね」
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:46:25.59 ID:Q7w7JZjW.net
ルビィ「あ、あそこに誰かが……ぴぎ!?」

千歌「ルビィちゃんがいるね」

花丸「キノコの被り物が可愛いずら」

果南「キノピオポジションかな?」

エリ『あなたは?』

ルビコ『ルビコはエリーチカにアドバイスをするためにいます!……大魔王ノンタンが絵画にスピリチュアルパワーを使ったんです。そしたら絵画の中に城の人達が閉じ込められたり、ノンタン軍団が中の世界で暴れはじめたんです!』

エリ『つまりその絵画に入ってノンタンを探せばいいのね』

ルビコ『エリーチカさん頑張ルビコ!』

エリーチカ『ええ!ノンタンからチョコを取り返すついでにあなたたちも助けるわ!』

善子「(今ナチュラルにゲスい発言をしたわね)」
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:50:02.29 ID:Q7w7JZjW.net
ルビィ「ル、ルビコ?」

鞠莉「イグザクトリー!ルビィとキノコを掛けたの。とってもキュートでしょ?」

ダイヤ「流石ですわ鞠莉さん!私が要望したルビィパークを実現してくれるとは。ああ……エリーチカとルビィを同時に拝める日がくるなんて」ウットリ

曜「えっとね。絵画ごとがステージになっていて、そこでスターを集めていくのがこのゲームの趣旨なんだよ」

花丸「なるほど。目的がわかりやすくていいずら」

梨子「(ダイヤさんはもう無視する方向にしたのね)」

果南「もう手遅れだし放っておこうか」

千歌「確か、最初のステージはボム兵の戦場って名前だったっけ?」

ルビィ「こ、怖い響きです」
22: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:52:29.84 ID:Q7w7JZjW.net
曜「渡辺 曜、ステージへと突入するであります!」

エリ『ハラショオオオオ!』

千歌「ステージ名は……はぇ?」

ルビィ「ヨハネの戦場……?」

善子「え、私が出るの?」

鞠莉「今回もみんなを出演させたわ!し・か・も、今回は複数回出演する人がいるわよ?」

梨子「なんて嬉しくない言葉」

曜「とりあえず、スタート!」パッパラパッパッパー

エリ『レッツゴー!』

果南「ここは普通なんだね」
25: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 20:57:01.28 ID:Q7w7JZjW.net
【ヨハネの戦場〜山の上のヨハネ〜】

千歌「あー、懐かしいこのBGM」

曜「そうだねー、聞いているとワクワクするような楽しいBGMだよね」

花丸「おお!近くに大砲があるずら!」

善子「ねぇ、山の上にいる私ってタイトルについてはノーコメントなのかしら」

ルビィ「ま、まあまあ善子ちゃん」

果南「敵キャラは……なにあれ?」

梨子「チョコに足が生えているの?」

善子「きっとクリボーポジションね……気持ち悪いけど」

鞠莉「今回はできるだけ色んなキャラを変えてみたのよ。その方がオリジナリティがあるでしょ?」

千歌「こんなところでオリジナリティを出してほしくなかったなあ」
28: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:01:51.37 ID:Q7w7JZjW.net
曜「とりあえず進めようか」

エリ『ハラショオオオオ!ハラショオオオオ!ハラショオオオオ!』

梨子「これって走り幅跳びするたびに叫ぶの?」

善子「そうね。凄くうるさいけど慣れるしかないわ」

ルビィ「あれ?今ルビィがいたような……」

花丸「おお、曜さん手馴れているずら。流石ずら!」キラキラ

曜「あはは、少しやればこれぐらいできるよ。あとで花丸ちゃんもやる?私が教えるよ」

花丸「やる!」

梨子「ふふふ、曜ちゃんって後輩想いで優しい──ひっ!」
29: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:06:11.45 ID:Q7w7JZjW.net
千歌「えぇ!?なんでしいたけが鎖に繋がれているの!?」

果南「ワンワンポジションだね」

善子「(……私の気のせいじゃなければ、檻の中にあるのがスターじゃなくてチョコなんだけど)」

曜「あ、ここに本来いるワンワンってのは、簡単に言うと無敵な敵キャラだね」

ルビィ「うゅ……しいたけちゃんが可哀想だよぉ」

千歌「これ簡単だから先にやるのはどうかな?順番に進めたいなら飛ばしてもいいけど」

曜「うーん、別にそこまで気にしてないからこれからスターを取ろっか」

花丸「でもこれはどうやるずらか?」

曜「これはワンワン……しいたけの鎖を繋いでいる杭をヒップドロップで攻撃して埋めちゃえばいいんだよ」

千歌「簡単だね♪」
30: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:09:24.86 ID:Q7w7JZjW.net
曜「飛びかかってくるしいたけを避けてっと」

エリ『ハッ!ハラッショ!』

花丸「本当に杭が埋まったずら!」

曜「そしてちゃちゃっと3回埋めれば」

シイタケ『ハッハッハ……ガルゥ!』

梨子「ひぃ!?」

千歌「檻を壊してくれるんだ」

善子「(リリーったら目を塞いで体を震わせているわね。ゲームの中なのに怖いのかしら)」

梨子「お、終わった……?」

曜「もう平気だよ。っとスタースター……チョコ?」

ルビィ「チョコが空中に浮かんで光ってますね」

善子「やっぱり見間違いじゃなかったのね」
31: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:13:22.48 ID:Q7w7JZjW.net
エリ『ハラショー!チョコレートゲットだわ!』モグモグ

【ヨハネの戦場〜シイタケの犬小屋で〜クリア!】

千歌「……色々とツッコミどころがあるんだけど」

花丸「美味しそうに食べるずらねえ」

曜「もう気にしてもしょうがないよ」

梨子「あ、ステージから戻ってきた」

曜「そして再突入!」パッパラパッパッパー

善子「見事な手際ね」
32: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:16:30.95 ID:Q7w7JZjW.net
【ヨハネの戦場〜山の上のヨハネ〜】

曜「時間短縮のためにさっさと進めちゃうよー」

梨子「ひっ!また犬がいる!?」

千歌「あー、でももうでないから大丈夫だよ梨子ちゃん」

梨子「ほ、ほんとぉ……?」

ルビィ「あ、山を登りはじめた……走り幅跳びってすごいなぁ」

花丸「そしてあっという間に山の上まで」

曜「へへっ、これが渡辺 曜の実力であります!なんてね」
33: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:20:15.60 ID:Q7w7JZjW.net
果南「それで、肝心のボスは」

ヨハネ『よくぞまいられたエリーチカよ!』

善子「予想はしてたけどやっぱり私だわ(うわぁ、やたらゴテゴテとした貴金属を沢山身につけているわね)」

エリ『さっさと大魔王ノンタンのところまで案内しなさい!』

ヨハネ『クフフフフ……』

エリ『なにがおかしいの!』

ヨハネ『エリーチカよ、山の麓を見るがいい』

エリ『?普通に大砲とか敵がいるだけじゃない』

ヨハネ『そう!このリトルデーモンたちはヨハネの悪魔軍団なのだ!見るがいいこの圧倒的な軍団を!このヨハネの!軍団なのだ!』バサッ

善子「ちょっと待って私あんな変な言葉遣いしないわよ!?」

花丸「似たようなものずら」

ルビィ「うゅ……ちょっとかっこいかも」
34: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:25:10.51 ID:Q7w7JZjW.net
エリ『そんなのどうでもいいわ!教えてくれないなら実力行使よ!』

ヨハネ『望むところだエリーチカよ!できるものならな……クハハハハ!』

曜「あ、操作ができるようになってる」

千歌「確か元のボムキングは後ろに回り込むんだよね」

善子「感想を言われるのも困るけど、なんの反応がないのも微妙な気持ちになるわね。ってそうよ!なんで私はこんな意味不明な言動をしているのよマリー!」

鞠莉「ワッツ?マリーはヨハネを忠実に再現したわよ?」

善子「だったら目を逸らさないで私を見なさい……ねえちょっと顔を背けないでよ!」

花丸「それにしても善子ちゃんの足が遅いずら」

ルビィ「きっと身につけている装飾品が重いんだよ」
35: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:29:50.48 ID:Q7w7JZjW.net
曜「倒し方は同じでいいのかな?」

果南「多分後ろに回り込むんで投げるので問題ないと思うけど」

曜「とりあえずやってみよう」

エリ『ふんっ!』

ヨハネ『ぐはぁっ!』ドシーン

千歌「す、すごい音がしたよね今」

善子「私そんな重くないわよ!?ちょっとマリーどういうこと!」

鞠莉「ノーノー。マリーはなにも聞こえないのデース」

善子「耳を塞がないで私の話を聞きなさいよ!ああ待て逃げるなー!」

ワーワーキャーキャー

花丸「部室内で走り回るのはやめてほしいずら!」

梨子「埃が舞うから大人しくしてて!」

善子・鞠莉「ごめんなさい」
36: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:33:05.26 ID:Q7w7JZjW.net
ヨハネ『ぐふっ……見事だエリーチカ』

曜「善子ちゃんたちがじゃれ合っている間に終わったよ」

ルビィ「曜さんすごかったです!」

梨子「よっちゃんが消えていく……?」

花丸「チョコに変わったずら」

千歌「チョコを取ってクリアだね!」

【ヨハネの戦場〜山の上のヨハネ〜クリア!】

曜「もう1回入るよー」パッパラパッパッパー

エリ『レッツゴー!』
37: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:38:26.33 ID:Q7w7JZjW.net
【ヨハネの戦場〜白熱ピギピギレース〜】

曜「えぇと」

千歌「あはは……」

ルビィ「ぴぎ!?も、もしかしてルビィですかぁ?」

花丸「あ、あそこにルビィちゃんがいるずら」

ルビルビ『こんにちは!ルビルビって言います!突然ですが、今からあなたにレースを申し込みます!』

エリ『いいわよ』

ルビルビ『ゴールはヨハネちゃんがいた山の上までです!よーいスタート!』テクテク

善子「亀の甲羅を背負ってヨチヨチと歩いていて、なんか可愛いわね」

ルビィ「うゅ……照れちゃうよぉ」

梨子「(なんかペンギンの雛みたい)」
38: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:44:39.21 ID:Q7w7JZjW.net
ダイヤ「ああっ!やはり私の見立ては間違っていなかったのですわ!」

千歌「ひゃあっ!?び、びっくりした……」

曜「あ、やっと意識が戻ったんですねダイヤさん」

ダイヤ「エリーチカはもちろん素晴らしいですが様々なルビィを見られることも良いですわ。やはり私の英断は間違っていなかったです」ウットリ

善子「また意識を飛ばしたわよ」

果南「正直、今回はこのままの方がありがたいかな」

花丸「ダイヤさんが起きてたらうるさそうずら」

ルビィ「あ、あはは……」
39: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:49:48.69 ID:Q7w7JZjW.net
曜「まあ、話しているうちにゴールしたんだけどね」

ルビルビ『はぁ……はぁ……流石ですエリーチカさん。勝利の証にこれをあげます!』

善子「お約束的にチョコを出したわね」

【ヨハネの戦場〜白熱ピギピギレース〜クリア!】

曜「さて、そろそろ別のステージにもいってみようか」

果南「次はどこにいく?私は水のステージがいいな」

千歌「うーん、順番的にバッタンキングの砦じゃない?」

曜「そうだねー。せっかくだし順番にやりたいかな」

花丸「バッタンキングの砦……どんなところか楽しみずら」
48: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 19:26:51.23 ID:5Ib2NExU.net
【ニコニーの砦〜怒りのニコニー〜】

千歌「どうやら次はにこさんが出てくるみたいだね」

花丸「おお!空に浮いているずら!未来ずらぁ!」キラキラ

曜「ちょっと嫌な予感がするけど、とりあえず進めよう」

梨子「こ、今回は犬出てきませんよね?」

果南「あそこ以外にはもう出てこなかったはずだよ」

梨子「よ、良かったぁ……」

ルビィ「またルビィが出てくるのかなぁ……」

善子「(なんで矢澤にこがこのステージなのかしら?確か前に調べた彼女のプロフィールは……あっ)」
50: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 19:30:19.97 ID:5Ib2NExU.net
曜「なんだかんだいって頂上へ着いたであります!」

千歌「まあ、序盤のステージだもんね」

花丸「頂上には……えっと」

ルビィ「にこさん、だよね」

ニコニー『ちょっとどういうことよ!どうしてにこは色々と小さいの!』

エリ『大魔王ノンタンの場所を教えなさいニコニー!』

ニコニー『なんかイライラするからあんたを潰すわ!覚悟しなさい!』

エリ『望むところよ!あなたを倒してノンタンの場所を教えてもらうから!』

梨子「(これ本人に怒られないかなあ)」
51: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 19:34:19.68 ID:5Ib2NExU.net
千歌「元々は自分が倒れ込んで攻撃するボスなんだけど、この場合はどうなるのかな」

曜「……普通にボディプレスをしてきたね」

ルビィ「お腹を抑えて痛そう……」

善子「そして背中にヒットドロップ、と。容赦ないわね」

梨子「にこさんの背骨が折れるんじゃないかな」

曜「ま、ゲームだし」

鞠莉「イエース!これはゲームだからノープロブレムだわ」

花丸「それでも限度というものがあるずら」

鞠莉「オゥ、中々手厳しい意見ね。前向きに検討しておくわ」

果南「鞠莉……はぁ」
52: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 19:37:14.09 ID:5Ib2NExU.net
ニコニー『や、やるじゃないあんた』

ルビィ「あっさりと倒しましたね」

曜「弱かったからねー」

【ニコニーの砦〜怒りのニコニー〜クリア!】

千歌「このステージは簡単だからチョコは全部集めちゃう?」

曜「そうだねぇ……赤コインと100枚コイン以外は簡単に集まりそうだからそれをやろうかな」

花丸「もう一度入るずら?」

曜「うん。ちゃちゃっと終わらせるよ」
53: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 19:42:14.25 ID:5Ib2NExU.net
曜「──これで終わりっと」

梨子「すごい、あっという間に4個もチョコを集めちゃった」

千歌「これぐらい序の口だよ」

ルビィ「またルビィが出てきたなぁ」

花丸「爆弾の被り物をしていたずらね」

果南「ボンバーマンかな?」

善子「羽根が生えたルビィが空を飛んでもいたわね」

千歌「あー、あのフクロウだね」

ルビィ「うゅ……恥ずかしいよぉ」

曜「さて、次は果南ちゃんお待ちかねの水のステージだよー」

果南「海賊の入り江だね……楽しみ」ワクワク
54: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 19:46:18.09 ID:5Ib2NExU.net
【カナンの入り江〜カナンのお宝〜】

曜「まー、予想はしてたけど」

千歌「やっぱり果南ちゃんだねー」

果南「あはは、ちょっと照れるね」

梨子「カナンのお宝……私、気になります」

花丸「ほぇー、水が綺麗ずら〜」

ルビィ「このステージの音楽はすごく癒されるなぁ」

善子「確かにここのは安心するBGMよね」

曜「ヨーソロー!早速飛び込むぞー!」
56: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 19:50:37.84 ID:5Ib2NExU.net
エリ『ハラッショォ……ハラッショォ……』

梨子「いまさらだけど、つなぎ姿で泳ぐのってかなりシュールよね(平泳ぎをすごい頑張ってる)」

千歌「しかも泳いでいるのが絵里さんだからだしねえ」

曜「慣れればこれはこれでいいと思うけどね」

花丸「ずら?水の底になにかあるずら」

善子「本当なら海賊船が沈没してるはずなんだけど……」

果南「どう見ても酸素ボンベだよね、しかも大きい」

曜「いくら果南ちゃんだからって安直すぎないかなあ」

鞠莉「そ、そんなことないと思うわよ。これはマリーなりにシンキングした結果だわ」

ルビィ「あはは……(お姉ちゃんまだ意識が飛んでる)」
57: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 19:54:49.03 ID:5Ib2NExU.net
曜「お、一部に穴があいているから中に入れるね」

鞠莉「ゴーゴーAqours!」

梨子「泳いでいるのは絵里さんですけどね」

善子「で、中に入ったのはいいけども」

ルビィ「どうして果南さんのポスターが貼られているんだろう……」

鞠莉「それはもちろん果南の素晴らしさを見せるためよ!シャイニー!」

千歌「周り全てが果南ちゃんで埋め尽くされている……」

果南「正直、気持ち悪い」

鞠莉「オーマイゴッド!?」
58: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 19:59:15.87 ID:5Ib2NExU.net
ルビィ「うゅ?宝箱が5個落ちています」

曜「正しい順番で宝箱を開ければチョコが手に入るんだよ」

梨子「と言っているうちに間違えてるよ」

エリ『あばばばばばば』

曜「いやー、流石に正しい順番までは覚えていないって」

花丸「でも次はあっさりとクリアしているずらよ」

エリ『ぶくぶー!ぶくぶくぶっくごぼぼぼぼっ!』モグモグ

果南「水の中でも決めゼリフを言うんだね」

善子「(ちょっと水を飲んで溺れかけてるわよ!?)」

【カナンの入り江〜カナンのお宝〜クリア!】
59: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 20:06:51.30 ID:5Ib2NExU.net
【カナンの入り江〜出て来い巨大カナン〜】

善子「タイトルからして嫌な予感がするわね」

果南「あはは……とうとう来ちゃったか」

花丸「元々はなにがでるずら?」

千歌「元々は巨大ウツボがでてくるんだ。そのウツボの尻尾にスターが着いているから、それを取るって感じだね」

梨子「それで、そのウツボは見えないんだけど……」

花丸「果南さんが壁から頭だけだしているずら」

ルビィ「む、無表情が怖いなぁ」

果南「ちょっとこれはないと思うよ、鞠莉」

鞠莉「ワッツ?あの果南もベリーキュートでしょ?」

曜「とりあえず、果南ちゃんの上に陣取って出てくるのを待とっか」
60: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 20:11:00.75 ID:5Ib2NExU.net
梨子「あ、出てきた」

ルビィ「人魚みたいな綺麗な泳ぎです!」

果南「そう言われると嬉しいな。ありがとう」

善子「それにしても、でっかいわね」

千歌「確かに大きいね……色々と」

花丸「お尻の上にチョコがあるずら!」

曜「あっれー?どうしてそんな中途半端な場所にあるんだろ……まあいっか、ほいっ」

梨子「鮮やかな手際ね」

【カナンの入り江〜出て来い巨大カナン〜クリア!】

曜「賞賛感謝であります!ってことで次のステージに行こう!このステージめんどくさいし」

果南「えっ?もう終わりなんだ……」ショボーン

鞠莉「(肩を落としている果南が可愛すぎるわー!)」
61: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 20:20:46.61 ID:5Ib2NExU.net
【ピギィピギィマウンテン〜スーパーピギィスライダー〜】

ルビィ「ま、またルビィなのぉ……?」

善子「良かったじゃない。沢山出られて」

花丸「善子ちゃんは自分が出なくなって喜んでいるずらね」

善子「そ、そんなことないわって善子言うな!」

千歌「元は雪が積もっている通り寒い寒いマウンテンってステージ名なんだけど」

曜「煙突へ絵里さんをシュート!」

鞠莉「超・エキサイティング!」ドヤァ

梨子「……急にどうしたの?」

曜「こうでもしてなきゃやっていられないよ!」
63: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 20:27:33.75 ID:5Ib2NExU.net
花丸「おー!滑り台ずら、楽しそうずら!」

善子「今は純粋に楽しめるズラ丸が羨ましいわ」

曜「ま、今回は特に変わったところもないだろうし、ちゃちゃっとショートカットをして終わらせるよ」

【ピギィピギィマウンテン〜スーパーピギィスライダー〜クリア!】

ルビィ「本当にあっという間に終わっちゃった」

曜「……ねえ、もう最初のボス面いけるからこのステージやるのやめない?」

千歌「えー、せっかくだしやろうよー」

ルビィ「ルビィのことは気にしないでいいですよ」ニコッ

曜「まあ、ルビィちゃんがそう言うなら(嫌な予感がするんだよなあ)」
64: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 20:30:49.67 ID:5Ib2NExU.net
【ピギィピギィマウンテン〜迷子のルビィ〜】

果南「あー、やっぱりそうなるよね」

曜「確かここの上に……っといたいた」

善子「あら、ルビィがペンギンの着ぐるみを着て可愛いわね」

花丸「顔だけ出ているところがチャームポイントずらね」

ルビィ「うゅ、恥ずかしいよぉ」

千歌「本来はこれを親ペンギンに渡すんだよね」

曜「そうそう。ではさっさく捕まえて」

『ピギィ!ピギィ!ピギィ!』

梨子「泣き声を上げて嫌がってる」

曜「ざ、罪悪感が」
65: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 20:35:26.87 ID:5Ib2NExU.net
曜「到着っと」

花丸「すごい!途中でスライダーから出てショートカットをしたずら!」

曜「ま、これぐらいはね……ああ、やっぱりダイヤさんだ」

梨子「ダイヤさんも着ぐるみを着ている」

千歌「あれ?そういえばダイヤさんは?」

鞠莉「ダイヤならあそこよ」

ダイヤ「むにゃむにゃ……」

千歌「ええっ!?いつの間に布団で寝たの!?」

果南「立ったまま気絶してたから私と鞠莉で寝かせといたんだよ」

ルビィ「ふふ、お姉ちゃん幸せそうに寝てる」
66: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 20:40:34.23 ID:5Ib2NExU.net
【ピギィピギィマウンテン〜迷子のルビィ〜クリア!】

曜「なんとか無事に終わったー」

千歌「まさかダイヤさんペンギンが怒って追いかけてくるとは思わなかったよね」

花丸「鬼の顔をしていたずら」

善子「きっとルビィを誘拐したと思ったのね」

ルビィ「お、お姉ちゃん……」

梨子「ま、なにはともあれ。クリアできたんだし、結果オーライよ」

曜「そうだね。……お、チョコの数が10枚越えてる」

果南「ってことは次はあれかな?」
67: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 20:46:05.66 ID:5Ib2NExU.net
ルビィ「わぁ!なにか光ってるよ!」

善子「あー、羽スイッチね」

花丸「羽スイッチ?」

千歌「簡単に言うと、空を飛べるようになるステージかな」

梨子「へー、なんかいいなそういうの」

果南「他にもメタル化するスイッチと透明化するスイッチがあるんだよ」

梨子「!」

曜「じゃあ早速やってみるであります!」
68: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 20:51:54.84 ID:5Ib2NExU.net
【はばたけ!トッリスイッチへ】

花丸「本当に飛んでるずらぁ!」キラキラ

ルビィ「白い羽が背中から生えて天使みたい」

善子「(つなぎ姿ってのが一層シュールね)」

千歌「ここのチョコは取るの?」

曜「いや、ここはスイッチを押すだけにするよ」ガコンッ

(・8・)『やっぱりことほのなんだよちゅんなぁ……』

エリ『は?』

(^8^)『エッリ冷えてるちゅんか〜?』

【トッリーチカが使えるようになりました!各ステージにあるトッリブロックを叩いてみよう!】
69: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 20:55:42.96 ID:5Ib2NExU.net
Aqours「……」

千歌「え、今のって」

ルビィ「ことりさん、だよね?」

果南「多分……どうなの鞠莉?」

鞠莉「オゥオゥオゥ!?そ、そうよ。あれは南ことりさんなのよ、そうなのよ」ガクガク

善子「(一体なにがあったのよ!?)」

花丸「ずらー!絵里さん羽が生えて綺麗ずらぁ!」

曜「はー純粋な花丸ちゃんに癒されるなー」

花丸「マ、マル?そんな褒められると照れるずら……えへへ」

梨子「(可愛い)」
70: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 21:00:36.93 ID:5Ib2NExU.net
曜「さて、無事にボス面の前に着いたよ」

梨子「大きい扉ね」

千歌「チョコの数が規定数を越えたら開くようになるんだー」

エリ『開けーチョコ!』ドヤァ

善子「随分と馬鹿っぽ……個性的な掛け声ね」

ルビィ「うゅ?前の方におっきなチョコの絵画がかかってる」

果南「近づくと絵が変わるんだよね」

花丸「あ、チョコの絵が段々と人の顔に……」

曜「……あっかんべーしてる希さんの顔に変わったね」

千歌「……『ごめんエリチ。このチョコは8人分しかないんや』って書かれていたよね」

善子「(ねぇ、本当にこのゲームμ'sから怒られない!?)」
72: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 21:06:16.37 ID:5Ib2NExU.net
【闇の世界のノンタン】

梨子「なかなかかっこいいBGMね」

ルビィ「でもちょっと怖いなぁ」

曜「ま、ここは簡単だからさくっと行くよ」

花丸「本当に速いずら」

千歌「まだ序盤だしねー」

果南「そういえば鞠莉。ここのボスはやっぱり東條希さんなのかな?」

鞠莉「イエース!ミス希をボスとして登場させたわ」

千歌「あ!今のは希さんの名字と登場を掛けて」

梨子「説明しなくていいから!」
73: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 21:12:03.79 ID:5Ib2NExU.net
曜「ヨーソロー!無事にボス前に着いたであります!」

果南「速かったね」

花丸「また土管ずらか。早く入るずら!」

曜「イエッサー!突入ー」

エリ『見つけたわノンタン!さっさと私のチョコを返しなさい!』

ノンタン『すまんなあエリチ。それに従うわけにはいかんのや』

エリ『ならば実力行使よ!覚悟しなさい』

梨子「希さんは亀のコスプレをしているのね」

善子「(コスプレしててもわかるはち切れそうな胸部……くっ!)」

ルビィ「可愛い衣装だなぁ」
74: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 21:15:48.43 ID:5Ib2NExU.net
千歌「このボスの倒し方の基本は、後ろに回り込んで尻尾を掴んで投げ飛ばすって感じなんだよ」

花丸「聞くだけだと簡単そうずら」

ノンタン『いくで!』

善子「しっかりと口から火を吹くのね」

果南「そこは忠実なんだ」

鞠莉「ザッツライト。どう、流石だと思わない?」

曜「回り込んで尻尾?を掴むっと」

ノンタン『いやぁん』

梨子「うわ、わざとらしい声」
75: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 21:19:49.42 ID:5Ib2NExU.net
曜「で、捕まえた希さんを回転させて──」

エリ『ハラショオオオオオオオオ!』

曜「近くの爆弾に投げつけるっと!」

ドガーン!

ノンタン『なんやてー!?』

善子「随分と間抜けな断末魔だわ」

果南「これはこれで可愛いと思うな」

ノンタン『うぅ……流石エリチや』

エリ『ならさっさとチョコを返しなさい!』

ノンタン『……カードがウチに告げてるんや、ここは逃げの一手やと!』ボフンッ

ルビィ「ぴぎっ!?希さんが煙玉を地面に投げつけたよ!?」

鞠莉「イグザクトリー!ジャパニーズ忍者よ。いけてるでしょ?」
76: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 21:25:58.24 ID:5Ib2NExU.net
梨子「鍵を落としたのかな」

千歌「これで地下に行けるようになったんだよ!」

エリ『ハラショー!鍵チョコゲットだわ!』モグモグ

ルビィ「えぇ!?結局食べちゃうの?」

花丸「絵里さんって食いしん坊ずらか」

善子「ひどい風評被害を見たわ(ってかズラ丸は人のこと言えないでしょ)」

曜「ヨーソロー!とりあえず一段落ついたよー」

果南「ふふっ、お疲れ様」
78: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 21:31:20.47 ID:5Ib2NExU.net
曜「うーん、続きはどうする?(できればやりたくないけど)」

千歌「えー、せっかくだしやろうよー」

花丸「オラたちもまだ出てないからやるずら!」

曜「ま、そう言うと思って次の場所に進んでいるんだけどね」

梨子「……ねぇ、鍵を手に入れたのにどうしてピッキングしているのかな」

ルビィ「さっき鍵を食べちゃったからじゃないかなぁ」

善子「ああ……どんどんと絢瀬絵里の悪い面が増えていってる」

曜「あ、そうそう。次のステージはホラーステージだから」

ルビィ「え……ちょっと不安だなぁ」
91: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 19:55:58.73 ID:iSu9LWG+.net
【マキのホラーホスピタル〜院長マキを探せ〜】

果南「このステージってこんなおどろおどろしかったかな?」

曜「あれー?もっと普通だったと思うんだけどなあ」

善子「フフフ、やはりこのステージはいいわ」

千歌「と、とりあえず進めてみようよ」

曜「そうだね……あれ、なんか足が遅くない?」

梨子「絵里さんも心なしかビクビクしているね」

鞠莉「そこも忠実に再現したわ!このステージのみエリーチカのスピードは3分の1になるのよ」ドヤァ

花丸「つまり、絵里さんはビビリってことずらね」

曜「(正直いらない機能だよねー)」
93: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 20:01:54.40 ID:iSu9LWG+.net
千歌「このステージは屋敷の中に複数いるテレサって敵を倒したらボスが出るんだよ」

曜「でもいるのはデフォルメされた真姫さんなんだね」

梨子「ハロウィンコスプレをしていて可愛いわね」

善子「で、このステージ限定で倒すと──」

『ゔぇぇ!? 』

善子「──セリフが入るのよね」

『ゔぇぇぇ!?』

『ゔぇぇぇぇぇ!?』

花丸「なんか声が伸びてきているずら」

ルビィ「思ったより普通で良かったぁ」
96: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 20:09:31.00 ID:iSu9LWG+.net
『ゔぇぇぇぇぇぇ!?』

曜「あと1匹ー」

果南「本当に手馴れているね」

『ゔぇぇぇぇぇぇぇ!?……ユルサナイ』

ルビィ「ぴぎっ!?今なにか言いましたよね?」

千歌「ゲーム風に言うとフラグが建ったって感じだよ、多分」

花丸「幽霊……善子ちゃんの親戚ずら」

善子「堕天使ヨハネと幽霊は関係ないからって善子言うな!」

曜「で、玄関の広間に戻るとボスがいるんだー」
97: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 20:17:10.10 ID:iSu9LWG+.net
エリ『さささささっさとノンタンの場所に案内しなちゃい!』

マキ『私を虐めて許さない!ってちょっとトラナイデ!』

エリ『ひいいいごめんなさいいいい!』

曜「ちょ!?さらにスピードが遅くなってるんだけど!?」

果南「絢瀬絵里さんの顔が泣き顔に変わって細かいね」

鞠莉「オー!そこに気がつくとは流石果南デースね。我が小原家は細かいところにもちゃんと配慮するのよ?」

ルビィ「曜さん頑張ルビィ!」

花丸「負けるな曜さん!」

曜「ルビィちゃんたちの声援が力となる!全速前進ヨーソロー!」

梨子「なんとか倒せたね」

善子「(どうして声援1つでプレイ技術が上がるのかしら)」
98: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 20:25:25.69 ID:iSu9LWG+.net
マキ『ゔぇぇ……天才マキちゃんの戦略が』

【マキのホラーホスピタル〜院長マキを探せ〜クリア!】

曜「このステージはこれでパスかな。足が遅くなるし」

千歌「そうだねー、次はどこにいく?」

果南「闇にとける洞窟だっけ?」

善子「闇……いい響きよね」

ルビコ『エリーチカさんのためにチョコを持ってきました!受け取ってください!』

梨子「ルビィちゃんがチョコをくれたね」

千歌「一部のルビィちゃんはスターをくれるんだよ」

曜「チョコももらったことだし、突入ヨーソロー!」
99: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 20:31:27.70 ID:iSu9LWG+.net
【闇にとけるウッミ〜カナンのいる地底湖〜】

曜「あれ?このステージ暗くない?」

千歌「確かに……それに海未さんじゃなくてウッミさんなんだ」

果南「また私が出るんだね」

ルビィ「でもさっきよりはマシなステージだと思うなぁ」

花丸「また果南さん……オラも出たいずらぁ」

善子「どうしてそんな純粋でいられるのかしら」

梨子「よっちゃんもある意味純粋だと思うけど。昔の心を忘れないみたいな?」

善子「は、はあっ!?この私に純粋なんてミカエルとサタンぐらい異なる概念よ!」

千歌「その例えはよくわからないよ」
100: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 20:39:17.19 ID:iSu9LWG+.net
曜「ま、とりあえずはサクサク進め──」

ヒュンッ

曜「──待って待って待って」

花丸「おお、このステージは闇の中から矢を射られるずらか!」

曜「そんなわけないよ!ちょっとどういうことですか鞠莉さん!」

鞠莉「マリーは思ったの。忠実に再現するだけでいいのかと」

果南「突然語りはじめたよ」

鞠莉「それだけでは元の劣化版になってしまうわ!そう考えた私はオリジナル要素を入れてみたのよ♪」ドヤァ

/cVσ_VσV『外しましたか……』

曜「ほらぁ!やっぱり海未さん矢を当てるつもりじゃん!」

鞠莉「違うわ曜。ミス海未じゃなくてミスウッミよ?」

曜「どっちでもいいですよぉ!」
102: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 20:47:11.52 ID:iSu9LWG+.net
曜「な、なんとか地底湖についた……」

ルビィ「矢をカッコよく避けてすごかったなぁ」

梨子「曜ちゃんお疲れ様」

千歌「それで、地底湖には果南ちゃんがいると思うんだけど」

果南「私が気持ちよさそうに泳いでいるね。しかもネッシー?の着ぐるみを着ているし」

花丸「ネッシーずら?」

善子「ドッシーよ」

千歌「この場合はカナッシーになるんじゃないかな?あ、今のはカナッシーとないかなって言葉を」

梨子「説明しなくていいんです!」

【闇にとけるウッミ〜カナンのいる地底湖〜クリア!】

曜「(……海水ぷしゃーってやりそうな名前だよね)」
104: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 20:53:54.90 ID:iSu9LWG+.net
【闇にとけるウッミ〜カナンのいる地底湖〜】

梨子「あれ?また同じものを選んだの?」

曜「今回はスイッチを押すためにやったからねー」

千歌「メタル化スイッチだね」

花丸「どんなスイッチずら?」

果南「簡単に言うと、メタルになって水の中を歩けるようになるって感じかな」

ルビィ「水の中を歩ける……果南さんならできそうだなぁ」

果南「んー。できないことはないけど、流石にね?」

善子「(フラグね)」
106: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 21:02:37.28 ID:iSu9LWG+.net
千歌「そういえばカナッシーの上に乗る時、絵里さんがドヤ顔で仁王立ちしてるよね」

花丸「煙となんとかは高いところが好きって言うから、多分そういうことずら」

ルビィ「は、花丸ちゃん……」

エリ『ハラショー!流石私ね。さすエリさすエリ!』

曜「どーしてこのタイミングで喋っちゃうかなぁ」

善子「あれって放置したままだとキャラが話す放置ボイスよね。いくらか種類があると思うけど、このタイミングでこのセリフはね」

鞠莉「オー!イッツジョークよ。でも、これはこれでプリティーでしょ?」

果南「まあ否定はできない、かな?」

梨子「(個人的には絵里さんを乗せて泳いでいる果南さんの方が可愛いと思う)」
108: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 21:10:01.10 ID:iSu9LWG+.net
花丸「おお!絵里さんの姿が変わったずら!これがメタル化?」

千歌「そのはずなんだけど……」

ルビィ「ウ、ウェットスーツを着ていますぅ」

善子「水の中に入れるからってことね」

果南「はぁ……鞠莉?」

鞠莉「ノープロブレム。ちゃんと果南のウェットスーツと全く同じ柄にしたから安心して♪」

曜「ま、使えればなんでもいいや……ってことで」ガコンッ

カナン『ハグする?』

エリ『は、はあ』

カナン『干物も美味しいんだよ♪』

【カナーチカが使えるようになりました!各ステージにあるカナンブロックを叩いてみよう!】
109: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 21:16:41.00 ID:iSu9LWG+.net
千歌「なんですかあのセリフは」

鞠莉「い、いやーそれがね。果南のセリフが思いつかなくて、頭に浮かんだのをそのまま」

果南「つまり鞠莉にとって私はハグと干物でしかないんだね」

鞠莉「ノ、ノー!違うわ果南!これは毎日果南に干物をプレゼントされたから咄嗟に出てきただけで」

ルビィ「干物を毎日……?」

花丸「それは飽きるずら。これは果南さんが悪い」

果南「あ、その、違うんだよ。これは鞠莉には健康でいて欲しいから干物を届けていただけで」アセアセ

鞠莉「果南……そこまで私のことを!かなーん!」

果南「わっと……ふふっ、鞠莉は甘えん坊だね」

善子「ちょっとチョロくない?」

梨子「ま、まあ2人が納得してるならいいんじゃない?」

曜「よし、簡単なチョコを追加で2つ取れた」
110: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 21:23:53.21 ID:iSu9LWG+.net
曜「さて、次のステージに行く前に……」

千歌「あー、ウサギが出るんだっけ」

花丸「ウサギずら?」

曜「そうそう、ある程度チョコの数が集まったらウサギが地下に出てくるんだ」

アルパカ『ケェッ!』

梨子「……アルパカね」

ルビィ「可愛いなぁ」

曜「なんでアルパカなんだろ……まあいいや。ほい」

善子「捕まえるの早いわね」

曜「そして次のステージに突入ヨーソロー!」
112: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 21:30:46.77 ID:iSu9LWG+.net
【ピャア!ライスランド〜落とせボスカヨチン〜】

曜「あっれー、おっかしいなあ。ここってファイアバブルランドっていう炎がメインのステージのはずなんだけど」

千歌「全体的にメルヘンチックな雰囲気になっているよね」

花丸「ずら!?真ん中で巨大なおにぎりが回っているずらぁ!?」

果南「火山の代わり……?」

ルビィ「あれ?よく聞くとBGMが花陽さんのなわとびになってる」

善子「眠くなるステージに変貌しているわね……ふぁぁ」

鞠莉「マリー、頑張ってみました♪」

梨子「とりあえず、進めてみましょう(頑張りどころを間違っている気がする)」
113: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 21:41:30.30 ID:iSu9LWG+.net
カヨチン『ピャア!お米の力は無限大です!』

エリ『そんなことよりノンタンの場所を教えなさい!』

カヨチン『そんなこと!?お米をそんなこと呼ばわりするなんて……許せません!』

エリ『望むところよ!返り討ちにしてあげるわ!』

梨子「えぇと?」

花丸「大きな米粒の中に入って、顔と手足だけだしているずら」

ルビィ「動きにくそうだなぁ」

曜「これは敵にパンチやキックをして場外に落とせばクリアだよ」

エリ『ハラショ!ハラショ!ハラショ!』

カヨチン『ピャア!ピャア!ダレカタスケテー!』

千歌「あぁ、花陽さんがマグマの中に沈没していく……」

曜「そんな悲しい顔でマグマの中に落ちないでよぉ……罪悪感がすごいから」

【ピャア!ライスランド〜落とせボスカヨチン〜クリア!】
114: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 21:51:43.26 ID:iSu9LWG+.net
曜「ふふふ、やってやったよ……」

ルビィ「す、すごい……あっという間にチョコを集めちゃった」

善子「まるでなにかから逃げるような感じだったわね」

梨子「あれは仕方ないよ。戦え!カヨチン隊の時なんか、小さい花陽さんを沢山落としてたし」

千歌「おにぎり山のチョコとかあそこは結構難しいはずなんだけど、ミスをしないでクリアしてたね」

果南「曜……お疲れ様」

曜「さー!次のステージはなんだろうなー!」

花丸「やけくそになっているずら」
116: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 22:00:49.95 ID:iSu9LWG+.net
【ぷわぷわ砂漠〜いたずらちゅんちゅん〜】

梨子「今度は砂漠のステージみたいね」

曜「サクサクいくでありますー。今回はハゲ鷹ジャンゴっていう鳥がチョコを持ってるから、そいつからチョコを奪えばクリアだよ」

千歌「さっきのステージの時から曜ちゃんがどこか吹っ切れてるね」

花丸「あ、あれずらか?」

(・8・)『ちゅんちゅん』

善子「ハゲ鷹ってよりは、にわとり?」

(^8^)『エッリ冷えてるちゅんなぁ』

曜「そいっ」

(✕8✕)『ちゅんなぁ……』

【ぷわぷわ砂漠〜いたずらちゅんちゅん〜クリア!】
119: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 22:10:51.68 ID:iSu9LWG+.net
【ぷわぷわ砂漠〜ぷわぷわのてっぺんで〜】

千歌「さっきはあえて触れなかったけど」

果南「本来ピラミッドがある場所が巨大なわたあめになっているね」

曜「どうせ鞠莉さんのことだから『オー!ぷわぷわといったらわたあめよねー!』って決めたんでしょ」

梨子「ちょっとそれは流石に言いすぎだよ、違いますよね鞠莉さん?」

鞠莉「……どうせマリーは単純なことしか思いつきませんよーだ」

花丸「いじけちゃったずら」

ルビィ「よ、曜さん」

曜「まあ、そんな可愛いところも鞠莉さんの魅力だと思いますよ?」

鞠莉「センキュー!そう言ってもらえて嬉しいわ♪」ダキッ

善子「(やっぱりマリーはチョロいわ)」
121: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 22:19:00.27 ID:iSu9LWG+.net
曜「ちょっとくっついたらプレイに支障がでますって」

鞠莉「ノープロブレム!曜ならなんとかなるわ」

【ぷわぷわ砂漠〜ぷわぷわのてっぺんで〜クリア!】

花丸「本当にクリアしちゃったずら」

千歌「残りはちょっと面倒くさいチョコだよね」

曜「そうだねぇ、ピラミッド内部をやったら1階に戻ろうか」

善子「食わず嫌いしてたけど、赤コインも簡単なのは集めた方がいいんじゃない?」

曜「そうだね、善子ちゃんの言う通りその辺もやろっか」
123: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 22:29:25.58 ID:iSu9LWG+.net
【ぷわぷわ砂漠〜巨大ぷわぷわの内部〜】

梨子「今さらだけど、内部ってモコモコなだけだよね」

千歌「まあ、見た目からしてそうだよね」

曜「さっさと中へ突入ー」

【〜ぷわぷわ内部〜】

花丸「おお!中はお菓子だらけずら!」

曜「そうくるかー、お菓子の家でくるかー」

ルビィ「楽しそうなところで素敵だと思います!」

善子「本来砂がある場所はねるねるねるねになっているわね」

梨子「うぅ、なんか胸焼けしてきた」
124: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 22:36:34.39 ID:iSu9LWG+.net
リ`^ヮ^)『ファイトだよ!ファイトだよ!ファイトだよ!』

曜「ちょ、穂乃果さんらしき顔をした直方体が潰そうとしてくるんだけど!?」

果南「ドッスン……?」

(´✕◡✕`)『ダレカタスケテエエエエ!』

曜「今度は花陽さんらしき顔をした大きな筒が転がってくるんだけど!?」

善子「これも元のキャラから差し替えられたみたいね」

曜「それはわかってるけど!なんか理不尽だよ!」

梨子「でも声は必死なのに余裕で逃げているよね」

ルビィ「顔が可愛いなぁ。ちょっと羨ましい」

【ぷわぷわ砂漠〜巨大ぷわぷわの内部〜クリア!】
125: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 22:47:34.89 ID:iSu9LWG+.net
曜「さて、1階へと戻る前にやってないことがあるよね」

果南「透明スイッチだね?」

梨子「!」

千歌「あー、あれかー」

花丸「透明になるずらか?」

善子「そうよ。その透明スイッチを押せば一応全てのチョコを集められるようになるね」

曜「そういうことっと!」

ルビィ「水が減っていきました……」

曜「後は一旦外に出てから落ちるんだ」
127: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 22:56:07.32 ID:iSu9LWG+.net
花丸「おお!本当に透明になっているずら」

千歌「正確には半透明だけどね」

曜「赤コイン?をついでに集めつつスイッチの元まで行ってっと」ガコンッ

メイ*σ _ σリ『透明……それは乙女の夢』

エリ『は?』

メノ^ノ。 ^リ『内なる欲望を開放するのです』

【リッコーチカが使えるようになりました!各ステージにあるリッコーブロックを叩いてみよう!】

Aqours「……」

梨子「ちょちょちょっと待って!あれは私じゃないから!あれはゲームの中だから!勘違いしないで!?」

善子「ま、まあ誰にでもそういう願望ってのはあるし。リリーだけではないから、うん」

梨子「全然わかってなーい!」
129: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 23:08:20.42 ID:iSu9LWG+.net
曜「いえーい!チョコが沢山集まったヨーソロー!」

善子「私のステージと」

千歌「にこさんのステージは全部集めたんだね」

花丸「見事な手際だったずら」

果南「次は入り江に行こう。楽しいよ泳げて」

曜「次はルビィちゃんのステージに行こっかなー」

果南「そう、なんだ」

ルビィ「曜さん、意地悪はダメです!」

曜「あはは、ごめんごめん。次は入り江に行くからそんなに落ち込まないで果南ちゃん」

果南「ルビィ……ありがとう」ギュッ

ルビィ「わっ……えへへ」

鞠莉「果南のハグ羨ましいー!(オゥ、麗しい友情デースね)」

梨子「本音が漏れてる漏れてる」
130: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 23:15:38.73 ID:iSu9LWG+.net
【ピギィピギィマウンテン〜ゴロゴロルビダルマ〜】

曜「入り江のチョコをサクッと集めてやってきました!」

千歌「はい!タイトルから嫌な予感がしますね曜ちゃん!」

梨子「さっきはペンギンダイヤさんとスライダーレースしてたけど、それよりひどいの?」

善子「ああ、あのダイヤさんは太ましかったものね。うん、こっちの方がシュールかも」

ルビダルマ『ルビィの身体が欲しいよぉ……すみません。多分下にルビィの身体があると思いますので、そこまで連れてってくれませんか?』

エリ『いいわよ』

ルビダルマ『よろしくお願いします!』

ルビィ「ピギィ!?ル、ルビィが顔だけになっていますぅ!?」

花丸「雪だるまずらか?」

梨子「なんか饅頭っぽいね」
131: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 23:22:29.65 ID:iSu9LWG+.net
ルビダルマ『ピギィィィィィィィィィ!』

果南「変な鳴き声をあげて転がってるね」

梨子「しかも段々とルビィちゃんの顔が大きくなっているし」

千歌「おっとぉ!ここでスライダーを滑っているエリーチカのスピードがさらに上がる上がるぅ!そして180度曲がる恐怖のコーナーに入るぞぉ!」

曜「ここで変速前進ヨーソロー!」

千歌「出たー!曜ちゃんのヨーソロー倒し!無事にコーナーを抜けたぁ!残りはルビィちゃんの顔を身体に届けるだけだぁ!」

善子「……なにやってるわけ?」

千歌「えへへ、一度こういう実況をしてみたかったんだー」

曜「結構楽しかったよ!」

シャキーン!

ルビィ『無事に身体を手に入れることができました!お礼にチョコを受け取ってください!』

【ピギィピギィマウンテン〜ゴロゴロルビダルマ〜クリア!】
132: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 23:29:55.91 ID:v367avDk.net
曜「さて、いつの間にかチョコの数が結構手に入れていたので、2回目のボス戦に行こうか」

果南「その前に水中ステージだよね」

鞠莉「本当に果南はウォーターが好きよねー」

花丸「おお、このステージは絵画じゃなくて水みたいなものに飛び込むずらか」

ルビィ「波紋が綺麗だなぁ」

梨子「このステージは果南さんが言う通り水なの?」

千歌「そうそう。さっきいった入り江より水っぽいよ」

曜「突入するでありますー!」
133: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 23:31:48.93 ID:iSu9LWG+.net
【ヨーソローランド〜ノンタンの潜水艦〜】

善子「うわぁ、安直」

千歌「これなら元のウォーターランドって名前の方が」

曜「果南ちゃんの時も思ったけど、鞠莉さんって意外と適当だよね」

鞠莉「そ、そんなみんなでマリーを責めなくてもいいじゃない!慰めてかなーん!」

果南「よしよし、鞠莉は頑張ってるよ」

ルビィ「うゅ、流石果南さんのハグだよぉ」

梨子「その圧倒的包容力に垣間見える母性……素晴らしい」

花丸「水の中が透き通ってて綺麗ずら〜」キラキラ
134: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 23:36:18.18 ID:iSu9LWG+.net
曜「洞窟の横穴を泳いで渡ってっと」

千歌「ほえー、希さんのロゴが入った潜水艦だー」

ルビィ「……ノンタヌ号?」

善子「(こういう言葉をマリーは一体どこから仕入れてくるのかしら)」

花丸「未来ずらー!すごい未来ずらぁ!」

曜「まー、確かに未来っぽいよね。そしてさっさと潜水艦の上に登ってっと」

【ヨーソローランド〜ノンタンの潜水艦〜クリア!】

ルビィ「うゅ?なにか穴がでてきましたぁ」

曜「これに入れば2回目のボス戦だよ」
145: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 19:02:17.24 ID:mbsaW79F.net
【炎の海未のノンタン】

曜「さっさとこのステージをクリアして二階に行きたいねー」

千歌「私はスノーマンランドを早く見たいな」

果南「私はみずびたシティかな」

善子「二階は面白いステージが多いわよね……ところで」

ルビィ「炎の海未さんってなんだろう……」

花丸「きっと燃えてるずら、物理的に」

梨子「物理的に萌えている?」

花丸「そうずら」

梨子「なるほど、萌えているのね」
147: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 19:09:44.51 ID:mbsaW79F.net
果南「このステージはマグマに囲まれているから、落ちるとダメージを受けるんだよ」

ルビィ「落ちないようにするってことですね!」

エリ『ひゃぁっ!?』

善子「マグマに落ちたわね(やけに声が色っぽい)」

曜「すぐに復帰して進めるヨーソロー!……あぁ、また小さい花陽さんがいるじゃん。マグマに落とさなきゃ……はぁ」

梨子「(よ、曜ちゃんの目が死んでいる)」

花丸「でも、もう土管が目の前にあるずら」

鞠莉「オー、曜のプレイ技術がどんどん上がってマースね。グレイト!」

曜「じゃあいつも通り土管に入ってボス戦に行くよー」
148: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 19:20:15.32 ID:mbsaW79F.net
エリ『ノンタン!今度こそチョコを返してもらうわよ!』

ノンタン『ふふふ、今日は助っ人を呼んでるんや。だからエリチを返り討ちにしてあげる!』

ウミ『どうも、ウミです。恨みはありませんが、あなたにはここで果ててもらいます』シュッ

曜「ちょっ!?また海未さんが矢を射ってくるの!?」

千歌「しかも遠くから放ってるからこっちは一方的にやられるし」

花丸「それに希さんの目が燃えてるずら」

梨子「萌えていないじゃない!」

花丸「え?」

梨子「え?」

ノンタン『食らうんや!』ドシーン

ルビィ「ス、ステージがグラグラ揺れているよぉ」

善子「きっと重いからステージが揺れたのね!」
149: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 19:28:08.46 ID:mbsaW79F.net
曜「斜めになったステージから落ちないように登りながら矢を避けるのは結構難しいね」

千歌「と言いつつしっかり避けている曜ちゃんなのでしたー」

ウミ『やりますね……ならば、ラブアローシュート!』

花丸「ずらぁ!?矢の流星群ずら!」

善子「ちょっと2回目のボス戦にしては難易度高くないかしら」

鞠莉「そう?これでも抑えた方なのよ。初期案では複数いるミス海未が連射してくる感じだったけど」

梨子「それはやめて正解ね」

ドガーン

希『なんやてー!』

海未『無念です……』

曜「撃破できたであります!」
150: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 19:34:33.96 ID:mbsaW79F.net
梨子「意外とあっさりとできたね」

曜「へへっ、これが渡辺 曜の実力であります!なんちゃって」

ウミ『すみませんノンタン。これから行く場所があるので、私は帰りますね』

ノンタン『あ、待ってーな!……ウチもこの後用事があるから帰るな』

エリ『ちょっと待ちな──』

ノンタン『これにてごめん!』ボフンッ

エリ『──逃げられたわ。今度こそノンタンを捕まえてみせる!』

果南「次はみずびたシティだね♪」

鞠莉「あらー、果南が期待に満ちた顔をして……イッツキュート!」

善子「やっぱり鍵は食べちゃうのね」
151: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 19:38:45.95 ID:mbsaW79F.net
【マツウラシティー〜ビリビリのハグリフト〜】

千歌「二階初のステージは意味がわからないステージ名になってる」

果南「松浦って私、だよね?」

鞠莉「イグザクトリー!水と言えば果南!果南と言えば水!つまりそういうことよ」

梨子「このビリビリハグってのは?」

花丸「ハグをすると痺れるずらか?」

ルビィ「痛いのは嫌だなぁ」

曜「ま、とりあえずやってみたらわかるよ」
152: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 19:45:03.14 ID:mbsaW79F.net
花丸「ところで、このステージはどんな感じずらか?」

千歌「えっと今のここを見てもらえばわかると思うけど、このステージは水がメインなんだよね」

曜「で、ここのステージは水位を変えることができるから、その水位をいじってチョコを取りにいくって感じかな」

梨子「へー、だからさっきから水位を下げたりしているんだ」

千歌「あれ?ここって水位を上げて登るんじゃないの?」

曜「ここにはショートカットがあるんだよ、千歌ちゃん。まずはここのワープゾーンに乗ります」

ルビィ「わぁ!絵里さんが消えた」

曜「そして出てきたところからヒットドロップをしながら落ちると!」

【マツウラシティー〜ビリビリハグリフト〜クリア!】

花丸「おお!チョコをゲットしたずら!」

曜「真面目にクリアする必要なんてないからねー」

梨子「(結局ビリビリハグリフトってなんだったんだろう)」
153: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 19:53:58.98 ID:mbsaW79F.net
【マツウラシティー〜トップオブザカナン〜】

善子「……輝いているわね」

花丸「……輝いているずら」

梨子「果南さんの顔をした巨大なミラーボールが上の方にあるね。しかも回っているし」

果南「鞠莉?」

鞠莉「イッツシャイニー!マリーはね、果南ボールを目立たせるためにすることを考えたの。そしたらピーンと来たわ!目立たせたいならシャイニーすればいいのよって!」

曜「流石小原家。常人には出てこない発想」

鞠莉「でっしょー?そこに痺れない?」

善子「痺れないし、憧れもしないわ」

鞠莉「オゥ、手厳しいデースね」
154: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 20:03:43.88 ID:mbsaW79F.net
曜「驚いて操作が止まっちゃったけど、とりあえず登るぞヨーソロー!」

千歌「果南ちゃんがチカチカして画面見るのが辛い」

花丸「善子ちゃんが昇天するずら」

善子「ヨハネだからって昇天って安直すぎるわよって。また善子って言ってるし」

果南「ルビィもだけど、私とか出る回数多くないかな?」

鞠莉「気のせいデースね」

ルビィ「そうは思えないけどなぁ」

曜「チカチカして見づらいけど、ステージそのものは簡単だね」

【マツウラシティー〜トップオブザカナン〜クリア!】

千歌「あ、そうそう。さっき私が言ったチカチカは」

梨子「説明しなくていいからねー」

千歌「ぶーぶー!梨子ちゃんのケチ!」
155: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 20:10:27.12 ID:mbsaW79F.net
【スノーミューズランド〜大雪ホノカのおでこ〜】

花丸「雪ずらー!」

ルビィ「一面雪景色で綺麗だよぉ!」

千歌「いえーい奇跡だよー!」

善子「奇跡でもないんでもないわよ」

梨子「あら?このBGMは……」

鞠莉「イエース!μ'sのスノハレをBGMとして流してみたわ。どう、なかなかでしょ?」

千歌「鞠莉さんグッジョブ!」

果南「さっきのステージをもっとやって欲しかったな……」

曜「いやー、今までのステージに比べてテンションが上がるなー」

鞠莉「曜?今までのステージはどう思ったのかしら?」

曜「……あ、大きな穂乃果さんの雪だるまじゃん」

鞠莉「ヘイ!無視しないでヨウ!」

千歌「あ、今のは曜ちゃんとしないでヨウを掛けたんだね!(やった!言い切れた!)」
156: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 20:18:20.39 ID:mbsaW79F.net
ルビィ「ステージ名からμ'sのみんなが出るのかなぁ」

曜「だろうねぇ……あれは」

千歌「にこさんらしき人がガマ口財布を手に持って歩いているね」

善子「あれも敵キャラかしら?」

曜「とりあえず攻撃してみよ」

エリ『ハラショォ!』

ニコ『にっこにっこにぃ……』

花丸「コインを沢山落としたずら」

果南「カツアゲ?」

曜「うぐっ……今さらながらにすごい罪悪感が」

ルビィ「最後までアイドルとしての行動……見習わなきゃ!」
158: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 20:28:21.53 ID:mbsaW79F.net
曜「氷の湖を渡って、なんとか雪だるま前に着いたであります!」

梨子「歩いているのはペンギン?」

善子「簡単に言うと、雪だるまが風を吹くからペンギンを壁にしていくって感じね」

ルビィ「ペンギン……お姉ちゃんなのかなぁ」

ホノカ『ホノカの頭には登らせないよ!風吹けー!』

曜「風が吹いてきたからペンギンを壁にしてっと──」

ホノカ『コトリちゃんそこどいて!』

コトリ『は〜い』

エリ『ハラショオオオオ!?』

曜「──ええ!?そんなのありなの!?」

果南「意外な伏兵?」
159: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 20:38:43.40 ID:mbsaW79F.net
千歌「ペンギンはことりさんだったんだね」

花丸「絵里さんが錐揉み回転しながら吹っ飛んでいるずら」

梨子「帽子も飛んで……あ、頭から雪に突っ込んだ」

エリ『うーうー』

曜「えっと、とりあえず雪から出そう」スポッ

エリチカ『うぅ……お家帰りたいチカァ』

果南「帽子が取れた影響か、今にも泣きそうな顔をしているね」

鞠莉「そこに目をつけるとは流石果南ね!エリーチカは帽子がなくなると弱体化するの。それを私はエリチカモードと名付けたわ。このモードになると、語尾にチカとついてネガティブ発言が多くなるのよ?」

エリチカ『もう疲れたチカ。動きたくないチカ』

善子「面倒くさいモードにしたわね」

曜「とりあえず帽子を探そっか」
160: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 20:48:06.20 ID:mbsaW79F.net
エリ『これでもう安心だわ!探索の続きをするわよ!』

曜「帽子をかぶった瞬間に強気になったね」

ダイヤ「流石ですわ!」

ルビィ「ぴぎぃっ!?お、お姉ちゃん!?」

ダイヤ「おはようございますみなさま。この黒澤ダイヤ、完全復活ですわ!」ドヤッ

善子「あー、うん。良かったわね」

千歌「あ、今度はことりさんの動きを読めたんだね」

【スノーミューズランド〜大雪ホノカのおでこ〜クリア!】

曜「穂乃果さんが声をかけるタイミングが同じって気がついたからね。それを読めば簡単だったよ」

ダイヤ「ところでエリーチカの活躍はまだですの?」

果南「はいはい。ダイヤはもう少し待っていようね」
161: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 20:56:13.60 ID:mbsaW79F.net
【スノーミューズランド〜氷の国のカヨチン〜】

曜「うん、そうくるよね」

千歌「あれ?今度は花陽さんオレンジの着ぐるみに入ってる」

梨子「で、顔と手足は出してるのね」

カヨチン『ピャア!お米は炊きたてが一番です!』

エリ『ハラショ!ハラショ!ハラショ!』

カヨチン『ピャア!ピャア!ウゥ…ダレカタスケテー!』

リン『にゃ!今助けるにゃ…にゃあああ!?』

千歌「凛さんが花陽さんを助けようとして」

善子「重かったのか一緒に氷の湖に落ちたわね」

【スノーミューズランド〜氷の国のカヨチン〜クリア!】

曜「なんか釈然としないクリアなんだけど」

果南「結果オーライ?」

ダイヤ「流石エリーチカですわ!」
162: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 21:06:31.34 ID:mbsaW79F.net
【ニャーニャーマウンテン〜ニャーニャー山の上〜】

千歌「ここは凛さんのステージっぽいね」

梨子「あちこちから猫の鳴き声が聞こえる」

曜「さっさと進めるよー」

ルビィ「うゅ?なにか穴があいています」

『にゃ』『にゃにゃ』『にゃにゃにゃ!』

花丸「穴の中から凛さんが出てきたずら!」

善子「つまり、モグラ叩きね」

『ハズレにゃ』『残念にゃ』『認められないわぁ』

曜「すばしっこくて倒せないから無視しよ(凛さんの煽り顔が結構イラッとするなあ)」

『食らうにゃ!』

果南「魚を投げつけてる……美味しいのに」
163: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 21:15:51.37 ID:mbsaW79F.net
【ニャーニャーマウンテン〜ニャーニャー山の上〜クリア!】

千歌「おつかれー」

曜「さて、次は前に行ったステージの簡単なのを取ろうかな」

梨子「あれ?ここはもういいの?」

曜「さっさとラスボス行くためのチョコを集めたいから、簡単なステージにいきたいなって」

果南「水のステージに行こっか♪」

ダイヤ「私はエリーチカがいるならどこでもいいですわ。あ、でもルビィがでるならばそれはそれで」

曜「二階と三階のルビィちゃんからチョコ貰ってーと」

善子「慣れてきたわね」

花丸「そろそろマルが出ると思うずら!」
164: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 21:26:55.71 ID:mbsaW79F.net
【ズラマルアイランド〜ハナマルフラワー〜】

曜「ささっとチョコを集めてやってきましたー」

花丸「やっとオラのステージずらぁ!」

善子「ところどころにノッポパンが生えているのね」

梨子「雲の形がピヨコね」

千歌「美味しそうなステージだよ!」

果南「水はブクブクいってるけど……もしかしてサイダー?」

鞠莉「イグザクトリー!このステージのコンセプトはデリシャスなの。どう、なかなかグレイトでしょ?」

花丸「そんなにマルは食いしん坊じゃないけど、いいステージずら」

鞠莉「オ、オー!やっとステージを褒めてもらえたわ……!花丸センキューベリーマッチ!」ダキッ

花丸「わわっ、急に抱きつくと危ないずらよ」

曜「あら、花丸ちゃんに肯定されて鞠莉さん涙ぐんでる」

ダイヤ「よっぽど嬉しかったのですね」
166: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 21:37:48.82 ID:mbsaW79F.net
曜「さて、本来ならここにパックンフラワーがでるんだけど──」

『ズラァ!』『ジュラ〜!』『ズラァ!』

ルビィ「ぴぎ!花丸ちゃんが地面から生えてきましたぁ」

梨子「(花のコスプレをした花丸ちゃんがつぶらな瞳でズラズラ言ってて可愛い!)」

花丸「負けるなオラ!絵里さんを食べるずら!」

曜「花丸ちゃんはどっちの味方なの」

善子「そう言いつつあっさりと倒すのね。ズラ丸の目がバッテンになってるわよ」

ハナマル『ミライジュラァ……』

ダイヤ「倒れてる花丸さん……確かに可愛らしいですわね」

【ズママルアイランド〜ハナマルフラワー〜クリア!】
167: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 21:48:07.74 ID:mbsaW79F.net
【ズラマルアイランド〜ルビルビリターンマッチ〜】

ルビィ「ルビルビ?」

梨子「それって確か最初のステージのルビィちゃんよね」

曜「そうそう、今回はルビィちゃんとレースするんだよ」

ルビルビ『こんにちは!今回はエリーチカさんにリベンジを申し込みます!』

エリ『いいわよ』

ルビルビ『ゴールはハナ吹く谷を越えた先にあります!ではスタート!』スタタタタタッ

善子「おー、なかなか速い走りね(あの走りってアラレちゃんの走り方よね)」

ダイヤ「ルビィ!リベンジして勝つのですわ!」

千歌「ダイヤさん……」

果南「シスコンだから仕方ないよ」
168: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 21:56:21.08 ID:mbsaW79F.net
曜「今回のレースはルビィちゃんが速くて結構シビアなんだよねー」

果南「壁に引っかかったりしちゃったらそこでもう負けちゃうんだよ」

善子「と言いつつ結構進んでるわね」

千歌「ここの橋を渡るところで風が吹いてダッシュできなくなるんだよねー。だからここで抜かされちゃうことが多いんだ」

『ズラァ』『ジュラァ』『ピャア』『ズラァ』

ルビィ「あ、橋の下から花弁に乗った花丸ちゃんが沢山飛んできた」

梨子「そして色々な食べ物を絵里さんに投げつけてる」

花丸「鞠莉さん!食べ物を粗末に扱わないで欲しいずら!」ギロッ

鞠莉「ソ、ソーリー。次からは気をつけます」

花丸「わかればいいずら」

梨子「え?そっちなの?」
169: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:04:01.43 ID:mbsaW79F.net
ルビルビ『ピピピピピピピピギィ!』スタタタタタッ

善子「なかなか速いわね、もう追いつかれそうだわ」

曜「ああっ!あと少しなのに追い越されたっ!」

ルビルビ『ピピピピふぎゅっ!』

果南「……ゴール前で転んだね」

ルビィ「うゅ……恥ずかしいよぉ」

鞠莉「イエース!このレースは一定確率でルビィがコロコロ転がるのよ」

千歌「そしてその間にちゃっかりゴールしてる曜ちゃん」

ルビルビ『うぅ……約束ですからチョコをあげます……ぐすっ』

【ズラマルアイランド〜ルビルビリターンマッチ〜クリア!】

曜「さて、三階にある次のステージに行こう!」

ダイヤ「コロコロ転がって目を回すルビィも、レースに負けて悔し涙を流しているルビィも素敵ですわ。ですからそんなに落ち込まなくていいのです」

ルビィ「お姉ちゃん……!」パアッ

花丸「仲良きことは美しきかな、ずら」
170: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:16:29.11 ID:mbsaW79F.net
【リッコリッコリッコ〜壁ドンかごの中へ〜】

曜「このステージは元々チックタックロックって名前で、機械仕掛けなものが多いのが特徴なんだ」

花丸「本当ずら。地面がカクカク動いている」

千歌「このステージは苦手だったなあ」

梨子「ねえ、なにか言いたいことがあるなら聞くよ?一々私を見てからなにごともなかったように会話を再開するのはやめて欲しいな」

善子「……ステージのあちこちに同人誌の表紙が飾ってあるけど、それについての感想を聞きたいのね?」

梨子「うん、やっぱりなにも聞かないで!」

ルビィ「壁ドン?」

ダイヤ「ルビィにはまだ早い言葉ですわ」

鞠莉「あ、もちろん諸々の許可は貰ったから安心してね?」

果南「その答えは誰も求めてないよ」
171: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:26:16.76 ID:mbsaW79F.net
千歌「そういえば、さっきから絵里さんを追いかけているのって梨子ちゃんだよね」

曜「なんとなく嫌な予感がしてたから逃げてたけど」

鞠莉「イエース!エリーチカを追いかけているリッコに捕まると、壁ドンの餌食にされちゃうのよ」

梨子「え?」

鞠莉「アンド顎クイ!そうなるとゲームオーバーだから気をつけてね?」

メノ^ノ。 ^リ『楽しいことを教えてあげますよ』

花丸「うっ……なぜか鳥肌が立ったずら」サスサス

善子「直接言われたわけじゃないのに、なにか危機感を感じさせる声ね」

ダイヤ「背筋が凍るとはまさにこのことですわね」

ルビィ「うゅ……」

梨子「みんなひどい!」
172: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:33:56.41 ID:mbsaW79F.net
梨子「ちょっと鞠莉さん!このステージひどくないですか!?」

鞠莉「こ、これは千歌っちや善子に梨子の意見を求めた結果よ?」ヒューヒュー

善子「ちょっ!?私を売ったわねマリー!」

千歌「そうですよ!下手くそな口笛を吹いて誤魔化さないでください!」

鞠莉「ムッキー!下手くそとはちょっと酷くない?マリー激おこシャイニー丸なんだから!」

梨子「そんなことより鞠莉さんたちには私への印象を今からしっかりと聞きますから!」

ワーワーキャーキャー

曜「敵に追いかけれながら進めるステージって斬新だよねえ」

ルビィ「途中から梨子さん3人に増えているのに避けられてすごいです!」

【リッコリッコリッコ〜壁ドンかごの中へ〜クリア!】

花丸「そしてクリアずら」

果南「かごの中に壁ドン特集の記事が貼られていたからこのステージ名だったんだね」
173: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:41:04.44 ID:mbsaW79F.net
【タカミクルーズ〜虹を渡るチカ〜】

曜「最後は千歌ちゃんのステージかあ」

花丸「地面が空に浮いているずら!?」

果南「そういうステージなんだよ」

曜「当の本人の千歌ちゃんたちはまだあっちで盛り上がっているし、こっちで進めちゃおうか」

ダイヤ「千歌さんですからか、みかん柄の空飛ぶ絨毯ですわね」

花丸「未来ずらー!」

曜「サクッと行ってみるであります!」
176: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:50:43.07 ID:mbsaW79F.net
曜「さて、何回か絨毯を乗り越えたのだけど」

ルビィ「船が見えてきましたけどぉ」

花丸「千歌さんの顔が船についているずら」

千歌「千歌っち号だね!」

果南「話し合いは済んだの?」

千歌「うん!梨子ちゃんは後で鞠莉さんとお話するって」

鞠莉「オゥ……お手柔らかに頼むデース」

梨子「それは鞠莉さん次第です」ニコッ

善子「ああ、このステージね。ここはあんまり好きじゃないわ」

【タカミクルーズ〜虹を渡るチカ〜クリア!】
178: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:57:48.81 ID:mbsaW79F.net
曜「リッコの部屋やチカのお屋敷なんて気になるステージ名がまだあったけど」

千歌「チョコの数が70を超えたからラスボスだね!」

果南「やっとだね。長かったよ」

花丸「もっとマルのステージを見たかったずら」

ダイヤ「私もエリーチカの勇姿をこの目にもっと焼きつけたかったですわ」

梨子「(ダイヤさんは寝てたから短く感じるんじゃないかな、多分)」

曜「てことで扉を潜って階段を登っていくよ」

善子「(うわぁ、階段の両脇の壁に絢瀬 絵里のポスターが沢山貼られまくってて気味が悪いわ。しかも一枚一枚ポスターの内容が違うって博物館じゃないんだから……)」

ルビィ「穴?」

曜「渡辺 曜、穴に突入するであります!」
179: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 23:06:21.93 ID:mbsaW79F.net
【天空の戦い!】

梨子「意外。ステージ名が普通になってる」

鞠莉「ラストぐらいはシリアスにしなきゃ駄目だと思ってね。どう?」

善子「ただ単にネタ切れなだけでしょ」

鞠莉「オゥ、随分と言うようになったわね」

花丸「善子ちゃんなりのじゃれ合いずら」

善子「そ、そんなことないわよってヨハネよ!」

ダイヤ「ふむ、ラストステージにも様々なルビィが沢山いますね。これで後はエリーチカの活躍を見られれば満足ですわ!」

果南「このゲームってルビィが7割ぐらい出ているよね」

千歌「全速前進だよ曜ちゃん!」

曜「ヨーソローであります!」
180: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 23:14:13.10 ID:mbsaW79F.net
梨子「にこさんのボディプレスや花丸ちゃんの火吹きなどなど」

果南「今まで出会った敵のオールスターってところかな」

ルビィ「ルビィの自爆特攻もまた見るんだよね……」

ダイヤ「爆弾の被り物をしているルビィも可愛いのでもっと自信を持っていいですわ!」ドヤァ

善子「ところで、マリーだけ今まで一度も出てないわよね」

鞠莉「……ノーノー。気のせいではないデースか?」

梨子「(あからさまに目をそらして確信犯ね)」

花丸「おー、もう土管に着いた」

曜「ラスボスへ突入ヨーソロー!」

鞠莉「ゴーゴーAqours!」

千歌「鞠莉さんって結構嘘下手なんですね」
181: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 23:20:28.32 ID:mbsaW79F.net
エリ『やっと追いつめたわノンタン!今度こそチョコを返してもらうわ!』

善子「今さらだけどチョコ一つにここまで追いつめるとはすごい執念よね」

ダイヤ「最後まで諦めないその姿勢……流石ですわ!」

ノンタン『ここまで来てしまったか、仕方ない。ウチが返り討ちにしてあげる!』

シュタッ

ウミ『リベンジです』

曜「わー、また海未さんが出るのかあ」

ルビィ「弓を構える海未さんが凛々しくてカッコイイなぁ」

千歌「頑張れ曜ちゃん!」

鞠莉「ゴーゴーヨーソロー!」
183: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 23:28:00.31 ID:mbsaW79F.net
ノンタン『ぎゃおーや!』ブワァァァァ

ウミ『全力でいきます!ラブアローシュート!』

梨子「希さんのファイアブレスは大きく回り込むことで避けて」

千歌「海未さんの矢は落ちてくる影を見て避けたんだね!」

曜「そして尻尾を掴んで爆弾へドーン!」

ドガーン

花丸「呆気なかったずら」

果南「ううん、あと2回爆弾に当てなきゃいけないからまだだよ」

ルビィ「曜さん頑張ルビィ!」

ダイヤ「そのまま倒すのです!」
184: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 23:37:59.48 ID:mbsaW79F.net
ノンタン『流石エリチ。次はこれや!』

ウミ『ウミ流奥義!玄武鳳仙花!』シュババババ

ルビィ「えぇ!?海未さんが増えた!?」

花丸「忍者ずら!影分身ずら!未来ずらぁ!」

善子「ねえ、これ本当に大丈夫なの?著作権とか(しかもなんかセリフが私のとすごい似てるんだけど)」

鞠莉「ノープロブレム。これはフィクションだから問題ナッシング!」

梨子「もう手遅れね」

千歌「それで、5人に分身した海未さんが」

果南「曜ちゃんたちを大きく囲って矢の雨を降らせているのかな?」

ノンタン『痛い痛い!ウチにも当てないで!』

曜「……自滅?」

ダイヤ「エリーチカも分身してくれませんの?」
186: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 23:44:25.98 ID:mbsaW79F.net
ドガーン

曜「なんか希さんは頭を抱えてうずくまってたから簡単だったよ」

鞠莉「キッズ向けのゲームだからその配慮よ。マリーのグッドアイディアを見直した?」

ノンタン『むむむ、ならば最後の手段や。スピリチュアルパワー注入!はーい、プシュッ!』

ウミ『ひゃああああぁぁぁぁ……!?』

ルビィ「うゅ?地面が崩れていっています」

花丸「あ、海未さんが巻き込まれて一緒に落ちていったずら」

果南「ラストバトルだね」

曜「張り切って行ってみよー!」
190: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 23:59:11.28 ID:mbsaW79F.net
ルビィ「地面が崩れて」

花丸「形が変わったずら」

果南「本当は星型になるんだけど、地面の形が絢瀬絵里さんの形になっているよね」

千歌「いつの間にか地面の色も変わってまんま絢瀬絵里さんになっているし」

鞠莉「イエース!ラストステージだからマリー頑張ってみたのよ。いけてるでしょ?」

ダイヤ「素晴らしい!素晴らしいですわ鞠莉さん!エリーチカに乗りながらエリーチカを動かせるなんて、まるでエリーチカに包まれているような気分です!」

善子「ちょっとなに言ってるかわからないんだけど」

梨子「(見方によっては床ドン……?)」

ノンタン『これがラストや!』

エリ『望むところよ!』
191: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/10(月) 00:07:32.31 ID:+8++PNgY.net
梨子「なんか希さんの素早さが上がってませんか?」

善子「スピリチュアルパワーの効果なのか魔法なようなものも使ってくるし」

曜「それでこそやりがいがあるよ!燃えてきたヨーソロー!」

千歌「おおっ!曜ちゃんの顔がいつになく輝いているよ!」

鞠莉「シャイニースマイルね!ファイトよ!」

ルビィ「す、すごいです!希さんが撃ってくる弾幕の群れを縫うように避けている!」

花丸「もう少しずら!」

ダイヤ「曜さん今です!」

曜「これで終わりであります!」

エリ『ハラショオオオオオオオオ!』

ドガーン

ノンタン『なんやてー!?』

果南「お疲れ、曜」
192: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/10(月) 00:17:41.06 ID:+8++PNgY.net
ノンタン『うぐっ……』

エリ『さあこれでおしまいよ!早くチョコを返しなさい!』

ノンタン『ふ、ふふ……ウチがやられても第2第3のウチが……がくっ』

花丸「希さんが消えて大きなチョコが出てきたずら」

梨子「これを取ってクリアだね」

エリ『やっと…やっとだわ。やっとこのチョコを食べられる!』モグモグモグモグ

ルビィ「あっという間に食べちゃった」

善子「マリー?そんなソワソワしてどうしたのかしら?」

鞠莉「ワ、ワッツ!?マリーは普通よ、いつも通りよ?」

善子「怪しい……」
193: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/10(月) 00:23:19.43 ID:+8++PNgY.net
エリ『こ、これは……これは!』

千歌「はえ?絵里さんが光りはじめた」

善子「進化?」

ダイヤ「つまりスーパーエリーチカになるのですね!」

曜「あ、背中に天使の羽根?みたいなのが生えてきた」

エリ『むむむむむ…………シャイニー!』

ルビィ「光が収まったら」

果南「鞠莉に変身しているね」

ダイヤ「ど、どういうことですの鞠莉さん!?エリーチカが進化すると鞠莉さんになるのですか!?つまり鞠莉さんはエリーチカということにいやこの場合はエリーチカが鞠莉さん?」

鞠莉「ステイステイ落ち着くのよダイヤ!これはあれよ。私を出す場所がなかったら仕方なく!そう、仕方なくここにいれたのよ」

善子「(言葉とは裏腹にすっごいニコニコしてる。自分が天使?として出られたのがよほど嬉しかったのかしら)」

マリーチカ『シャイニー!お城へ帰るチカ!』バサバサッ
194: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/10(月) 00:33:12.10 ID:+8++PNgY.net
千歌「城の入口に着いた」

果南「変身がとけて絵里さんに戻ったみたいだね」

ルビコ『大魔王ノンタンを倒してくれてありがとうございます!お礼にチョコパーティーを用意していますが、いかがでしょうか?』

エリ『もちろん食べるわよ!早く行きましょ』

ルビコ『あ、待ってください!』

【こうしてエリーチカの不思議な冒険は幕を閉じるのだった】

曜「はー、やっと終わったぁ」

ダイヤ「お疲れ様ですわ」

善子「長かったわねー、見てるだけで疲れちゃったわ」

梨子「うん、見てるだけで満足しちゃった」
195: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/10(月) 00:39:34.54 ID:+8++PNgY.net
ダイヤ「このゲームをやってみてどうでしたか?」

曜「うーんと、絵里さんが好きってことはよく伝わったよ」

善子「ルビィが好きなこともね」

ルビィ「うゅ……」

果南「ところどころ雑だったかな。特に水中ステージのところ」

ダイヤ「ふむ、改善点ありということですね。曜さんたちの意見を参考にしてこれを小原家と合同で発売しようと思うのですが」

鞠莉「イエース!これなら完売間違いなしね!」

千歌「それはやめた方がいいと思いますけど」

梨子「そうですよ、絶対やめた方がいいです!」

結局、ダイヤと鞠莉以外(特に梨子)の強い要望で、このゲームもお蔵入りとなった。


鞠莉「まだまだアイディアがあるわ!いつかAqours全員から許可をもらってやるんだから!」

梨子「鞠莉さん?先ほど聞きそびれた私の印象についての話がまだですから、今から聞きましょうか」

鞠莉「ノ、ノー!?待つのよ、早まったことはやめるのデース!」ズルズル

梨子「ふふふ、鞠莉さんの家でじっくりねっとりと聞きますので、覚悟しておいてくださいね♪」

鞠莉「オーノー!?ヘルプミー!」


鞠莉の野望は続く?
196: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/10/10(月) 00:42:52.37 ID:+8++PNgY.net
【〜余談〜】

絵里「ただいまー……って、これは?」

亜里沙「おかえりお姉ちゃん。黒澤家の人からゲームが送られてきたみたいだよ」

絵里「あー、あの時のインタビューがゲームになったのね。せっかくだから試しにやってみようかしら」

亜里沙「じゃあ私はもう寝るから、おやすみお姉ちゃん」

絵里「おやすみなさい……さて、ゲームのスイッチを入れてっと」

絵里「……」

絵里「……あら、私が主人公なのかしら」

絵里「……ちょっとなんでこんなに馬鹿っぽい服を着ているのよ!」

絵里「……意外と面白いわね」


結局徹夜してゲームをしてしまった絵里は、朝起きた亜里沙にこっぴどく叱られるのだった。


おしまい。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ダイヤ「スーパーエリーチカ64をやりますわよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。