善子「リリー、助けて!」梨子「二人で頑張って…?」

シェアする

善子-アイキャッチ23
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:43:48.91 ID:pzKbonOS.net
はえないよしりこSS

元スレ: 善子「リリー、助けて!」梨子「二人で頑張って…?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:44:24.78 ID:pzKbonOS.net
―音楽室

ガラッ ガララ

梨子「ん、よっちゃん。おはよう」

善子「おはよ」

善子「…」

善子「となり、いい?」

梨子「いいよ。」

善子「…」ススス ピトッ

梨子「…?どうしたの?」

善子「…邪魔だったら言って」

梨子「…ううん」

善子「…ごめんね」

梨子「気にしないで。」

善子「ありがと…」

梨子「…。」
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:45:09.24 ID:pzKbonOS.net
〜♪

善子「…」

善子「これ、今度のライブの曲?」

梨子「ううん。千歌ちゃんたちのユニットの。」

善子「ふうん…。なんかしんみりした曲ね。らしくないっていうか」

梨子「ふふ、そうかもね。千歌ちゃんも曜ちゃんも元気いっぱいだし」

梨子「でも意外と繊細なところもあるんだよ。これ読んでみて」

善子「歌詞?」

梨子「うん。私もね、千歌ちゃんに渡されたときはちょっとびっくりしたの」

梨子「でもとても素敵な詩だなって思って」

善子「…」

梨子「…。」
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:46:16.27 ID:pzKbonOS.net
善子「…あの三人だと、これ書いたのはルビィかしら」

梨子「誰だろうね…。意外と曜ちゃんかも」

善子「なおさらイメージに合わないけど…」

梨子「ふふっ」

梨子「あれでけっこう可愛いところもあるんだよ?」

善子「そうなの?…分からないものね」

善子「…。」

梨子「…。」

善子「…わたし、さっきね」

梨子「うん。」

善子「花丸にちょっと強く言っちゃって…」

梨子「…どうして?」

善子「大した話じゃなかったのよ。ただ…」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:47:36.03 ID:pzKbonOS.net
〜〜

花丸「おなかすいたずら…」

善子「いや、お昼たべたばっかりでしょ」

ルビィ「花丸ちゃん最近よく食べるよね」

花丸「それは自分でも分かってるんだよ?でも〜」ガサガサ ビリッ

ルビィ「またのっぽパン…」

花丸「今回はチョコ味ずら♪あ〜…♪」

善子「…あんたまた太るわよ?」

花丸「う゛っ」

善子「午前もちょいちょい食べてたじゃない。お昼だって少ないわけじゃないし」

善子「この前ようやく体重戻ったんでしょ?リバウンドしたらどうするの」

花丸「うっ…」

ルビィ(花丸ちゃん体重気にしてたんだね)

善子「せっかく痩せたんだから気をつけなさいよ」

花丸「〜〜〜!」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:49:30.11 ID:pzKbonOS.net
花丸「う、うるさいずらっ!」

善子 ビクッ

花丸「善子ちゃんには関係ないでしょ!」

善子「な、なによっ!関係ないってことないわよ!」

善子「あんたは私のと…!…お、同じグループなんだから!」

花丸「…!」

花丸「それならなおさら!」

花丸「まるが太ろうがダイエットしようが関係ないよっ!」

ルビィ「ま、まあまあ、二人とも落ち着いて…」

花丸「…そうずら、ライブのときまでに元に戻ってれば問題ないずら」

善子「そういうことじゃ…!」

花丸「『同じグループ』だもんね。一緒にステージに立つときだけ気をつければいいずら!」

善子「あんたねえ!」

花丸「同じグループってだけでそこまで言われる筋合いはないずら!」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:50:23.86 ID:pzKbonOS.net
善子「…!もう知らない!勝手に太って苦労すればいいじゃない!」

花丸「言われなくてもそうするずら!」

善子「ふんっ!」タタタタ ガラララッ ビシャン!

花丸「ふんっ!」

ルビィ「ピギィ…」

〜〜

善子「私が変に突っ込んじゃったのがいけないの。」

善子「花丸だって、気にしてたんだろうし…」

梨子「…そっか。ふふ」

善子「な、なによ。どうせ子供っぽいとか思ってるんでしょ」

梨子「ううん。そんなことないよ。」

善子「…?」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:55:26.58 ID:pzKbonOS.net
梨子「私って昔からこんな性格だから、そうやって言い合える友達はいなかったなって。」

梨子「だから…ちょっと羨ましいの。」

梨子「ごめんね、よっちゃんは悩んでるのに」

善子「そんなこと…」

善子「…ううん、そうね。よくないわね」

梨子「そうだよね、ごめん―」

善子「この私に意見できないような軟弱者をリトルデーモンにした覚えはないわ」

善子「いい、リリー?あなたの主たるこのヨハネに遠慮はいらないの」

善子「いままであなたにそういうー…と、友達ぃ?が?いなかった?ー、としても…」

善子「…今は、わたしや、わたしのリトルデーモンたちがいるんだから…ね?」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:58:06.95 ID:pzKbonOS.net
梨子「…そっか。」

梨子「やっぱり、よっちゃんは優しいね」

善子「は、はああ?!この堕天使のヨハネが、そんなわけないでしょ!」

梨子「よっちゃん」ギュッ

善子「!」

梨子「ありがと」

善子「…わ、わかればいいのよ。うん。さすがわたしね」

梨子「そうだね、さすがよっちゃんだね♪」

善子(くううううぅぅぅ…///恥ずかしい…!///)

梨子「ね、よっちゃん。よっちゃんのリトルデーモンの中に、花丸ちゃんはいないの?」

善子「…そ、そんなの当たり前でしょ。」

善子「は、花丸だってわたしのリトルデーモンよ。リリーもルビィもみんなそうなんだから!///」

梨子「照れちゃってかわいいなあ…」(ふふふ、そうだよね)

善子「え?//」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:59:09.79 ID:pzKbonOS.net
梨子「よっちゃんはリトルデーモンとぎくしゃくしたままでいいの?」

善子「それは…」

梨子「これは私の予想なんだけどね」

梨子「きっと、よっちゃんは花丸ちゃんに本当の想いを言ってないと思うんだ」

善子「言ったわよ。また太るって」

梨子「そうだね。じゃあ、なんでそんな注意をしたの?」

善子「そりゃあ決まってるでしょ、…『同じグループ』だから、」

梨子「本当に?」

善子「…」

梨子「本当に『同じグループ』だからってだけ?」

善子「………」

梨子「…きっと、それをちゃんと伝えられれば大丈夫」

梨子「花丸ちゃんもよっちゃんと同じくらい善い子だから」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 18:00:19.23 ID:pzKbonOS.net
善子「…リリー」スクッ

梨子「なに?」

善子「この前ね、とってもいいお店を見つけたの」

梨子「うん」

善子「特別に教えてあげるから…よ、予定、空けといて」

梨子「わかった。楽しみにしてる」

善子「ぜ、絶対だからね!」

梨子「うん。」

善子「絶対よ!週末には行くからね!」

梨子「ふふ。よっちゃんこそ、絶対、つれてってね♪」

善子「〜〜!///」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 18:01:12.69 ID:pzKbonOS.net
タタタ ガラッ

善子「…リリー!」クルッ

梨子「?」

善子「……あ、」

善子「ありがとねっ!」

梨子「…うん♪」

ガララ タタタタタタ...


梨子(…私がここに引っ越してきて、よっちゃんと逢ってからまだ数ヶ月)

梨子(そんな私でも分かるよっちゃんの優しさに)

梨子(幼馴染の花丸ちゃんが気づかないはずないんだよ)

梨子(…よっちゃんも花丸ちゃんも、可愛いなあ♪)
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 18:03:27.04 ID:pzKbonOS.net
―図書室

ガラッ

善子「花丸っ」

花丸 ビクッ

花丸「よ、善子ちゃん…」

善子「…えっと…」

善子「その…さっきは、ごめん」

花丸「…ううん…まるこそ」

花丸「ほんとはね…善子ちゃんが『同じグループだから心配してる』んじゃないって、わかってたの」

花丸「でもついカッとなっちゃって…ごめんなさい」

善子「…わたしも、ちゃんと言えばよかったって気づいたの」

善子「『同じグループだから』とかそんなんじゃなくて」

善子「花丸はわたしの…」
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 18:05:08.53 ID:pzKbonOS.net
善子「…わたしの、友達だから」

善子「って…さっき、そう言えば良かっただけだって」

善子「ごめんなさい。」

花丸「…えへへ。おたがいさま、だね」

善子「それだけじゃないの。」

花丸「?」

善子「体重のことできつく言っちゃったのもあるし…」

花丸「なんだ、そんなこと?」

善子「え?」

花丸「いいの、気にしてないよ、善子ちゃん。」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 18:05:57.88 ID:pzKbonOS.net
花丸「あれだって、本当に心配してくれてたってことでしょ?」

花丸「それくらい分かってるずら!」

花丸「だからやっぱり、おたがいさまっ!ね?」

善子「花丸…」

善子「ふふっ…そうかもね。」

花丸「うん♪」

花丸「…そ、それでね、善子ちゃん。ひとつお願いが…///」

善子「うん?なによ?」

花丸「善子ちゃん、まるに堕天使が出すぎたら止めてって言ってたでしょ?」

善子「言ったわね」

花丸「だからね、まるが食べすぎてると思ったら、善子ちゃんに止めてほしいずら…///」
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 18:08:06.05 ID:pzKbonOS.net
善子「わたしに?」

善子「…いいの?また強く言っちゃうかもしれないけど」

花丸「大丈夫ずら!このままじゃ、善子ちゃんのいったとおりリバウンドしちゃうかもしれないし!」

善子「胸張って言うことじゃないわよ…」

花丸「それに、ほら、人目があった方が節制できると思うし…」

善子「しょうがないわね。…まぁ?とっ…友達だし?それくらいは…」

花丸「ほんと?!」

善子 ビクッ

花丸「やったずら!じゃあ早速帰りにのっぽパン買ってくずらー!」ダダダダ...

善子「はあ?!あんたいま自分が何て言ったかわかってる!?ちょ、待ちなさいよー!」ダッ


<帰るならまず図書室の鍵閉めなさいよ!

<どうせこんなとこ誰も入りやしないずら!それより、あんまり遅いと置いてくずらよ!

<なんでこういうときだけ速いのよ!ぜ、絶対食べさせないんだからぁー!
21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 18:10:41.61 ID:pzKbonOS.net
――週末、ある喫茶店

梨子「落ち着いてていい雰囲気だね。」

善子「でしょう?軽食の類も絶品よ」

梨子「そうなんだ…あれ?でもよっちゃん、さっき注文したの紅茶だけじゃなかった?」

善子「う゛」

善子「…あのね。ずら丸のダイエットに協力してるのは言ったでしょ?」

梨子「うん。とりあえずリバウンドはさせてないって話だったよね」

善子「そうなの。でね、あいつの間食を片っ端から食べさせられてるんだけど…」

梨子(あっ読めた)

善子「そしたらわたしの体重が増えてきちゃって…」

梨子(そうなるよね)

善子「だから…お願い!」

善子「リリー、助けて!」

梨子「二人で頑張って…?」





おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「リリー、助けて!」梨子「二人で頑張って…?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。