穂乃果「さすが凛ちゃん」

シェアする

凛-アイキャッチ25
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 06:35:21.62 ID:6FksO3BmO
前作 穂乃果「さすが真姫ちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1476125761

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476394521

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

元スレ: 穂乃果「さすが凛ちゃん」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 06:39:07.77 ID:6FksO3BmO
とある日の午後

凛「でね、それが傑作でね」

穂乃果「自分から傑作って言うなんてよっぽどなんだね」

凛「うん。それはもう面白いよ?」

穂乃果「凛ちゃんわかってる?今自分でハードル上げてるよ?」

凛「大丈夫!凛は陸上競技が得意にゃ」

穂乃果「本当に?本当に大丈夫?微妙な空気にしないでね?」

凛「うん!えっとね」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 06:44:27.42 ID:6FksO3BmO
不良少女A「おい、お前ら」

凛「え?」

穂乃果「何?何ですか?」

不良少女B「ちょっと、お金貸してくれない?」

穂乃果「うわぁ。ついにトラブルが直接来たよ。コナン君ばりの遭遇率だよ」

不良少女A「何言ってんの?」

穂乃果「言えこっちの話です」

不良少女B「とりあえず、金」

穂乃果「穂乃果は2年生なんだから凛ちゃんは守らなきゃ」

不良少女A「何ぶつぶつ言ってんだよ?」

穂乃果「ぶつぶつも言いたくなるよ!」

不良少女A「あ?」バン

穂乃果「ひい」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 07:33:03.45 ID:6FksO3BmO
不良少女A「とりあえず、持ってる金を出せよ」

穂乃果「私の…私の分は出すから凛ちゃんからは取らないで」

不良少女B「はあ?」

凛「おかしいにゃ」

穂乃果「え?」

不良少女AB「は?」

凛「どう考えてもおかしいよ」

穂乃果「り、凛ちゃん?」

不良少女A「何がおかしいんだ?」

凛「お金を借りる時にそんな言い方はおかしいよ」

穂乃果「そこ?」

不良少女A「え?」

凛「穂乃果ちゃんは優しいから何も言わないけどそんな言い方はないよ。ちゃんとお願いしなよ」

不良少女A「え?」

穂乃果「いや、凛ちゃん?論点が…」

凛「だいたい、よく考えたら初対面の人にお金を借りるなんておかしいよ」

不良少女A「うん…まあ」

凛「初対面の人に借りなきゃいけないような事があったの?緊急なの?」

不良少女B「そ、そうだよ。実は母親がな」

凛「え?それは大変にゃ」

不良少女B「まだ、何も言ってねえよ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 12:26:03.02 ID:6FksO3BmO
凛「実は母親がなんて言われただけで緊急事態だってわかるよ」

穂乃果「凛ちゃん、それは時期尚早だよ。あ、噛まないで言えた!時期尚早!」

不良少女A「と、とりあえずこいつの母親がピンチなんだよ。な、金を貸してやってくれよ?」

凛「うん。ちょっと、待ってね」

不良少女B「…こいつバカだな」

凛「はい。凛の全財産」

355円

不良少女B「500円もないじゃねぇか」

凛「本当は明日オープンのラーメン屋さんにかよちんと真姫ちゃんと行く予定だったんだけど…」

不良少女A「いや、ラーメン食べれないぞ?355円じゃ」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 12:30:13.76 ID:6FksO3BmO
凛「もしかして…足りない?」

不良少女B「…まあ」

凛「穂乃果ちゃん!穂乃果ちゃんも貸してあげて?人助けだよ?」

穂乃果「いや…あのね、凛ちゃん。この人達は」

凛「穂乃果ちゃん」

穂乃果「もぉ〜…はい」

275円

不良少女B「もっと、少ないじゃないか」

凛「足りないよね?凛、他の人にもお願いしてみる。すいませーん」

不良少女A「ち、ちょっと」

不良少女B「やめろ、やめろ。恥ずかしいだろ?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 12:32:56.95 ID:6FksO3BmO
凛「恥ずかしいけどお母さんの命には替えられないよ」

不良少女B「いつから母親が死ぬ事になった?」

穂乃果「凛ちゃん」

凛「すいませーん」

穂乃果「凛ちゃんてば」

凛「何?穂乃果ちゃん」

穂乃果「嘘だよ。この人達が言ってることは全部嘘だよ。穂乃果達からお金を巻き上げようとしてるだけだよ」

凛「…そうなの?」

不良少女B「…そうだよ。考えりゃわかるだろ」

不良少女A「それともおちょくってるのか?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 12:37:39.91 ID:6FksO3BmO
凛「…」

穂乃果「凛ちゃん?」

凛「なら、よかったにゃ。お母さんの身に何もなくて」

不良少女A「はあ?何言ってんの?」

不良少女B「ウチ等はかつあげしようとしたんだぞ?」

凛「でも、されてないよ?」

不良少女B「…でだよ。何で見ず知らずの人間の為にそこまですんだよ?普通は信じねえだろ?ウチ等なんか…」

凛「何で?悪い人には見えなかったよ?」

不良少女A「…うっ」

不良少女B「…」

凛「それに、凛は誰かが泣くのは見たくないの」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 12:44:18.68 ID:6FksO3BmO
不良少女A「…教師にも同級生にも見捨てられたウチ等を…」ジワ

不良少女B「…こいつは…うう」

凛「え?え?なんで、泣いてるの?」

不良少女A「悪かったな」

凛「え?」

不良少女B「…お前、名前何て言うんだよ?」

凛「えっと…星空凛にゃ。音ノ木坂のスクールアイドルμ'sの星空凛にゃ」

不良少女A「スクールアイドル…」

不良少女B「μ's…」

凛「うん」

不良少女B「そうか、スクールアイドルか」

不良少女A「好きだったな…アイドル」

星空凛「まだ、遅くないよ」

不良少女A「ふふ、そうだな」

不良少女B「やり直して…みるか?」


穂乃果「人を信じる事って凄い事なんだね。例え、それが嘘でも…何か変わるかもしれないんだね。凛ちゃんの純粋な心が人を救ったんだ。さすがだよ、凛ちゃん」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 13:54:28.83 ID:6FksO3BmO
ある日の放課後
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 14:04:06.84 ID:6FksO3BmO
パァン

凛「にゃぁぁぁぁあ」

タンッ

陸上部顧問「12秒03」

部員A「星空さん、凄い」

部員B「さすがね」

部員C「もう陸上部に入部しちゃいなって」

凛「アハハハ、でも、凛はアイドル研究部だから」

部員D「…」

真姫「凛は何をやってるのよ」

花陽「凛ちゃんって運動が凄く得意でしょ?陸上部の顧問の先生が体育の時に走ってるのを見て一度陸上部の練習に参加してみないかって」

真姫「何でそうなるのよ。凛はμ'sの一員でしょ?まさか、陸上に…」

花陽「それはないよ。ただ、足が速い凛ちゃんが練習に参加すれば他の部員の部員も触発されて闘志に火がつくんじゃないかって思ったらしいよ」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 14:20:40.49 ID:6FksO3BmO
パァン

凛「いっくにゃあ」

真姫「ふぅん。そんなものかしら」

翌日

真姫「凛、今日も陸上部に顔出すの?」

凛「うん。1週間って約束だから。アイドル研究部の方にもちゃんと後から行くにゃ」

真姫「もう」

花陽「心配しなくても大丈夫だよ?凛ちゃんはμ'sをやめたりしないから」

真姫「だ、誰が心配なんて」

陸上部顧問「星空、お前凄いなぁ。お前ならオリンピックも夢じゃないんじゃないか?」

部員A「そうだよ。もう、陸上部に入っちゃいなって」

部員E「園田先輩みたいに掛け持ちでもいいじゃん」

凛「いや、でも」

バン

凛「ん?」

部員D「…気に入らねぇ」

凛「…あの子は」

部員C「気にする事ないよ。あなたが来て今まで絶対的エースだった立場が揺るぎそうだから焦ってるのよ」

部員A「もともと、自分勝手な子だからね」

凛「ふうん」



部員D「おい。こそこそ、悪口言ってる所悪いけど」

部員A「悪口なんて誰も」

部員D「あんたには言ってない。星空、はっきり言って目障りなの。本気じゃないなら出ていって頂戴」

凛「…」

部員C「気に入らないならあなたが出ていけばいいでしょ?」

部員A「でも、それは…この子が居なきゃうちの陸上部は」

部員D「じゃあ、こうしよう。100m走で負けた方がこの部を去る」

部員A「そんな」

凛「いいよ」

部員D「決まりね」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 17:12:08.43 ID:6FksO3BmO
部員D「明日の放課後、場所はここでいいわね?」

凛「うん」

部員D「…逃げないでよ」



真姫「何なのよ、あの人」

花陽「…凛ちゃん、大丈夫かな?」


下校中

真姫「凛、あんな嫌な人こてんぱんにやっつけちゃいなさい」

花陽「真姫ちゃん、ケンカするんじゃないんだから」

凛「あ、子猫だ」

ダッ

真姫「…緊張感ないわね」

花陽「っていうか凛ちゃん猫アレルギーだよね?」

ピキッ

凛「にゃ」

花陽「り、凛ちゃん?」

凛「痛いにゃ」

真姫「大丈夫?」

凛「う、うん」

真姫「…足をつったのね」

凛「な、なんだぁ。足をつっただけか」

真姫「…」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 17:31:50.54 ID:6FksO3BmO
〜決戦の日〜

部員D「あら、逃げなかったのね」

凛「…」

部員A「星空さん、ファイト」

部員B「頑張ってね」

部員D「どうしたのかしら?元気ないわね」

凛「…凛は走る前のこの感じが大好きにゃ。これから風になれると思うと不思議と心が穏やかになる」

部員D「へえ」

凛「凛は今…絶好調にゃ」

花陽「凛ちゃん格好いい」

真姫「…」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 17:40:17.65 ID:6FksO3BmO
部員E「位置について。ヨーイ、ドン!」

凛「にゃぁぁぁぁ」

部員D「はっ」

真姫(それは、あっという間だった。凛より先にゴールする彼女の姿がそこにはあった)

花陽「…凛ちゃん」

部員A「…嘘」

凛「はあ、はあ、へへ。負けちゃったにゃ」

部員D「はあ、はあ。当たり前でしょ?私が本気じゃない人に負けるわけないじゃない」

凛「…そうだね」

部員D「約束よ?あなたにはこの部から出ていって貰うわ。…でも、あなたが本気で取り組めば…まあ、良いライバルになれたかも」

凛「うん。…でも、さっき凛は走るのが大好きって言ったけど…もっと大好きなものを見つけちゃったんだ」

部員D「知ってるわよ。…だから、あなたの事が気に入らないのよ」

凛「…うん」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 17:46:58.23 ID:6FksO3BmO
凛「あ〜、お腹すいたな〜。ラーメン食べて帰ろうよ?今日は特にお腹空いたにゃ」

海未「陸上部に顔を出してからこっちの練習もですもんね?」

穂乃果「ほえ〜、凄いね凛ちゃん。海未ちゃんも似たようなもんだけど」

凛「えへへ」

真姫「…凛」

凛「何?」

真姫「あなた、昨日の足の痛みがまだ…」

凛「真姫ちゃん…凛は絶好調だったよ?凛はあの子には勝てないよ。だって…」

真姫「…そうね」





19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 17:50:43.18 ID:6FksO3BmO
数日後

部員D「…」

部員A「…あなたの番よ」

部員D「…うん」

部員A「珍しいわね。あなたが走る前に音楽を聞いているなんて。雑念は排除したいとか言ってた癖に」

部員D「…最近よく聞くんだ。流行りの…スクールアイドルらしいんだけど」

部員A「へえ」

部員D「他に好きなものを見つけた…か。さすがだな」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:19:03.12 ID:6FksO3BmO
とある日の休日

ピンポーン

にこ「はーい」

凛「やあ」

にこ「…凛?」

希「ウチもいるよ?」

にこ「…何しに来たのよ?」

凛「え?遊びに来たんだよ?」

にこ「何で急に来るのよ」

凛「暇だったから」

希「ね?」

凛「ね」

にこ「私は暇じゃない」

ここあ「お姉ちゃーん。早くDVDの続き見ようよ」

凛「あ、ここあちゃん」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:22:08.96 ID:6FksO3BmO
ここあ「あ、μ'sのお姉ちゃん達」

希「こんにちは」

ここあ「こんにちはー」

にこ「ここあ、ちょっとあっち行ってなさい」

ここあ「ねえねえ、お姉ちゃん達も一緒にDVD見ようよ」

にこ「え?」

凛「いいの?」

ここあ「うん。皆で見た方が楽しいよ」

にこ「もう、しょうがないわね」

ここあ「やったぁ」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:28:05.17 ID:6FksO3BmO
1時間後

にこ「ここの曲のこの部分が凄いのよ?」

凛「…へえ」

希「…そうなんだ」

にこ「もう一回巻き戻すからよく見なさい?アイドルの勉強になるわよ?」

ここあ「お姉ちゃん、続き見ようよ」

虎太郎「はやく〜」

こころ「二人とも?お姉さまはアイドルのお勉強をしてるんですよ?」

ピンポーン

にこ「あ、良い所だったのに」

凛「凛が替わりに出ようか?」

にこ「…そうね。この時間ならセールスよね。お願いしていい?」

希「凛ちゃん一人だと不安やからウチも行くよ」

凛「あ、希ちゃん逃げる気でしょ?」

希「ちょっとだけやって。凛ちゃんこそやん」

ピンポーン

凛「今でまーす」

ガチャ


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:32:15.28 ID:6FksO3BmO
セールスマン「こんにちは〜」

凛「…こんにちは」

希「…こんにちは」

セールスマン「あの…お母さんいるかな?」

凛「…いませんけど」

希「ちょ…凛ちゃん」

セールスマン「あ、お姉さんがいるじゃないですか」

凛「お姉さんじゃないですよ。友達です」

セールスマン「あ、そうなの?」

希「…はい」

セールスマン「じゃあ、今はお家の方は他にいないのかな〜?」

凛「居ますけど…凛よりちっちゃい子しか」

希(にこっちもちっちゃい子なんやね)

セールスマン「そっか。じゃあ、お嬢ちゃんにお話を聞いてもらおうかな?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:37:38.91 ID:6FksO3BmO
凛「お話しですか?」

セールスマン「うん。お嬢ちゃん今いくつかな?中学生かな?」

凛「高校1年生ですけど」

セールスマン「あっ…そうなの?そうなんですか?」

希(絶対中学生以下やと思ってたやろ)

セールスマン「じゃあ、こちらの方は近所のお姉さんとかじゃなくて」

凛「だから、友達にゃ」

セールスマン「そ、そうなんですね」

凛「はい」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:55:16.10 ID:6FksO3BmO
セールスマン「じ、じゃあお嬢ちゃんじゃなくてえ…えっと」

凛「星空凛です」

セールスマン「星空さんにちょっとお話を聞いてもらおうかな?」

凛「はい」

セールスマン「星空さんは普段お水を飲む時はどうしてるかな?」

凛「コップで飲みます」

セールスマン「…うん。そうだね。そうだよね?説明の仕方が悪かったかな?水道水を飲むのかな?」

凛「はい。浄水器がついてるので水道水を飲みます」

セールスマン「そうなんだ。でも、その浄水器って本当に信用出来るのかな?」

凛「うん。前に取り付けに来た時ついでに水質検査してもらったら問題なかったです」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 22:01:01.74 ID:6FksO3BmO
セールスマン「あっ、そう」

凛「うん」

希「ぷっ」

セールスマン「じ、じゃあ、他の商品を…星空さんは最近良く眠れてますか?」

凛「うん。布団に入ったら10秒で寝れるよ?」

セールスマン「そうですか。お父さんとかお母さんは眠れてるかな?」

凛「うん。あっ、でもお父さんはたまに眠れないって言ってるときがあるかも」

セールスマン「でしょう?あ、もしよかったらお父さんがどんな布団で寝てるか見せてもらっても良いかな?」

凛「え?凛の?」

セールスマン「いえ、あなたのお父さんの」

凛「うん。凛のお父さんのでしょ?」

セールスマン「…はい」

凛「でも、凛の家は結構距離ありますよ?」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 22:08:20.65 ID:6FksO3BmO
セールスマン「え?」

凛「ここから20分はかかりますよ?」

希「ふふ」

セールスマン「あれ?星空さんの家は?え?」

凛「…ここは凛の家じゃないよ?」

セールスマン「え?じゃあ…あっ、こちらの方の…」

希「いえ…くふっ…ウチも違いますよ」

セールスマン「は?じゃあ、ここは誰の?」

凛「友達の家ですよ?」

セールスマン「は?」

希「だから、友達の家です」

セールスマン「…なるほど。じゃあ、お友達は?」

凛「ちょっと待ってて下さい」

ダッダッダッ

凛「にこちゃーん。セールの人が来てるよ?」

にこ「あのね…間に合ってるから帰って貰って」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 22:10:57.47 ID:6FksO3BmO
凛「あの、間に合ってるので申し訳ありませんがお引き取りください」

セールスマン「…」

凛「すいません」

セールスマン「…はあ」

希「プッ」

ガチャ

希「アハハハハハ。さすがは凛ちゃんや。悪徳商法もお手上げやね」

凛「え?悪い人だったの?」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/14(金) 22:13:15.97 ID:6FksO3BmO

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「さすが凛ちゃん」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「さすが凛ちゃん」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。