曜「千歌ちゃんとコスプレえっちしたいなぁ……」

シェアする

曜-アイキャッチ10
1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 14:13:53.88 ID:Y+GHc/+f.net
曜(したいなぁ……)トボトボ

※生え&えっちい
※ちかハー形成済み


〜アイドル部 部室〜

ガラッ


曜「おはヨーソロー! 」


シーン...


曜「って 誰もいない……?」キョロキョロ

鞠莉「あっ、曜〜☆」シャイニー☆

曜「あ……鞠莉ちゃん。えっと、みんなは?」

鞠莉「ん。帰っちゃった♡」

曜「えっ?」

鞠莉「ちょっとした事件があってね。ふふっ♡ みんな一目散にお家に帰っちゃった♡」

曜「じ、事件って!」

鞠莉「ノンノンノン」チッチッチ

鞠莉「危険が危ないとかじゃないわ。現に私がここにいるわけだし――」

曜「…………??」

鞠莉「今日は 曜は水泳部の練習が先にあったでしょう? ちかっちはお家のお手伝い」

曜「うん、だから。後からになっちゃうけど……って、来たんだけど」

鞠莉「そうそう、だから曜を待ってたの♡ これを――よいしょ」ゴトッ

曜「え?」

鞠莉「渡すためにネ♡」

曜「なにこれ? ヘルメット? じゃない よね……?」

鞠莉「フフン☆」

鞠莉「これは名付けて『ちかっちVR』デス!」バーン!!

元スレ: 曜「千歌ちゃんとコスプレえっちしたいなぁ……」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 14:14:54.91 ID:Y+GHc/+f.net
〜回想〜

みんな「ちかっちVR!?」

梨子「な、なんなのその……」チラ

善子「えっ!? なんでこっち見るのよリリー!」

善子「そのツッコミどころ満載だけど私キャラじゃないからできないし、よっちゃんがツッコミ入れてよ的な視線!!」

梨子「いや、さすがにそこまで思ってないわ……」


花丸「……?」ジロジロ

花丸「…………??」ツンツン

ルビィ「まるちゃん……棒で突っつくのはやめた方が……」アハハ

ダイヤ「なんですのこれは?」

果南「ちかっち……って、なに? また千歌絡み?」


鞠莉「Yes!」

鞠莉「これは小原家が開発した超スペシャルなバーチャルリアリティを体験できるマシィーンよ!」


☆説明省略☆


花丸「みっ、み!」プルプル

花丸「未来ずら〜!!」

果南「つまり、使用者のある程度の考えを読み取って 千歌とバーチャル世界でイチャイチャできる……ってこと?」

鞠莉「さっすが果南♡ 理解が早いね」

ダイヤ「はっ、ハレンチですわっ!///」

ダイヤ「そんな如何わしい機械……ごくっ……♡」

ルビィ「お、お姉ちゃん……」ゴクッテ...

梨子「いやいや、どう考えても無理が……」

梨子「そんなすごい機械が存在するなんて……」ドキドキ///

善子「リリー、あなた目が食いついてるわよ……」

梨子「――はっ!?///」
3: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 14:16:40.88 ID:Y+GHc/+f.net
鞠莉「んー……☆」

鞠莉「なんなら使ってみればいいじゃない? 安全は保証するわよ♡」

鞠莉「これを被ってスイッチ押すだけ♡ 簡単――でしょっ! えーいっ!♡」ガバッ

ダイヤ「あっ、ちょっと!?」

ダイヤ「きゃあっ!?」

鞠莉「装着、っと。どう? あまり重くはないでしょう?」

ダイヤ「え、えぇ」

ダイヤ「でも目の上まで覆われてて 真っ暗で怖……って違いますわ! どうして私が――」

鞠莉「スイッチオン♡」( 。・ω・。)ノ 凸ポチッ

ダイヤ「こんな実験の様な真n」ピタッ

みんな「!?」

梨子「動きが……」

ルビィ「とまった……。お、お姉ちゃぁ……?」

果南「だ、ダイヤ〜……?」
4: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 14:18:07.76 ID:Y+GHc/+f.net
ダイヤ「」ピク


果南「動い、た?」

善子「……って/// ちょっと!?///」


ダイヤ「……っ///」ムクムク...♡

ダイヤ「ちょ、ちょっと千歌さ……んっ///」

ダイヤ「やめ……っ♡」モゾモゾ


花丸「わ、わー……///」チラ

ルビィ「お姉ちゃん!?///」

果南「ま、鞠莉……なんなのさ これは///」


ダイヤ「はぁ……はぁ……」ギンギン

ダイヤ「ちっ、千歌……さんっ♡ そこ♡ そこはぁ……っ♡」シコシコ♡


鞠莉「ワーオ♡ 自分で扱きはじめちゃった♡」

果南「鞠莉!///」

鞠莉「……言ったでしょ。ある程度使用者の考えを読み取って、その妄想のちかっちを再現する……」

鞠莉「ダイヤったら、イヤらしい妄想をしてたってことネ……♡」


ダイヤ「っ♡ っ♡ っ♡」ガクガクガク

ダイヤ「うっ♡ うっ♡ うっ♡」ヘコヘコ

ダイヤ「はぁっ♡ はぁっ♡」ゴシッゴシッゴシッゴシッ


梨子「ちょ……!///」

梨子「ちょっと本当に大丈夫なの?///」

果南「うわ……スカートごと……両手で握って……///」

花丸「む、夢中で扱いてるずらぁ……///」マジマジ

鞠莉「あらら……♡」

善子「……///」

ルビィ「お お姉ちゃんが……あんな下品に腰 振っ……///」
5: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 14:22:24.29 ID:Y+GHc/+f.net
ダイヤ「ぅ♡ っ♡」ガクガクガク

ダイヤ「うっ♡♡♡」ビクッ!! ビクンビクン!! ビクッ!!

ダイヤ「ふーっ!♡ ふー……っ!♡」ガクガクガク

ダイヤ「う゛♡ う゛♡」ヘコヘコ♡


みんな「……///」

みんな(これ……イッちゃった……んだよね)///


ダイヤ「ふ……っ♡ うっ♡」

ダイヤ「うぅ……♡♡」クタァ


鞠莉「はい♡ お疲れ様♡」スイッチオフ

ダイヤ「あっ♡」ビクッ!!

鞠莉「……ダイヤ〜☆ おはよう♡」ハズシハズシ

ダイヤ「え……?♡ ま、まり、さん……?♡♡」ボーッ

ダイヤ「わたくし……♡」

鞠莉「……♡」

ダイヤ「――っ!?」ハッ!?



――マリサアアァァァァアアアンンン!!!
7: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 14:23:22.70 ID:Y+GHc/+f.net



ダイヤ「〜〜!!」ガミガミガミ

鞠莉「〜〜♡」ニコニコ

ダイヤ「っ!?///」

ダイヤ「!!!!」ドカーン!!


果南「すごいね、これ……」

ルビィ「お、お姉ちゃんがあんなことになっちゃうなんて……///」

花丸「お、オラ 正直 使ってみたいかも……」ズラ

善子「ずら丸……あんた さっきの見てなかったわけ?///」

善子「あ、あ、あんな痴態を晒すなんて……///」

花丸「痴態に関しては善子ちゃん いつも晒してるずら」

善子「どう言う意味よっ!///」

梨子「でも ちょっと危なくない……? 意識が飛んでたみたいだし……」

果南「それだけ精巧って言うか、没頭? できるんだろうけどね」

花丸「じゃあ みんなは使いたくないずらか?」
8: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 14:29:27.11 ID:Y+GHc/+f.net
鞠莉「――人数分あるわよー♡」

みんな「!?」

ダイヤ「鞠莉さんっ、まだ話は終わってませんわ!」

鞠莉「んもーダイヤうるさいうっとおいしい。炭になっちゃえば?」

ダイヤ「」プチ

果南「まぁまぁ、それで、鞠莉」

鞠莉「んー?」

果南「これ、人数分って」

鞠莉「言葉通りの意味よ♡ みんな使いたいかな〜ってプレゼント。まぁ、使用感教えて欲しいっていうのもあるけど……」

鞠莉「でもマルちゃん以外は乗り気じゃないみたいだしぃ」ニヤニヤ

みんな「……!!」

鞠莉「マルちゃんにはプレゼントしようかなっ♡ ほしい?」

花丸「くれるずらか!? 未来はこの手の中ずら〜!♡♡」パァ

ダイヤ「ちょっとお待ちなさい!」

鞠莉「なぁによー。お説教はイヤよ」

ダイヤ「私も欲しいですわっ!!」

みんな「………………」


ルビィ「お、お姉ちゃんが……ならルビィも……」オズオズ

善子「まっ、待ってよ! 誰も欲しくないなんて言ってないわよ!///」

花丸「オラは欲しいって言ったずら♡」

梨子「……わ、私も 興味ない……って言ったら嘘になるけど」チラチラ

善子「めっちゃ興味津々!?」ズガーン!!

果南「わ、私はどうかな……こう言うのよくわからないし」

果南「まぁ、使ってはみたい けどさ」
11: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 14:37:58.42 ID:Y+GHc/+f.net
鞠莉「決まりね♡ はい、どうぞ♡」


〜回想おわり〜



鞠莉「って言うわけ。みんな 練習そっちのけで帰って早速使うんだって」

鞠莉「曜も使うでしょう? これ―ー」

曜「ちょーっとまったぁー!///」

鞠莉「……ん?」

曜「いやいや、だいぶ足早な回想だったけどさ!/// これがすごいのはわかったけどさ!///」

鞠莉「だから?」

曜「いや……でも、千歌ちゃんに申し訳ないって言うか……千歌ちゃんは知ってるの? これ……」

鞠莉「」フルフル

曜「おーい!///」

鞠莉「えぇ……だって ちかっちに言ったら怒られそうなんだもん」

曜「えー……」

鞠莉「じゃあ曜はいらないの、これ」

曜「いっ、いらないよ!/// 私は現実の千歌ちゃんとイチャイチャしたい!///」

鞠莉「へぇー。ふーん。ふぅーーん」

曜「な、なにさ」

鞠莉「これ使えば、色んな制服を着たちかっちも見放題なんだけどなぁ〜」

曜「―ーなん、だと……」

鞠莉「ライブの衣装はもちろん、ありとあらゆる制服ちかっち 見れるんだけどな〜 んーもったいないなぁ♡」

曜「…………制服」ゴクッ
13: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 14:47:13.03 ID:Y+GHc/+f.net
鞠莉「別にイヤラシイ目的じゃなくてもいいと思うケド♡」

鞠莉「頭の中でイメージした衣装を 作る前にちかっちに着せたりとか。便利だと思うケドなぁ♡」ニヤニヤ

曜「そ、それは……うん、それは便利……便利だね」

鞠莉「」ニヤー

鞠莉「ぜひっ、曜にも使った感想 きかせてほしいかも♡」

曜「……しょ」

曜「しょうがないなぁ……」ニヤニヤ

曜「鞠莉ちゃんがどうしてもっていうから、仕方なく使うけど。千歌ちゃんにはないしょだからね。絶対!」

鞠莉「もちろん♡ ちかっちに嫌われたくないもんね♡」ハイ ドウゾ

曜「あ、ありがとう……」

曜(これさえあれば……千歌ちゃんとコスプレえっち……できる……!?)ゴクッ

鞠莉「」ニヤニヤ

曜「じゃ、じゃあ私も帰ろうかな。うん。別に早く使いたいとかじゃないけど。みんないないし。練習ないし」

曜「それじゃあ帰るねバイバイッ!」タッタッタ

鞠莉「ちゃお〜☆」フリフリ


鞠莉「――ふふっ♡」

鞠莉「楽しみだな〜☆ これからどうなるのか……♡」


〜〜〜〜
15: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 14:49:42.79 ID:Y+GHc/+f.net
〜幕間のおまけ
ダイヤちゃんの妄想編〜


〜生徒会室〜


ダイヤ「スクールアイドル部は認めません!」

千歌「ガーン!!」

千歌「ど、どうしてですか!?」

ダイヤ「必要ないからですわ。それ以外に理由など必要ありません」プイッ

千歌「」カチン


千歌「ふーん、ダイヤさん、そういうこと言うんですね」

千歌「こうなったら千歌にも考えがありますよ!? どうなっても知りませんよ!?」

ダイヤ「ふふ♡ 面白いですわ♡ なにをするおつもりです?」

千歌「――!」ゴソゴソゴソ

千歌「えっと、確かここに……持ってきたハズ……っと」

千歌「――これですっ!」

ダイヤ「……? なんです、それは……」

千歌「オナホールです!」

ダイヤ「……おな……?」

千歌「えへへ。曜ちゃんと梨子ちゃんが、ダイヤさんはすぐ堕ちそうだからってアドバイスしてくれたんだー♡」ジリジリ

ダイヤ「ちょ、ちょっと千歌さ……千歌さん なにを……!」

千歌「……♡」

千歌「かくごっ!」ガバッ

ダイヤ「……ひっ!?」
17: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 14:51:38.93 ID:Y+GHc/+f.net


千歌「それそれ♡ どうですか♡」ズルゥッ

千歌「認めてくれる気になりましたか?♡」ギュポッ♡ ギュポッ♡

ダイヤ「あ゛♡ あ゛♡」ビクッビクッ

千歌「もー……答えてくださいよぉ!♡」グググ...

千歌「えいっ!♡♡」グチュグチュグチュグチュ♡

ダイヤ「あぁぁぁああぁあ!!♡♡」ビクッビクッ

千歌「えへへ♡ ダイヤさんのおちんちん、すっごくかたいですね……♡」ギュポッギュポッ

千歌「すっごくシコシコしやすいです♡」ズリッズリッ

ダイヤ「ち♡ ちか♡ ちかさんっ♡♡ やめぇ……っ♡♡」

千歌「じゃあ認めてくれます?♡」

ダイヤ「そっ♡ それはぁ……♡♡」ガクガクガク

千歌「…………」

千歌「っ!」ズルゥッ♡ ギュポッギュポッギュポッギュポッ♡

ダイヤ「〜〜〜〜っ!?♡♡♡」ガクガクガク

千歌「こんなにおちんちん勃起させてるのに……先っぽもまん丸で♡」

千歌「じゃあ、今度は全体を満遍なく扱いてあげますね♡」

千歌「根本からぁ……♡」ズ...ズズ...

ダイヤ「お゛♡」

千歌「余った皮ごと♡ 全部巻き込んで……勢いよく……!♡」ズルゥッ♡

ダイヤ「あ゛っ゛!?♡」

千歌「搾り取るみたいにっ♡ えい♡ えい♡」ズリッズリッズリッズリッ

ダイヤ「うっ♡ うっ♡ うっ♡」ビクンビクン!!

ダイヤ「も、もぅ……っ♡♡」ブル...ッ♡

ダイヤ「う゛っ♡♡♡」ブピュッ!!

千歌「あー♡」ズズ♡ ズリッズリッ♡

ダイヤ「うぅーっ♡ うっ!♡♡」ビュッ!! ビューッ!! ビュクビュク!!

千歌「……♡」ズッ ズリッ ズリッ

ダイヤ「ふーっ♡ ふーっ♡」ビクッビクッ ...ピュッ
22: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 15:10:55.12 ID:Y+GHc/+f.net
千歌「うわっ♡ 射精しすぎですよダイヤさん……♡」

千歌「入り口から逆流して……しかもこんなに濃くて……♡」エヘヘ

千歌「そんなに千歌のしこしこ 気持ちよかったかな。うれしいな……♡」ニコッ

ダイヤ「」ドキッ///

千歌「もし……認めてくれれば♡」ドロッ

千歌「くんくん♡ すごい、におい……♡ ねばねば……♡」ニチャニチャ

千歌「――ダイヤさんが望むときに、これ♡ してあげてもいいなぁ……なんて♡」

千歌「ず……っ♡ じゅるる♡ ずぞぞぞぞっ♡♡」

ダイヤ「ちっ♡ ちかさんっ……なにを……っ♡」

千歌「ふぁにって……♡ もごもご♡」クチュクチュ

千歌「……ごくっ♡ ごきゅっ♡ ごくんっ♡」

千歌「せっかくダイヤさんが射精してくれたんだもん♡」

ダイヤ「……!!♡♡」ビキビキ...

千歌「それで……どうですか? 認めてくれます。よね?♡」


〜幕間 おわり〜



下2:妄想する人(Aqoursメンバー)
指定はいればかその子を書きます
シチュ加えてもおk(スカグロNG)

よろしくおねがいしますm
24: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 15:11:49.90 ID:6qeWVLJg.net
善子
26: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 15:19:58.66 ID:Y+GHc/+f.net
〜善子ちゃンち〜


善子「…………」ジィ

VRくん「」

善子「…………///」

善子「……どうしよう///」

VRくん「」

善子「あ、あんなすごい事になるくらい……だもん」

善子「……使っちゃお……///」

善子「部屋の鍵しめて、カーテンしめて……」ガチャ シャーッ

善子「……///」ドキドキ

善子「被って、スイッチ押すだけでいいのよね」カポ

善子「……」ポチッ


善子「ぁ――」


〜〜〜〜
28: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 15:30:34.09 ID:Y+GHc/+f.net
〜善子ちゃンの妄想編〜


善子「ん……」パチ

善子「あれ……? 私 使ったわよね?」VR...

善子「部屋のままじゃない。これもう仮想現実世界なのかしら」


ガチャ


千歌「善子ちゃんっ♡」ヒョコッ

善子「うひゃああぁっ!?」ビクッ!!

千歌「うわっ……なになに、どうしたの?」

善子「ち、千歌……?」ドキドキ

千歌「?」

千歌「うん♡ 千歌だよー♡」トテトテ

千歌「えへへ♡ 善子ちゃん♡」ギュッ

善子「ちょっ///」

千歌「今日のデート楽しみで♡ 善子ちゃんチ来ちゃったんだ♡」

千歌「迷惑……だったかな」

善子「」ドキーン!!

善子「なっ、で、デート? 私が? 千歌と?」ドッキンドッキン

千歌「え……うん、善子ちゃんが誘ってくれたのに……」


善子(ひゃああぁぁ……///)

善子(私のことだから? てっきり中二病的な妄想全開だと思ったのに!!)チラ


千歌「……?」ギュ...


善子(まさかのデート! リア充イベント!!)ドキドキドキドキ


善子「そ、そうね……ごめんなさい。悪魔の囁きがヨハネを惑わしていたみたい……」キリリ

善子「い、行きましょう。でで、でーと……///」...ギュ

千歌「……!」パァァ

千歌「……うん♡」ギュ...
30: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 15:38:40.24 ID:Y+GHc/+f.net
〜某マリンパーク〜


善子「すっかり秋風ね、寒くない? 千歌……」

千歌「うん♡ ありがとう♡」

善子「手 繋ぎましょ。少しは暖かいから」

千歌「ぁ……♡」

千歌「……♡」ニギ


善子(くぅぅ……やってみたかったのやってみたかったの!)

善子(寒くない? うん平気からの……)

善子(現実ではできないあたりさみしいけど……)


善子「ふへへ♡」

千歌「善子ちゃん?」

善子「はっ!?」

善子「なんでもないわ。なんでも」

千歌「変な善子ちゃん♡ まぁいつもだけど♡」

善子「ちょっとぉ!?」

千歌「えへへ♡」
32: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 15:47:44.30 ID:Y+GHc/+f.net
千歌「それにしても人 いないねぇ……」キョロキョロ

善子「そうね……」

善子「これも都合がいいからかしら」

千歌「ん?」

善子「ううん、なんでもない」

千歌「そっか……」


善子「………………」

千歌「………………」


千歌「…………ごめん、やっぱりちょっと寒いかも」ソッ

善子「ち、千歌……///」ドキ...!

千歌「寒いから。善子ちゃんにふれたいな……♡」

善子「千歌……///」ドキドキ

千歌「善子ちゃ……♡」


千歌「んっ……♡」チュゥ

善子「んんっ!?」

千歌「善子ちゃ♡ 善子……ちゃ♡」

千歌「ちゅっ♡ ちゅぅ……♡ ちゅ……♡」


善子「ち……♡」ガバッ

千歌「んん♡」ギュ

善子「ぷちゅっ♡ はぁ♡ は……ちか……んぐっ♡♡」

千歌「んぶぶ♡ じゅるる♡ ふぅ♡ ふぅ♡」ビクッビクッ

善子「んぐっ♡ くちゅ♡ れろ♡」

千歌「ふぅっ!?♡」

千歌「舌♡ はいっ♡ んぐぐ♡♡」ビクビク
33: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 15:54:36.57 ID:Y+GHc/+f.net
善子「は♡ はぁ……♡」

善子「千歌……♡ 舌 出して……♡」

千歌「ふ♡ ふぅ♡」コクン

千歌「ん♡ んべー……♡」

善子「……じゅっ♡ るるる♡」

千歌「んーっ♡ んんっ♡ んぐっ♡」ビクッビクッ

善子「じゅぷっ♡ じゅるるる♡ じゅっぷ♡ ずるるっ♡」

千歌「ひしゃ♡ しゅわれて……♡」

千歌「よしこちゃ……ぁ♡♡」ギューッ!!

善子「ち……っ♡」ギュ!!

善子「んっ♡ ぶちゅっ♡ くちゅくちゅ♡」

千歌「んぶぶぶ♡♡♡」


善子「――ぷは♡」

千歌「……は♡ はーっ♡ はーっ♡」クタァ

善子「ご、ごめん。つい……」

千歌「」フルフル

千歌「す♡ すごか……っ♡」トローン♡

千歌「ね♡ ねぇ♡ 善子ちゃ♡ 善子ちゃぁ……♡」ギュッ

千歌「千歌♡ 千歌♡ もう……♡」スリスリ

善子「千歌……っ♡」
36: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 16:08:20.61 ID:Y+GHc/+f.net


善子「声っ♡ 抑えなさいよぉ♡ ふっ♡ ふぅっ♡」パンパンパン

千歌「ひんっ♡ あんっ♡ あんっ♡」ビクッビクッ

善子「千歌ってばぁ♡ 物陰とは言えっ♡ こんなっ♡」パンパンパン!!

千歌「ごめっ♡ でも♡ 善子ちゃんのおちんちんっ♡」

千歌「んっ♡ んっんっ♡ あっ♡ あったか♡ あんっ♡♡」

善子「……っ♡ こんな♡ 立ったまま後ろからなんてっ♡」パンッパンッ!!

善子「こんなっ♡ セックスしてますって格好でっ♡」グググ...!

千歌「ふ♡ ふかぁ……♡」ビクビク

善子「こんなはしたなくおしり突き出してっ♡」ガシッ

千歌「んあっ♡♡」

善子「ふ♡ ふっ♡ ふぅっ♡」パンッパンッパンッパンッ!!

千歌「あーっ!♡ あーっ!♡」ガクガクガク

千歌「はげしっ♡ 善子ちゃ♡ 出し入れはやすぎだよぉ!♡♡♡」ビクッビクッ!!

善子「なによっ♡ 千歌がそうさせてるんでしょう!?♡」パンッパンッ!!

善子「ヨハネを誘惑して……っ♡ まるで人に魅入られた天使みたいに……っ♡♡」

善子「こうしてっ♡ 腰を振りたてても仕方ないんだからあっ!♡♡」ズンッズンッズンッズンッ♡

千歌「んあっ♡ ああぁぁ!♡」ユッサユッサ

千歌「あっ!♡ あ♡ あ♡ あ♡」ガクガクガク

善子「ふっ♡」ズンッ!!

千歌「っ!?♡♡♡」ビクビク!!

千歌「〜〜っ♡♡♡」ショワアアァァ...
39: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 16:22:32.98 ID:Y+GHc/+f.net
善子「……っ♡」ゾクゾク

善子「――っ!♡♡」パンッパンッ

千歌「っ!?♡ まっ♡ まぁっ♡」ガクガクガク

千歌「いっ♡ いまっ♡ イッぃ♡」ビクンビクン!!

善子「あっ!!♡♡♡」ドピュッ!!

千歌「よ♡ よし……っ♡♡」ビクッビクッ

善子「うぅ♡ くぅ……っ♡」グググ...

善子「……っ♡♡」ビュク...ビュッビュ...!

千歌「よ♡ 善子ちゃ……ぁ……♡」

善子「ち……♡」ズル♡

千歌「ぅ♡」

千歌「……っ♡」ゴポ...♡

善子「はぁ♡ はぁ♡」

千歌「んもぉ……♡ だ♡ 射精しすぎだってばぁ……♡」


〜〜〜〜
51: IDかわ(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:47:40.82 ID:V2+8utCx.net
〜現実〜


善子「はぁっ♡ はぁっ♡」グッ

善子「はぁーっ♡ はぁーっ♡」ハズシハズシ


善子「す♡ すっご……♡」グッシャリ

善子「うわ……ぱんつの中に思いっきり射精しちゃってる……うぇ……///」

善子「…………///」ハァハァ

VRくん「」

善子「次は脱いでからすべきね……///」

善子「……もう1回使おうかしら……///」


〜〜〜〜


下2:妄想する人
(千歌ちゃんよっちゃん除くAqoursメンバー)
シチュ加えてもおk。よろしくおねがいしますm
53: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:51:00.71 ID:AlAt1hlY.net
ルビィ
54: IDかわ(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:55:11.81 ID:V2+8utCx.net
〜黒澤さンち〜

ダイヤ「」ドタドタドタ!!


バタン!!


ルビィ「ピッ!?」

ルビィ「お、お姉ちゃん……すごい必死……///」

ルビィ「そんなにすごかったのかなぁ。これ……」チラ

VRくん「」

ルビィ「……///」ムラムラ


バタン!!


ダイヤ「いいですかルビィ! いまから私の部屋に近づく事は許しませんわよ!」


バタン!!


ルビィ「……ぅ、ぅん……///」

ルビィ「ルビィも部屋 いこっと///」
55: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 17:59:01.00 ID:V2+8utCx.net
〜ルビィちゃン部屋〜

ルビィ「」ゴソゴソ

ルビィ「……っ」ゴクリ


ルビィ「……///」キョロキョロ

ルビィ「……」スッ


ルビィ「え、っと……被って。スイッチ、スイッチ……」

ルビィ「あれ、どこだろぅ……」ワタワタ


ポチッ


ルビィ「ピッ!?」ビクン

ルビィ「――……」


〜〜〜〜
56: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 18:05:39.31 ID:V2+8utCx.net
〜ルビィちゃんの妄想編〜

千歌「れろぉ……♡ れろれろ……っ♡」

ルビィ「ぅ♡ ぅぅ♡」ピクピク

千歌「どうかな、ルビィちゃん♡ 気持ちよく――はぷっ♡」

ルビィ「っ♡ ぅっ♡」ビクッ

千歌「なってくれてるみたいだね♡ えへへ♡ あ……あんむ♡♡」

ルビィ「ぁっ♡ そ♡ そこぉ……♡♡」

千歌「でもルビィちゃんがしてほしいって言ってくれるなんて♡」シコシコ

千歌「うれしいなぁ♡ ま、アイスみたいにおちんちん舐めて、ってのはちょっと驚いたけど……♡」

ルビィ「ぅ……/// うぅ///」カァーッ

千歌「ルビィちゃんのかわいいおちんちん♡ いっぱい舐めて……♡」アーン

千歌「じゅ……ぷ♡ ぺろ……♡ れろぉ♡ れろれろれろ♡」

千歌「あげ……るぅ♡」

ルビィ「っ♡ っ♡」ピクン ピクン
60: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 18:26:12.96 ID:V2+8utCx.net
千歌「えへへ♡ ルビィちゃんのおちんちん……♡」シコシコ

千歌「とっても ピン……ってなってきたね♡ においも……♡」クンクン

ルビィ「ち♡ ちかちゃぁ……恥ずかしい……///♡」

千歌「そぉかなぁ♡ 全然♡ まだまだだよ♡ だって……♡」

千歌「これからもっと……♡ すごいことするんだもん……♡」

ルビィ「えっ///」

千歌「えへへ♡ まずはこの……皮が被ってるルビィちゃんの先っぽ……♡」

千歌「たっぷりしゃぶって、ふやかして……舌でほじほじしてあげる……♡」

ルビィ「ひっ……♡♡」ゾクッ

千歌「いくよー……♡ あむっ♡」

ルビィ「っあぁ♡♡」ビクッ

千歌「じゅぷっ♡ ぐぷぷ……っ♡」

千歌「じゅっぷ♡ じゅっぷ♡ ぐぽっ♡」

ルビィ「ぁ♡ あぁ♡ ぁ♡」ビクンビクン!!

千歌「えへへ♡ んっ♡ ずぞっ♡ じゅるるるるる!!♡♡」

ルビィ「ぅぅあぁぁ……っ♡♡」ガクガクガク

千歌「ぷはぁ♡」

ルビィ「ぅっ♡♡」

千歌「えへへ♡ ばきばきになっちゃったね……ルビィちゃんの♡」

千歌「それじゃ、次は……ぁ♡」モゴモゴ

ルビィ「ち♡ ちかちゃ♡ や♡ やさしくし……♡」

千歌「ちゅ……ぶっ♡ ぐりぐり♡」

ルビィ「ぅきゅっ!?♡」

千歌「れろ♡ れろ♡」

ルビィ「ち♡ 千歌ちゃんの舌が♡ 舌がぁ♡」

ルビィ「る♡ ルビィの♡ おちんち……皮♡ 間♡」
70: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 21:39:57.38 ID:V2+8utCx.net
千歌「れろー……ぉっ♡」ゾリゾリ

千歌「ぷ♡ ぷちゅる♡ っぷ♡ ちゅぅぅぅ……っ♡」

ルビィ「はー♡ はー♡ はぁぁ……♡」

千歌「んぷっ♡ ぶじゅ……♡」

千歌「……えへへ♡ 皮がふやけてきたね……♡ ぷちゅっ♡」

千歌「それじゃあ……むきむきしようか♡ あむっ♡」カミッ

ルビィ「ひっ♡ や♡ やぁ……♡」ビクッビクッ

千歌「そぉ?♡ じゃあ……これならどうか〜〜ぁ♡♡」パクッ

ルビィ「んひぃぃっ♡♡♡」ガクガクガク

千歌「じゅっ♡ じゅるる♡ ぐぽっ♡ ぐっぽぐっぽぐっぽ!♡♡」

ルビィ「あぁぁぁ♡♡ あぁぁぁあああぁ♡♡♡」ガクガクガク!!

千歌「こうやって♡ んぶっ♡ んぶっ♡ たっぷりよだれっ♡ しながらっ♡」ジュルルル

千歌「ずるっ♡ 一気に♡ むいて♡ んぐっ♡ んぐっ♡♡」ズ...!

ルビィ「ぃぃあぁ!?♡ あぅぅぅ……!!♡♡」

千歌「…………♡♡」ジュル...ッ

ルビィ「〜〜♡♡」パクパク

千歌「……じゅ……っ♡ ちゅぅぅ……ちゅぱっ!♡♡」

ルビィ「ぴっ!?♡♡」ビクン!!
72: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/11(火) 22:05:36.54 ID:V2+8utCx.net
ルビィ「あぁ……♡ あぁぅ♡」ビンビン

千歌「えへへ♡ かわいい……♡」フーッ

ルビィ「っ♡」ビクッ!

千歌「あはは♡ ごめんね♡」

千歌「敏感だもんね♡ うん♡」

ルビィ「ちっ♡ ちかちゃぁ♡ はや♡ はやく♡はや……っ♡」

千歌「うんうん♡ 空気にふれてるとびりびりするのかな?♡ いま――」パク

ルビィ「っ♡」

千歌「とってもやさしく、くちゅくちゅしてあげる……ね♡ ぐぷぷぷ……♡」

ルビィ「うぅっ♡♡」

千歌「じゅぷ……っ♡ ちゅぱ……♡ ちゅぱ……♡」

千歌「もご♡ んー……♡ ちゅるるる♡♡」

ルビィ「ぅあっ!♡ しょ♡ しょこっ!♡」ビクッ!

千歌「んー♡ きもちいい♡ んだね♡ じゅる……♡」

千歌「じゃぁ♡ もっと……♡ ちゅるるる♡ ちゅるっ♡ じゅるるるるっ♡♡」

千歌「だんだん はやくするからね♡ 射精したくなったら遠慮なくいいからねー♡」

ルビィ「っ♡ っ♡ っ♡」コクコク!

千歌「ぐっぽ♡ ぐぷっ♡ じゅるっ♡ じゅっぽ♡ じゅぽっ♡」

千歌「じゅぽっ♡ じゅる♡ じゅぽっじゅぽっ♡♡」
83: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 12:50:50.81 ID:qpm5TbIe.net
ルビィ「うぅぅ♡ うぅぅ〜〜っ♡♡」プルプル

千歌「……♡ んぶっ♡ んぶっ♡ んぶっ♡」グポグポ

ルビィ「あぅ♡ あぁぁ……♡♡」ガクガクガク

千歌「えへへ♡ ルビィちゃ♡ おちんちっ♡ んぐっ♡ ぶちゅっ♡ じゅぽっ♡」

千歌「もう射精そう♡ だねっ♡ いいよ♡ 千歌っ♡」グググ...

千歌「ごっくん♡ あげるっ♡♡」ジュルルルル!!

ルビィ「ぁぁぁ♡ ぅぁぁ♡」ビクッビクッビクッ!!

千歌「……♡」ジュルッ♡ ジュルルルル♡

ルビィ「んああぁぁぁああ!!♡♡♡」ビュッ!! ビュッ!! ビューッ!!

千歌「ぶっ!?♡♡♡」ビクッ

ルビィ「ぅぁあぁ♡ あぁぁ……っ♡♡」ビュクビュク...ビュッ!

千歌「――ごく……♡ ごきゅっ……♡♡」チュゥゥ...

ルビィ「はぁぁぁ……♡ あぁぁぁ……♡」ガシッ グググ...!

ルビィ「とま♡ とまりゃな……っ♡」ピュッ... ピュル...

千歌「んん……♡」ゴク...ゴク...

千歌「いい……よぉ♡ じぇんぶ♡ ちゅうちゅうしてあげりゅ……♡」モゴモゴ

千歌「ちゅぅぅ……っ♡ ちゅる……っ♡」

ルビィ「ぅぅぅー……っ♡」ビクンビクン ピュッ♡

千歌「……ごく……ん♡ ごく……っ♡」
84: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 13:02:40.97 ID:qpm5TbIe.net
千歌「……ちゅぱっ♡」

千歌「えへへ……♡ ちゅる♡ 気持ちよかったかな♡」

ルビィ「は♡ はぁ♡ ぅゅ……♡ はぁー……♡」ピクピク

ルビィ「る♡ ルビィの♡ おかしくなっちゃぅよぉ……♡♡」ヘコヘコ





ルビィ「ピギャァアァアア!?」ネトォ...

ルビィ「どどどどどうしよぉ!? ぱ、ぱんつの中……っ!」ワタワタ

ルビィ「こ、こんないっぱい、お漏らししたみたいに……っ///」

ルビィ「……っ♡ こん、な……♡」ゾクゾク

ルビィ「〜〜〜〜っ///」ビンビン

ルビィ「こ、こんなの、ルビィ、おかしく……こんなの、もう癖になっちゃぁ……///」

ルビィ「……///」ムラムラ

ルビィ「お、おねぇちゃぁ……///」シコシコ


〜〜〜〜

下2:次の子(ルールは同様)
よろしくおねがいしますm
85: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 13:08:11.52 ID:btXhi6B5.net

コスプレ
88: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 13:39:46.48 ID:qpm5TbIe.net
〜曜ちゃンち〜

曜「はっ、はっ」タッタッタ


ガチャッバタン!!


曜「……はっ、はぁっ……っ」

曜「……は……」チラ

VRくん「」

曜「………………」


曜「…………ふへ///」ニヤー


曜「……千歌ちゃん……///」

曜「〜〜っ///」ゴロンゴロン

曜(現実じゃないとはいえ! 千歌ちゃんとイチャイチャ……///)

曜(え、えっちなことも……///)

曜(…………)

曜「…………」ゴソゴソ


曜(千歌ちゃんが この機械を使ってると知ったら……)

曜(みんなが――私が――これで)

曜(自分にとって都合のいい千歌ちゃんを想像して それに夢中になって)

曜(現実の千歌ちゃんは、どう思うかな)

曜「なんてね……あはは」ゴロン...

VRくん「」

曜「…………それでも、私は千歌ちゃんと――……」カブリカブリ


ポチ


〜〜〜〜
91: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 14:04:20.10 ID:qpm5TbIe.net
〜曜ちゃんの妄想編〜

曜「――……」

千歌「曜ちゃん?」

曜「えっ?」

千歌「もー、ちゃんと聴いてよー」

曜「あ、ごめ……えっと?」

千歌「だーかーらー……ごほん///」トテトテ

千歌「こ、コイビト……だから///」ツマミ

曜「こっ!?///」

千歌「曜ちゃんがしたいなら、したいみたいだから……///」

千歌「きょ、今日だけ。今日だけ……曜ちゃんの好きな格好で……え、えっち……///」カァーッ///

曜「ちっ、千歌ちゃん……!?///」

千歌「……///」ウツムキ

千歌「……///」コクリ

曜「うそぉ……な、なにこれ……///」


曜(ち、千歌ちゃん可愛すぎる……!///)


曜「ち、千歌ちゃん?」

千歌「なぁに?」

曜「千歌ちゃん……と、私。こっ、コイビト……?」

千歌「えっ……曜ちゃん……?」

曜「えっ」

千歌「……千歌が、告白して。曜ちゃんが、いいよって、受け入れてくれて」ジワッ

曜「え……」

千歌「いくらなんでも 曜ちゃんひどいよ……冗談だったってこと?」グスグス

千歌「千歌が曜ちゃんを好きって。冗談だと思ってたってこと……?」ポロポロ

曜「」
93: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 14:23:04.05 ID:qpm5TbIe.net
曜(し、しまった……!)


曜「ご、ごめんね千歌ちゃん。そうじゃなくって……あの」

曜「うれしすぎて、信じられなくて、不安で」アセアセ

千歌「…………」グス...

曜「……あの……///」

千歌「…………」

曜「…………///」


曜「…………したい///」

千歌「よーちゃん……?」

曜「……千歌ちゃんと、したい……///」ギュ

千歌「ぁ……♡」


曜(えぇい、ここは妄想だっ、現実とは違うんだっ)


曜「……っ///」

曜「う、嘘じゃない。嘘じゃ……///」ギュウ

千歌「よーちゃ……♡」

曜「わっ、わた。私も千歌ちゃんがすっす///」


千歌「――えへへ♡」ギュ

曜「……え……?」


曜(千歌ちゃん……?)


千歌「曜ちゃん……♡」ソッ

千歌「千歌も、だいすき……♡ ちゅっ♡」

曜「んっ!?///」
94: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 14:29:11.60 ID:qpm5TbIe.net
千歌「ちゅ♡ 曜ちゃ♡ ちゅっちゅ♡」

曜「んっ/// 千歌ちゃっ/// んん〜っ///」

千歌「よーちゃ……♡ すき……♡ すき……♡」チュチュ

千歌「よーちゃん♡ よぉちゃ……♡」チュッ

曜「〜〜〜〜っ!?///」


〜〜〜〜
96: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 14:47:09.14 ID:qpm5TbIe.net
〜現実〜


バンッ!!


曜「はぁっ/// はぁっ///」ハズシハズシ

曜「……っ///」


曜「だ、ダメだよこんなの、やっぱり……っ///」

曜「あんな……/// あんな千歌ちゃん、千歌ちゃんだけど///」

曜「千歌ちゃんじゃないよ……」シュン


曜(本当に 私の妄想そのまま……ううん)

曜(見た目は 千歌ちゃんだったけど。でも……)


曜「…………」チラ


曜「…………」ギンギン


曜「……うぅ。むなしい……///」シコシコ...


101: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 15:27:20.69 ID:qpm5TbIe.net
〜翌日 千歌ちゃンち前〜

曜「…………」

曜「はぁ……なんか、理由もなく千歌ちゃんの家 来ちゃったけど……」

曜「…………よくわかんないや」


千歌「あれぇ? 曜ちゃん?」ガラッ

曜「うっひゃああっ!?」ドキーン!!

千歌「うわっ、曜ちゃん!?」

曜「あ、あぁいや、その……」ドッキドッキ

千歌「……どうしたの?」

曜「う、ううん。なんでもないけど……あの」

千歌「今日ってなにか約束してたっけ。あれ、あれぇ……?」ウーン?

曜「あっ、してない、してないよ!」

曜「ただちょっと、千歌ちゃんにあいたくて」

千歌「曜ちゃん」

千歌「そっかぁ♡」ニコー

曜「っ///」ドキッ

千歌「いまからちょっと走りに行こうかなっておもってたんだけど」

千歌「曜ちゃん遊びに来てくれたし、やめるっ♡」

曜「いいの?」

千歌「うん♡ 行こう、曜ちゃん♡」ギュ

曜「ぁ///」


102: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 15:38:00.92 ID:qpm5TbIe.net
〜千歌ちゃん部屋〜

千歌「ってもなにしようね〜?」

千歌「あ、μ'sのライブでも見る!?」

千歌「千歌のおすすめはねー――」アレヤコレヤ

曜「…………」ポワンポワン




千歌『よーちゃん……♡ すき……♡ ちゅっ♡ よぉちゃ……♡』




曜「わああぁぁっ!///」ブンブン!

千歌「うわっ!?」ビクッ

曜「はー/// はー///」

千歌「よ、曜ちゃん?」

曜「……っ! 千歌ちゃんっ!」

千歌「う、うん?」

曜「あのね、私……っ!」

曜「私 千歌ちゃんが……っ///」ドキ ドキ

曜「……っ///」ジッ


千歌「曜……ちゃん……?」ドキ

千歌「……どうしたの……?」ジィ...


曜「ぅ……///」

曜「よ、よーそろー……///」

曜「じゃなくて……あの……///」


千歌「……うん」
106: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 15:58:23.73 ID:qpm5TbIe.net
曜「……っ///」パクパク


千歌「……」スッ


曜「あっ……///」

曜(手を……)

曜(握っ……///)


千歌「…………♡」ニコー♡


曜「……ぁ」


曜「――すき なんだ……」ジワ

曜「千歌ちゃんが、私、千歌ちゃん……」ポロ...

曜「目の前にいる千歌ちゃんじゃないと、ダメなんだって、わかっちゃって……」ポロポロ

曜「でも……でも……中途半端にふれちゃって……抑えが効かなくて……っ」ポロポロ...

曜「千歌ちゃんにあいたく……ひっく……」グスグス


千歌「…………そっかぁ♡」ダキ...

曜「ぁ///」

千歌「うれしいなぁ♡ まさか曜ちゃんが 千歌なんかを……♡」ギュゥ...

千歌「えへへ♡ 心臓 すごいドキドキしてる♡」

千歌「曜ちゃんのも、千歌のも……♡」
109: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 16:05:12.49 ID:qpm5TbIe.net
曜「千歌ちゃ……っ」グスグス

千歌「もー♡ なんでそんなに泣くのさー♡」ナデナデ

曜「だって、だって……」ギュ!

千歌「えへへ……いたいよ 曜ちゃん……♡」ギュ...

曜「いいのっ!」グスグス

千歌「もぉ……しょうがないなぁ……♡」ナデナデ


110: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 16:19:13.30 ID:qpm5TbIe.net


曜「お恥ずかしい限りです」ショボーン

千歌「曜ちゃんって結構泣き虫だよね♡」

曜「…………っ///」カァ

千歌「……そんなに泣くほどのことがあったんだね」

曜「……うん」

千歌「…………♡」ピタ

曜「ち、千歌ちゃん!?///」アセッ

千歌「曜ちゃんの言ってることは 千歌 よくわからなかったけど……」

千歌「千歌は千歌だよ。いま 曜ちゃんの隣にいるよ♡」ニコー♡

曜「千歌ちゃん///」ドキッ


千歌「……よーちゃん♡」

曜「ちか……ちゃ……」スッ

千歌「……ん♡」チュ

曜「んっ……///」チュッ

千歌「んっ♡ んっ……♡」チュゥ

曜「ちぁ……♡ んんっ♡」チュル...

千歌「んっ!?♡」ピクン!

曜「あっ!♡」
115: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/12(水) 17:14:47.74 ID:qpm5TbIe.net
千歌「曜ちゃん、えっち♡」

千歌「舌いれてきてるし♡」

曜「あっ/// ご、ごめ……っ///」

千歌「んーん。いいよ♡ ちょっとびっくりしただけ――」

千歌「千歌も、曜ちゃんと もっとキスしたいな……♡ 曜ちゃんと もっと近づきたい……♡」ソッ

曜「千歌ちゃん……顔 真っ赤だよ……///」オデコ コツン

千歌「えへへ♡ 曜ちゃんだって♡」


ギュ...


曜「する……よ?♡」スッ

千歌「うん♡ しよ……♡」

曜「千歌ちゃ……♡ んっ♡」

千歌「ぁ♡ んむっ♡ ちゅぅ……♡」

曜「くちゅ♡ くちゃ……♡ ちゅぷちゅぷ♡」

千歌「ぅぅんっ♡ ちゅぱちゅぱっ♡ ……ちゅるぅ……っ♡」

曜「ちぁちゃ♡ んむぅ♡ ふぅ♡ んちゅる……♡」

千歌「よぉ♡ ちゃ♡ ふぅ♡ ふぅー♡」トローン♡
133: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 10:26:40.64 ID:q3sjjKxh.net
曜「――ぷっ♡」ツツー...

千歌「ぷはぁ♡ はぁっ♡ はぁっ♡」ツー...

千歌「もぉ♡ はぁ……♡ 曜ちゃん、千歌の口の中♡ 舐めすぎだよぉ♡」

千歌「がっつきすぎ♡」テレテレ

曜「ご、ごめ……///」アセアセ

千歌「んっ♡」チュッ

曜「んぅっ!?♡」

千歌「次は千歌が――♡」

千歌「曜ちゃんの口の中、ぺろぺろするからね……♡」

曜「千歌ちゃ……♡」ゾクゾク

千歌「よーちゃん……♡ ちゅっ♡」

曜「んむぅ……っ♡」

千歌「もごもご……♡ くちゃっ♡ くちゅくちゅ……♡」

千歌「んむっ♡ ちゅううぅぅ……♡ ちゅううぅぅ……っ♡」

曜「ふっ♡ ふうぅ……♡ ぢゅるるっ♡」ゾクゾクゾク

千歌「よーちゃん♡ よーちゃん……♡」

曜「千歌ちゃん……っ♡」
135: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 10:37:04.54 ID:q3sjjKxh.net
千歌「ぷは♡ っふぅ♡」ネトォ...

千歌「えへへ♡ 口のまわり……べたべた だね♡」ペロペロ

曜「は♡ は♡ は♡」ムラムラ...!

千歌「……曜ちゃん♡」ギュ

曜「ちっ、千歌ちゃん……?///」

千歌「ごめんね♡ でも……なんだか……♡」

千歌「すっごく曜ちゃんが愛しすぎて、どうにかなりそうで……」

千歌「曜ちゃん……♡」ウルウル

曜「――――……」プチ


ガバッ


千歌「っ!? よ、曜ちゃ……♡」ドサッ

曜「ち、ち、千歌ちゃん!///」ユカドン!

曜「い、いまそう言うのはずるいと思う……!///」ハァハァ

千歌「え、っと……/// ごめん……?///」テレテレ

曜「〜〜〜〜っ///」

曜「んむっ!♡♡」チュッ

千歌「んんっ♡♡♡」

曜「んじゅるるるる♡ じゅるるるるっ!♡♡」

千歌「っふ!?♡♡ んんんっ!?♡♡♡」ビクッビクッ

千歌「よっ♡♡ じゅるるっ♡♡」

曜「ふーっ♡ ふーっ♡ ぢゅるるっ♡ ぢゅぅうぅ!♡♡」

千歌「ふぅ♡ ふぅ♡ ふぅ♡」トローン...♡
136: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 10:49:40.23 ID:q3sjjKxh.net
曜「はぁ♡ はぁ♡ はぁ♡」

千歌「ふぅ♡ ふぅ♡ ふぅ」

曜「ち、かちゃん……♡」ムラムラ...

千歌「…………♡」チラ

曜「…………っ///」ギンギン

千歌「…………曜ちゃんのえっち♡」


千歌「……いいよ♡」

曜「えっ!?///」

千歌「だって、それ……///」チラ

曜「っ!?/// これっ、これは生理現象で……!///」ワタワタ

曜「仕方ない……っていうか……///」

曜「………………///」

千歌「……♡」ソッ

曜「あっ!?♡♡」ビクッ

千歌「……♡」サワサワ

曜「ちょ……っ、千歌ちゃ……っ♡ んんっ♡♡」ビクッビクッ

千歌「これくらいなら、痛くない……?♡」

千歌「ね、曜ちゃん♡」

曜「ちかっ♡ ちゃん?♡」

千歌「せっかく曜ちゃんとこんな風になれたのに……そこで変な遠慮は……逆に なんだかさみしいよ、曜ちゃん……」ナデナデ

曜「んんぅっ♡ ごっ♡ ごめっ♡」

千歌「……♡」カワイイ...

千歌「……っ♡」ギュゥ

曜「っ!?♡♡ っああっ!?♡♡」ビクン!!

千歌「うわっ!?♡♡ ご、ごめ――」
139: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/13(木) 11:07:25.38 ID:q3sjjKxh.net
曜「っ♡ っ♡」ビクンビクン!!

千歌「……///」ボーッ...


千歌「――よーちゃん!」

曜「はっ、はい!?///」ビクッ

千歌「……脱いで♡」

曜「……へ?」

千歌「…………その///」カオマッカ

曜「……ぁ……」


曜(千歌ちゃん もしかして――……)


曜「……ごめん、千歌ちゃん……///」ギュ

千歌「えっ、曜ちゃん……?」

曜「私 こんな時でも意気地無しだ……///」

千歌「…………」ギュ...


曜「だっ、だいすきだから!///」

千歌「……」

曜「こういうコト しなくても――でも!」

曜「――千歌ちゃんが 好きだからこそ。したい……///」

千歌「曜ちゃん……♡」ドキッ

曜「不安なんだよね、さすがに私でもわかるよ」キヅクノ オソカッタケド...

曜「千歌ちゃん……♡」チュ

千歌「ん♡」

曜「最後まで して いい……?///」ドキ ドキ ドキ


千歌「――うん……♡」ギュゥ...♡
156: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/14(金) 05:35:12.21 ID:Bl39ulNV.net
曜「……っ///」ヌギヌギ

曜「…………///」チラ


千歌「……///」ヌギヌギ


曜(〜〜〜〜っ///)プイッ

曜(うわっ/// うわぁ/// 千歌ちゃんが……脱いでる音がするっ///)

曜(ほ、ホントにしちゃうんだ……///)ムクムク...

曜(……勃ちすぎて痛い……///)ビキビキ♡

曜(うぅ〜っ///)><///


千歌「曜ちゃん……///」ツンツン


曜(わ、私がしっかりしなくちゃ――で、でもぉ、お、落ち着けないよっ!?)


千歌「よぉちゃん……///」ツン...


曜(ど、どうする渡辺曜!? こ、ここはまず千歌ちゃんを気持ちよくしてあげて、それで)ブツブツ...///


千歌「よーちゃんっ!///」グイッ!


曜「う、わぁっ!?」ビクッ

曜「ご、ごめ――」

曜「っ!?」


千歌「どぉ……かな。曜ちゃん、こういうの好きそうだから、あの、考えたんだけどね」

千歌「曜ちゃんがはじめて千歌に作ってくれた衣装で……/// 喜んでくれるかな、なんて……///」

曜「…………っ///」プルプル


※参考画像↓
(拾ったキャプチャを軽く改造しました。まずかったら消します)
http://i.imgur.com/KohFD5k.jpg
1476162833-レス156-画像
159: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/14(金) 05:43:59.21 ID:Bl39ulNV.net
曜「千歌ちゃんっ!!///」グイッ!

千歌「わぁっ!?」

千歌「んんっ!?♡♡」チュルッ

曜「はぁはぁ♡ 千歌ちゃっ、かわいすぎっ♡ ちゅっ♡ ちゅううっ!♡」

曜「こんなのっ♡ こん……っ♡ じゅるるるるっ!!♡♡」

千歌「んぶぶっ♡♡ んぐっ♡ んんーっ♡♡♡」ビクッビクッ


ドサッ


曜「ち、千歌ちゃ……っ♡」フニッ♡

千歌「あんっ♡♡」ビクッ

曜「……っ♡」ゾクゾク

曜「千歌ちゃん♡ 千歌ちゃん♡」フニフニ♡ モニュ...♡

千歌「んんっ♡ おっぱぃ……♡ 曜ちゃ……♡」ビクッビクッ

千歌「そんっ♡ んっあ♡ 両手で……ぇ♡」

曜「うわっ♡ 千歌ちゃ♡ 下着……っ♡ 下着つけてな……♡」

千歌「だっ♡ だってぇ♡」ビクビク

曜「乳首、わかっちゃうよっ♡ これっ♡ こ、ここの……っ♡」クリクリ

千歌「ん、あっ!?♡」

曜「はぁっ♡ はぁっ♡ すー♡ すー、すんすん♡ はぁぁ……♡」

千歌「やぁ……ぁ♡ 顔 うずめないでよぉ……♡ くんくんしない……ぇ♡♡」ゾクゾク
160: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/14(金) 06:02:03.65 ID:Bl39ulNV.net
曜「すーっ♡ はぁぁ……♡ すぅぅ……♡」スンスン

千歌「い♡ 息がぁ……っ♡♡」ゾクゾクゾク...!

曜「千歌ちゃんっ♡ いいにおい……♡ いつもより、近くて、すご……っ♡」モゴモゴ

千歌「そっ♡ そんなっ♡ 密着してるぅ♡ 当たり前だよぉ♡ んっ♡」

曜「これだけで私……っ♡ ダメになりそ……♡」スーハースーハー♡

千歌「んんんんっ!♡♡♡」ビクッビクッ


曜(千歌ちゃん……声……///)

曜(いつもより、ずっと。聞いたことないような、こんな甘くて、とろけちゃいそうな、声……♡)

曜(もっと、もっと、聞きたい……千歌ちゃんが感じてる声……っ♡)スッ


千歌「あっ!?♡ っ!?」ビクッ

曜「……っ♡」スリスリ

千歌「よーちゃっ♡ そこっ!?♡」ビクビクッ

千歌「そこはぁ♡ そっ♡ そこぉ♡」

曜「そこって……どこ……?♡」グリグリ

千歌「んんあぁぁっ!♡♡」ビクッビクッ!!
171: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/14(金) 13:18:37.09 ID:Bl39ulNV.net
曜「千歌ちゃん、どこか ちゃんと言ってくれないとわかんないよ……♡」グリッグリッ♡

千歌「んあっ♡ あんっ♡ あっあっ♡」ビクビク

千歌「いじわるっ♡ いじわるぅっ♡♡」ブンブン

曜「んっ……♡ ちゅっ♡ ちゅぱ♡」

千歌「んぐっ♡ んふーっ♡ ふぅー♡」チュルッ チュルルル

曜「ちゅっ♡ んむっ♡ じゅるる♡」グリッグリッ♡

千歌「ふーっ♡ ふーっ♡ ふーっ♡」ガクガクガク

千歌「ぷはぁっ♡ おっ♡ おっ♡」

千歌「おまんこ♡ おまんこ♡ いじめないでぇ……っ♡」カァーッ///

曜「そっか♡」ゾクゾク

曜「ぱんつ越しに撫でるのは、あんまり気持ちよくないってことかな……♡」

千歌「っ!?♡♡」ビクッ!

曜「じゃあ……♡」クチュ...ッ

千歌「ひっ♡ ――やめ……っ♡♡」

曜「直接、さわっちゃったり、しちゃったりして……♡」クチュクチュ♡

千歌「んあっ!♡ あんっ!♡ あんっ!♡」
173: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/14(金) 13:31:07.93 ID:Bl39ulNV.net
曜「千歌ちゃん……♡」クチュクチュ

曜「……千歌ちゃん……♡」ジィ...


千歌「よーちゃん♡ よぉちゃぁ♡ よぉちゃ♡」ビクッビクッ

曜「ん?♡」クチュクチュ

千歌「よぉちゃあぁぁ……♡」ギュッ

曜「千歌ちゃん……♡」キュン♡

千歌「よっ♡ よーちゃんっ♡ ちゅう♡ ちゅーっ♡」フゥフゥ

千歌「ちゅーっ♡ したっ♡ あんっ!♡」

曜「千歌ちゃんっ!♡」チュ

千歌「ふぅ♡ ふぅ♡ ちゅううっ♡ ちゅううぅぅ!♡」

千歌「くちゅ♡ んぶ♡ くちゃくちゃっ♡」

曜「……ちゅっ♡ ぢゅるるっ♡」クチュクチュクチュクチュ!!

千歌「ふっ!♡ ふぅっ♡ んんんんっ♡♡」

曜「……ぷは♡」

千歌「ふぅっ♡ ち♡ ちか♡ ちか♡」ガクガクガク

曜「……うん♡」クチュクチュ

千歌「よっ♡ よぉ……っ♡ ちゃ……っ♡」ビクッビクッ

曜「…………♡」ジィィィ

千歌「…………っ!♡♡♡」ブルブル


千歌「んあっ!♡ んあああぁぁぁあああっ!!♡♡♡」ガクガク ビクン!! ビクン!!

曜「……千歌ちゃ……♡」ドキドキドキ

千歌「ひっ♡ ふぅーっ♡ んんあぁっ♡ あーっ♡ あーっ♡」ビクッ! プシャッ! プシャッ!
178: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/14(金) 15:46:03.47 ID:Bl39ulNV.net
千歌「……っ♡♡」ビクビクッ

千歌「はぁ……っ♡ はっ♡ はぁっ……♡」クタァ


曜「千歌ちゃん、イッちゃった……?♡」ドキドキ

千歌「ふぇ……♡ な、なんでそう言うこといちいち言うのぉ……♡」ハァハァ

曜「ご、ごめん……///」

千歌「もぉ……♡」ギュ

千歌「――はずかしかった♡」

曜「う……///」


曜「………………///」

千歌「………………♡」ギュ...


ようちか「「――あのねっ?」」

ようちか「「あっ……」」

千歌「…………」

曜「…………」


千歌「――えへへ♡ 曜ちゃん……♡」

曜「――あはは……///」ジワッ

千歌「えぇ、なんで泣くのっ?」

曜「わかんない……でも、うれしくて……///」

曜「うれしくて泣いちゃうなんてダメだ 私……///」グシグシ

千歌「そんなことないよ♡」

曜「千歌ちゃん……」

千歌「曜ちゃん……♡」チュ


曜「……千歌ちゃん、して――」ドキドキ

曜「して、いいかな……///」ギュ

千歌「……♡」コクン
183: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/14(金) 17:22:05.23 ID:Bl39ulNV.net
ギシッ...


曜「千歌ちゃん……///」ドキ ドキ

千歌「ん……♡ よーちゃん……♡」ウルウル


曜「っ///」ビキビキ

千歌「わ……///」

曜「じゃ、じゃぁ、す、る……ね……///」

千歌「うん……♡」ドキ ドキ


曜「……っ///」クチュ...

千歌「んぁっ♡」ビクッ

曜「うぅっ♡ やば……っ♡ あ♡ 当ててるだけなのに……っ♡」ゾクゾクゾク...!

曜「うっ♡ うぅ……っ♡」ビキ...ッ!

千歌「よぉ……ちゃ……♡」

曜「んっ♡ ち、か、ちゃ……っ♡」グッ

千歌「ふぁっ!?♡♡」ビクン!

曜「ちかちゃ……ちかちゃん……っ♡」グググ...

千歌「っ!♡ よっ♡ よ、ちゃっ♡」ギュ!!

曜「千歌ちゃんっ!!♡♡」グイッ!

千歌「――――っ!?♡♡♡」ビクビクッ!!

曜「ち……っ!♡♡」ズプ...ッ♡

曜「は、はい……っ♡♡」ビクッビクッ

千歌「〜〜〜〜っ♡♡♡」ギューッ!

千歌「よぉちゃぁ……っ♡♡♡」ビクンビクン
190: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/14(金) 23:40:55.33 ID:Bl39ulNV.net
曜「ごめ……っ、千歌ちゃん……!♡」ズンッ♡

千歌「ふあっ!?♡」ビクッ!

曜「腰がぁ♡ 腰がうごいちゃ♡ な♡ なにこれぇ♡」パンパン

千歌「あっ♡ あっ♡ 曜ちゃ♡ 曜ちゃんっ♡」ギシッギシッ

曜「ごめっ♡ ごめっ♡」パンパン!

千歌「よーちゃんっ♡ よーちゃんっ♡」ビクッビクッ

千歌「よーちゃんんん……っ♡」ハァハァ♡

曜「千歌ちゃ♡」チュッ

千歌「んんぅぅっ♡」チュウゥゥ!

千歌「じゅるるるっ♡ ぷっ♡ ぷあぁっ♡ んぐぐぐっ♡」

曜「ちゅぱっ♡ ぷちゅっ♡ ちゅっ♡ ちゅぱちゅぱっ♡」パンパンパンパン!

千歌「んんんんーーーーっ!♡♡♡」キュンキュン
191: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/14(金) 23:47:48.05 ID:Bl39ulNV.net
曜「ちぁ……ちゃ……っ♡」ギュゥ♡

千歌「あんっ♡ それ♡ それだめぇっ♡♡」

千歌「手♡ 手ぇ♡ そんな恋人みたいにつないでえっち♡ だめぇ……っ♡♡」

千歌「千歌♡ 曜ちゃん♡ 溶けちゃ♡ 千歌♡」ハァッハァッ♡

千歌「よーちゃんに夢中になっちゃうよぉぉ……♡」キュンキュン♡

曜「〜〜〜〜っ♡♡♡」ゾクゾクゾク


曜「――――っ!!♡」パンッパンッパンッパンッ!!

千歌「あーっ!♡ あーーっ!!♡」

千歌「はげしっ♡ はげしぃっ!!♡」

千歌「よぉちゃんっ♡ よぉちゃんがちかにっ♡ いっぱいパンパンしてててぇ……っ♡♡」ギシッギシッギシッギシッ

曜「千歌ちゃ……っ♡♡」パンッパンッ!!

千歌「よーちゃんっ♡ よーちゃんっ♡」ビクッビクッ
194: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 00:02:38.41 ID:3//0oyii.net
曜「もっ♡ もぉ……っ♡ 射……っ♡♡」パンパン!!

千歌「よーちゃんっ♡ よーちゃんもっ♡ よーちゃんもイこ♡ ちか♡ ちかも♡」ガクガクガク

千歌「はぁっ♡ はぁっ♡ はあぁぁぁ……っ♡♡」ビクビクビク...!

曜「千歌ちゃん……っ♡♡」ギュゥーッ!!

千歌「曜ちゃんっ!♡♡」ギュッ!!

曜「――っ!!♡♡」ドピュッ!!

千歌「――っ!?♡♡」ビクンッ!!

曜「うぅぅ……っ♡」グググ...!

曜「ち……っ♡ 射精て……ぇ♡」ビュクビュク!! ビュッ!!

千歌「ぉ……ちゃ……っ♡ そんな♡ おく♡ おし♡ つけて♡」ガクガクガク

千歌「うっ♡♡♡」プシャアアァァ...♡

曜「千歌ちゃん……っ♡」ピュッ... ピュッ...

千歌「で♡ す♡ ぎぃ……♡♡」


曜「――ちゅぅ……♡」

千歌「んむぅ……♡」チュル...


曜「……千歌……ちゃん……♡」ハァハァ...

千歌「はぁ♡ はぁ♡」

千歌「……曜ちゃん……♡」


〜〜〜〜
198: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 00:15:39.67 ID:3//0oyii.net
〜翌日 アイドル部 部室〜

みんな「ええぇぇぇーーっ!?」


ダイヤ「おっ、お付き合い!?///」

ルビィ「千歌ちゃんと、曜ちゃんが……?///」


千歌「うっ、うん……///」テレテレ

曜「あはは……まぁ……あっはははは……///」テレテレ

千歌「もー、曜ちゃん顔がだらしないってば♡」

曜「ご、ごめん……///」


♡イチャイチャイチャイチャ♡


鞠莉「」(´°ω°)チーン

梨子「」(´°ω°)チーン

善子「マリーっ!? リリーっ!?」シンデル!?


花丸「抜けがけずら」ボソッ

果南「まぁまぁ、それで?」ナデナデ

花丸「曜ちゃんばっかりずるいずらぁ……」ブスーッ


曜「それで、って?」

果南「なんで付き合うことになったの? まさか曜が告白したとか……?」ナンテネ

曜「そ、それは……///」

千歌「もー果南ちゃんっ!」

果南「ん?」

千歌「曜ちゃんが千歌に好きだって 言ってくれたんだよ。ね♡」

曜「千歌ちゃん……」ドキッ

曜「ん、まー……まぁ、そう言うことでありまして……///」
202: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 00:26:37.67 ID:3//0oyii.net
みんな「」

鞠莉「」ユラリ

鞠莉「……まさか(私含め)仮想現実で悠々と遊んでいたらこんなことにぃ?」

千歌「仮想……?」

曜「わっ、わーっ!!」

鞠莉「」ジワッ

鞠莉「うわああぁぁあーーん! ちかっちーー!!」ダキッ

千歌「うわっ///」

梨子「」ハッ

梨子「千歌ちゃん! ちょっと詳しく話を――!」


果南「意外だったよ、まさか曜からだったなんて……」

果南「ごめんね、失礼なこと言っちゃって」

曜「ううん、大丈夫っ///」


花丸「…………曜さんは」

花丸「どうして、急に?」

花丸「」フルフル

花丸「急じゃ――ないずら、けど……」


曜「それはね……」
205: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 00:42:53.63 ID:3//0oyii.net
曜(千歌ちゃんは昔から、人の言葉をあまり遮ることをしない)

曜(特に、真剣な話と言うか、そう言う空気には敏感で)

曜("どっちの千歌ちゃんも"私の言葉を待たずに、私の気持ちを察してくれた)

曜(でも――)


曜「やっぱり、千歌ちゃんが好きだって気づけたから」

曜「鞠莉ちゃんには感謝しないと///」テレテレ


花丸「そう……ずらか……」ショボ

果南「マル……」ナデナデ


ダイヤ「はっ、まさかこれもVR……!?」

ダイヤ「なんて……あぁぁ……」ガックリ

ルビィ「おねぃちゃん……」ナデナデ

善子「ふんっ! しょせん仮想現実なんてこんなものよねっ、今こそがリアル! 私はこれからもリアルを貫く!」

花丸「昨日どれくらい使ったの 善子ちゃん。お楽しみだったくせに」ズラァ...

善子「ブーッ! あ、あああんたねぇ!」ギリギリギリ!

花丸「ずらーーーー!!」バンバン!!


曜「……///」チラ

千歌「ちょっと鞠莉ちゃん、梨子ちゃーん……///」...!

千歌「……えへへ♡」ニコー♡

千歌「……♡」トテトテ

千歌「♡」ギュ

曜「千歌ちゃん……///」ドキドキ♡


おわり♡
206: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 00:46:16.52 ID:3//0oyii.net
上にもありましたが、
曜ちゃんが来たら終わりにしようと最初から思ってました
曜ちゃん部分が長くなったのはそのためです

イチャラブ目指しましたが拙くてごめんなさい
(他の子の妄想話を書くかは未定です)

ありがとうございましたm
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「千歌ちゃんとコスプレえっちしたいなぁ……」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。