千歌「zzz」曜(千歌ちゃん口開けて寝てる…指入れてみたい)スッ千歌「むにゃ…」パクッ曜(!?)

シェアする

曜-アイキャッチ17
1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 21:23:38.00 ID:QHTru2wI.net
一方その頃ーーー


アナウンサー「次のニュースです。今朝○○町のアパートで局部を切断された男性の遺体が発見されました。この事件に類似した事件が多発していることで、警視庁は同一人物による犯行とみて捜査をしています…」

俺「近所じゃん!こえ〜」

ママ「あんたまだ童貞なのにねぇw」

俺「うるせぇ!」

ママ「はっはっはっ」

パパ「…」

ガチャッ

妹「ただいま〜」

俺「おかえり、また夜遊びか?」

妹「違うって!友達との話が長引いただけ!」

俺「女はどんだけ話せば気がすむんだよ…」

妹「あっ、そういえばことりちゃんのフィギュア新しいの入荷してたよ」

俺「お、マジ!?取ってこよ!」

元スレ: 千歌「zzz」曜(千歌ちゃん口開けて寝てる…指入れてみたい)スッ千歌「むにゃ…」パクッ曜(!?)

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 21:27:00.13 ID:QHTru2wI.net
パパ「おい俺!」

俺「!?…な、なんだよ」

パパ「車、乗ってくか?」

俺「…頼むわ」

ブーン

俺「…」

パパ「…」

俺「珍しいな…あんたが車出すなんて」

パパ「たまにはいいじゃないか、2人で話すのも」

俺「なんか話があるの?」

パパ「そうだな…お前に言っておかなければならないことがある」
7: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 21:32:24.33 ID:QHTru2wI.net
俺「ん?」

パパ「これからパパの言うことは全て真実だ。嘘はない、わかったか?」

俺「お、おう」

パパ「何から話そうか……単刀直入に言うと、お前は人間じゃない」

俺「…は?」

パパ「お前だけじゃないな。パパもママもそして妹もだ」

俺「何言ってんだあんた…」

パパ「パパはおちんぽ星人でママはおまんこ星人だ」

俺「つ、つまんね〜wwwwww」

パパ「…」

俺「な、なんでそんな真剣な顔してんだよ…」
8: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 21:37:03.46 ID:QHTru2wI.net
パパ「受け入れられないのはわかる。だがこれが真実なんだよ」

俺「…で…そのおちんぽ星人とおまんこ星人の間に生まれた俺たちは何なの…?」

パパ「さぁな」

俺「さぁなって…どんな面して生きてきゃいいんだよ!」

パパ「実はな、お前たちは産まれるべきものではなかった」

俺「は?」

パパ「おちんぽ星人というのはおまんこ星人を唯一倒せる存在なんだ。おまんこ星人の膣内におちんぽ星人が射精し、受精した時におまんこ星人は死ぬ…はずだった」

パパ「だがな、パパは恋してしまったんだ…ママに」

俺「倒すって何だよ、敵なのかよママ達は」

パパ「おまんこ星人の好物はちんこなんだ。もし放って置けば全生物の雄だけが絶滅する」
9: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 21:40:58.76 ID:QHTru2wI.net
パパ「でもおまんこ星人にも分別のわかるやつはいる。そうママのように」

パパ「ある時おちんぽ星の王から殺害命令が出たんだ。もし破ればパパは処刑されてしまう」

パパ「だから仕方なくママと性交し、ママの膣内に射精した…その時奇跡が起きた。死ななかったんだ。ママは」

パパ「ママもパパのことを愛していた…だがこれは星人間を超えた恋…許されるはずがなかった。だから地球に来た」

俺「なんでママは死ななかったんだよ…」

パパ「それはわからん。死ぬどころか新たな命を育んだ。それがお前たちだ」

俺「…」

パパ「急ですまないな…まさかこんな事になるとは思っていなかった」
10: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 21:47:39.28 ID:QHTru2wI.net
俺「どういう事だよ」

パパ「ニュースを見ただろ?あの犯人…もしかしたら妹かもしれん」

俺「は?」

パパ「おまんこ星人は成人になる前にある儀式をする必要がある」

俺「儀式…?」

パパ「男性のちんこを喰うことだ」

俺「!?」

パパ「だが1人だけではない。何百何千…何億」

俺「お、億!?」

パパ「あぁ…おまんこ星人の儀式が始まると星の生物の雄は絶滅すると言われている」

パパ「それを止められるのは…お前だけだ」
11: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 21:54:09.07 ID:QHTru2wI.net
俺「止めるって…」

パパ「中出しするんだ、妹に」

俺「でも中出ししたら死ぬんじゃ?」

パパ「そう…死ぬ」

俺「俺に妹を殺せと…?」

パパ「お前しかいないんだ!地球を救えるのはッ!パパは歳をとった…もう妹ほどの若いおまんこ星人は倒せないツ…!」

俺「無理に決まってんだろッ!!!」タッタッタッ

パパ「俺!」
13: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:00:15.62 ID:QHTru2wI.net
ーーー公園ーーー

俺「パパのやつふざけんなよ…ッ!妹を殺せるわけないだろッ…!!!」

俺「…はぁ…おちんぽ星人、か…ははっ笑えねぇ…」

妹「…」タッタッ

俺「ッ!(妹!?こんな時間にどこ行く気だ?…ちょっとつけてみるか)」

妹「…」タッタッ

俺「…」サッサッ

妹「…」ピタッ

俺「やべっ」サッ

妹「…」
15: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:04:35.81 ID:Z9x9N/Yg.net
シューン

俺「…」ゴクリ

友「…」

俺「友!?」

友「あっほ、本当に来た!!!」

希「うち、東條希!あなたが友さん?」

俺「!?!!!?!?」

友「あそそそそそうです」

希「よかった、ほないこか」

友「は、はい」

俺「あいつら路地裏に…まさか!?」
18: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:07:23.92 ID:QHTru2wI.net
希「あっ…♡友くんのおちんぽおっきぃ…♡」パンパン

友「希さんっ…もう我慢できません…///」パンパン

希「ええよ、きてっ♡」

友「イグゥゥウウウウウウ!!!」ドピュン

希「んんっ…♡熱いのきてる…♡」ドクドク

友「はぁはぁあ、ありがとうございました」

希「気持ちよかった?」

友「はい…///ではこれで…あ、あれ?抜けない」

希「友くんまだ終わってへんよ?」

友「へ?」
19: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:10:55.86 ID:QHTru2wI.net
希「おちんぽ、ちょうだい?」キュイーン

友「なな何!?ちんぽがまんこに吸い込まれるッ!!!」

希「ありがとなぁ友くん♡」

友「やだぁ!誰か!!誰か チュッ

友「!?」

希「んっ…♡んちゅ…♡」

友「んっ!んっ!!んんんっ!!!!」

ブチィ!

希「ごちそうさまっ♡」

友「あ…あぁ…」バタンッ

俺「…(パパの言ってたことは真実だ…パパに会わなきゃ!)」タッタッタッ

シューン

妹「…」
23: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:15:19.55 ID:QHTru2wI.net
ーーー家ーーー

俺「はぁはぁ!」

ガチャ

俺「パパ!い、妹のやつが変身して パパ「来るなッ!」

俺「!?」

得体の知れぬもの「ヴェアォオオオオ!!!」

パパ「…ッ!」パンパンパン

俺「あんた何してるんだよッ!」

パパ「見ておけ…これがおちんぽ星人の"セックス"だ」パンパン

得体の知れぬもの「ヴェアァァアアア!!!」

パパ「四十八手──

得体の知れぬもの「ヴォオオオ!ヤメロォオオオオ!!!」

パパ「松葉崩しッ!!!」ドドンッ
26: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:20:30.02 ID:QHTru2wI.net
松葉崩し(まつばくずし)
取りは、仰向けになった受けの片足を、まるで松葉の枝が交差するように、抱えて絡めて、挿入します。
取りは、受けの足をコントロールして深い挿入感を得られる角度を探したり、膣の収縮に変化を付けたりもできます。

得体の知れぬもの「グォオオオオオオオオオ!!!」グヂュグヂュ

パパ「すまない…ッ!」ドリュプゥウウウウウウ

得体の知れぬもの「ヴゴオオォォ…」

シュー

ママ「…」

俺「ママ!?一体どういうことだよ!?」

パパ「ママが突然襲いかかってきたんだ…恐らく俺たちが妹を倒すのを知ってて…」

俺「そんな…でもさっきの姿はなんだよ」

パパ「おまんこ星人はおちんぽ星人と戦うときは中出しされまいと醜い姿になるんだ」

パパ「そして萎えたおちんぽを吸収する…」
28: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:26:00.68 ID:QHTru2wI.net
俺「…そ、そうだ!妹の奴が変身して俺の友達を キャー

俺&パパ「!?」

妹「ママ!」ドタドタ

妹「ママ!起きてよママ!ねぇ!」ユサユサ

ママ「…」

妹「なんで…」

パパ「妹、仕方が 妹「ユルサナイ」ゴゴゴォ

俺「妹?」

妹「ユルサナィイイイイアアアアア!!!」バチバチッ

俺「妹ッ!」

パパ「俺!今の妹を止められるのはお前だけだッ!どんな姿だろうと絶対にセックスするんだッ!!!」

俺「俺しかいない…やってやるッ!!!」ビンビン
29: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:30:14.00 ID:QHTru2wI.net
俺「こい!どんな醜い姿だろうが俺が相手になるッ!」

妹「…」

俺「…」

妹「…」

俺「…ん?」

妹「お兄ちゃん!セックス、しよ?」

俺&パパ「!!?!??!!!?!?」

俺「ど、どういうことだよパパ!醜い姿は!?」

パパ「もしかして妹は自分の姿なら中出しされないと踏んで!?」

俺「ど、どうすんだよ!?」

パパ「…わからん…だがお前は妹を止めばならん。止めるんだッ!!!」
31: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:34:18.45 ID:QHTru2wI.net
俺「っなこと言ったって…勃たねぇもんは勃たねぇんだよッ!!!」

妹「いいよおにぃちゃん、勃たせてあ・げ・るっ」パクッ

俺「ちんこ咥えて何する気ッ!?」

妹「んぐっ♡んちゅ…んっんちゅ…ずっ♡ずっ♡」

俺「はぁああっあ///うふっくっ……///」グポグポ

パパ「出すなッ!出したら精子が消えるッ!!!」

俺「わぁぁか…ぁ!っ…てぇっるぅ!け…どぉ///」グポグポ

妹「イっちゃえ♡あむっ♡ずぶっ…ずぶっじゅぷっ♡」

俺「もぉうぅ!だめ…ぇだぁあああああああ!!!でえりゅぅううううううう///」ドリュプゥウウウウウウ

妹「んっ…♡」ゴクッ

俺「あ…あへぇ♡」ガクガク

妹「ごちそうさまっ♡」

パパ「もう…おしまいだ…」

俺「く…そ…──
32: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:39:34.74 ID:QHTru2wI.net
ーーーーー
ーーー


???「いつまで寝てんだ」

俺「ん〜…」

???「起きろッ!」

俺「何だよもう少し寝かせろよぉ…」

おちんぽ「それでも俺の主人かよッ!」

俺「主人…?お前……!!?!?!!?」

おちんぽ「びっくりしてんじゃねーよ」

俺「お前…俺の…ちんこ!?」

おちんぽ「だったら何だよ」

俺「え…あ…もう訳わかんねぇよ!」
34: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:44:48.13 ID:QHTru2wI.net
おちんぽ「説明してやる、お前はおまんこ星人である妹に負けた。だかお前にその気があるなら最後のチャンスをやる」

俺「どうする…気だよ」

おちんぽ「ハイパーマスターベーションを行う」

俺「なんて?」

おちんぽ「…まあいい。お前はHMBを行うことでまた妹と"セックス"ができる。だが」

俺「だが…?」

おちんぽ「一生勃たなくなる」

俺「は?」

おちんぽ「ようするに、オレが死ぬんだよ」

俺「お前が…死ぬ…じゃあ俺は一生…」

おちんぽ「あぁ」

俺「…」
35: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:49:09.24 ID:QHTru2wI.net
おちんぽ「安心しろ、尿くらいは出してやる」

俺「そっか…やるしかねぇんだよな」

おちんぽ「そうだな…」

俺「…」

おちんぽ「…」

俺「あの〜まぁ今しか言えねぇよな」

おちんぽ「な、何だよ」

俺「粗末に使ってごめん」

おちんぽ「ふっそんな事かよ。心配して損したわ…オレこそ謝らないとな」

おちんぽ「早漏でわるかったな」

俺「そうか?俺は早漏の方がすぐ終わって好きだぜ」

おちんぽ「お前らしい答えだな」
36: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:51:43.02 ID:QHTru2wI.net
俺「…」

おちんぽ「もう何も言うな」ダキッ

俺「うぇ〜ん!うぇ〜ん!」エンエン

おちんぽ「ったくお前はいつまでもガキのまんまだな」ポンポン

おちんぽ「でもお前は今から大人の階段も登るんだぞ。いつまでも人任せはだめだぞ」

俺「…うぐっ…わかってるよ」フキフキ

俺「はぁ〜すっきりした!本当に今までありがとうな」

おちんぽ「最後にオレと約束しろ」

俺「ん?」

おちんぽ「ぜってー中に出せよ」

俺「お前こそ最初で最後の"セックス"楽しめよ」
37: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:55:47.96 ID:QHTru2wI.net
ーーーーー
ーーー


妹「さて…次の獲物探し

ドクンッ──

妹「!?」

ドクンッ…ドクンッ…!

パパ「ッ!」

俺「ぅぉおおおぉおおおおおおおおお!!!!」ドクドクドクンッ

妹「なにぃ!?」

パパ「まさか…ハイパーマスターベーションを!?」

俺「妹ぉ…!"セックス"するぞ」バチバチッ
38: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 22:58:40.95 ID:QHTru2wI.net
妹「い、嫌だ…」

俺「お前に拒否権はない…ッ!」ヌプッ

妹「ひぎぃ!」

俺「うぉぉぉおおおおおおおお!!!」パンパンパン

妹「ぐっうっ!///くっ…///ぐっ…あぁはぁ///っうっ!///」パンパン

俺「やべぇ!もうでりゅ!」パンパン

妹「はやっ!?」ビュー!ドリュプゥゥウウウウウウ

俺「やっぱ早漏はつれぇ…」
39: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 23:02:09.44 ID:QHTru2wI.net
妹「エグッ…おにい…ちゃん…」ポタポタ

俺「ごめんな妹ぉ…他の家に生まれてこればこんな酷いこと無かったのに…」グスグス

妹「私は…幸せだよぉ…お兄ちゃんと出会えて…ほんっとうに幸せだよぉ…」ポタポタ

俺「お前…」グスグス

妹「お兄ちゃん…」ポタポタ

俺「…」スッ

妹「大好き…」バタンッ

俺「…ぁ…ぁあ…」

俺「うわぁあああああああああ!!!」ダキッ






ドクンッ…!

俺「!?」

ドクンッ…!

俺「生きてる…まだ妹は生きてるッ!!!」

パパ「何!?すぐに救急車を!」

ーーーーー
ーーー
40: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 23:05:19.46 ID:QHTru2wI.net
ガラガラ

俺「よう妹」

妹「お兄ちゃん!」

俺「体調はどうだ?」

妹「ばっちり」エヘヘ

俺「そっか…ならよかった」

妹「でも…」

俺「でも?」

妹「たまに吐き気が」
41: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/15(土) 23:07:15.04 ID:QHTru2wI.net
俺「おい!?それって!?」

妹「できちゃったみたい///」エヘヘ

俺「あちゃ〜」

妹「大切に育てる。だからお兄ちゃんと約束して?」

俺「…あぁ約束する。また来るな」バイバイ

妹「うんっ」バイバイ

ガラガラ

俺「…」

パパ「…」

俺「これで…よかったんだよな…」

パパ「あぁ…まさか初孫が息子と娘の子供だとはな」ハハッ

俺「うるせー」ハハッ

こうして地球の平和は守られたのであった

終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「zzz」曜(千歌ちゃん口開けて寝てる…指入れてみたい)スッ千歌「むにゃ…」パクッ曜(!?)』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。