凛「穂乃果ちゃんがトラックに弾かれたにゃ!?」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ33
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 21:48:15.81 ID:fFlkYDSC0
ドカァァァァァンッ!

凛「にゃあああ!?穂乃果ちゃんがトラックに!?」

にこ「な、なによこれ……」

海未「ほ、穂乃果!大丈夫ですかっ!?」

穂乃果「」

希「あ、あかん……息……してないやん……」

花陽「あ……あ……穂乃果ちゃんが……」ブルブル

絵里「い、嫌……嫌……いやあああああああああっ!?」

海未「どうしたら……どうしたら……!?」アタフタ

ことり「大丈夫、落ち着いてっ!」キョロキョロ

海未「こ、ことり……?なんでそんなに落ちついて……」

ことり「任せて、ことりは保険委員だから!」

ことり「周囲の安全よし!」

7人「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429102095

元スレ: 凛「穂乃果ちゃんがトラックに弾かれたにゃ!?」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 21:49:32.10 ID:fFlkYDSCo
希「なっ……ことりちゃんいったい何を……」

ことり「ホノカチャン!意識有りますか?わかりますか!」チュンチュンチュンチュン

花陽「まさか……錯乱しちゃって……」

真姫「ち、違うわ……ことり……もしかして貴方……まさか……」

海未「真姫!何か知っているのですか?」

真姫「ええ……私の予想が正しければこの後ことりは……」

ことり「誰かっ!誰かいませんか~!」キョロキョロ

真姫「うん、やっぱりね」

海未「な、なんなんですか!?なぜことりは私たちが近くにいるのに他の人を探しているんですか!?」

真姫「そういう順番なのよ!とりあえず見てなさいっ」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 21:51:12.57 ID:fFlkYDSCo
ことり「あ!そこのあなた!119番お願いできますかっ?」

凛「り、凛!?……わ、わかった!」タッタッタ

ことり「貴方はAEDを持ってきてもらっていいですか?」

絵里「わ、私……?AEDって……わ、わかったわっ!」タッタッタ

海未「119番にAED……?いったいことりは何を……」

真姫「まだわからないの?あのね、ことりは今心肺蘇生をしようとしているのよ」

海未「心肺蘇生……ですか……?」

真姫「ええ、原始的だけどとっても効果的な方法よ」

海未「し、しかしそんなことがことりができるのですかっ?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 21:51:41.14 ID:fFlkYDSCo
花陽「あ、そういえば前の休みにことりちゃん普通救命講習を受けに行くって言ってたよな……」

海未「な、なぜそんなものを……」

花陽「保険委員としての責務だとかなんとか……」

真姫「理由なんてどうでもいいわよ。今穂乃果を救えるのはことりだけよ
……信じましょう」

海未「は、はい……」

希「頑張ってな、ことりちゃん……」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 21:52:16.12 ID:fFlkYDSCo
ことり「……」ジーッ

穂乃果「」



海未「あの、動きませんがことりは何をしているのですか?」

真姫「んっ、あれはね呼吸の確認よ」

海未「呼吸の?」

真姫「そう、普段通りの呼吸をしているかを10秒以内に確認するのよ」

海未「なるほど」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 21:52:54.39 ID:fFlkYDSCo
ことり「8……9……10……普段通りの呼吸なしっ!」

ことり「ふっ!ふっ!ふっ!ふっ!ふっ!」



海未「穂乃果の胸に両手を当て押し込んでいますが……、あれは何をしているですか?」

真姫「あれはね、胸骨圧迫よ。あれを行って心臓を人工的に動かしてあげるの」

海未「なるほどっ!……で、ですがなんというか押しすぎではありませんか……?
全体重かけてるように見えますが……」

真姫「胸骨圧迫はあれくらい強くないと意味がないのよ。ただ、心配なのは……」

<ボキッ!ボキッ!ボキッ!

海未「なっ!?穂乃果の胸から変な音が……」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 21:54:15.08 ID:fFlkYDSCo
真姫「やっぱりね……いわゆる肋骨ボキボキよ」

海未「肋骨ボキボキ……?」

真姫「胸骨圧迫するときにたまに肋骨が折れちゃうのよ。熟練者ならそのリスクは低いんだけど……」

海未「ことりはまだ講座を受けたばかり……。と、止めなくてはっ!」アセアセ

真姫「待って!いいのよ、折れるくらいの強さでやらなきゃ意味がないの」

海未「で、ですが……!」

真姫「いい?このままだと穂乃果は確実に死ぬわよ。
死ぬのに比べたら骨折なんて大したことないわ」

海未「そうですが……」

真姫「死と言う最悪の結果が待ち構えてる以上、多少の怪我はしょうがないのよ
ことりを信じましょう」

海未「わ、わかりました……」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 21:55:13.24 ID:fFlkYDSCo
ことり「ん……ちゅっ……くちゅ……」チュパチュパ

穂乃果「」



海未「なっ―――!は、破廉恥です!」

真姫「じ、人工呼吸よ!医療行為だから!」

海未「し、しかしですね……」

真姫「穂乃果の為よ!」

海未「むぅ……」


ことり「ほのかちゃ……んちゅ……んちゅ……」

穂乃果「」


海未「……やはり破廉恥です!」

真姫「ええ、まあ……そうね……」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 21:56:18.58 ID:fFlkYDSCo
ことり「ふっ!ふっ!ふっ!ふっ!ふっ!」ボキボキボキ


海未「あれ、最初に戻りましたね」

真姫「ええ、心肺蘇生は胸骨圧迫と人工呼吸の繰り返しなの」

海未「なるほど……」

真姫「穂乃果もそうだけど……心配なのはことりの体力ね」

海未「どういうことですか?」

真姫「胸骨圧迫ってね、一秒間に100回くらいのペースでやらなきゃいけないのよ
……骨が折れるくらいの力を込めながらね」

海未「100回!?」

真姫「そして、救急車の全国平均現場到着時間は約7分……
女子高生一人の体力じゃあ相当厳しいわね」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 21:57:48.68 ID:fFlkYDSCo
<ンチュンチュ……ホノカチャ

海未「そ、そんな……いったいどうしたら……」

真姫「本当は周りの人と交代しつつやるんだけど……
普通救命講座を受けたのはことりだけだし……信じるしかないわ」

海未「っ……!無力な自分を悔やみます……っ!」バンッ

<ふっ!ふっ!ふっ!ふっ!ふっ!

真姫「せめてAEDが来てくれれば……どこまで探しに行ったのかしら……」

絵里「ふふっ!待たせたわね!」

海未「絵里!?AEDを……」

絵里「……」

真姫「エリー……貴方まさか……」

海未「あの、なんで手ぶらなんですか……?AEDはどこに……」

絵里「知らないわよ……」

海未「えっ?」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 21:58:50.47 ID:fFlkYDSCo
絵里「AEDがどこにあるかなんて……私が知りたいわよっ!」

海未「み、見つからなかったんですかっ!?」

絵里「そんなに使う物じゃないし、どこにあるかなんてわからないわよ……
必死に探したの……で、でも……なかったのよ……」グスッ

真姫「大きな施設なら必ず一つは置いてあるはずよ。
でも緊急時に迅速に持ってこれるかは別ってことね……」

海未「そ、そんな……」

真姫「普段からAEDがどこにあるかの把握が必要だったのよ……私たちは、準備が足りなさすぎたわ……」

海未「で、では穂乃果は……」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 22:00:00.17 ID:fFlkYDSCo
真姫「っ……!」

絵里「ごめんなさい……」

花陽「そんなぁ……」

凛「もう駄目だにゃ……」

希「みえへん……ウチのカードじゃあ穂乃果ちゃんの未来が……」

真姫「穂乃果……んっ?この音は……」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 22:01:10.26 ID:fFlkYDSCo
<チュン! チュン! チュン! チュン! チュン! チュン! ボキ! ボキ! ボキ! ボキ!

花陽「ことりちゃん……まだ心肺蘇生を……」

にこ「ことり……」

海未「まだ、諦めてないんですね……」

絵里「私達……何してたのかしら。頑張ってくれてることりを放って勝手に諦めて……」

凛「そうにゃ、今やることは諦めることじゃないよ!」

真姫「ええ、今はことりを信じて見守る事……そして……」

希「みんなでことりちゃんの応援してあげよっ!」

「「「「「「「ファイトだよ!」」」」」」」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 22:02:32.76 ID:fFlkYDSCo
ことり(感じるよ……みんなの応援が……)ボキボキ

ことり(今なら何でもできそうな気がするの……今なら穂乃果ちゃんを救えそうな気が……)くちゅくちゅ

ことり(お願い……目覚めてよ……)

ことり「ハノケチャンッ!」

穂乃果「……かはっ!……げほっ……げほっ」

ことり「穂乃果ちゃんっ!?」

穂乃果「あ、あれ……穂乃果……いったい……いたたたっ……体中が……」

ことり「大丈夫!?大丈夫なの!?」

穂乃果「う、うん……ちょっと起きれそうにないけどね……」イテテ

ことり「よかったぁ……よかったよぉ……もう駄目かと……」グスッ
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 22:03:28.07 ID:fFlkYDSCo
穂乃果「えへへ、ありがとうことりちゃん……。真っ暗の中でねことりちゃんの声が聞こえたんだよ」

ことり「ことりの声が……?」

穂乃果「うん……『ハノケチャン』って……その声のおかげでおきれたんだ」

穂乃果「本当にありがとう……。いくらお礼を言ってもたらないけどだけどね」エヘヘ

ことり「くすくす、お礼なんていいんだよ。だってねことりは――」

ことり「保険委員だからね!」ニコッ

穂乃果「……」きゅんっ

ことり「肋骨何本か折れちゃってるから……、もうすぐ救急車もくるから喋らないで、安静にね?」

穂乃果「……///」ぽーっ
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 22:04:24.58 ID:fFlkYDSCo
希「奇跡や……奇跡が起きたんや……」

にこ「ええ、本当にね……」

絵里「ハラショーね」

真姫「救命で大切なのは最初の2分なの。ことりの冷静で迅速な処置のおかげね」

海未「ことりが居なかったらと思うとぞっとしますね……」

凛「ことりちゃんすごかったにゃあ……」

花陽「うん……」

凛「ねえ……凛も救命講座受けようかな……」

花陽「り、凛ちゃん!?」

凛「だって、そうすればかよちんに何かあった時……助けてあげれるから……///」

花陽「凛ちゃん……私も受ける!私だって……凛ちゃんを助けたいもんっ!」

凛「かよちん……」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 22:05:07.04 ID:fFlkYDSCo
にこ「ちょっとあんたら!何抜け駆けしようとしてるのよっ」

絵里「そうよ。二人だけでなんてずるいじゃない」

真姫「大体どこで受けれるかしらないでしょ?しょうがないわねー。私も一緒に行ってあげるわよ」

海未「今回の件で自分の無力さを痛感しました……。私も一緒にいかせてください!」

希「じゃあ早速いこかっ」

「「「「「「うんっ!」」」」」」

後日、他のメンバー全員で救命講座を受けに行った。

そして病院に運ばれたことほのは結婚した。
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 22:05:36.83 ID:fFlkYDSCo
ことり「肋骨折っちゃってごめんね……、傷物にしちゃった責任
一生見るから……っ!」

穂乃果「で、でも助けてくれたんだし……」

ことり「だめっ!それじゃあことりの気が収まらないの……
だってね……」

ことり「ことりは保険委員だから」ニコッ

穂乃果「あっ……う、うん……じゃあお願いしようかな……///」きゅんっ

(^8^)おしまい
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 22:07:31.54 ID:fFlkYDSCo
なんなんだろうこれ・・・。
ありがとうございました

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
凛「穂乃果ちゃんがトラックに弾かれたにゃ!?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「穂乃果ちゃんがトラックに弾かれたにゃ!?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。