千歌「道路脇の横溝に足がはまって身動きが…。ダレカタスケテー!」曜「ヒヒッ、チョットマッテテー」ニヤニヤ

シェアする

千歌-アイキャッチ16
1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 13:51:47.30 ID:nwhUZah1.net
千歌「助かったー。どうもありがとう」

曜「どういたしまして」

元スレ: 千歌「道路脇の横溝に足がはまって身動きが…。ダレカタスケテー!」曜「ヒヒッ、チョットマッテテー」ニヤニヤ

スポンサーリンク
12: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 14:35:49.31 ID:QtbhhhoO.net
ルビィルート

千歌(うう…曜ちゃんまだかなぁ…)

ルビィ「あれ、千歌ちゃんだぁ…どうしたの?」

千歌「ルビィちゃん…」

千歌「見たとおりだよ、動けないんだ」

ルビィ「ぅゅ…可哀そう…」

ルビィ「任せて!ルビィが助けてあげる!うんしょ、うんしょ」

千歌「(ビクともしないや…)」

ルビィ「ふぇ〜ん無理だ〜ごめん千歌ちゃん」

千歌「いいよ、気にしないで」

ルビィ「そうだ!誰か呼んでくるね!」

千歌「えっちょっ」
13: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 14:37:59.89 ID:QtbhhhoO.net
花丸ルート

千歌(曜ちゃんまだかなぁ…)

花丸「ずら?千歌ちゃんどうしたずら?」

千歌「花丸ちゃん!ハマって動けないんだよ〜…」

花丸「ずらか…」

花丸「…」

花丸「これ、食うずら」

千歌「え?」

花丸「遠慮はいらないずら、のっぽパン食べて元気出すずら」

千歌「…」
14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 14:40:35.68 ID:QtbhhhoO.net
善子ルート

千歌「曜ちゃんまだかなぁ…」

善子「あら?千歌さんどうしたの?」

千歌「善子ちゃん!足がハマって動けないんだ!」

善子「あらそう…」

善子「引っ張り出せないの?」

千歌「うん…曜ちゃんが力いっぱいしても無理だったんだ」

善子「ふうん…曜さんでも無理なら私じゃ無理ね…」

善子「ここは消防に連絡するのが最善ね!」

prrr
15: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 14:43:58.28 ID:QtbhhhoO.net
梨子ルート

千歌「曜ちゃんまだかなぁ…」

千歌「ダレカタスケテー(大声)」

梨子「千歌ちゃん!どうしたの!?」

千歌「梨子ちゃん!見ての通りだよー足がハマって…」

梨子「それは大変!すぐ引っ張ってあげるわ!ヨイショヨイショ」

千歌「いたたたたっ!痛いよ…」

梨子「これはかなりキツいわね…何とかならないものか…」

ワンワン

梨子「んっ?」

しいたけ「わんわんっ!」

梨子「」

梨子「キャーーーっ」猛ダッシュ

しいたけ「わんわんっ!」

千歌「梨子ちゃんもしいたけもどっか行っちゃったよー!」
17: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 14:52:20.14 ID:QtbhhhoO.net
鞠莉ルート

千歌「曜ちゃんまだかなぁ…」

鞠莉「あら?どうしたのチカっち!」

千歌「鞠莉さん!」

千歌「実は…足がハマって…」

鞠莉「ほぉん…とんだトラブルね!」

鞠莉「よいしょっ…うーん抜けない…」

千歌(ちょっ…鞠莉さんのおっぱいが当たって…)ムラムラ

鞠莉「あーもう!抜けない!」

千歌「鞠莉さんじゃ無理ですよ…曜ちゃんでも無理だったんですから…」


鞠莉「曜ちゃんでも無理…?なら!」
20: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 14:57:19.97 ID:QtbhhhoO.net
鞠莉ルート→果南ルート


果南「お ま た せ」

鞠莉「千歌さんの命の危機だって言ったら飛んで来たわね」

果南「千歌はどうなの!?」

千歌「果南ちゃ〜ん…」

鞠莉「ごめんなさい、死にそうなのってなのは嘘なの♪」

千歌「ごめんね〜…果南ちゃん…」

果南「いや、いいんだ」

果南「誰かずっと側に付ききってわけにもいかないしね」

果南「ふんっ!」ズボッ

千歌「わ〜!抜けた!」

鞠莉「さっすが果南!」

千歌「ありがと〜果南ちゃ〜ん!」

果南「そんな凄いかな…」ポリポリ
21: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 15:00:28.20 ID:QtbhhhoO.net
ダイヤルート


千歌「曜ちゃんまだかなぁ…」

ダイヤ「フンフン♪かしこいかわいいダイーチカっ!とぉっ♪」ルンルン

ダイヤ「今日もいい天気ですわっとぉ♪」

ダイヤ「ん?あそこに見慣れたみかん色がありますね」

千歌「まだかなー」ボケー

ダイヤ「何やってるのでしょうか…あんな所でじっとしていて」
23: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 15:02:02.54 ID:QtbhhhoO.net
ダイヤ「あのー千歌さん…?」

千歌「はいっ!あっ、ダイヤさん!」

ダイヤ「どうしたのですか?ここにいて」

ダイヤ「ドブさらいですか?関心関心」

千歌「違いますよ〜!」

千歌「これがドブさらいの格好に見えますぅ!?」
24: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 15:04:15.64 ID:QtbhhhoO.net
ダイヤ「あぁ、お金を拾っているのですか?はしたないですわ」

千歌「なわけないじゃないですかぁ!ハマってるんですよ!足が溝に!」

ダイヤ「まあ、それは大変じゃないですか!」

千歌「大変なんですよ〜!」

ダイヤ「ならばこの黒澤ダイヤ、武道で鍛えた肉体で
千歌さんを救い出してみせますわ!」

ダイヤ「ふんっ…!」
25: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 15:06:27.71 ID:QtbhhhoO.net
千歌(…ビクともしないよぉ…
ていうなダイヤさんの筋肉は曜ちゃんや果南ちゃんみたいにムキムキじゃなくて
しなやかな筋肉だからこういう力仕事は向いてないんじゃ…)


ダイヤ「はぁっ…ではもう一度」

千歌「あ、ダイヤさん無理しないで…」

ダイヤ「大丈夫ですわっ!っと…ふんっ…」

ダイヤ「あっ…」グラッ

千歌「あっ」


ズボッ!
28: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 15:10:29.21 ID:QtbhhhoO.net
千歌「…近いですね」

ダイヤ「…はいとっても」

ダイヤ「私までハマってしまうとは…」

千歌「すいません、私のせいで…」

ダイヤ「いいんです、私の力不足でしたから」

ダイヤ「二人で待つのなら心細くないですわ!
一緒に助けを待ちましょう!」ガシッ!

千歌「はいっ…!」だきっ


ダイヤ「〜なんで抱きつくのですか!?」

千歌「…私長く浸かってるから
足元から全身が冷えてきたんです…
ダイヤさん暖かい…」

ダイヤ「…」

ダイヤ「…じゃあ私も千歌さんで暖を取るとしますか」だきっ

千歌「えへへ…暖かい…」

ダイヤ「あったかあったか…ですわ…」
32: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 15:16:54.98 ID:QtbhhhoO.net
曜「おーい!千歌ちゃん!果南ちゃんと花丸ちゃんとこのお坊さんと黒澤父と連れてきたよー!」 

果南「なにこの組み合わせ…」

黒澤父「力仕事なら任せなさい!フハハ!」

国木田坊主「こういう仕事は仏のためになりますから」



曜「この角を曲がった先です!千歌ちゃーん…待たせた」


千歌「あったかあったか…」
ダイヤ「あったか〜いですわ…」


曜「え」
黒澤父「え」ピシッ
国木田坊主「ほぅ…」煩悩


黒澤父「ダイヤ…お前…」

ダイヤ「お、お父様!?なぜここに」

黒澤父「いや、渡辺さんから、高海の嬢ちゃんの為に男手が必要だっていうから
馳せ参じたんだが…」

国木田坊主「同じく」
33: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 15:21:44.38 ID:QtbhhhoO.net
果南「私はちょうど曜達と道端で会ってね」


黒澤父「何しとるんだダイヤ!」

ダイヤ「はい?」

黒澤父「女同士で!抱き合って!は、破廉恥な事もしたんだろ!」

ダイヤ「はぁ…お父様がお母様と破廉恥な事をして産まれてきたのが
私とルビィじゃないですか」

国木田坊主「まぁまぁ黒澤さん落ち着いて」

国木田坊主「抱き合うなんて破廉恥のうちに入りませんよ」


国木田坊主「寺の坊さんは夜な夜な何してるか知っていますか…
みんな男同士…同じ部屋で寝る…何も起こらないはずなく…」
34: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 15:24:41.74 ID:QtbhhhoO.net
黒澤父「///」

ダイヤ「///」

千歌「///」


黒澤父「と、とにかくだ!二人を助けるのが先だ!」

国木田坊主「そうですね!」


黒澤国木田「せーの!ふんっ…くっ…くっ…」

千歌(曜ちゃんとあまり変わらないよ…)

ダイヤ(お父様は相変わらず非力ですわねー…)


果南「ちょっといいかな」

果南「よっ」ヒョイっ

ズボッ

果南「よし!抜けた!」
39: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 15:29:25.95 ID:QtbhhhoO.net
果南「二人共気をつけるんだよ、それじゃ私ダイビングに行くから」


ダイヤ「行っちゃった…」

千歌「すごいや果南ちゃん…」


黒澤父「おいダイヤ!高海千歌!お前ら何やってたんだ!教えなさい!」

ダイヤ「だーかーら!助けようとしたら私もハマって
抱き合って温めあってただけですわ!」

千歌「そーですよ!お父さん、何そーぞーしてたんですか〜?」

黒澤父「うっ…///」

黒澤父「うるさいぞ!二人共黒澤家に強制連行じゃ!」


千歌「うわ〜ん!」ズルズル

ダイヤ「なんですのこれ…」


曜「何ですのは私だよ!何で千歌ちゃんとダイヤさんと黒澤のお父さんの三人で痴話喧嘩始めるのさー!」
41: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 15:42:13.68 ID:QtbhhhoO.net
千歌「曜ちゃん…?」

ダイヤ「曜さん…」

曜「何があったかだよ!私が呼びに行ってる間に何があったのさ!」

黒澤父「そうだぞ、何があったんだ(便乗)」


ダイヤ「何って…」

千歌「ねぇ…、なにも無いですよねぇ…」

曜「ほんとに〜?」

千歌「ほんとにほんとに!」

曜「ふ〜ん…分かったよ」


黒澤父「そうはいかんぞ!」

黒澤父「高海の嬢ちゃんには色々聞き出さなきゃいかんからな」

黒澤父「ほら、ダイヤも逃げないでこっち来て」

ダイヤ「」

曜「わ、私もみんな読んでくる!」

黒澤父「おお、いいぞいいぞ!大勢でで二人を問い詰めよう!」

 

千歌「大変なことになりましたね…」

ダイヤ「えぇ…本当に、全くお父様は…」

千歌「でも…」

ダイヤ「?」

千歌「私達がそんな風に見えてるんですね…ちょっと嬉しいかな…///」

ダイヤ「私はただ…千歌さんを温めただけですわ…///」

千歌「温かかったですよ…///すっごく…///」ぎゅっ

ダイヤ「ふふふ…///」ぎゅっ

 

曜「こら!そこ!手を握らない!」

黒澤父「何だと!?この破廉恥め〜!」
42: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/17(月) 15:42:22.73 ID:QtbhhhoO.net
終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「道路脇の横溝に足がはまって身動きが…。ダレカタスケテー!」曜「ヒヒッ、チョットマッテテー」ニヤニヤ』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。