海未「仕方ありませんね。私が手を貸しましょう」

シェアする

海未-アイキャッチ41
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 18:38:12.75 ID:MdmrfOBbO
凛「ええ?真姫ちゃん出てくれないの?」

花陽「うん。くだらないって」

凛「え〜。かよちんちゃんと挑発した?」

花陽「友達を挑発はしないかな?」

凛「真姫ちゃんチョロいから簡単なのに」

花陽「仕方ないから他の人誘おう?」

凛「うん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476697092

元スレ: 海未「仕方ありませんね。私が手を貸しましょう」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 18:48:14.15 ID:MdmrfOBbO
凛「誰を誘おうか?」

花陽「やっぱり希ちゃんかな?」

凛「にこちゃんでもいいし」

花陽「穂乃果ちゃんとことりちゃんは?」

凛「穂乃果ちゃんはどうだろ?」

花陽「う〜ん」

海未「あのぉ…先程から何のお話をしてるのですか?」

凛「海未ちゃん、気になるの?」

海未「はい。先程から誘う誘わないとはなして翻訳いるのに一向に私の名前が出てこないので。あと、絵里も」

凛「それはね、理由があるんだよ?別に仲間外れにしようとはしてないよ?」

海未「あっ、そうだったんですか?」

凛「うん。ね?かよちん」

花陽「うん」

海未「…それで?」

凛「え?」

海未「それで、何の話なのです?」

凛「あ、えっとね。今度ね、商店街でババ抜きの大会があるの」

海未「ババ抜きの大会って」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 18:54:59.84 ID:MdmrfOBbO
凛「それで優勝するとねお米10キロとラーメン1ヶ月分貰えるの」

花陽「絶対に優勝だよ」

海未「凛た花陽の為にあるような大会ですね」

凛「そうなの。でね3人のチーム戦だからあと一人足りないの」

花陽「真姫ちゃんにお願いしたんだけど断られちゃって」

凛「本当は参加したかったんだよ。きっと」

海未「仕方ありませんね。私が一肌脱ぎましょう」

凛「え?」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 19:46:16.48 ID:MdmrfOBbO
海未「私が参加すると言ってるのです」

凛「うん。それ伝わってるよ?」

海未「なら、もっと嬉しそうにしても」

凛「いや、まさかババ抜きの大会って聞いたのに参加するって言うとは思わなかったよ」

海未「何故です?」

凛「身に覚えがあるでしょ?」

海未「…?ああ、穂乃果に何か聞いたのですか?確かに私は修学旅行で穂乃果とことりに惨敗しましたが…所詮ババ抜きなど運ですから」

凛「いや、運ではないよ?」

海未「運でしょう?相手の手札に何があるか分からないのに」

凛「ほら。もうその考えが怖いにゃ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 19:52:07.83 ID:MdmrfOBbO
海未「いやいや、平気ですから」

凛「でも… 」

海未「平気だと言ってるのです。何故、信じてくれないのですか?」

凛「だって…海未ちゃん絶対に弱いもん」

海未「凛!いい加減にしなさい」

凛「え?凛怒られるの?」

海未「誰も怒ってはいません」

凛「イライラを隠せてないよ?ポーカーフェイス出来てないよ?ポーカーフェイス出来ないのによく大丈夫って言うね」

海未「ババ抜きとポーカーは別物でしょう?」

凛「うわ。もう本当に大丈夫だから」

海未「いえ、こうなったら意地でも私が出ます」

凛「本当に大丈夫だから」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 19:57:12.28 ID:MdmrfOBbO
海未「何故わかってくれないのですかぁ」

凛「わかってるよ?海未ちゃんはババ抜きには向かない」

海未「ああ、いつから凛はこんなにひねくれてしまったのです?希ですか?希の入知恵ですか?」

凛「落ち着いて。仲間を疑わないで?凛は前のまんまだよ?」

海未「なら、前のように言ってください。海未ちゃん一緒にババ抜きやろうよ!と凛、海未ちゃんとババ抜きやりたいな〜と」

凛「一回も言った事ないにゃ」

海未「凛!」

凛「大きな声を出されても…」

花陽「海未ちゃん!」

海未「え?」

凛「かよちん?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 20:07:33.83 ID:MdmrfOBbO
花陽「海未ちゃん、いい加減にして!」

海未「え?花陽?」

花陽「今回はね私達真剣なの」

海未「そ、それは」

花陽「お遊びじゃないんだよ?白米がかかってるんだよ?」

海未「ですから、力になろうと…」

花陽「力になるって言うなら観客として応援して」

海未「しかし」

花陽「今回の大会はチーム戦なの。いかにお互いの数字を上手く回すかにかかってるの。すぐ顔に出る海未ちゃんが居ると物凄く不利なの」

海未「ええ?」

花陽「自分がポーカーフェイスが出来ない事にすら気付いてない海未ちゃんは応援だけしてて」

海未「…」

花陽「本当はこんな事言いたくないんだよ?でも、白米がかかってるんだからね?」

海未「…はい。申し訳ありませんでした」

凛「…ビックリにゃ」
にこ「あら、希?部室の前で何してるのよ?」

希「花陽ちゃんが怒ってて海未ちゃんが頭さげてる」

にこ「え?逆じゃなくて?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 20:08:29.03 ID:MdmrfOBbO
「言葉使い」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 20:14:50.17 ID:MdmrfOBbO
海未「ごきげんよう」

希「お!海未ちゃん、こんにちは」

海未「希一人ですか?」

希「うん。まだ誰も来てないよ?」

海未「そうですか」

希「そうやね」



海未「ずっと思っていたんですけど希の言葉使いってどこの方言ですか?」

希「ああ、これはね…ちょっとね。…本来は標準だよ?」

海未「そうなんですか」

希「海未ちゃんは何でいつも敬語なん?」

海未「幼い頃からなので」

希「ちょっと敬語やめて見てよ」

海未「嫌ですよ。恥ずかしい」

希「いいやん。二人だけなんやし」

海未「では、希も標準語で話してください」

希「う〜ん…ええよ」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 20:20:10.99 ID:MdmrfOBbO


希「海未ちゃん、何か喋ってよ」

海未「希の方こそ何か話してくださ…何か話してよ」

希「おお!海未ちゃんが敬語以外で話すの凄く新鮮や」

海未「…標準語で喋ってくれるって言ったのに。ズルいよ、希」

希「おお!そうだったね。でも、タメ口海未ちゃんはインパクト大だね」

海未「そうかな?何か恥ずかしいよ」

希「おお!何かドキドキするね」

海未「希は…希ちゃんはあんまり変わらないかも」

希「おお!希ちゃんって。破壊力凄いね」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 20:27:40.16 ID:MdmrfOBbO
穂乃果「こんにちは〜」

海未「あ、穂乃果。ごきげんよう」

希「あ、穂乃果ちゃん。こんにちは」

穂乃果「う、うん…」
(二人でどんな会話してるのかなと思って少し盗み聞きしちゃったけど…海未ちゃんタメ口で話してたよね?)

海未「どうしました?」

穂乃果「い、いや?何でもないよ?」

海未「そうですか?」

穂乃果「うん」

希「海未ちゃん!」

海未「何です?」

希「もう一回」

海未「嫌です。恥ずかしいですよ」

希「ケチ〜」

海未「ケチで結構です」

穂乃果「あ、あ〜。穂乃果、トイレ〜」

海未「え?今来たとこなのに?」

穂乃果「う、うん」

ガララ

海未「行ってしまいましたね」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 20:32:53.87 ID:MdmrfOBbO
穂乃果「何あれ?穂乃果にもことりちゃんにも子供の頃からずっと敬語なのに?明らかに希ちゃんにタメ口だったよね?心なしか甘えてるようにも聞こえたし。っていうか希ちゃんもお願いっ何?海未ちゃん恥ずかしいとか言ってるし。何があったの?もしかしてデキてるの?二人はデキちゃってるの?穂乃果の知らない間に禁断の恋始めちゃったの?」



海未「希、穂乃果の前で言わせようとしないで下さい」

希「恥ずかしいの?」

海未「子供の頃からずっと敬語でやって来たので穂乃果とことりの前ではより一層恥ずかしいのです」

希「じゃあ、今はええやろ?」

海未「希!調子にのらないでね?」

希「おお!」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 20:38:27.38 ID:MdmrfOBbO
チラ

穂乃果「…気になる」

希「いや〜、皆に言いたいな〜」

海未「ダメだよ?私と希の二人の秘密だよ?」

希「まあ、ウチ…私だけの海未ちゃんって事でいいかな」

海未「もう、なに言ってるの」

穂乃果「うわ〜、絶対出来てるよ。二人だけの秘密だよ!だって?何それ?希ちゃんも標準語になってるし?ええ?応援した方がいいの?あえて聞いちゃった方がいいの?」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 20:41:58.28 ID:MdmrfOBbO
ガララ

穂乃果「海未ちゃん…希ちゃん…ちょっと」

希「どしたん?深刻そうな顔して?」

海未「何かあったのですか?」

穂乃果「深刻そうなじゃなくて深刻なの。何かあったのは二人でしょう?」

希「え?」

海未「いったい?」

穂乃果「ごめん。さっきの聞いちゃったよ」

希「え?ああ…そうなん?」

海未「ええ」カアア

穂乃果「いつからなの?」

海未「…30分前くらいですかね」

穂乃果「え?そんなに最近なの?」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 20:48:00.58 ID:MdmrfOBbO
海未「はい」

穂乃果「どっちから言ったのかな?」

希「ウチからやけど」

穂乃果「ずっと前から想ってたの?」

希「まあ…思ってたけど」

穂乃果「そうなんだ」

海未「えっと…穂乃果、この事は他の人には言わないでくださいね?恥ずかしいですから」

穂乃果「言えるわけないでしょ?」

海未「そ、そうですか」

穂乃果「二人ともさ、嬉しいのは分かるけど部室とかは誰が見てるかわからないからね?」

希「ウチは見られても困んないけどね?海未ちゃん、可愛いし」

海未「ちょっと、希」

穂乃果「希ちゃん!穂乃果は真剣なんだよ?真剣に話してるの。イチャイチャするのは家でして?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 20:53:54.36 ID:MdmrfOBbO
希「イチャイチャって…」

穂乃果「ねえ、希ちゃん?穂乃果は海未ちゃんと姉妹みたいなものだからさ」

希「うん」

穂乃果「真剣なんだよね?」

希「いや、興味本位で」

穂乃果「海未ちゃんの事…遊びなの?」

希「え?遊びっていうか気になってたのは確かで」

穂乃果「希ちゃん」バン

希「え〜」

海未「ほ、穂乃果?」

穂乃果「照れ隠しならいらないから!海未ちゃん希事をもてあそんだらいくら希ちゃんでも許さないよ?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 21:01:21.99 ID:MdmrfOBbO
海未「えっと、私は大丈夫ですよ?」

穂乃果「どうなの?希ちゃん?」

希「はい!…本気です!」

穂乃果「…そう。海未ちゃんはどう思ったの?」

海未「…恥ずかしかったですけど」

穂乃果「けど?けど何?」

海未「普段の自分じゃないみたいで…楽しかったですし…可愛いと言われて…嬉しかったです」

穂乃果「…そっか。なんか最初は正直言って寂しかったけどだんだん嬉しく思えてきたよ。海未ちゃんも前から気になってたの?」

海未「はい。しようって言ったのは希からですがそもそも私が聞き始めたのがきっかけですし」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 21:07:13.27 ID:MdmrfOBbO
穂乃果「そうなんだ。じゃあ、海未ちゃんと希ちゃんのお互いの好きな所は?」

希「え?どうしたん、急に?さっきまで深刻そうな顔してたのに」

穂乃果「もう、いいの。二人の気持ちがわかったから」

海未「はあ。しかし…」

穂乃果「いいから言ってみて?」

希「海未ちゃんの好きな所?えっと…いつも真剣に物事に取り組む姿は格好いいなと思うし恥ずかしがり屋さんな所は可愛いなって思うかな?」カァァ

海未「の、希」カァァ

穂乃果「あー、二人とも顔が真っ赤だー」

海未「あなたは何がしたいのです!」

穂乃果「まあまあ。で、海未ちゃんは?」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 21:16:35.51 ID:MdmrfOBbO
海未「ええ?私も?」

希「海未ちゃん、無理せんでええよ?」

海未「いえ、希には普段から感謝しているので。」

穂乃果「海未ちゃん。穂乃果の前では恥ずかしがらなくていいからさっきの言葉使い方でいいよ?」

海未「ええ?」

穂乃果「ね?」

海未「てすが…」

穂乃果「ね?」

海未「希の好きな所は。希はいつも陰ながら私達の事を支えてくれる。希は女神みたいだって前に絵里と話していたんだ。人を包み込む優しさが希にはあります」

希「ちょっと、海未ちゃんら、さすがの射ちも恥ずかしいやん」

穂乃果「うわ〜、アツアツだねぇ。最後の方は真剣になりすぎて敬語に戻ってたけど…なんだか穂乃果の方まで幸せになっちゃうよ」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 21:24:27.13 ID:MdmrfOBbO
希「そ、そう?」

穂乃果「うん。まあ、この先二人の前には壁がいくつもあると思うけど…こんな世の中だから理解してくれない人もいるし…でも、穂乃果は二人を応援するって決めたよ。頑張ってね?」

海未「はあ」

希「う、うん」

穂乃果「じゃあ、穂乃果は先に屋上に行ってるけど二人ともここは部室だから節度は守ってね?」

海未「な、何を言ってるのです?」

穂乃果「またまた〜。にこちゃんに見つかったら面倒だからね?あっ、今日から練習は二人でペア組んでいいからね?お幸せに〜」



希「…ねえ?」

海未「…はい?」

希「穂乃果ちゃん…絶対に変な勘違いしてるよね?」

海未「そうですよね?」

希「壁がどうとか?…お幸せにとか…」

海未「…穂乃果ァァァァァァ」ダッ

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 22:15:10.05 ID:MdmrfOBbO
「伊達眼鏡」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 22:21:18.71 ID:MdmrfOBbO
ガチャ

穂乃果「あら?海未ちゃんだけ?」

海未「あ、穂乃果!」

穂乃果「ことりちゃんは一緒に来なかったの?」

海未「ことりは遅れてきます。寝坊したあなたとは違いますよ?休日だから予定があるんです」

穂乃果「ふ〜ん。他の皆もまだ来てないんだね?」

海未「そうですね。穂乃果が2番なんて珍しい事もあるものですね」

穂乃果「失礼だよ!」

海未「事実を言ったまでです」

穂乃果「…ねえ、海未ちゃん?」

海未「何でしょう?」

穂乃果「何で眼鏡してるの?海未ちゃんって視力良いよね?」

海未「変ですか?」

穂乃果「いや…変じゃないけど…伊達?」

海未「ええ」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 22:28:32.91 ID:MdmrfOBbO
穂乃果「お洒落?」

海未「え?ええ、まあ。結構前からしてましたけどね」

穂乃果「見たことないけど」

海未「あれ?穂乃果の前では掛けたことなかったのですかね?」

穂乃果「…そう」

海未「…似合ってません?」

穂乃果「いや、似合ってるよ?似合ってるけど…あれだよ?穂乃果はよくわからないからね?伊達眼鏡とか良くわからないからね?」

海未「そうなんですか?」

穂乃果「う、うん。決して変なんて思ってない」

海未「そうですか。…穂乃果もかけてみてはどうです?」

穂乃果「え?伊達眼鏡?」

海未「はい。伊達眼鏡」

穂乃果「いや、それは」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 22:37:50.76 ID:MdmrfOBbO
海未「お洒落の幅か広がると思うんです」

穂乃果「へ、へぇ」

海未「一部で私の事をファションセンスがないと言う人がいるんでね、本気を出してみようと」

穂乃果「そうなんだ。凛ちゃん辺りかな?」

海未「名前は差し控えますけど」

穂乃果「そう」

海未「まあ、穂乃果が分かってくれて良かったです」

穂乃果「う〜ん。そうかぁ。私分かってるのかぁ」

海未「とにかく、穂乃果も伊達眼鏡かけてみては?」

穂乃果「穂乃果は似合わないと思うからさ」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 22:43:11.30 ID:MdmrfOBbO
ガララ

にこ「おはよう」

穂乃果「あ、にこちゃん」

海未「にこ!おはようございます」

にこ「あら?二人?」

穂乃果「うん」

海未「今日は皆遅いんですよ」

にこ「そう…海未、どうしたのよ?」

海未「あ!これですか?」

にこ「視力悪くなったの?それにしてももっと可愛らしい眼鏡を買えば良いのに」

海未「え?」

にこ「視力いくつなのよ?」

海未「えっと…2.0ですが」

にこ「2.0?物凄く良いじゃない?何で眼鏡なんか…もしかして伊達?」



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 22:50:41.32 ID:MdmrfOBbO
にこ「何で急に伊達眼鏡をかけてるのよ?」

海未「いや、前からちょくちょくかけて…」

にこ「一回も見たことないわよ?穂乃果もないでしょ?」

穂乃果「うん…まあ」

にこ「冒険してみたんでしょ?」

海未「…その」

にこ「恥ずかしがる事ないわよ。誰だって失敗はするから」

穂乃果「まあ、にこちゃんのあの謎の三角帽子に比べればね」

にこ「それはほっときなさいよ」

海未「あの…変なのですか?」

にこ「だって…どうせ伊達ならもっと可愛いのを掛ければ良いじゃない?そんな地味なのじゃなくて」

海未「…はあ」

にこ「ね!穂乃果もそう思ったんでしょ?」

穂乃果「…それは」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 22:56:54.04 ID:MdmrfOBbO
海未「穂乃果…変だと思ってたのですね?」

穂乃果「変というかね?」

海未「何故、言ってくれなかったのですか」

穂乃果「ええ?」

海未「変だと思ったなら言ってくれれば良いじゃないですか」

穂乃果「だってぇ」

海未「私が皆の前で恥をかく所だったんですよ?」

にこ「もうかいてるじゃない」

海未「まだ、セーフです。凛や真姫、絵里がいないだけマシです」

穂乃果「何でその3人何だ?」

海未「どうせ穂乃果も心の中では笑っていたのでしょう?伊達眼鏡似合わないな〜とかもしかしてお洒落のつもりなのかな〜とか」

穂乃果「穂乃果、そんなに性格悪くないよ」

海未「知ってます。知ってますよ?穂乃果の性格が悪くないのは?でも、そうでも言わないと私は恥ずかしくて顔から火が出そうで」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 22:58:47.12 ID:MdmrfOBbO
ガララ

凛「おっはようございまーす」

花陽「おはようございます」

穂乃果「あ!」

にこ「凛、花陽」

海未「凛?」

凛「海未ちゃん、眼鏡にしたんだね?でも、あんまり似合ってないにゃ」

海未「うぁぁぁぁ」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 09:55:53.52 ID:21plDA/vO
「スマホの使い方」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 10:03:29.03 ID:21plDA/vO
海未「…」ピッピッピッ

穂乃果「…あれ?海未ちゃんスマホにしたの?」

海未「はい。お家のお手伝いを普段よりも頑張ったので買って貰えました」

穂乃果「欲しいものがあるからお家のお手伝いって…子供じゃないんだから…。って言うか海未ちゃん普段から結構お手伝いしてるよね?どんだけやったの?」

海未「毎朝4時に起きて道場の掃除をしてから朝食を作ってそれから」

穂乃果「え?それで学校に来て授業受けて部活して帰ってお稽古して宿題するの?何?超人なの?」

海未「大丈夫です。21時には寝てますから?」

穂乃果「え?どういうタイムスケジュール?21時に就寝って無理でしょ?」

海未「大丈夫です。熱いハートがあるので」

穂乃果「ほぇ〜、海未ちゃんは凄いね。完璧超人だね」

海未「人を化物みたいに言わないで下さい」

穂乃果「いや、褒めてるんだよ?」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 10:08:21.70 ID:21plDA/vO


海未「あれ?」

穂乃果「どうしたの?」

海未「昨日からずっと設定をやってるんですけどなかなか上手くいかなくて」

穂乃果「昨日から?」

海未「こういう機器は使い慣れてなくて」

穂乃果「機械音痴だもんね?」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 10:21:05.33 ID:HQt7MXQ/O
海未「いや、機械音痴ではないですよ?慣れてないだけです」

穂乃果「うん、まあ…みんな最初は慣れてないからね。それでも、設定出来たけどね?」

海未「私は特別慣れていないのです」

穂乃果「だから機械音痴なんじゃない?」

海未「では、穂乃果が直してください」

穂乃果「直すって…壊れた訳ではないんだから」

ピッピッビッ

穂乃果「はい!」

海未「え?もうですか?さすがは穂乃果です」

穂乃果「うん…まあね」

海未「穂乃果にこんな特技があったとは」

穂乃果「いやぁ…それほどでもあるかな?」



46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 12:20:40.82 ID:nxlySZm9O


海未「ああ!」

穂乃果「どうしたの?」

海未「いえ…画面が…画面が真っ暗に」

穂乃果「え?」

海未「見てください、穂乃果。スマホの画面が勝手に真っ暗に…壊れてしまいました」

穂乃果「え〜…いや、これは自動で勝手に画面が消灯する様になってるだけだよ?」

海未「え?そうなんですか?」

穂乃果「…1日使ってたんでしょ?」

海未「…はい」

穂乃果「なのに?なのに今さら?」

海未「…すいません」

穂乃果「いや…怒ってないよ?穂乃果は怒ってないよ?ほら、人には向き不向きがあるからさ?でも、初歩にも程があるよ?」

海未「しかし、何故こんな昨日が必要なんですかね?ビックリしますよね?」

穂乃果「省エネだってば。海未ちゃん日頃省エネには心掛けようってエアコンも使わない癖に」

海未「成る程!省エネですか。感心ですね」

穂乃果「…うん」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 12:25:34.35 ID:nxlySZm9O


海未「あああ!」

穂乃果「今度は何?」

海未「インターネットを見ていたらウイルスに侵されたと…」

穂乃果「何のサイトを見たの?何でそんな事になるの?穂乃果は一回もないよ?」

海未「いえ、登山のサイトを見ていたのですがなんか間違えて押してしまったみたいで…」

穂乃果「どうしてそうなるのかなぁ」

海未「どうしましょう?どうしましょう?こういう時は携帯ショップですか?病院ですか?どっちですか?大学病院のがいいんですか?」

穂乃果「落ち着いて、海未ちゃん。コンピューターウイルスだからね?人間の病院に持っていってもダメだからね?」

海未「獣医ですか?」

穂乃果「違うよ。ねえ?パニックにも程があるよ?」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 12:45:44.60 ID:nxlySZm9O
海未「しかし…ほら、重度のウイルスと…あれ?画面が変わりましたよ?なんか…インストールしてくださいと…」

穂乃果「いや…無闇にするのはやめよう?怖いからさ」

海未「しかし…」

穂乃果「穂乃果のスマホがあるからね?今調べるから」

海未「お願いします」

穂乃果「ほら。なんかイタズラだって。インストールしたらダメだってさ。ね?無闇に変なサイトに行ったらダメだって書いてあるから。わかった?」

海未「はい!…どういうサイトに気を付ければ」

穂乃果「…と、とにかく変なのはダメなの!」

海未「はあ」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 12:52:06.98 ID:nxlySZm9O
海未「ああああ!」

穂乃果「今度は何?」

海未「スマホが…スマホが熱く」

穂乃果「何で?何でそうなるの?どれ?あっつ」

海未「どうしましょう?何故、こんなに熱く?穂乃果、直してください。お願いします」

穂乃果「いや、穂乃果にも分からないよ?」

海未「ええ?穂乃果はスマホのスペシャリストではなかったのですか?」

穂乃果「違うよ?普通の女子高生くらいの知識しかないよ?」

海未「そんな?では、私は女子高生に劣ると?」

穂乃果「海未ちゃんも女子高生だから!遅れてるだけだから!」

海未「どうしましょう?」

穂乃果「さっきからそればっかり」

海未「だって、穂乃果がスペシャリストとか言うから安心してたのに」

穂乃果「言ってないし海未ちゃんは終始パニックだったじゃん」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 12:58:10.88 ID:nxlySZm9O
ガララ

絵里「大きな声を出して何やってるのよ?廊下まで丸聞こえよ?」

穂乃果「あ、絵里ちゃん」

海未「ああ、機械に強そうな人が来ました」

絵里「何があったの?」

穂乃果「あのね…」



絵里「成る程」

海未「直せますか?」

絵里「取り敢えず裏蓋を開けてみましょう?」

海未「はい」

穂乃果「え?大丈夫?」

絵里「貸して?」

海未「どうぞ」

絵里「あれ?蓋固いわね?精密ドライバーあるかしら?」

海未「精密?」

絵里「小さいやつよ」

海未「あ、たしか…」ゴソゴソ

絵里「一通り揃えてあるのね、この部室は。さすがにこね」

海未「どうですか?」

絵里「裏蓋が粘着テープがついていて取りづらいか精密ドライバーで剥がしてるのよ」

穂乃果「外しちゃいけないから粘着テープついてるんじゃないの?」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 13:30:55.04 ID:nxlySZm9O
海未「穂乃果、絵里に任せましょう?絵里はスペシャリストなのですから」

絵里「え?…そうね!やってみるわ!」

穂乃果「え?本当に大丈夫?一瞬の間が怖いんだけど?」

パカッ

絵里「ほら、開いたわ!ガラケーの時は簡単に開いたのにね」

穂乃果「あれは自分で電池を替えられたからね」

絵里「どこが熱いのからし?…なんかここの部品が膨らんでない?」

海未「言われてみれば」

絵里「ビス一本だしすぐ元に戻せるから外してみましょう?」

海未「そうですね」

穂乃果「やめた方がいいよ」
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 13:34:40.23 ID:nxlySZm9O
一時間後

絵里「えっと…わからないわね」

海未「そんなぁ」

穂乃果「ねえ?これ元に戻せるの?」

絵里「大丈夫よ…あれ?この部品ってどこについてたかしら?」

穂乃果「ほら〜言ったじゃん」

海未「え、絵里?」

絵里「ご、ごめんなさい」

海未「そ、そんなぁ…毎日…毎日お家のお手伝いを頑張って…なのに…私の努力は一体…」

絵里「本当にごめんなさい」

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 13:40:21.22 ID:nxlySZm9O
穂乃果「と、取り敢えずケータイショップに持っていこ?」

海未「…はい」

ガララ

にこ「あんた達声大きいわよ?」

穂乃果「にこちゃん」

にこ「…海未はなんで泣いてるのよ?」



にこ「成る程ね…バカじゃないの?普通分解しないわよ?アプリとか開きっぱなしにしてるからそうなるんじゃない。冷やせば良いだけなのに…」

海未「…そうだったんですか?」

穂乃果「だから言ったのに」

絵里「ごめんなさい…本当にごめんなさい」

海未「…絵里のせいではありませんから。身をわきまえずにスマホなど買った私が愚かだったのです」
プルルル

にこ「あ、希?あのね…」

穂乃果「にこちゃん?」

にこ「希が直してくれるって」

海未「にこ…希…さすが三年生です!」

絵里「ハラショー」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 13:41:03.67 ID:nxlySZm9O

※ こちらのSSと重複する話がありましたが省いています(管理人)

つまらない奴【SS】

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
海未「仕方ありませんね。私が手を貸しましょう」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「仕方ありませんね。私が手を貸しましょう」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。