善子「不幸と幸せ」

シェアする

善子-アイキャッチ16
1: ◆mB0YkBUROE 2016/10/17(月) 23:17:56.14 ID:lieEK6rf0
※Aqoursが存在しない世界線です
※ダイかなマリは仲良し

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476713875

元スレ: 善子「不幸と幸せ」

スポンサーリンク
2: ◆mB0YkBUROE 2016/10/17(月) 23:22:27.78 ID:lieEK6rf0
善子(はぁ...、ずら丸に大丈夫だって言われたから学校に来てみたけど、やっぱり憂鬱だわ...)

???「あの、津島善子さんでいらっしゃいますか?」

善子「へっ?えっ、あっはい、そうですけど」

ダイヤ「失礼、私生徒会長の黒澤ダイヤと申しますわ」

ダイヤ「お話があるので少し時間をいただいても?」

善子「は、はい」

善子(ああ、登校初日から生徒会長に呼び出しくらうなんて、やっぱりヨハネは不幸体質かも...)

5: ◆mB0YkBUROE 2016/10/17(月) 23:32:21.67 ID:lieEK6rf0
善子「それで、話ってなんですか?」

ダイヤ「津島さんは昨日まで無断欠席をしていらっしゃいましたよね?」

善子「うっ...、それは...」

ダイヤ「どうして無断欠席をしたんですか?」

善子「えっと、その...、最初の自己紹介で大失敗をしたというか、大失態をおかしたというか...」

ダイヤ「はあ?そんな理由で休んでたんですの?」

善子「そんな理由ってなによ!私にとっては大事なことなの!」

ダイヤ「あなたにとってはそうかもしれませんけど、客観的に見てもちっぽけな理由ですわ」

ダイヤ「私はてっきりいじめにあってるのかと思っておりましたのに」

善子「ふっ、このヨハネが人間風情にいじめられるわけないでしょ!」

ダイヤ「ヨハネって一体誰のことですの?」

善子「えっ?あっいや、今のは忘れて!」

ダイヤ「はあ...?」

ダイヤ「まあいいですわ、あなたはもちろん無断欠席は校則違反っていうのは知ってますよね?」
7: ◆mB0YkBUROE 2016/10/17(月) 23:40:29.10 ID:lieEK6rf0
善子「も、もしかして退学!?」

ダイヤ「校則違反ぐらいでそこまでしませんわよ...」

ダイヤ「ただ、何の罰も無いというのはあまりよろしくありませんので理事長と相談の結果、あなたには生徒会に入っていただくことにしました」

善子「はあ!?なんでよ!」

ダイヤ「あなたを監視するためと、校則違反に対する罪滅ぼしとして学校のために働いてもらうためですわ」

ダイヤ「もちろんあなたに拒否権はありませんので悪しからず」



善子(はぁ...、不幸だわ...、まあ私が無断欠席をしてたのが悪かったんだけど...)

花丸「ああ!善子ちゃんやっと学校に来たずら!」

善子「げっ!?ずら丸!?」

花丸「どうしたずら?」

善子「へっ?なにが?」

花丸「なんか、面倒なことになってしまったー!って顔してたから」

善子「うそっ!?私そんな顔してた!?」

花丸「ずらずら」

花丸「それで、何かあったの?」

善子「実は、ずっと無断欠席してたからっていう理由で強制的に生徒会に入れられたのよ...」

花丸「それはご愁傷さまずら」
8: ◆mB0YkBUROE 2016/10/17(月) 23:45:38.16 ID:lieEK6rf0
善子「ずら丸も一緒に生徒会に入りなさいよ!」

花丸「おらは図書委員だから無理ずら」

善子「ぐぬぬ...」

花丸「諦めて会長と2人で頑張るずら」

善子「...ん?2人?」

花丸「あれ?知らなかったの?今生徒会は会長だけでやってるずら」

善子「なんで1人だけなの?」

花丸「おらも詳しくは知らないんだけど、何ヶ月か前に生徒会内でトラブルがあって会長以外みんな辞めちゃったらしいずら」

善子「ふーん...」

キーンコーン

花丸「あっ、授業始まっちゃうずら」

花丸「善子ちゃん急ごっ!」

善子「え、ええ」

9: ◆mB0YkBUROE 2016/10/17(月) 23:48:59.76 ID:lieEK6rf0
ダイヤ「あら、ちゃんと来たんですのね」

善子「まあ約束ですから」

ダイヤ「では早速仕事の説明の方「あのっ、会長」

ダイヤ「なんですの?」

善子「他の役員がみんなトラブルで辞めたって本当ですか?」

ダイヤ「...ええ、その通りですわ」

善子「なにが、あったんですか?」

ダイヤ「あなたには関係のないことです」

善子「...」

ダイヤ「そんなことより仕事の話ですわ」

ダイヤ「あなたに覚えてもらわなければならない仕事は山ほどあるんですから」

10: ◆mB0YkBUROE 2016/10/17(月) 23:55:32.32 ID:lieEK6rf0
ダイヤ「まあこんなところでしょうか」

善子「やっと終わったぁ...」

ダイヤ「さて、帰りますわよ」

ダイヤ「バスがなくなってしまいますわ」

善子「はーい」

ダイヤ「...」

善子「...」

ダイヤ「...」

善子「...」

ダイヤ「...」

善子「...」

善子(会話が無い...!)

善子(これって私からなにか話題提供すべきなの!?誰かと一緒に帰るとか経験が無いからまったく分からないんですけど!まあでも、私が後輩なんだし私の方から声を掛けるべきよね!?うん、そうよ、きっとそう!)

善子「あ「それにしても随分暗いですわね」

善子(被ったぁぁぁあああ!!!)
11: ◆mB0YkBUROE 2016/10/17(月) 23:59:59.99 ID:lieEK6rf0
ダイヤ「...?どうかしましたか?津島さん」

善子「い、いえ、なんでもないです!」

ダイヤ「そうですか」

善子「...」

ダイヤ「...」

善子(また会話が無くなった...!)

善子(...よし、今度こそ!)

善子「あ「そういえば津島さんはどこに住んでるんですの?」

善子(また被ったぁぁぁあああ!!!)

善子「沼津です」

ダイヤ「結構遠いですね」

善子「はい 」

ダイヤ「...」

善子「...」

善子(またまた会話が無くなったし、次こそは!)

善子「あ「津島さんの好物ってなんですか?」

善子(またまた被ったぁぁぁあああ!!!)
12: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 00:07:29.24 ID:2bKm2Ay40
善子「ていうか会長絶対わざとですよね!」

ダイヤ「ふふっ、すいません、あまりにも思っていることが表情に出るのでついついからかってしまいました」

善子「むぅ...」

ダイヤ「おや、もうついてしまいましたか」

ダイヤ「それではここで失礼しますわ」

善子「さよならー」

______

ダイヤ(それから、1週間、2週間と時が経ち)

ダイヤ(1ヶ月も経とうという頃には、お互いに下の名前で呼ぶくらいには親しくなりました)

ダイヤ(しかし...)

ダイヤ「善子さんが来ませんわ!」

鞠莉「ただの体調不良じゃないの?」

ダイヤ「私も最初はそう思いましたけど、もう3日も経つんですのよ!」

ダイヤ「しかも学校に連絡は無く、善子さんに連絡しても繋がりませんし」

鞠莉「Hmm...、それは変ねぇ...」
13: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 00:12:20.00 ID:2bKm2Ay40
ダイヤ「そうでしょう?」

鞠莉「それで、どうして私のところに?」

ダイヤ「一応報告と、なにか知ってることはないかの確認ですわ」

鞠莉「んー、残念だけど私は何も知らないわ」

ダイヤ「まあそれは想定内です」

ダイヤ「本命は図書室ですから」

鞠莉「図書室?」

ダイヤ「ええ、善子さんの幼馴染が図書委員をやっているらしいので」

鞠莉「なるほどねぇ、そうと決まればLet's go!」

ダイヤ「えっ?鞠莉さんも行くんですの?」

鞠莉「Surely!だって私も善子ちゃんのこと心配なんだもん!」

ダイヤ「はぁ...、まあ構いませんけど」

14: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 00:19:25.97 ID:2bKm2Ay40
花丸「善子ちゃんについて、ですか?」

ダイヤ「はい、幼馴染のあなたなら善子さんが休んでる理由をなにか知らないかと思いまして」

花丸「うーん、今回の件はおらにも理由が分からないずら...、です」

鞠莉「なにか自己紹介の時みたいに失敗したとかは?」

花丸「もう善子ちゃんはああいうキャラだって認識されてしまっているから、今更周りの目が気になるとか言って休むことは無いと思います」

鞠莉「なるほどねぇ...」

ダイヤ「では前に休んでいた時と、今回休んでいる時でなにか違うところはありますか?」

花丸「あっそれなら明らかに違うところがあります!」

花丸「前回は家にノートを届けに行ったらちゃんと会ってくれてたのに、今回は全然会ってくれないんです」

ダイヤ「それは気になりますわね」

花丸「それとこれは噂なんですけど、善子ちゃんが休みだした日の前日に善子ちゃんが3年生と話していたらしいです」

花丸「これが無断欠席の原因かは分からないですけど」
15: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 00:24:55.77 ID:2bKm2Ay40
ダイヤ「3年生と...」

ダイヤ「その人の特徴は分かりますか?」

花丸「おらは青髪でポニテだったって聞きました」

ダイヤ「青髪でポニテ...」

ダイヤ「分かりました、情報提供ありがとうございます」

花丸「あの!生徒会長さん!」

花丸「善子ちゃん、最初の頃は会長の愚痴ばっかり言ってたけど、最近は会長とこういう話をしたとか、会長のこういう所が面白かったとか、会長のこういう所が可愛かったとか、ずっと会長の話を楽しそうにするんです!」

花丸「だから、善子ちゃんのことをお願いしますずら!」

ダイヤ「...そうですか」

鞠莉「あれぇ?ダイヤ泣いてる?」

ダイヤ「なっ!?泣いてませんわよ!」

鞠莉「じゃあその目から流れてるものはなに?」

ダイヤ「こ、これは...、そう!目から汗が出てるだけですわ!」

鞠莉「ダイヤってつくづく嘘がつけないタイプよねぇ」

花丸(善子ちゃん、良い人に巡り会えたんだね)

16: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 00:34:22.75 ID:2bKm2Ay40
鞠莉「これからどうするの?」

ダイヤ「もちろん果南さんを探しますわ」

鞠莉「やっぱり青髪ポニテって果南のことよね?」

ダイヤ「それ以外に思い当たる人はいませんし、果南さんでほぼ間違いないでしょう」

果南「ん?私がどうかした?」

ダイヤ「ピギャァァ」

鞠莉「もぉー、かなーん、とってもsurprisinglyだったじゃない!」

果南「あはは、ごめんごめん」

果南「それより私がどうかしたの?」

ダイヤ「果南さん、今から私が聞くことに正直に答えてください」

果南「う、うん」

ダイヤ「4日前、果南さんは善子さんと会いましたか?」

果南「うん、会ったよ」

ダイヤ「その時どういう会話をしました?」

果南「会話っていうか、善子が元副会長に絡まれてたところを助けただけだよ」

ダイヤ「それ本当ですの!?」

果南「本当だよ」

ダイヤ「そうですか、ありがとうございます」

鞠莉「今から会いに行く?」

ダイヤ「いえ、もう今日は帰ってるでしょうし、明日にしますわ」

ダイヤ「私は生徒会の仕事が残っていますので、これで失礼します」

果南「行っちゃった」

果南「ていうか元副会長ってまだ現役のテニス部じゃなかったっけ?」

鞠莉「やっぱりダイヤって嘘がつけないわね...」

17: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 00:48:07.88 ID:2bKm2Ay40
元副会長(以下元副)「それで、黒澤さんが私になんの用?」

ダイヤ「4日前、善子さんに何をしたんですの」

元副「善子?誰それ」

ダイヤ「生徒会の後輩ですわ」

元副「ああ、あの子ね」

元副「ふふっ、今思い返してもあの泣き崩れ様は面白かったわ」

ダイヤ「泣き崩れ様?」

元副「ええ、ちょっと黒澤さんがあなたの陰口言ってたよーって言ったら泣きながら顔面真っ青になって目から光も無くなっていって、あっははははははは、思い出したらまた笑えてきちゃった」

ダイヤ「あなたという人は...!」

元副「あの子も可哀想よねぇ、あなたなんかと関わってしまったが故にこんな目に遭うなんて」

ダイヤ「どの口が言うんですの!」

元副「だって事実でしょ?」

ダイヤ「...なんで無関係な人に危害を加えたんですか」

ダイヤ「私に恨みがあるのなら私にすれば良いでしょう!」

元副「こういうのは親しい人からって相場が決まってんの」

ダイヤ「そんなこと言って、単純に私にする勇気が無かっただけでは?」

元副「は?何言って「だって親しい人でしたら鞠莉さんや果南さんもいますわよ」

ダイヤ「それなのに実際にされたのは善子さんだけ」

ダイヤ「つまりあなたは明らかに自分より弱い相手以外になにも出来ないへたれで姑息で救いようのないクズ人間ってことですわ!」

元副「はあ!?言わせておけば言いたい放題言わないでくれる!」

元副「というかあなただって同罪でしょ!」

元副「初対面の人の言葉を信じてあなたを拒絶するくらい信頼がなかったんでしょ?」

ダイヤ「うっ...、それは...」
18: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 01:04:46.51 ID:2bKm2Ay40
鞠莉「そこまでよ」

ダイヤ「鞠莉さん、果南さんて...、どうして...」

果南「最初はどっちかが手を出したら止めようと思って見てたんだけどね」

果南「どうしても聞き逃せない一言が聞こえたから来ちゃった」

ダイヤ「聞き逃せない一言、ですか?」

果南「そう、そこの女が言った、善子がダイヤのことを信頼してなかったっていう一言だよ」

元副「ふーん、図星つかれたから怒るんだぁ」

果南「いーや、その逆だよ」

元副「逆?」

果南「まあ友達がいなさそうなあなたにはわからないだろうけど、学校に来れないぐらいショックを受けてるってことはそれだけダイヤのことが好きで、信頼していた証なんだよ」

果南「それを友達のいない人が勝手な偏見で善子の思いを踏み躙らないでもらえるかな」

鞠莉「oh...果南の毒舌が冴え渡るわね」

ダイヤ「毒舌というより激おこですわ...」

果南「ダイヤ」

ダイヤ「はい!?」

果南「なんでここにいるの?」

ダイヤ「はい?」

果南「こんな女の相手してる暇があるなら善子に会いに行きなよ」

ダイヤ「果南さん...」

鞠莉「急ぎならヘリでも貸そ「結構です」

鞠莉「It's joke」

鞠莉「ダイヤ、絶対に後悔しちゃ駄目よ」

ダイヤ「鞠莉さん...」

ダイヤ「2人とも、ありがとうございます!」

元副「ちょっと!私との話が終わってないでしょ!」

果南「ああ、あなたはちょっと私たちと"お話"しよっか♪」
19: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 01:13:16.62 ID:2bKm2Ay40


ダイヤ「ここが善子さんの家...」

ピンポーン

善子「...はい」

ダイヤ「私ですわ」

善子「...!ダイヤ、先輩...、どうして...」

ダイヤ「善子さん、私の話を聞いていただけませんか?」

善子「...」

ダイヤ「前に善子さんがどうして役員がみんな辞めたのか聞いてきましたよね?」

ダイヤ「丁度半年ぐらい前のことです、各部の予算を決める会議の少し前に、当時副会長だった人が職権乱用をして自分の所属してる部の予算を増やそうとしたのです」

ダイヤ「当然私は止めましたが、それに逆恨みをした当時の副会長が他の役員に私の悪口や噂をあることないこと吹き込んで、全員で生徒会を辞めるように唆したのです」

ダイヤ「その、当時副会長だった人が、4日前善子さんに絡んだ3年生です」

善子「...!」

ダイヤ「元副会長は未だに私のことを嫌っていて、私のせいで善子さんに辛い思いをさせてしまいました」

ダイヤ「本当に申し訳ありません」

善子ダイヤ先輩は悪くないです

ダイヤ「それでも謝らせてください」
20: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 01:21:11.82 ID:2bKm2Ay40
>>19「」が抜けてたので少し訂正

善子「ダイヤ先輩は悪くないです」

ダイヤ「それでも謝らせてください」

ダイヤ「それと、元副会長が言っていたことは全てでっち上げですので、誤解を解いていただけませんか?」

善子「嫌です」

ダイヤ「えっ...、どうして、ですの...?」

善子「だってダイヤ先輩のその言い方、ダイヤ先輩の言葉が入ってないじゃないですか」

善子「元副会長さんが嘘を言っていたということは分かりましたけど、私はちゃんとダイヤ先輩の言葉で聞きたいです」

ダイヤ「...確かに少し言い方が曖昧でしたね」

ダイヤ「善子さんは私の大切な後輩です」

ダイヤ「最初の頃は不真面目な人かと思っていましたが、真面目で、頭も良くて、よく気が利いて、何事にも一生懸命で、とても頼りになりますし信頼もしています」

ダイヤ「その上、活発で、表情豊かで、面白くて、そして何より一挙一動が可愛らしいあなたの悪口を言うわけがありませんわ」

善子「あう...///」
21: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 01:28:24.48 ID:2bKm2Ay40
ダイヤ「どうきましたか?」

善子「いえ、なんでもないです///」

ダイヤ「まあいいです、それよりそろそろ家に入れていただけませんか?」

善子「嫌です」

ダイヤ「...今度はなんでですの」

善子「絶対顔真っ赤だから見られたくないです!///」

ダイヤ「善子さんにも可愛い所があるんですのね」

善子「ちょっと!それじゃあ普段私に可愛い所が無いみたいじゃないですか!」

ダイヤ「ふふっ、冗談ですわ」

ダイヤ「善子さんはいつも可愛いですわよ」

善子「んなっ!?///」

ダイヤ「少しは元気になりましたか?」

善子「まあ、少しは...」

ダイヤ「それなら明日は学校に来れそうですわね」

善子「嫌です」

ダイヤ「...次はなんでですの」

善子「ダイヤ先輩が迎えに来てくれないと行きたくないです///」

ダイヤ「恥ずかしがるくらいなら言わなければ良いですのに...」

善子「うっさい!とにかくダイヤ先輩が来ないと行かないからね!」

ダイヤ「まったく、わがままな後輩ですわね」
22: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 01:32:58.94 ID:2bKm2Ay40
ダイヤ「ですが、可愛い後輩のわがままを聞いてあげるのもたまには悪くないですわね」

善子「じゃあ...!」

ダイヤ「その代わり、私が迎えに行くまでには準備してるんですのよ」

善子「はーい!」

ダイヤ(多少手間ではありますが、明日から学校に行くのが楽しみになりそうですわね)

_______

善子(あー!めっちゃドキドキするー!)

善子(静まりなさい!私のハート!)

善子(ダイヤ先輩が来るって言ってた時間まで後1分!)

善子(早く来ないかなぁ)

ピンポーン

善子「来たっ!」

善子「はーい!」ガチャ

ダイヤ「おはようございます、善子さん」

善子「おはようございます」

ダイヤ「では行きましょうか」

善子「はい!」

23: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 01:39:47.64 ID:2bKm2Ay40
ダイヤ「それにしてもどうして急に迎えに来てなんて言い出したんですの?」

善子(言えない...!しばらく会ってなくて寂しかったから会える時間を増やしたかったなんて言えない...!)

善子「ま、まあそれは私の中の堕天使が私に囁いたから、みたいな?」

ダイヤ「まったく意味が分からないのですが...」

善子「つまりすべて堕天使のせいなのよ!」

ダイヤ「善子さん...、誤魔化すの下手過ぎません?」

善子「うぐっ...」

ダイヤ「まあ言いたくないのであれば、あまりしつこく聞きませんわ」

ダイヤ「それより勉強の方は大丈夫なんですの?」

ダイヤ「だいぶ休んでましたでしょう?」

善子「ふっ、私にかかれば余裕よ」

ダイヤ「あなたって頭だけは無駄に良いですわよね」

善子「無駄にってなによ!」

ダイヤ「あら、もう学校ですわね」

善子「誤魔化さないで! 」
24: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 01:46:28.45 ID:2bKm2Ay40
果南「おっ、やっと来たね」

鞠莉「善子ちゃんもダイヤも遅いわよ」

ダイヤ「おや、果南さんに鞠莉さん...となんであなたまでいるんですの」

元副「...」

果南「ほら、早くやりなよ」

元副「酷い事言ってごめんなさい!」ドゲザァ

善子「うえっ!?先輩、顔を上げてください!」

元副「...はい」

果南「なんで顔上げてるの?」

元副「えっ...?」

果南「私は顔上げていいなんて一言も言ってないよ?」

元副「いや、でも津「は?」

元副「ヒィ!?」

果南「ほら」

元副「うぅ...」

ダイヤ「...一体昨日どれだけ酷いことをしたんですの」

果南「別に、3時間ぐらい"お話"しただけだよ」

鞠莉「普段大人しい人ほど怒ると怖いって本当なんだなっていうのを学んだわ...」
25: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 01:52:30.94 ID:2bKm2Ay40
果南「そんなことより、仲直り出来たんだね」

ダイヤ「ええ、おかげさまで」

果南「ちゃんと想いは伝えあえた?」

ダイヤ「そういえば善子さんの気持ちは聞いていませんわね」

善子「ぎくっ!?」

果南「善子もちゃんと伝えないと駄目だよ」

鞠莉「そうよ!昨日のダイヤみたいにpassionateに伝えないと!」

ダイヤ「ま〜り〜さ〜ん〜!!」

鞠莉「はっ!?」

ダイヤ「どうして鞠莉さんが昨日のことを知ってるんですの!」

鞠莉「What's!?ナ、ナンノコトカシラー」

善子「あれ?ダイヤ先輩、襟のところになにかついてますよ?」
26: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 01:59:11.25 ID:2bKm2Ay40
鞠莉「」ダラダラ

ダイヤ「鞠莉、これは一体なんですの?」

果南「それって盗聴器じゃない?前に私の服についてたのと似てるし」

ダイヤ「ほう、鞠莉さんすべて説明していただけますか?」

鞠莉「サラバ!」ダッ

ダイヤ「あっこら!待ちなさいぁぁあああい!」ダッ



果南「あはは、2人とも相変わらずだねぇ」

果南「それじゃあ私たちも行こっか」

善子「はい!」

善子(最初は憂鬱だった高校も、今ではとっても幸せです♪)
27: ◆mB0YkBUROE 2016/10/18(火) 02:00:10.94 ID:2bKm2Ay40


元副「あのー、私はいつまでこうしていれば...」

おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
善子「不幸と幸せ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「不幸と幸せ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。