にこ「ちょっと真姫ちゃん!なに腰をぐいぐい押しつけてきてんのよ!?」

シェアする

にこ-アイキャッチ14
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 21:55:42.10 ID:1bDlU9jz.net
真姫「…………にゃー」

にこ「…………ええと、無事食べさせたんだけど」

真姫「…………」

にこ「……これホントに効いてる?」

真姫「にゃ」

にこ「にゃって……ただ、真姫ちゃんがネコっぽい声だしてるだけじゃない」

にこ「―――なんかさ……やっぱりニコ、騙されてない?」

元スレ: にこ「ちょっと真姫ちゃん!なに腰をぐいぐい押しつけてきてんのよ!?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 21:59:05.78 ID:1bDlU9jz.net
――――――――――――――
――――――――
―――――

希「ええ!?真姫ちゃんに嫌われているんじゃないかって?」

にこ「ええ…………なんとなくだけど」

希「うーん……そんなことないと思うけどなあ」

にこ「でも、真姫ちゃん、ニコにだけ特に素っ気なくない?」

希「まぁ、素っ気ないというか……そうやね」
6: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:01:50.74 ID:1bDlU9jz.net
にこ「でしょう?それってきっと―――」

希「なに?真姫ちゃんに好かれてないといけないん?」

にこ「そうよ。グループなんだから、その中で仲違いしているようじゃダメ」

にこ「パフォーマンスにも影響が出るわ」

希「…………なんだ、そんな理由なん」

にこ「そんな理由って!重要よ!?」
8: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:04:16.98 ID:1bDlU9jz.net
希「でも、まだ嫌われてるって決まったわけやないやん?」

にこ「そうね……」

希「まずは事実確認が必要やね!」

にこ「どう確認するの?相手はあの真姫ちゃんよ?」

希「うん。多分直接聞いても、別に……って言われるに違いない!」

にこ「ええ、間違いなく。素直に言ってくれるとは思えないわね」

希「なら、相手を素直にすればいいんよ……」

にこ「…………どうするのよ。まさかアルコールでも飲ませるって言うの?」

希「ううん」
11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:07:49.01 ID:1bDlU9jz.net
希「そんな時にはこれ!」

にこ「なによこれ。ラムネ菓子?」

希「ふふふ……ただのラムネじゃないんよ……」

希「なんと!食べた人がネコになる、パワーたっぷりのラムネなのだ!」

にこ「…………へー」
12: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:10:14.00 ID:1bDlU9jz.net
希「あ、あれ。ニコっち信じてない?」

にこ「信じるわけないでしょ。どう見たって普通のラムネよね?」

希「……まあいいや。とりあえず渡しておくよ。はい、二つ」

にこ「え、ええ。なんで二つ?」

希「ニコっちも気が向いたらね。ネコになろうとするかなって」

にこ「いや、しないしない」
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:13:18.76 ID:1bDlU9jz.net
希「詳しい説明は―――はいこれ」

にこ「なにこれ」

希「ラムネの効果と、猫の特性をね。簡単にまとめた冊子」

にこ「あんた意外とマメなのね」

希「でしょ?ウチのこと少しは見直した?」

にこ「…………」
14: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:16:41.45 ID:1bDlU9jz.net
希「そうだ!これも渡しとくから」

にこ「ネコミミカチューシャ……」

希「雰囲気出るかなって」

にこ「なんのよ。というか、ネコになるならいらないじゃない……」

希「……とにかく、それを使えば真姫ちゃんの気持ちがわかる……かも」

にこ「全然説明になってないけど……ま、いいわ。とりあえずありがと」

希「ふふん!もっとウチに頼って良いんよ?」ドヤァ
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:19:51.29 ID:1bDlU9jz.net
にこ「っと……もらったのはいいけど、ホントに効果あるの?これ」

にこ「とりあえず説明を読まないと……」


『ラムネを食べると、自分のことをネコだと思うようになるんよ』

『本能のまま、実際のネコと同じ行動をとるようになるから、気いつけてな♪』


にこ(文までえせ関西弁なのね……)

にこ(ネコにするって言っても、姿まで変えるわけじゃないのか……)

にこ(……真姫ちゃんをネコにして、どうしろって言うのよ……)



『ヒトと違ってネコは理性がないから』

『好きなものには好きって行動をとるのだ♪』


にこ「…………なるほどね」
17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:22:49.42 ID:1bDlU9jz.net
にこ(しかし、何するかわからないのは怖いわね……)

にこ(暴れだして、みんなに迷惑でもかけだしたら…………)ブー

にこ(……ん、メールね)


form 希

占いの結果、今日の放課後は誰も部室には来ないって

ウチの水晶占いは当たるんよ。もう、めっちゃ当たるよ!


にこ(ええと……迷惑にならないよう、みんなはどうにかする)

にこ(だから部室で使え、って言ってるのよね)

にこ「無駄に手の込んだことしてくれるわね…………」
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:26:46.23 ID:1bDlU9jz.net
―――――――――
―――――

―放課後・部室


真姫「なによニコちゃん。放課後に部室に呼び出して」

にこ「まあいいから。とりあえず座んなさいよ」

真姫「…………わかったわよ」

にこ「今日呼んだのは……」

真姫「……もったいぶんなくていいから。早く言って」

にこ「その前に、ラムネ菓子でも食べない?いちご味」

真姫「はぁ……?いらない」

にこ「ニコニ―のおいしーいラムネニコ☆」

真姫「可愛く言っても、いらないものはいらないわよ」
20: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:30:53.85 ID:1bDlU9jz.net
にこ「実をいうとね、このラムネ、味が変わるのよ」

真姫「へー……」

にこ「トマト味になるの」

真姫「ああそう」

にこ「………………」

真姫「いらない」

にこ「…………お願い真姫ちゃん!食べて!」

真姫「え、えええ……なんでそんなに必死なのよ……」

にこ「深い事情があるのよ。ふかーいね……」

真姫「わ、わかったわよ!ラムネを食べればいいんでしょ?」

にこ「そう、このラムネをね―――」
22: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:35:13.38 ID:1bDlU9jz.net
―――――――――
―――――

真姫「…………にゃー」

にこ「真姫ちゃん?」

真姫「……にゃ」

にこ(ホントにネコなのかなんなのか、わかんない……)

にこ(まさか―――希と一緒に、なにかたくらんではないでしょうね……)

にこ(ああ……希に相談したのが間違いだった……)
23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:40:37.43 ID:1bDlU9jz.net
にこ「とりあえずこのカチューシャ着けよう……」スポ

真姫「…………ふっー!」

にこ「な、なんか怒ってる……?」

にこ(とりあえず、様子を見ましょう……)

にこ(出来るだけ、真姫ちゃんから遠い椅子に座りなおして―――と)

真姫「…………」
25: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:43:23.41 ID:1bDlU9jz.net
真姫「………………」ガタッ

にこ「…………な、なに」

真姫「……みゃー」トコトコ

にこ(ニコの方まで、近づいてきたけど……)

真姫「…………」

にこ(目の前で止まった。さっぱりわかんない)

にこ(よく考えたら、素直になるって言っても……)

にこ(言葉喋んないんだから、結局意味が分からないじゃない!)
26: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:48:22.94 ID:1bDlU9jz.net
にこ「な……なによ……?」

真姫「………………」

にこ(立ったまま動かないんだけど……)

にこ「おーい!真姫ちゃん?」フリフリ

にこ(目で手を追ってるみたいだけど……反応しないわね)

にこ「………………」

真姫「………………」ガシッ

にこ「……っ!いきなり手をつかんで!もうなんなのよ!」

真姫「………………」ガブッ

にこ「痛ぁっ!」
27: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:50:12.21 ID:1bDlU9jz.net
にこ「ちょっとちょっと!いきなり噛みついてきてんじゃないわよ!」

真姫「………………」プイッ

にこ「………………」

にこ(噛まれるうえに、そっぽ向かれるし……)

にこ(やっぱり嫌われてるじゃない。もう一度距離を置かないと……)

にこ(まず椅子から立ち上がって―――)ガタン

にこ「ほら、ニコは噛んでもおいしくないわよー……」ソー

にこ(少しずつ離れる……!)
29: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:52:17.25 ID:1bDlU9jz.net
にこ「あっちへ行くのよー……」

真姫「……みゃー」トコトコ

にこ「こっち来ないでよ!」

真姫「………………」プイッ

にこ「ああもう!」
30: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:55:38.59 ID:1bDlU9jz.net
にこ(…………そうだ、希の冊子を見れば……)


『ネコが寄ってくる場合。それは、興味を持たれている時やね』

『かまってほしい場合が多いから、遊び相手にならないとあかんよ♪』


にこ(…………なるほど)

にこ「かまってほしいのね?」

真姫「にゃ」

にこ「ホントはほっといてほしい?」

真姫「にゃー」

にこ(どっちなのよ……)
32: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 22:58:12.13 ID:1bDlU9jz.net
真姫「………………」ガブッ

にこ「痛いっ!」

真姫「………………」ガブガブッ

にこ「ちょっ、ちょっと!ニコの腕はエサじゃないの!」

真姫「…………みゃー」ガブガブガブッ

にこ「いっ!聞きなさいよ!」

真姫「………………」プイッ

にこ(全然素直になってない気がするんだけど……)
34: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:01:02.87 ID:1bDlU9jz.net
『そっぽを向くとき。これは、ごめんなさい。そんなに怒らないでね、という合図なんよ』

『だから厳しく怒らんといてあげてね♪』


にこ(いちいち癪にさわるわね……この音符)

にこ(……まあそっぽ向くのが、悪い意味じゃないってことは分かったわ)

真姫「………………」

にこ「悪かったわ。別に怒ってないわよ」

真姫「にゃ」

にこ「………………」
36: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:04:15.23 ID:1bDlU9jz.net
にこ「いい?ニコの腕は噛まないこと!」

真姫「………………」ガブ

にこ「ぎゃっ!」

真姫「みゃぁー……」

にこ(さっきから、狙ったように噛んでくるわね……)

にこ「あんた……わざと噛んでんじゃないでしょうね!?」

真姫「………………」プイッ

にこ「………………」
37: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:07:28.24 ID:1bDlU9jz.net
『え?噛んでくるって?それは甘噛みやん』

『甘えたい気持ちの表れやね。存分に甘やかせてあげないと♪』


にこ「はぁ?これ、甘えてんの?」

真姫「ニャ」

にこ「…………」

にこ(甘噛みってレベルじゃなく、痛いんだけど!)

にこ「まあ、先輩として後輩に甘えられるって言うのも―――」

にこ「うん、悪くないわね……」

にこ(後輩、今ネコだけど)
38: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:10:34.44 ID:1bDlU9jz.net
にこ(甘えられるってことは、嫌われてはいないってこと……?)

にこ「うーん…………どうなのよ……」

真姫「みゃーっ」

にこ「なに?まだ噛み足りないの?」

真姫「…………」ギュー

にこ「…………え?」

真姫「…………」グリグリ

にこ「ちょ……ちょっと!」
40: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:14:00.17 ID:1bDlU9jz.net
にこ(立ったままぎゅーとされて……)

にこ(ニコのほっぺに真姫ちゃんの頭、グリグリ押しつけられてるんですけど……?)

にこ(地味に痛い……)


『ふーん。頭をこすり付けられてん?よかったやん!』

『心を許した人へのマーキング。気に入られてるんよ♪』


にこ(そろそろイライラしてきたわ、この文)

にこ(……とにかく、嫌われてはないのね。むしろ気に入られてる……)

にこ(そう解釈していいの……?)
43: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:18:01.80 ID:1bDlU9jz.net
真姫「……みゃー」スリスリ

にこ「…………」

にこ(今度はほっぺ同士をすり合わせてる形だけど…………)

にこ(なんかすごく恥ずかしいんですけど!)

にこ(わかってるわよ!相手はネコ!ただのネコなのよ…………)

にこ(…………あ、真姫ちゃんの髪、いい匂い……)

にこ(……じゃなくて!)
46: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:21:30.50 ID:1bDlU9jz.net
『好かれてるんやったら、スキンシップをとるのだ!』

『背中やアゴの下、耳の後ろ付け根を撫でると良いんよ♪』


にこ(…………撫でろって言ってるのよね)

にこ(……とりあえずアゴにしよ)

にこ(ネコと言えばアゴをなでなで。そう決まってるもの)
47: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:24:44.71 ID:1bDlU9jz.net
にこ(やっと、真姫ちゃんのこすりつけが終わったわ……)

にこ「……ヒトのアゴって……どう撫でればいいの……」

にこ「こう……?」サスッ

真姫「…………ごぉぉ……」

にこ「………………」

にこ(なんか変な声出した……)

にこ「…………」サスサスッ

真姫「……ごぉっ……ごぉぉ……」

にこ(なんかこわい……)
49: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:29:06.57 ID:1bDlU9jz.net
『上手くなでると、気持ち良くてノドを鳴らすんよ』

『ゴロゴロって感じやん♪』


にこ(あ、これノド鳴らしてるのか……)

にこ(ちょっと不気味に聞こえるけど……)

にこ(…………)

にこ(よく考えたら、ヒトってアゴの下触られても気持ちよくないわよね……)

にこ(うん……難しいことは考えないことにするわ……)
50: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:32:40.33 ID:1bDlU9jz.net
にこ(次に耳の後ろ……)

にこ(耳ってどっちよ…………ネコミミの方?)

にこ(……つまり頭を撫でればいいの?)

にこ「どう?真姫ちゃん」ナデ

真姫「………………」

にこ「あれ、無反応じゃない……」

にこ「ほーら真姫ちゃーん」ナデナデ

真姫「…………みゃ」

にこ「うーん、なんだかいまいちみたいね」

にこ「カチューシャのせいで撫でにくいし…………」
52: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:34:36.52 ID:1bDlU9jz.net
にこ(次は背中…………)

にこ「……このへん?」サスサス

真姫「…………うにゃ」

にこ(撫でてて思うんだけど、これ―――)

にこ(お互いに抱き合ってるみたいで、恥ずかしい!)

にこ(……正直今更な気もするけど)



真姫「…………にゃ」ベシッ

にこ「いたっ!いきなりなにパンチしてきてるのよ!」

真姫「…………」トトト

にこ(あ、離れてった……)
53: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:38:57.71 ID:1bDlU9jz.net
にこ「…………」

にこ(あれから真姫ちゃんは、さっきまでニコが座ってた椅子に腰かけて―――)

にこ(すーすー眠りだしてるんだけど……)

にこ「はぁ……結局嫌われてはいないってことね」

にこ「……なんだか安心したら、眠くなってきた」

にこ「こっちも椅子の上で、ひと眠りさせてもらうかな……」
54: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:41:48.62 ID:1bDlU9jz.net
―――――――――
―――――

にこ「…………ん……んん!?」

真姫「みゃー」グイグイ

にこ「え……?机の下から頭だけだして、何してんの……」

真姫「…………」グイグイ

にこ「…………おなかをグイグイ押すんじゃあないわよ」

真姫「ごぉぉ……」グイグイ

にこ「な、なんだかよくわからいけど、気に入ってるのね……」
56: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:44:02.41 ID:1bDlU9jz.net
『おなかをもみもみされたんね?甘えたいんやなぁ……』

『存分にやらせてあげて、満足させなきゃね♪』


にこ「も、もみもみ……?」

にこ「これよねきっと、もみもみって」

にこ「どの辺りがもみもみなのよ…………」

真姫「…………」グイグイ
57: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:46:50.08 ID:1bDlU9jz.net
真姫「………………」ゴソゴソ

にこ(……机から出ようとして―――)

真姫「………………」ガツン

にこ(頭ぶつけてる……)

にこ(…………真姫ちゃん、ネコとしては絶対生きてけないわよ)


『身体はヒトのままだから、高いところからジャンプさせたりさせんといてね』

『ムチャクチャすることがあるから、しっかり見ててあげるのだ♪』


にこ「……真姫ちゃんの場合、特に心配だわ」
59: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:49:38.32 ID:1bDlU9jz.net
真姫「…………みゃー」

にこ「お疲れさま……どれだけ机から抜け出すのに苦労してんのよ」

真姫「…………」トテトテ

にこ「……なに?また頭擦り付けてくるの?」

真姫「…………」ペロ

にこ「ひゃ!……ちょ、顔を舐めるのはダメ!」

真姫「にゃあ……」ペロペロ

にこ「やめてって……ああ、話が通じない!」
61: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:52:53.91 ID:1bDlU9jz.net
にこ「座ってると、なんかされた時逃げられないわね……」ガタッ

にこ「―――ちょっと距離をとって……」

にこ「いい!?舐めない!」

真姫「………………」プイッ

にこ「舐めない!」

真姫「にゃ」

にこ「わかってる?」

真姫「にゃ」

にこ「……適当に答えてない?」

真姫「にゃー」

にこ(二重の意味でニコのこと舐めてない?)
63: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:55:14.37 ID:1bDlU9jz.net
『舐めてきてる時も甘えたいとき。ちゃんと撫でたりしてこたえてあげな、あかんよ?』

『よーしよしよし!いう勢いで、全身舐めるように撫でてな♪』


にこ「とりあえず撫でればいいんでしょ……」

にこ「ほら、撫でればいんでしょ」サスサス

真姫「ごぉぉ……」

にこ「アゴの下がいいのね、やっぱり」

真姫「………………」ガブッ

にこ「いっ……なによ、もう飽きたの!?」

真姫「にゃ」

にこ「メンドクサイはね本当に…………」
64: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 23:58:19.39 ID:1bDlU9jz.net
にこ「今度は耳の裏?」ナデナデ

真姫「………………」ガブッ

にこ「……じゃあ背中なのね」ナデナデ

真姫「……にゃぁ」

にこ「どの辺がいいのかしら……上の方?」ナデナデ

真姫「…………」

にこ「じゃあ下の―――腰あたり?」ナデナデ

真姫「…………う゛ぁぁ」ビクッ

にこ「え……なにその声」ナデナデ

真姫「…………にゃ……う゛ぅ」ビクッ

にこ「と、とにかくこっちの方が反応あるし、いいみたいね……」ナデナデ
66: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:02:36.68 ID:zo7IBMZG.net
真姫「……フー……フー……」

にこ「あ、あれ……なんかやばくない……?」


『あ、背中撫でる時は注意してほしいことがあるんよ!』

『腰、特に尻尾の付け根は性感帯なん。ネコちゃん興奮しちゃう』

『興奮すると鳴き声がいつもと違うから、わかりやすい♪』
67: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:05:46.17 ID:zo7IBMZG.net
にこ「は!?そういうのは最初に書いときなさいよ!!」

真姫「……フー……フー……」

にこ「えと、真姫ちゃん?落ち着きましょ?」

真姫「う゛あぁぁぁ!」

にこ「いやぁあああ!!」
68: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:09:01.94 ID:zo7IBMZG.net
―――――――――
―――――

にこ「痛いって……放しなさいよ……」

にこ(いきなり体を押し倒されて……)

にこ(何とか逃げようと、うつ伏せになり……)

にこ(ひざを曲げて、立ち上がろうとしたところを―――)

真姫「……フー……フー……」グイ

にこ(後ろから背中を押さえつけられました…………)
70: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:11:37.23 ID:zo7IBMZG.net
にこ「あの、今度ワッフル奢るからさ……」

真姫「…………う゛あぁ」

にこ(……だよねー)

にこ(あくまでネコだし……)

真姫「…………う゛ぅぅ」グググ

にこ「痛いって!放しなさいよ!」

真姫「…………」パッ

にこ「あ、わかってくれた?」

にこ「ネコにも、スーパーアイドルニコニーの言葉は通じるのね!」
73: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:14:00.39 ID:zo7IBMZG.net
真姫「…………」ノシッ

にこ「え……ちょっとちょっと!重いんだけど!」

真姫「……フー……フー……」

にこ「完全にのしかかってる!?降りなさいよ!」

真姫「…………」グイ

にこ「痛い痛い!肩に体重がっ……!すっごいかかってるから!」



にこ(……うつ伏せで、立とうとしておしりを突き出したまま)

にこ(肩口押さえられて、覆いかぶされらてるって……)

にこ(ひ、非常にまずい気がするけど……!?)
74: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:16:07.25 ID:zo7IBMZG.net
にこ(いやいや……この時点でアウトじゃないの……)

にこ(明らかにアウト。誰かに見られでもしたら…………)

にこ(ニコはともかく、真姫ちゃんが可哀想だわ……)

真姫「……フー……フー」

にこ(どうにか抜け出さないと……)

にこ(まずは左右に転がって……)

にこ「ふん!」

にこ(ダメ……肩が固定されてて転がれない)
75: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:19:02.00 ID:zo7IBMZG.net
真姫「……フー……フー…」グイグイ

にこ「……え!?ちょ、ちょっとちょっと真姫ちゃん!」

にこ「な、なに腰をぐいぐい押しつけてきてんのよ!?」

真姫「………………」グイグイ

にこ(かんっぜんにあれじゃないのよ!)

にこ(い、いやよこんなの!)

にこ(希!これの対処法くらい書いてあるわよね!?)
76: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:23:58.44 ID:zo7IBMZG.net
『のしかかられて、本能むき出しに腰を振ってくるん?それはマウンティングやね』

『興奮のほかに、優位性を示す意味もあって。されるがままにしておくと……』


にこ(…………いや、そこは音符つけなさいよ!怖いわ!)

にこ(肩押さえつけられながら、やっとの思いでページをめくったらこれって……)

にこ(ど、どうすればいいの……)
77: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:26:25.14 ID:zo7IBMZG.net
真姫「……フー……フー…」グイグイ

にこ「や、やめて……」

真姫「…………」グイグイ

にこ「やめなさいって言ってんでしょ!」

真姫「う゛ぁぁ……」ガブ

にこ「いったぁ!首痛い!ホントやめて!」

真姫「…………」ガブガブ

にこ「首は痛いって!ごめんっごめんってば!」
79: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:30:00.47 ID:zo7IBMZG.net
真姫「…………」

にこ「うぅ…………」

にこ(完全に獣じゃないのよ……)

にこ(も、もう抵抗するのはあきらめて……)

にこ(満足するまでほうっておくしか……)

真姫「……ふぅ……ふぅ……」グイグイ

にこ「…………」

にこ(やっぱやだ……早く抜け出したい……)
80: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:33:22.18 ID:zo7IBMZG.net
にこ「……ふっ!ぐぅ!」

にこ(全力でも持ち上がりそうにない……)

にこ(がっちりホールドされててびくともしないわ……)

にこ(真姫ちゃん、こんなに力あったなんて)

にこ「…………」

にこ(これほど真姫ちゃんが、女の子でよかったって思ったことはないわ……)

にこ(にこのお尻に腰をこすり付けて……もし男だったら―――)

にこ(…………やめよ。ニコはアイドルだし。うん)
81: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:36:08.39 ID:zo7IBMZG.net
にこ(ほ、他に何か書いてないの……)


『マウンティングは多くの動物に見られる行為。ゴリラもウサギもするんよ』

『ちなみにμ'sの中では凛ちゃんがよくやってる♪』


にこ(そんな情報知りたくなかった…………)

にこ(次は……?)
84: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:38:46.46 ID:zo7IBMZG.net
『オスネコがその……あれやん……あの最中には、首を噛んで来ることがある』

『ネックグリップって言ってな。ネコ独特の行動なん』

『メスネコはこれをさせると動けなくなるらしいんよ♪』


にこ(あの最中って……いきなりウブな感じ出して来おってからに)

にこ(というか真姫ちゃんはメスネコだし、ニコはメスネコじゃないんですけどぉ…………)
87: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:41:19.31 ID:zo7IBMZG.net
真姫「……はぁ……んぅ……」グイグイ

にこ「…………」

にこ(……ねえ、そんな色っぽい声出す要素ないよね?)

真姫「………………」ペロッ

にこ「ひゃん!」

真姫「………………」ペロペロ

にこ「ひっ!首くすぐったいから!舐めるのストップ!」

真姫「……はぁ……ふぅ……」グイグイ

にこ「ついでに腰振るのもストップ……!」
88: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:45:16.12 ID:zo7IBMZG.net
真姫「……ん……ん……」グイグイ

にこ「だ、だから、本当にやめてよ……お願いだからぁ……」

真姫「………………」グリグリ

にこ「あ、頭こすりつけるのもダメ……」

真姫「……にゃー…………」グリグリ

にこ「い、今更ね……今更可愛く鳴いてもダメなものはダメ」

真姫「……みゃーん……ん……」グリグリ

にこ(あ、真姫ちゃんのいい匂い…………)

にこ(いやいや違うでしょ……違うでしょ矢澤ニコ!)
91: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:47:28.73 ID:zo7IBMZG.net
真姫「……んぅ……はぁ……」グイグイ

にこ(その声やめなさいよ……しかも耳に近いから吐息がかかって……)

にこ(……というか、そもそもネコってこんな声出さなくない?)

にこ「ねえ真姫ちゃん……もしかしてだけど……」

真姫「…………」ハムッ

にこ「ふひゃ!み、耳はやめなさいよ耳は!」

真姫「…………」ガブ

にこ「ひゃ、ひゃめてって……」
94: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:50:55.29 ID:zo7IBMZG.net
にこ(な、なんなのよ……)

真姫「……ん……ん……」ギュー

にこ「えっ!ま、まって……!」

にこ「く、苦しい……」

にこ(肩を押さえつけてた腕を、いきなりニコの胸に回してきて―――)

にこ(すっごい締め付けてきてるんだけど……)

にこ(あと真姫ちゃん、胸が思いきりニコの背中にあたってる……!)
95: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 00:55:32.72 ID:zo7IBMZG.net
真姫「……ん……ニコちゃん……ニコちゃん……」グイグイ

にこ(なに普通にしゃべってんの……)

真姫「……ふぅ……ニコちゃん……」グイグイグイ

にこ(な、なんか早くなってるんですけど…………)

真姫「…………ニコちゃん……」グリグリ

にこ(また、頭こすりつけてきてる……)スンスン

にこ(まったく、生意気な匂いさせて……)

真姫「ニコちゃん…………んんぅ……」

にこ(だ、だから変な声やめなさいよ……)
97: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:00:15.44 ID:zo7IBMZG.net
真姫「…………はぁ……はぁ……」グイグイグイ

にこ「……真姫ちゃん、腕離して……」

真姫「ダメぇ……もうちょっとだから……」グイグイグイ

にこ(…………なにがぁ!?)

真姫「……ん……んん……」グイグイグイ

にこ(無意味なのに一心不乱に腰振る真姫ちゃん)

にこ(…………なんだか悲しいわね)
99: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:04:11.69 ID:zo7IBMZG.net
真姫「……ふぅ……んっ……」グイグイグイ

にこ「………………」

真姫「……ん……んん……」グイグイグイ

にこ(だんだん締めが強くなってきてる……)

にこ「い、痛い……腕締めすぎよ!」

真姫「…………」ガブッ

にこ「痛っ!首はホント痛いからぁ……ぐすっ……」

真姫「……ん……ふっ……」
101: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:09:30.07 ID:zo7IBMZG.net
真姫「……んん……ゃ……」グイ

にこ(腰振るのが激しくなってる……)

真姫「……ん……ぁ……」

にこ「………………」

真姫「……ん……んんっ!……」ギギュー

にこ「…………真姫ちゃん締めすぎ……ぐるじい……」

真姫「……ん……やっ……ぁ……」

にこ「…………やめ゛っ……」

真姫「……はぁ……はぁ……」
102: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:11:40.75 ID:zo7IBMZG.net
にこ(あれ……腕の力が抜けて。腰もとまって……)

にこ「けほ……けほっ……」

真姫「………………」

にこ「……真姫ちゃん?」

真姫「………………」

にこ「ちょっと!真姫ちゃん!?」
103: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:13:51.46 ID:zo7IBMZG.net
―――――――――
―――――

真姫「ごめんなさい……ヒグッ……ニコちゃんごめんなさい」

真姫「本当ごめんなさい……ぅ……グスッ……」

にこ「……別に怒ってないから顔あげて。それに泣くんじゃないわよ」

真姫「で、でも……ニコちゃんにひどいことしちゃって……」

にこ「まぁ……いいわ。特にケガもしてないし。歯型もすぐ消えるでしょ」

真姫「ごめん…………ヒグ……」

にこ「それより聞きたいんだけど。あんたホントにネコになってたの?」

真姫「……途中までは」
104: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:17:01.31 ID:zo7IBMZG.net
にこ「途中っていつよ」

真姫「ニコちゃんの上にのしかかってる時……」

にこ「あ、ああ…………」

真姫「ネコの時でも意識はあったのよ。それで、途中で効果が切れて―――」

真姫「ああもうこれは、このまま誤魔化すしかないなって……」

にこ「ぜんぜん誤魔化せてなかったけど……」

真姫「…………」

にこ「むしろ色々アウトだったけど……」

真姫「ごめんなさい…………」

にこ「だ、だから許すからって。あんたも被害者みたいなもんだし」

真姫「…………ありがとう」
106: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:18:55.68 ID:zo7IBMZG.net
にこ「まぁ、よかったこともあるし」

真姫「……よかったこと?」

にこ「ええ。実は真姫ちゃんに嫌われてんじゃないかって」

にこ「そう思ってたのよね」

真姫「え、私がニコちゃんを嫌って……?な、ないない!むしろ―――」

にこ「…………知ってる」

真姫「……え……あ……う、うん……」

にこ(ネコの時の行動を見る限り、どっちかというと信頼されてるわよね……)

にこ(まあ、希の冊子の説明が正しければ―――だけど)

にこ「今回はそのことを確かめられたから。それがよかったこと」

真姫「…………」
107: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:20:47.99 ID:zo7IBMZG.net
にこ「……まぁ?真姫ちゃんネコの様子を見る限りだと―――」

にこ「嫌われてるどころか、むしろ好感度高そうだしぃ?」

にこ「やっぱりニコは、皆から好かれる天性のアイドルニコ☆」

真姫「そうね。本当にそう思うわ」

にこ「な、なんか調子狂うわね……まあいいわ」

にこ「これからも一緒に、頑張っていきましょ?」

真姫「ええ!」
108: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:22:24.05 ID:zo7IBMZG.net
にこ「そうだ……帰りに洋菓子店にでも行かない?」

真姫「いいわよ」

にこ「今日は真姫ちゃんのおごりってことで」

真姫「え…………わ、わかったわ」

にこ「……冗談よ。まだ気にしてんの?ホントマジメね、あんた」

にこ「あとカチューシャ。いつまでつけてるのよ」

真姫「……あっ」
111: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:28:40.13 ID:zo7IBMZG.net
にこ(元はと言えばラムネ食べさせた、ニコが原因だし……)

にこ(真姫ちゃんはラムネの効果を知ってるのか―――)

にこ(それとも知らないのか、わかんないけど)

にこ(まあ―――なんだかんだで、真姫ちゃんの好意を感じられたし)

にこ(うん、よかった……はず)



にこ(―――だけど、希……あんたが全くおとがめ無し)

にこ(それはちょっと、つまんないわよね?)

にこ「さて、諸悪の根源をどうとっちめてやろうかしら……」
112: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:31:33.90 ID:zo7IBMZG.net
――――――――――――――
――――――――
―――――

希「―――おぉ、ニコっちに真姫ちゃん!」

にこ「あ、希じゃない」

希「昼休みに部室で二人きり?それじゃあ、昨日はバッチシだったんやね!」

真姫「……ま、まあ……ね」

にこ「そうなのよ。あんたのおかげでね」

希「ニコっちに素直に褒められるなんて、ウチ感激!」

にこ「うん。それでね、お礼としてこのプチシュークリームあげるわ」

希「え!いいの?それじゃあ遠慮なく……」
113: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:33:40.68 ID:zo7IBMZG.net
真姫「待って、今回は特別に……」

希「特別に……」

真姫「あ、あーん」

希「ま、真姫ちゃん?」

真姫「ほ、ほら私があーんって言ってるんだから」

希「え……ま、まさか真姫ちゃんがするとは思わなかった……」

にこ「早くしてあげなさいよ」

希「うん。あーん……」パクッ
115: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:35:40.12 ID:zo7IBMZG.net
にこ「どう?おいしい?」

希「うんおいしいよ」

希「…………ん?なんか真ん中に固いものが……」

にこ「えー?気のせいニコ」

真姫「気のせいね」

希「なにこれ……」ガリッ

希「ラムネ菓子みたいな…………」

にこ「ふふ……その通りよ!」

希「…………あ!まさかニコっち!」
116: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:37:09.75 ID:zo7IBMZG.net
にこ「あんたもネコ、やってみたいでしょ?」

希「ウチ、そういうの似合わないから……」

真姫「あ、吐き出そうとしてる!」

にこ「そうはさせないわよ!」ガッシ

希「んん…………!」
117: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:39:13.99 ID:zo7IBMZG.net
――――――――
―――――


真姫「…………どうする、ニコちゃん」

にこ「……ほっときましょ。そのうち効果が切れるでしょ」

にこ「持ってたラムネは全部回収したし……」

真姫「……そうね。最悪、放課後になればだれか来るし……」

にこ「それにしても、マタタビ粉ってすごいわね……」

真姫「ちょっと怖いわ。床の上でよだれ垂らしながら……」

にこ「あっちにごろごろ、こっちにごろごろ……」



希「う゛ぁぁ……みゃぁああ……」ゴロゴロ

おわり
121: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 01:50:08.96 ID:zo7IBMZG.net
拾いものだけど

https://i.imgur.com/l0XpFCi.jpg
1431089742-レス121-画像
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「ちょっと真姫ちゃん!なに腰をぐいぐい押しつけてきてんのよ!?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。