穂乃果「さすがにこちゃん」

シェアする

にこ-アイキャッチ15
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 03:36:36.97 ID:m6pSeZVQO
前作 穂乃果「さすが花陽ちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1476487456

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476556596

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

元スレ: 穂乃果「さすがにこちゃん」

スポンサーリンク
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 19:05:14.08 ID:m6pSeZVQO
とある日の午後

穂乃果「もぉ〜、さすがに悪意を感じるよ?何回連続でじゃんけんに負けてるんだろ?」

にこ「ズルしてないわよ」

穂乃果「何が納得いかないって海未ちゃんに負ける事だよね?一対一なら絶対に負けないのに」

にこ「うだうだ言っても仕方ないじゃない。早く帰るわよ」

穂乃果「にこちゃんだって負けた時は騒いでた癖に大人のふりして」

にこ「ふりじゃないわよ!にこは大人よ!」

穂乃果「え〜?」ジロ?

にこ「どこ見てんのよ!!」

穂乃果「青木さやか?古いよ?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 21:47:37.62 ID:m6pSeZVQO
にこ「…何いってる」

穂乃果「にこちゃんも意外と無知だね」

にこ「そうね…物覚えはそんなに良い方じゃないかもしれないけど少なくとも今怒りを覚えそう」

穂乃果「やだな〜にこちゃん。アイドルは笑顔が基本でしょ?ほら、スマイルスマイル〜」

にこ「全く、穂乃果は調子が良いわね」

穂乃果「調子が悪いよりいいじゃん」

にこ「そうね。穂乃果と居ると何だか楽でいいわ」

穂乃果「え?褒めてる?」

にこ「はい、はい。褒めてるわよ」

穂乃果「やった〜。にこちゃんに褒められると嬉しいな〜」

にこ「あっそ」

穂乃果「あ〜、そっけないんだ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 21:54:48.07 ID:m6pSeZVQO
子供「うわ〜ん」

穂乃果「ありゃ、子供が泣いてる」

にこ「迷子かしら?」

穂乃果「ん?なんかデジャブ?」

にこ「何言ってるの?」

穂乃果「いや、何でも」

子供「え〜ん、え〜ん」

穂乃果「僕、どうしたのかな?」

子供「…アハハハハ」

穂乃果「え?何か笑われた?何で?っていうか前にも絶対に同じ事があったよ」

子供「…うわ〜ん」

にこ「何でまた泣かせてるのよ」

穂乃果「穂乃果に聞かれても」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:00:44.30 ID:m6pSeZVQO
にこ「いい、見てなさい?にっこにっこに〜」

穂乃果「おお、出たにこちゃんの十八番」

子供「アハハハハ、アハハハ、アハハ〜」

穂乃果「にこちゃんだって爆笑されてるじゃん」

にこ「…何でよ」

子供「アハハ」

にこ「僕、お母さんは?」

子供「お家」

にこ「え?お家?」

子供「うん」

にこ「えっと…お名前は何て言うのかな?」

子供「虎之助〜」

にこ「虎之助君かぁ。…なんか身近に感じる名前ね」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:06:52.96 ID:m6pSeZVQO
穂乃果「え?何で?」

にこ「虎繋がりで」

穂乃果「虎?」

にこ「虎太郎と名前が似てるって言ってるの」

穂乃果「え?似てるかな〜?」

にこ「…まあ、そんな事はいいわ。虎之助君?お家が何処だか分かる?」

虎之助「分かってたら帰ってる」

穂乃果「そうだよね〜」

にこ「なかなか生意気ね」

穂乃果「虎之助君はいくつなのかな?」

虎之助「5才」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:12:54.60 ID:m6pSeZVQO
にこ「と言うことは幼稚園生ね」

虎之助「うん。音ノ木坂幼稚園!」

にこ「と言うことはその周辺かしら?お家」

穂乃果「この時間だと職員の人がいるかもしれないしとにかく幼稚園に連れてってあげようよ」

にこ「そうね。虎之助君、とりあえず幼稚園まで行こうか?そしたら先生もいるかもしれないし」

虎之助「いいよ!行ってあげる!」

にこ「そ、そう?ありがとう」

穂乃果「私は穂乃果だよ、虎之助」

虎之助「穂乃果、アハハ」

穂乃果「だから、何で笑うの?一応アイドル何だからね?」

にこ「あんたは親しみやすいんじゃない?」

穂乃果「μ'sのマスコットのにこちゃんに言われても」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:15:06.28 ID:m6pSeZVQO
にこ「何でよ!…とっ、私はにこよ。にこにーって覚えて?」

虎之助「にこにー、アハハハハハハ」

穂乃果「穂乃果より爆笑されてるよ?」

にこ「なぜ?」

虎之助「アハハ」

にこ「さ、さあとりあえず行くわよ」

虎之助「うん」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:22:57.15 ID:m6pSeZVQO
〜道中〜

ダッダッダッ

虎之助「アハハ」

にこ「ちょっと、虎太郎…じゃなかった虎之助、走ると転ぶわよ」

ドテ

虎之助「……うわ〜ん」

にこ「全く、どうしようもないわね」

虎之助「痛いよ〜」

にこ「ほら、見せてみなさい?豪快に擦りむいちゃって。…ちょっと、しみるわよ?」

虎之助「うう、ちみる〜」

にこ「しゃんとしなさい、男の子でしょ?」

虎之助「うん」

にこ「はい。ちょっとハンカチ濡らして来るから待ってなさい」

穂乃果「ほえ〜、手際いいなぁ」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:25:37.09 ID:m6pSeZVQO
にこ「はい。足だして?」

ギュウ

にこ「これでよし」

虎之助「ありがとう」

にこ「もう。気を付けるのよ?」

虎之助「うん」

ドテッ

にこ「え?」

穂乃果「痛〜い」

にこ「なんであんたも転んでるのよ!」

穂乃果「いちち、膝を擦りむいちゃったよぉ。うう」

にこ「…子供が二人」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:30:09.29 ID:m6pSeZVQO


穂乃果「いやぁ、それにしてもにこちゃんよく消毒液なんか持ってるね?」

にこ「虎太郎とかここあがよく転ぶからね。鞄に入れっぱなしなのよ」

穂乃果「スクールバックに?」

にこ「…そうよ」

穂乃果「ふ〜ん」

にこ「ほら、虎之助!手を繋いで」

虎之助「え〜」

にこ「え〜じゃないの。また、転ぶわよ?」

虎之助「わかった。手繋いであげる」

にこ「…ありがとう」

穂乃果「穂乃果も一緒に繋ぎたい」

虎之助「はい!」

穂乃果「わ、優しい」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:37:20.88 ID:m6pSeZVQO
穂乃果「こうやって3人で手を繋いでいると小さい弟と妹が出来たみたい」

にこ「何でよっ」

虎之助「アハハ、にこにーは弟なの?」

にこ「弟はあんたでしょ?にこは女の子でしょうがっ!」

虎之助「あっそうか」

にこ「弟と妹が出来たみたいってのは私の台詞よ」

穂乃果「またまた〜」

にこ「…あれ?虎之助は?」

穂乃果「手を繋いでたんじゃないの?」

にこ「あ、居た!」

虎之助「にこにー、見て。きゅうり」

にこ「何やってるのよ」

穂乃果「うわ、八百屋さん」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:44:44.71 ID:m6pSeZVQO
八百屋「毎度あり〜」

にこ「はあ、とんだ出費ね」

穂乃果「あんなにベタベタ触ったら買わないわけにはいかないもんね」

にこ「虎之助?」

虎之助「ん?」

にこ「あれは商品なの、わかる?」

虎之助「うん」

にこ「買わない人は触っちゃいけないのよ」

虎之助「あ、蝶々だ」

にこ「虎之助!」

虎之助「うっ」ビクッ

穂乃果「にこちゃん?」

にこ「ちゃんと聞いてるの?」

虎之助「うぅ…」

にこ「泣いたってダメよ?あれは商品で買わない人は持ち出したりベタベタ触っちゃダメなの。何でか分かる?」

虎之助「何で?」

にこ「他の人がベタベタ触った物を食べたくないって人もいるの。と言うか大半の人はそうなの。なのに虎之助がベタベタ触ると売れなくなっちゃってお店の人も困っちゃうでしょ?」

虎之助「…うん」

にこ「ね?人が困るような事はしちゃいけないのよ?わかった?」

虎之助「…」コクッ

にこ「わかったら返事」

虎之助「はい」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:48:18.34 ID:m6pSeZVQO
穂乃果「にこちゃん少し厳しいんじゃ?」

にこ「間違った事したら叱らなくちゃいけないでしょ?」

穂乃果「まあ」

にこ「よその子だとしても今はいっしょ行動してるんだから責任もって叱らなきゃダメよ?」

穂乃果「そっか、そうだね」

にこ「そうよ。ただ、頭ごなしに怒るんじゃなくて何がいけないのか分かるようにしなきゃダメよ?」

穂乃果「うん」

にこ「さあ、いつの間にか音ノ木坂幼稚園に着いたわ」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:53:25.16 ID:m6pSeZVQO
虎之助「あ、先生ぇ」

先生「え?虎之助君?」

にこ「あのぉ…この子迷子になってたんですけどお家が分からないって言うんで」

先生「そうだったんですか?ありがとうございます。虎之助君どうしたのかな?」

虎之助「迷子になったけどお姉ちゃん達が助けてくれた」

先生「お母さんは?」

虎之助「お家」

先生「そっか。あの、お家の方に連絡しますので。本当にご迷惑おかけしました」

にこ「いえ。じゃあ、虎之助。私達は行くけど今度からは気を付けるのよ?皆心配するんだからね?」

虎之助「うん」

穂乃果「じゃあね、虎之助君」

虎之助「また」

にこ「なに?」

虎之助「また遊んでね?にこにー、穂乃果」

にこ「…ちゃんと良い子にしてたらね」

虎之助「うん」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 22:56:13.74 ID:m6pSeZVQO
穂乃果「にこちゃんってやっぱりお姉ちゃんなんだね」

にこ「なによ、急に」

穂乃果「別に?ただ、思っただけ」

にこ「あんただって長女でしょ?」

穂乃果「そうなんだけど…にこちゃんはなんて言うか…さすがだなぁって」

にこ「あっそ」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 23:41:30.24 ID:m6pSeZVQO
とある日の下校中

絵里「でね、その時私玩具だって気がつかなくってね」

希「うん。知ってるよ?だってその場にウチも居たやん?」

絵里「え?そうだったかしら?」

希「うん。そうやって。えりちの記憶力はどうなってるの?」

絵里「だって私だって希みたいにトークで笑いを取りたいのよ。希にわかる?話した後にポカンとされる私の気持ちが」

希「そりゃあ、されるよ。今の感じじゃ」

絵里「そうかしら?」

希「そうやよ。だって知ってる話何だもん」

絵里「今回はね」

希「きっと毎回何かしらあるんやと思う」

にこ「何を二人で漫才やってんのよ?」

希「お?どしたん?中ボケのにこっち」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 23:47:28.49 ID:m6pSeZVQO
にこ「漫才は否定しないのね。そして、漫才に私も巻き込むのね?そして、何故私がボケ側なのよ?どう考えてもツッコミでしょうが」

希「いや、にこっちはボケやって」

絵里「そうよ。ツッコミはクールじゃなきゃいけないのよ?」

希「別にえりちは今やクールやないしツッコミもクールな必要はないし結果えりちはツッコミやないからね?」

絵里「ええ?じゃあ、私は何なの?司会者?」

にこ「もう何でもいいからこの不毛な会話を終了しましょう?」

絵里「…そうね」

希「えりちの為にはそうした方がええね」

絵里「え?」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 23:53:21.08 ID:m6pSeZVQO
学生A「てめぇ、ふざけんなよ」

学生B「本当の事を言っただけだろ」

学生A「何だと?」

学生B「俺はお前の為を思って言ってんだよ」

学生A「それが余計なお世話なんだよ」

学生B「友達が道を外れようとしてんだから正してやろうとしてるだけだろうが」

学生A「てめぇとはもう話になんねぇよ」
ヒュン

絵里「ちょっと、あなた達何やってるの?」

学生A「え?」

学生B「誰?」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/16(日) 23:59:25.06 ID:m6pSeZVQO
絵里「随分野蛮な討論会をしてるのね?」

学生A「は?何?」

学生B「二人の時点で会ではないだろ」

絵里「ええ?」

希「うわっ。喧嘩を止めに入ってツッコミ入れられた」

絵里「と、とにかく。拳で語るなんてこのご時世に流行んないわよ?怪我するし。と言うか、危ない」

学生B「お前にゃ関係ないだろ」

学生A「お前も関係ないだろ」

学生B「何ぃ?」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 00:03:05.82 ID:CifaJ1I/O
にこ「はあ、全く絵里は…。」

絵里「にこ?」

にこ「にっこにっこに〜。ダメダメダメ。暴力は絶対にダ〜メ。にこの為に争わないで」

学生A「…誰?」

学生B「誰もお前の為にゃ争ってないけど」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/17(月) 07:46:18.65 ID:CifaJ1I/O
希「ほらね?にこっちは完全にツッコミ待ちの人間やん?」

絵里「そうね」

にこ「何でよ!」

希「ま、とにかく暴力何かでは何も解決せんよ?結果を先延ばしにするだけやって」

にこ「そうよ。私達が話を聞いてあげるから」

学生A「え?お前に?」

にこ「初対面の人間に随分じゃない?」

希「初対面があれやからね?」

学生B「こいつ、進学するのをやめてお笑いの道を進むって言うんだよ」

学生A「って話すんかい」

希「うわっ。ツッコミ下手」

学生B「だろ?」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 18:38:53.96 ID:nxlySZm9O
希「これは…ちょっときついんやない?」

学生B「でしょう?さすがにきついだろ?だから止めるだろ?」

学生A「そんなのは分かってるよ…でも、でも好きなんだよ」

にこ「なら続けるべきよ」

希「にこっち?」

にこ「好きなんでしょ?なら続けるべきよ」

学生B「あのな…好きなだけでやっていけるほど」

にこ「分かってるわよ。好きなだけでやっていけるほど甘くないのは。そんなのは私が一番分かってるわよ」

学生A「え?」

にこ「それでも好きなんでしょ?続けたいんでしょ?」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 18:52:10.96 ID:nxlySZm9O
学生A「…」

にこ「それが一番大事じゃない。好きって気持ちが。他人に理解されなくてもバカにされても好きならそれでいいじゃない」

学生B「でも、失敗するかもしれないだろ」

にこ「良いじゃない失敗したって。夢なんだから間違っていたならいつか目が覚めるわよ。好きなだけで出来ないかもしれないけど好きじゃなきゃ夢なんて見れないわ」

学生A「…」

にこ「私はずっとアイドルに憧れてたの。それこそ現実を見れてないとか言われたことがあったわ。諦めかけた事もあった。でも、辞められなかった。好きだから」

学生B「だろうね」

にこ「だから…アイドルになって私の夢を否定してきた人を笑顔にしてやるって今は思ってるわ」

学生B「笑顔に?」

にこ「アイドルの仕事は人を笑顔にする事だからよ」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 18:59:04.53 ID:nxlySZm9O
学生A「そうか…俺もそうだ」

にこ「でしょう?」

絵里「ずっと夢を追いかけて来たにこが言うと凄い説得感ね」

学生B「わかったよ。努力してみろよ。俺を驚かせてくれよ」

学生A「良いのか?」

学生B「ああ」

にこ「一見落着ね」

学生A「じゃあ、俺がツッコミでいいんだな?」

にこ「え?」

学生B「仕方ないだろ?二人でツッコミやるわけにはいかないから」

にこ「…どういう?」

学生B「こいつが進学しないでお笑いの道に進むって言ったろ?二人の問題なのに勝手に決めるからさ。しかも、ボケとツッコミを変えるなんて言うから…」

希「え?二人はコンビやったん?てっきり…」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 21:49:38.25 ID:nxlySZm9O
にこ「ふ〜ん。そう。二人でね…最後まで話を聞かなかった私達もいけないけどね………」

………

にこ「あんたもお笑いの道に進むんか〜い」バシッ

………

希「…なるほど、最初っから全部にこっちのふりやったんやね」

絵里「…さすがにこね」

学生A「…」

学生B「…」

にこ「なわけないでしょ!」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 21:55:44.45 ID:nxlySZm9O
ある日の放課後

海未「何を言ってるんですか!」

穂乃果「海未ちゃんの方こそっ!!」

海未「なっ」

穂乃果「海未ちゃんのわからず屋」

海未「なんですって?穂乃果の方こそ」

穂乃果「バカッ!海未ちゃんなんてもう知らない!」ダッ

海未「あっ、待ちなさい」

ガチャ

絵里「でね、亜里沙ったら」

希「ふ〜ん」

にこ「それ前にも聞いたわよ?」

穂乃果「うぅ」ダッ

絵里「穂乃果?」

穂乃果「!?」ピタッ

希「泣いてるん?」

穂乃果「ウッ」ダッ

絵里「穂乃果ぁー」

希「行っちゃった」

にこ「何だったのかしら?」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 22:00:24.37 ID:nxlySZm9O
部室

にこ「で?穂乃果とケンカしたと?」

ことり「…うん。そうなの」

絵里「で?海未は?」

ことり「…たぶん、何処かで精神統一してると思う」

にこ「何よそれ?」

ことり「多分、頭を冷やしに言ったんだと思うけどああ見えて海未ちゃんも穂乃果ちゃんも頑固だから…」

にこ「ああ見えてって…見ればわかるわよ」

凛「…あの二人がケンカするなんて?」

花陽「あの時以来だよね?」

真姫「大丈夫なの?」

ことり「うん。あの二人はよくケンカするから。ごめんね?3人もビックリしたよね?」

凛「凛達は大丈夫だけど…」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 22:08:10.77 ID:nxlySZm9O
絵里「はあ…仕方ないわね」

希「そうやね」

にこ「私は穂乃果の方に行くわ」

絵里「じゃあ、私と希は海未の方に」

花陽「え?」

絵里「じゃあ、行くわよ」

にこ「私達も行くわよ、ことり」

ことり「う、うん」




凛「ここぞと言うときは頼りになるね?あの三人」

真姫「そうね」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 22:15:19.17 ID:nxlySZm9O
公園

穂乃果「…」

にこ「いい年して何ブランコに乗ってるのよ?」

穂乃果「…にこちゃん?ことりちゃんも?」

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「何しに来たの?よくここが分かったね?」

にこ「何しに来たかは自分がよく分かってるでしょ?」

穂乃果「海未ちゃんとのケンカの事でしょ?」

にこ「そうよ」

穂乃果「…そりゃあ、穂乃果も悪かったよ?遅刻はするし居眠りはするし早弁はするしで」

にこ「あんたは学校に何しに来てるのよ」

穂乃果「だけどさ、あんな言い方する事ないでしょ?そうだよね、ことりちゃん?」

ことり「そ、それは穂乃果ちゃんの事が…」

穂乃果「きっと、海未ちゃんは穂乃果の事が嫌いなんだよ。だから、あんな言い方するんだよ」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 22:22:29.18 ID:nxlySZm9O
ことり「違うよぉ」

穂乃果「同い年なのに年上みたいにお説教ばっかりでさ」

にこ「そうね」

穂乃果「え?」

にこ「穂乃果の言うとおりね」

穂乃果「にこちゃん?」

にこ「海未って偉そうなのよね?私なんて3年生なのにこないだ注意されたのよ?何様なのよね?」

穂乃果「…」

にこ「少しは立場をわきまえろってのよ。年下何だし。穂乃果の言うとおりだわ」

穂乃果「…やめて」

にこ「何よ?本当の事でしょ?穂乃果も思ってるんでしょ?あんな奴最低じゃない。人の気持ちも考えない最低な奴よ」

穂乃果「やめてよ」

にこ「やめない。海未だって穂乃果の事が嫌い何でしょ?だから穂乃果の事も嫌い何でしょ?穂乃果も海未の事が嫌いなんでしょ?ならいいじゃない!」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 22:37:58.05 ID:nxlySZm9O
穂乃果「そんな事ない」

にこ「何がそんな事ないのよ?」

穂乃果「海未ちゃんが穂乃果の事嫌いなんて…穂乃果が海未ちゃんの事を嫌いなんて絶対にない。勝手な事を言わないでよ」

にこ「何よ?穂乃果が先に言い出したんじゃない」

穂乃果「…そうだけど。穂乃果は海未ちゃんの事を嫌いなんて絶対にならない。」

にこ「…」

穂乃果「そりゃあ、海未ちゃんは怒りっぽくって頑固で融通が効かなくてたまに暴走するし、冗談が通じないし…恥ずかしがり屋ですぐ赤くなるし、女子高生の癖に趣味が地味だし、口調だって変だし、いつも穂乃果の隣に居てくれるし、穂乃果がどんなに遅れてもずっと待っててくれるし、そそっかしい穂乃果の事…うぅ…いつも心配そうにして見てるし…スクールアイドル始めたいって穂乃果が言った時だって自分は恥ずかしがり屋なのに一緒に始めてくれたし…いつも…大切な…うぐっ…海未ぢゃんは…私は…海未ぢゃんの事が嫌いなわけないもん」

ことり「穂乃果ちゃん…」

穂乃果「ずっと、海未ぢゃんとごどりぢゃん…うぅ…と一緒に笑ったりしたいがら…海未ぢゃんの事…嫌いになるわけないもん」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 22:44:29.30 ID:nxlySZm9O
にこ「全く、自分の気持ちが良く分かってるじゃない」

穂乃果「うわ〜ん」

にこ「もう大丈夫ね。後はことりに任せるわ」

ことり「にこちゃん…」

にこ「…羨ましいわ、あんた達。私はケンカする相手なんて居なかったから」

ことり「…そんな」

にこ「あっちの方も終わる頃ね。二人で海未所に要ってきなさい」

ことり「にこちゃん、ありがとう」

にこ「もう、世話かけさせないでよ?」



ことり「私だって三年生の三人が羨ましいって思うよ、にこちゃん?お互い様なんだね」

穂乃果「…ことりちゃん」

ことり「ん?」

穂乃果「…ごめんね?」

ことり「ん〜…じゃあ、この後穂乃果ちゃんと海未ちゃんにはチーズケーキ奢って貰おうかな?」

穂乃果「うん!」


ことり「…さすがだよ」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/18(火) 22:51:53.93 ID:nxlySZm9O
希「お!にこっちの方も終わったん?」

にこ「だから帰ってるんでしょう?」

希「いや、失敗したとか…にこっちならありうるやん?」

にこ「ケンカ売ってんの?」

絵里「もぉ〜、何であなた達がケンカするのよ?」

希「いやいや、ウチはする気ないよ?お子ちゃまとケンカになるわけないやん?」

にこ「なにお〜」

絵里「もう…希!」

希「あっ!えりち!電柱が」

絵里「え?キャア」

にこ「ポンコツここに極まれりね」

ワイワイガヤガヤ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「さすがにこちゃん」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「さすがにこちゃん」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。