絵里「よーいドンッ!ビリの人はジュース奢りチカ!」

シェアする

絵里-アイキャッチ31
1: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:37:09.92 ID:LgJNA3Qk.net
その刹那、絵里の目の前には既に8人の姿が


それもそのはず、散々このゲームに付き合わされ飽き飽きしていたメンバーは


この瞬間を今か今かと警戒していたのだ


絵里「チカァ!!?」


絢瀬は驚いた...否、驚いた振りをした


気づいていた、メンバー全員がこの時を警戒していたことに絢瀬は気づいていたのだ


日々送る日常の中で感じるメンバーの視線


いつでもダッシュ準備万端と言わんばかりの右足位置


レッスンに全力を注ぐ彼女たちが何故かこの日だけは体力を温存...


いつもと違う空気を悟り、絢瀬はこの考えにたどり着いたのだ


絵里(もしかして、このゲームを警戒しているのでは...)

元スレ: 絵里「よーいドンッ!ビリの人はジュース奢りチカ!」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:39:10.16 ID:LgJNA3Qk.net
絢瀬はそれを知りながらもこの勝負を仕掛けた


それは生徒会長の意地か


はたまた3年生であるプライドが後輩への敗北を許さないのか


またはロシアの血が騒いだのか...


なんにせよ、決戦の火蓋が切って落とされた


ほんのコンマ数秒のこと、一瞬で8人の目に写るは


絢瀬絵里


8人「!!?」
4: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:40:41.25 ID:LgJNA3Qk.net
当然みな驚く...各々スタートダッシュは完璧だった...


なら何故あの似非ロシアが目の前を走るのか


「なるほど」


赤髪の少女は呟く


絢瀬が誰よりも早く走る...否、早く移動する謎にいち早く気づく


そして次々に一人二人と絢瀬の秘密...策に気づく


にこ「あのやろう...」


ツインテール、矢澤が五メートル先にいる金髪を睨む


そう、絢瀬はなんと、裏にコロコロがある靴を履いていたのだ
7: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:43:37.18 ID:LgJNA3Qk.net
歩数と移動感覚に違和感を感じたメンバー...


しかしこの答えにたどり着いたのだとしても、絢瀬を追い抜ける術には繋がらない


このまま絢瀬のトップが決定した...かに思えたその時


ッパン!!


凄まじい破裂音...、ともにみなの体が音に萎縮する


そう、ただ一人を除いては


「まったく...しょうもないことを考えますね、このヘタレロシアは」ボソッ


先程まで10メートル以上後ろから絢瀬を追っていた女性、園田組次期組長...園田海未だ


ッパン!!


そしてまた破裂音 8人はすぐに気づく...この音と園田の速さの関係を
9: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:46:51.28 ID:LgJNA3Qk.net
これは破裂音ではない...園田の足が地面を、コンクリートを蹴り抉る音だ


絢瀬...唖然


コロコロシューズとはわけが違う...あんな脚力に追い付けるはずはないと悟る...


と同時にある案が思い浮かぶ


絵里(一位になる必要はないのでは)


そう、この戦い、損をするのは最後の一人、得をするのはビリの前を走る8人なのだ


なら、このまま二位でも


しかし、その考えはダメ、まったくもって駄目


絢瀬はまだ理解していなかった...この8人の本当の実力を
10: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:48:02.38 ID:LgJNA3Qk.net
「なんだ...ただの縮地じゃん」ボソッ


か細い声で呟き、ニヤリと微笑むその少女


小泉だ


「ふふっ...ほんと、あれで勝ったつもりなのかな」クスッ


そして小泉に続き、くちばしで獲物に狙いを定めるよう呟く


理事長の娘


その瞬間、絢瀬の様子が変わる


ヨロヨロとよろめき


絢瀬「ち、脚に力が入らないチカ!!?」
11: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:49:29.74 ID:LgJNA3Qk.net
絢瀬は困惑した...いったい自分の体に何が起こったのか


それを知ってるのは小泉、南...そしてもう一人


「ダスヴィダーニャ...エリー」


絢瀬「んなっ!?」


驚く、絢瀬は驚いた


自分の横を通りすぎる後輩...否、後輩を乗せたリムジン!!


絢瀬「そんなの卑怯チカァ!!」


儚くもその声は空に消える
12: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:51:28.49 ID:LgJNA3Qk.net
赤髪は知っていた...小泉と南の策


それは声


彼女二人の声は時に核兵器より恐大...人間を音で支配するのだ


知っていた...そう、この金持ちの娘は


にこ「真姫に教えてもらってて助かったわ」


なんとメンバー全員に耳栓を準備するよう伝えていた...そう、絢瀬以外の


ロシア語でさよならを告げた西木野がビリになる可能性はほぼ0%


そして園田の鍛え上げた体に敗けを認め、さらには小泉と理事長の娘にも追い越されてしまった


脳裏に浮かぶは 「まだ5位チカ...まだ5位チカ...」
13: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:53:09.67 ID:LgJNA3Qk.net
自分に安心するよう暗示をかける元生徒会長


絢瀬は焦っていた...絶対にビリにならない自信があっただけに、この予想外な展開に


ならやることはまず


スーハースーハー


そう、心を落ち着かせるのだ...私は今までたくさんの修羅場を潜ってきた


バレエだってこなして、生徒会長...さらにはスクールアイドル


そう簡単に敗北の湯に浸かる人間であるものか


自分に言い聞かせる
14: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:55:00.25 ID:LgJNA3Qk.net
よしっ! 声に出す...彼女にはまだ可能性がある


ジュースを奢ってもらえる可能性が


まだ四人後ろにいるのだから!!!


だが駄目!!!その考えが誤り!!圧倒的間違い!!!


おーい!


なんだろう...ずっと向こうの...それも前方から聞き覚えのある声が聞こえてくる


えーりちゃーん!!


!!!!?


唖然...絢瀬はとんでもない光景を目にした
16: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:57:43.79 ID:LgJNA3Qk.net
声の主は我らがリーダー、高坂穂乃果 そして彼女は走っていない...地に足すら立っていない


絢瀬「なんで...」


なんで


絢瀬「どうして...」


どうして


驚きすぎて声が出ない


それもそのはず なぜなら彼女、高坂穂乃果は


穂乃果「おーーい!!」ガタンゴトン


京浜東北線の上に座って移動していたのだ!!!
18: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:59:36.73 ID:LgJNA3Qk.net
絢瀬「な、ななななな...」


絢瀬「何してるのぉおおおお!!?」


語尾にチカをつけ忘れるほどの驚き...しかし!!!


ガタンゴトン


京浜東北線の横を走る緑のラインの電車!!!


にゃー!


穂乃果「あ、凛ちゃん」


星空もまた、山手線の屋根に乗っていどうしていたのだ!


海未「こら穂乃果!危ないですよ!!」


穂乃果「へいきへいきー!」


平気わなけがないと絢瀬、ツッコむ余裕すらない
21: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 22:01:11.96 ID:LgJNA3Qk.net
絢瀬は後ろを振り返る


あの二人...自分と同じ三年生であるあの二人がまだ後ろにいる!


にこ「はぁ...はぁ...」タッタッタッ


希「はぁ...はぁ...」タッタッタッ


走っていた


平凡に...普通に...凡人のように...


当たり前だ、これが当たり前の走りだ


これがあるべき姿、あるべき競争だ
23: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 22:02:24.71 ID:LgJNA3Qk.net
この二人だけがまとも、自分と同じ凡人


否!!!


否!!!!!!


にこ「はぁ...やっぱ普通に足で走ると効率悪いわ」


なにかおかしなことを言っているツインテールの同級生...矢澤


効率悪いってなにチカ...


その疑問は直ぐに解けることとなる
24: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 22:04:03.66 ID:LgJNA3Qk.net
希「あーにこっちーそれずるいよー」


ヒュッ ヒュッ ヒュッ


絢瀬「ぎゃあああああ!!!!?」


なんとアイドル部部長、その走る姿や


希「髪の毛で走るなんてズルいんちゃうにこっちー!」


そう、自らのツインテールで大地を蹴っている...走っているのだ


にこ「絵里お先ー」ヒュッヒュッヒュッ


開いた口が塞がらない絢瀬...そして足を止めた
26: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 22:11:32.93 ID:LgJNA3Qk.net
もう何がなんだかわからなくなった絢瀬...しかしここで名案


閃く、必勝法


7位でいい、東條希にさえ勝てれば勝ち...そう


ザッ


絵里「希」


希「足なんか止めてどうしたんえりち?」ピタッ


絵里「倒す」


倒す...そう、ここで希を倒し...平伏させ...自分が7位になる


絵里「私が、奢られるのよおおおおおおお!!!」
27: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 22:13:19.04 ID:LgJNA3Qk.net
拳、それを親友に向ける...たとえこんな小さな勝負でも、真剣勝負なのだから


ドスッ


絵里「希...ここで倒れなさい」キリッ


その瞬間


眩しい...絢瀬の目にとてつもない光が降り注ぐ


絵里「なにぃぃいいいいいい!!?」


東條は光の速さで絢瀬を越えて先を行く


それはまるで、とかそんな比喩ではない


希「あはははははははははははは!!!」


そう、東條は光になったのだ


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「よーいドンッ!ビリの人はジュース奢りチカ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。