曜「押して駄目なら引いてみろ?」

シェアする

曜-アイキャッチ7
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:19:40.84 ID:JIvN3cAh.net
曜「ルビィちゃん!今日もルビィちゃんの家寄ってもいい?」 

ルビィ「はい!また衣装作ってみたので見て下さい。」 

曜「ルビィちゃんは頑張り屋だなぁ。妹にしちゃいたいよ。」ギュー 

ルビィ「ぅゆゅ…恥ずかしいですよぉ。」



千歌「梨子ちゃんどういうこと!?引いたら曜ちゃん私に夢中になるって言ってたじゃん!」コソコソ

梨子「私はよっちゃんに対しては上手くいったよって言っただけから…」コソコソ

元スレ: 曜「押して駄目なら引いてみろ?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:21:13.41 ID:JIvN3cAh.net
曜(千歌ちゃんまた梨子ちゃんと仲良さそうに話してる…)ハァ

曜「ねぇ…これあんまり効果無いんじゃ無いかな」コソコソ

曜「なんだか最近の千歌ちゃん、梨子ちゃんとばっかり話してるし…」

ルビィ「何言ってるんですか?効果てきめんですよ!」コソコソ

ルビィ「曜さん、帰るまで手繋ぎましょう!」ギュー

曜「えっ?///うっ、うん!そうしよう!」

ルビィ(さて、千歌さんの様子はどうかな?)チラッ

千歌(曜ちゃん〜、手まで繋いでデレデレしちゃって)ギリギリ

ルビィ(ふふっ、やっぱり効果てきめんだね♪)ニコッ
7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:22:59.12 ID:JIvN3cAh.net
千歌「ちょっと見た!?今のルビィちゃん!余裕の笑みだよ!正妻気取りだよ!」コソコソ

梨子「う〜ん…ルビィちゃんにはダイヤさんが居るしなあ…」コソコソ

千歌「ムキー!ちょっと前まであそこは私のポジションだったのに!」コソコソ

千歌「もういい!私も曜ちゃんと手繋いでくる!」コソコソ

梨子「ちょっと千歌ちゃん、ここで辞めたら今までの作戦が台無しだよ?」コソコソ

千歌「…わかった。」

千歌「梨子ちゃん!私達も手繋いで帰ろ!」ギュー

梨子「はぁ…。いいよ。付き合ってあげる。」ギュー
8: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:24:05.10 ID:JIvN3cAh.net
曜(あわわわ…千歌ちゃんと梨子ちゃんが手繋いでるよ〜)

善子(ちょっと!何でリリーと千歌さんがあんな仲良さそうにしてるのよ!)

ダイヤ(ルビィ、私より曜さんの方が良いんですか…?)ウウッ

ダイヤ「ちょっと、生徒会の仕事してから帰りますわあ」フラッ



果南「なんか皆の様子変じゃない?」

鞠莉「そう?いつものことでしょ」
10: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:26:36.79 ID:JIvN3cAh.net
曜「ごめんね、ルビィちゃん。相談にのってもらっちゃって。」

ルビィ「いえいえ。曜さんの想いが上手く行けばいいな〜ってずっと思ってたので。」

曜「ルビィちゃん…。ほんと良い子だね!ありがとー!」ギュー

ルビィ「えへへ、恥ずかしいですよぉ///」

ルビィ(千歌さんに対しても同じくらい積極的だったらすぐに解決するのになぁ)
11: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:27:09.58 ID:JIvN3cAh.net
千歌(曜ちゃんがルビィちゃんにハグを…もう終わりだ…はは)チーン

梨子(何かおかしいなあ。)

梨子「もうちょっと後をつけてみましょ。何かわかるかも。」コソコソ
12: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:28:53.42 ID:JIvN3cAh.net
ルビィ「ただいまー。」ガラガラ

曜「お邪魔しまーす。相変わらずすっごいお家だねえ。」

ルビィ「えへへ、ありがとうございます。」

ルビィ「それより早速、私の部屋行ってアレ、やりましょう///」

曜「またアレ?ルビィちゃんも好きだなあ。まあ、私もだけど///」ガラガラピシャッ
14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:30:45.34 ID:JIvN3cAh.net
千歌「梨子ちゃん今の聞いた?完全に付き合ってるよあの二人!」コソコソ

梨子「アレって何なんだろうね。私もちょっと気になってきちゃった。」ワクワク

千歌「どうしてちょっとワクワクしてるのさ!私の曜ちゃんの貞操の危機なんだよ!」コソコソ

梨子「う〜ん、そんなことないと思うけどなぁ。」
15: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:32:02.53 ID:JIvN3cAh.net
ルビィ「それでは始めます!第10回好きな人自慢大会〜!」ドンドンパフパフ

曜「ヨーソロー!」

ルビィ「まずルビィから始めますね。」

ルビィ「この前お姉ちゃんを困らせようと思って、お姉ちゃんが楽しみにしてたアイスを別の場所に移したんです。
それで、『間違ってお姉ちゃんのアイス食べちゃったの、ごめんね』って言ったら、お姉ちゃん泣きそうな顔しながら、『ルビィが美味しく食べたならそれで満足ですわ…』だって!お姉ちゃんめちゃくちゃ優しいですよね!?」

曜「ダイヤさん健気だなぁ。」
16: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:33:11.04 ID:JIvN3cAh.net
ルビィ「それでね、ルビィが『ごめんね、さっきのは冗談なの。まだここにあるから一緒に食べよ?』って言ったらね、一気に表情がパァって明るくなって、
『もちろんですわ!ルビィと一緒に食べたら何倍も美味しくなりますものね。』だって!だって!!///」キャッキャッ

曜「ダイヤさんの多彩な表情や嬉しい言葉だけじゃなく、なし崩し的にアイスまでいただくルビィちゃんほんとすごい。」
17: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:34:51.10 ID:JIvN3cAh.net
ルビィ「えへへ、それほどでもないですよぉ。」

曜「じゃあ次は私の番だね!先週千歌ちゃんの家に行った時の話なんだけど。
千歌ちゃんが『曜ちゃん、この目覚まし時計に向かって、おはよー千歌ちゃん!って言って///』って言うの!
私が『何で?』って聞いたらね、『この目覚まし時計ね、録音した音声を目覚ましに使えるの!それでね、曜ちゃんの声を使いたいなって///』って言うからね、
戸惑いながらも『でも私の声なんかで良いの?』って聞いたらね、『…曜ちゃんの声が好きだから…ダメ?』なんて言うんだよ!千歌ちゃん可愛い過ぎるよね!?」


ルビィ「え?何で千歌さんのお家に行ってるんですか?しばらくそういうのは控えて下さいって私言いましたよね?」

曜「ょ、ょぅそろ…」
19: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:36:37.20 ID:JIvN3cAh.net
ルビィ「この作戦ノートを見て下さい。ここに女の子を振り回す全てのテクニックがあります。」パサッ

曜「こ、これは。」ゴクッ

曜「すごい…。ルビィちゃんのこれまでのテクニックと結果がたくさん載ってる…。」パラパラ

ルビィ「えへへ、大人なお姉ちゃんに振り向いて欲しくて頑張っちゃいました。」

曜「すごい、すごいよルビィちゃん!」
20: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:37:40.39 ID:JIvN3cAh.net
千歌「中で何してるんだろう…」グスッ

梨子「何とかして入れたらいいんだけど、ここまでかな。千歌ちゃん、やっぱり帰ろう?」

千歌「ダメ!もうこうなったら強硬突破だよ!」ゴソゴソ




ダイヤ「二人とも、私の家の前で何してますの?」ギロッ

千歌梨子「!?」
21: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:38:59.18 ID:JIvN3cAh.net
梨子(いや、これはチャンスかも)

梨子「あ、あのすみません。ただルビィちゃんの貞操の危機だったもので。」

ダイヤ「ルビィの!?相手は誰です!?」

千歌「曜ちゃんです!あの浮気女です!」

梨子(浮気も何も付き合ってないよね?)
22: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:40:00.69 ID:JIvN3cAh.net
ダイヤ「曜さん!?あの欲情ヨーソロー!!今度という今度は許しませんわ!」ギリギリ

ダイヤ「付いてきなさい!奴をとっちめてやりますわ!」

千歌「ヨーソロー!」

梨子(やり過ぎちゃったかな…)
24: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:41:07.55 ID:JIvN3cAh.net
ダイヤ「ルビィ!ルビィ!大丈夫ですか!?」

梨子「ちょっ、ダイヤさん落ち着いて下さい!まずは様子を見ましょう!」コソコソ

ダイヤ「そんなのんきな…!」

ダイヤ「しかし疑う前に確認は必要ですわね…」コソコソ

千歌(お願い曜ちゃん、無事で居て…)コソコソ

梨子「とりあえず隣の部屋から様子を伺いましょう」ゴソゴソ
25: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:42:18.97 ID:JIvN3cAh.net
ルビィ「曜さん、本当に付き合いたいなら私を信じて下さい。」

曜「ごめん。ルビィちゃんを信じるよ。」

ルビィ「じゃあ私についてきて下さいね!」

曜「一生ついていきます!ヨーソロー!」

千歌(そんな…私の曜ちゃんが他の人と付き合うなんて…そんな…そんな…)グスッ
26: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:43:24.25 ID:JIvN3cAh.net
千歌「そんなのダメーー!!!」ガラッ

曜ルビィ「!?」

梨子ダイヤ「!?」

千歌「そんなのダメだよ!よーちゃんは私に一生ついて来なくちゃダメなの!」グスッ

曜「ち、ちかちゃん何で」

千歌「行かないでよーちゃん、私だけのよーちゃんでいてよぅ。」グスッ

曜「ち、ちかちゃん///」
27: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:44:26.61 ID:JIvN3cAh.net
千歌「ごめんねよーちゃん!最近他の子とばかり話してたのはよーちゃんの気を引きたかったからなの!」

千歌「私が大好きなのはよーちゃんなの、だから許して!」

曜(許すも何もこの状況はなに!?と、とにかくここで言わなきゃダメだ!)

曜「ち、ちかちゃん、私もちかちゃんが大好き!私と付き合って下さい!///」

千歌「こ、」

曜「こ?」
28: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:45:28.09 ID:JIvN3cAh.net
千歌「この浮気ものー!!さっきルビィちゃんにも同じようなこと言ってた癖に!」

千歌「ちかなら騙されると思ったの?そうはいかないんだから!」

曜「ルビィちゃんに?」

曜「ああ、そうか…。全部一から話すね…。」
29: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:46:29.71 ID:JIvN3cAh.net
曜「…というわけなんだ。ごめんね、千歌ちゃん。本当に千歌ちゃんが大好きなの。」

千歌(曜ちゃんが私と同じ作戦を…?というか私のこと好きって///)

千歌「うん…。わかった。じゃあお互い様だね。これから、その…///よろしくお願いします!///」

曜「千歌ちゃん…」ウルッ

曜「良かったぁ。良かったよぅ。千歌ちゃん大好き!」
30: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:48:17.78 ID:JIvN3cAh.net
ダイヤ「はぁ。結局何でしたのこれは。茶番劇は13話だけにしてほしいものですわね。」

ダイヤ「ルビィも一体いつの間に先輩に恋愛指南するような知識を仕入れたのやら。」

ルビィ「ご、ごめんね、お姉ちゃん。あっ。」チラッ

ダイヤ「あら、何でしょうこれ。お姉ちゃん攻略ノート…?」
32: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:49:20.01 ID:JIvN3cAh.net
ルビィ「か、返して、違うの!それは!」

ダイヤ「ふぅーーーん。なるほどなるほど。『お姉ちゃんはアイスを使えば振り回すのは容易い』、ですか。」パラパラ

ルビィ「違うの、違うの…」グスッ

ダイヤ「ちょっとこっちへ来なさい!!」

ルビィ「ごめんなさーーーい!」
33: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:51:19.10 ID:JIvN3cAh.net
梨子「あはは…。まあルビィちゃんなら上手くやるかな。」チラッ

曜「千歌ちゃん、好き、大好き!///」

千歌「曜ちゃん、もっと言って!///」

曜「ちかちゃん大好き!///」

梨子「こっちも上手くいったからいいかな。」

梨子「これであっちも妬いてくれてたら良いんだけどなぁ。」
34: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:52:20.73 ID:JIvN3cAh.net
その頃…

善子「リリーが千歌さんに取られちゃった!」

善子「ここは押して駄目なら引いてみろ作戦よ!ズラ丸手伝って!」

花丸「めんどくさいズラ」モグモグ



終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「押して駄目なら引いてみろ?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。