穂乃果「第72回ことりちゃん可愛い会を始めます」海未「お願いします」

シェアする

ことり-アイキャッチ7
1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:01:35.21 ID:+2XuWfX4.net
穂乃果「え~、本日はお日柄も良く~」

海未「穂乃果、早く始めましょうよ。ことりが来てしまいます」

穂乃果「は~い」


ことり「(予定より早く着いてみたら……何なのその会合!?)」

ことり「(結構回数やってるみたいだし)」

ことり「(う~ん、盗み見見るのも悪い気がするんだけどぉ……)」

ことり「(でも……ちょっとだけなら良いよねっ♪)」

ことり「(ことりに隠れて二人だけで楽しむなんて……」

ことり「(そういう訳にはいかないのですっ)」

元スレ: 穂乃果「第72回ことりちゃん可愛い会を始めます」海未「お願いします」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:04:24.84 ID:+2XuWfX4.net
穂乃果「では、ことりちゃんの可愛い所……ある人!」

海未「はい!」

穂乃果「誰にしようかなぁ……」

海未「はいっ! はいっ!」

海未「う~ん……じゃあ、海未ちゃん!」

海未「やりましたっ」

ことり「(海未ちゃんしかいないんだけど……)」
7: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:05:54.82 ID:+2XuWfX4.net
海未「前の日曜日に、私が一人で散歩をしていた時の話です」

穂乃果「あの日、すごく暑かったよね」

海未「えぇ……ふと遠くを見ると、ことりが歩いてきた事に気が付いたのですが」

穂乃果「うんうん」

海未「よく見るとことり、日陰の上しか歩かないようにしていました」

穂乃果「かわいいぃぃ!」

ことり「(見られてたぁ////)」

海未「疲れてすぐやめていました」

穂乃果「はぁ……すごく和むね」

ことり「(うぅ、恥ずかしい……)」
9: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:08:49.45 ID:+2XuWfX4.net
海未「そのままことりと会って、一緒に歩き始めたのですが」

穂乃果「うんうん」

海未「あっ、その時のことりの服も可愛かったんですよ!」

穂乃果「わっ、びっくりしたぁ」

海未「すみません、テンションが上がってしまいました」

海未「ことり、どうやら自分で新しく服を作ったそうで」

海未「その服が着たくて、暑くても外へ飛び出してしまったそうです」

海未「かわいいです」

穂乃果「いいね」

ことり「((改めてそう言われると、気恥ずかしいなぁ))」
12: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:11:16.50 ID:+2XuWfX4.net
海未「歩いている時なんですが」

穂乃果「うん」

海未「上目遣いで、こう言われたんです」

海未「ことり『暑苦しいって思われちゃうと思って言えなかったんだけど』」

海未「ことり『海未ちゃんの手、握りたいな』」

海未「はい、かわいい」

穂乃果「はい、かわいい」

ことり「(そんなこと言ったかなぁ)」

ことり「(……)」

ことり「(言った気がする)」

ことり「(暑すぎて、脳がトロけてたのかなぁ)」
16: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:14:22.99 ID:+2XuWfX4.net
穂乃果「さすが海未ちゃんだね」

海未「ありがとうございます」

ことり「(恥ずかしいし、入って中断にしようかなぁ)」

穂乃果「じゃあ……他にある人!」

穂乃果「はいっ!」

海未「はいっ!」

穂乃果「はい、穂乃果!」

穂乃果「やったっ」

海未「良かったですね、穂乃果」

穂乃果「うんっ!」

ことり「何やってるんだろう、穂乃果ちゃん」
19: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:19:06.53 ID:+2XuWfX4.net
穂乃果「こほん……えぇ~、昨日の話なのですが」

海未「はい」

穂乃果「『ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ高坂穂乃果』」

海未「」ピクッ

穂乃果「つまり、HJNN。ことりちゃん、部室に持ってきてましたね」

海未「はい、私が部室に来た時には、もう既に置いてありました」

穂乃果「うん。それで、穂乃果が部室に入った時なんだけど」

海未「ほぉ」

穂乃果「ことりちゃん……ぬいぐるみに話しかけてました」

ことり「(いやあぁぁぁぁあ////)」

穂乃果「動画がここに」スッ

海未「穂乃果! さすが過ぎます!」

ことり「(何で撮ってるのぉ~)」

海未「早く観ましょう」

穂乃果「では、押してぽちり~」ピッ
20: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:23:07.56 ID:+2XuWfX4.net
ことり「この穂乃果ちゃんも、肌触り良いなぁ~♪」

ことり「HJNN『わわっ、くすぐったいよぉ、ことりちゃ~ん///』」

ことり「えへへ。だって、気持ち良いんだもん。」

ことり「HJNN『まぁ、穂乃果もことりちゃんに抱きしめられて嬉しいけどねっ』」

ことり「そう? そう言われると、ことりも嬉しい!」

ことり「さて、穂乃果ちゃんのパンツは……今日も白!」ペラッ

ことり「HJNN『もうっ、ことりちゃんのえっち~///』」

ことり「ふふっ、かわいいなぁ~」

ピッ

海未「ちょっと待って下さい」

穂乃果「どうしたの? いきなり一時停止して」

海未「これ可愛すぎませんか?」

海未「少しずつ観ないと、耐えられません」

穂乃果「穂乃果はコレ何回も見たから、慣れちゃった」

ことり「(うぅ////)」
22: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:27:55.80 ID:+2XuWfX4.net
海未「ことりが少し穂乃果の声真似をしてるのも可愛いです」

穂乃果「うん、元気な感じで言ってるよね。すごく可愛い」

穂乃果「穂乃果もことりちゃんの声真似するけどね。ホノカチャン!」

海未「私もしていますよ。ウミチャン!」

ほのうみ「似てる」

ことり「(ことりの声真似してる……)」

穂乃果「ウミチャン! とりあえず続き見ようよぉ? おねがぁいっ」

海未「ホノカチャン! そうだねっ!」

ことり「(まだやってる……)」

ピッ
25: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:31:51.98 ID:+2XuWfX4.net
ことり「HJNN『ことりちゃん! そういえば、新しい衣装を作ったんだよね?』」

ことり「そうだよぉ。実は今日お披露目会なのですっ♪」

ことり「HJNN『そうなんだぁ~。穂乃果、早く見たい見たい!』」

ことり「皆が来たら見せてあげるね」

ことり「HJNN『えぇ~、早く見たかったなぁ。ことりちゃぁん』」

ことり「HJNN『おねがぁい!』」

ことり「はうっ////」

ことり「ずるいよ穂乃果ちゃん……分かった! 今から着ちゃうっ」

ことり「新衣装で皆をお出迎えっていうのも、悪くないもんね♪」

ことり「HJNN『ことりちゃん……大好き!』」

ことり「えへへ。じゃあ後ろ見ててね。よいしょ」クルッ

ことり「HJNN『わーい』」
28: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:36:02.72 ID:+2XuWfX4.net
海未「私もことりが大好きです」

穂乃果「穂乃果も!」

ことり「(完全におかしな子だよぉ/////)」

ことり「(ことりって、いつもこんな感じだったんだ……)」

穂乃果「なんだろうね。テンションの上がる可愛さだよね」

海未「いつも一緒にいるのに可愛いと思えるのはすごいと思います」

穂乃果「ねぇ~」

海未「ねぇ~」

穂乃果「で、ここで皆が来て、お披露目会となったわけです」

海未「そうだったのですね」

ことり「はぁ……」
31: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:39:50.74 ID:+2XuWfX4.net
海未「うん? 何か聞こえたような」ガラッ

ことり「ピイッ」

海未「ことり!?」

穂乃果「えっ、ことりちゃん!? まさかことりちゃん、全部見て……」

ことり「ごっ、ごめんなさいぃ~」

海未「あぁ……ことりが遅れるとはいえ、今日は危ないと思ったんですよ」

穂乃果「ごめんね、良いネタがあったから、今日はどうしても会を開きたくって」

海未「まぁ、それはしょうがないですね」

ことり「そっ、そうなんだぁ……」

穂乃果「じゃあ……ことりちゃんも来たし」

ことり「ほっ」

穂乃果「続けよっか」

ことり「続けるの!?」
34: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:43:37.85 ID:+2XuWfX4.net
ことり「普通、当事者がいたらやめると思うけど!?」

海未「そうですよ、穂乃果。私は恥ずかしいです」

穂乃果「でもさぁ、海未ちゃん」

海未「?」

穂乃果「ことりちゃんの目の前でことりちゃんの事を話してたら……」

穂乃果「ことりちゃんが恥ずかしがって、もっと可愛い姿を見せてくれるかも」

海未「恥ずかしがることり……」

海未「……」

海未「やりましょう」

ことり「海未ちゃん!?」

海未「逆にやりましょう」
36: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:46:55.14 ID:+2XuWfX4.net
穂乃果「だめかなぁ、ことりちゃん?」

海未「だめでしょうか?」

ことり「えぇっと……」

穂乃果「ことりちゃぁん」ウルウル

海未「ことりぃ」ウルウル

ことり「……じゃあ、少しだけなら」

ほのうみ「!!」

パァン(ハイタッチの音)
39: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:52:18.78 ID:+2XuWfX4.net
海未「ことりのLINEは可愛いです」

ことり「LINE?」

穂乃果「分かる! ことりちゃんがよく使ってるあのスタンプ含めて。ねっ?」

ことり「あぁ、あれ? あのスタンプ、お気に入りなんだぁ♪」

ことり「あのキャラを見てると、すごぉく癒されるから。ハマってるの」

穂乃果「あのスタンプ……あんまり可愛くない感じが好きだなぁ」

海未「癒やされますよね」

海未「あんまり可愛くないスタンプを、楽しそうに使っていることりが可愛いです」

ことり「うん? そうなの?」

穂乃果「うんうん……いいね」

穂乃果「そのスタンプそこで使うんだって思う時もあって、そこも可愛いんだよね」

海未「ことりは少し天然が入ってますからね」

ことり「うぅ///」
40: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:58:06.27 ID:+2XuWfX4.net
穂乃果「そういえば……」

ことり「まだあるんだね」

穂乃果「あっ、忘れてた……はい!」

海未「はい、穂乃果」

ことり「この流れ必要なのかなぁ?」

穂乃果「結構前の話なんだけど」

穂乃果「ことりちゃんに電話で『好きな人いるの?』って聞かれました!」

海未「はい! 私も聞かれた事があります!」

ことり「うぅ、その話するんだ////」
42: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 15:00:59.42 ID:+2XuWfX4.net
穂乃果「もちろん穂乃果は『ことりちゃん!』って言ったよ!」

海未「はい、私も『ことりです』と言いました」

海未「優しく諭すように、余裕たっぷりで言いました」

海未「笑顔が電話口のことりに届くように言いました!」

穂乃果「いいね!」

ことり「もうやめてってばぁ///」
46: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 15:06:05.51 ID:+2XuWfX4.net
穂乃果「そしたらことりちゃんが安心しきったように」

穂乃果「ことり『ありがとぉ、夜ふかしして色々考えてたら眠れなくなっちゃって」

穂乃果「ことり『もしかしたら、ことりの事をいつか忘れちゃうのかなって』」

穂乃果「ことり『そう思ってたら……不安になっちゃいました』」

穂乃果「ことり『そんな事あるはずないのにね……』」

穂乃果「ことり『こんな時間にごめんね』って言ってくれました!」

海未「素晴らしい可愛さです」

海未「ちなみに私の時も似たような感じになりました!」

海未「私は、ことりをずっと離しませんと言いました」

穂乃果「もはや告白だね」

海未「そうとってもらっても構いません」

ことり「あぁぁっぁあ////」
50: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 15:14:13.46 ID:+2XuWfX4.net
ことり「もうこの辺で終わりにしようよぉ」

ことり「すごぉく嬉しいけど、今日は色々聞いてビックリしたし……身がもたないかも」

ことり「普通に話そう?」ウルウル

穂乃果「(はい、かわいい)」

海未「(はい、かわいい)」

穂乃果「そうだね。殘念だけどこの辺でお開きにしよっか」

海未「そうですね。まだ言い足りないのですが、次の機会としましょう」

穂乃果「じゃあ、最後に恒例の言葉を」

海未「そうですね」


ほのうみ「せーの」

ほのうみ「ことりちゃん可愛い!!」

ことり「~~~っ////」

ことり「はい///」


完だよぉ~
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「第72回ことりちゃん可愛い会を始めます」海未「お願いします」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。