俺「>>2ちゃんと出会ったぞ」

シェアする

花陽-アイキャッチ26
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 23:49:57.47 ID:njj1YDIJ.net
俺「こんにちは、>>2ちゃん」

元スレ: 俺「>>2ちゃんと出会ったぞ」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 23:50:21.79 ID:Qp+BQLjv.net
花陽
4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 23:54:41.67 ID:njj1YDIJ.net
俺「こんにちは、花陽ちゃん」

花陽「ピャアッ!?あなたは誰ですか!?」

俺「俺だよ」

花陽「ダレカタスケテー!!!」

俺「怖くないよ」

花陽「ダレカーーー!!!」

俺「やれやれ、困ったなぁ」

花陽「誰もこないよぉ…」

俺「二人きりだね」フフッ

花陽「ダレカーーー!!!ハヤクキテヨォーーー!!!コワイヨォーー!!(>_<)」

俺「うーん、参ったなぁ」

>>5「花陽を苛めてるのはあなたね!」
5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 23:55:06.91 ID:6TSsZnat.net
にこ
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 23:58:28.37 ID:njj1YDIJ.net
にこ「花陽を苛めてるのはあなたね!」

にこ「とうっ!」シュタッ

俺「なんだい、君は」

にこ「なっ!?この私を知らないですってぇ!?」

俺「すまないが胸がない子に興味はないんだ」

にこ「こいつ…!」

花陽「にこちゃん!」ダキッ

にこ「花陽、大丈夫だった?変なことされてない?」

花陽「う、うん…。まだなにもされてないよ…」

にこ「あんた、花陽になにするつもりだったの!?返答によってはただじゃおかないわよ!」

俺「>>8
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:01:10.11 ID:/2nFUygY.net
さ、サインを貰おうと……
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:07:09.57 ID:45azaxlI.net
俺「さ、サインを貰おうと……」

にこ「へ?」

俺「ファンだから、サインが欲しくて」

花陽「ファッ?ファン?」

にこ「(ちょっと、どういうことよ花陽!襲われてたんじゃないの!?)」

花陽「(い、いえ、あの、急に声かけられて、知らない人だから、その、びっくりして…)」

俺「すみません。こういうの、迷惑でしたか…?」

花陽「そんな!全然大丈夫です!あ、ありがとうございます!?あ、あの、えーと!」

にこ「なにテンパってんのよ。もう、心配して損したじゃない。ごめんなさい♥にこに免じて許してにこ♥」

俺「ご存じないです」

にこ「だからなんでよ!?」

花陽「お詫び、といってはなんですが、サインかかせてください!」

俺「あ、これにお願いします」スッ

>>11
11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:08:01.63 ID:/eCcHNj0.net
婚姻届
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:13:54.61 ID:45azaxlI.net
スッ

婚姻届

花陽「は、はい、えーっと…?」

俺「あと、住所、本籍、父母の氏名と続柄、あ、判子持ってます?」

花陽「え?え?え??」

にこ「ちょっと!?なににサイン書かせるつもりなの!?」

俺「あ、ごめん。ふりがながないとわからないかな」

にこ「読めないんじゃないけど!?子供じゃないから!!にこ永遠の18歳なの!」

花陽「まぁまぁにこちゃん」

にこ「あんたはどっちの味方なのよ!」

花陽「あの、ご、ごめんなさい…。これにはちょっと…」

俺「あ、プロポーズの言葉がまだだったね。早とちりしちゃったな。あはは、ごめんよ」

俺「>>14
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:16:16.38 ID:+Cf7gdbs.net
では、さようなら
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:22:05.22 ID:45azaxlI.net
俺「では、さようなら」スタスタ

花陽「…え?え???」

にこ「…あいつ、やばいわよ」

花陽「う、うん…行ってることが支離滅裂だったし、目が虚ろだったよね…」

にこ「いや、そうじゃなくて」

花陽「?」

にこ「あいつ、このにこのことを知らないっていったのよ!?あり得ないわ!」

花陽「あー…」

にこ「うっすい反応!」

花陽「まぁそういうこともあるよね」

にこ「ないわよ!!?」

にこ「花陽を知っててにこを知らないってどういうこと!?μ'sのファンじゃないわけ!?」

花陽「私のblogとかInstagramとかのファンとかかなぁ」

にこ「あとをつけるわよ!花陽!」

花陽「えぇ…。もう関わらない方が…」

にこ「絶対にこのファンにして見せるわ…!」ゴゴゴゴ

花陽「>>16
16: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:24:35.99 ID:/eCcHNj0.net
危ない言うとるやろ。ええ加減せえよ
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:32:00.86 ID:45azaxlI.net
花陽「危ない言うとるやろ。ええ加減せえよ」

にこ「は、花陽?」

花陽「目の前のことに集中して周りが見えなくなっとる。にこちゃんそういうとこあかんわ」

にこ「」

花陽「ええか?もちろん自分を知ってもらうんは大事や。でもな、それで自分が危険なめに合うんは違う。自己管理がなってへんよ」

にこ「す、すみません…?」

花陽「にこちゃんはそういうとこあるから、ウチ…ごほん、えー、なんやっけ?あーそうそう、私が守ってやらなあかんと思たんや」

にこ「は、はぁ…」

花陽「わかるか?返事は?」

にこ「はい…」

花陽「声小さいなぁ、返事は!?」

にこ「はいぃ!」

花陽「うん、それがええわ。元気があればなんでもできる。それが〜一番〜大事っと。ほな」スタスタ

にこ「えぇ…」

にこ「花陽も相当ヤバイじゃない…。ポッと出のあいつの比じゃないわよ…」

にこ「早く帰ろう…」

>>18「こんにちは」
18: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:32:45.57 ID:/Ykz7kxX.net
ルビィ
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:38:35.13 ID:45azaxlI.net
ルビィ「こんにちは」

ルビィ(せっかく東京来たのに迷子になっちゃったけど、ルビィは強い子だから道行く知らない人に道をきいて、それから…)

にこ「こんにちは」クルリ

ルビィ「……!!!?」

にこ「え?な、なに?」

ルビィ(…うわーーー!!!??も、もしかして、本物の、ミュミュミュ、μ'sの矢澤にこさん〜!??わぁーー!どうしよう、ルビィ、うっかり気づかず声かけちゃったよぉ〜〜!!!)アタフタ

にこ(な、なにこのこ?いきなり黙られると困るんだけど…)

ルビィ「あ、あの!」

にこ「な、なにかしら…」

ルビィ「>>20!!」
20: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:41:38.91 ID:7vOtBQKQ.net
にこにこにーとがんばルビィをコラボしたい
23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:52:07.23 ID:45azaxlI.net
ルビィ「にこにこにーとがんばルビィをコラボしたい!!」

ルビィ「です!!」

にこ「あー、えっと、ファンのこ?そのぉ、にこにーはぁ、みんなのものだからぁ、そういうのはちょっとぉ…」(今日は厄日ね、間違いないわ)

ルビィ「一回でいいんです!お願いします!」

にこ(しかも意外と押しが強い…)

ルビィ「えぇっと、にこちゃんがにっこにっこにーってやってるのをバックにルビィが手前でがんばルビィ♥って」

にこ「背景じゃないのそれ!?」

ルビィ「ピギイッ!?(;_;)」ウルウル

にこ(め、めんどくさい〜〜!!さっさと切り上げて…って、あれ?このこどこかで…)

にこ「…もしかしてあんた、スクールアイドルやってたりする?」

ルビィ「し、知ってくれてるんですか!?」パアァッ

にこ「なんか見たことある気がするのよねぇ…」

ルビィ(PVみてくれたのかなぁ…)ワクワク

にこ「あ、思い出したわ!>>24で見たのよ!」
24: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 00:56:59.28 ID:/eCcHNj0.net
26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/25(火) 01:15:34.91 ID:45azaxlI.net
にこ「夢で見たのよ!」

ルビィ「夢!?」

にこ「今朝見た夢にあんたそっくりの子が…」

ルビィ「それはおかしいです…。だって、これは、夢。今は、夢だから…」

にこ「なにいってんのよ。これは現じ…」

ルビィ「おかしいと思いませんか?にこちゃんが高校三年生でルビィが高校一年生なのは」

にこ「いや知らないけど」

花陽「おかしいとは思わんか?ウチが急に関西弁になったの」

にこ「それはおかしいと思ってるわよ」

ルビィ「わー!花陽ちゃん!ファンなんです!サインください!」

花陽「ええでー」サラサラ

にこ「そういうのはあとでやってくれる!?」

ルビィ「あと住所、本籍と父母の…」

にこ「婚姻届ーーー!!!!」

俺「おかしいと思わないか?俺がスレタイにいるというのに突然の退場」

にこ「急にでてくんじゃないわよ、日頃の行いでしょそんなの」

俺「μ'sは終わったんだよ」

にこ「文脈無視してイミワカンナイこと言わないで!μ'sは…!μ'sは…」



(・8・)チュンチュン…

にこ「夢…か…」

にこ「今日は、火曜日…」

にこ「花陽がよく「火曜は私の曜日だねっ!」なーんて言ってたっけ…」

にこ「もう起きないと、仕事に遅れちゃう…」

にこ「…いってきまーす」

μ'sのだれか「いってらっしゃい」


おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『俺「>>2ちゃんと出会ったぞ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。