曜「お泊まり看病」【サンシャイン】

シェアする

曜-アイキャッチ17
1: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:26:55.68 ID:cbdNBRun0
SS初心者が書く俺くん系短編です。
どうぞ優しく見守ってください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477646815

元スレ: 曜「お泊まり看病」【サンシャイン】

スポンサーリンク
2: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:27:30.09 ID:cbdNBRun0

金曜日の放課後

千歌「マネージャーの俺くんが休みだから練習の準備大変だよぉ」セッセ

梨子「これを1人でこなしてた俺くんの器量の良さが分かるわね…」セッセ

花丸「確かに、気づかなかったけどこれは大変ずらね…」セッセ

曜「元気になったらお礼言わなきゃね!みんなで何かプレz…」

ピロリン♪

千歌「あれ、曜ちゃんのスマホ?」

曜「うん。あっ、俺くんからだ!
え〜っと、なになに…?」スチャッ

『たたの風邪でした。多分明日の部活も休みます。迷惑かけてごめん』

曜「…だって。明日も休むなんて、意外に重症だよ!」

千歌「ええっ!?大変じゃんそれ!」

ルビィ「俺さんって確か、一人暮らしでしたよね…?」

果南「うん、今はそうだね」

善子「え、それ危ないんじゃない?」

ダイヤ「確かに…」

梨子「熱があるのにお家で1人っきりは危険よね…」

鞠莉「なら、誰かが俺くん家に泊まって看病してあげた方がいいんじゃない?」

曜「あ、じゃあ私が行くよ」

鞠莉「お、さっすが幼なじみ!」

善子「付き合い長いだけあるわね」

曜「幼なじみは千歌ちゃんと果南ちゃんもだけどね」

果南「私は家の手伝いとかあるし…少し厳しいかなぁ」

千歌「私も〜。美渡ねえ絶対行かせてくれないよ」

花丸「そもそも千歌さんがまともに看病出来る気がしないずら」

千歌「ひどっ!?」ガーン

果南「あはは、言えてるかもね」

千歌「果南ちゃんまで!?」ガビーン

曜「あはは…じゃあ、行ってくるね」

ダイヤ「今から行くんですの?」

曜「一応、心配なので…あ、連絡入れておこっと」ポチポチ

ルビィ「頑張ってください!」ムンッ

曜「ヨーソロー!行ってくるであります!」シュビッ
3: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:28:07.45 ID:cbdNBRun0

俺くんの家

曜「俺くんち、来るの久しぶりだなぁ…」ピンポーン

俺「は、はい…」ガチャッ

曜「どうも!LINE見たでしょ?」

俺「うん…ごめん、迷惑かけちゃって…」ゲホゲホ

曜「気にする必要ないって!入るよ?」

俺「ど、どうぞ…」


居間

曜「何か困ってる事とかある?今日と明日はぜーんぶ私が面倒見てあげる!」

俺「あ…昨日の洗濯物が溜まってて…」

曜「そんなことなら簡単だね。私に任せて楽にしてて!」

俺「お願いします…」ゴロン

曜(さて、やりますか。洗濯物は…これだね)

曜(ジャージやタオルに…)ゴソゴソ

曜「あっ…//」

曜(…しっ、しし、下着っ//)カアア

曜(恥ずかしいけど、これも俺くんの為…//)

曜(洗剤と、柔軟剤…水はこのくらいでいいかな?)ピッピッ

ダイヤ(洗濯スタート、っと)ポチッ

ゴウンゴウンゴウン…

曜「俺くん、今洗濯してるから」

俺「ありがと…」ゲホゲホ

曜「かなり辛そうだね。熱はどのくらいなの?」

俺「さっき計ったときは38.6度…」

曜「そ、そんなに!?なんか、冷えピタとかした方がいいよ…!」

俺「貼ろうと思ったんだけど…手が震えて上手くできなくて…」

曜「なら、私が貼ってあげるからおでこ出して!」

俺「本当、ごめん…」

曜「いいのいいの!ほら、少しヒヤッとするよ」ペタッ

俺「っ…」ビクッ

曜「ふふっ、冷たかった?」ナデナデ

俺「うん…ありがと…」

曜「どういたしまして!」ニコッ

俺「…」ゲホゲホ

曜(俺くん、今日はいつものしっかりした姿と違って少し…可愛い…//)ナデナデ
4: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:30:10.08 ID:cbdNBRun0

曜「…」ナデナデ

俺「zzz…」

曜(撫でてあげてたら寝ちゃった…)

俺「zzz…」

曜(か、可愛い…//)キュン

曜(あっ、洗濯そのままだった…)

曜(今から外に干す訳にもいかないし、部屋干しするしかないか…)

曜「よいしょ、よいしょ…」セッセ

曜「ふぅ、終わった終わった」

俺「zzz…」

曜「今のうちに宿題やっちゃおっと」

曜「…」カキカキ

曜「…」チラッ

俺「zzz…」

曜「…//」ニヘラニヘラ

曜「…はっ!」

曜「いけない、集中集中…」カキカキ

俺「zzz…」



曜「…ふぅ、やっと終わった」

曜「そろそろ俺くん起こさないと、夜眠れなくなっちゃうよね…」

曜「俺くん、起きて」トントン

俺「ん…」パチッ

曜「あ、起きた。おはヨーソロー…」

俺「あれ…俺、いつの間に寝て…?」

曜「2時間くらい前かな。体調はどう?」

俺「あんまり変わってない…」

曜「そっか…体温だけ計ろうね」ピッ

俺「うん…」ゲホゲホ
5: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:30:52.39 ID:cbdNBRun0

チチチチ…

曜「38.3度…辛いでしょ?」

俺「まあまあ…」

曜「お医者さんにお薬貰ったんでしょ?」

俺「解熱剤なら…そこにあるやつ…」ユビサシ

曜「これだね。ええっと…『食後に服用』だって」

曜「そうなるとまずは夕食だね。何かご要望は?」

俺「さっぱりしたものでお願いします…」

曜「なら、うどんでも作ろっか。麺もあるみたいだし」

俺「うどん…それでお願い…」

曜「はーい。俺くんのは生姜多めに入れたげる!」

俺「ありがとう…」

曜「今から作るからちょっと待っててね!」

俺「はい…」

曜「…♪」ザクザクザク

曜「…♪」グツグツ

俺「…」ゲホゲホ

曜「…よし、出来た!」

曜「お待たせ!」コトッ

俺「いえいえ…」

曜「どうぞ、食べて食べて!」

俺「いただきます…」チュルル

曜「…どう?」ドキドキ

俺「美味しい…!」チュルチュル

曜「良かった…!」ホッ

俺「曜ちゃんは食べないの…?」

曜「食べるよ!」

曜「いただきまーす…!」チュルル

曜(我ながら味は悪くないね…)
6: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:31:34.14 ID:cbdNBRun0

俺「ごちそうさま…」

曜「あっ、食欲ないかと思って少なめにしたんだけど、足りた?」

俺「うん…もう十分かな…」

曜「そ、じゃあお薬飲んで!」

俺「ん…」ゴクリ

俺「にが…」ウエェ…

曜「よしよし、頑張ったね」ナデナデ

俺「ちょっ…やめて…//」

曜「恥ずかしがることないでしょ?さっきも撫でてあげたじゃん」ナデナデ

俺「いや、そうだけど…//」

曜「髪の毛サラサラで気持ちいい…女の子みたいだね」ナデナデ

俺「も、もう撫でなくていいよ…十分だから…//」

曜「むー…しょうがない、我慢しよう」

俺「我慢って…曜ちゃんが撫でたいだけだったんじゃんか…」ゲホゲホ

曜「バレた?ごめんごめん!」エヘヘ

俺「…お風呂入ってくる」スッ

曜「あ、熱あるんだから湯船はダメだよ!」

俺「うん…」

曜「シャワーも、あんまり熱すぎるのはダメ…」

俺「うっ…」フラッ

曜「あ、危ないっ!」ガシッ

俺「ごめん、ありがとう…」

曜「ねえ、こんな状態で1人で入れるの?」

俺「大丈夫…」ゲホゲホ

曜「…私が洗ってあげようか?」

俺「っ!?な、何言って…!」

曜「一緒にお風呂入ったことなんて何回もあるでしょ。今さら気にする?」

俺「そ、それは何年も前の話だもん…」

曜「恥ずかしいのは分かるけど…でも、本当に辛かったら呼んでよね」

俺「うん、分かった…」フラフラ

曜「本当に大丈夫かなぁ…」
7: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:33:20.55 ID:cbdNBRun0

風呂

シャアアア…

俺(あぁ…頭痛い…)ズキズキ

俺(よし…汗も流したし、シャンプーを…)クラッ

俺「あっ…!」ドテッ


居間

\ ドテッ! /

曜「っ!?」

曜「もうっ、全然大丈夫じゃないじゃん…!」ドタドタ

曜「どうしたの!?」ガラッ

俺「痛てて…」ポロリ

曜「あっ…//ご、ごめん!」ピシャ

曜(み、見ちゃった…///)カアア

俺「大丈夫だから戻ってて…」ドアゴシ

曜「大丈夫じゃないよ!やっぱり私が洗ってあげるから、タオル巻いて!」

俺「いや、いいって…」

曜「ダメっ!また転んで頭でも打ったらどうするの!?」

俺「…ごめん、じゃあ頼むよ」

曜「うん…」

俺「タオル…巻いたよ」

曜「じゃあ…開けるね」ガラッ

俺「し、シャンプーからお願い…」ドキドキ

曜「分かった…そこ座って…」ドキドキ

ワシャワシャ…

曜「痛くない?」ワシャワシャ

俺「うん…」

曜「さっき転んだとき、どこも打ってない?」ワシャワシャ

俺「あ…腰、軽く打った…」ズキズキ

曜「もう…だから言ったのに…」ワシャワシャ

俺「ごめん…」

曜「お風呂出たら湿布と冷えピタ貼ってあげる」ワシャワシャ

俺「うん、お願い…」

曜「痒いところある?」ワシャワシャ

俺「後頭部のまんなかあたり…」

曜「ここらへん?」カシカシカシ

俺「あぁ…そこ…」

曜「一日中寝てたから、汗で痒くなっちゃったんだね」カシカシカシ

俺「ん…」フルフルッ

曜「ふふっ、気持ちいい?」カシカシカシ

俺「うん…」

曜「はい、じゃあ流すね」サアアア

俺「っ…」
8: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:34:20.06 ID:cbdNBRun0

曜「よし、次は身体!」

俺「はい…」

曜「腕からいくよ」ゴシゴシ

俺「タオルの中は自分でやるから…」

曜「分かってる。私もさすがに恥ずかしいし」ゴシゴシ

俺「さっきは『今さら気にする?』とか言ってたくせに…」

曜「お、風邪のくせに生意気だぞ!」ガシガシ!

俺「い、痛たた!」

曜「薬が効いてきたのかな?夕方よりも若干楽そうな顔してるよ」ゴシゴシ

俺「うん…少しは楽になってきたかな」

曜「よかったね」ゴシゴシ

俺「曜ちゃんのおかげかもね…」

曜「『かも』じゃなくて私のおかげだよ!」ゴシゴシ

俺「ふふっ、ありがとう…」

曜「早く治してね。Aqoursのみんなも心配してたよ」ゴシゴシ

俺「うん…」
9: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:36:22.22 ID:cbdNBRun0

居間

俺「ふぅ…すっきりした…」

曜「ちゃんとお風呂上がりに耳掃除しなよ」

俺「今日はいいよ…関節痛むし」

曜「風邪ひいてるのに汚れを落とさなかったら治らないよ!」

俺「やだなぁ…」

曜「なら私がやってあげるから、おいで!」ポンポン

俺「えぇ…曜ちゃんの耳掃除痛いんだもん…」

曜「それは何年も前の話でしょ!今はもう痛くないから!」

俺「うん…」ゴロン

曜「いくよ…?」ススッ

俺「っ…」ビクビク

曜「そんなに怖がらなくて大丈夫だってば…」ススッ

俺「ん…」

曜「あれ、あんまり汚れてないね。ちゃんと自分で綺麗にしてるんだ」カリカリ

俺「うん…」

曜「…」ササックリクリ

曜「じゃあ逆!」

俺「はい…」クルッ

曜「うわ、こっちも全然汚れてない。ちょっと期待外れだなぁ」クリクリ

曜「…」コリコリススッ

曜「よし、終わり!次は湿布と冷えピタ!」

俺「せわしない…」ゲホゲホ

曜「ほら、腰見せて」

俺「ん…」ペラッ

曜「あー、アザになってる」サスサス

俺「痛っ…!」ズキッ

曜「あ、ごめんごめん。湿布貼るよ?冷たいからね〜」ペタッ

俺「っ!」ビクッ

曜「はい、じゃあ冷えピタ。おでこ出して!」

俺「はい…」

曜「よっ…と」ペタッ

曜「さて、病人はもう寝る時間だね」

俺「まだ9時半だよ…?」

曜「寝なさい」

俺「…はい」ゴロン

曜「それじゃ、私お風呂入ってくるから」

俺「うん…」

曜「おやすみ」ガチャッ

俺「おやすみ…」

俺「…」ボー

俺「ん…」ウトウト

俺「zzz…」
10: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:37:35.96 ID:cbdNBRun0

しばらくして

曜(ふう、さっぱりした)ガチャッ

俺「zzz…」

曜「あ、寝ちゃったか…」

曜「あれ、そういえば私どこで寝ればいいんだろう…」

曜「俺くんの以外に布団は…あるわけないか」

曜「フローリングで寝るのは身体痛くなるし…」チラッ

俺「zzz…」

曜「し、仕方ないよね…」

曜「電気消して…し、失礼しまーす…」ソロリソロリ

曜「よっ…と」ポフッ

俺「zzz…」

曜(わわわ、顔近いっ…//)ドキドキ

俺「zzz…」

曜(……//)ドキドキ

俺「うぅっ…」モゾモゾ

曜(険しい顔…怖い夢でも見てるのかな…?)

曜「大丈夫、私がそばにいるからね…」ナデナデ

俺「ん…ふぅ…」

俺「zzz…」

曜(落ち着いたみたい…良かった良かった…)ナデナデ

俺「zzz…」

曜「…//」ナデナデ

曜「………」ナデナデ

曜「…好きだよ、俺くん」ギュッ

曜「…なんちゃって//」

俺「zzz…」
11: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:38:58.86 ID:cbdNBRun0

次の日

チュンチュン

俺「んん…」パチッ

俺「あ、風邪…かなり楽になってる…」

俺「ん…?」

曜「zzz…」

俺「えっ!?な、なんでここで寝て…あ、俺が先に寝ちゃったからか…」

曜「ふぁ…?」パチッ

曜「あ、おはよー…」

俺「おはよう…」

曜「あぁ…風邪うつっちゃったみたい…喉痛い…」ゲホゲホ

俺「えぇっ…大丈夫?」

曜「俺くんが看病してくれたら…すぐ元気になるかも…」ニコッ

Fin
12: ◆bWbcalygV6 2016/10/28(金) 18:39:41.55 ID:cbdNBRun0
終わりです。
読んでくださってありがとうございました。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
曜「お泊まり看病」【サンシャイン】
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「お泊まり看病」【サンシャイン】』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。