ことり「穂乃果ちゃん家のトイレ詰まらせちゃった…」

シェアする

ことり-アイキャッチ6
6: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 21:44:58.37 ID:97mP3v+a.net
ことり「うぅ……どうしよう」

ことり「お腹の調子悪いのに遊びに来るんじゃなかった……」クスン

ことり「正直に言わないと……でも恥ずかしい……」

ことり「絶対、穂乃果ちゃんは軽蔑するよね……それは嫌だよぅ」

ことり「とりあえず、できるだけのことはしないと……」



こんな感じで頼むわ

元スレ: ことり「穂乃果ちゃん家のトイレ詰まらせちゃった…」

スポンサーリンク
7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 21:50:47.80 ID:97mP3v+a.net
トントン

ことり「!」ビックゥ

海未「ことり?大丈夫ですか?」

ことり「う、ンミチャー!ごめんね、お待たせしちゃって」

海未「先ほどから顔色が悪かったので、ちょっと心配していたのですよ。気分が悪かったら遠慮しないでくださいね」

ことり「あ、ありがとう……ね、ンミチャー」

海未「はい」

ことり「その……ラバーカップ借りてきてくれない、かな////」

海未「?ラバーカップですか。わかりました、少しお待ちください」

ことり(うぅ……ンミチャーにトイレ詰まらせたのバレちゃったよぅ……)



海未「ラバーカップ……スーパーカップの亜種でしょうか?」
9: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 21:55:49.21 ID:97mP3v+a.net
海未「らばー、らばー」

海未「どうも横文字は苦手ですね」

穂乃果「海未ちゃんお帰り!ことりちゃんの様子はどうだった?」

海未「あまりよくないようです。今日はこの辺でお開きにしましょうか」

穂乃果「そうだね……無理に誘っちゃって悪かったなぁ」

海未「そうそう、穂乃果。ことりが貸してほしいものがあるそうです」

穂乃果「なーに?」

海未「確かラバー、らばー?むむむ……」



海未「ああ!思い出しました!あれですあれです!」
11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 22:00:47.16 ID:97mP3v+a.net
トントン

海未「ことり、お待たせしました」

ことり「!……あ、ありがとう……」

海未「穂乃果が快く持ってきてくれましたよ。お父上の書斎にあったそうです」

ことり「書斎に!?」

海未「ともかく、少しでよいので開けていただけますか?ちゃんと顔は背けていますので」

キィイ……

ことり「あ、ありがとう……」ソーッ


海未「ふぅ、ことりも災難ですね」

海未(それにしても、あんなものが御不浄でなんの役に立つのでしょう?)



ことり「ンミチャー、これ……」

ことり「ラバーソウル……」クスン
13: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 22:08:31.58 ID:97mP3v+a.net
ことり「ンミチャー、ことりはビートルズの名盤でこの状況をどう乗り切ればいいの?」

ことり「それは確かにミッシェルもドライブマイカーも名曲だけど……」

ことり「どうでもいいけど、『ノルウェーの森』って誤訳だからいい加減改めてほしいなぁ」

ことり「woodって『材木』って意味であって、『森』じゃないんだよね……」

ことり「って、そんなこと言ってる場合じゃないよぉ!」

ことり「どうしよう……」
16: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 22:18:10.34 ID:97mP3v+a.net
海未「後でお父様にお礼を言わなければいけませんね」

穂乃果「私から言っとくよ!それにしても、なんでことりちゃんはあんなのを欲しがってたのかなぁ?」

海未「もしかすると、作詞の参考にするのかもしれませんね」

穂乃果「そういえば、次の曲はことりちゃんが作詞担当だもんね」

海未「お手洗いやお風呂は一人になれますからね、確かに長考するには適切な環境です」

穂乃果「ことりちゃんは偉いなぁ」

海未「穂乃果も少しは見習ってください」

穂乃果「うっ……ほ、穂乃果もちょっとおトイレ」スタコラ

海未「お待ちなさい!すぐそうやって逃げ出す!」
20: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 22:33:25.92 ID:97mP3v+a.net
トトトントトット

穂乃果「こっとりちゃーん!」

ことり「!!」ビックゥ

穂乃果「大丈夫?」

ことり「あ、わ、私は大丈夫……」

ことり(私のおバカ、ぜんぜん大丈夫じゃないのに!)

穂乃果「ほかに必要なものがあったら、なんでも言ってね!」

ことり「う、うん……」

ことり(ここでごまかしてちゃダメ!ちゃんと白状しないと!)

ことり「ハノケチェン、お願いがあるんだけど――」
22: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 22:40:52.29 ID:97mP3v+a.net
穂乃果「うーん、むむむ……」

海未「どうしました?」

穂乃果「ことりちゃんからお使いを頼まれたんだけど……」

穂乃果「丸くって、キュッポンするものって、なんだろ?」

海未「ふむ、面白いなぞなぞですね」

穂乃果「作詞のメモに使うマジックペンかな?」

海未「でもそれなら、鉛筆やボールペンの方がふさわしいのではないでしょうか?」

穂乃果「そうかなー?」

海未「キュッポン、キュッポン……懐かしい響きですね」

海未「そして何故だか、少し胸が切なくなります……」

穂乃果「……もしかして、アレのことかなぁ?」
23: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 22:46:59.19 ID:97mP3v+a.net
トントトントントントトン

穂乃果「こっとりちゃーん!持ってきたよー!」

ことり「!!」

穂乃果「押し入れから引っ張り出すのに時間かかっちゃった!お待たせ!」

ことり「ご、ごめんねハノケチェン。ほんとにごめんね……」

ことり(押し入れにあったの!?)

穂乃果「謝ることないよ!ちょっと開けて!」

キィイ……




穂乃果「はい、中学校の卒業証書!」

ことり「」
27: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 22:55:49.87 ID:97mP3v+a.net
穂乃果「海未ちゃんの一言が決め手になったよ!」

海未「中学の卒業式で、あなたがキュッポンキュッポン遊んでいたのを思い出しました」

穂乃果「海未ちゃん、ずっと泣いてたのによくそんなこと覚えてたね」

海未「な、泣いてなんか!//」

穂乃果「それにしても、ことりちゃんが作る詞は三年生の卒業ソングかぁ……」

海未「考えてみたら、私達が絵里や希、にこと過ごせる時間は一年も残されていないんですね……」

穂乃果「今からそんな先のことを考えてるなんて、ことりちゃんはほんとに偉いなぁ……」



ことり「ぐすっ……うっ、ひっく……」

ことり「この状況さえ乗り切れるなら、将来なんてどうなってもいいよぉ……」シクシク
29: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 23:03:32.21 ID:97mP3v+a.net
ことり「うぅ……ハノケチェンのトイレに入って三十分」

ことり「……トイレットペーパーって水溶性だよね」

ことり「そろそろ詰まったペーパーも水に溶けてるかな?」

ことり「……ちょっと試してみようかな」

グイッ

ジャアアア……ゴボボボボ

ダバババババババババ



ことり「」
30: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 23:09:24.30 ID:97mP3v+a.net
海未「ことりがお手洗いに行って、そろそろ三十分が過ぎますね」

穂乃果「私もそろそろおしっこしたいなぁ……」ソワソワ

海未「さすがに一言注意した方がいいでしょうね」

海未「あんまり籠っていると、お洋服に臭いがついてしまいます」

穂乃果「そっち!?」
31: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 23:18:22.47 ID:97mP3v+a.net
ことり「ひっく……うえっ、うっ……」フキフキ

ことり「どうしよう……どうしよう……」ボロボロ

トントン

海未「ことり、よろしいですか?」

ことり「……ンミチャ……」

海未「……ことり?」

ことり「……ぐずっ」

海未「言わなくても、わかっていますよ」



海未「……私もあなたと同じ気持ちですから」
32: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 23:21:35.04 ID:97mP3v+a.net
海未「別れは辛いですよね。ですが乗り越えなくてはいけません」

海未「あなたがそのように嘆いているのを、誰も望まないはずです」

海未「笑いましょう。笑って送り出しましょう」

海未「たとえ遠く離れてしまっても、私達の心はひとつなのですから」

海未「……わ、私は何を言ってるのでしょうね//」

海未「失礼します//」


ことり「……ンミチャー、ほんとに何言ってるの?」

ことり「……送り出せるものなら、大喜びで送り出すよぅ……」シクシク
33: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/28(金) 23:29:01.01 ID:97mP3v+a.net
穂乃果「お帰り、どうだった?」モジモジ

海未「……少し泣いていました」

穂乃果「そ、そっかぁ……しばらくそっとしておいてあげようか……」

海未「……まったく、あの子ときたら」

海未「少しもらってしまったではありませんか……」グシグシ

穂乃果「う、海未ちゃんも泣いてるじゃん」

穂乃果「……私のお股も泣きそうだよぉ」
38: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/29(土) 00:03:52.14 ID:4EplP6L4.net
さらに三十分後……

穂乃果「……ちょっと出かけてくるね」

海未「どちらへ?」

穂乃果「コンビニのトイレ借りてくる……」

海未「行ってらっしゃい」



トントントン

穂乃果「うう……膀胱炎になっちゃうよぉ」

ポタッ……ポタッ

穂乃果「ん?雨漏り?」

穂乃果「やだなぁ、確かにこの家古いけどさぁ」
39: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/29(土) 00:11:41.12 ID:4EplP6L4.net
ことり「」カキカキ

ことり「……恥の多い生涯を送って来ました」

ことり「お母さん、お父さん、学校のみんな、そしてンミチャーにハノケチェン」

ことり「先立つ不幸をお許しください……」

ビッ

ことり「あ、また破けちゃった」

ことり「トイレットペーパーに遺書を書くのって難しいねぇ……あはははは」レイプメ
40: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/29(土) 00:18:09.59 ID:4EplP6L4.net
海未「……」ソワソワ

海未「幼なじみとはいえ、人様のお部屋で一人きりというのはいささか落ち着かないですね」

海未「それにしても、穂乃果ときたらだらしないですね」

海未「床に洗濯物がたまっているではありませんか」

海未「箪笥にしまってあげましょうか」

ポスッ

海未「ん?これは」

海未「穂乃果のぱ……パンツですね」

海未「……」

トントン

海未「!」
41: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/29(土) 00:27:34.39 ID:4EplP6L4.net
雪穂「お姉ちゃんいる?」

海未「あ、お邪魔しています……」

雪穂「海未さん、いらっしゃってたんですね」

海未「穂乃果なら先ほどコンビニに出かけましたよ」

雪穂「えーっ、お姉ちゃんったら」

雪穂「困ったなぁ、お客さんも来てるのに……」

海未「?何かお困りですか?」

雪穂「それが恥ずかしい話なんですけど、実は――」
42: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/29(土) 00:32:44.68 ID:4EplP6L4.net
ポタポタ

海未「雨漏りですね」

雪穂「今までこんなことなかったんですけどね……」

雪穂「あーあ、よりによって海未さんがいらっしゃってるこのタイミングで……」

海未「お気になさらず。ところで、この上は何のお部屋でしょう?」

雪穂「えーと、たぶんおトイレだと……」

海未「……お手洗い、ですか」

雪穂「……海未さん?」




海未「これはひょっとすると、まずいかもしれませんね」
43: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/29(土) 00:38:26.52 ID:4EplP6L4.net
パタパタ

穂乃果「ふいー、ただいまー」

雪穂「もう、お姉ちゃん!お客さんを置いて出かけるなんて!」

穂乃果「こ、これにはちょっとしたわけが……」

海未「穂乃果、何を買ってきましたか!?」

穂乃果「ほえ?えーと、みんなで食べるポテチとポッキーと、あとウーロン茶を」

海未「そのウーロン茶を貸してください!」

トトトトト……

穂乃果「う、海未ちゃん?」

海未(いけません、ことり!)



海未(そんなに泣いては、脱水症状をおこしてしまいます!)
44: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/29(土) 00:46:37.67 ID:4EplP6L4.net
ことり「……都合よくロープがあってよかった」

ことり「あとはこの便器から跳ぶだけだね♪」

ことり「ハノケチェン……みんな……ごめんね。ほんとにごめんね」

ことり「さようなら……」

ドンドンドン

ことり「!!」

海未「ことり、開けてください!ここから出てきてください!」

ことり「ンミチャー、だめぇ!来ないでぇ!」

海未「いけません!そんなことをしては死んでしまいます!」

ことり「っ!」ビクッ

ことり「……ンミチャーはなんでもお見通しだね」
45: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/29(土) 00:59:05.82 ID:4EplP6L4.net
海未「ことり!ことり!」ドンドン

穂乃果「ことりちゃん!ここから出てきて!」ドンドン

海未「悲しみに閉ざされて泣くだけのあなたじゃありません!」

穂乃果「悩む時も進む時も、私達はずっとつながってるんだよ!」

雪穂「よくわかんないけど、まずは水分補給してください!」

ことり「……みんな……ありがとう」

ことり「でも……もうダメなんだよ」

海未「……わからず屋ですね、あなたは!」

穂乃果「それー、引っ張れー!」

ことり「だ、ダメェエエエ!」

ベキッ

ガチャッ……
48: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/29(土) 01:09:39.16 ID:4EplP6L4.net
〜〜〜〜〜

ことり「」

穂乃果「そんなに気にしなくていいんだよ、ことりちゃん」

穂乃果「ほら、この靴下使って」

ことり「……うん」

穂乃果「もうすぐクラシアンの人が来てくれるから、大丈夫!」

ことり「……修理代、返さないと……」

穂乃果「もー、そんなのいいから!」

穂乃果「だいたい、うちのウォシュレットが壊れてんのがいけないんだから!」

ことり「……ほんとにごめんね」グスッ

穂乃果「謝らないの!こんなことで、私達の友情は壊れたりしないんだから!」

穂乃果「だから、もう死のうなんて考えちやダメだよ」

穂乃果「ね?」ニコ

ことり「ハノケチェン……」ポロポロ

海未「いい話ですねぇ」グシグシ


雪穂(……なんでお父さんのCDと卒業証書がここに?)
49: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/29(土) 01:25:24.62 ID:4EplP6L4.net
後日……

穂乃果「ふいー、やっぱりうちのトイレが一番だね」カラカラ

穂乃果「そもそもウォシュレットが使えないの、穂乃果のせいなんだよね」カラカラ

穂乃果「お尻をお水で刺激されると、ついつい残ってたうんちが……テヘ」カラカラ

穂乃果「汚染されたウォシュレット、他の人に使ってほしくないもんね。だから故障したことにしたんだよね」カラカラ

穂乃果「……さて、そろそろ学校行かないと」

グイッ

ジャアアアア……ゴボボーボボーボボ

穂乃果「……あ」



おしまい
50: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/29(土) 01:31:02.91 ID:4EplP6L4.net
びっくりするほど糞SS


ちなみに僕は、ラバーソウルよりアビィロードが好きです。
最後のメドレーなんて涙無しには聴けないっしょ。
でも実はレット・イット・ビーも悪くないと思ってる。ジョンは酷評してるけどね。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり「穂乃果ちゃん家のトイレ詰まらせちゃった…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。