にこ「花陽とハロウィーン」

シェアする

にこぱな-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:10:40.97 ID:iAyMDgAl.net
にこぱな
書きためあり

元スレ: にこ「花陽とハロウィーン」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:11:28.98 ID:iAyMDgAl.net
花陽「にこちゃんおはよー」ぎゅう

にこ「ちょっ、朝から何すんのよ!」

花陽「最近寒くなってきたんだもん」

にこ「だからって、人をカイロの代わりにすることないでしょ!」 

花陽「はぁ〜にこちゃんあったかい」すりすり

にこ「うー」
5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:12:01.17 ID:iAyMDgAl.net
にこ「離しなさいよぉ」じたばた

花陽「やだやだ」

にこ「ならば脱出あるのみ、ニコ」するり

花陽「ああっにこちゃん待ってぇ」

にこ「へへーんだ、ここまでおいで」

花陽「……うぅ」
6: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:12:51.83 ID:iAyMDgAl.net
にこ「やーいやーい。のろまの花陽なんて、アウトオブ眼中よ」

花陽「……ふぇええええん」

凛「お゛ぉん、に゛ぃこちゃあ゛ん」

にこ「げげげのげ」

凛「がよ゛ぢんをぉ、いじめちゃあ、どぅわめなんだに゛ゃあ゛」

にこ「なんでこの状況で私が怒られるのよぉ……」
8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:13:44.18 ID:iAyMDgAl.net
にこ「花陽ー、ごめんごめん」

にこ「さっきのは嘘よ、ほんとは花陽のこと嫌いじゃないわよ」

花陽「ぐすっ……ほんと?」

にこ「ほんとほんと」

花陽「えい」ぎゅっ

にこ「わふ」

花陽「んふふー」

にこ「ああっ、もしかして嘘泣きだったの?」

花陽「ばれちゃった」
11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:14:54.55 ID:iAyMDgAl.net
にこ「ずるいずるい!ずるいことはしちゃダメなのよこらこらー!」ぷんぷん

花陽「にこちゃんの髪の毛、サラサラ」なでこなでこ

にこ「聞きなさいよぉ!」

花陽「ほっぺも二の腕もやわらかーい」ふにふに

にこ「あうぅ……今日の花陽、なんか変よぉ」

花陽「だってハロウィーンだもん」

にこ「はぁ?」

花陽「トリックオアトリート♪お菓子くれないと、もっともっとイタズラしちゃうよ♪」

にこ「うぅ……はい、飴あげるから離れて」

花陽「わーい!」
13: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:16:41.31 ID:iAyMDgAl.net
花陽「♪」ちゅぱころちゅぱころ

にこ「そういえば、もうじきハロウィーンね」

にこ「花陽!当日は二人で渋谷に繰り出すわよ!もちろん仮装は大前提!」

花陽「えぇっ、恥ずかしいよぉ……」

にこ「ぬぁーに言ってんのよ、アイドルがこんな美味しいイベント逃してどうすんのよ!」

にこ「当日はテレビのカメラがいっぱい来るはず!ああ、映っちゃったらどぉしよ!きゃー♡」

花陽「あ、あはは……」



花陽(にこちゃんのコスプレ……)

花陽「……//」どきどき
14: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:17:51.78 ID:iAyMDgAl.net
前日……


花陽「♪〜」

花陽「明日はこのキューティーパンサーの衣装を着て行きます!」

花陽「せっかくのハロウィーンだもん、にこちゃんとおんなじ衣装を着たっていいよね」

花陽「……にこちゃん、どこにいたって捕まえちゃうよっ!」きりっ

ブーンブブッ

花陽「あっ、にこちゃんからLINEだ」

花陽「……12時にハチ公前集合、了解です!」
16: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:18:45.51 ID:iAyMDgAl.net
当日、渋谷駅……


花陽「……」ぽつーん

花陽「すごい人の数……」

花陽「これじゃあハチ公像なんてたどり着けないよぉ」

どんっ

花陽「……あ、ごめんなさい」

花陽「すみません、通してください……」

花陽「……」

花陽「にこちゃん」

花陽「どこ?」うるうる
18: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:19:52.64 ID:iAyMDgAl.net
「Hey pretty girl ! 」

花陽「ぴゃあ!」

「May I take a picture of you ?」

花陽「え、え、えっと……」

花陽「……ダレカタスケテー!」


「ちょっと待っててー!」
20: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:20:37.13 ID:iAyMDgAl.net
花陽「ふぇ?」

?「Hasta la vista, baby !」

花陽「ぱ、パンプキンさん?」

?「さ、早く行くわよ」ぐいっ

とてててて

花陽「……その声、もしかして」

花陽「にこちゃん!?」

にこ「……ぷはっ」

にこ「まったく、そんなザマでキューティーパンサー名乗るなんて百年はや……わっ」

ひしっ

花陽「〜〜〜〜〜!!」ぎゅう

にこ「ちょっ、離れなさいよぉ!」あせあせ
21: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:21:38.65 ID:iAyMDgAl.net
花陽「……」ぐすっ

にこ「落ち着いた?」

花陽「うん……」

にこ「不思議ね、なんでかしら」

にこ「あんたのこと、すぐ見つけられたわ」

花陽「……うれしい」

にこ「あーあ、それにしても頭にくるわ」

にこ「宇宙ナンバーワンアイドルのにこにー様が来たってのに、だーれもカメラ向けてくれないんだもん」

花陽「そのカボチャの被り物のせいじゃないかな」

にこ「あ」
22: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:22:22.72 ID:iAyMDgAl.net
花陽「にこちゃん、その衣装」

にこ「ふふーん、まほうつかいはじめました!」

にこ「さあ、いつまでも泣きベソかいてるのは許さないわよ。せっかくのお祭りなんだから!」

にこ「にっこりの魔法をかけてあげる、えい!」

花陽「……にこ♪」

にこ「そうそう!」

花陽「にっこにっこにー♡にっこにっこにー♡」

にこ「こ、こら!調子に乗らないのぉ!//」
23: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:23:07.16 ID:iAyMDgAl.net
道玄坂にて……

花陽「にこちゃん見てみて!あっちにお内裏様とお雛様がいるよ!」

にこ「こっちにはサンタクロースがいるわ……」

花陽「あーっ、マリオがいる!」

にこ「あれ、ゴールデンボンバーかしら?」

花陽「ぴゃあ、ダース・ベイダーだ!」

にこ「もはやハロウィーンまったく関係ないじゃない……」
25: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:27:41.79 ID:iAyMDgAl.net
花陽「♪ぱんぱらぱんぱんぱんぱんぱん」にこにこ

にこ「はしゃいでるわねー」

くぅー

花陽「あっ……//」

にこ「お腹すいたの?」

花陽「////」こく

にこ「じゃ、そろそろランチにしましょ」

花陽「この辺に、替え玉無料のラーメン屋さんがあるよ」

にこ「ハロウィーンにアイドルがとんこつラーメン?色気がないわねー」

花陽「凛ちゃんに教えてもらったの」

にこ「……ふーん、二人で来たんだ」じと

花陽「ふぇ!?」
26: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:29:24.04 ID:iAyMDgAl.net
にこ「♪」

花陽「美味しかったでしょ?」

にこ「まぁね。お店の人に怪訝な目で見られたけどね」

花陽「ヒョウと魔法使いがラーメン食べに来たんだもんね」

にこ「ずっと人混みにいたから、脚がくたびれちゃった。少しゆっくりすごしましょ」

にこ「そうだ、この辺に真姫ちゃんのお気に入りの名曲喫茶があったっけ」

花陽「……そっか、真姫ちゃんに教えてもらったんだ」ぷく

にこ「あによ」

花陽「別にぃ」つーん
27: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:31:44.62 ID:iAyMDgAl.net
にこ「いやー、クラシックっていいもんね!」

花陽「にこちゃん、コーヒーにお砂糖入れなくて大丈夫だったの?」くすっ

にこ「はぁ?余裕に決まってるでしょ!」

花陽「……」によによ

にこ「ぬぁによぉ!//」

花陽「今日のにこちゃん、いつも以上に背伸びしてるね」にこにこ

にこ「……そういうあんたは、いつもより生意気だこと」うにうに

花陽「いはいいはい」

にこ「このまんじゅうほっぺをトルコアイスみたいにしてやるわ」

花陽「ひっはははいへー」
28: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:33:27.47 ID:iAyMDgAl.net
花陽「もうすっかり日が暮れちゃったね」

にこ「そうね、そろそろ帰りましょ」

にこ「あーあ、毎日がハロウィーンだったら楽しいのにな」

花陽「そういえば、せっかくのハロウィーンなのに何かが足りないような……」

にこ「え?……あ!お菓子よ!」

花陽「あっ!……どうしよう」

にこ「……」

花陽「……」

にこ「……帰りに穂むらでほむまん買ってかない?」

花陽「……ちょうど同じことを言おうとしてたとこだよ」



おしまい
30: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 01:41:34.48 ID:iAyMDgAl.net
久しぶりの非乗っ取りSS。
ハロウィーンでごった返した渋谷に行った時に思いつきました。
ちなみに真姫ちゃんおすすめという設定の名曲喫茶、モデルがあります。探してみてね。

この凛ちゃんはたぶんニャンちゅうのコスプレしてます。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「花陽とハロウィーン」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。