千歌「もし世界が100人の私の村だったら?」

シェアする

千歌-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 13:41:39.24 ID:orZQ6iH7.net
鞠莉「そう!どうなるか気になると思わない?」

曜(天国じゃん)

喜子「それって確かこ○亀でやってたネタよね?自分が100人いたらそれぞれがどんな行動をするかを立体映像化するっていう」

鞠莉「おおまかにいうとそんな感じね。でも小原財閥にかかればもっとすごいものが作れちゃうのよ!」

鞠莉「ジャーン!」

梨子「これって......酸素カプセル?」

鞠莉「ノンノン!そんなチープなものじゃないわ」

鞠莉「なんと!この中に入れば実際に誰かが100人になった村を体験できるの!」

曜「!」

果南「へぇ〜、おもしろそうじゃん」

元スレ: 千歌「もし世界が100人の私の村だったら?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 13:47:37.83 ID:orZQ6iH7.net
>>2
ご指摘ありがとうございます。

ダイヤ「そんなこと本当に可能ですの?」

鞠莉「まぁそう言わずに、百聞は一見に如かずよ。ちゃんと9人分用意したからみんな一緒に体験できるわ」

ルビィ「なんだかおもしろそう!お姉ちゃんも一緒にやろうよ!」

ダイヤ「ルビィがそういうなら......」

鞠莉「じゃあ、誰か100人の自分に囲まれたい人いる?」

善子「わっ、私はパス!」

善子(変な私が出てきたらたまったもんじゃないわ!)

曜「......こういうのはやっぱりリーダーから行くべきじゃないかな」

千歌「私?」

善子「賛成!賛成!」

千歌「う〜ん、私は他の人のが見たいんだけど...... まぁいいや、後で曜ちゃんのも見せてね」

曜「もちろん」

曜(よっしゃぁぁぁ!!!)
5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/30(日) 13:52:49.72 ID:orZQ6iH7.net
鞠莉「それじゃあ最初はちかっちで決まりね。ちかっちは真ん中のカプセルに入って。みんなも周りのカプセルに入ってね」

千歌「はーい」

梨子「ふふっ、100人の千歌ちゃんの村ってとっても騒がしそう」

曜(千歌ちゃん千歌ちゃん千歌ちゃん)

ダイヤ「不安ですわ......」

果南「大丈夫だって。ちょっとしたゲームみたいなもんでしょ?」

鞠莉「ただのゲームじゃないけどね。それでは!100人のちかっちの村にレッツゴー!」
55: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 18:57:09.64 ID:ZeAKrZIb.net
ちかっち村

千歌「......」

千歌「ん......ここは」

梨子「うぅ......頭がクラクラする」

鞠莉「大丈夫、最初のうちだけよ」

鞠莉「それより、見て」

善子「......なにこれ」
57: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:05:28.55 ID:ZeAKrZIb.net
千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌

千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌
千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌

千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌千歌
58: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:10:35.41 ID:ZeAKrZIb.net
ルビィ「うわぁ!千歌ちゃんがいっぱい!」

曜「」

果南「へぇ、すっごいリアルだねぇ」

善子「うぅ、魔力が強すぎてゲシュタルト崩壊してしまうわ!」

花丸「またはじまったズラ」

梨子「なんかこれだけうじゃうじゃいるといくら千歌ちゃんでもちょっと気持ち悪い......」

千歌「梨子ちゃんひどい!」
59: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:12:04.71 ID:ZeAKrZIb.net
ダイヤ「それにしてもある意味壮観ですわね......アダッ!」バン

千歌81「あっ!ダイヤさーん、ごめんなさーい!」

鞠莉「どうやらソフトボールをしてたちかっちのボールが飛んできたみたいね」

ダイヤ「まさか!私達はゲームをしていたはずじゃ!」

鞠莉「言ったでしょ、ただのゲームじゃないって。この世界では現実と同様に物に触れたり、食べたりすることもできるわよ」

曜「千歌ちゃんに触れたり、千歌ちゃんを食べたりできる......」ゴクリ

千歌「私を食べる?どういうこと?」

曜「な、なんでもないよ!」
60: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:14:15.54 ID:ZeAKrZIb.net
梨子「それにしてもいろんな千歌ちゃんがいるわね。みんな制服の左胸に番号札をつけてるわ」

曜「あれみて!」

千歌1〜35「ハニハ〜♪、ウォウウォ〜♪」フリフリ

善子「ダンスの練習してるわね。ええっと......35人もいるわ」

ルビィ「35人で自分のフリだけ踊ってる......」

鞠莉「現実のちかっちが自分のフリしか踊れないからね」

鞠莉「ちなみに番号が大きくなればなるほど普段は表に出てこないレアなちかっちになるわ」

ルビィ「あっ!この千歌さん見てください!」

千歌97「う〜ん、三平方の定理が......余弦定理が......」

梨子「そんな......千歌ちゃんが勉強してるなんて......」

千歌「私だって勉強するよ!1人しかいないけど」
61: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:15:53.88 ID:ZeAKrZIb.net
果南「ダンス、カラオケ、作詞
とかのスクールアイドル関係で半分くらいはいたね」

梨子「流石千歌ちゃん」

千歌「えへへ、照れるなぁ」

善子「あとは漫画よんだり、ダラダラしてるのもいたわ」

ルビィ「何か悟ったようなことを口走る千歌ちゃん、ひたすらくだらないダジャレを連発する千歌ちゃんもいたけど」

千歌「くだらないって......」

鞠莉「なんか面白みがないわね〜。もっとドギツイのはいないのかしら。SM好きなちかっちとか」

千歌「そ、そんなのいないよ!」
62: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:17:10.09 ID:ZeAKrZIb.net
曜「あっちの千歌ちゃんは漫画読んでるみたい」

千歌87、88「......」ペラペラ

ルビィ「あれ?漫画好きの千歌ちゃんはさっきもいたよね?」

千歌87、88「うふふ......」

善子「ど、どうしたの?」

梨子「嫌な予感が......」

千歌88「このシチュもいいなぁ///」

千歌「ま、まさか......」
63: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:19:16.68 ID:ZeAKrZIb.net
千歌88「あ、梨子ちゃん!みてみて、このシチュすっごく良くない?」

カベクイ〜ン♡

梨子「ちょ!?」

千歌「没収!没収!」

千歌87、88「ええ〜!?」

果南「何々?何読んでたの?」

千歌「なんでもない!なんでもないから!」


梨子「千歌ちゃん!管理はしっかりしてって言ったでしょ!」ヒソヒソ

千歌「ご、ごめんなさい......」ヒソヒソ
64: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:20:12.33 ID:ZeAKrZIb.net
千歌「なんかもっと変な私が出てきそうで不安になってきた......」

ワーワーギャーギャー

ダイヤ「あそこの千歌さんたちは何か言い争いをしてるみたいですけど......」

千歌61「絶対に梨子ちゃんだよ!」

千歌66「ううん、絶対に曜ちゃんだよ!」

千歌「あの〜、そこの私達?喧嘩は良くないよ」

千歌62「私はどう思ってるの!?」

千歌「え、何が?」
65: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:20:48.89 ID:ZeAKrZIb.net
千歌66「絶対に曜ちゃんが世界で一番可愛いよね?」

千歌67〜69「異議なし!」

千歌「ちょ!?何言ってるの!?」

千歌61「確かに曜ちゃんも可愛いよ?でも世界で一番可愛いのは梨子ちゃんだよ!」

千歌62〜65「そうだそうだ!」

ギャーギャー ワーワー

千歌「ストップ!!ストーップ!!///」

鞠莉「あらあら、曜派の千歌と梨子派の千歌が喧嘩してたのね」

曜「千歌ちゃん///」

梨子「なんかこっちも恥ずかしくなるね///」

千歌「曜ちゃん!梨子ちゃん!聞かないで〜!」
66: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:21:42.43 ID:ZeAKrZIb.net
曜「あ......」

果南(曜、自分派の千歌が1人少ないのに気づいて複雑そうな顔してるね......)

鞠莉「ほらほら、もっと面白いちかっちを探すわよ!」

千歌「もうやめて〜!」

果南「あっ、あそこにいるのは......」


曜(私派の千歌ちゃんが4人もいたのは嬉しいけど、梨子ちゃん派は5人もいたんだよね......)

曜(千歌ちゃん、私より梨子ちゃんの方が好きなのかな......)

果南「ねぇ、曜」

曜「......何?」

果南「ちょっとこっちきて」

曜「え、なんで」

果南「いいからいいから」

果南「ほら、連れてきたよ」
67: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:22:51.63 ID:ZeAKrZIb.net
千歌73「あっ!曜ちゃ〜ん!」ダキッ

曜「ちょ!?千歌ちゃん!?」

千歌73「寂しかったよ〜!もう離さないからね?」ギュー

曜「え///」

千歌74「ちょ!ずるいよ。曜ちゃん!私のことも構って〜」

曜「ど、どうしよう。私は1人しかいないからな〜///」

千歌75「曜ちゃ〜ん、大好き〜♡」スリスリ

曜「えへへ///私も千歌ちゃんのこと大好きだよ」

曜(幸せ......)
68: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:23:34.26 ID:ZeAKrZIb.net
千歌73「曜ちゃんを連れてきてくれてありがとね、果南ちゃん」

果南「どういたしまして、まさか女の子としての曜が好きな千歌とは別に幼馴染としての曜が好きな千歌がいるとはね」

千歌91「......」ツンツン

果南「ん、何?もう曜は連れてきたでしょ?」

千歌91「果南ちゃ〜ん!」ダキッ

果南「ど、どうしたの?」

千歌91「大好きだよ〜!」ギュー

果南「ははは///そういえば私も千歌の幼馴染だったね。よしよし、私も千歌のこと好きだよ」ナデナデ
69: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:24:22.19 ID:ZeAKrZIb.net
鞠莉「むぅ〜」プンプン

果南「あれ、鞠莉なんか不満そうだね?」

果南「もしかして自分派の千歌がいなくて妬いてるの?」

鞠莉「もうっ!果南なんて知らないんだから!」

鞠莉「ちかっちの村はもうおしまいよ!みんな、もといた場所に戻って!」
70: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:26:57.92 ID:ZeAKrZIb.net
ミンナモドッテ〜!

ルビィ「あ、鞠莉さんが呼んでる」

花丸「これ、どうしよ......」


千歌76「私なんかがセンターだから0票だったんだ......」ウジウジ

千歌77「Aqoursの足を引っ張ってごめんなさい......」ウジウジ

千歌78「私なんて生きてる価値ないよね......」ウジウジ

千歌79「もう死にたい......」ウジウジ


花丸「そ、そんなことないよ?千歌ちゃんもとっても可愛いよ!」

善子「そ、そうよ!千歌さんがいてこそのAqoursなんだから!ね?」

ルビィ「これはネガティヴ千歌ちゃんなのかな?4人並んで体育座りで俯いてるね」
71: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:27:43.75 ID:ZeAKrZIb.net
花丸「千歌ちゃんにこんな一面があったなんて......」

善子「4人もいるってのがまた闇が深い......」

ルビィ「鞠莉さんも呼んでるしもう行こっか。あんまり関わるのも面倒だし」

善子「ええ!?この子たち放置するの!?」

ルビィ「私たちは何も見なかった、ただお散歩してただけだよ」

善子(なんか最近ルビィが怖い)
72: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:28:26.60 ID:ZeAKrZIb.net
鞠莉「全く!果南はホント女たらしで困るわ!ほら、さっさと帰るわよ!」

梨子「うぅ......」

ダイヤ「梨子さん、どうしたんですの?」

梨子「なんでもないです......」

千歌「あれ?まだ曜ちゃんが戻ってきてないみたいだけど」

果南「ふふっ、曜は今お楽しみ中だからね」

千歌「お楽しみ中?」

鞠莉「知るか!曜!さっさとカムバックしなさ〜い!」
74: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:38:45.76 ID:ZeAKrZIb.net
その頃

曜「はぁはぁ......千歌ちゃんすごく......気持ちいいよ......」

千歌73「ふふっ、曜ちゃんここが好きなんだよね〜」グイッ

曜「ん......ダメ......ああっ///」

千歌74「曜ちゃんこうやって踏まれるのも大好きでしょ?」フミフミ

曜「あっ......もっと......もっと踏んでぇ///」

千歌75「ほらほら、こっちもこっちも」クリクリ

曜「あっ......千歌ちゃ......そこ!」
75: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:43:05.11 ID:ZeAKrZIb.net
曜「背中と足裏のマッサージに耳かきまでしてもらって本当にありがとね。おかげで元気全開だよ!」

千歌73「えへへ、どういたしまして」

カムバーック!

曜「あ、鞠莉さんが呼んでる」

千歌75「えぇ〜。曜ちゃん帰っちゃうの?」

曜「ごめんね。また現実で思う存分イチャイチャしようね///」

千歌73「うん!」
76: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:44:10.17 ID:ZeAKrZIb.net
曜「名残惜しな〜。最近の千歌ちゃんはあんな風には甘えてくれないし」トボトボ

......アッ............ヨ......

曜「あれ、なんか変な声が聞こえる」

アッ......ダメ..............

曜「......」

曜「こ、これってまさか.....」

曜「この家からだ......」ドキドキ

曜「窓から中が覗ける......」

曜「......」チラッ
77: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:44:50.82 ID:ZeAKrZIb.net
千歌100「あっ......ん......あん♡」クチュクチュ

曜「!?」ビクッ

千歌100「ん......」

曜「あばばばば」ガクガク

曜(ち、千歌ちゃんが!千歌ちゃんが!)

千歌100「ん......はぁ......」クチュクチュ

曜(千歌ちゃんも1人でするんだ......)
79: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:45:36.75 ID:ZeAKrZIb.net
千歌100「ん......」モミモミ

曜(制服がはだけて胸が半分みえちゃってる......なんか裸より余計に......)

曜(って!ダメだダメだ!こんなの見たって知られたら千歌ちゃんに嫌われちゃう!)

千歌100「あっ......ん......はぁ......ん」クチュクチュ

曜(......)ドキドキ

千歌100「ん......あっ......」クチュクチュ

曜(あ、あともうちょっとだけ......)バックンバックン

千歌100「はぁはぁ......もう......ダメ......」クチュクチュ

曜「......」ガンミ
80: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:46:41.75 ID:ZeAKrZIb.net
千歌100「はぁはぁ......あっ、あっ、......はぁ...ん!」クチュクチュ

曜(どんどん激しくなってる......もしかしてもうすぐ......)バックンバックン

千歌100「はぁ......ん......あっ」クリクリ

曜「千歌ちゃん......はぁはぁ......」バックンバックン

千歌100「んっ...はぁ......あん...梨子......ちゃ......」クチュクチュ

曜(え......)

千歌100「梨子ちゃ......好き......ん......ああっ......」

曜(もしかして梨子ちゃんのことを思って......)サーッ

千歌100「梨子ちゃん!梨子ちゃん!んっ!」

曜(......)

曜(もう帰ろう......)
81: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:47:24.92 ID:ZeAKrZIb.net
曜「......」トボトボ

千歌「あっ、やっと帰ってきた」

鞠莉「曜!どこほっつき歩いてたのよ」

曜「あ、あはは。ちょっと千歌ちゃんと話し込んでたら長引いちゃって」

千歌「いつでも本物の私が話し相手になるのに......」

鞠莉(何か様子が変ね......)

善子「で、どうやって帰ればいいの?」

鞠莉「簡単よ。9人一緒に村の入り口のゲートをもう一度くぐればいいだけ」
83: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:51:27.69 ID:ZeAKrZIb.net
プシュー

花丸「おもしろかったズラ〜」

ダイヤ「小原家はとんでもないものを開発してしまったようですわね」

鞠莉「でしょでしょ?」

千歌「内心を見られる側としてはかなり恥ずかしかったよ......」

鞠莉「よし!じゃあ次行きましょ!」

梨子「次は誰が......」

千歌「はいはーい!私が指名していい?」

鞠莉「別にいいわよ」
84: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:52:56.34 ID:ZeAKrZIb.net
千歌「それでは!お次は100人の曜ちゃんの村に行きたいと思います!」

曜「え、私?」

千歌「さっき言ったでしょ?次は曜ちゃんだって。曜ちゃんにも恥ずかしい気分を存分に味わってもらうよ!」

曜「......うん、わかった」

鞠莉「じゃあ次は曜で決定ね。ちかっちと場所を交代して」

鞠莉「準備はいい?100人の曜の村へ!全速前進、ヨーソロー!」
87: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:57:47.22 ID:ZeAKrZIb.net
渡辺村

曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜曜
曜曜曜曜

曜「うげっ、私がいっぱい......」

鞠莉「さぁ!早速調査を始めるわよ!」

曜1〜15「ふっふっ」

千歌「一番多数派の曜ちゃんは筋トレしてるね」

ルビィ「こっちの曜さんはダンスの練習してます」

曜29〜36「おーもいよ一つになれ〜♪」フリフリ

善子「全員分のフリを踊ってるわ」

果南「流石曜だね」
88: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:58:27.63 ID:ZeAKrZIb.net
曜47「みなさん、渡辺村へようこそ!」

曜47「私達、渡辺曜がみんなを精一杯おもてなしするよ!」

ダイヤ「え?さっきの千歌さんの村じゃそういうのなかったじゃありませんの」

千歌「多分、この曜ちゃんはコミュ力おばけの曜ちゃんなんだよ」

曜「自分にもてなされるって変な気分だなぁ」

曜47「こちらの家へどうぞ!」

千歌「さ、みんなもついていこ?」

梨子「......」

曜s「......」ジロッ

梨子(何故か村人達にずっと見られてるような気がするんだけど......気のせいよね)

千歌「梨子ちゃーん、こっちだよ〜!」

梨子「え、えぇ」
89: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 19:59:37.63 ID:ZeAKrZIb.net
曜47「渡辺村の料理人が腕によりをかけて作った自慢の船乗りカレーとヨキソバだよ。どうぞお召し上がりください!」

曜52〜54「......」ニコニコ

花丸「うわぁ!おいしそう!マル、ちょうどお腹空いてたんだ〜。いただきます!」バクバク

花丸「おいし〜」

ダイヤ「本当においしい......ゲームの中の世界だとは思えませんわね」
90: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:00:46.02 ID:ZeAKrZIb.net
鞠莉「......変ね」

果南「何が?曜の村なら料理ができるのがいてもおかしくないでしょ?」

鞠莉「そうじゃないわ。今まで見つけた村人は筋トレする曜、ダンスする曜、コスプレする曜etc......」

曜「どう?何か足りないと思わない?」

果南「え〜と、水泳する曜?」
91: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:01:28.82 ID:ZeAKrZIb.net
鞠莉「それもだけど......ちかっち派の曜がいないの」

果南「あっ!ほんとだ!曜の村ならいっぱいいそうなのに」

鞠莉「それだけじゃないわ。さっき広場にいた村人の数がやけに少なかったでしょ」

果南「確かに、60人くらいしかいなかったね」

鞠莉「嫌な予感がするわ......さっさと食べて帰りましょ」

曜47「......」
92: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:02:08.42 ID:ZeAKrZIb.net
曜47「まぁまぁそう言わずに、ゆっくりしていってよ。ほら、食後にはみかんジュースもあるよ?」

千歌「みかんジュース!?」

曜47「うん!渡辺村のみかん農園で採れたみかんで作ったんだ。搾りたてだよ!」

果南「ほんとなんでもあるんだね。私にもちょうだい」

ルビィ「私も!私も!」

曜47「大丈夫、ちゃんと全員分あるよ、はい」

千歌「おいし〜♪流石搾りたて!」
93: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:02:55.54 ID:ZeAKrZIb.net
善子(うげっ......私みかんジュース苦手なのよね)

善子「あの......私のどが乾いてないからこれあげるわ」

千歌「ほんとに!?ありがたくいただくね」チュー

鞠莉「みんな飲み終わった?もう帰るわよ」

千歌「ええ〜!もっといたいよ〜」

花丸「マルも......いっぱい食べたら眠たくなってきたズラ......」

ルビィ「私も......眠い......」zzz

善子「たくっ、2人とも、食べてすぐ寝たら太るわよ」
95: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:04:50.66 ID:ZeAKrZIb.net
曜「......」zzz

千歌「......」zzz

梨子「私も......もうダメ......」zzz

善子「え?梨子さんまで?」

ダイヤ「なん......ですの......」

果南「......」zzz

鞠莉「ま......まさか......みかんジュースに......」

曜52〜54「......」ニコニコ
96: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:05:39.87 ID:ZeAKrZIb.net
善子「ちょ!?みんな、なにこんなところで寝てるのよ!?」

鞠莉「よし......逃げ.......」

鞠莉「......」zzz

善子「に、逃げろって......」

曜47「あ〜、そういえば善子ちゃん、みかんジュース苦手だったね」

善子「と、とりあえずダッシュ!」バタン

曜1〜46「善子ちゃん♪」ニコニコ

善子「ヒィィィィ!!」ダダダ
97: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:12:06.10 ID:ZeAKrZIb.net
曜47「あっちに逃げたよ!追いかけて!」

曜100「もういいよ。どうせ喜子ちゃん1人じゃなにもできないし、この村から出ることもできない」

曜100(喜子ちゃんにはしてもらわなくちゃいけないこともあるしね......)

千歌「......」zzz

曜100「千歌ちゃん、これからはずっと一緒だよ」
98: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:12:47.67 ID:ZeAKrZIb.net
しばらくして

鞠莉「ん......ここは......」

曜「どうやら牢屋みたいだね」

ルビィ「私達、閉じ込められちゃったの?」

曜99「みんな起きたんだね」

ダイヤ「あなたは!よくも騙してくれましたわね!」グイッ

曜99「わわっ!」

果南「ちょっと待って!この曜はさっきはいなかったよ」

ダイヤ「ああ、そういえば......」

曜99「びっくりさせてごめんね。じつはかくかくしかじかで......」
100: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:13:49.75 ID:ZeAKrZIb.net
鞠莉「つまり今、渡辺村はちかっち派の過激グループがクーデターを起こして占拠してるわけね」

曜99「うん。もともと渡辺村の村人は千歌ちゃん派の中でも穏健派がほとんどだったんだ」

曜99「でも、表の私にすごくショックなことがあったの」

曜99「それで、千歌ちゃんを何が何でも独占したい1人の過激派がそれを理由にみんなを扇動して過激派が急に増えちゃって......」
101: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:14:44.64 ID:ZeAKrZIb.net
曜99「残った穏健派の村人は村の裏のみかん農園で働かされてるんだ......私みたいな異端中の異端は牢屋に放り込まれたんだけどね」

鞠莉「それで広場の村人の数がすくなかったのね」

梨子「なんであなたは1人だけ仲間外れにされてるの?」

曜99「私は、その......梨子ちゃん派だから///」

梨子「えぇ!?///」

曜「ちょ!?」
103: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:16:45.86 ID:ZeAKrZIb.net
果南「ちょっと待って。村の中には千歌派の村人は1人もいなかったよ?」

曜99「筋トレしてたり、ダンスしてるのはいたでしょ?あれ、全部千歌ちゃん派なんだ」

ダイヤ「それってどういう......」

曜99「例えば、筋トレしてる私は千歌ちゃんにモテたくて筋トレしてて、ダンスのしてる私は千歌ちゃんと一緒にいたくてダンスの練習をしてるの」

ダイヤ「つまり、何をしててもその行動原理は千歌さんであると......」

鞠莉「私達の想像以上に愛が重かったのね」

曜「顔から火が出るほど恥ずかしい......」
106: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:26:15.99 ID:ZeAKrZIb.net
梨子「鞠莉さん、強制的にゲームを終了させたらここから出られるんじゃ......」

鞠莉「......ごめんなさい、このゲームはまだ試作段階だからそういう機能はないの」

鞠莉「ゲームを終了するにはプレイヤー全員でゲートから出ないといけない」

ダイヤ「そんな!こういう事態は想定できましたでしょ!?」

鞠莉「まさか村人がクーデターを起こすなんて思いもしなかったのよ......」

鞠莉「この牢屋もSMプレイが好きな村人がいた時のために特別に用意したものだし」

梨子「なんでそういう事態は想定してるんですか......」

果南「ああ、それは鞠莉が......」バコッ

鞠莉「黙れ」

果南「」
107: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:30:40.17 ID:ZeAKrZIb.net
花丸「そういえば千歌さんと喜子ちゃんがいないズラ」

ダイヤ「ま、まさか、こうしてる間にも千歌さんは過激派の曜さんたちに襲われてるんじゃ!」


その頃

千歌「......」zzz

曜23「千歌ちゃんなかなか起きないね......」

曜47「1人だけ睡眠薬入りのオレンジジュースを二杯も飲んでたから」

曜32「それにしても、やっぱり千歌ちゃんは可愛いなぁ」ウットリ

曜52「ほっぺた柔らかそう......」ゴクリ
108: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:31:25.54 ID:ZeAKrZIb.net
曜52「......」ツンツン

千歌「んん......」

曜47「ちょ!なにやってんの?」

曜52「千歌ちゃんのほっぺたが魅力的でつい......」

曜47「イエス千歌ちゃん、ノータッチの鉄則を忘れたの!?」

曜52「ご、ごめん」

曜56「こんなことしてホントに大丈夫なのかな......千歌ちゃんに嫌われちゃうんじゃ......」
109: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:32:07.22 ID:ZeAKrZIb.net
曜22「でも、こうでもしないと千歌ちゃんを梨子ちゃんに取られちゃうって100番目の私も言ってたし......」

千歌「ん......曜ちゃ......」zzz

曜1〜64「!?」

曜11「ねぇ!今の聞いた?私の名前よんだよね!?」

曜58「きっと私の夢を見てるんだよ!」

曜25「シィー!千歌ちゃんがおきちゃう!」

曜11、58「あ......ゴメン」

千歌「ムニャムニャ......」zzz

曜1〜64「可愛いなぁ......」ウットリ

善子(何やってるんだろう......)
111: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:33:20.15 ID:ZeAKrZIb.net
梨子「こうしちゃいられないわ!千歌ちゃんを助けに行かないと!」

ルビィ「......でもどうやってここから出るの?」

善子「あ、いたいた」

花丸「善子ちゃん!助けに来てくれたんだね!」

善子「こんなところに閉じ込められてたのね。あっ、鍵あった」ガチャ

花丸「善子ちゃーん!」ギュ

善子「ちょ!ズラ丸!暑苦しいわよ」
112: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:34:10.10 ID:ZeAKrZIb.net
果南「善子ちゃん、千歌がどこに連れて行かれたか知らない?」

善子「あぁ、私達がヨキソバ食べてたところにまだいるわよ。大量の曜さんに囲まれててほとんど見えなかったけど」

ダイヤ「そんな!既に大量の曜さんに囲まれて輪姦されていたなんて......」

善子「回される?」

ダイヤ「一刻も早く千歌さんを助けに行きましょう!」
113: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:35:03.61 ID:ZeAKrZIb.net
ダイヤ「千歌さん!大丈夫ですの!?」

果南「千歌!」

曜28「あれっ、なんでみんなが!?」

曜20「地下牢に閉じ込めておいたはずなのに!」

千歌「ん......あれ?私なんで眠って......」
114: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:35:54.34 ID:ZeAKrZIb.net
ダイヤ「よかった...まだ無事でしたのね」

ダイヤ「そこの鬼畜どもは私達を地下牢に閉じ込めて千歌さんのことを欲望の赴くまま昏睡レイプしようとしたんですのよ!」

千歌「......それ、本当なの?曜ちゃん?」

曜47「ちょっ、私達はそんなつもりじゃ......」

千歌「曜ちゃん、私の目を見て」

曜47「うぅ......」

千歌「......」ジー

曜47「ご、ごめんなさい!」
115: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:37:06.91 ID:ZeAKrZIb.net
曜1〜64「本当にすみませんでしたぁぁぁ!!」

千歌「ほら、私はもういいから、迷惑をかけたみんなに謝ってね」

曜1〜64「ごめんなさい、みんな......」

果南「ははは、いいよいいよ。あなた達はリーダーの口車に乗せられただけなんでしょ?」

果南「集団レイプうんぬんって話もダイヤの早とちりだったわけだしね」

花丸「冷静に考えたら渡辺村の曜さんがそんなことできるわけないズラ」

ダイヤ「ちょ///それは言わないでください!」
116: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:37:43.43 ID:ZeAKrZIb.net
善子「で、あなた達を扇動した過激派のリーダーってのはどいつなの?」

曜99「過激派のリーダーは100番目の私だけど......ここにはいないみたい」

千歌「あれっ?本物の曜ちゃんもいないよ」

ダイヤ「おかしいですわね......ついさっきまで私たちと一緒にいたんですけれど」
117: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:38:21.08 ID:ZeAKrZIb.net
曜「それってこの子だよね?」ズルズル

曜100「んー!!んー!!」

梨子「あっ、その子100番目の......」

曜「遠くからこっちの様子を伺ってたよ」

曜「もう二度と悪さできないように縄で縛ってガムテープで口は塞いどいた」

千歌「ちょ......それはひどいんゃ......」

曜「ううん、この子は村人達を騙してみんなにひどいことしたんだからこのくらい当然だよ」
118: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:39:38.20 ID:ZeAKrZIb.net
曜「またみんなに迷惑かけたらいけないからさっきの地下牢にでも入れといてね」

曜1「う、うん......」

曜100「んー!!んー!!」バタバタ

ルビィ「自業自得だね」ボソッ

善子(ルビィ怖い)
119: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:40:34.11 ID:ZeAKrZIb.net
曜「じゃあそろそろ私達は帰ろっか」

鞠莉「そうね、次からはこんなことが起こらないように緊急終了装置でもつけるわ」

果南「ホント頼むよ鞠莉」

善子「ま、なんだかんだいって楽しかったけどね」

梨子(もっと私派の曜ちゃんとお喋りしたかったな......)
121: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 20:42:45.92 ID:ZeAKrZIb.net
花丸「またヨキソバと船乗りカレー食べたいずら〜」

曜「ふふっ、私がいつでも作ってあげるよ」

ダイヤ「もう牢屋に入れられるのはごめんですわ!」

千歌「......」

曜「千歌ちゃん、何やってるの?早く帰るよ」

千歌「う、うん」


曜100「ん゛ー!!ん゛ー!!」バタバタ

曜1「もうっ、暴れないでよ。そっちの私も運ぶの手伝って〜」ズルズル

曜2「はーい」


鞠莉「ゲートの準備はできたわ。さ、帰りましょ」
124: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:02:55.74 ID:ZeAKrZIb.net
曜100「んー......」ポロポロ

千歌「......」

曜「千歌ちゃん、みんな待ってるから」

千歌「......」

曜「......ほらっ!早く帰らないと!」グイッ

千歌「ねぇ、曜ちゃん」

曜「何、千歌ちゃん?用があるならここを出てから......」



千歌「......なんでそんなに早く帰りたがるの?」
125: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:03:48.25 ID:ZeAKrZIb.net
曜「え?」

鞠莉「どうしたの、千歌?」

千歌「......」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「喜子ちゃん!この曜ちゃんを取り押さえて!」

善子「えっ?なんで?」

千歌「いいから!」

曜「......!」ダッ

鞠莉「あっ!逃げた!」

曜「!?」ガシッ

果南「逃がさないよ?」

曜「......」
126: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:04:20.98 ID:ZeAKrZIb.net
ルビィ「え?一体何が......」

千歌「曜ちゃん、今縄を解いてあげるね。もう大丈夫だよ」

曜100「うぅ......千歌ちゃん!!」ダキッ

千歌「すぐ気づいてあげられなくてごめんね」ナデナデ

曜100「うぐっ......わたし、置いていかれるんじゃないかって思って.....すごく怖くて......うわぁぁぁん!!」ギュー

花丸「な、何がどうなってるズラ?」
127: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:05:13.53 ID:ZeAKrZIb.net
千歌「そっちで果南ちゃんに捕まってるのが100番目の曜ちゃんで、こっちの曜ちゃんが本物の曜ちゃんだよ」

梨子「そ、そんな!だって番号札が......あっ!」

鞠莉「私たちが眠っている間に自分の番号札を本物の曜につけかえたのね!」

曜改め曜100「......」
129: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:05:51.45 ID:ZeAKrZIb.net
ダイヤ「千歌さん、なんで入れ替わってることがわかったんですの?」

千歌「最初は私も全然わからなかったよ」

千歌「でもね。本物の曜ちゃんならどんなに悪いことをした子でもまずは話 を聞いて叱ってあげるはず」

千歌「曜ちゃんはとっても優しいからね」

千歌「何も聞かずに縄で縛って牢屋に入れるなんてこと、絶対にしないんだよ」

千歌「でしょ?そっちの曜ちゃん」
130: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:06:25.46 ID:ZeAKrZIb.net
曜100「......やっぱり、千歌ちゃんにはなんでもお見通しみたいだね」

千歌「なんでこんなことしたの?」

曜100「......」

千歌「曜ちゃん、教えて」

曜100「......もう何もかも変わっちゃったんだよ」

曜100「全部梨子ちゃんのせい」
131: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:10:38.67 ID:ZeAKrZIb.net
曜100「いままでずっと、千歌ちゃんの隣は私の特等席だったんだ」

曜100「私の隣にはいつも千歌ちゃんがいて、私が笑うと千歌ちゃんも笑顔になってくれる......そんな幸せがいつまでも続くと思ってた」

曜100「でも、梨子ちゃんが私の居場所を奪った」

曜100「日に日に千歌ちゃんは梨子ちゃんに惹かれていって私から離れていく」

曜100「それなのに、表の私は千歌ちゃんが幸せならそれでいいだなんて言って指をくわえて見てるだけ」

曜100「本当は寂しくてたまらないくせに」
133: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:14:15.30 ID:ZeAKrZIb.net
曜100「だから、私が表に出ていって何もかも元に戻してやろうと思った」

曜100「スクールアイドルなんてものさえなければ千歌ちゃんと梨子ちゃんの接点はなくなる」

曜100「そうすれば千歌ちゃんは梨子ちゃんから離れて私のもとに帰って来る」

曜100「そのために、何かスキャンダルを起こしてAqoursが活動できないようにしようと思ったの」

曜「こいつっ!」

喜子「よ、曜さん!ダメよ!暴力は!」グイッ

曜「離して!自分で自分が許せないの!私がこんなことを考えているなんて......千歌ちゃんがどれだけスクールアイドルを好きなのか知ってるのに!」
135: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:15:49.46 ID:ZeAKrZIb.net
千歌「曜ちゃん、話しにくいことを話してくれてありがとね」

曜100「......」

千歌「でもね、曜ちゃんの言ってることはほとんど間違ってる」

千歌「まず、仮にスクールアイドルを続けられなくなったとしても、家が隣じゃなくなったとしても、私は絶対に梨子ちゃんから離れたりしないよ。」

千歌「私は梨子ちゃんのことが大好きだから」

曜100「っ......」
137: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:19:32.60 ID:ZeAKrZIb.net
千歌「でもね、それだけじゃないよ」

千歌「......」ギュウ

曜100「え?」

千歌「私が曜ちゃんから離れたりするわけない。ずっとそばにいるに決まってるでしょ?」

千歌「私は、曜ちゃんのことも大好きなんだよ」

曜100「......」

曜100「やめてよ......私、千歌ちゃんにひどいことしようとしたんだよ?こんな私なんか千歌ちゃんに抱きしめられる資格、ないから......」

千歌「ううん、悪いのは曜ちゃんだけじゃない。私も一緒」
138: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:24:50.19 ID:ZeAKrZIb.net
曜100「なんで......」


千歌「曜ちゃんがとっても優しいのは私が誰よりも知ってる」

千歌「そんな曜ちゃんがこんなことを考えちゃうなんて、相当思いつめてたんだよね」

千歌「とっても......辛くて寂しかったんだよね」ギュー

曜100「ち......ちかちゃ......」

千歌「曜ちゃんがこんなにも苦しんでるのに、それに気づいてあげられなかったなんて、私の方こそ曜ちゃんの親友失格だよ」

千歌「だからお互い様、ね?」

曜「そ、そんな!千歌ちゃんはなにも悪く......」
139: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:26:49.27 ID:ZeAKrZIb.net
千歌「でも、もう自分に嘘をついちゃダメだよ?寂しい時は寂しいって言えばいいんだから」

曜100「......私、千歌ちゃんの側にいてもいいの?」

千歌「いいに決まってるでしょ?むしろ曜ちゃんが離れていったら私が連れ戻す!」

曜100「う......千歌ちゃん...うぐっ......ぢがぢゃああぁん!」ギュー!

千歌「もう、曜ちゃんは本当になきむしだなぁ」ギュー

曜100「えぐっ......千歌ちゃん、千歌ちゃん!」

千歌「ほら、一緒にみんなに謝ろ?」

曜100「......うん」
140: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:27:55.45 ID:ZeAKrZIb.net
千歌、曜100「みんな、ごめんなさい!」

果南「まぁ、千歌がいいなら私たちは別にいいんだけどさ」

曜「......」

千歌「曜ちゃん、ダメかな?」

曜「......千歌ちゃんは優しすぎるよ」

曜「これだから、どうしようもなく好きになっちゃうんだ......」ボソッ

千歌「え、今なんて?」

曜「なんでもないよ。そもそもそこにいるのは私なんだし、私が咎めることはできないから」

千歌「うん、ありがとう曜ちゃん」

千歌「渡辺村のみんなも、この子を許してあげてね」

曜1「ヨーソロー!もうこんなことしないようにしようね?」

曜100「うん!」
141: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:28:39.84 ID:ZeAKrZIb.net
千歌「じゃあ、今度こそ帰ろっか?」

善子「そうね、って!もうこんな時間!?帰りのバスがなくなるわ!」

曜「ほんとだ!急がないと!」

千歌「じゃあまたね!渡辺村のみんな!」

曜1〜100「また遊びに来てね〜!」

梨子「......」
142: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:30:20.17 ID:ZeAKrZIb.net
梨子(千歌ちゃんと曜ちゃん、本当にお互いのことが大好きなんだなぁ......)

梨子(なんだか妬けちゃう......)

曜99「ねぇ、梨子ちゃん」

梨子「どうしたの?」

曜99「100番目の私はあんなこと言ってたけど、私は梨子ちゃんのことが大好きだからね」

梨子「えぇ、ありがとう」ニコッ

曜99「それで、一つお願いがあるんだけど......」
143: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:32:33.53 ID:ZeAKrZIb.net
梨子「何?」

曜99「最後に私とハグしてくれない?」

梨子「ハグ?」

曜99「うん、ダメかな?」

梨子「ダメなわけないでしょ、ほら」ダキッ

曜99「えへへ///梨子ちゃん......」ギュ




チュ

梨子「え゛っ!!?」

梨子(曜ちゃんが私の頬に!?)

曜99「私は梨子ちゃんのこと、諦めてないから。じゃあね」タッタッタ

梨子「......」ポー

千歌「梨子ちゃーん、早く帰るよー!」

梨子「え、えぇ」

梨子(ど、どうしよう、私、曜ちゃんのこと......)ドキドキ
144: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:33:17.09 ID:ZeAKrZIb.net
プシューッ

果南「はぁー!久しぶりの現実だ!」

ダイヤ「やっぱり、なんとなく現実の空気は美味しいですわね」

ルビィ「一時はどうなるかと思ったよ」

曜「みんな、本当にごめんね。私が変なこと考えてるから......」
146: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:40:50.35 ID:ZeAKrZIb.net
鞠莉「曜は悪くないのよ。この機械はホストの深層心理まで具現化しちゃうの」

鞠莉「だから、特に100番目の曜なんてのは普段全く表に出てこない曜で、現実世界じゃ実害はないに等しいわ」

鞠莉「曜100の作戦がうまくいってたらかなり危なかったけどね。ちかっち、本当にお手柄よ」

千歌「えへへ。照れちゃうなぁ」

花丸「100番目の曜さんが私たちと一緒にゲートに入ってたらどうなってたズラ?」

鞠莉「簡単よ。曜100の人格が曜の体を乗っ取って、本物の曜の人格は永久に牢屋の中ってだけ」

善子「怖っ!?この機械欠陥ありすぎでしょ!もう絶対に入りたくない......」
148: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:42:16.54 ID:ZeAKrZIb.net
千歌「そういえば曜ちゃん、一つ聞きたいことがあるんだけど...」

曜「何?」

千歌「渡辺村のみんなが、表の曜ちゃんにショックなことがあったって言ってたけど、何があったの?」

曜「ギクッ」

果南「あ、それ私も気になってたんだ〜。村人たちに聞いてもはぐらかされちゃうし」

曜「あ、あはは。なんでもないよ〜」
149: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:43:35.10 ID:ZeAKrZIb.net
千歌「教えてくれない?私、曜ちゃんの力になりたいの」

千歌「もう曜ちゃんに寂しい思いはさせたくないから」

果南「多分、千歌の村で何かあったんだよね?」

曜「えーっと、どうだったっけなー」

鞠莉「しらばっくれても無駄よ?プレイヤーが村の中で見聞きしたものは全部録画されてるんだから」

曜「なにそれ聞いてないよ!?」

鞠莉「曜の様子がおかしくなったのはちかっち村の終盤だったからこの辺ね、えいっ!」ポチッ



アッ......ダメ......イッチャウ!

ハァハァ......チカチャン......

千歌「」


流石の千歌ちゃんもしばらく口を聞いてくれなくなりました。

おしまい
150: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:47:59.32 ID:ZeAKrZIb.net
おまけ


リリー村

梨子2「えー、これより、第128回リリー村村議会を開催したいと思います」

梨子2「本日の議題は二つ。一つ目はちかっち村事件についてです」

梨子2「えー、具体的には、ちかっち村の99番目の村人が......その......曜ちゃんのことを思って1人でいたしていたことについてです」

梨子29「うぅ......やっぱり千歌ちゃんは曜ちゃんのことが......」

梨子38「村長の怠慢のせいよ!」

梨子42「そうよそうよ!辞任しなさい!」

梨子28〜54「辞任!辞任!」
151: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:48:48.16 ID:ZeAKrZIb.net
梨子2「静粛に!村長、何かこのことについてご意見は?」

梨子1「えー、そのことについて千歌ちゃん派の皆さんに朗報です」

梨子1「最新情報によりますと、ちかっち村の100番目の村人が、私を......その......ええっと......お、オカズにしていたそうです!」

梨子28〜54「!!?」

梨子52「映像は!?映像はないの!?」

梨子1「えー、映像はこちらになります」

梨子28〜54「......」ゴクリ
152: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:50:01.63 ID:ZeAKrZIb.net
再生中

アッ......ダメ......イッチャウ!......

梨子28〜54「......」ガンミ

ハァハァ......リコチャ......スキ......

梨子28〜54「!?」

梨子29「い、今私の名前呼んだよね!?ね!?」

梨子32「静かにして!音が聞こえないじゃない!」

梨子45「どうしよ、ムラムラしてきた......」

梨子47「わ、私お手洗いに!」
153: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:50:31.06 ID:ZeAKrZIb.net
梨子1「リリー村も変わってしまったわね......」

梨子2「えぇ......」

梨子1「浦の星に転校するまではリリー村の村人のほとんどがピアノに熱心な真面目な村人だったのに......」

梨子2「それが今じゃ千歌ちゃん派の村人が多数派になりかけちゃってるわね」

梨子1「それに最近は......」
154: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:52:32.01 ID:ZeAKrZIb.net
梨子55「もう千歌ちゃんのことはいいから!次の議題に移りなさいよ!」

梨子2「えー、ちかっち村事件は解決したようなので次の議題に移らせて頂きます」

梨子2「つ、次の議題は曜ちゃん大好き法案を可決するかについてです」

梨子55〜80「さんせーい!」

梨子28「反対よ!今まで通り千歌ちゃん大好き路線で行くべきだわ」

梨子55「これを見てもそんなことをいってられるかしら?映像をだして!」
155: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:53:48.52 ID:ZeAKrZIb.net
曜「梨子ちゃん、愛してる」カベドン!

梨子「だ、ダメよ、曜ちゃん、こんなところで......それに、私なんか地味だし......」ウツムキ

曜「何言ってるの?梨子ちゃんは世界一かわいいよ」

梨子「そ、そんなことない!」ブンブン

曜「梨子ちゃんの可愛い顔を見せて......」クイ

梨子「あっ」カアアァァァ

曜「ほら、こんなに可愛い」

梨子(め、目が離せない......)ドキドキ

曜「嘘つきの悪い口は、私が塞いじゃうね......」スー

梨子(あぁ......曜ちゃん、好き......)
156: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:54:16.61 ID:ZeAKrZIb.net
梨子55〜81 キャー!キャー!

梨子55「やっぱり、曜ちゃんかっこいいわぁ......」ウットリ

梨子28「な、なによこれ!ただの表の私の妄想じゃない!千歌ちゃんの方が可愛いわ!」

梨子55「時代はようりこよ!曜ちゃん大好き路線で行くべきだわ!」

ワーワー ギャーギャー

梨子2「せ、静粛に!」

梨子2「どうする、村長?」

梨子1「......」

梨子1「......」キュン

梨子2「え?」
157: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 21:55:19.38 ID:ZeAKrZIb.net
梨子2「そ、村長?」

梨子1「えー、本日よりリリー村では千歌ちゃん大好き政策と曜ちゃん大好き政策を同時並行で進めて行きたいと思います」

梨子1「あと、今後の政策決定の参考資料として曜ちゃん派の私は曜ちゃんの資料を全部私に提出すること、以上!」

梨子2「......」

梨子2「もう移住したい」


その後、リリー村では千歌派と曜派が二大派閥となり、美しいピアノの音色は聞こえなくなったとさ。

おまけも終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「もし世界が100人の私の村だったら?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。