穂乃果「ねえ、真姫ちゃん!真姫ちゃんって怖いものある?

シェアする

穂乃果-アイキャッチ13
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 10:24:01.44 ID:SkJzR7yhO
真姫「何よ?藪から棒に」

穂乃果「いや、真姫ちゃんって何か苦手な物あるのかな〜って」

真姫「べ、別にそれくらい」

凛「意外とお化けとか苦手そうにゃ」

にこ「確かにそんな感じするわよね」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477013041

元スレ: 穂乃果「ねえ、真姫ちゃん!真姫ちゃんって怖いものある?

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 10:29:41.68 ID:SkJzR7yhO
真姫「こ、この私に怖い物なんてあるわけないでしょ?」

凛「本当に〜?」

真姫「というか、お化けが怖いのはにこちゃんでしょ?」

凛「にこちゃんお化けが怖いの?」

にこ「私?私はお化けなんか怖くないわよ!」

真姫「どうだか」

穂乃果「穂乃果が怖いのは怒った海未ちゃんかなぁ」

真姫「それは自業自得でしょう」

凛「凛はラーメンが食べれなくなるのが怖いにゃ」

にこ「それは趣旨が違うわよ」

真姫「私は…しいてあげるなら虫が怖いかも」

にこ「にこもゴキブリとかはもうダメよ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 10:35:32.87 ID:SkJzR7yhO
ガラガラ

希「お!いたいた〜」

穂乃果「の、希ちゃん」

にこ「げっ」

凛「しまったにゃ」

希「3人とも…勉強から抜け出して海未ちゃん怒っとるよ」

穂乃果「そ、それは」

真姫「そうだったのね」

希「ワシワシMAXかな〜?」

凛「それは勘弁してにゃ〜」

希「どうしよっかな?」

にこ「希!」

希「ん?何?ワシワシされたい?」

にこ「の、希の怖いものって何?」

希「うちの怖いもの?」

にこ「そうよ」

希「ウチの怖いもの…」

穂乃果「希ちゃんの怖いもの…」

希「笑わない?」

凛「笑わないよ」

希「実は…ウチは」

にこ「実は…」

希「お饅頭が怖いんよ」

穂乃果「へ?お饅頭?」





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 10:44:00.82 ID:SkJzR7yhO
希「うん、お饅頭」

凛「お饅頭って…あの甘くて美味しい?」

希「うん。甘くて皆が美味しいっていう」

にこ「初耳よ?」

希「ウチはどうもお饅頭が怖くて仕方ないんよ。見ただけでそれはもう震えが止まらなくなって…もう、考えただけで…」

穂乃果「普段穂乃果の事をどういう風に思って接してるんだろう…和菓子屋の娘なのに」

希「…ま、お饅頭の話はもういいから…ね?お勉強しに行こうか?」

凛「え〜」

希「ワシワシMAX〜」

ギャアアアア

真姫「やっぱり、自業自得ね」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 10:49:50.75 ID:SkJzR7yhO
にこ「全く…ひどい目にあったわ」

穂乃果「ワシワシされるし勉強させられるし」

凛「本当にゃ〜」

真姫「自分達が悪いんでしゃ?」

穂乃果「勉強出来る人にはわからないよ」

凛「そうにゃ!この、鬼畜、ツンデレ、癖毛、つり目、秀才、美人、お金持ち!」

にこ「途中から褒めてるわよ」

真姫「…」

にこ「…仕返しするわよね」

穂乃果「え?」

にこ「希に仕返しするの。普段から希にはやられっぱなしじゃない」

穂乃果「え〜返り討ちにあうよ〜」

凛「そうだよ。にこちゃんは浅はかだから絶対に敵わないよ」

真姫「やめときなさい」

にこ「にこ…三年生なんですけど?」

穂乃果「知ってるよ」

にこ「お饅頭よ」

穂乃果「お饅頭?」

にこ「希がお饅頭が怖いって言ってたでしょ?」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 10:58:35.21 ID:SkJzR7yhO
穂乃果「…言ってたね」

にこ「希にお饅頭を差し入れするのよ」

凛「確かに…そうすれば希ちゃんは怖がるはずにゃ」

真姫「やめときなさいよ」

にこ「真姫だって希が怖がってる所を一度は見たくない?」

真姫「…私はとめたからね?」

にこ「穂乃果…ほむまんの用意よ!」

穂乃果「え〜…本当にやるの?」

にこ「やるのよ!やられたらやり返すのよ。まんじゅう返しよ」

凛「もう古いよ」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 12:56:05.30 ID:SkJzR7yhO
にこ「さて、この中に希がいるのね?」

凛「うん。さっきはいたよ」

にこ「確かね?」

凛「うん。さっきまでね」

ガラガラ

希「ん?もう、勉強会は終わったん?」

穂乃果「う、うん」

希「そっか。じゃあ、海未ちゃん達もそろそろ来るんかな?」

にこ「たぶん」

希「…何でずっと立ってるの?」

凛「いや〜」

真姫「…」

穂乃果「あのね、希ちゃん」

希「何?」

穂乃果「いやぁ、希ちゃんにはいつも迷惑ばっかりかけちゃってるからさ」

希「ウチに言うなら海未ちゃんやえりちに言った方がええんやない?」

にこ「あの二人はいいのよ」

穂乃果「と、とりあえずこれ。食べて?」

凛「甘いもの食べると疲れが取れるよ?」

希「ふ〜ん…ありがと。くれるなら貰うよ」



穂乃果「あ、あー穂乃果用事を思い出した」

凛「凛もかよちんち用事が」

希「花陽ちゃんなら待ってれば来るやん」

にこ「にこも用事が…」

希「?」

にこ「真姫ちゃんもでしょ?」

真姫「え?」

穂乃果「じ、じゃあ」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 12:58:54.97 ID:SkJzR7yhO
にこ「ふふふ、開けたらびっくりするわよ」

凛「ね!中身はお饅頭だからね?」

穂乃果「自分家のお饅頭を怖がられるって複雑何だけど」

真姫「第一饅頭が怖いって何よ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 13:29:57.79 ID:SkJzR7yhO
凛「…ねえ、様子見に行ってみない?」

穂乃果「え?」

凛「だって、驚いてる所を見なきゃ。こっそりさ」

にこ「そうね。仕返しだものね」

真姫「あなた達が悪いんだけどね」

凛「と言っても止めない真姫ちゃん」

真姫「止めたわよ」

凛「という事で見に行くにゃ〜」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 13:32:17.42 ID:SkJzR7yhO
にこ「…こっそりよ?」

穂乃果「分かってるよ」

にこ「音をたてないよう」

凛「はっくしょん」

にこ「ば。ばか。何をオーソドックスなボケをかましてるのよ」

凛「ボケじゃないにゃ」

真姫「…」

にこ「は、ばれてないわよね?」

穂乃果「うん」

にこ「こっそりよ?こっそり覗くのよ?」

チラッ

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 13:36:16.95 ID:SkJzR7yhO
希「ん〜、やっぱり穂乃果ちゃん家の饅頭美味しいな〜」

にこ「え?饅頭食べてるわよ?」

穂乃果「あっ、本当だ!って言うか希ちゃん前にもほのまん食べてたよ」

にこ「何よそれ」

穂乃果「皆もいたじゃん」

凛「言われてみれば」

ガララ

希「何をしてるん?」

にこ「あんた饅頭が怖いんじゃなかったの?」

希「そうなんやけど…いつまでも苦手じゃ成長しないやん?だから、克服したんよ」

穂乃果「前にもほのまん食べてたよね?」

希「だから、その時は怖かったよ〜」

穂乃果「え〜」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 13:38:07.78 ID:SkJzR7yhO
にこ「あんた…本当は何が怖いのよ?」

希「ウチが本当に怖いもの?」

にこ「そうよ」

希「ウチは…ウチが本当に怖いものは…熱いお茶なんよ」

にこ「穂乃果、凛!行くわよ!」

穂乃果「え〜」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 13:41:05.62 ID:SkJzR7yhO
希「ふふ」

真姫「…」

希「真姫ちゃんは行かないの?」

真姫「当たり前でしょ?」

希「お饅頭食べる?」

真姫「…そうね」

………

海未「ごきげんよう」

絵里「今、穂乃果達が走って行ったけど?何かあったの?」

希「お茶を用意してくれるみたいよ?」

海未「はあ?」

真姫「…何やってるのかしら、あの3人は」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 13:43:30.03 ID:SkJzR7yhO
走れ穂乃果
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 13:48:13.19 ID:SkJzR7yhO
穂乃果「もう、穂乃果は怒ったよ」

花陽「どうしたの? 」

穂乃果「海未ちゃんをどうにかしなきゃ」

花陽「また何かやったの?」

穂乃果「また?またって何?花陽ちゃんは穂乃果にどんなイメージを持ってるの?」

花陽「いやぁ」

穂乃果「穂乃果はね算数がわからないの」

花陽「穂乃果ちゃんは小学生なの?」

穂乃果「穂乃果は高校生だよ。穂乃果は毎日歌って踊って暮らしたいの」

花陽「留年する気なのかな?いくらスクールアイドルでも歌って踊るだけって言うのは…」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 13:53:49.71 ID:SkJzR7yhO
穂乃果「海未ちゃんはこれから数学の勉強をやるって言い出したんだよ」

花陽「が、頑張ってね。テスト期間中だし」

穂乃果「でもね、今日は穂乃果が楽しみにしてた少女漫画の発売日なの」

花陽「勉強会終わったら買いに行けば?」

穂乃果「いやぁ…売り切れちゃうよ」

花陽「大丈夫だよぉ」

穂乃果「万が一があるから」

花陽「勉強したくないだけでしょ?」

穂乃果「違うよ?」

花陽「本当に?」

穂乃果「うん。ねえ、花陽ちゃん!」

花陽「な、なに?」

穂乃果「これから海未ちゃんが部室に来るの。一時間!一時間でいいから足止めして?」

花陽「ええ?」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/21(金) 21:19:14.15 ID:SkJzR7yhO
穂乃果「お願いだよ!」

花陽「わ、私に海未ちゃんを足止めするなんて…ウサギが熊に立ち向かう様なものだよ?」

穂乃果「花陽ちゃんの海未ちゃんに対するイメージは熊何だね?」

花陽「例えばだよぉ」

穂乃果「ね?何か適当にさ…足止めしてよ!そうしたらさ…噂のおにぎりも買ってきたあげるから」

花陽「わかったよ!」

穂乃果「話が早いね!流石は花陽ちゃんだ。海未ちゃんはまだ2年生の教室に残ってると思うから」

花陽「わ、わかりました」

穂乃果「じゃあ、よろしく頼むよ。一時間後には帰ってくるから」

花陽「うん。一時間が限度だからね?」

穂乃果「いってきます!」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/01(火) 14:25:19.44 ID:b1xhC/45O
ガララ

花陽「う、海未ちゃ〜ん」

海未「おや?花陽?2年生の教室にまで来てどうしました?」

花陽「あ、あの…」

海未「な、何か用ですか?私はこれから穂乃果に勉強をさせなければならないのですが…」

花陽「あ…あの、海未ちゃん知ってる?ワイシャツのワイってねアルファベットのYじゃないんだよ?」

海未「はあ…ホワイトのワイでしたっけ?…それを言いに来たのですか?」

花陽「ち、違うの…えっとね…実はね相談があってね」

海未「相談?」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/01(火) 14:32:27.03 ID:b1xhC/45O
花陽「あの…練習!今のダンスの練習でどうしても出来ない所があって」

海未「ダンスなら私よりも絵里の方が適任なんじゃないですか?」

花陽「それは…それはダメなの。絵里ちゃんはほら?ちょっと…ね?絵里ちゃんに相談なんか出来ないよ」

海未「そうですか?」

花陽「うん。そうなの」

海未「で?ダンスについて?」

花陽「え?」

海未「相談の中身を聞いているのです」

花陽「…それは」

海未「…どうしたのですか?」

花陽「いやぁ」

海未「時間が掛かるようでしたら後でも良いですか?そろそろ穂乃果が戻ってくると思うのですが…」

花陽「今じゃなきゃダメなの」

海未「なら早くしてください」

花陽「えっと…」

海未「言いにくいのですか?」

花陽「そうじゃなくて…」

海未「本当に相談があるのですか?」

花陽「あるよぉ」

海未「何か怪しいですね」

花陽「勘が鋭すぎるよ」

海未「は?」

花陽「いえ…誰か助けてぇ」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/01(火) 14:36:05.95 ID:b1xhC/45O
穂乃果「はっ!?今花陽ちゃんの声が聞こえたような…気のせいかな?それよりも本屋さんに急がなきゃ」

子供「わーん」

穂乃果「ありゃ?子供が泣いている」

子供「わーん」

穂乃果「しかも穂乃果の方をすっごい見てる」

子供「わーん」

穂乃果「でも…でも穂乃果は早く行かなくちゃ…花陽ちゃんの為にも早く漫画を買って帰らなきゃ」

子供「わーん」

穂乃果「……どうしたのかな?」

子供「風船が…風船が木に引っ掛かっちゃって」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 20:26:21.69 ID:zCgOdRXfO
穂乃果「木に?」

子供「…うん」

穂乃果「う〜ん。登って取れない高さじゃないけど…女子高生が木登りってどうなんだろ?スカートだし…」

ピンポーン

花陽:穂乃果ちゃん早く帰って来て

穂乃果「花陽ちゃんの為にも早く帰らなくちゃ…でも…悩んでる時間が勿体ないね。よし、お姉ちゃんが取ってきてあげるよ」

子供「ホント?」

穂乃果「うん。ちょっと待っててね?…んしょ、んしょ…よく考えたらスカートなんだよね…んしょ…あと…少し…えいっ…取れたよ〜」

子供「わーい」

穂乃果「よっと」ストッ

穂乃果「はい。今度は手を離しちゃダメだよ?」

子供「ありがとう」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 20:35:47.78 ID:zCgOdRXfO
穂乃果「それじゃ、お姉ちゃんは行くからね」

子供「バイバーイ」



海未「花陽?どうしたのですか?…ダンスについて悩みがあるのでしょう?早く言いなさい?」

花陽「うう…とてもこれから相談にのる人の顔には見えないよ」

海未「あなたが早く言わないからでしょう?本当は悩みなどないのでは?」

花陽「…うう…それは」

海未「もしかして穂乃果に何か言われて来たとか?勉強したくないから…とか頼まれてなんて?」

花陽「ないない、ないです。ありえません」

海未「そうですか?…しかし、穂乃果は遅いですね…どちらにせよしらばっくれて帰宅してるのではないですかね?」

花陽「そ、そんな事は…」

海未「凛!希!出てきなさい!」

凛「はっ」

希「お呼びでしょうか?」

花陽「凛ちゃん!希ちゃん!?」

海未「今から穂乃果の様子を伺いに行って貰えますか?」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 20:45:08.23 ID:zCgOdRXfO
凛「え〜凛達が?」

海未「こないだ何でもすると言いましたよね?」

花陽「な、何かしちゃったの?」

凛「真姫ちゃんとかよちんにイタズラしようとしたら海未ちゃんが来て」

花陽「ええ?私もされる所だったの?」

希「海未ちゃん激おこでね。何でもするから許してって」

海未「凛?希?私はこれから花陽の相談にのらなければいけませんから…さあ、花陽?じっくり花陽をしましょう?では、行ってきて下さい」

希「凛二等兵…仕方ない、行くぞ!」

凛「はっ!」

海未「…では」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 20:55:00.56 ID:zCgOdRXfO
穂乃果「さて、漫画も買えたしさっさと帰ろう!」

雪穂「あれ?お姉ちゃん?何してるの?」

穂乃果「ゆ、雪穂…」

雪穂「部活は?」

穂乃果「今、テスト期間中だからね…あの、テキストを買いにね」

雪穂「本当に?」

穂乃果「本当だよ…でもね、私の探してるテキストはここにはなかったの。どうしてもそのテキストじゃなきゃダメなの。本当だよ?私の一番嫌いな事は人を疑う事と嘘をつく事だからね?雪穂も知ってるでしょ?」

雪穂「ま、まあ」

穂乃果「じ、じゃあ私は他の本屋さんに行くから。じゃあね」

雪穂「うん…あっちに他の本屋さんなんかあったかな?」





30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 21:05:30.12 ID:zCgOdRXfO
穂乃果「穂乃果はこの後きっと海未ちゃんに怒られる。怒られる為に穂乃果は走って帰るんだ。足止めをしてくれてる花陽ちゃんの為に、少女漫画をいち早く読むために穂乃果は走るんだ。」

希「穂乃果ちゃん!何してるのかな?」

凛「もしかして、帰ろうとしてるの?」

穂乃果「凛ちゃん?希ちゃん?」

希「海未ちゃんとの勉強会はどうしたのかな?」

凛「しらばっくれて帰るつもりじゃないよね?」

穂乃果「くっ…海未ちゃんの使いできたの?」

希「ごめんね?」

凛「穂乃果ちゃん、凛達は穂乃果ちゃんを捕まえて連行するよ?」

穂乃果「ごめん。それは無理だよ」

希「どうして?」

穂乃果「すべては正義の為に!」

希「思いっきり漫画本持ってるけどね!?わしわしMAXや〜」

凛「希ちゃん頑張れ…凛はやる事ないにゃ」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 21:07:44.31 ID:zCgOdRXfO
穂乃果「負けないよ!!」

希「何?」

穂乃果「わしわし返し」

希「いや〜」

凛「あ、あの希ちゃんが…」

穂乃果「あとは…あっ!?」

凛「え?」

穂乃果「野生のちんすこうだ」

凛「どこ?」

穂乃果「今だ!」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 21:15:37.46 ID:zCgOdRXfO
海未「さあ、花陽?穂乃果の事はもう気にする事はありません。もし、穂乃果を庇っているのであれば白状しなさい」

花陽「そんな事は…」

海未「では、早く相談の内容を…」

花陽「…」

海未「ないのでしょう?穂乃果を庇っているのでしょう?」

花陽「穂乃果ちゃんは…穂乃果ちゃんはもうすぐ帰ってくるよ!」

海未「やはり。どこか行ってるのですね?」

花陽「今は…今は大事な用事があって…でもすぐに帰ってくるよ」

海未「どうでしょうね?先ほど凛から連絡が来ましたが穂乃果は書店から出て来て漫画本を持っていたらしいですよ?」

花陽「それでも帰ってくる…私は穂乃果ちゃんを…おにぎりを…穂乃果ちゃんを信じて待つよ」

海未「おにぎり?」




33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 21:23:51.00 ID:zCgOdRXfO
穂乃果「早く…早く帰らなきゃ」

ピキ

穂乃果「ぬあっ…足が…足をつった…」



穂乃果「…情けない…情けないよ…穂乃果を信じたばかりに花陽ちゃんが怒られてしまう…でも、もう歩けない…こんなのないよ…せっかく希ちゃんも凛ちゃんも倒して来たのに…こんなって…ダメだよ。花陽ちゃんは…私を…おにぎりを待ってるんだから」



穂乃果「諦めないよ」



穂乃果「…だって可能性感じたんだ…そうだススメ…後悔したくない目の前に僕らの道が…ある」

穂乃果「動けぇ、穂乃果の足」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 21:30:43.81 ID:zCgOdRXfO
海未「あれから1時間経ちますが穂乃果は帰ってきませんね?」

花陽「…」

海未「花陽…あなたも穂乃果に手を貸したのです」

ガチャ

穂乃果「待って!」

海未「…穂乃果」

花陽「穂乃果ちゃん」

穂乃果「花陽ちゃんを怒るのはお門違いだよ。怒るなら穂乃果を怒って」

花陽「穂乃果ちゃん」

穂乃果「花陽ちゃん。穂乃果の頬を叩いて」

花陽「え?」

穂乃果「穂乃果は一瞬。ほんの一瞬だけど諦めた。帰ってお家で漫画読もうかなって思った。だから…」

バシッ

穂乃果「ありがとう、花陽ちゃん」



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 21:36:41.57 ID:zCgOdRXfO
花陽「穂乃果ちゃん。私の事も叩いて。私も一瞬穂乃果ちゃんの事を疑ったよ。漫画本だけ買ってきておにぎりを忘れるんじゃないかって」

海未「そっち?」

穂乃果「ちゃんと行きに買ったよ!」

花陽「うん。だから私を叩いて」

バシッ

花陽「穂乃果ちゃん」

穂乃果「花陽ちゃん」

ガシッ

海未「はあ。どういういきさつなのですか?」

穂乃果「これこれこうで」

海未「最初から言えば待ったのに」

穂乃果「じゃあ…許してくれるの?」

海未「あきれて言葉になりませんよ」

穂乃果「アハハ」

グゥー

海未「ほら、花陽がお腹を空かしてますよ?」

穂乃果「そうだった。はい、花陽ちゃん。おにぎりだよ」

花陽「ありがとう」

グゥ〜

穂乃果「あ、穂乃果も」

穂乃果は赤面した
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 21:37:33.36 ID:zCgOdRXfO

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「ねえ、真姫ちゃん!真姫ちゃんって怖いものある?
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「ねえ、真姫ちゃん!真姫ちゃんって怖いものある?』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。