ROAD TO 穂乃果

シェアする

穂乃果-アイキャッチ43
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 19:56:12.14 ID:rN2I5no7O
それはいつも通りのある日の事でした

穂乃果「朝はパン!昼もパン!パンパンパン~イエ~イ!今日もパンが美味い!おはようございます!」









SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478170572

元スレ: ROAD TO 穂乃果

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 19:59:44.76 ID:rN2I5no7O
穂乃果「あれ?…誰もいない」



穂乃果「おかしいな?…先に屋上に行ってようかな…ここで待ってようかな」



穂乃果「ここで待つことにしよう」



穂乃果「…誰も来ないね」



穂乃果「…なんだか眠くなってきちゃった」



穂乃果「ZZZ」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 20:10:21.46 ID:rN2I5no7O
キーンコーンカーンコーン

…のか、穂乃果ー!

穂乃果「………んにゃ?…あれ?部室?…そっか寝ちゃったんだ」

真姫「やっと起きた」

穂乃果「真姫ちゃん?」

真姫「もう。ずっと寝てるから私一人で寂しかったんだからね?」

穂乃果「え?」

真姫「寂しかったのー!!」ギュウ

穂乃果「ええ?ど、どうしたの?」

真姫「あら?…嫌がらないの?」

穂乃果「嫌ではないけど」

真姫「いつもは暑苦しいから寄るなって言うのに…」

穂乃果「…そんな事は」

真姫「やっと私の思いが届いたのね」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 20:16:00.66 ID:rN2I5no7O
穂乃果「ま、真姫ちゃん?よ、様子が…変だよ?」

真姫「何言ってるの?私の穂乃果を思う気持ちが変なわけないじゃない」

穂乃果「ええ?」

ガチャ

海未「ごきげんよう」

穂乃果「う、海未ちゃん」

海未「…穂乃果、それに真姫」

真姫「…うるさいのが来たわね」

穂乃果「え?真姫ちゃん?」

海未「うるさいのはあなたでしょ?私は皆が集まるまで趣味に興じるので静かにしていて下さい」

真姫「ですって。穂乃果?あんなのは無視して二人で仲良くお話ししましょう?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 20:36:18.09 ID:rN2I5no7O
海未「全く…穂乃果のどこがいいのか」

穂乃果「え?う、海未ちゃん?」

海未「は?」

穂乃果「え?何?」

海未「今さら海未ちゃんなんて呼び方やめてください。虫酸が走ります」

穂乃果「ええ?」

海未「さ、二人は無視して私はこれの続きを」

穂乃果「これって…ゲーム?海未ちゃんが?」

真姫「どうしたの?海未がゲームをやってるのなんか」

海未「ゲームの何が悪いのです?私はこれからデートなのです」

真姫「画面の中の人とでしょ?」

海未「文句あるのですか?」

真姫「べっつに~」

海未「あなた方には良さわからないでしょう?」

真姫「全然わからないわね」

海未「ならほっといてください」

穂乃果「ちょ、ちょっと二人とも?」

真姫「なあに?ほ・の・か」

海未「…」

穂乃果「どうしちゃったの?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 20:42:57.06 ID:rN2I5no7O
海未「何がですか?」

穂乃果「いや二人とも何か変だよ」

海未「…あなたの方こそ様子が変ですが。真姫なんかと仲良くしちゃって」

真姫「やっと私の思いが届いたのよ。何?嫉妬?幼なじみを取られて焦ってるの?」

海未「まさか」

真姫「そうよね。あなたは画面から出て来れない人間が好きなんですものね?」

海未「だから何です?あなたに迷惑掛けました?」

穂乃果「あ、あーーー!?」

真姫「な、何?どうしたの?」

穂乃果「私、用事を思い出した。ち、ちょっと行ってくるね?」

真姫「え?ほ、穂乃果?どこ行くの?」

海未「ふん」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 20:52:20.60 ID:rN2I5no7O
穂乃果「…あれは何だったんだろう?海未ちゃんも真姫ちゃんも明らかに様子がおかしかった」

希「ほーのーかーちゃん!?」

穂乃果「え?あっ!?希ちゃん」

希「どしたん?何かあったん?」

穂乃果「じ、実は…」


希「真姫ちゃんと海未ちゃんの様子がおかしい?」

穂乃果「そうなの」

希「あの二人の様子がおかしいのはいつものことやん」

穂乃果「ん~…そうなんだけど。いつもと違うと言うか」

希「…なんか穂乃果ちゃんのが様子が変に思えるけど」

穂乃果「え?私?」

希「うん。いつもより子供っぽいと言うか…」

穂乃果「初めて言われたよ」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 21:06:36.00 ID:rN2I5no7O
希「そう?」

穂乃果「うん。いっつも雪穂に子供っぽいって言われるし」

希「雪穂さんに?」

穂乃果「雪穂さん?」

希「ん?」

穂乃果「いや…」

希「ウチは科学研究部の方に顔を出してからそっちに行くから」

穂乃果「科学研究部?」

希「そうやけど?そっち行ったら海未ちゃんと真姫ちゃんの様子を気にかけてあげるよ」

穂乃果「う、うん。それよりも科学研究部って?希ちゃんが?」

希「え?ウチと言えば科学やん。科学の申し子東條希やん」

穂乃果「科学の…申し子?」

希「うん」


真姫「ほのかぁーー。どこに行ったのーー?」

穂乃果「え?ま、真姫ちゃん?」

真姫「穂乃果ーーーーー。」

穂乃果「わ、私行くね」



希「…なんだ。いつも通りやん」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 21:18:38.84 ID:rN2I5no7O
穂乃果(明らかに希ちゃんも様子がおかしかったよね?海未ちゃんや真姫ちゃんに比べればそこまで変化はなかったけど…ドッキリ?これはもしかしてドッキリなのかな?)

凛「あれ?穂乃果じゃない?」

花陽「あぁ?穂乃果?」

穂乃果「え?…凛ちゃん?花陽ちゃん?って凛ちゃん髪長っ!?」

凛「え?」

穂乃果「いや、ちょっと」

凛「穂乃果は何してたの?」

花陽「大方見当はつくぜ。真姫だろ?」

穂乃果「…ま、まあ。それよりも二人とも」

花陽「全く。真姫もしょうがねぇやつだな」

穂乃果「う、うん。これは…あの…ドッキリ?」

花陽「は?」

凛「穂乃果…なんか様子が変だけど?どうしちゃったの?」

穂乃果「え?」

凛「何かあった?お姉さんに相談してごらん?」

穂乃果「お姉さん?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 21:34:20.74 ID:rN2I5no7O
凛「なあに?何か不満?これでも私達は三年生なんだから」

花陽「何?不満なのか?いくら穂乃果とはいえ生意気だな」

凛「ちょっと、どうしてあんたはそうケンカ越しなのよ?」

花陽「別に…これがアタシのしゃべり方なんだよ」

穂乃果「…目の前で繰り広げられてる光景についていけないよ」

凛「…本当に様子が変だよ?」

花陽「そうだな、変だ」

穂乃果「そ、そんな事は」

凛「なんだろ?髪型のせいかな?」

穂乃果「え?髪型?」

凛「珍しくサイドでまとめてるから」

穂乃果「ええ?」

凛「心なしか落ち着きがなくて子供っぽいというか…」

花陽「しゃべり方も変だしな」

穂乃果「…いつも私ってどんなしゃべり方だっけ?」

花陽「はあ?」

凛「本当に大丈夫?なんか心配になってきちゃったんだけど。何かあったんなら本気で相談に乗るからね?」

穂乃果「アハハ…大丈夫…です」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 21:54:05.88 ID:rN2I5no7O


穂乃果「はあ…どうなってるの?…花陽ちゃんも凛ちゃんも普段と違ったな…ドッキリなんかじゃない…凛ちゃんは髪がロングになってたし二人とも身長も伸びてたような…三年生って言ってたし」

ことり「よっ、穂乃果!!」

穂乃果「え?…こ、ことりちゃん?」

ことり「なんだよ~人を幽霊見たいによ~」

穂乃果「いや…そんな事は」

ことり「部室に行かないの?」

穂乃果「こ、これから」

ことり「ん~、穂乃果?」

穂乃果「何?」

ことり「いや、何か違和感が…気のせいだよね?」

穂乃果「う、うん」

ことり「ちょうど良いや。あたしもこれから部室に行くところだったんだ。一緒に行こうか?」

穂乃果「え、えっと」
(何だろう?この飄々とした感じのことりちゃんは)

ことり「ん?…あっ!?にこ!?」

穂乃果「え?にこちゃん?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 22:01:34.87 ID:rN2I5no7O
にこ「こ、こんにちは」

ことり「ん、こんにちは」

穂乃果「こ、こんにちは」

ことり「にこもこれから部室に行くのかな?」

にこ「いえ」

ことり「部室に行かないの?」

にこ「花陽ちゃんにおにぎりを買ってくるように言われてて」

ことり「花陽に?全く、花陽もな~。にこも嫌なら嫌ってはっきり言わなきゃダメだよ?」

にこ「い、いえ。別に嫌ってわけでは」

ことり「自分で食べたい物は自分で買いに行くべきだからね?な?穂乃果?」

穂乃果「う、うん」

ことり「あたしが言っといてやるからな」

にこ「い、いえ。本当に大丈夫ですから」

ことり「そう?」

にこ「はい」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 22:10:20.59 ID:rN2I5no7O
絵里「あら?穂乃果にことり」

ことり「ん?」

穂乃果「絵里ちゃん」

絵里「二人ともこれから部室?」

穂乃果「う、うん」

絵里「そう…なあに?私の顔に何かついてる?」

穂乃果「い、いや…別に」

ことり「絵里もこれから?」

絵里「そうね。今向かうつもりだったの」

穂乃果(絵里ちゃんは…特に変わった所は…でも、希ちゃんみたいに…)

ことり「ん?…絵里、制服にご飯粒ついてるぞ」

絵里「え?本当?」

ことり「どうやったらそんな所につくんだよ~」

絵里「ハラショー」

穂乃果(絵里ちゃんは普段通りだなぁ)
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 22:22:17.72 ID:rN2I5no7O
穂乃果「…」

ことり「花陽~、あんまりにこをパシりにつかうなよな?」

花陽「あぁ?パシりになんかしてねぇよ。にこがまだ部室に来てなかったからついでにおにぎりを買ってきてくれって頼んだだけだよ」

凛「わざわざコンビニまで行かせたんでしょ?思いっきりパシりにしてるじゃない」

にこ「だ、大丈夫ですから」

花陽「そうだよな?にこは一年生だしな?」

ことり「学年とか関係ないだろ?」

凛「そうよ」

花陽「わ、わかったよ」

真姫「穂乃果~どこに言ってたの?探したのよ?」

穂乃果「アハハ…」

海未「うるさいですね。集中できません」

希「もうちょっと静かにしよ?ウチも論文を書いてるから

花陽「そんなの他でやれよ」

真姫「そうよ」

絵里「み、皆。練習するわよ」

穂乃果「…誰も聞いてないね」










15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 22:44:30.19 ID:rN2I5no7O


穂乃果「ハァ」

ガララ

雪穂「お帰り」

穂乃果「ただいま…って雪穂?」

雪穂「姉を呼び捨てにするとは偉くなったなぁ」

穂乃果「姉?…そう言えば」



穂乃果「うん。雪穂に子供っぽいって言われるし」

希「雪穂さんに?」

穂乃果「雪穂さん?」



穂乃果「って言ってた」

雪穂「どうしたのよ?玄関の前でボーッとしちゃって」

穂乃果「いや…私、部屋に行ってるね」

雪穂「店番代わりなさいよ」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 22:50:25.63 ID:rN2I5no7O


穂乃果「まず、現状を把握しなきゃ。まず真姫ちゃんが何故か私の事を好きになってて海未ちゃんがゲーム好きに。花陽ちゃんがワイルドになってて凛ちゃんがお姉さんっぽくなってて二人は3年生で。希ちゃんはスピリチュアルじゃなくて科学好きになってるけど性格はそこまで変化なし。ことりちゃんは掴み所がない感じだしにこちゃんは後輩になってるし…絵里ちゃんは今の所変化がわからない。そして雪穂が姉になってる」



穂乃果「あ~頭がこんがらがって来たよ」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 23:00:44.21 ID:rN2I5no7O


穂乃果「はあ…結局昨日はよく眠れなかったぁ。お父さんは饒舌になってるしお母さんは…あんまり変わらなかったな」

ことり「おはよう、穂乃果」

海未「おはようございます」

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん…おはよう」

海未「また、海未ちゃんと…」

ことり「昨日からこの調子なんだよな~」

海未「一体何を企んでいるのやら」

穂乃果「…私昨日から変かな?」

ことり「そうだね。少し変だぞ~?」

海未「ふん。気持ち悪いですよ」

穂乃果「…そう」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 23:10:14.86 ID:rN2I5no7O


穂乃果(…変なのは皆じゃなくて、私。今の私は異質の存在って事だよね。…でも、一昨日までの記憶は確かにある。私の知ってる皆はちゃんと存在してるはず。…パラレルワールド…映画や漫画では見たことあるけど…)

教師「高坂!この問題分かるよな?」

穂乃果「え?」

教師「どうした?」

穂乃果「え?どこ?………わかりません」

クラスメイトA「え?高坂さんが?」

クラスメイトB「珍しいわね」

クラスメイトC「どうしたのかしら?」

教師「大丈夫か?どこか調子悪いのか?」

穂乃果「い、いえ…大丈夫です」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 20:29:57.86 ID:8gbVwM8nO
キーンコーンカーンコーン

ことり「穂乃果~やっぱり様子が変だぞ~?」

穂乃果「え?」

ことり「なんかあんだったら言いなよ?幼なじみなんだからさ」

穂乃果「う、うん。私、ちょっとトイレ行ってくるね」

ことり「本当に大丈夫かよ~」

海未「ふん。最初から私達の事なんかあてにしてないのでしょう」

ことり「おいおい。あんまそんな事は言うなよな」

海未「ふんっ…昔から穂乃果は…」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 20:36:40.27 ID:8gbVwM8nO
穂乃果(皆の認識では私は大人っぽくて勉強が出来て…私とは正反対…いや正反対まではいかなくても…やっぱり正反対か…海未ちゃんとは上手くいってないみたいだし…パラレルワールドかぁ…普通だったらあり得ないけど…それしか。だとするとどうして?)

キーンコーンカーンコーン

穂乃果「やばい。次の授業が始まる…この状況で何を言ってるんだろ」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 20:41:08.99 ID:8nq8CiYrO


穂乃果「あれから一通り授業は受けたけど…どんだけ優秀だったんだろ私…皆の私を見る目が?だったよ」

男「高坂君」

穂乃果「へ?…えっと」
(誰?この男の人。どこかで見た事あるような気もするけど)

男「理事長室に来てくれないかな」

穂乃果「…理事長!?」

理事長「どうした?」

穂乃果「り、理事長が…男…」

理事長「?」




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 20:47:01.88 ID:8nq8CiYrO


バタン

絵里「理事長!?」

理事長「待たせたね」

絵里「いえ…」

穂乃果「絵里ちゃん」

絵里「あの…それで話って?どうして私と穂乃果を?」

理事長「実は君たちに折り入ってお願いしたい事があるんだよ」

穂乃果「お願い?」

理事長「実は…今我が校は廃校の危機にあるんだ」

穂乃果「!?」

絵里「え?」

理事長「そこでスクールアイドルとして活動してる君達に我が校を盛り上げてもらってどうにか廃校の危機を救って欲しいんだ」

絵里「そ、そんな短絡的な」

穂乃果「…」

理事長「どうだろう?」

絵里「…一度皆で話し合ってみます」

理事長「前向きに頼むよ」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 21:11:08.48 ID:8nq8CiYrO
絵里「…という事なんだけど…海未、聞いてるの?」

海未「…聞いてます」

ことり「ゲームすんのやめろよな」

海未「…」

穂乃果(廃校の危機…私の場合はオープンキャンパスでしばらくはなんとかなったけど…)

花陽「はっきり言って無理だろ」

穂乃果「え?」

希「そうやねえ。とてもウチらだけじゃ」

凛「うん。難しいかもね。スクールアイドルって言っても何の実績もないんだもんね」

穂乃果「で、でも廃校になっちゃうんだよ?」

ことり「仕方ないさ。時代の流れだよ」

真姫「私は穂乃果が居ればどこの学校でもいいし」

にこ「え、絵里ちゃんは?」

絵里「無理よ…」

穂乃果「絵里ちゃん?」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 21:13:47.12 ID:8nq8CiYrO
絵里「私達は高校生なのよ?やれる事には限度があるわ」

穂乃果「そんな…」

絵里「悲しいけどそれが現実なのよ」

穂乃果「何もしないでただ諦めるなんて…そんなのないよ」ダッ

バタン

絵里「…穂乃果」

海未「…」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 21:25:45.91 ID:8nq8CiYrO
穂乃果(そりゃあ、私はこの世界の住人じゃないよ…多分。だけど…いくら違うからって音ノ木坂がこのまま廃校になっていくのを黙って見てるなんてやだよ。それに私の知ってる皆だったらあんな事は…絵里ちゃんだってずっと必死に廃校を阻止しようとしてたのに)

海未「…」

穂乃果「…海未ちゃん?」

海未「とっくに帰ったかと思いましたが」

穂乃果「…」

海未「穂乃果…あなたは何がしたいのですか?」

穂乃果「そんなの…廃校を阻止したいに決まってるでしょ?」

海未「一人で?無駄ですよ?一人じゃやれる事だって限られてくる」

穂乃果「そうだよ。限られてるよ。何も出来ないかもしれない。何も変わらないかもしれないよ。でも、無駄じゃないかもしれない。やらないよりはマシだよ。…だから、私は一人でもやるよ」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 21:52:48.83 ID:8nq8CiYrO
海未「あなたは昔からそうでしたね。なんでも出来るからって一人でやって…まるで私やことりなんか必要ないみたいに…」

穂乃果「ごめんね、海未ちゃん。多分、私は海未ちゃんが知ってる穂乃果じゃないと思うんだ」

海未「は?」

穂乃果「私にとってね、海未ちゃんとことりちゃんはずっと親友だったよ?」

海未「…」

穂乃果「あなたも私の知ってる海未ちゃんじゃないけどさ気にかけてくれたんでしょ?ありがとね」

海未「…穂乃果」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 22:13:26.95 ID:8nq8CiYrO
告知

講堂にて16:00より

高坂穂乃果

LIVE START!!
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 22:16:58.70 ID:8nq8CiYrO
希「…やる気なんやね」

真姫「…穂乃果、そんな」

花陽「無理があんだろ」

にこ「穂乃果ちゃん」

絵里「そんな…無茶よ」

海未「…」

ことり「…海未?」

海未「…皆さん、ちょっと」




30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 22:21:25.55 ID:8nq8CiYrO
15:30

穂乃果「大丈夫…出来るよ。この世界の廃校も阻止してみせるよ」

………

穂乃果「…お客さん、満員だなぁ。こっちの私ってよっぽど優秀だったんだなぁ。ファーストライブの時とは大違い。お客さん居なかったし私も一人じゃなかったし」

15:50

穂乃果「はあ…行こう!」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 22:27:43.11 ID:8nq8CiYrO
穂乃果ー!!

穂乃果「え?」

真姫「全く、なんて顔してるのよ?」

にこ「そうよ。アイドルは笑顔が基本でしょ?」

希「うん。穂乃果ちゃんは笑顔が一番やん?」

花陽「そうだよぉ。さあ、元気だして?」

凛「全力でいっくにゃ~」

穂乃果「…どうして」

海未「全く一人でなんて?穂乃果にはいつも驚かされますね」

ことり「でも、穂乃果ちゃんらしいなぁ」

絵里「穂乃果。私達も一緒にステージに立つわ」

穂乃果「みんな…どうして?いつも通り」

絵里「さあ、行きましょう!」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 22:36:34.33 ID:8nq8CiYrO
I SAY HEY HEY HEY

START DASH

穂乃果(そうか…私は肝心な事を忘れてたんだね。この世界が私の世界じゃなくても…あの時海未ちゃんが気にかけてくれたのだって…そうか、皆が私の知ってる皆じゃなくても仲間は仲間なんだ。私は皆を)

信じてるよ…だからスタート





33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 22:44:21.10 ID:8nq8CiYrO
ワァァ。

アンコール!アンコール!

穂乃果「皆、ありがとう」

花陽「あたりまえだろ?仲間なんだからよ」

にこ「そうです。私もこの学校好きですし」

凛「みんなバラバラになったら寂しいもんね」

真姫「私は穂乃果の為ならいつでも立ち上がるけどね」

希「そうやね。リーダーがやる気なんやもん」

ことり「結構ハラハラしたんだよ~」

絵里「私は臆病でいざという時にいつもなにも出来ないけど…あなたを一人にはしないわ」

海未「…」

穂乃果「…海未ちゃん」

海未「…あの時言ったじゃないですか。親友だって…だから」

穂乃果「うん。親友だよ。私も…きっとこっちの私も」

海未「え?」

穂乃果「何でもない」

アンコールアンコール

穂乃果「さあ、みんな行こう!」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 22:46:40.49 ID:8nq8CiYrO
穂乃果「1」

ことり「2」

海未「3」

真姫「4」

凛「5」

花陽「6」

にこ「7」

希「8」

絵里「9」

μ's music start

ワァァァァァァ
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 22:50:25.68 ID:8nq8CiYrO
穂乃果「………んにゃ?…あれ?部室?」

真姫「やっと起きた」

穂乃果「…真姫ちゃん?」

真姫「何よ?」

穂乃果「だ、抱きついて来ないの?」

真姫「はあ?何言ってるのよ?イミワカンナイ」

穂乃果「いつもの真姫ちゃんだぁ」

真姫「…大丈夫?」

ガチャン

凛「あ、穂乃果ちゃん起きたんだ」

花陽「気持ち良さそうに寝てたもんね?」

海未「全く、たるんでます」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 22:53:15.62 ID:8nq8CiYrO
穂乃果「ご、ごめん」

希「寝坊助さんやね」

穂乃果「…アハハ」

ことり「何度起こしても起きなかったんだよ?」

凛「もう、穂乃果ちゃん待ちにゃ~」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 22:57:23.43 ID:8nq8CiYrO
ガチャ

にこ「あ、穂乃果…やっと起きたのね?」

絵里「待ったわよ」

穂乃果「絵里ちゃん!…にこちゃん!」

にこ「な、何よ?人の顔をジロジロ見て」

穂乃果「あのにこちゃんも可愛かったけどやっぱりにこちゃんはこうじゃなきゃね」

にこ「はあ?何言ってるのよ?」

真姫「寝ぼけてる見たいなの」

絵里「さあ、練習に行くわよ?」

希「うん、カードもそうした方が良いって」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 23:01:18.14 ID:8nq8CiYrO
花陽「モグモグ」

真姫「何で練習の前におにぎりを食べてるのよ」

海未「またダイエットしたいのですか?」

花陽「そ、それは…」

凛「凛はこんなかよちも大好きにゃ~」

にこ「早く、今日はにこにーにこちゃんを発表するんだから」

真姫「気持ち悪い」

にこ「なんですって」

絵里「早く行きましょうよ」

穂乃果「そうだよ」

海未「あなたが起きなかったのでしょ?」

穂乃果「ことりちゃん、海未ちゃんがいじめるよ~」

ことり「よしよし」

ワイワイガヤガヤ





穂乃果「あれは夢だったのかな?」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 23:03:10.10 ID:8nq8CiYrO

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
ROAD TO 穂乃果
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ROAD TO 穂乃果』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。