穂乃果「あれ?ツバサさんじゃい?」ことり「え?」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ3
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 00:28:31.67 ID:F8lCVGevO
~喫茶店~

穂乃果「いやぁ、奇遇ですね?こんな所で会うなんて」

ツバサ「よくわかったわね?あの人の多さで」

穂乃果「まあ、目だけはいいんで、てへへ」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477236511

元スレ: 穂乃果「あれ?ツバサさんじゃい?」ことり「え?」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 00:32:34.36 ID:F8lCVGevO
ことり「買い物してたんですか?」

ツバサ「そうなの。あなた達も?」

穂乃果「はい」

ツバサ「よく来るの?」

穂乃果「う~ん。たまにだよね?」

ことり「そうだね」

穂乃果「ツバサさんとお茶なんて楽しいです」

ツバサ「あら?嬉しいわ。でも、ラブライブでは負けないからね?覚悟しててね?」

穂乃果「はい!私達も全力でいきます」

ツバサ「そう来なくちゃ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 00:35:18.46 ID:F8lCVGevO
穂乃果「…あっ、」

ツバサ「どうしたの?」

穂乃果「あの…トイレに」

ツバサ「遠慮しないで行ってきたら?」

穂乃果「…そうします」

ことり「大丈夫?」

穂乃果「うん。大丈夫!」

ことり「行ってらっしゃい」

穂乃果「は~い」

ことり「…」

ツバサ「…」

ことり ツバサ「あの」

ことり「…えっと」

ツバサ「どうぞ?」

ことり「いえ、ツバサさんから」

ツバサ「いえ、南さんからどうぞ?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 00:38:01.32 ID:F8lCVGevO
ツバサ「そんな…南さんから」

ことり「でも、」

ツバサ「いいから…ね?」

ことり「あ…名前!名前似てますね?」

ツバサ「え?誰と誰が?」

ことり「私とツバサさんが…」

ツバサ「そうね…似てるわね」

ことり「…ツバサさん…どうぞ?」

ツバサ「えっと…南さん?趣味は?」

ことり「え?趣味?」

ツバサ「そう…趣味」

ことり「えっと…裁縫です」

ツバサ「そう」

ことり「はい」

ツバサ「…」

ことり「…」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 00:45:48.73 ID:F8lCVGevO
ことり「…」

ツバサ「…」

ことり ツバサ「…あの」

ツバサ「え?何?」

ことり「いえ、今度こそツバサさんから」

ツバサ「いえ…南さんから…小鳥ありきの翼だし」

ことり「え?」

ツバサ「いえ…あの…ことりさんの好きな食べ物は?」

ことり「チーズケーキです」

ツバサ「あ、そうなの?ちょっと待ってね………あ、ここチーズケーキない…」

ことり「あ、そんな気を使って頂かなくても」

ツバサ「いえ、気なんて…」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 00:51:44.60 ID:F8lCVGevO
穂乃果「お待たせ~」

ことり「あ、穂乃果ちゃん!大丈夫?ここのコーヒー美味しいね?」

ツバサ「穂乃果さん!良く見るとお洒落ね!可愛いわ」

穂乃果「え?何?一斉に話さないで?」

ことり「あ、ごめん」

ツバサ「ごめんなさい」

穂乃果「いや、いいけど…二人でなんのお話しをしてたんですか?」

ことり「…えっと」

ツバサ「もう、いっぱい喋り込んじゃったわ。ね?」

ことり「え?そ、そうですね?」

穂乃果「そうなんだ~。同じスクールアイドルだもんね」

ことり「うん」

ツバサ「そうね。スクールアイドルも今年はレベルが上がってきたしお互い切磋琢磨して」

プルル

穂乃果「あ、電話だ…ごめんなさい。ちょっとまた二人で熱く語ってて下さい」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 00:54:27.40 ID:F8lCVGevO
ことり「…」

ツバサ「…」

ことり「どうします?」

ツバサ「え?」

ことり「熱く語ってて言ってましたよ?」

ツバサ「そ、そうね?」

ことり「熱く…」

ツバサ「熱く…」

ことり「ツバサさんはどっちかって言うとクールなイメージですから…ね?」

ツバサ「いや、いいんじゃないかしら?私が熱く語っても」

ことり「…でも」

ツバサ「でも?」

ことり「…」

ツバサ「ちょっと?黙らないで?私達熱く語らなきゃいけないのよ?」

ことり「…そんなのは」

ツバサ「無理?無理なの?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 01:01:15.92 ID:F8lCVGevO
ことり「そんな事は…」

ツバサ「じゃあ、熱く語りましょう?」

ことり「はい」

ツバサ「クールに熱く」

ことり「…どっちですか?」

ツバサ「え?」

ことり「冷やすのか熱するのか?」

ツバサ「いや、この場合は…一見クールに見えて内では魂が燃えてる的な」

ことり「あ、分かりました」

ツバサ「え?本当にわかった?」

ことり「はい」

ツバサ「じゃあ…」

ことり「…」

ツバサ「ら、ラブライブ…お互い切磋琢磨していきましょう?」

ことり「…はい!」

ツバサ「優勝しましょう?」

ことり「いや、それはどっちかしか」

ツバサ「あ、そうね」

ことり「…」

ツバサ「…」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 01:05:03.47 ID:F8lCVGevO
ツバサ「無理ね」

ことり「え?」

ツバサ「私達二人じゃ無理ね?」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 01:10:33.52 ID:F8lCVGevO
ことり「でも…」

ツバサ「まず、お互い気を遣うのをやめましょう?」

ことり「…え?」

ツバサ「無理に気を遣って穂乃果さんが居たときの雰囲気を出そうとするのをやめましょう?」

ことり「なるほど」

ツバサ「私達は熱く語るタイプじゃないし…」

ことり「そうですね」

ツバサ「そんな簡単には息も合わないわ」

ことり「確かに」

ツバサ「ゆっくり、少しずつ距離を埋めていきましょう?」

ことり「はい」

ツバサ「じゃあ、素直な気持ちを話して?」

ことり「とても気まずいです」

ツバサ「なるほど…」

ことり「はい」

ツバサ「それを言ってしまうのね?」

ことり「え?ダメですか?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 01:13:05.47 ID:F8lCVGevO
ツバサ「いえ…素直な気持ちをって言ったのは私だもの…」

ことり「ですよね?」

ツバサ「でも…まさかね?」

ことり「…すいません」

ツバサ「謝らないで?」

ことり「え?」

ツバサ「謝らないで…下さい」

ことり「敬語になっちゃった」

ツバサ「あっ…」

ことり「…」

ツバサ「あの…ね?」

ことり「はい…」

ツバサ「気まずいわね?」

ことり「…ごめんなさい」

ツバサ「謝らないで」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 01:16:17.32 ID:F8lCVGevO
穂乃果「お待たせしました~」

ことり「あ、穂乃果ちゃん!誰から電話?」

ツバサ「あれ?穂乃果さん、スマホなのね?どこの機種かしら?」

ことり「あ、海未ちゃん?海未ちゃんから電話?海未ちゃんも今日来れば良かったのにね?」

ツバサ「私の機種と同じじゃない?」

穂乃果「一度に話さないでください。そんなにいっぺんに聞き取れないよ。徳川家康じゃあるまいし」

ツバサ「?」

ことり「あ、それは聖徳太子だね?」

ツバサ「なるほど!聖徳太子ね」

穂乃果「…もしかして…二人きりで気まずかったり?」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 01:20:23.12 ID:F8lCVGevO
ツバサ「そんな事は…ねえ?」

ことり「はい」

穂乃果「本当に?」

ツバサ「それはもう…ね?」

ことり「うん。すっごくお話ししちゃった」

ツバサ「名前も似てるしね?」

ことり「そうなの。ことりとツバサなんて」

ツバサ「μ'sの歌にも頻繁に出てくるものね?ことりとツバサ!相性いいわね」

ことり「そうなの!ツバサさんとは凄く相性いいの!さっきなんてもうお互いに気を使って喋るのはやめようって話してた所なの」

ツバサ「そうなのよ。もう、お喋りが止まらなくて、ね?」

ことり「はい」

穂乃果「わあ。二人とも凄く仲良くなったんだね?息もぴったりだし今もお互いの仲の良さを熱く語ってたもんね?」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 01:22:00.32 ID:F8lCVGevO
ツバサ「そうなの」

ことり「うん。相性抜群だよ!」

穂乃果「なら、心配ないね。実は今ね、学校から呼び出し掛かっちゃってさ一時間で戻って来るから二人でお話ししててくれません?」

ツバサ ことり「え?」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 01:24:38.91 ID:F8lCVGevO
「お裾分け」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/25(火) 18:50:02.18 ID:4swnoOmqO
ことり「遅れちゃいましたぁ」

海未「…」ペラッ

ことり「あれ?海未ちゃん一人だけ?」

海未「…」ペラッ

ことり「おーい!海未ちゃーん」

海未「おや?ことり」

ことり「やっと気付いた」

海未「本を読むのに集中していて」

ことり「そうなんだぁ」

海未「しかし、遅かったですね」

ことり「これ!お母さんが貰ったんだって。皆で食べて」

海未「ケーキですか?」

ことり「うん。ここに置いておくから食べていいよ。私はちょっと職員室に用事があるから」

海未「その為に一度部室に顔を出しに来たのですか?」

ことり「うん」

海未「後で良かったのに」

ことり「ケーキ持って職員室に行くわけにも」

海未「それもそうです」

ことり「じゃあ、行くね?」

海未「はい」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/25(火) 21:22:08.55 ID:4swnoOmqO
ガチャ

希「お疲れさま~」

海未「…」ペラ

希「…海未ちゃん?」

海未「あっ、希」

希「海未ちゃん一人?」

海未「はい。あっ、ことりがケーキを持ってきてくれたので召し上がって下さい」

希「いいの?12個も入ってるやん。じゃあ、このモンブラン貰おう」

海未「…」ペラ

希「ん~美味しい」

海未「…」ペラ

希「海未ちゃんは食べないの?」

海未「…後で頂きます」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/25(火) 21:29:52.59 ID:4swnoOmqO
希「あっ!そういえばえりちが図書室で待ってるんやった!ごめん、海未ちゃん。ちょっと行ってくるね」

海未「あっ!はい!絵里にも早く来るように行って下さいね」

希「うん。ごめんね」

海未「…」ペラ

ガララ

凛「おっ疲れにゃ~」

海未「…」

凛「…海未ちゃん本読んでるの?」

海未「…ああ、凛?そうですよ?」ペラ

凛「ねえ、海未ちゃん。これなに?」

海未「ケーキですよ。ことりが持ってきてくれたのです」

凛「食べていいの?」

海未「はい」ペラッ

凛「じゃあ、頂きま~す。あっ、チョコレートケーキ美味しいにゃ」

ピンポーンパンポーン

一年生の星空凛さん。至急職員室まで

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/25(火) 21:33:09.34 ID:4swnoOmqO
海未「…呼ばれてますよ?」ペラッ

凛「最悪にゃ~」

海未「何をしたのです?」ペラッ

凛「あっ!宿題出してないにゃ」

海未「早く行ってきなさい?」

凛「うん。あっ、真姫ちゃんとかよちんも少し遅れて来ると思うよ」

海未「…そうですか」ペラッ

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/25(火) 21:44:50.97 ID:4swnoOmqO
…30分後

ガララ

ことり「あれ?海未ちゃん一人?」

海未「…ことり。そうですね、一人です」ペラッ

ことり「まだ本を読んでたんだ。そういえば凛ちゃんは職員室でお説教されてたけど…」

海未「そうなんですか」ペラ

ことり「…穂乃果ちゃんはどこに行っちゃったのかなぁ?」

海未「…」ペラ

ことり「海未ちゃんは一人で本読んでるし。ケーキ食べようかな…あれ?」

海未「…」ペラ

ことり「ケーキが9つしかない。12個入りって言ってたのに。海未ちゃん食べたんだ…3つも」

海未「…」ペラ

ことり「…まだ皆分あるし…仕方ないか。私も食べよ」

海未「…さて…ことり、美味しそうですね」

ことり「うん。チーズケーキ美味しいよ」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/25(火) 21:51:49.05 ID:4swnoOmqO
海未「さて、私も頂きましょう」

ことり「え?食べるの?」

海未「え?いけませんか?」

ことり「海未ちゃんはもうダメだよ」

海未「…そうですか」

ことり「そうだよぉ」

海未「わかりました」

ことり「…穂乃果ちゃん遅いね?」

海未「…そうですね」

ことり「…あっ!もしかして明日の生徒会の会議を今日と間違えてるんじゃ?」

海未「まさか」

ことり「ちょっと見てくるね?」

海未「はい」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/25(火) 21:59:07.08 ID:4swnoOmqO
ガララ



海未「…私何かしてしまったのでしょうか?ケーキはまだ8つもあるのに…なぜ、私は食べてはいけないのですか?」



ガララ

ことり「穂乃果ちゃん生徒会室にいたよ」

穂乃果「えへへ~会議明日だっけ?おかしいと思ったんだよね~」

海未「まったく、生徒会長なんですからじっくりしてください」

穂乃果「あっ!ケーキだ!」

ことり「お母さんが皆で食べてッて」

海未「…」

穂乃果「食べていいの?」

ことり「うん」

海未「!?」

穂乃果「じゃあ、頂きま~す」

海未「ことり…穂乃果はいいのですか?」

ことり「え?」

海未「…私、ことりに何かしました?」

ことり「え?…別に…」

海未「怒ってます?」

ことり「怒ってないよ?」

海未「本当に?」

ことり「本当に」

海未「じゃあ、私もケーキを…」

ことり「海未ちゃん、ダメだよ~」

海未「ええ?」

ことり「お腹空いてるの?」

海未「いえ。そういう訳では」

ことり「なら、海未ちゃんはもうダメだよ?」

海未「…やっぱり怒ってます?」

穂乃果「?」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/26(水) 09:34:24.01 ID:fOamTuqgO
ことり「怒ってないよ?でも、海未ちゃん?いくら何でももう食べちゃダメだよ?」

海未「どうしてもですか?」

ことり「うん。どうしてもダメだよ」

海未「人数ぴったりあるのに?」

ことり「でもダメだよ。皆の事も考えて?」

海未「では余った一つはどうするのですか?」

ことり「それは皆でじゃんけんだよ」

海未「私も?」

ことり「海未ちゃんはダメだよ」

プルル

ことり「あ、電話だ。ちょっと外で出てくるね?」

ガチャ

穂乃果「ここですればいいのに…海未ちゃん何しちゃったの?」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/26(水) 09:39:40.59 ID:fOamTuqgO
海未「わかりませんよ…まさか、ことりが居るのに読書に夢中で相手をしなかったから?」

穂乃果「あ~それだよ。ことりちゃんが怒るなんて滅多にないよ?」

海未「そうでさね。ケーキはいっぱいあるのに食べさせくれないなんて」

穂乃果「まあ、穂乃果も一緒に謝ってあげるからさ」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/26(水) 22:55:27.66 ID:fOamTuqgO
海未「本当ですか?」

穂乃果「うん」

海未「正直ことりを怒らせた事がないので対処の仕方がわからないのです」

穂乃果「穂乃果もないよ。海未ちゃんにはよく怒られるけど…ことりちゃんはないな」

海未「ことりを怒らせるなんて…わたしよっぽどだったんですかね?」

穂乃果「そうだね。きっと、よっぽどだったんだね」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/26(水) 23:03:23.59 ID:fOamTuqgO
ガチャ

ことり「ふう」

海未「ことり、申し訳ありませんでした」

ことり「え?」

穂乃果「ことりちゃん、許してあげて?」

ことり「何を?」

海未「ことりがいるのに一人で読書をして相手にせず申し訳ありません」

ことり「え?そんな事で怒ってないよ?」

海未「じゃあ?じゃあいったい?」

穂乃果「ことりちゃん、お願い。海未ちゃんにケーキを食べさせてあげて?」

海未「穂乃果、最早ケーキはどうでも…」

ことり「そんなに食べたいの?」

海未「え?」

ことり「仕方ないなぁ。皆には内緒だよ?」

海未「え?…はい」

ことり「じゃあ、もうひとつどうぞ」

穂乃果「もうひとつ?」

海未「ありがとうございます」

ことり「美味しい?」

海未「美味しいです。物凄く美味しいです」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/26(水) 23:11:49.81 ID:fOamTuqgO
ことり「そんなにお腹空いてたんだ」

穂乃果「う~ん。そっちじゃないような」

海未「あぁ、美味しいです。なんでしょう?安心して涙が出そうです」

ことり「あそこまで喜んで貰えると…少しビックリだね」

ガチャ

希「いやぁ、凛ちゃん校内放送で呼ばれてたね?」

凛「…宿題くらいで怒らないでほしいにゃ」

希「それは凛ちゃんが悪いよ」

穂乃果「あっ、凛ちゃん、希ちゃん」

ことり「遅かったね?凛ちゃんは職員室で見かけたけど」

希「あ、ことりちゃんケーキご馳走様」

凛「美味しかったよ?凛、二個食べちゃった」

希「あ、それはズルいやん」

ことり「え?」

希「あ、海未ちゃん今食べてるんやね。さっき後で食べるって言ってたからね」

海未「美味しい、美味しいです」

凛「…なんか引くくらい喜んでるね?」

ことり「…そうだね」

穂乃果「なるほど、そう言う事か」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/28(金) 19:26:02.95 ID:no5+mCEBO
「内緒の話」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/28(金) 19:35:05.63 ID:no5+mCEBO
凛「かよちん、来週のお泊まり会どうしようか?」

花陽「あ、うん。そうだね。真姫ちゃんは初めてだもんね」

凛「何か二人でびっくりさせてあげようよ」

花陽「何かお料理する?」



絵里「ふう…先生のお手伝いをしていたら遅れてしまったわ…あれ?もう誰か来ているわね」

凛「でもね、真姫ちゃん嫌い何だよね」

花陽「そうなんだ。奇遇だなぁ。私も正直苦手なの」

凛「え?かよちんも苦手なんだ」

花陽「…うん」

絵里「ええ?あんなに仲良さそうなのに?」

真姫「…絵里、部室の前で何してるのよ?」

絵里「ま、真姫?いや、あのね?」

真姫「さっさと入りなさいよ」

ガララ

凛「あっ!?…ま、真姫ちゃん!?」

真姫「何よ?」

凛「いや…別に?」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/28(金) 19:40:51.10 ID:no5+mCEBO
絵里「ふ、二人とも早いわね」

凛「あ、絵里ちゃんも」

真姫「まだ、二人だけ?」

花陽「う、うん」

真姫「そう。…二人で何してたの?」

凛「いや…別に?何にも話してないよ?」

絵里(凄く嘘くさい)

真姫「…そう?」

凛「うん。真姫ちゃんの事なんて何にも話してないよ?」

花陽「凛ちゃん!?」

真姫「私の事を話してたのね?」

凛「べ、別に?」

真姫「教えなさいよ」

絵里「あ、あ~ねえ?知ってる?鰻ってあれ実は黒色じゃないらしいわよ?」

凛「…え?」

真姫「何よ?急に」



46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 22:02:28.78 ID:zCgOdRXfO
絵里「ホント?あれって日焼けしてるだけなんだって」

真姫「へぇ」

凛「ふ~ん」

花陽「そうなんだ」

真姫「で?何を話してたのよ?花陽~」ギュウ

絵里(あの、真姫が花陽に抱きついてる…変わったわね真姫…あの真姫が…でも、花陽は…)

真姫「白状しなさいよ~」

花陽「や、やめてよ~」

絵里「真姫!?やめなさい」

真姫「え?」

絵里「お願い。やめて。見てられない。心が痛いわ」

真姫「う、うん」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 22:31:08.84 ID:QctLy/2z0
真姫「…で、結局なんだったの?」

凛「何でもないにゃ~」ダキッ

真姫「わっ、ちょ、ちょっと凛!」

絵里(え?え?どういう事?凛は真姫の事…)

絵里「り、凛?何してるのかしら?」

凛「え?」

絵里「何をしてるのかしら?」

凛「真姫ちゃんとスキンシップを…」

絵里「やめなさい」

凛「え?」

絵里「真姫を弄ぶのをやめなさい」







49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 23:33:15.72 ID:8nq8CiYrO
真姫「弄ぶって何よ?」

絵里「いや…弄ぶって言うか…そのね?」

花陽「?」

凛「あ、もしかして絵里ちゃん聞いてたの?」

絵里「え、ええ。まあ…」

花陽「り、凛ちゃん」

真姫「何よ?私にも教えなさいよ」

絵里「だ、ダメよ。真姫はダメなの」

真姫「どうしてよ?私について話してたんでしょ?」

絵里「空気を読んで?お願いだから」

花陽「え、絵里ちゃん…なにもそこまで」

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 23:38:27.31 ID:8nq8CiYrO
絵里「そこまで?そこまでじゃないの?」

花陽「う、うん」

絵里「え?そうなの?どこまでなの?(関係を)直せそうなの?」

花陽「いや…それは真姫ちゃん次第って言うか…」

真姫「何?何なの?」

絵里「真姫?真姫はどうなの?心当たりはないの?自分のここがダメだな~って所」

真姫「は?なんなのよ」

絵里「いいから!いいから言いなさい」

凛「絵里ちゃん?話しが見えないけど?」

絵里「凛…任せて。こう見えても3年生なんだから」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 23:48:29.75 ID:8nq8CiYrO
絵里「どうなの、真姫?」

真姫「そりゃあ…私にだってダメな所は…素直じゃないし」

絵里「そんな事はないわ。真姫は充分素直になったわ。ね?花陽?凛?そうよね?」

花陽「う、うん」

凛「そうだね」

絵里「それは何故だか分かる?あなた達に心を許してるからなのよ?そりゃあね、仲良くなれば嫌な部分も見えて来るかも知れないけど…」

真姫「え?…どういう事?…まさか、私についての話って…私の事がき、嫌いとか?」

花陽「え?」

凛「いや」

真姫「そ、そうなのね………う、うぅ、グス…ごめんなさい…今まで気がつかなくて」ダッ

バタン

絵里「ま、真姫!?違っ」

凛「…」

花陽「…絵里ちゃん?」

絵里「…だってあなた達が真姫の事が嫌いとか言い出すから仲を取り持とうと」

凛「…凛達はただ明日のお泊まり会の話をしてただけだよ?」

絵里「だ、だって真姫が嫌いとか…」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 23:50:57.84 ID:8nq8CiYrO
花陽「それは真姫ちゃんの食べ物の好き嫌いの話だよ…」



絵里「えっと…」

凛「絵里ちゃん…やってしまった物は仕方ないにゃ…今はとにかく…真姫ちゃぁぁぁぁぁん」

ガチャ

花陽「誤解ダヨォォォォォォ」

絵里「ごめんなさいぃぃぃぃぃ」


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 00:06:14.97 ID:HNAxOr9SO
「女子の嗜み」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 00:10:55.82 ID:HNAxOr9SO
希「さて、ここら辺でお昼にしようか?」

絵里「そうね。どうする?休日だから食堂も購買も休みだけど?」

にこ「外に食べに行きましょうよ」

希「そうやね。以外とこの3人で外食って久しぶりやね」

にこ「そうね。だいたい穂乃果とか凛は居るものね」

絵里「今日は3年生で仲良く水入らずね」

にこ「そうね」

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 00:12:46.26 ID:HNAxOr9SO
希「何食べに行こうか?」

絵里「私は何でも良いわ」

にこ「にこも別に候補はないけど」

希「とりあえず移動しながら決めようか?」

絵里「そうね」
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 00:17:53.65 ID:HNAxOr9SO


希「あっ、焼肉屋さん」

にこ「嫌よ。お昼から焼肉なんて」

絵里「そうね。高校生にはなかなかお財布に厳しいしね」

希「言って見ただけやん」

にこ「どうだか」

希「あっ、牛丼屋さんがあるやん。牛丼屋さんにしようよ。安いし美味しいし最高やん」

絵里「良いわn」

にこ「嫌よ」

希「え~何で?牛丼美味しいやん。牛丼の汁だくに卵をかけて…めっちゃ美味しそう」

にこ「にこ達は女子なのよ?それもアイドルなのよ?」

希「だから?」





57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 00:22:15.88 ID:HNAxOr9SO
にこ「牛丼屋さんでどんぶりにがっついてる所をファンに見られたら幻滅されるわよ」

希「え~考えすぎやって」

にこ「しかも牛丼汁だくなんて大声で言えないわよ」

希「別に大声で言う必要はないやん?ね、えりち?」

絵里「え?ええ…まあ」

にこ「とにかくアイドルとして牛丼屋さんは無しよ」

希「偏見が強いな~」

にこ「そんな事は無いわよ。絵里はどう思うの?」

絵里「えっと…」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 00:25:07.82 ID:HNAxOr9SO
にこ「パスタとかのが女の子らしいでしょ?」

絵里「そ、そうね」

希「パスタが女子らしいってまた安直な」

にこ「とにかく牛丼はなしよ」

希「仕方ないな~じゃあ、どこにするの?パスタなんてないよ?」

にこ「…とりあえず、そこのファミレスにしましょ?」


59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 00:28:01.56 ID:HNAxOr9SO
~1週間後~

絵里「希、悪いわね。亜里沙と私の買い物に付き合って貰っちゃって」

亜里沙「希さん。ありがとうございます」

希「いやいや、ウチも楽しいよ?ウチは一人っ子やから妹が出来たみたいで」

絵里「ふふっ。さあ、ここら辺でお昼にしましょうか?」

希「そうやね。何食べようか?」

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 00:32:05.01 ID:HNAxOr9SO
亜里沙「あ、牛丼屋さんがありますよ?」

希「え?本当に?」

絵里「え?」

亜里沙「はい。希さんは牛丼好きですか?」

希「うん。めっちゃ好きよ?」

亜里沙「私も日本に来て食べてから好きになりました」

希「そうなん?」

亜里沙「はい。お姉ちゃんに連れてってもらってから大好きです」

希「え?えりちに?」

絵里「あの…亜里沙さん?」

亜里沙「お姉ちゃんは牛丼屋さんに行くと大盛りの汁だくに卵とタバスコをかけて食べるんです」

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 00:45:29.15 ID:HNAxOr9SO
希「…えりち」

絵里「…ハハ」

希「こないだにこっちの味方したくせに」

絵里「そ、それは」

希「本当はこないだも思ったんよ。何かを我慢してるような…」

絵里「…」

希「にこっちに女子らしくって言われて言いにくかったんやろ?」

絵里「…」

希「えりちの…えりちの本当に好きな物は何?」


62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 00:56:27.07 ID:HNAxOr9SO
絵里「なによ…にこにあんな事言われたんだから…しょうがないじゃない」

希「…えりち」

絵里「私だって好きな物だけたべてその場をやり過ごせるならそうしたいわよ」

希「…」

絵里「自分が不器用なのは分かってる。でも、今さら牛丼汁だくに卵とタバスコをかけて食べるのが好きなんて…私が言えると思う?」

希「…えりち…だからと言ってウチを見捨てたのは重罪よ?」

絵里「…今日は私の奢りよ!」

亜里沙「お姉ちゃん………カッコいい!」


63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 00:57:06.42 ID:HNAxOr9SO

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「あれ?ツバサさんじゃい?」ことり「え?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「あれ?ツバサさんじゃい?」ことり「え?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。