穂乃果「新しいステージへ!」

シェアする

μ's-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:09:16.85 ID:ok/sFhEL.net
〈新しいステージへ!〉


穂乃果「こーんにちわー!!」
ガチャ


凛「うーん、うーん……」

花陽「うぅ……全然思い付かないよぉ……」

穂乃果「なにか悩み事? 凛ちゃん、かよちゃん」

凛「あ、穂乃果ちゃん。えっとね、悩み事っていうかなんというか」

花陽「穂乃果ちゃんは何か思い付いた?」

穂乃果「へ? なんのこと?」

真姫「なんのことじゃないわよ。昨日からずっと話し合ってたでしょ?」

穂乃果「ほぇ?」

花陽「新曲のことだよ、穂乃果ちゃん。何か新しい試みをした方がいいんじゃないかってみんなで話してた…」

穂乃果「あー! それかー! すっかり忘れてたよー」

真姫「はぁ……どうせ穂乃果のことだからそんなこったろうとは思ってたけど」

元スレ: 穂乃果「新しいステージへ!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:11:15.85 ID:ok/sFhEL.net
にこ「そういう真姫ちゃんこそ、まだな~んにも思い付いてなかったりして~」

真姫「んなっ、そ、そんなことないわよ…! こ、この私が穂乃果なんかと一緒にされるなんて…」

にこ「なら聞かせてもらおっかなぁ~。真姫ちゃんの超斬新なアイディア~」

凛「なになにー? 凛も聞いてみたいにゃ!」

花陽「さすが真姫ちゃんはすごいなぁ。花陽なんて全然で」

真姫「え…、な、ちょ……わ、わかったわよ! そんなに教えてほしいなら教えてあげるわ!」

穂乃果「おぉ、真姫ちゃんの超斬新で超デンジャラスなアイディア!」

花陽「デ、デンジャラス…!? こ、怖いのや危ないのはちょっと…」

凛「だめだよ、かよちん。凛たちが次のステップへ進む為にはちょっとくらい危険も冒さないと」

にこ「そうそう、凛ちゃんの言う通り~。にこたちはアイドルなんだから誰も挑戦したことのないようなすんごいのにしなきゃ」

真姫「い、いや、私は何も…」
3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:12:36.39 ID:ok/sFhEL.net
穂乃果「誰も挑戦したことのない……わかったー!」

花陽「穂乃果ちゃん?」

凛「わかったって、もしかして真姫ちゃんの考えてることがわかったのー?」

真姫「はぁ? そんなわけ」

穂乃果「うん!」

真姫「うんって……ちょっと、穂乃果!?」

穂乃果「斬新な新曲のアイディア、その名も……歌わないアイドル!」

にこ「歌わないアイドル?」

穂乃果「そして、踊らないアイドル!」

凛「踊らないアイドル?」

穂乃果「うん、流れてる音楽を穂乃果たちもファンの人たちと一緒に聴くの。ほら、そうすればファンの人たちともぐっと距離が縮まる気がしない?」

花陽「一緒に聴く……あ、なるほど。たしかに」

凛「それだったら歌もダンスも覚えなくていいから楽チンだにゃ」

にこ「え~! ていうかそれってもはやアイドルじゃなくな~い?」

穂乃果「そう? でも真姫ちゃんが…」

花陽「う、うん、真姫ちゃんがそう言ってるなら一回くらい挑戦してみても…」

真姫「って私はまだ何も言ってないでしょ! かよちんは穂乃果の言うこと何でもかんでも真に受けちゃダメ。穂乃果も適当なこと言わない!」

花陽「ご、ごめんなさい」
4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:14:42.84 ID:ok/sFhEL.net
にこ「だったら真姫ちゃんのアイディアってなんなの~?」

穂乃果「そうだよ、早く聞かせてよ! 真姫ちゃんの超斬新で超デンジャラスで超ファンタスティックなアイディアを!」

真姫「そういうのいいから……。わ、私のは……つまり、その……えっと……」

凛「……真姫ちゃん、まさか何も考えてなかったり」

にこ「え~! 真姫ちゃん、そうなんだ~? あれだけ偉そうに言っておいて」

真姫「あ、あるわよ! ちゃんと超斬新なアイディアが! そ、その……だから、えっと……歌を」

穂乃果「歌を?」

真姫「歌を……ファンに、歌わせる」

花陽「歌わせる? ファンに?」

凛「ちょっと、なんなのなんなの? それー」

穂乃果「真姫ちゃんっ、穂乃果たちはアイドルなんだよ?」

真姫「ほ、穂乃果に言われたくないわよー!」

にこ「まぁ真姫ちゃんにはあんまり期待してなかったんだけど~」
5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:18:20.59 ID:ok/sFhEL.net
真姫「むぅ……だったらそういうにこちゃんは」


ガチャ…


海未「まったく……騒がしいですよ」

ことり「遅れちゃってごめんなさい」

穂乃果「あ、海未ちゃん、ことりちゃん」

海未「何をそんなに大声で騒いでいたのですか?」

凛「昨日言ってた新曲のことだよ」

海未「あぁ、そうでしたか…」

にこ「穂乃果ちゃんも真姫ちゃんも全然だめだめで困ってたところだったの」

花陽「海未ちゃんは何かあったりする? 思い付いた?」

海未「はい、まぁ一応は」

穂乃果「おぉ、さすが海未ちゃん!」

凛「頼りになるにゃー」

にこ「真姫ちゃんと違って~」

真姫「そ、そんなに話したいのなら聞いてあげるわ…! で、海未ちゃんが考えてきたのって」

海未「滝です」

真姫「……は?」

海未「滝……正確に言えば、滝行です」

真姫「いや、聞こえてはいるんだけど」
6: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:19:08.07 ID:ok/sFhEL.net
にこ「ちょっと海未ちゃん、なに? 滝行って~、全然アイドルらしくな~い!」

凛「たきぎょーってあれだよね? ザァーってやつ!」

穂乃果「そうそう、上からスドドドドーッてやつ!」

花陽「そ、それはちょっと、こわいかも……」

ことり「海未ちゃんらしいっていえばらしいけど……」

海未「アイドルも修行僧も何かを極める者にとって滝行は必要不可欠かと。普段から集中が散漫気味な穂乃果や凛には打ってつけの」

穂乃果「ひぃっ! り、凛ちゃん! 穂乃果たち全然そんなことないよね!?」

凛「そうだよそうだよ! 凛たちいつどんな時だって集中してるもん!」

海未「なるほど、そうですか……申し訳ありません。私は二人のことを誤解していたみたいです」

穂乃果「ほっ…」

凛「海未ちゃんがわかってくれたならそんなに気にしなくても」

海未「それほどの集中力があればどんな修行にも耐えられるということ……ではさっそく滝へ」

真姫「行かないわよっ!! 行くなら3人だけで勝手に行ってきて!!」
7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:20:15.89 ID:ok/sFhEL.net
にこ「やぁんっ、真姫ちゃんこわ~い!」

真姫「まったく……穂乃果といい海未ちゃんといい……誰かもっとまともな案はないわけ?」

花陽「それ真姫ちゃんが言うんだ……。あ、そういえばにこちゃんは?」

にこ「あっ、聞く~? にこが考えてきた超かわいいアイディア~♪」

穂乃果「うんうん!」

真姫「どうせにこちゃんのことだからお菓子の家でPV撮影するとか言い出すんでしょ」

にこ「真姫ちゃん大正解~♪ 壁はビスケットで屋根はチョコでできてて、お空には生クリームが雲みたいにふわふわしてるの~」

花陽「ビスケット……チョコ……生クリーム……ふわぁぁ……いいかも……////」

凛「おいしそー! 撮影が終わったら食べていいのー?」

にこ「もっちろ~ん! あ、でもイチゴの部分はにこのものだからぁ~」

穂乃果「あー、にこちゃんずるーい! 穂乃果もイチゴ食べたいのにー!」

にこ「だめだめ~! イチゴは超キュートなにこにーのものって決まってるの~♪ でも安心して。代わりに穂乃果ちゃんにはちゃ~んとドリアンの部分残しといてあげるから」

穂乃果「ドリア?」
8: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:21:03.27 ID:ok/sFhEL.net
ことり「え? そんなものまでどこに使うの?」

にこ「家の裏にある生ゴミ入れ」

海未「おそろしく必要ない気がしますが……」

穂乃果「よくわかんないけど、じゃあドリアは穂乃果のものってことで!」

花陽「あっ、ドリアなら花陽も食べたいかも……////」

凛「え? ドリアンじゃないの?」

穂乃果「でもにこちゃんがドリアって」

花陽「ドリアにしたらいいんじゃないかなぁ?」

海未「にこが言ったのはドリアンなのでは?」

ことり「あれ? どっちだっけ?」

凛「ドリアンだよ、絶対ー!」

花陽「でもでも凛ちゃんっ、ドリアの方が美味しいと思うよ!」

穂乃果「そもそもドリアンって何? ドリアとドリアンって別のものなの?」

ことり「穂乃果ちゃん、ドリアっていうのは」

真姫「ってドリアだろうがドリアンだろうがどっちでもいいわよ!! お菓子の家なんか作れるわけないでしょ!! 却下よ、却下」
9: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:24:47.30 ID:ok/sFhEL.net
ことり「真姫ちゃん、甘いもの苦手だったり?」

真姫「そうじゃないけど! 私は現実的に考えて無理だって言ってるの! 場所だったり材料だったり、それにベタベタしそうだし……とにかく、みんな考えが甘いのよ!」

にこ「お菓子なだけに?」

真姫「そう、お菓子なだけにみんなあまあま……ってにこちゃんっ!」

花陽「怒らないでぇ…、真姫ちゃん」

海未「真姫の怒りを静める為にもここは是非滝へ」

真姫「滝も行かないっ!!」

ことり「あ、あのー」

穂乃果「そういえばまだことりちゃん言ってなかったっけ?」

真姫「もうこうなってはこの中でまともなのはことりだけね……」

ことり「ちょっと違うかもしれないけど新しい衣装を試しに作ってみたの」

海未「衣装ですか? 確かに衣装から曲全体のアイディアを固めるのもありかもしれませんね」

花陽「今日持ってきてるの?」

ことり「うん!」
10: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:28:24.90 ID:ok/sFhEL.net
凛「でも手元にあるようには見えないけど」

ことり「あぁ、実はね」

穂乃果「ま、まさかっ!」

ことり「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「作ったけどここにあるようには見えない……それってつまり」

にこ「つまり?」

穂乃果「バカには見えない衣装なんだよ!!」

凛、花陽、にこ「「「えぇーー!?」」」

真姫「……何を馬鹿なこと言ってるのよ。海未ちゃんからも何か言ってあげて」

海未「はい、まさかそこまでことりの腕が上達していたとは……恐れ入りました」

真姫「いや、感心してどうするのよっ!」

穂乃果「なら真姫ちゃんには見えるの? あの衣装」

花陽「どの衣装かよくわかんないけど…」

にこ「かしこい真姫ちゃんなら見えてるに決まってるよね~?」
11: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:29:30.14 ID:ok/sFhEL.net
凛「そうなの? 真姫ちゃん」

真姫「そ、それは……み、見えっ……見えてるわよ!! この目にハッキリと!! 当然でしょ!!」

穂乃果、凛、花陽、にこ「「「「おおぉーー!!」」」」

ことり「えぇー……」

真姫「こ、ここが袖……まぁなかなか悪くない質感ね」

ことり「え、えっと……真姫ちゃん……ここには衣装、ないよ……?」

真姫「うぇぇっ!?」

にこ「あれあれ~? どうしちゃったの真姫ちゃん、ちゃ~んとその目にハッキリ見えてるんだよね~?」

真姫「う、うぅ……こ、ことりもバカなのよっ!! だから見えてないんだわ!!」

ことり「えぇーっ!?」

海未「作った本人も見えないのはさすがにないかと……」
13: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:32:47.29 ID:ok/sFhEL.net
ことり「え、えっと……実はね、まだ全員分は完成してないからできてる分だけ試しに着てもらってるの。多分そろそろ来る頃だと思うんだけど」


ガチャ…


希「おまたせー!」

穂乃果「あ、希ちゃん、絵里ちゃ……!?」

絵里「きゃっ! ちょっ、希っ! 急に動いたらっ!」

希「わわっ! た、倒れっ…」

絵里「ふっ、くっ! 希っ、ゆっくりとバランスを元に戻して…っ」

希「ん……ほっ、ふぅ……ビックリしたー」

海未「絵里と、希……ですよね?」

真姫「なに遊んでるのよ……、エリーも希ちゃんも。こっちは真剣に話し合いしてたっていうのに」

希「いやいや! 遊んでるわけじゃないって!」

絵里「そうよっ、この衣装がこんな風になってるんだから」

花陽「そ、それがことりちゃんが言ってた新しい衣装……?」

ことり「うん♪」
14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:36:10.79 ID:ok/sFhEL.net
凛「これってつまり、かわいいクマさんのぬいぐるみの中に絵里ちゃんと希ちゃんが一緒に入ってるみたいだけど」

にこ「入ってるみたいじゃなくて入ってるんじゃないの~?」

海未「しかし…、窮屈で動きずらそうですが、踊ったりできるのでしょうか?」

絵里「まぁ最初はしんどいけど慣れてしまえばなんとかなりそうかな、って」

希「二人の呼吸合わせれば案外なんとかなりそうかも! 外からは見えないからこっそりイタズラするのもおもしろいし、それっ!」

絵里「きゃっ!? や、やめっ、あはっ、あはははっ!! くすぐったっ……あはははっ」

凛「おもしろそうにゃー! ねぇことりちゃん、早く凛たちのも作ってよー!」

ことり「うんっ、あとは仕上げだけだから明日か明後日までには」

真姫「ちょ、ちょっと! 本気!? 本気なの!? 本気で新曲はこの衣装でいくつもりなの!?」

ことり「真姫ちゃんは気に入ってくれなかった……?」
15: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:37:03.29 ID:ok/sFhEL.net
真姫「気に入る気に入らないの問題じゃなくてっ、どうしてこんなことになってるのよー!?」

ことり「だ、だって新しい試みって言ってたから目新しさを重視して」

真姫「目新しすぎるわよっ!!」

穂乃果「そうだよ、ことりちゃんっ! 穂乃果たちは9人なんだからこれじゃ1人余っちゃうじゃん!」

海未「そこですか……」

ことり「あ、それなら大丈夫。ちゃんと3人用のも作ってるから」

穂乃果「あっ、それなら」

真姫「よくないーっ!! とにかくこれも却下!!」

凛「えー!!」

花陽「かわいいのに……」

にこ「真姫ちゃんってば自分ではちっとも考えないくせに文句言ってばっかり~」

絵里「あら、そうなの? 真姫。ダメじゃない、なんでもかんでも頭ごなしに否定しちゃ」

真姫「エ、エリーっ、しっかりしてよー! なんで一番まともな私がそんなこと言われなくちゃ…」
16: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:37:47.92 ID:ok/sFhEL.net
希「でも、いいの? 真姫ちゃん」

真姫「な、なにが?」

希「このままだと真姫ちゃんひとりだけ普通の衣装でステージに立つことになるやん?」

真姫「そ、それはっ……や、やだけどっ!!」

希「ほーら」

にこ「これだったらにこが考えてたお菓子の家ともピッタリだね~♪」

花陽「あ、たしかにっ」

希「お菓子の家?」

絵里「そんなのがあるの?」

穂乃果「ドリアだよ! 絵里ちゃん、希ちゃん!」

凛「もー! 穂乃果ちゃん、ドリアンだって言ってるでしょー!」

絵里「お、お菓子の家ってあれよね……? 私が間違ってるのかしら……」

希「なんかよくわからないけど楽しそうやん!」

絵里「そうね、私たちがいない間、みんなが考えててくれて助かったわ」
17: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:38:58.29 ID:ok/sFhEL.net
花陽「お菓子……ぜんぶお菓子でできてるおうち……ふわぁ…//// じゅるっ……」

希「かよちん、よだれ出てるよ」

花陽「ひゅわっ、えへへ……」

海未「さて、作るとなると場所と材料が大量に必要になりますね」

ことり「卵とお砂糖、小麦粉、チョコレート、牛乳、生クリーム、あとはフルーツ?」

絵里「どのくらい揃えればいいのかしら?」

凛「そりゃあおうち作るんだからいっぱいだよ!」

希「いっぱいって?」

凛「いっぱいはいっぱい! 凛たちのおやつ一年分くらい?」

希「かよちんでいうところの一週間分くらい?」

花陽「わ、わたしそんなに食べたりしないよぉっ……!」

にこ「とにかく食べきれないくらいいっぱいいーっぱい買ってくればいいんじゃない?」

絵里「そうね、にこの言う通りだわ」

穂乃果「よしっ、じゃあさっそく手分けして準備に取り掛かろう!!」

「「「おーっ!!」」」


真姫「もう勝手にして……」
18: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 18:41:01.13 ID:ok/sFhEL.net
おわりです。
ドラマCDの雰囲気で書いてみました。あんまりぶっ飛びすぎたことはできないからその辺のさじ加減とか、あとメンバー全員まんべんなく喋らすのとかけっこう難しかったぜ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「新しいステージへ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。