花陽「この映像を見てください。これをどう思います?」

シェアする

花陽-アイキャッチ10
1: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:31:56 n9IgYdpg


花陽「ここに集まってもらった皆さんには今回の調査記録を見てもらいたいと思います」

絵里「突然視聴覚室に呼び出されたと思ったら・・・」

海未「調査記録?」

花陽「はい、調査記録です」

希「皆って、穂乃果ちゃんと真姫ちゃんとにこっちが居ないんやけど・・・」

凛「遅刻にゃ?」

花陽「いいえ。今回の調査記録の関係上、御三方には出席をお伝えしてません」

海未「は、はぁ・・・?つまりその記録はここにいる私達だけに関係する若しくは、にこと穂乃果と真姫だけに関係するのどちらかと言うわけですか」

花陽「その通りです」

絵里「御託はいいわ。取り敢えずなんの調査記録か教えてくれないかしら?」

元スレ: 花陽「この映像を見てください。これをどう思います?」

スポンサーリンク
2: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:33:01 n9IgYdpg

花陽「それはこちらの映像を見て判断してください」ピッ

絵里「映像・・・?」

ことり「なんだかドキドキしてきた」



『―――しなさいよ、まったく!』

『良いではないかー!良いではないかー!』



凛「真姫ちゃんと穂乃果ちゃんにゃ!」

花陽「これは1ヶ月の練習前に撮影した映像です」
3: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:34:12 n9IgYdpg

絵里「調査記録って・・・いつもの穂乃果達じゃない」

ことり「そうだね。特に調査って言う程、気にするような点はないけど・・・」

海未「ダンスの調査記録・・・っていう感じの映像ではありませんね」



真姫『柔軟手伝ってって言ったのよ!抱きつけなんて言ってないわよ!』

穂乃果『だって秋はもう寒いもん』

真姫『寒いのは私だって一緒よ』

穂乃果『なら温め合おうよ。真姫ちゃんあったかーい!』ギュッ

真姫『あーもう!穂乃果はほんとに話を聞かないわね』


海未「あぁ、穂乃果はまた真姫を困らせて・・・」

希「でも真姫ちゃん嬉しそうやない?」
4: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:35:40 n9IgYdpg

海未「そうですかね?」

絵里「あっ!にこが来たわね」



にこ『穂乃果ー、いい加減真姫ちゃん困らすの止めなさいよー』

穂乃果『にこちゃん!』

にこ『な、何よ・・・急に』

穂乃果『じゃあにこちゃんにくっつくー!』ギュー

にこ『ぎゃあ!?いきなり来るなー!!』

真姫『あ・・・』

穂乃果『にこちゃんちっちゃーい』

にこ『っるさいわね!』

穂乃果『むふむふふ~♪』モフモフ

真姫『・・・・・』

にこ『な、なに睨んでるのよ・・・』

真姫『別に・・・・・』プイ
5: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:37:37 n9IgYdpg



花陽「・・・どうでした?」ピッ

絵里「どうって言われても・・・」

ことり「穂乃果ちゃんらしいなーって」

絵里「そうよね。穂乃果らしい行動としか言えないわ」

凛「凛にもしてくるから普通だと思うよ」

花陽「穂乃果ちゃんらしい。それだけですか?」

海未「???・・・えぇ、そうですね」

花陽「次からは穂乃果ちゃんだけではなく、にこちゃんと真姫ちゃんにも視点を移してみてください」

海未「は、はぁ・・・・・わかりました」

希「そもそもなんの調査か分からへんままやけど」

絵里「そうね。調査がなんなのかハッキリしなかったわ」

花陽「見てれば分かりますよ。分からなければ分からないがそれまでの器量しかない人間ってことです」

絵里「なかなか酷いこと言うわね」
6: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:39:20 n9IgYdpg

花陽「では、次はさっき映像から1週間後の部室内の映像です」ピッ



穂乃果『にこちゃんむぎゅー』

にこ『本が読みにくいわよ』

穂乃果『じゃあ私の膝乗っていいよー』

にこ『いい座布団代わりが出来たわ』

真姫『・・・・・』

にこ『ていうか、真面目に暑苦しいわね・・・』

穂乃果『ふへへ、良い匂いですなぁ』

真姫『いい歳して何やっているんだか・・・』
7: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:40:32 n9IgYdpg

にこ『穂乃果がやるって言ったのよ』

真姫『ほんとやってることが子供のそれよね』

にこ『むかー!何よ、それ!』

凛『穂乃果ちゃん次は凛もイスやって欲し



花陽「以上です」ピッ

凛「かよちん、凛の発言が途中で切られてるよ?」

花陽「どうでしたか?」

凛「あれ?かよちん、無視してる?」
8: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:41:38 n9IgYdpg

絵里「これは皆も見てたわよね」

希「微笑ましいやん」

海未「まぁ多少子供の戯れのようですがね」

花陽「飽く迄も馴れ合いの範疇にしか見えない・・・・・と?」

ことり「うん。にこちゃんと真姫ちゃんを集中して見てみたけど、やっぱり2人とも普段通りだったと思うよ」

凛「この後、凛も穂乃果ちゃんに後ろからギューってされながら座ったにゃー」

花陽「はいはい良かったですね」

凛「なんかかよちんが冷たい・・・」

花陽「それでは、次は今の映像から次の日のものです」ピッ



花陽『穂乃果ちゃんとにこちゃんは仲良しだねハァハァ』

穂乃果『えへへー』

にこ『というか、最近なんで花陽は私達をカメラで写してるわけ?』

花陽『私はμ'sの皆が仲良しなところをカメラに写したいだけです』
9: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:42:45 n9IgYdpg



海未「あの・・・花陽?」

花陽「なんですか?」

海未「私はカメラで撮られた記憶がないのですが」

凛「凛も凛も!」

花陽「そう言っておけば、にこちゃんも納得するかと思ってそう言ったまでです」

海未「あ、はい。そうですか」



にこ『ふーん。まっ、思い出作りはいいものだからね』

穂乃果『はいはーい!私とにこちゃんはすっごく仲が良いんでキスしちゃいます!』

にこ『はぁぁっ!?』

穂乃果『にこちゃんちゅーだよ、ちゅー!』

にこ『しないわよ!』

穂乃果『ケチー』
10: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:43:53 n9IgYdpg

にこ『ケチって問題じゃないわよ!』

真姫『穂乃果、ナルシストがうつるわよ。止めときなさい』

にこ『だーれがナルシストよ!』

真姫『誰ってにこちゃん以外にいる?』

にこ『病原菌みたいにうつるとな言わないでよ』

穂乃果『どぅめどぅめどぅるめぇ!にこにーは皆のもっのっ♪』

真姫『ほら、にこちゃん病がうつっちゃったじゃない』

にこ『にこちゃん病って何よ、にこちゃん病って!』



花陽「はうっ・・・・・ハァハァ」

絵里「・・・?」
11: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:44:47 n9IgYdpg

希「ほんま仲ええなぁ」

ことり「2人とも穂乃果ちゃんと近くて羨ましいな」

花陽「ことりちゃん、図々しいこと言うのはやめてください」

ことり「えっ!?」



真姫『穂乃果に変な言葉覚えさせないで』

にこ『変じゃないわよ!』

真姫『どっからどう聞いても変よ』

にこ『アイドルとしての器量があるから言えるのよ!言えないとか恥ずかしいとか言う人はただビビってるだけに過ぎないわ!』

真姫『イミワカンナイ!』
12: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:46:48 n9IgYdpg

穂乃果『にこちゃんは可愛いから許されるんだよー。ねー?』

にこ『そ、そんなガッツリ言われると気が引けるけど、そういう事よ!』

真姫『・・・・・』ムスッ

にこ『ま、まぁ穂乃果も・・・にこにーには及ばないけど可愛いから・・・言っても・・・・・ゆ、許されるんじゃない?』

穂乃果『えへへー、ありがとー!』ニコニコ

にこ『・・・っ///』



希「・・・・・んんっ!?」

花陽「希ちゃんは気付いたみたいですね」ピッ

絵里「気付いたって、これって穂乃果とにこと真姫の日常の記録でしょ?」

海未「いえ、それじゃあ何を調査してるのか分からないですよ」

絵里「ねぇ、花陽これはなんの調査なの?そろそろ教えてくれないかしら?」

花陽「そうですね・・・では質問します。これを見て、キュンキュンした人はいますか?」

海未「??」
13: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:47:49 n9IgYdpg

凛「キュンキュンって言うよりおもし

花陽「挙手をお願いします。賛同出来ない人は退場してください。あと取り敢えず凛ちゃん退場してください」

凛「かよちん!?」

4人「・・・・・」スッ

花陽「はい、それでは皆はほのにこまきの素晴らしさを学ぶに値する人間と判断されました」

絵里(花陽の迫力に押されて手を挙げてしまったわ・・・・・というより、え?なんだって?ほのにこまき?3人は付き合ってるの?)

希(まぁキュンキュンしなかったと言えば嘘になるんやけど・・・)

海未(知っておきたいから取り敢えず手を挙げましたけど、なんでしょう・・・・・正直、イマイチ理解し難いです・・・)

ことり「つまり、穂乃果ちゃん達がイチャイチャしてるのを調査し記録しているってこと?」

花陽「その通りです。はぁぁ・・・世の中にはこんなに心踊るファンタスティックなものがあるんです!」
14: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:48:39 n9IgYdpg

絵里「まぁでもこのぐらいの事、私も穂乃果にされてるわよ」

花陽「絵里ちゃんは、にこちゃんと真姫ちゃんと対等だと思っているのですか?片腹痛いです」

絵里「は、え?」

花陽「自分が穂乃果ちゃんとのカップリングにおいて2人以下だと理解したのならここに居て結構ですが、自分は対等だとかそれ以上だとか吐かすようでしたら」


花陽「 即 刻 退 場 してください」ニコッ


絵里「!?あ、あー・・・エリチカはμ'sで1番ポンコツなのチカァ」

花陽「それでは、次はの映像は昨日の出来事です」

海未「昨日!?一気に飛びましたね」

花陽「似たような毎日が続きましたので割愛させていただきました」
15: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:50:11 n9IgYdpg

希「そうやなぁ。思えば最近は穂乃果ちゃん、にこっちにベッタリやったなぁ」

ことり「帰りもにこちゃんとばっかり帰ってたしね」

花陽「それでは、どうぞ」ピッ



穂乃果『にーこちゃん』

にこ『何よ』

穂乃果『にっこにっこにー!』

にこ『は?バカにしてるの?』

穂乃果『にこちゃんごっこだよー』



ことり「穂乃果ちゃんカワイイ」

海未「これはまた低俗な真似事を・・・」

希「それ、にこっちが聞いたら怒るで」

凛「やっぱり寒いにゃー」
16: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:51:05 n9IgYdpg

海未「しかし、やはりこれをイチャイチャという言葉で表すのは正しいのでしょうか」

ことり「そうだね・・・してるって言われればそう思えるかもしれないけどさ」



にこ『はん!この高貴なるにこにー様に憧れるなんて穂乃果も良いセンスね』

真姫『・・・・・ばっかみたい』

にこ『は?』

真姫『・・・ふん』

にこ『最近よく噛み付いてくるけど、どういう用件よ?』

真姫『別に・・・』

にこ『ふーん・・・あっそ』

穂乃果『・・・?』キョトン

真姫『・・・・・』

にこ『・・・・・』



希「これは・・・」
17: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:52:10 n9IgYdpg

絵里「いつにも増して険悪なムードね」

海未「色々と映像で口喧嘩しますけど、これはいつも以上ですね」

凛「空気が重いにゃ」

絵里「結構張り詰めた感じね。μ's内では珍しいわ」

希「中でもにこっちと真姫ちゃんはズバズバきついこと言う派の人間やからな」



穂乃果『2人ともどうしたの?喧嘩はダメだよ?』

にこ『喧嘩売ってきてるのはあっちよ』

真姫『売ったつもりないんだけど』

にこ『売ったように聞こえたわよ』

真姫『最近調子乗ってるから耳もおかしくなってるのね』
18: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:53:19 n9IgYdpg

にこ『μ'sじゃ、先輩後輩無しにしてるけど、それを踏まえてもその言い草は歳上に対してどうなの?』

真姫『どうもこうもないわよ。それより調子に乗ってる人間に注意する歳下がいけないことなの?』

にこ『だから私のどこが調子乗っているって言うのよ!』机バンッ

穂乃果『ちょ、にこちゃん!真姫ちゃん!』アタフタ



ことり「あわわわ・・・」

希「・・・結構酷い雰囲気やね」

海未「にこも真姫も何故こんなに怒っているのでしょう」

ことり「多分、見てれば分かると思うけど・・・」
19: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:54:02 n9IgYdpg



穂乃果『ストップストップ!』

真姫『・・・・・』

にこ『ふん・・・』

穂乃果『どうしたのさ、何かあったのなら話そ?・・・・・ね?』

にこ『知らないわよ!最近冷たい態度とったら、意地悪なこと言ってくるのは真姫ちゃんよ!』

穂乃果『真姫ちゃん、なんでそんなこと言うの?』

真姫『・・・・・』

穂乃果『口を閉じたままじゃ分からないよ』
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/06(日) 20:54:54 n9IgYdpg



海未「・・・・・」

絵里「・・・・・」

希「・・・・・」

ことり「・・・・・」

凛「・・・・・?」

花陽「っ・・・・・っ・・・・」ビクンビクン



真姫『・・・・・穂乃果よ』

にこ『は?』

穂乃果『穂乃果?・・・え?私がどうかしたの?』

真姫『・・・あんなに、私にベッタリだったくせに・・・・・最近は、にこちゃんばっかりにくっついてるじゃない・・・』

にこ『いやいやいやいや、穂乃果は誰にでもそうでしょ』
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/06(日) 20:56:23 n9IgYdpg

真姫『・・・・・私が穂乃果の1番だったもん』

にこ『もんって・・・・・そうなの穂乃果?』

穂乃果『えと、そうだったっけ・・・?』

真姫『 』

にこ『ほら、穂乃果もそう言って・・・・・ん?』

真姫『・・・う、そっ!・・グズッ・・・・・嘘ぉっよっ、嘘でしょお!?うっぐ・・・・・』

穂乃果『え・・・』

真姫『な、なんっ、なんでよぉ・・・あ、あんたはっ!私があ・・・っ好きな、んっでしょお!!』ポロポロ

にこ『あ、あ・・・!ちょちょちょっと!』

穂乃果『あわわわっ!真姫ちゃん!泣かないで!』

にこ『穂乃果!あ、あんたどうにかしなさいよ!泣いちゃってるじゃない!』

真姫『ばかぁ、っ・・・えぐっ、ほのかの、あほぉ!ばかぁ・・・・・』ポロポロ

穂乃果『あ、ああっ、えっと!私、真姫ちゃんのこと好きだよ!』

にこ『ほ、ほら!穂乃果もこう言ってるわよ?ね、穂乃果は真姫ちゃんが好きなのよ』
22: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:57:46 n9IgYdpg

真姫『うそっ、よぉ・・・ぐずっ』ポロポロ

穂乃果『なんで?私、真姫ちゃんのこと好きなのは嘘じゃないよ?』

真姫『なん、で・・・・ングッにこちゃ、ん・・・ばっかりっとぉ』ポロポロ

にこ『ん?にこがどうしたの?』

真姫『ほ、ほのっかがぁ!にこちゃんヒグッ・・・ばっかりとぉ!くっ、くっつい、て・・・いるからぁ!』ポロポロ

にこ『はぁ!?』

穂乃果『えぇーっ!?』

真姫『うっ、うわぁぁぁんっ!!』ポロポロ

にこ『は、は?もしかして調子乗ってるとか言ってたのってコレのこと!?』

真姫『なによぉ!穂乃果にくっつかれてデレテレしてぇ!ぐずっ・・・可愛いとか言われて!ずるいわよぉ!』ポロポロ

にこ『ば、バカじゃないの!?デレデレとかしてないし!というか、そんなことで私に冷たくしてたわけ!?』

真姫『私からっ!ほにょかを奪っておいてっ、な、何を言っているよぉ!返してよぉ!』ポロポロ

にこ『奪ってないわよ!こいつが勝手にくっついてくるだけよ!』
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/06(日) 20:58:42 n9IgYdpg

真姫『はぁ!?わ、私からっ・・・穂乃果を、引き剥がしたくせにっ!な、なにをっ・・・何を言ってっ!!』ガシッ

にこ『きゃぁ!?ちょっ、待って!真姫ちゃん!』

穂乃果『えっ、えっ!?』オロオロ

真姫『ずるい!ずるいずるいずるいずるい!!うわぁぁぁん!』

にこ『ちょ、ひゃっ!?ほ、穂乃果!どうにかして!』

穂乃果『で、でも・・・』

にこ『真姫ちゃんを慰めてあげなさいよ!あんたにしか出来ないんだから!』

穂乃果『う、うぅーっ!真姫ちゃーん!!』ギュ-ッ

真姫『ほ、ほにょかぁ・・・』

穂乃果『お互いの想いが分かり合えてる事って、とっても良い事だと思うの。だから真姫ちゃんの想い分かれて、とっても嬉しいの!』

真姫『っ・・・・・』

穂乃果『私、真姫ちゃんもにこちゃんも大好き!私の好きって思えるものを、真姫ちゃんにも好きって思ってほしい・・・だから、にこちゃんを責めないで?』

にこ『・・・・・な、なんで・・・私のことまで、言ってのよ・・・』
24: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 20:59:43 n9IgYdpg

真姫『どっちが・・・好き?』

穂乃果『どっちも好き!!』

真姫『そ、そんなの・・・』

穂乃果『好きな気持ちに違いなんてないもん!2人ともが大好きで、2人ともが私の1番だよ!』

にこ『・・・なっ!?』

穂乃果『大好きだよー!!』ギュゥ



花陽「はぁはぁ・・・」ピッ

海未「・・・・・」

絵里「・・・・・」

希「・・・・・」

ことり「・・・・・」

凛「感動にゃー!」パチパチ
25: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 21:00:40 n9IgYdpg



~翌日~



にこ「ね、ねぇ・・・なんだか最近あいつら様子が変じゃない?」

穂乃果「そうかな?」

にこ「なんかジロジロ見られてる気がするんだけど・・・」

穂乃果「見られちゃマズいものなんてなけりゃ別に見られても良いんじゃない?」

にこ「あんたのそういう的確な正論は反論出来ないから苦手よ」

真姫「にこちゃん、そろそろ交代の時間よ」

にこ「あら、もうそんな時間?」
26: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 21:01:58 n9IgYdpg

穂乃果「じゃあ次の膝の上は真姫ちゃんだね。どーぞ?」ニコニコ

真姫「はふぅ・・・・・」トサッ

にこ「はぁ・・・もうちょっと座ってたかったんだけどね」

真姫「穂乃果、ギューってして。ギューって」

穂乃果「ふふふ、真姫ちゃん可愛い」ギュゥ

真姫「んっ・・・・・んふぅ・・・///」






海未「ほのまきキマシタワー!!んほおおお!!」

絵里「ふぁああああああああ!!!」

ことり「ほのまき流星群んんんんん!!!」

希「きたああああああああああああ!!!」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/06(日) 21:05:44 n9IgYdpg

ことり「帰ったら、ほのまきのSS書くよ!インスピレーション沸いてきたっ!」

絵里「さっきまでの、ほのにこの姉妹感はやばかったわね・・・」

希「でも、やっぱり定番の・・・」


海未・ことり・絵里・希「ほのにこまき!」


海未「嗚呼・・・穂乃果を取り合う、にこと真姫の図は至高ですハァハァ」

ことり「私は逆ににこちゃんと真姫ちゃんが仲良くしてるとこに、嫉妬して穂乃果ちゃんが割り込む展開が好きぃ///」

絵里「この前の会議の時、穂乃果がにこの話をしたら、真姫がムッとした顔でにこを睨んでたわよね!?」

海未「はいぃ・・・・・あの時のにこのドヤ顔も真姫の睨み顔もその晩のオカズになりました」

絵里「そうそう!きっとエッチの時もあの幸福の連鎖よね!」
28: ◆TXaB6XtamM 2016/11/06(日) 21:06:38 n9IgYdpg

希「エッチの時・・・?・・・・・ぶはっ!!」

ことり「希ちゃん、想像だけで鼻血なんてレベルが高いね」

希「ずまんなぁ・・・うぢ、妄想ずるど鼻血が出でじまうんよ」

花陽「さぁにこほのまきを称えましょう!愛してるばんざーい!!」

海未・ことり・絵里・希「大好きだばんざーい!!」

花陽「愛してるばんざーい!!」

海未・ことり・絵里・希「大好きだばんざーい!!」


\バンザーイ/ \バンザーイ/ \バンザーイ/



凛(あ・・・ありのまま、今起こった事を話すにゃ!『凛は穂乃果ちゃんとにこちゃんと真姫ちゃんの仲良しの映像を見たと思ったらいつのまにかμ's内が"にこほのまき"というものに染まってたにゃ!』な・・・何を言ってるのかわからねーと思うが凛も何をされたのかわからなかったにゃ。頭がどうにかなりそうだったにゃ・・・。催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてないにゃ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったにゃ・・・)



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「この映像を見てください。これをどう思います?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。