曜「おーい」善子「……」ボー

シェアする

ようよし-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 21:04:14.70 ID:kXD3yqin.net
曜「善子ちゃーん」トントン

善子「…あ ごめん、なに?」

曜「いや、さっきからずっとぼーっとしてるからさ 具合悪いの?」

善子「あー、大丈夫 なんていうかね、ちょっと現実に打ちのめされてたっていうか…」ハァ

曜「…? えっと、私でよかったら話聞くよ?」

曜(またよくわかんないこと考えてるのかなー)

善子「ありがとう まぁ、端的に言えば…」

曜(できればそういうのは遠慮というか、また今度に)


 


善子「今日ルビィのパンツ見ちゃったのよ」

曜「詳しく」

元スレ: 曜「おーい」善子「……」ボー

スポンサーリンク
11: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 21:07:53.78 ID:kXD3yqin.net
善子「結構食い気味できたわね」

曜「反射神経は自信があるんだ」

善子「なるほどね」

曜「うん」

善子「……」

曜「……」イジイジ

善子「……」

曜「……」ソワソワ
19: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 21:16:14.96 ID:kXD3yqin.net
善子「そうね… ただで教えるのもあれだし…」

曜「…交換条件?」

善子「いやいや… えっ? 何か交換材料あるの?」

曜「…どうだと思う?」ニヤ

善子「……」

曜「……」

善子「いいじゃない、乗ったわ」ニヤァ
23: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 21:20:48.24 ID:kXD3yqin.net
曜「よし! でもまずは善子ちゃんからね」

善子「わかってる でも…」

曜「?」

善子「いつもとはちょっと趣向を変えてみましょう」

曜「うん?」

善子「曜さんが質問をして、私が答えるシステムでやってみない?」

曜「ほう…」
27: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 21:27:21.18 ID:kXD3yqin.net
曜「…じゃあ」

善子「……」ゴク

曜「まずは、ルビィちゃんのパンツの価値を改めて教えて?」

善子「……」

善子(変態同士で仲良くなった私と曜さんだけど)

善子(ときどき本気で思う)

善子(曜さんが女の子でよかったなって)

曜「」ニッコリ
32: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 21:38:16.08 ID:kXD3yqin.net
善子「わかったわ…」

曜「」ワクワク

善子「ルビィ…黒澤ルビィのパンツは極めて見る機会が少ない」

善子「その理由は何よりもあのシスコンダイヤの存在ね」

善子「|c||^.-^||『ルビィの下着姿を晒すわけにはいきません!』」

善子「って感じで私たちですら視線をガードしてくるレベルね」

曜(似てる…)

善子「それにダイヤが隠そうと躍起になってるせいか本人も恥ずかしがって着替えも速いしね」
36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 21:44:08.88 ID:kXD3yqin.net
曜「うんうん、私も一回しか見たことないんだよね…」

善子「あるんだ… シャロン?」

曜「シャロン」

善子「そう… それで、クラスの着替えの時もなかなかのものよ」

善子「Aqoursでダイヤがいない時みたいに今度はずら丸が立ちふさがるわ」

曜「なるほど… 予想はしてたけどやっぱりね」
37: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 21:52:07.07 ID:kXD3yqin.net
曜「うんうん、ありがとう」

曜「そんなレアなルビィちゃんのパンツを善子ちゃんは見たわけだ」

善子「そうなるわね でも…」

曜「? まぁいっか、じゃあ次」

曜「ルビィちゃんのパンツを見た状況を聞こうかな」

善子「……」

善子(余裕ぶってるけど)

曜「」ムフー

善子(ちょっと鼻息荒くて面白い)
38: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 22:01:47.23 ID:kXD3yqin.net
善子「さっきも思ったけどいきなり色とか種類を聞いてこないあたりがもうアレね」

曜「そう?/// ヨーソロー!」ビシ

善子「敬礼やめなさい、船乗りの人に失礼でしょ」

曜「いいから早く早く!」キラキラ

善子「はぁ… そうね、一言で言えば偶然だったのよ」

善子「きっかけは三時間目の移動教室、私の持ち前の不運がそこで炸裂したわ」

―――
――
43: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 22:09:35.31 ID:kXD3yqin.net
花丸「…ちゃん 善子ちゃん」ユサユサ

善子「…んぁ? …何よーもう朝?」ゴシゴシ

花丸「ほら、早く準備して 授業遅れちゃうよ?」

善子「あー、がっつり寝てた… ふぁぁ ルビィは?」

花丸「もう行っちゃったよ 善子ちゃんも早く」

善子「はいはい…」
44: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 22:19:24.82 ID:kXD3yqin.net
花丸「あああ! そういえばマル、準備で呼ばれてたんだった 先に行ってるずらー!」タッタッタ

善子「あ、ちょっと! …まったく、ずら丸もドジねー あら?」ヒョイ

善子「これ、ルビィ筆箱忘れてるじゃない しょーがないわね…」

スタスタ

善子「…えーと、こっち? なんだかんだまだ慣れな――ドッシン!

善子「いぐっ…!?」ルビィ「ピギィ!」

バタリ
45: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 22:25:32.59 ID:kXD3yqin.net
善子「いったたた… ちょっとルビィ! 前みてある…き……」

ルビィのスカート「」ペローン

ルビィ「あわわ、よよよ善子ちゃんごめん!
ちょっと急いでて…?」

善子「……」ジー

善子(え? ルビィって… え?)

ルビィ「…善子ちゃ―――」ハッ

シュバババ

ルビィ「み、み、み、みた?/// 見てないよね?///」カオマッカ
47: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 22:32:45.30 ID:kXD3yqin.net
善子「……」ボーゼン

ルビィ「ううう…! よ、善子ちゃんてば!///」ナミダメ

善子「よはねよ」

ルビィ「そこじゃなくて! ちゃんと答えて!///」

善子「いがいとおとなっぽいくろいろ れーすのでざいんもおしゃれね しょうじきよそうがいだったけどにあっt――「ちゃんと答えないでよぉ!///」バシィン


――
―――
48: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 22:36:56.23 ID:kXD3yqin.net
善子「っていう感じよ」

曜「……」

善子「結果鼻血がとまらなくて三時間目は休んだわ」

曜「……」

善子「曜さん?」

曜「黒のレースかぁ… はぁぁぁ…」
49: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 22:42:17.05 ID:kXD3yqin.net
曜「私が前見たのは白だったんだけどなぁ…」ハァ

曜「あの純白の天使はもういないのかぁ…」ハァァ

曜「……」

曜「はぁぁぁ…」ハァァァ

善子「現実に打ちのめされたって言ったでしょ?」

曜「…うん」

善子「私もルビィのことだからあってもピンクかなって思ってたけど」

曜「わかる」
51: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 22:50:08.88 ID:kXD3yqin.net
曜「あれだね、又聞きした私ですらショックだし」

善子「うん」

曜「しかも直接って満足感より罪悪感すごいでしょ」

善子「そうなのよ なんかこう…」

曜「ちょっと死にたくなる?」

善子「曜さんも経験あるのね?」

曜「」ニッコリ
53: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/20(木) 23:06:59.87 ID:kXD3yqin.net
善子「はぁ… でもまぁ、ちょっと元気出てきたかも!」

善子「なんだかんだでかわいいルビィ見れたし!」

曜「そうだね 元気なほうが善子ちゃんらしいよ!」

善子「だからヨ、ハ、ネ!」

曜「うんうん やっぱり、元気が一番だヨーソロー!」ビシ

善子「さぁ、今度は曜さんの番よ! 交換条件としてこのヨハネに供物を捧げなさい…!」

曜「もちろん! なんと梨子ちゃんがね…!」


 


童貞たちの午後は長い…
65: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 05:49:38.07 ID:xEVGYBXg.net
曜「じゃあ交換条件に梨子ちゃんの話を」

善子「リリーね…」ワクワク

曜「今日体育の授業あってね 体操服に着替えてたんだ」

善子「って、あら? 曜さんも下着の話?」

曜「ううん あ、ルビィちゃんのこと思い出しちゃうか… じゃあカットする?」

善子「いやもちろん聞くけど?」

曜「ヨーソロー!」
66: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 05:57:07.30 ID:xEVGYBXg.net
善子「色は?」

曜「ピンク」

善子「ぁぁぁぁ…」ガタッ

善子「リリーはわかってるわ… ほんとよくわかってるわ…!」

曜「梨子ちゃんもやっぱり赤系統が似合うよね」

善子「そうね… ちなみに千歌さんは?」

曜「…白」ドヤァ

善子「くぅぅぅ…!」バンバン
68: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 06:07:22.84 ID:xEVGYBXg.net
善子「千歌さんもいい…」

曜「いやぁ、照れるね///」テレテレ

善子(何が?)

善子「それにしても…」

善子「こっちなんて見せてくれないルビィとそれを助けるずら丸なのに、二年組は有能ね…」

曜「でも、見えないってことは想像の余地があるってことだから」

曜「ルビィちゃんも花丸ちゃんもそういう点では有能だよ」
69: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 06:15:00.64 ID:xEVGYBXg.net
善子「なるほど… ていうか話逸れちゃってたわね」

曜「うん 戻すよ」

曜「着替えの時にさ、バストサイズの話で盛り上がるじゃん?」

善子「女子高あるあるね…」

曜「今回は私と千歌ちゃんが標的になってね…」

―――
――
70: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 06:22:03.22 ID:xEVGYBXg.net
モブ「あー! ちょっとちかっち、胸おっきくなってない?」ツンツン

千歌「ええ!?/// も、もう急にやめてよ!///」バッ

モブ「またまたぁ… しっかり確認させなさーい!」

千歌「いーやー!」

<ギャーギャー

曜(いじられピュア千歌ちゃん… なるほどそういうのもあるのか)ボー
71: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 06:28:22.39 ID:xEVGYBXg.net
曜(ああ… 走る千歌ちゃん、揺れるみかん…)

モブ2「でも千歌ちゃんに負けず劣らず、曜ちゃんもなかなかだよね」

曜「ヘタが見えたりしないかな…」ボソ

モブ2「え? ヘタ?」

曜「やっべ」

曜「えーと… そ、そう? まぁ私の場合は筋肉もあるけどね」

モブ2「筋トレ好きだもんね …それでもちょっと羨ましいかな」
72: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 06:34:17.41 ID:xEVGYBXg.net

――
―――

曜「サイズじゃないのにね」

善子「ほんっとそれね」

善子「私が言うと僻みみたいになるけど、おっぱいを大きさで語るのは間違ってるわ」

曜「うんうん」

善子「おっぱいがおっぱいである以上おっぱいに差はない、どれも等しく愛すべきおっぱいなのよ」

曜「わかる」

―――
――
73: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 06:44:22.15 ID:xEVGYBXg.net
曜「あはは、ありがと… ん?」

梨子「……」ムス

曜「おっほ」ガッツポ

曜(いっつも三人でいるのに、胸の話になると巻き込まれないってことにちょっといじけてるんだね!)

曜(とするとこの後梨子ちゃんは胸に手をもっていき…)ドキドキ

梨子「……」スッ

梨子「…私だって小さくは」ボソ

曜「ほら来た!」

梨子「」ビクッ
75: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 06:52:48.09 ID:xEVGYBXg.net
梨子「よ、曜ちゃん!? ききき聞いてたの?///」

曜「やっべ」

曜「…何を? 梨子ちゃん何か言ってたの?」

梨子「い、いや、だからその…///」

梨子「って、誤魔化されないから! 『ほら来た!』『やっべ』って何!?」

曜「『ほら来た』…?『やっべ』…?」

曜「…? なんで私?」キョトン

梨子「いやいやいやいや…」
76: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 07:02:32.50 ID:xEVGYBXg.net
梨子「だから… もう、曜ちゃんの変態!」

曜「」ゾクゾク

曜(おこ梨子も全然ありだね…!)

曜「そんな…私何もしてないのに…」シュン

梨子「うっ… い、いや!騙されない騙されない…」

梨子「曜ちゃんもよっちゃんもときどき変な目で見てくるし…」

曜「よーそろー…」ショボン

梨子「ぐっ…!」
77: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 07:08:33.39 ID:xEVGYBXg.net
曜「梨子ちゃんひどいよーそろー…」

梨子「ああもう…ご、ごめん! たぶん勘違いだから!」

曜「梨子ちゃん…!」パァァ

曜(危なかった…)ドキドキ

千歌「うえええ… 梨子ちゃん助けてぇ…
よーちゃんも来てよぉ…」

曜「今行くー!」

梨子「…うーん?」スタスタ
78: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 07:16:00.89 ID:xEVGYBXg.net
―――
――


善子「†ヨハネツイスト†」ギリギリ

曜「なんでなんでちょっと痛い痛い痛い痛い!」

善子「怪しまれてんじゃないわよ! 私も警戒されるじゃない!」ギリギリ

曜「ごめんごめん善子ちゃんほんとまってギブギブ!」

善子(曜さん体つきしっかりしてる… それに)

曜(これって見方を変えれば善子ちゃんに抱きつかれてる? っていうか)

ようよし(ちょっといい匂いする…///)
79: >>55 梨子エピ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 07:22:54.87 ID:xEVGYBXg.net
バッ

善子「…///」

曜「…ふーっ///」

善子「…そ、その…ごめん///」

曜「う、うん 私こそ…///」

ようよし「……」

善子「…ま、まぁ?悪くなかったわね 顔を赤らめながら自分の胸を気にするリリー…」

曜「でしょ? いつもはなんとも思ってない感じだったけどやっぱりちょっとは気にしてたんだね」

善子「大きさじゃないのにねぇ…」

曜「だよねぇ…」
88: >>60 ガーディアンダイヤ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:01:10.29 ID:oUAdVXwv.net
ダイヤ「ルビィ、あなたは今日はここで着替えなさい 善子さんは絶対に近づけさせませんわ!」

ルビィ「ぅゆ… でも、善子ちゃんも悪気があったわけじゃ…」

ダイヤ「それでもです! しかも聞けばルビィの下着の特徴を事細かに覚えていたそうですし… まったく破廉恥がすぎますわ!」


空き教室の外


曜「破廉恥が過ぎるだって」コソッ

善子「うるさい 曜さんも同罪よ」ソーッ
89: >>60 ガーディアンダイヤ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:05:55.51 ID:oUAdVXwv.net
ダイヤ「~~」

ルビィ「~…」


善子「ただルビィがダイヤにチクってたのは想定外ね… 今日は確認のためにも絶対にもう一度見なくちゃダメなのに」

曜「うーん、多分ダイヤさんが問い詰めて隠しきれなくなったんじゃないかな」

曜「ルビィちゃん優しいし」

善子「だとしたら天使ね ただそれでもパンツは…」

曜「黒…」ズゥゥン

善子「レース…」ハァァァ
90: >>60 ガーディアンダイヤ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/21(金) 21:13:49.98 ID:oUAdVXwv.net
善子「ぐっ… 落ち込んでても仕方ないわ!」

善子「あのときの私の見間違いを信じて、なんとしても覗きを成功させるのよ!」

曜「もちろんだよーそろー!」ビシ

ようよし「……」ジーッ


ルビィ「~~!」アハハ

ダイヤ「~~」ハァ…

ルビィ「~~」ヌギッ


ようよし「!」ガタッ
96: >>60 ガーディアンダイヤ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 00:33:12.58 ID:VaKgVjmi.net
ダイヤ「…?」

ルビィ「~?」

ダイヤ「……」キョロキョロ


曜「いやガタッじゃないよ善子ちゃん!」ヒソヒソ

善子「いやいや曜さんこそ何か勢い余ってたわよ!」ヒッソォ


ダイヤ「……」ツカツカ


ようよし(あああああ来てる来てる!)
97: >>60 ガーディアンダイヤ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 00:48:13.27 ID:VaKgVjmi.net
ダイヤ「……」ピタ


曜「!」クチオサエー

善子「!」メヲトジー


ダイヤ「誰か、いるんですの…?」


シーン


ダイヤ「……」フム

ルビィ「…あはは、だ、大丈夫だよお姉ちゃん」

ルビィ「善子ちゃんは完全に事故だったんだし…」

ルビィ「あんまりみんなを疑い過ぎるのもよくないよ…?」
98: >>60 ガーディアンダイヤ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 00:55:32.88 ID:VaKgVjmi.net
ダイヤ「そう、ですわね」

ダイヤ「…そもそも、わたくしがルビィのことを大事にし過ぎたのかもしれません」

ダイヤ「隠されているものほど見たくなる、という気持ちもわからなくはないわ…」

ルビィ「お姉ちゃん…! あの、お、お姉ちゃんに悪いからっていつも言えなかったんだけどね」

ルビィ「私も、皆と部室でおしゃべりしながら着替えたり放課後の約束したりしたかったんだ」

ダイヤ「そうだったの… だったら、もう隠す必要もないですわね 今度からは皆で楽しく着替えましょうか」

ルビィ「うん!」パァァ


善子(天使)

曜(かわいい)
99: >>60 ガーディアンダイヤ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:04:41.98 ID:VaKgVjmi.net
ダイルビ「♪」キャッキャッ


ようよし「……」

曜「帰ろっか、善子ちゃん」ヒソヒソ

善子「ヨハネよ …ま、こんな危険をおかさずとも、次回からは普通に見られる訳だしね」ヒソヒソ

曜「よし! じゃ、退散あるのみだね!」ヒソォ

善子「……」コソコソヨシコ

曜「……」ソロソロヨウソロ


果南「お! 曜に善子じゃん! ハグしよー?」ムダニオオゴエ
100: >>60 ガーディアンダイヤ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:13:36.91 ID:VaKgVjmi.net
曜「魅力的な提案だけど!」ダッ

善子「今回はパスするわ!」シュ

果南「む、なんでさー!」ダダダダ

ようよし(後ろに般若がいるからだよ!)スタタタ


|c||#O.益O|| フシュー


ようよし「ひいいいい!」

果南(そんなに逃げなくてもいいじゃん…)グスッ
101: >>60 ガーディアンダイヤ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:23:20.62 ID:VaKgVjmi.net
モッギュー

果南「うりうりー 二人とも捕っ獲ー♪」ハグハグ

曜「あっちょっ///」

善子「果南さん当たってる当たってる///」

果南「なにが? いやー、二人とも抱き心地いいねー」ムニムニ

果南(鞠莉みたくスキンシップで距離を縮める! き、嫌われてなんかないぞきっと!)

ようよし「うへへへ…///」ニヘラー
105: >>60 ガーディアンダイヤ(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 01:36:03.77 ID:VaKgVjmi.net
果南(あー二人ともいい匂いだな…)ハグハグ

善子(だ、堕天しゅりゅう…///)ピクピク

曜(果南おねいちゃあ… しゅきぃ…///)コウコツ


|c||#^.-^||「果南さん、ご苦労ですわ」ビキビキ

ルビィ「よ、善子ちゃん! 曜ちゃんまで何やってるの!///」カオマッカ

ようよし「あ゛っ…」


曜(このあと滅茶苦茶正座した)

善子(ルビィのパンツは本人に聞いたら「大人っぽいのはけば大人っぽくなれるかも///」ってことだったらしいかわいい)
110: >>61 改めて見ると:善子→曜(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 02:43:32.05 ID:VaKgVjmi.net
善子「ふぁ…ねむ…って誰もいないじゃない」

善子(今日は確かみんなタイミングが合わなくて練習がないのよね…)ノビー

善子「ずら丸もルビィも薄情ね… 挨拶くらいしていきなさいよ」

善子「…いや、あいつらのことだから眠らせてあげようとか思ったんでしょうけど」

善子(にしても暇ね、何しようかしら ただ帰るのもあれだし、かといってあんまりお金は無駄遣いしたくないし…)


<ワーワー


善子「…水着でも見ましょうか!」
111: >>61 改めて見ると:善子→曜(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 02:53:27.24 ID:VaKgVjmi.net
プールにて

水着女子たち「」キャッキャウフフ

善子「あー…」

善子「良い!」キラキラ

善子「競泳水着やスクール水着をデザインした人間には頭が上がらないわほんとに」

水着女子1「はぁ…」ジー

善子「ひんぬーちゃんが周りとの差を気にするもよし」

水着女子2「…///」チラチラ

善子「自分が座っていたあとの染みを見て『私っておしり大きいのかな///』って思っちゃったりするのもよし」

水着女子3「…ふぅ」クイッ

善子「なんといってもこれよ! くい込みを直す仕草!」
113: >>61 改めて見ると:善子→曜(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 03:03:23.84 ID:VaKgVjmi.net
善子「眼福眼福」ムフー

善子「やっぱりエロって世界で三番目くらいに大事よね…ん?」

水着女子たち「」キャーキャー

善子「やけに声援が… ああ、成る程ね」

曜「次、二年渡辺行きます! ふっ!」ドボン

善子「水泳部でもエース級の実力、おまけにあのルックスにナイスバディ…」

曜「」バシャバシャ

善子「ま、このヨハネには及ばないとしても、なかなかの逸材であることは確かね」
114: >>61 改めて見ると:善子→曜(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 03:09:54.96 ID:VaKgVjmi.net
ザパン

曜「はぁ…はぁ… ありがとうございました!」ポタポタ

善子「うわ速… 三年生にも負けてないのね」

水着女子たち「」キャーキャー

曜「でへへ…///」テレテレ

善子「台無しよ…」
115: >>61 改めて見ると:善子→曜(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 03:18:53.28 ID:VaKgVjmi.net
曜(あー… 水着女子はたまらんよーそろーなぁ…)ニヨニヨ

善子「水着女子はたまらんよーそろーなぁ…とか考えてそうね」

曜「…! おーい、よーしこー!」ビシ

善子「げ、見つかった… ていうかヨハネだってば…」フリフリ

曜「えへへー またねー!」ニコニコ

善子「!///」ドキ

善子「…はぁ、全く水着って恐ろしいわ」

善子(あの曜さんに心を揺さぶられるなんてね)

善子「……」ドキドキ

善子「…鼓動よ、静まりたまえ」
116: >>61 改めて見ると:善子→曜(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 03:28:44.84 ID:VaKgVjmi.net
~後日~

曜「この前の私の泳ぎ、どうだった?」

善子「あー、まぁ、速かったんじゃない?」

曜「でしょ!? あのとき、自己ベストに迫れてたんだよね… くー!」バタバタ

善子「あと結構エロかったわよ」

曜「え」

善子「私曜さんのへそ好きかも」

曜「!?///」バッ

曜(えっ? 競泳水着でおへそって見えるっけ?)

善子「曜さんスタイルいいから浮かび上がってたのよ」

曜「なっ/// い、いやぁ! 犯されるぅ! やめてぇ!」

善子「ちょっ、やめなさいよ!」

果南「曜、大丈夫!?」ガラ

善子「ややこしくするなぁ!」

果南「ごめん…」シュン
122: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 10:58:28.60 ID:VaKgVjmi.net
曜「いやーこの前は驚いたなぁ」

善子『あと結構エロかったわよ』

曜「普通本人に言う…?」

善子『私曜さんのへそ好きかも』

曜「…/// あーもう! 恥ずかしいなぁっ!///」

曜(私だけどぎまぎしてるなんて不公平だし…)

曜「今度は逆に私が善子ちゃんにセクハラしよーそろー」
123: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 11:00:03.37 ID:VaKgVjmi.net
ガチャ

曜「失礼しまー…」

善子「すー…すー…」zzz

124: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 11:04:37.26 ID:VaKgVjmi.net
ガチャ

曜「失礼しまー…」

善子「すー…すー…」zzz

曜(寝てる… というか善子ちゃん一人?)

曜「……」

善子「すー…んっ…」モゾ

曜「……」ムラッ

曜「……」ゴクリ

曜「…はっ! 落ち着け、落ち着け…」
125: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 11:15:53.14 ID:VaKgVjmi.net
曜(まずいまずい…私は今何をしようと)

曜(セクハラしようとは思ったけど寝てる善子ちゃんにするのはなんか違うっていうかガチに警察沙汰だよね)

曜「でも…」

善子「んぅ…くー…くー…」zzz

曜「……」

曜「…誰が来るともしれない鍵のかからない部屋で無防備に寝る善子ちゃんにも責任はあるんだよーそろーなぁ…!」ハァハァ

善子「くー…くー…ふふっ…」zzz

曜「」ハッ

曜「よーそろーなぁじゃない! 私のバカ!」
126: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 11:25:20.31 ID:VaKgVjmi.net
曜「くぅ… さっき余計なこと考えるんじゃなかったなぁ…」モンモン

善子「すー…すー…」zzz

曜「んー…」モンモン

善子『私曜さんのへそ好きかも』

善子「すー…すー…」zzz

曜「……」


 


曜「…視姦はセーフだよね」
128: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 11:48:51.19 ID:VaKgVjmi.net
曜「そもそも水泳部の練習のときに善子ちゃんが先にしてきたことだし」

曜「しかもその上で私のへそがどうたら言ったってことは結構みてたってことだよね」

曜「私はそれに気づいてなかった、でも善子ちゃんはじっくり見てた…」

善子「すー…んぅう、くー…」zzz

曜「……」

曜(じゃあ今、善子ちゃんは寝てて気付かないけど、私はじっくり見てもいいよね)

曜「ほらセーフだ」
129: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 11:55:50.20 ID:VaKgVjmi.net
曜「じゃあさっそく…」ゴソゴソ

曜「善子ちゃんは今日どんなパンツはいてるのっと」ピラッ

曜「……」スッ

曜「……」

曜「……」ピラッ

曜「おぉ……」ゴクリ

曜「……」スッ

曜「……」ゴソゴソ

曜「……」

 

曜「…善子ちゃん///」カァ
130: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 12:04:52.72 ID:VaKgVjmi.net
曜「あれだね… 人のパンツに色々言うだけあって自分のパンツも気を付けてたんだね…」

善子「くー…」zzz

曜「んー、机に突っ伏した体勢だとできること限られるし…」

曜「横にしちゃおうか」

曜(その過程でよしパイに手が当たっても全く下心はないんだよ)

曜(よーちゃんは今日は視姦しかしないと決めているからね)

曜「椅子を並べて… 四つくらいでいっか」ガタガタ

曜「じゃあ失礼しまーす…」グイ

善子「んぁっ…」zzz

曜「……」

曜「……」フニフニ
131: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 12:14:10.60 ID:VaKgVjmi.net
曜「…よっ、と」トサ

善子「すかー…」zzz

曜(ていうか全然起きないな… まぁありがたいけど)

曜「……」ムニムニ

曜「…あー、胸は私の負けかなぁ」

曜「じゃあいよいよいきますか…!」

曜「某所で第二の性器と呼び声高い、善子ちゃんのチャームポイント…」

曜「腋!」

善子「んんぅ… ずら丸、ぅるさい…」zzz

曜「」パクパク

善子「んむ…」zzz

曜(心臓止まるかと思った…)
132: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 12:26:47.00 ID:VaKgVjmi.net
曜(もうささっと見てやめよ… なんか怖くなってきた)

曜「左手失礼しまーす」ボソボソ

グイ

曜「……」

曜「…なるほどね」ジュル

曜「なるほどなるほど」ゴクン

曜「…なるほどね」

スッ

曜「あれはエロいわ 安易に至近距離で見ちゃダメだね」

曜「よーちゃんの視姦しかしないっていう鋼の精神力がなければ舐め倒してたね」

曜「うんうん、見たのが果南ちゃんとかじゃなくてよかったよ」
133: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 12:33:09.35 ID:VaKgVjmi.net
曜「最後おへそだけ見て帰ろ…もう今日は練習できそうにないや」

曜「」ピラ

曜「…いいね!」

曜「じゃあ善子ちゃん、また明日!」

善子「くー…」zzz

バタン

曜(今日は久しぶりに善子ちゃんでヨーソローかな!)ウキウキ

曜「♪」ルンルン

曜「……」ルン…

曜「何やってんだ私…」ズモモモ
135: >>61 改めて見ると:曜→善子(茸)@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 12:49:02.24 ID:VaKgVjmi.net
~後日~

曜「私は善子ちゃんは腋がエロいと思うよ」

善子「」ゲホッゴホッ

善子「は、はぁ!?///」

曜「いやホントに Aqours1いい腋してると思う」

善子「ひいいい! 見境がなくなってる! か、果南さん! 果南さん早く来て!」

曜「いやいや冗談だから! やめてやめて善子ちゃんもこの前私にセクハラしたじゃん!?」

ダイヤ「何事ですか! セクハラ!?」ガラッ

曜「ああああ洒落にならない人来た!」

善子「ダイヤ助けてぇ!」ギュ

|c||^.-^||「あっ…/// お姉ちゃんに任せなさい!」

曜「ちょっ善子ちゃん!? くっ、全速後退ヨーソロー!」ダッ

ダイヤ「お待ちなさい!」ダッ


<ギャーギャー


善子「はぁ 急になんなのよ…/// って、私もそうだったわね…」
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:39:38.70 ID:nH7FSmK9.net
曜「善子ちゃん善子ちゃん」ユサユサ

善子「…ん、なによ急に それから私はヨハネよ」

曜「いや急じゃないんだけど… 何か考え事?」

善子「あ、それならごめんなさい… まぁ、そんなところよ」フゥ

曜「そっか… 私でよければ相談に乗るよ?」

曜(できれば堕天使とかの難しい話は避けてくれるといいけど)

善子「じゃあ、まあせっかくだし…」

曜(人付き合いとかの相談だとやりやすいかな、ってこれは善子ちゃんに失礼か…)


 


善子「家庭教師ってエロくない?」

曜「エロい」

話の繋がりは無いとの事ですが、2スレをひとつにまとめています(管理人)

元スレ: 曜「おーいってば」善子「……」ボー

4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:42:14.23 ID:nH7FSmK9.net
曜「エロい」

善子「いやなんで二回言ったの」

曜「善子ちゃんが聞き逃したらよくないかなって思って」

善子「ヨハネよ! …意味はわからないけど、それは理由を聞いてしまった私のミスだからこの際いいわ」ハァ

善子「それでその家庭教師だけど、もう存在がエロいなって考えてて」

曜「へぇ… 混ぜてよ」

善子「もちろん」
6: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:44:30.42 ID:nH7FSmK9.net
曜「といっても、具体的にどういうこと?」

善子「なんていうか… もう全部がそういう意味に変換できるってことよ」

曜「…うん?」

善子「んー、例でいくわね」
 
善子「例えば、私が勉強頑張ったとするでしょ? そしたら…」

―――
――
7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:46:43.05 ID:nH7FSmK9.net
花丸『善子ちゃん、えらいえらい!』

花丸『でも、満点とっちゃうまで頑張るなんて…』

花丸『そんなに――マルのご褒美が、欲しかったの…?』

花丸『ふぅん…♡』クスクス

花丸『…いいよ、ぜーんぶ…あげるずら♡』


――
―――
8: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:49:05.83 ID:nH7FSmK9.net
善子「…ってなるでしょ?」

曜「ヨーソロー!」ハイタッチ

善子「」パシン

曜「それにしても、はぁ… 花丸ちゃんは淫乱だなぁ」

善子「ほんとよね」

曜「あー… これは嫌でも勉強頑張っちゃうね」

善子「そうでしょ? でも、勉強さぼってると…」

―――
――
9: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:52:05.81 ID:nH7FSmK9.net
ルビィ『ねぇ、善子ちゃん…?』

ルビィ『どうしてちゃんと勉強してくれないのかな?』

ルビィ『そんな、いけないいけない善子ちゃんには、オシオキが必要だよね…♡』ウットリ

ルビィ『でも安心して… 善子ちゃんが、ルビィの言うこと全部聞いちゃうようになってもらうだけだから♡』

ルビィ『だから――頑張ルビィ、しようね♡』


――
―――
10: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:55:31.20 ID:nH7FSmK9.net
善子「…ってなるじゃない?」

曜「攻め攻めルビッチちゃんすき」

善子「わかる」
 
曜「勉強すれば花丸ちゃんのご褒美、しなければルビィちゃんのオシオキ…」

曜「あーあ、二人ともえっちすぎるヨーソローなぁ!」

善子「全くよね…」ハァ
13: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 21:58:15.84 ID:nH7FSmK9.net
曜「うんうん、なんかわかってきたかも」

曜「ただそういうことなら、二年生だって負けてないよ!」

善子「へぇ? それはぜひ参考に聞いておきたいんだけど」ワクワク

曜「そうだね… ご褒美やオシオキもいいけど、教えてもらってる時のことも考えると…」

―――
――
14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:01:20.46 ID:nH7FSmK9.net
千歌『ふふ、変態さんの曜ちゃんはぁ… 消しゴム拾うふりして、どこを見てたのかなぁ?』

千歌『あは、謝らなくていーんだよー? …ね、よーちゃん』

千歌『千歌の普通"じゃない"トコロ――』ススス…

千歌『――見るの、やめる…?』ピト

千歌『…♡』クスクス


――
―――
16: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:04:43.08 ID:nH7FSmK9.net
曜「…とか?」

善子「やめない!」ガタッ

曜「」ビクッ

善子「シチュエーションまでありきたりな普っ通ーなやつでありながら、そこで自分の普通じゃないところを全面に出していくのね!」

善子「千歌さんもいい感じじゃない…たぎるわ…!」フルフル

曜「えへへ…///」テレリ

曜「あ あとはベタに立場が変わっちゃうのとかどうかな…」

―――
――
17: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:07:53.33 ID:nH7FSmK9.net
梨子『じゃあ私が曜ちゃ――きゃんっ!』ドサ

梨子『いたた… もう、落ち着いて? これか…らぁっ!?♡』ビクッ

梨子『んっ、だめっだめ…っ♡ だめだ、よ曜ちゃっ…!♡』

梨子『わたしが…私がっ!♡ 曜ちゃんに教える…って言ったのにぃ…♡』

梨子『やぁぁ…♡ とまって、とめて?♡ 教えられるの、いやぁ…♡』


――
―――
19: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:13:14.13 ID:nH7FSmK9.net
善子「バカヤローソロー!」スパァン

曜「微妙に違う!?」

曜(あ、でもいいビンタ…///)ゾクゾク

善子「なーにが『だめっだめ…っ♡』よ! こっちからすすんで手出すことの方がダメに決まってるじゃない! だいたいね…!」プンスコ

曜(梨子ちゃんのマネ結構似てる…///)ドキドキ

善子「いい? こんな風に、立場逆転も、相手の掌の上なのがいいのよ…」

―――
――
20: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:16:47.69 ID:nH7FSmK9.net
ダイヤ『…さて、以上でわたくしの講義は終わりですわ』

ダイヤ『しかしここからはまた別のレッスンがありますわ 得た知識を経験に変えて定着させるための…』

ダイヤ『そうですわね… 分かりやすく言うのであれば――』

ダイヤ『――ここからは、カラダで覚える時間ですわ♡』シュル

ダイヤ『ふふふ、善子さん♡ ぜひわたくしでたっぷりと復習してくださいな…♡』ギュ


――
―――
23: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/05(土) 22:22:35.65 ID:nH7FSmK9.net
曜「私が間違ってた」

善子「よろしい」

曜「ダイヤさんもえっろいんだね… 私の中のヨーソローも思わず硬度10になっちゃうよ」※生えてません

善子「ほんとよね…」※穿いてません

曜「…うん、よし! 相手の掌の上なら、こういうのはどうかな…」

―――
――
36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 01:44:33.60 ID:fwtKBPga.net
鞠莉『あらら、曜? 疲れてなーい? ちょっとbreaktimeにしましょー!』

鞠莉『ふぅ… ところで、こういうのは日本語で「息抜き」って言うわよね?』

鞠莉『ねぇ、曜…♡ いっそ、イロイロ抜いちゃわない?♡』ムギュ

鞠莉『おねーさんとイイコトするか、それともイケナイコトするか――ふふ♡』

鞠莉『シャイニーな方を選んで頂戴…♡』


――
―――
37: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 01:51:08.70 ID:fwtKBPga.net
善子「マリーは反則」

曜「正直鞠莉ちゃん以上に家庭教師似合う人なんていないんじゃないかな…」

善子「確かにそうね それにあの87センチを押し当てられたら理性を保てる気がしない」ゴク

曜「そうだね… 次は果南ちゃんか」

善子「ハグが大好きなエロエロお姉さんね」

曜「うん …でも私、果南ちゃんの家庭教師はあんまり想像できないかなぁ」

善子「あら、付き合いが長いせいかしら? 私が思うに、果南さんはこういうのが似合うのよ…」

―――
――
40: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 01:57:51.88 ID:fwtKBPga.net
果南『ここがこうなって… って善子ー? 聞いてる?』フリフリ

果南『うそ ぜったい聞いてなかった』

果南『はぁ… 休んでた遅れを取り戻したくて、それで同じように休学が長い私から色々と聞きたい… だったっけ?』

果南『って言っても大したことは何もしてないから結局普通に勉強見てる訳だけどさ』

果南『でも頼んできたのは善子なんだから、もうちょっと集中して?』

果南『…よろしい ふふ、素直な善子には私がハグをしてあげよう』ギュ

果南『~♪』グリグリ
41: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:07:31.35 ID:fwtKBPga.net
果南『善子は細いなぁ…って私が鍛えてるだけか でも、ちゃんと食べてる?』ムギュムギュ

果南『…そ、ならよかった』ギュー

果南『…え? 当たってる…? 何のこ――』ハッ

果南『っ!?』ガバッ

果南『……』

果南『…よ』

果南『…善子のえっち///』ジト
43: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:15:44.57 ID:fwtKBPga.net
果南『…な!? いやいやなんで私のせいなの!?』

果南『だ、だってハグしたらそりゃちょっとはしょうがないじゃん!』

果南『お、おっぱ…/// ごほんっ!じゃなくて、む胸が当たるくらいはさ!』

果南『それを善子が変な方に受け取ってるだけで…! 私はべつに…その、そういうつもりは…///』モゴモゴ

果南『…あーもうこの話はおしまい、おしまい!///』ブンブン

果南『ほら、勉強に戻るよ! さっさとここ終わらせるんだから!』

果南『…え? 終わったらご褒美のハグ?』

果南『はぁ…わかった でも、また変なこと言ったらもうしないからね…?』


――
―――
46: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:23:44.55 ID:fwtKBPga.net
善子「…って、あれ?」

曜「うーん… これはこれでありだけどちょっと違うね」

果南「…///」

善子「おかしいわ… 果南さんだといちゃラブにしかならない…」ブツブツ

曜「私の場合はそもそも果南ちゃんに勉強見てもらうイメージがないからだけど…」

果南「…///」プルプル

善子「んー、じゃあ私はなにか他の理由が――」

曜「? どうかし…あ゛」

果南「…なにやってんの///」カオマッカ

善子「」

曜「」
47: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:36:13.27 ID:fwtKBPga.net
果南「そろそろ練習始めるよって声かけにきたら…」

果南「二人して衣装そっちのけで何の話を…///」ハァ

善子「…や」

善子(やばいやばいやばいやばい!)ダラダラ

善子(と、とりあえず何か言い訳…! 曜さん助けて…!)

善子「い、いや、ちが…くはないけどこれは、その…! ねぇ曜さん!」アセアセ

曜「へぁ!? そ、そうそう! ようそろようそろ!」アセアセ

善子(ダメだ私以上に使えないぞこの人)
49: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:44:10.78 ID:fwtKBPga.net
果南「…///」ジト

善子(ああああ生のジト目果南さんきたあああ!)

善子(やっぱり可愛いぃ! …けど今だけはぜんっぜん嬉しくない!)

善子「いやその… そう! そもそも衣装は意外と早く終わっちゃってるのよ! ね!? 曜さん!」

曜「はっ…衣装… そうだよ果南ちゃん! だから暇つぶしに皆が家庭教師したらどうかなーなんて話をね!」

善子(衣装で戻ってきた… まいっか)

果南「ふーん…?///」
50: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 02:54:37.25 ID:fwtKBPga.net
曜「ほ、ほら善子ちゃんはサボり多いから、それでね!」

善子「善子じゃなくてヨハネ! あとサボりじゃなくて不登校だからぁー!」

曜「あーそっかー! 曜ちゃんうっかりー! てへぺろっ! てへぺろっ!」

善子「ほんとよー! まったくー! ていうか急に中の人ネター?」

曜「ちょっとメタいよーよしこちゃーん! あっはははは… はは…」

果南「……」
 
ようよし「……」


 


ようよし「…それじゃあお先っ!」ソソクサ

果南「あっこら待て!」ダッ


<ギャーギャー…


この後めちゃくちゃ練習した
おわり
57: おまけ:ピュアピュア果南ちゃん(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 08:45:44.39 ID:fwtKBPga.net
夜:果南ハウス

果南「はぁ… まさか二人にあんな一面があったとは…」

果南「これからは衣装にはルビィも混ざってもらおう… いや逆にルビィが危険かな?」ブツブツ

果南「それにしても…」

曜『私の場合はそもそも果南ちゃんに勉強見てもらうイメージがない』

果南「まったく失礼なやつめ… 昔の恩を忘れたのか曜は!」プンスコ

果南(そ、それから…)

善子『おかしいわ… 果南さんだといちゃラブにしかならない…』

善子『果南さん"だと"いちゃラブにしかならない』

果南「…///」カァァ

果南「ど、どういう意味なんだろ…? 無意識だけど私のこと…とか?///」ドキドキ

果南「…///」

果南「ふぅ… まさか、ないよね もう寝よ寝よ」ゴロン


果南「…ん」スヤァ
58: おまけ:ピュアピュア果南ちゃん(茸)@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 08:48:58.72 ID:fwtKBPga.net
善子『果南さん…』ズイ

果南『よ、善子…なんか近い、よ…?』

善子『近い方がいいの…その方が』

善子『私のドキドキが、ちゃんと伝わるから』ギュ

果南『うっ、よ、善子…?/// ていうかホントに近いってば!///』

善子『ねぇ果南さん、私、果南さんのこと…』スー…

―――
――


果南「…いやそれはまだ早くないかな!?///」ガバァ

果南「はぁ…はぁ…/// …夢、か」

果南「…ってうあああああ『まだ』ってなんだよもおおお!」ゴロゴロ

果南「善子のばか! 今日1日どんな顔して過ごせばいいんだよ…! うぅ…///」

果南「会ったら絶対ハグしてやるんだからね…///」ブツブツ


ピュアピュア果南ちゃん:おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「おーい」善子「……」ボー』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。