にこ「真姫ちゃん…今は駄目だよ…」

シェアする

にこまき-アイキャッチ11
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 00:22:12.44 ID:CJ9+I++Z0


真姫「いいでしょちょっとくらい」

にこ「駄目よ…ここ映画館よ?」

真姫「ちょっとだけだから」

にこ「もうすぐ予告始まっちゃうよ…?」

真姫「もう我慢できないの」

にこ「や…やめて…」

真姫「いいでしょ?」

真姫「スクフェスくらいやっても」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413904922

元スレ: にこ「真姫ちゃん…今は駄目だよ…」

スポンサーリンク
3: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/22(水) 00:39:22.48 ID:CJ9+I++Z0
にこ「画面暗くなってからだと迷惑になっちゃうでしょ」

真姫「じゃあ曲選択してすぐポーズするから、その代わり」

真姫「にこちゃんからキスして?」ニコッ

にこ「な、何よそれ…」カァ

真姫「たまにはいいでしょ?」

にこ「しょーがないわね…」

にこ「んっ…」チュッ

真姫「…ありがと」グッ

にこ「!?ちょ…ちょっと…んっ…ぁっ…何すんのよ」

真姫「誰も見てないし大丈夫よ」チュッ

4: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/22(水) 00:54:15.66 ID:CJ9+I++Z0

にこ「ぇっこら…ちょ…んぁ…ふぁ…んん…ぷはっ」

真姫「ん…ふぅ…にこちゃんって、本当キス下手よね」フフッ

にこ「はぁ…はぁ…真姫ちゃんが上手すぎるのよ…」

真姫「そう?…よし、これでLP漏らさなくて済むわ」

にこ「はぁ…いつの間に…」

真姫「暗くなったわ、もうすぐね…」

にこ「…ねぇ」

真姫「?」

にこ「まだ落ち着かないから…手握ってよ…」

真姫「!?」

真姫「しょうがないわね…」カァ

6: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/22(水) 01:07:06.13 ID:CJ9+I++Z0
〜映画終了〜

にこ「うっ…ぐすっ…いい映画だったわね…」グスグス

真姫「やっぱり歌の力ってすごいわね…あんな熱意…自然と涙が溢れたわ…」グス

にこ「真姫ちゃんがきになるって言うから見たけど…本当に見れてよかったわ…」

にこ「…タイトルなんだっけ」

真姫「ジャージーボーイズよ」

真姫「…流石にグループ名は忘れてないわよね?」

にこ「当たり前よ!フォーシーズンズでしょ!」

真姫「よし、えらいえらい」ポンポン

にこ「んなっ!」

7: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/22(水) 01:24:18.45 ID:CJ9+I++Z0
真姫「ちょっとお腹空いたわね」

にこ「お昼だから」

真姫「軽くでいいから…サブウェイにしましょ」

にこ「にこサブウェイで食べたこと全然ないわ」

真姫「私もそんなに食べたことないわ」

にこ「あれって色々カスタム出来るんでしょ?」

真姫「そこがいいところね」



8: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/22(水) 01:27:22.24 ID:CJ9+I++Z0



にこ「美味しい…」モグモグ

真姫「サブウェイは野菜が美味しく食べられるからいいわね」

真姫「にこちゃんが頼んだのって海老アボカドよね?」

にこ「何〜?食べたいの〜?」ニヤニヤ

真姫「一口ちょうだいよ」

にこ「んぅ…別にいいわよ…はい」スッ

真姫「ありがと」

真姫「美味しいわね…」モグモグ

にこ「でしょ?」

にこ「真姫ちゃんのも一口ちょうだい」

真姫「どうぞ」スッ

にこ「ありがと」

にこ「こっちもいいわね…なんだっけこれ」

真姫「確かターキーブレストよ、あっさりしてていいわよね」
38: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/24(金) 23:59:03.89 ID:mXDJIANg0
真姫「雑貨屋さん行きたい」

にこ「プレゼントでも買うの?」

真姫「エリーの誕生日プレゼントよ」

にこ「あ、まだ買ってなかったんだ」

真姫「次の火曜日よね?」

にこ「そうそう」

真姫「にこちゃんは何あげるの?」

にこ「ちょっと待って、写真あるから」スマホカチカチ

真姫「マトリョーシカのクリップね、かわいい」

にこ「何かと便利だよね」

真姫「エリーってクリップ持ってないの?」

にこ「あ、それはね…」

39: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/25(土) 00:04:37.09 ID:VgzC7PYn0
〜〜〜〜

絵里「にこ、前から気になってたんだけどそのクリップ?って何に使うの?」

にこ「これ?ちょっと待って…」ゴソゴソ

にこ「教科書とかをこう留めると…」カチ

にこ「勝手にめくれちゃわないでしょ?」

絵里「ハラショー…」

にこ「しおり代わりにもなるし」パタン

絵里「なかなか便利ね」

にこ「絵里ってこういうの持ってないんだ」

絵里「必要最低限な物しか揃えてなくてね」

にこ「修正テープとかなくて平気なの?」

絵里「あまり誤字はしないから大丈夫よ」

にこ「でもでも、授業中に教科書がペラペラーってめくれて困ったことはあるわよね?」

絵里「結構あるわね」

にこ「ふふふ…」

〜〜〜〜
41: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/25(土) 00:33:32.75 ID:VgzC7PYn0
にこ「ってことが少し前あったのよ」

真姫「…エリーって本当真面目よね…」

にこ「絵里らしいわ」

真姫「そうね…」スマホスライド

にこ「! 勝手に他の写真見ちゃダメでしょ」

真姫「にこちゃんのはいいのよ」

真姫「これもマトリョーシカ、可愛いマスコットね」フフ

にこ「これも絵里へのプレゼントよ」

真姫「もしかして手作り?」

にこ「そうなのよ」フフン

真姫「…」

真姫「にこちゃんの手作り…」

真姫「私にはくれないのに…」シュン

にこ「今度真姫ちゃんにも作るから!」アセアセ

にこ「これを作ったのにもちょっとだけ理由があってね…」

42: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/25(土) 01:07:39.63 ID:VgzC7PYn0
〜〜〜〜〜

希「にこっち、お願いがあるんやけど」

にこ「何よ改まっちゃって、珍しい」

希「えりちの誕生日に、手編みのマフラー贈りたいんや」

にこ「なるほど、それでにこに教えてもらおうと」

希「話がわかっとるやん、よかったわ」

にこ「まだ協力するとは言ってないわよ!」

希「まあまあ、うちの力で完成させたいから、にこっちはやり方の説明と編み目の確認するだけでいいから…な?」

にこ「しょーがないわね…」


にこ「…ねえ、マフラーはちょっと早いんじゃない?」

希「細かいことは気にしない♪」
43: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/25(土) 01:25:43.40 ID:VgzC7PYn0
手芸屋


にこ「色はどうする?」

希「ロシア国旗カラーの赤、青、白!」

にこ「3色…大変そうね」

希「うちは覚悟できとるよ」

にこ「希…」

にこ(ライブのときくらい真剣ね…)

にこ「ちゃんと私の指導についてきなさい!」

希「了解!」
44: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/25(土) 01:35:28.46 ID:VgzC7PYn0

にこ(毛糸にもいろいろあるから迷うわね)ウーン

希「これどうやろ」スッ

にこ「ちょっと太いかも」

希「じゃあ…」

にこ(そういえば希が編んでる間は大体暇ね)

にこ(待ってる間フェルトで何か作ろ)

にこ(クリップは安かったし、プレゼントを追加してもいいわね)

にこ(よし、マトリョーシカ作ろ)

希「にこっち、この3つでいいかな?」スッ

にこ「いいと思うわ」

希「あれ、フェルトと綿なんて使うん?」

にこ「希が編んでる間暇だから、パパッとマスコットでも作っちゃおうと思って」

希「にこっちってこういうことだけは本当すごいなぁ…」

にこ「妹たちにたまに作ってあげるだけよ。って、その言い方酷いわよ!」

希「まぁまぁ」ニヤニヤ

〜〜〜〜〜
45: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/25(土) 03:15:08.04 ID:VgzC7PYn0
にこ「こんな感じの理由よ」

真姫「そういうことね」

にこ「マスコットなんておまけみたいなものよ」

真姫「手間かかってるのに?」

にこ「慣れれば手間じゃないよ。あと手作りはいいわよ、安上がりでしかも自分の好きなようにできるし…」

真姫「ことりじゃなくてにこちゃんに頼んだのは意外ね」

にこ「無視しないでよ! …まあ、希とは付き合い長いし、にこが手芸出来ること知ってるから」

にこ「それとにこの方が頼むのに手っ取り早かったんじゃない?」

真姫「へぇ…」

にこ「なんか元気ない?大丈夫?」

真姫「大丈夫よ…」

にこ「もしかして希に嫉妬しちゃった?」

真姫「なっ!そんなわけないでしょ!」

にこ「ふふ〜ん♪」
46: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/25(土) 03:21:41.95 ID:VgzC7PYn0

雑貨屋


にこ「で、何にするの?」

真姫「…ポーチとかパスケースとか?」

にこ「ざっくりね」

真姫「まあ時間もあるし適当に決めましょ」

にこ「そうね」


真姫「これにしよ」

にこ「早いわね」

にこ「…?これ何?」

真姫「ティッシュポーチよ」

にこ「香水ボトルのデザイン可愛いわね」

真姫「あと優雅で大人っぽい感じ。エリーに合いそう」

にこ「色もちょうどアイスブルーね」

真姫「だからこれにしたのよ」



47: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/25(土) 03:26:43.12 ID:VgzC7PYn0
にこ「なんでティッシュポーチにしたの?」

真姫「デザインが良かった、というのもあるけど」

真姫「エリーってちゃんとティッシュ持ち歩いてそうだけど、さっきの話聞くかぎりティッシュポーチは持ってなさそうじゃない?」

にこ「わかるわ」

にこ(でも私も持ってない…)

真姫「ポケットティッシュってそのまま持ち歩くと形崩れちゃうし、あっても損はしないと思って」

にこ「いいと思うわ」

真姫「にこちゃんは何か買う?」

にこ「今日はいいわ」

真姫「じゃあささっとお会計済ませちゃいましょ」
48: ◆4wV3/4WornMb 2014/10/25(土) 03:30:58.43 ID:VgzC7PYn0


にこ「!?これ見て!」

真姫「どうしたの?」

にこ「マカロンクッションだって!かわいい〜」

真姫「しかもすごく柔らかいわ」モフ

にこ「気になるお値段は…3000円!高い…」

真姫「そうかしら?気に入ったから1個買うわ」

にこ「さ、流石真姫ちゃん…」





店員「お待たせしましたー」

真姫「ありがとう」


真姫「この包装いいわね」

にこ「確かに綺麗ね」



59: トリップどんなんかわからなくなりました。 2014/12/20(土) 15:39:20.73 ID:eBZc/Gy70
にこ「まだ時間あるわね」

真姫「カラオケ行きたい」

にこ「…真姫ちゃんからそんな言葉が聞けるなんて」

真姫「たまにはいいでしょ!」

にこ「はいはい…」

にこ「予約もせずに大丈夫かしら?」

真姫「大丈夫でしょ」




にこ「思ってたより空いてるわね」

真姫「J◯YS◯UNDかD◯Mだったらどっちがいい?」

にこ「D◯Mの方が個人的に曲揃えがいいと思うわ」

真姫「じゃあD◯Mで」


真姫「…タンバリンとかいるの?」

にこ「あって損はしないでしょ?」

真姫「しかしここドリンク飲み放題で3時間500円とか物凄い安いわね」

にこ「確かにワンコインは安いね」
60: ◆4wV3/4WornMb 2014/12/20(土) 15:40:57.60 ID:eBZc/Gy70
真姫「…μ'sの曲入ってる」

にこ「でしょ?だから曲揃えがいいってことよ」

真姫「愛してるばんざーい歌っていい?」

にこ「やっぱりそれ好きね、いいわよ」フフッ

真姫「さぁ大好きだ ばんざーい♪」

にこ(やっぱり上手いなぁ…)

にこ(この子みたいに上手かったら、私もさっきの映画の主人公みたいにみんなに守られて、みんなと一緒に夢を追いかけて、約束されたような未来へ進めたのかな)

にこ(…違うわ、今の私はμ'sのみんなと夢を追いかけてる)

にこ(しかも主人公だってたくさん努力して夢を叶えたんだし)

にこ(ますます頑張らなくちゃ)

にこ「にこもここから歌っていいー?」

真姫「ほら 前向いて〜♪」コク


にこ「ラララ ラララララララ♪」

真姫「ラララ ラララ ラララララララーラ♪」

61: ◆4wV3/4WornMb 2014/12/20(土) 15:53:07.13 ID:eBZc/Gy70

にこ「ちょっとトイレ行ってくる」

真姫「ん、いってらっしゃい」

真姫(あんまり歌いたい曲がないから暇ね)

真姫(デンモクいじるの楽しい)ピッピッ

真姫(…この曲もう入ってたんだ)

真姫(…隣の部屋の人音痴ね)イライラ


真姫(!、監視カメラ発見)

真姫(注意書きもあるわね)

真姫(不純異性交遊禁止ね…同性ならいいのからしら)フフッ


にこ「たっだいまー!」ガチャ

真姫「おかえり」

にこ「歌ってなかったの?」

真姫「レパートリー少ないから」

にこ「折角μ'sの歌たくさん入ってるんだから、練習すればいいのに」

真姫「カラオケに来てまで練習したくないわ」

にこ(あ…そういえば、真姫ちゃんの家、防音の部屋あったわね)

にこ「にこは学校くらいでしか歌えないしー、自主練とかカラオケでしか出来なーい」

真姫「あ、そう…」

にこ(冷たいなぁ)ムゥ

真姫「今度から私の家でする?」

にこ「えっ、本当に!?」キラキラ

真姫(あ、本当に自主練したかったのね)
63: ◆4wV3/4WornMb 2014/12/20(土) 18:57:24.72 ID:eBZc/Gy70

真姫「ちょっとドリンクとってくるわ」

にこ「ならにこのもやって〜」

真姫「はいはい…」

真姫「何がいいの?」

にこ「ファンタオレンジ!」

真姫「…にこちゃん、今はただのカラオケだからいいけど、ステージの前とかは炭酸飲まないでよね」

真姫「あと柑橘類も食べない方がいいわ、ジュースはいいかもしれないけど」

にこ「?何で?」

真姫「喉の調子が悪くなっちゃうのよ」

真姫「あとは辛い物や乳製品も避けた方がいいわ」

にこ「なるほど…真姫ちゃん、ありがと」

真姫「別に…」

64: ◆4wV3/4WornMb 2014/12/20(土) 18:58:15.51 ID:eBZc/Gy70
真姫「ただいま」ガチャ

にこ「おかえり」

真姫「はいファンタオレンジ」コトッ

にこ「ありがと」

真姫「トイレ行ってくるわ」ガチャ

にこ「また行っちゃうの!?」

バタッ

にこ(あっ、そうだ今のうちに…)






真姫「ただいま」ガチャ

にこ「〜♪」

真姫「あ、それA-RISEの新曲ね」

にこ「〜♪」グッ



65: ◆4wV3/4WornMb 2014/12/20(土) 18:59:40.90 ID:eBZc/Gy70


にこ「ミッドナイトキャッツっと…」ピッピッ

真姫(カメラの向きからしてここなら…)ススッ

にこ「真姫ちゃんどうしたの?」

真姫「にこちゃん…」ギュッ

にこ「えっ!?急にどうしたの?」ビクッ

にこ「こんなところで…」

真姫「いつもと違うシチュエーションって憧れない?」

にこ「憧れない!ここなんてカメラもあるかもしれないし…」

真姫「この位置なら角だし私の背中くらいしか見えてないわ」ニコッ

にこ(完全にスイッチ入っちゃったわ…)

にこ「でも〜にこは〜時間が勿体無いと思うな〜☆折角のカラオケなんだから歌わないと〜」アセリ

真姫「そんなにかからないわよ」

にこ「ひぃ〜〜」ブル
66: ◆4wV3/4WornMb 2014/12/20(土) 19:01:09.56 ID:eBZc/Gy70
ガチャ

店員「お待たせしました、イチゴパフェ2つになります」

真姫「!?」バッ

にこ「やっと来たぁ・・」

にこ(真姫ちゃんがいない間に注文しといて良かった〜)ホッ

にこ「真姫ちゃんの分もあるし、一緒に食べよ?」

真姫「…そうね、今はそうするわ」

真姫「お楽しみは家まで我慢しててあげる」ニコッ

にこ(あ、これは明日立てなくなるやつだわ)ビク

67: ◆4wV3/4WornMb 2014/12/20(土) 19:02:29.78 ID:eBZc/Gy70

にこ「いや〜たくさん歌ったわね〜」ノビノビ

真姫「にこちゃんってレパートリー多いのね」

にこ「勿論!全てのアイドルの歌を歌えるわよ!」ドヤ

真姫「ふふっ…作曲の参考にできそうな曲も多かったし」

にこ「でしょでしょ?良かったらもっとたくさん教えよっか?」

真姫「それは曲の方向性とか決めてからね」

にこ「は〜い」
68: ◆4wV3/4WornMb 2014/12/20(土) 19:03:09.78 ID:eBZc/Gy70
真姫「もう夕方ね」

真姫「ちゃんと今日は私の家に泊まることお家の人に伝えた?」

にこ「小学生じゃないんだから…ママに言ってあるわ」

真姫「なら良かったわ」

真姫「今日の夜…覚悟しといてね」

にこ「今日は疲れちゃったから、にこ早めに寝たいな〜」

真姫「じゃあ帰ってすぐにしましょ」

にこ「それはやだ〜〜」

69: ◆4wV3/4WornMb 2014/12/20(土) 19:04:10.01 ID:eBZc/Gy70
終わりです。
すみませんでした。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
にこ「真姫ちゃん…今は駄目だよ…」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「真姫ちゃん…今は駄目だよ…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。