穂乃果「なりきりにこちゃん!」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ38
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:13:05 IRZrj6MM

にこ「大変!」

穂乃果「わあっ!?いきなり大声出してどうしたの?」

にこ「忘れてたわ・・・」

穂乃果「忘れてた?」

にこ「この後、真姫ちゃん来るんだけど、真姫ちゃんに貸そうと思ってたアイドルのCDを部室に忘れてたのよ!」

穂乃果「わぁー大変だ!」

にこ「あぁ困ったわ・・・」

元スレ: 穂乃果「なりきりにこちゃん!」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:14:06 IRZrj6MM

穂乃果「早く取りに行ったほうがいいって!」

にこ「そうよね!連休中に聞いて作曲を考えてたいって言ってたし!穂乃果!ここは任せたわよ!」

穂乃果「あ、でも真姫ちゃんはにこちゃんに逢いに来るんだし、ここにこちゃん家だし、私じゃ対応とか・・・」


しーん・・・


穂乃果「・・・・・って、あれ?」

穂乃果「にこちゃん?」ウロウロ

穂乃果「にこちゃんやーい・・・」ウロウロ

穂乃果「あ、靴がない・・・もう行っちゃったのか」

穂乃果「・・・・・・・・・・」

穂乃果「・・・・・はっ!」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:14:40 IRZrj6MM


にこ『ここは任せたわよ!』


穂乃果「さっき、そういえば・・・」


にこ『穂乃果に全てを委ねたから!』


穂乃果「こんなこと・・・言われた気が・・・・・しないでもない!」


にこ『真姫ちゃんを困らせたら承知しないわよ!』


穂乃果「あわ・・・あわわわっ」ブルブル


にこ『全ては穂乃果に掛かっているのよ!!』


穂乃果「わぁー!責任重大だよー!!」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:17:36 IRZrj6MM

穂乃果「ど、どうしよう!しっかり役目を果たさないと!」オロオロ

穂乃果「真姫ちゃんをしっかりきっちりきっかりお迎えして!」

穂乃果「にこちゃんが帰ってくるまで私がおもてなしして!」

穂乃果「でも、私ににこちゃんの代わりなんて出来るかな!?」


出来っこないって・・・


だって、あの穂乃果だよ・・・


ドジで・・・ノロマで・・・サイドテールの・・・・・


でも、穂乃果は・・・・・μ'sのリーダー


みんなを支えてく・・・リーダーだよ


そうだよ・・・できる・・・・・穂乃果ならっ!
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:18:39 IRZrj6MM

穂乃果「そうだ、これもひとつの世界。私の中の可能性。今の私が私そのものではない。色んな私自身がありえるんだ。そうだ・・・・・、本物じゃない高坂穂乃果もありえるんだ」


                  ―ガコン―



絵里『そう思えば、嘘の穂乃果も決して悪いもんじゃないわ』


穂乃果「嘘の穂乃果は悪くないかもしれない。でも嘘の穂乃果は嫌いだよ」


ことり『"嘘"の穂乃果ちゃんを、悪く嫌だととらえているのは、穂乃果ちゃんの心』


花陽『"嘘"を真実に置き換えている、穂乃果ちゃんの心だよ』


絵里『嘘を見る角度、置き換える場所。これらが少し違うだけで、心の中は大きく変わるわ』


海未『"嘘"は人の数だけ存在する』
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:19:50 IRZrj6MM

凛『だけど穂乃果ちゃんの"嘘"はひとつにゃ。狭量な世界観で作られ、自分を守る為に変更された情報。・・・歪められた"嘘"にゃ』


希『ま、人一人がもてる世界観なんて、ちっぽけなモンや』


真姫『だけど、人はその自分の小さな物差しでしか、物事を測れないわ』


にこ『与えられた他人の真実でしか、物事を見ようとしない』


絵里『晴れの日は気分良く』


海未『雨の日は、憂鬱』


にこ『と、教えられたら、そう思い込んでしまう』
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:21:36 IRZrj6MM

真姫『雨の日だって、楽しい事はあるのに』


理事長『受け取り方ひとつで、まるで別物になってしまう脆弱なもの。人の中の"嘘"とはね』


海未『人間の真実なんてその程度のものです。だからこそ、より深い真実を知りたくなるのです』


ゲンドウ『ただ、お前は人に好かれる事に慣れていないだけだ』


絵里『だからそうやって、人の顔色ばかりを伺う必要なんてないのよ』


穂乃果「でも、皆私が嫌いじゃないのかな・・・?」


にこ『あんたバカァ?あんたがひとりで、そう思い込んでるだっけじゃないの』


穂乃果「でも、私は嘘の穂乃果が嫌いなの」


真姫『自分が嫌いな人は、他人を好きに、信頼するように、なれないわ』


穂乃果「私は卑怯で、臆病で、ズルくて、弱虫で・・・・・」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:23:38 IRZrj6MM

絵里『"自分"が分かれば、優しくできるでしょう・・・?』


穂乃果「私は、嘘の穂乃果が嫌いだ。でも、好きになれるかもしれない。

             ―パシ―

私はここにいてもいいのかもしれない。

             ―ピシ―

そうだ、私は私でしかない。

             ―パキン―

私は私だ。私でいたい。

             ―ビキン―

私はここにいたい。

             ―ガタン―

私はここにいてもいいんだ!!」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:24:21 DUFU2G6c



   ―バシュゥゥゥウウ・・・・ワァァァアア・・・・・―



絵里『おめでとう!』

にこ『おめでとう!』

真姫『おめでとう』

ことり『おめでとう』

花陽『おめでとう』

凛『めでたいにゃぁ』

希『おめでとさん』

アルパカ『クック!!』

雪穂『おめでとう』

亜里沙『おめでとう』

理事長『おめでとう』
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:24:53 DUFU2G6c



穂乃果「ありがとう」



父に、ありがとう


母に、さようなら


そして、全ての子供達(チルドレン)に、


おめでとう


穂乃果「にこちゃんに頼ってもらったんだ!私がやらなきゃ誰がやるんだ!」

穂乃果「私がにこちゃんになりきって・・・・・嘘の穂乃果で真姫ちゃんをもてなして、真姫ちゃんにはにこちゃんがいるって錯覚させるんだ」

穂乃果「大丈夫・・・海未ちゃんや真姫ちゃんから最近、私と凛ちゃんとにこちゃんは似た者同士って言われてるし」

穂乃果「真姫ちゃん本人が似た者同士って言ってるわけだから簡単に騙せる!来た!私の覚醒来たよ!」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:26:18 DUFU2G6c


まげまげ


穂乃果(ツインテール)「うん、いい感じ!ちょっと短いけど、これは誤差だよね!」

穂乃果「あっ、なんだか身も心もにこちゃんになれた気がする」

穂乃果「あとは喋り方だよね!えっと・・・にこちゃんは『~だわ』とか『~よ』ってちょっと厳しめの言い方だよね」

穂乃果「学校の許可ぁ?認められないわぁ」

穂乃果「・・・・・っ!」

穂乃果「す・・・すごい・・・・・鏡の前ににこちゃんがいるかと思ってしまった・・・自分の演技力の大きさに不安を感じる・・・・・」


ぴんぽーん!!


穂乃果「わぁぁ!真姫ちゃん来ちゃった!よ、よーし!やってやる!やってやるったらやってやる!わぁ、早口みたい!」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:27:03 IRZrj6MM

―――――
――――
―――
――


真姫「お邪魔するわ」

穂乃果「いらっしゃい」

真姫「・・・・・え?穂乃果!?」

穂乃果「何言ってるのかしら?」

真姫「いや、何言ってるって・・・私にこちゃんに会いに来たのだけど」

穂乃果「にっこにっこにー♪あなたのハートににこにこにー♪笑顔届ける矢澤にこにこー♪にこにーって覚えてラブにこー♪」

真姫「・・・・・」イラッ
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:27:35 IRZrj6MM

穂乃果「あー、もしかしてまだ私が穂乃果って疑ってるのかしら?」

真姫「疑うも何も穂乃果以外の何者でも無いじゃない」

穂乃果「証拠があるのよ!しょ・う・こ・が・ね!」ズイッ

真姫「はぁ?証拠・・・?」

穂乃果「私の頭の両端を見なさい。見事なツインテールがあるじゃない!」

真姫(それが証拠って・・・)

真姫「ちょっと髪留め貸して」

穂乃果「ん?いいわよ」

真姫(ツインテール)「・・・・・これでどう?」

穂乃果「ど、どうしよう!私が2人になってしまったわー!」

真姫(穂乃果は、にこちゃんをツインテールでしか判断してないのかしら・・・)
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:29:59 IRZrj6MM

穂乃果「と、ともかく!私が今にこちゃんなのよ!」

真姫「は、はぁ・・・」

穂乃果「なんなら真姫ちゃんとにこちゃんしか知らないこと言っていいわよ!」

真姫(自分のこと、にこちゃんって呼んでる時点でおかしいでしょ・・・)

真姫「じゃあ、言ってみなさいよ」

穂乃果「えーっと・・・トマトが好き!はい次、真姫ちゃんね!」

真姫「次って・・・・・そもそもそれ2人の秘密じゃないし、私が言うなんてことも言ってないし」

真姫(というか、そもそも2人の秘密なんてないわよ)

穂乃果「じゃあはい!にこちゃんの不戦勝!真姫ちゃんの負け!あんたは偽物ね!」

真姫「・・・・・っ」イラッ

穂乃果「ふふふ、冗談よ!じょーだん!」

真姫「・・・・・」イライラ
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:30:44 IRZrj6MM

穂乃果「それにしても、にこちゃん遅いわねー」

穂乃果「・・・あ!しまった!」

真姫「しまった!じゃないわよ。元からあんたはにこちゃんじゃないんだから」

穂乃果「ふふふ、気付かれてしまっては仕方ない」

真姫「最初から気付いてたわよ」

穂乃果「可愛いにこちゃんかと思った?残念!ツインテールの穂乃果ちゃんでした!」

真姫「・・・・・」

穂乃果「驚いて声にも出ないって顔をしてるね」

真姫「・・・・・」

穂乃果「えへへ、真姫ちゃんはバカだなぁ」


ブチッ


穂乃果「え、真姫ちゃ――――」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:33:21 IRZrj6MM
―――――
――――
―――
――


にこ「ただいまー」

アッ ヒャッ ンアッ フフフッ

にこ「ん?なんの声?」ガララ

にこ「穂乃果ー!帰ったわ・・・・・よ?」


真姫「にこにーは、誰のもの?」クチュクチュ

穂乃果「あっあひぃ!にこにーはぁっ!真姫ちゃん、のっ!ものっ、でしゅっ///」

真姫「ふふふ、そうよね。あなたは私のモノよ」


にこ「・・・・・」パタン


にこ「・・・・・・・・・・どうしてこうなった・・・・・」


おわり
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/10(木) 20:36:44 IRZrj6MM
嘘と真実、それに伴う人間の感情という観点に着目して書きました

短い文でしたがありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「なりきりにこちゃん!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。