真姫「時間がない?ラブカストーンを使えば解決できるわよ」

シェアする

ラブかストーン-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 21:47:15.86 ID:1QS3g/+g.net
穂乃果「みんな!大変だよ!」

絵里「どうしたの穂乃果」

穂乃果「お、落ち着いて聞いてね……実は――」

穂乃果「今週の日曜日の午前10時に、学校説明会でライブをすることになりました!」

ことり「日曜日にライブ!?」

海未「日曜って、今日が金曜日ですから…………」

海未「今日いれても、あと2日しかないじゃないですか!」

絵里「しかも……今日はもう夕方よ!?もう時間がないわ!」

元スレ: 真姫「時間がない?ラブカストーンを使えば解決できるわよ」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 21:50:05.32 ID:1QS3g/+g.net
ことり「ど、どうしよう…………ダンス、出来ない部分があるのに……」

花陽「花陽もまだ、こけちゃったりするし…………」

穂乃果「とにかく頑張ろうよ!あと2日、全力で取り組んで――」

真姫「みんな落ち着きなさい。2日もあるのよ?」

真姫「明日は土曜で授業がないし、不眠不休でいけば24時間練習できる」

真姫「つまり、今日と明日で30時間は練習できるじゃない」

絵里「あなた、なに言ってるのよ…………不眠不休なんてムリに決まってるわ」

真姫「それができるのよ。ラブカストーンがあれば!」

凛「ラブカストーン?」

希「なになに?パワーストーンの話なら、ウチにおまかせ!」

真姫「違う違う、ラブカストーンよ!ラブカストーン」
6: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 21:53:23.41 ID:1QS3g/+g.net
穂乃果「それで、ラブカストーンってなんなの?」

真姫「教えてほしい?うん?わたしが教えてあげてもいいけど?」

にこ「にこは別に知りたくないかなぁ」

真姫「しょうがないわね、このわたしが教えてあげるわ!」

にこ「……ホント真姫ちゃんってめんどくさーい」

真姫「あのね、ハート形をしたピンク色の結晶なんだけど」

真姫「胸に押し当てると体に取り込まれて――」

真姫「疲れも眠気も食欲、そのたもろもろが全部吹き飛んじゃう、って言うシロモノなのよ!」

海未「な、なんだか危険そうですが…………」

真姫「安全も安全よ。なんてったって、わたしのパパが開発に携わってるんだから!」
7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 21:56:16.06 ID:1QS3g/+g.net
真姫「確かいざというときのために、部室の段ボール箱の中に――――あったわ」

希「これがラブカストーン?なんだかうっすら光ってるやん」

花陽「箱いっぱいに入ってるね。宝石みたいで、きれい……」

真姫「ねえ?キレイでしょう?それで、これをこうやって胸に押し当てて――」ググッ

真姫「んっ…………」ビクン

穂乃果「ああっ!石が真姫ちゃんに吸い込まれていってる!」

真姫「……はぁ…………はぁ」

海未「ぜ、全部吸いこまれましたけど…………どうなったのですか?」

真姫「………………」

ことり「真姫ちゃん?」

真姫「ふふ……ふふふ…………むふふふ!!」

真姫「ふふふへ……!キタわ キタわ!」

真姫「体がとっても軽くて、今なら宙返りくらいできそうな気がする!」

にこ「絶対これ、ヤバいやつじゃない…………」
8: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 21:59:30.60 ID:1QS3g/+g.net
真姫「――というわけで。疲れても、これさえあれば練習を続けられるわ」

希「イヤイヤイヤ!おかしなクスリか何かやん!」

真姫「大丈夫よ、希。わたしはもう何個も使ったけど、なんともないから」

花陽「何個も使ったって…………中毒になったりしてないかな……」

真姫「中毒?禁断症状?ないない」

海未「ほ、本当ですか……?」

真姫「ホントよ。なに?この真姫ちゃんの言うことが信じられないわけ?」

海未「いえ…………」

絵里「と、とにかく練習するわよ。もう時間がないわ!」
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:01:33.73 ID:1QS3g/+g.net
絵里「今日の練習はこれくらいにしましょう」

花陽「ふぅ…………すっごいハードだったよぉ……」

ことり「かよちゃん、大丈夫?」

凛「凛ももう限界だよ…………」

海未「もう7時。ずいぶん暗いですし、早く帰る支度をしましょう」



真姫「待って待って、まだ7時よ。練習できるじゃない」

真姫「どんどん練習しないとダメよ」

絵里「でも、みんなもう疲れちゃってるし……」

穂乃果「も、もう体力が………………」

真姫「体力がない?ラブカストーンを使えば回復できるわよ」
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:04:24.33 ID:1QS3g/+g.net
真姫「ほら穂乃果!ラブカストーン!」グイッ

穂乃果「え、ちょっとやだ、なに触っ……うわあああああああっ!」ビクン

穂乃果「………………」

凛「穂乃果ちゃん……?」

穂乃果「……す、すごい!なんで!?もう動けないって感じだったのに!」

穂乃果「えへへ♪これならまだまだできそう!」

真姫「そうでしょう?これがラブカストーンの力よ」

穂乃果「よぉし、みんな!練習するよ!」

絵里「ち、ちょっと…………もう終わりだから……」
15: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:08:40.94 ID:1QS3g/+g.net
真姫「なに?エリーも体力がなくなっちゃってる?それなら使ってみない?」

絵里「え、わ、私はいいわ……家で休むから」

真姫「いいから、ほらっ!」グイッ

絵里「ま、待っ……いゃあああああああ!」ガクガク

ことり「絵里ちゃん…………」

絵里「………………」

絵里「これは……いつも以上に、かしこいかわいい私を見せられるが気がする!」

絵里「ふふ、今日は泊まりで練習ね!」

ことり「え、ええっ…………」
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:12:22.23 ID:1QS3g/+g.net
真姫「次はことり、あなたにもあげるわ」

穂乃果「ことりちゃんも使ってみよう?不思議だけど疲れが取れてね、やる気も出てくるの!」

絵里「さぁ!ことり!」

ことり「ことりは……もうムリかなぁ……あはは……」

真姫「えいっ」グイッ

ことり「い、いやぁ…………ぢゅうううううううん!」ピクンピクン

ことり「…………ことり、まだまだガンバレるよ!」

凛「ことりちゃんまで……」

真姫「ほら、凛もラブカストーンで体力回復しないと」

凛「ひっ……にゃっ、にゃあああああああ!」ビッタンビッタン

真姫「海未ちゃんも、もちろん使うわよね?」

海未「え、あっ、ま、まってくださっ――――」
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:14:46.11 ID:1QS3g/+g.net
凛「よーし、声出していくよー!」

海未「まだまだ行きますよ!」



希「あ、あかん……ウチは巻き込まれる前に逃げよ……」

にこ「にこも……妹たちに夕飯作んないといけないし……」

真姫「希ちゃんたち、どこ行くつもり?」

希「え、ええっと…………ちょっとコンビニに……」

真姫「コンビニ?それよりラブカストーンじゃない?」
23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:16:49.50 ID:1QS3g/+g.net
絵里「ふぅ、今は――8時半ね。そろそろ休憩。ごはんにしましょう」

穂乃果「やっと休憩だよ……」

希「お腹すいた……」

真姫「休憩?そんなのいらないわ!」

にこ「必要よ。真姫ちゃんはごはん食べないつもりなの?」

真姫「ふふん!空腹だって、ラブカストーンで解決よ!ほらっ!」グイッ

にこ「にごおおおおおおおおお!」

にこ「…………」

にこ「すごーい!ホントに空腹感がなくなったにこ!」



希「もう…………ウチ、だめ……」グギュルグギュー

にこ「空腹はラブカストーンを使って回復できるにこ♪」
25: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:19:56.45 ID:1QS3g/+g.net
海未「もう11時半です……そろそろ寝ませんか……」

花陽「花陽ね……なんだか眠くなってきた…………」

ことり「今日はもう終わりにしよう?」

真姫「眠い?それなら、かよちん!ラブカストーンよ!」グイッ

花陽「やっ!やめっ……ぴゃあああああああっ!」ビクン

花陽「………………」

花陽「とってもシャッキリだよぉ!もう何時間も眠らなくてもいけそう!」



海未「………………」ウトウト

花陽「睡眠不足はラブカストーンで回復して補ってはどうでしょう?」
28: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:23:39.34 ID:1QS3g/+g.net
ことり「3時だよ……ねえ、もうやめようよ……」

真姫「ラブカストーンならまだまだあるから。ほらことり」

ことり「眠いし……お腹もすいて……脚も痛いし、休みたいよぉ…………」

凛「元気がない……そんな時はー!ラブカストーンで回復できるにゃ」



穂乃果「日が昇って結構経って……うわぁもう朝の7時だぁ……」

穂乃果「さすがにいったん休憩にしよう……」

真姫「穂乃果、はいっラブカストーン」

穂乃果「ええっ……もう練習したくない……」

希「気力がない?だったら回復できるラブカストーンの出番やね!」
34: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:28:38.76 ID:1QS3g/+g.net
絵里「お昼の時間……ね、ねえ練習やめましょう?」

にこ「動きたくない…………」

凛「にゃあ゛ぁ……ダンスやだぁ……」

ことり「もうやりたくないよぉ……」

海未「意欲がない時はラブカストーンを使って回復することもできますよ」



希「…………やきにくたべほうだい」

穂乃果「ゆうやけ空……きれい……………」

海未「らぶあろーしゅーとってすっごくつよいんです…………」

花陽「ほかほかごはんだぁ……えへへ……」

絵里「精神はラブカストーンを使って回復することができるわよ」
40: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:32:35.08 ID:1QS3g/+g.net
絵里「…………あ、あれ……わたしなにしてるんだっけ」

希「突然どしたんエリち。今踊ってる最中やん」

絵里「…………さっきまでじゅぎょうをうけてたような……あれ?」

希「寝不足とか疲れでおかしなってるよ!?」

ことり「ラブカストーンを使って記憶を回復することができるんです」




凛「…………んぅ」バタン

凛「………………」

花陽「凛ちゃん……?」ユサユサ

凛「………………」

花陽「凛ちゃん!?」ユサユサ

穂乃果「意識がない時はラブカストーンで回復できるんだって」
41: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:36:50.74 ID:1QS3g/+g.net
凛「もう真っ暗だよぉ……練習やだぁ……」

絵里「凛、もうひと頑張りよ!ほらラブカストーンあるから」

凛「やだぁ…………ぐすっ……もうやだぁ……」

ことり「大丈夫。ラブカストーンでそんな気持ちもさっぱり消えるよ!」

凛「身体ぜんぜんうごかないの…………お願いだからぁ……」ポロポロ

真姫「それも、ラブカストーンを使えば回復できるわよ」

凛「ごめんなさい……許してぇ………ぅ……凛死んじゃう……」ポロポロ

にこ「とりあえずラブカストーンいってみるにこ♪」
44: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:41:23.27 ID:1QS3g/+g.net
にこ「…………」

花陽「…………」

ことり「………………」

真姫「ちょっとみんな!」ユサユサ

真姫「もうだいぶ日が昇ってきたし……そろそろ練習は終わりにして――」

穂乃果「…………」

海未「…………」

真姫「ほら、起きなさいよ!」ユサユサ
45: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:44:38.36 ID:1QS3g/+g.net
絵里「………………」

凛「…………」

希「…………」

真姫「もう!みんなまとめてラブカストーンで回復よ!」

真姫「――――ってあれ?あれ!?」

真姫「ラブカストーンが…………ない……!?」

真姫「ウソ……だってはじめ、300個は優にあった……は……ず…………」フラッ


――――――――――
――――――
49: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:49:52.78 ID:1QS3g/+g.net
海未「まさか9人一緒に、救急車で運ばれることになるとは」

絵里「早朝から学校の先生が屋上に来たのは奇跡よね…………」

凛「すぐに救急車呼んでくれたみたいで助かったニャ」

ことり「極度の疲労に脱水症状で、あのままライブしてたら危なかったみたいだもんね……」

にこ「まあ、なんともなくてよかったわ。点滴打って丸一日寝るだけですんだし」

海未「ライブができなくなることも誰かが伝えて下さったおかげで、混乱もなかったみたいです」



絵里「結局、ラブカストーンは回復してるんじゃなくて…………」

海未「頭や身体を無理やり働かせていたんですね…………」

穂乃果「動けないはずなのに動けたのは、火事場のバカ力だったみたい…………」

絵里「やっぱり休憩はとらないとダメね」

希「さすがに睡眠と食事を削ったらあかんよ」
50: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:52:06.62 ID:1QS3g/+g.net
真姫「ホントにごめんなさい!わたしがこんなものを、みんなに使わせたから……」

穂乃果「ううん。穂乃果は真姫ちゃんだけが責任を感じる必要はないと思うな」

花陽「花陽もそう思います。真姫ちゃんはみんなのために、ラブカストーンを用意してくれて」

花陽「結果は倒れちゃったけど。でも、上手に使えなかったのは自分の責任だもん」

にこ「あれれ?真姫ちゃんがムリヤリ他人に使ってたような気もするけど?」

凛「にこちゃん……空気読んでほしいニャ」



ことり「とにかくみんな無事でよかったよね」

ことり「まだ説明会でライブできる機会はあるみたいだし、それに向けて頑張ろう?」

穂乃果「うん!」
52: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:54:30.42 ID:1QS3g/+g.net
――――――――
――――

にこ「ふぅ…………こっちはこんなものかしら……」

希「こっちはもうちょっとかかりそう」

絵里「私のところももう少し」



穂乃果「穂乃果がきたぞー!」

穂乃果「……って、あれ?三人ともなにしてるの?」

希「ああ穂乃果ちゃん、部室の片づけしてるん。最近ものが増えてて……」

絵里「アイドルグッズに炊飯器、スピリチュアルグッズとかもあるでしょう?」

にこ「とにかくものが多いのよね。アイドルグッズは必要だけど他は正直どうなのよ」

穂乃果「うーん……そうだね。ちょっとものがいっぱいになってきてるよね」
53: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 22:57:40.87 ID:1QS3g/+g.net
にこ「最初は広く感じてたのに、今や少し窮屈になってきたわよね」

穂乃果「みんな私物をどんどん持ち込んでるから……」

絵里「でも、にぎやかでいいわよね。個性が出てるし」

穂乃果「うんうん!それは穂乃果もいいと思う!」

穂乃果「あー…………もっと部室が広ければいいのになぁ…………」



――バタン

真姫「部室を広げたい?それならラブカストーンの出番ね!」

絵里「やめなさい」

真姫「…………」

真姫「…………はい」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「時間がない?ラブカストーンを使えば解決できるわよ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。