にこ「海未がお堅すぎる」海未「にこが破廉恥すぎます」

シェアする

うみにこ-アイキャッチ4
~ハンバーガー店~

穂乃果「で、なんなの相談って」モグモグ

ことり「私達ってことは、海未ちゃんのことだよね」チュー

穂乃果「えー何喧嘩ー?あ、ことりちゃんそのジュース一口ちょーだい」

ことり「はいどうぞー。……えぇー二人ともラブラブだったのにー」

pixiv: にこ「海未がお堅すぎる」海未「にこが破廉恥すぎます」 by にこるすきー

スポンサーリンク

にこ「……いや相談する立場でこう言うのは何だけどさ、もうちょっと真面目に聞く姿勢を見せなさいよ」

穂乃果「聞いてる聞いてる。でもせっかくにこちゃんが奢ってくれたんだしさ」

ことり「えへへ、ありがとうにこちゃん♪」

にこ「それはまぁ相談料みたいなもんだからいいのよ。……まぁいいわ、ことりの言う通り、海未とのことよ」

穂乃果「え!喧嘩?」

にこ「違うわよ!ちゃんとラブラブよ!」

ことり「きゃー///」

穂乃果「ひゅーひゅー」

にこ「ここぞとばかりに冷やかすのやめなさいよ///」

ことり「照れてるにこちゃん可愛い♪」

穂乃果「うんうん。これが海未ちゃん相手だったらぶっ飛ばされてるよ」

にこ「それよ!」

穂乃果「ほえ?」

にこ「海未がお堅すぎる」

ことり「あ、相談ってそういう……」

にこ「そうなのよ、実はね……」


~希宅~

希「で、ウチらに相談っていうのは?」

海未「はい、単刀直入に言います。……にこが破廉恥すぎます」

絵里「は、ハレンチ?」

海未「はい」

希「……にこっちもやるもんやねぇ」ニヤニヤ

絵里「の、希///」

絵里「どういうこと? ひょ、ひょっとして、その、無理矢理、とか?」

海未「無理矢理……そうですね。結構強引だったように思います」

希「え、ちょ、ほ、ほんとに? い、いやウチも冗談のつもりやったんよ?」アタフタ

絵里「まさかにこに限ってそんな……」

海未「例えば、先日二人で出かけたときのことです」

絵里「ああ、そういえばデートだって言ってたわね、にこ」

希「ウキウキやったね」

海未「で、でーとなんて! か、買い物です、買い物///」

希「そこで照れなくても」

絵里「海未らしいわね」

海未「と、とにかく、そのときのコトです」コホン

海未「て、手を……」

えりのぞ「……手を?」ゴクリ

海未「『手を繋ごう』、と、にこが///」カァァ

えりのぞ「……え?」


***

穂乃果「じゃあ手を繋ごうとしたら断られたってコト?」

にこ「そう。『そんなの破廉恥です!』って」

ことり「海未ちゃん恥ずかしがり屋さんだから……」

にこ「いやいや度を超えてるでしょうよ」

穂乃果「んーでも別にわざわざ断らなくてもさ、こうパッと繋いじゃえば良いんじゃない?手くらい」

ことり「あ、確かに。変に意識しちゃったのかもね」

にこ「それも考えたんだけどね」

ことほの「?」

にこ「なんか手握った瞬間護身術的なもので投げ飛ばされそうじゃない?」

ことり「い、いや流石にそれは……」

穂乃果「そうだよ、いくら海未ちゃんでも恋人を投げ飛ばすとかそんな……」

にこ「……無いって言い切れる?」ジー

穂乃果「……」フイッ

ことり「……」フイッ

にこ「目を合わせなさいよ」


***

絵里「あの、海未?」

海未「は、はい……」

絵里「じゃあ『手を繋ごう』って言われた、っていうのが破廉恥っていうこと?」

海未「……そうです」

えりのぞ「ハァ……」

海未「な、何ですかそのため息は!」

希「いや、だって海未ちゃん……」

海未「手ですよ!手!そんな、公衆の面前で、手を繋ぐだなんて!」

絵里「お、落ち着いて、海未」

海未「そ、想像するだけで、あぁぁ///」

希「重症やなぁ」

絵里「にこも苦労するわね」

海未「それだけじゃないんですよ!大体そのときの格好だって破廉恥だったんです!」

絵里「は、破廉恥な格好って……」

希(えっちな下着とかかな?)

絵里(いや手も繋げないのにそんな話にはならないでしょう)


***

穂乃果「つまり手を繋ぎたいってこと?にこちゃんの相談って」

にこ「いやそれもそうなんだけどさ、とにかくお堅いのよ」

ことり「他にも何かあるの?」

にこ「私の服装もね、破廉恥じゃないかって言うのよ」

穂乃果「……どんな格好してたの?」ジトー

ことり「きゃー///」

にこ「普通よ!普通!」

にこ「スカート丈は精々制服よりちょっと短いくらいだったし、胸元だって開いてないし」

穂乃果「まぁにこちゃんが胸元開けたところで……」チラ

にこ「なんか言った?」ギロ


***

海未「スカートの丈なんかこんなに短くて、腕なんかこんなに出てて!」

希「いやいやそのくらい、なぁ?」

絵里「ええ、海未のジェスチャー通りだとしても、そこまで気にすることかしら?」

海未「ええ!?」ガーン

希「いやそんな心底意外みたいな顔されても」

絵里「そうよ。大体ステージ衣装とか、もっと露出高いじゃない」

海未「それは、まぁ、アイドルとしての衣装ですし……勿論限度はありますが」

希「アイドルとしてならオッケーなんやね、海未ちゃん的には」

海未「はい。確かににこは常日頃からアイドル並の可愛らしさですが、それとこれとは話が別です」

絵里「しれっと惚気られたわ」

希「……海未ちゃん、にこっちの服装どうだった? 破廉恥以外の感想は無いん?」

絵里「似合ってなかった?」

海未「とんでもない!とてもよく似合っていました!」

海未「にこの愛らしさを存分に引き出すような、とても魅力的な洋服でした!」

海未「服だけではなく、ヘアスタイルやメイク、持っている小物ひとつとっても本当に可愛らしく……!」

希「なぁ海未ちゃん、それをにこっちに言った?」

海未「そ、それは……」

絵里「海未の感想が欲しかったはずよ? にこは」

~~~

にこ『お待たせー。ごめんね、待ったー?』

海未『いえ、私もついさっき来たところで……』

にこ『そう? 私が先に来てようと思ったのに、先越されちゃったわね』

海未『に、にこ……その格好///』

にこ『あ、これ? 似合う? 新しく買ったのよー♪』クルクル

海未『あああ!回らないでください!スカートが!』

にこ『え?』

海未『は、破廉恥ですっ!///』

にこ『何よこのくらいー……他に感想は無いわけ?』

海未『そ、その、似合って、ます。か、可愛いです///』カァァ

にこ『えへへ、そっかそっか♪』

~~~

海未「『似合っている』『可愛い』とは言いました」

絵里「そう。喜んでたでしょ?」

海未「はい、とても。にこは、私の拙い感想でもとても喜んでくれます」

海未「……それに、私の服装や髪型も、すごく褒めてくれるんです」

海未「それなのに、私は……」

希「なあ海未ちゃん? にこっちに悪気が無いのはわかるやろ?」

海未「それは、はい……」コクン

希「手ぇ繋ぎたいって思うのも、海未ちゃんのことが好きだからやし」

希「にこっちと手、繋ぎたくないん?」

海未「いえ! 決してそんなことは!……ただ、恥ずかしいだけで……」

絵里「可愛い服だって、海未に褒めてもらいたくて着てるのよ?」

海未「……そうですね、少し自分勝手だったかもしれません。にこの気持ちも考えず、破廉恥だなどと」シュン

希「いやいや、そう落ち込まんでもいいって、ね?」

絵里「そうよ、にこはああ見えて海未よりお姉さんなんだから、甘えたり、我儘言ってもいいのよ」

希「うん。それで海未ちゃんのことを嫌いになるようなにこっちやないし」

希「あ、でもほんとに破廉恥なことされそうになったら言うてな?」

絵里「そうよ、無理矢理はだめよ?」

海未「な、何言ってるんですか二人とも!///」


***

ことり「話を聞く限り、確かに海未ちゃんはお堅すぎるね」

にこ「でしょー? 困ったもんよ。……まあそんなところも可愛いんだけどね」

穂乃果「え、なんで急に惚気たのこのひと」

ことり「あ、あはは」

穂乃果「でもまぁ、ゆっくり慣れていくしかないんじゃないのかな、海未ちゃんが」

ことり「そうだねぇ……なるべく人ごみを避けて、例えばまずはお家で手繋いでみるとか。練習って感じで」

穂乃果「ふふ、手繋ぐ練習っていうのも変な気がするけどね」

にこ「確かにちょっと妙ね。でも、私たちにはそのくらいからがいいのかも」

にこ「もっと仲良くなりたいって気持ちはあるけど、何より海未を傷つけたくないし」

ことり「にこちゃん……ふふ、海未ちゃんは幸せ者だねっ♪」

穂乃果「ね!こんなに素敵な恋人さんがいて羨ましい♪」

にこ「ちょ、ちょっとやめなさいよそういうの///」

穂乃果「照れてる照れてるー」

ことり「海未ちゃんみたーい」

穂乃果「あ、でもあれだよにこちゃん」

にこ「あによ?」

穂乃果「家に連れ込んだからって、無理矢理えっちなことしちゃだめだよ?」メッ

ことり「ほ、穂乃果ちゃん///」

にこ「しないわよっ! アンタ私を何だと思ってんのよ!」

穂乃果「えぇーだって、私がよく読む漫画じゃ……」

にこ「少女マンガと一緒にしない! 大体そんな……」

~~~

にこ『手、繋いでいい?』

海未『ですが……』

にこ『今は二人きりよ、恥ずかしいことなんてないわ』

海未『は、はい……』

にこ『海未……』ギュ

海未『あ、にこ……にこの手、あったかいです』

にこ『ふふ、海未だってあったかいわ、それに柔らかい』

にこ『……ねえ、他のところも、触っていい?』

海未『……』コクリ

にこ『海未……』

海未『にこ……』

~~~



……ちゃん

……にこちゃん!

穂乃果「にこちゃんってば!」

にこ「……はっ!」

穂乃果「もう、急に妄想の世界に旅立たないでよ」

にこ「た、旅立ってないわよ」

穂乃果「ほんと? 何かこのままだとR-18になりそうな気配がしたよ?」

にこ「……そうね、なんだか知らないけど助かった気がするわ。ありがとう」

ことり「にこちゃん……」

にこ「その悲しそうな顔やめて!」

穂乃果「前言撤回したくなってきた……」

にこ「い、いや大丈夫よ大丈夫、うんうん」

ことり「もー、海未ちゃんを悲しませちゃダメだよ、にこちゃん」

穂乃果「そうだよ! もし悲しませたらこうだからね!」シュッシュッ

にこ「シャドーボクシングやめて。え、何?グーで殴られるの私」

ことり「それよりごめんね。あまりいいアドバイス出来なくて」

にこ「ううん、こっちこそごめんなさい。後輩にこんなこと相談するなんてね」

穂乃果「二人とも大切な仲間だもん! 相談くらい乗るよっ!」

ことり「うんっ!」

にこ「……ありがとね、ことり、穂乃果」

穂乃果「あ、でも無理矢理破廉恥なことしちゃダメだよ?」

にこ「し、しないわよっ!」


***

海未「ありがとうございました。相談にのっていただいて」ペコリ

絵里「そんな畏まらないでよ。二人とも大切な仲間じゃないの」

希「そうそう、気にしないでいいよ。……にこっちと仲良くな」

海未「はい。……まずは、手を繋ぐことから挑戦したいと思います」グッ

絵里「ま、まぁまぁそう力まないで」

希「そんなに力入れたらにこっち潰れてまうよ?」

海未「そ、そうですね。優しく、優しく……」

希「無理する必要は無いんよ? にこっちはちゃんと海未ちゃんのこと考えてるし、本当に嫌がることはしない」

海未「……そうですね、本当に優しいです。にこは」

絵里「あらあらゴチソウサマ♪」

希「幸せもんやね、にこっちは♪」

海未「……いえ、幸せなのは私達です。こうして応援してくれる仲間がいるんですから」


~その夜~

prrr……

ピッ

にこ『もしもし、海未?』

海未「は、はい! 園田です、こんばんは!」

にこ『こんばんは。ふふっ、もう、いいかげん電話くらい慣れなさいよ』

海未「す、すいませんつい。あの、今、大丈夫でしたか?」

にこ『ええ。……奇遇ね、私も電話しようとしてたの』

海未「本当ですか?……なんか嬉しいです」

にこ『そうね、以心伝心ってやつね♪』

海未「は、はい!///」

にこ『あ、私のほうは急な用事とかじゃないんだけど、海未は?』

海未「私も緊急の用ではありません。ただ、少しお話したいと思ったもので」

にこ『あ、私も私も! 何の話する?』

海未「あの、まずは、にこに謝りたいことがありまして」 

にこ『え、何? 別に謝られるようなことなんて無いと思うけど』

海未「先日、その、にこが『手を繋ごう』と言ってくれたときのことです」

にこ『あ、あれはその……ごめんなさい!』

海未「あのときは本当に……え?」

にこ『え?』

海未「何故にこが謝るのです?」

にこ『え、いや、海未が嫌がるのに、無理矢理手を繋ごうとしたから……』

海未「そんな! あれは私が悪いのです!」

海未「本当は嬉しくて、その……私も手、繋ぎたかったのに、破廉恥だ、などと」

にこ『海未……』

海未「恥ずかしかっただけなんです。自分の感情に任せて、にこの気持ちを無碍にするようなことを……」

海未「本当にごめんなさい」

にこ『いいのよ、私も悪かったわ。貴女が恥ずかしがり屋さんなのは知っていたのにね』

にこ『ついその、強引になっちゃって。……ごめんなさい』

海未「にこ……いえ、やっぱりこの件は……」

にこ『ね、お互い様ってことでいいんじゃないかしら』

海未「……そう、ですね。にこ、ありがとうございます」

にこ『もう、お礼を言われるようなことじゃないわ』

海未「すみません。もうひとつ」

にこ『なに?』

海未「にこの服装についてです。破廉恥などと言ってしまって、すいませんでした」

にこ『あはは、いいわよ別にそんなこと。それに褒めてくれたじゃないの』

海未「いえ、本当はもっと、言いたいことが沢山あったんです」

にこ『言いたいこと?』

海未「はい。あの日のにこは、まるで妖精のようでした」

海未「可愛らしいその姿は、人ごみの中でも一際目立っていて」

海未「私は隣を歩くだけでドキドキして。他の人がにこを見る視線にハラハラして」

海未「スカートのヒラヒラだとか、真っ白な二の腕とか。つい、目で追ってしまって」

海未「そんなに魅力的なにこなのに、私はただ破廉恥だなんて」

海未「ごめんなさい」

にこ『う、海未?』

海未「はい?」

にこ『……えっち///』

海未「えええ!?」ガーン

にこ『もう、よっぽど破廉恥よ、海未のほうが///』

海未「な、何故ですか!? 私はなにかおかしなことを!?」

にこ『まったく、海未は海未ね』ハァ

海未「ご、ごめんなさい?」

にこ『謝らなくていいわ。それよりありがとう、褒めてくれて』

にこ『正直結構気合入れて選んだ服だったりするから、嬉しいわ///』

海未「にこ……」

にこ『あ、でもね! 今みたいなこと、他の人が居るとこで言っちゃ駄目よ、いい?』

海未「は、はい……」

にこ『でも、二人きりのときなら、その、言っていいわ』

海未「はい!」

海未「にこ」

にこ『んー?』

海未「今度の休日、で、でーとっ!しませんか!?」

にこ『海未……うんっ! いいわね、何処に行きましょうか?』

海未「そうですね、では、登山などは」

にこ『……デートよね? トレーニングじゃないわよね?』

海未「も、勿論です」

にこ『お手柔らかにね。あ、でも、登山に必要なものとか持ってないかも』

海未「それでしたら今度のデートは、登山用のものを売っている店などは」

にこ『あ、いいわねそれ』

海未「私のもので貸せるものがあったらお貸ししますし」

にこ『助かるわ。それでその次のデートで行きましょう?山は』

海未「はいっ! 準備は大切ですからねっ」

にこ『そうね、一歩一歩、進んで行けたらいいわね……私たちも』

にこ『なんてね、少しクサかったかしらね』

海未「いえ、その通りだと思います」

海未「ゆっくり、時間をかけて……」

海未「二人で、……山頂アタックです!」

にこ『もう、なによそれ?』

海未「ふふっ」

にこ『あははっ』

にこ『あ、もし登山の途中で私がバテたら、手を引いてもらわなくちゃいけないんだから』

にこ『それまでに、手を繋ぐ練習、しておかなきゃね♪』

海未「が、頑張りますっ!」


以降バカップルぶりに磨きがかかり、イチャイチャしている二人を見て、少しだけアドバイスしたことを後悔する穂乃果たち4人。

冷やかす凛に呆れる真姫、赤面する花陽。

ですが結局のところ二人が幸せそうなので、皆まあいっかと思うのでした。

おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「海未がお堅すぎる」海未「にこが破廉恥すぎます」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。