俺「ったく、まだかよ」

シェアする

千歌-アイキャッチ11
5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:51:33.89 ID:Leh0iHJf.net
俺は何処にでもいる高校生、黒澤家の長男だ。
今日は幼馴染の千歌からお祭りに誘われたんだが、まさか部活で帰りが遅くなるなんて…
仕方ないから学校まで迎えにきた所だ、やれやれ

千歌「やっと練習終わったぁ!私から誘ったのに、あいつ怒ってるかなっ…」

モブ「ねぇ見て!校門の前に男の子が待ってるんだって」

千歌「……え?……あ!?」

俺「あ、千歌…遅いぞー」

モブ「え?ひょっとして千歌ちゃんの彼氏!?ウソー!!」キャッキャ

※ 前作記事へのリンクです(管理人)

果南「あ、ちょっと待って」 俺「ん?」

元スレ: 俺「ったく、まだかよ」

スポンサーリンク
6: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:52:06.57 ID:Leh0iHJf.net
千歌「ちょっと!こんなとこまで来ないでよぉ」

俺(ちっ、何だよ……せっかく迎えにきてやったのに)

俺「ほらヘルメッ卜、ルビィや曜達に見つかったら面倒くさいから早く後ろ乗れよ」親指クイッ

千歌「うん……ありがと//」

俺「じゃ行くぞ、しっかりつかまっとけよ」
7: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:53:38.92 ID:Leh0iHJf.net
俺「はぁ、はぁ、んしょ」シャカシャカ…チリン

千歌「迎え……嬉しかった……ありがと」

俺「え?なんだって??聞こえねーよ」シャカシャカ

千歌「ううん、何でもない♡」ぎゅっ


俺「着いたぞ、お前ん家」キキィッ

千歌「うん、着替えてくるからちょっと待ってて」

俺(ったく、女ってのは一々着替えばっかで面倒くさいな、)
8: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:54:09.79 ID:Leh0iHJf.net
千歌「お待たせ!んへへっ……どうかな//」

俺「似合ってるじゃん」

俺(どうでもいいけど、こう言っとかないと殴られるしな)

千歌「ありがと♡」デレッ
9: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:54:42.84 ID:Leh0iHJf.net
ーお祭りー

俺「おっ、やってるやってる、何からいこうかな」

千歌「うわぁ……それにしても人が沢山だねっ」

俺「ほら、手かせよ」ぎゅっ

俺(こいつ昔からすぐ迷子になるし、面倒臭いんだよな)

千歌「なっ……///」カアアア

俺「ん?何だよ?じゃ行くぞ、離すなよ」スタスタ

千歌「………//」コクリ
10: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:55:23.88 ID:Leh0iHJf.net
千歌「あー!あれ可愛い!」

俺「なんだ、射的か?」


千歌「ようし、本気だすぞぉ!えい!」パンパンパン

千歌「……全然だめだぁ…。」シュン

俺「やれやれ……ほら、貸せよ」

千歌「へ……でも、あと1発しかないよ…こんなの無理だよぉ」ガクッ


俺「ホントばか千歌だな……弾なんて1発あれば」スチャッ

俺「……充分だぜ。」バキューン……バタンッ
11: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:56:07.48 ID:Leh0iHJf.net
的屋の親父「1発で2枚抜きだと……兄さん……あんた一体、何者だい…?」ゴクリ

俺「俺か?……只の高校生だよ。ほれ、千歌」ポスッ

千歌「うわぁ♡ありがと!!」キャッキャ
13: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:57:27.62 ID:Leh0iHJf.net
ー1時間後ー

俺「しかし、結構いろいろ回ったな」

千歌「うん……」モジモジ

俺「お前、足……鼻緒が合わなかったのか血でてるじゃないか」

千歌「平気だよ……気にしないで、へへ」

俺「ほら、おんぶしてやるから……早く」

千歌「いいよぉそんな……は、恥ずかしいもん」

俺「うるせーな、早く乗れよ」

俺(こいつになんかあったら姉ちゃんや曜に殴られるからな)

千歌「………うん//」抱きっ
14: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:58:07.45 ID:Leh0iHJf.net
俺「ところでこれからどうする?」

千歌「え?」

俺「疲れたしお前ん家寄っていいか?」

俺(もうすぐTV始まるけど、俺ん家じゃ間にあわねーんだよな)

千歌「えぇ……うん……いいよ」モジモジ

俺「おし、じゃいくぞ。」
15: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:58:40.99 ID:Leh0iHJf.net
俺「おー、おまえの部屋相変わらずだな」

千歌「ちょっと隣で着替えてくるね」スタッ

俺「さて、そろそろかな」リモコンポチッ

千歌「う……どーしよぉ!」

俺「あん?どうしたんだよ…」

千歌「……帯の解き方、わかんないっ」グスン


俺「あーもう……ほら後ろ向け」

千歌「……んん?」

俺「……よっ」ぐいっ
 
  シュルシュルシュル…パサァッ

千歌「あ……あ……やぁあ///……見ないでぇ!!」モジモジ

俺「わーったよ!、後ろ向いてるから早くしろ」
17: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 20:59:43.78 ID:Leh0iHJf.net
俺「ったく……ん、このベッドの上にあるの」ピロ

俺「紫?ひょっとしておまえのブラとパン…」ピロ~ン

千歌「それ!だ、だめぇ!!」ガバッ

俺「おわっ、急にとびかかってくんなよ」ドサァッ

千歌「……いてて」

俺「いってぇ……ったく、大丈夫か千歌?」

千歌「……う……うぇ……///」カアアア

俺「へ?どうした?痛かったのか、すぐどくよ」

千歌「…………いい……このまま」ぎゅうっ♡
18: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:01:03.72 ID:Leh0iHJf.net
俺「このままって…いくら夏でも風邪ひくぞ」

千歌「……じゃぁ……ぎゅっ…して」カアアア

俺「わかったよ」ぎゅっ

俺(いや、意味わかんねー)

千歌「……もっと…ぎゅっ…」ボソッ

俺「これでいいか?」ぎゅうっ

千歌「……へへ♡」ニヤニヤ
19: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:02:14.55 ID:Leh0iHJf.net
千歌「……私の裸……見たんだから……脱いでよ」

俺「……俺が?」キョトン

千歌「……いいから…脱げぇ!」グイッ…バサッ

千歌「……次……下も……//」

千歌「……んしょ」カチャカチャ…ジーッ

俺(何でTV見に来たのにこうなるんだ…はぁ)
21: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:02:56.94 ID:Leh0iHJf.net
俺「これから何すんだよ」

千歌「…女の子に……言わせるな……ばか」カアアア

俺「??とりあえずベッドに運ぶぞ、よっ」ドサッ、ゴロン

千歌「きゃっ……あと……電気…」ドキドキ

俺「消すのか?へいへい」パチ

俺(寝るのか?俺はまだTV見たいんだけど)

俺「じゃ布団かけるぞ、もっとこっちこい」グイッ
22: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:03:32.70 ID:Leh0iHJf.net
千歌「……」ドキドキ

千歌「……んっとね」ドキドキ

俺「ん?」

千歌「触っても……いいよ」カアアア

俺「はぁ、どこを?」


千歌「だからぁ……胸とか……お尻とか…」

俺「触って欲しいのか?」

俺(とりあえず言う事聞いとくか、、)

千歌「………///」コクリ
23: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:04:02.68 ID:Leh0iHJf.net
俺「じゃあ、上から」もみもみ♡

千歌「ん♡……強すぎだよ…優しく…ね…」ビクン

俺「あ……はい…」むにゅむにゅ~

千歌「…んっ……はぁ……あ……はぁ」ビクビクン

俺「……よっ」くりくり

千歌「……んんっ♡……そこ……らめぇ…っ」ガクガク

俺(俺つまんねーし、段々眠くなってきたな……)

俺「じゃ、下いきます」すーっさわさわ

千歌「やぁ……そこぉ……やだぁっ」きゅん♡

俺(どこだよ……)
24: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:04:31.68 ID:Leh0iHJf.net
千歌(もっと下にいったら……私の大事なとこ……うぅ……///)モジモジ

千歌「……いいよ……そこも…」カアアア

俺「あ……はい…」すーっ、さわ

千歌「…そこぉ……ちがうぅ……お尻の…」

俺(……そういえば)

千歌「……いいよ……きて…♡」バッ

俺「……ちょっとだけ待って……何かさっきからカシャカシャ聞こえてくるんだけど…。何だあれ」

千歌「……へ?」
26: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 21:04:59.68 ID:Leh0iHJf.net
千歌「まさかね……」カーテンシャーッ


梨子「………あ」カシャカシャ

梨子「じゃ……。」カーテンシャーッ


俺「………おい、大丈夫なのか?誰だよあれ」

千歌「………////」プルプルッ

俺「おーい、ちかっちー?」

千歌「うるさいっ!!」バキィッ


俺「いってぇ!いきなり何すんだよ千歌ー!」


おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『俺「ったく、まだかよ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。