鞠莉「できたわ! ちかっちがびっちになるボタンよ!」

シェアする

鞠莉-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 11:52:27.18 ID:cc5fMKDg.net
※スレタイ通りえっちぃです

よろしくお願いしますm

元スレ: 鞠莉「できたわ! ちかっちがびっちになるボタンよ!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 11:53:13.47 ID:cc5fMKDg.net
~3年生の教室~


鞠莉「…………♡」カチャカチャ

曜「…………///」ドキドキ

花丸「…………♪」ワクワク


鞠莉「…………っ♡」カチャ...

鞠莉「できたわ! ちかっちがびっちになるボタンよ!」バーン!!

曜「お~!///」パチパチ

花丸「未来ずら~♡」


鞠莉「ふっふっふ……これを1回押せばアラ不思議」

鞠莉「途端にちかっちがびっちになってしまう小原鞠莉 特製のボタンよ☆」シャイニー☆

曜「お、おぉ……/// ついに……///」

花丸「オラたちの念願が叶うずら……///」


鞠莉「苦節3日……ようやくできたわね」ホロリ

曜「や、やっぱり鞠莉ちゃんに相談してよかったね まるちゃん!///」

花丸「うん♡」

鞠莉「ちかっちとえっちなことがしたいけど勇気が出ない……って」

鞠莉「言われた方がびっくりよ☆ それを言う方が勇気いると思ったけど~♡」

曜「う……で、でも 鞠莉ちゃんだって私たちと同類でしょ///」

曜「それくらいわかるんだから///」

花丸「うんうん」

花丸「ことあるごとに千歌ちゃんをえっちな目で視姦してたずら♡ ばればれずらー♡」

鞠莉「あら? 私は隠してるつもりはないけどぉー?」


ようまるまり「……」グッb

ようまるまり「あはははは♡」
3: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 11:54:07.57 ID:cc5fMKDg.net
鞠莉「さっそく使いに行く?」

曜「う、うん///」

花丸「ちょっと待つずら」


ようまり「?」

花丸「こういうのは1度隠れてテストするべきずら。慎重に慎重を重ねて……」

曜「えっ、っと? それって」

鞠莉「……まずは私たち以外の子といるときに使うってこと?」

花丸「」コクン


曜「えぇ……そうすると、その……他の子と千歌ちゃんが……///」

花丸「もう3人 運命共同体になってる時点でそんな貞操感は捨てるずら!」

鞠莉「厳しい」クスクス

花丸「……正直なところ……Aqoursのみんなにえっちなことされまくる千歌ちゃんがたまらなく見たいだけずら♡」ゾクゾク

曜「うわぁ……///」

鞠莉「花丸はネトラレ好きでもあるのね♡」


曜(私は千歌ちゃんと普通にえっちが……ううん///)

曜(この際 えっちできればそれで……///)モンモン

曜(い、いっそのこと えっちしてる間なら告白できそうだし……///)

曜(それで言質を取れればお付き合い……とか///)


鞠莉(……とか思ってるんでしょうケド)

鞠莉(甘い! 甘いわ曜!)

鞠莉(びっちってことは快楽に弱くなる!)

鞠莉(ふふっ♡ そうなればマリーのテクでイチコロ♡)

鞠莉(ちかっちを堕としてモノにするのはこのマリーよ……!)ニヤー♡


花丸(オラは 千歌ちゃんを独り占めする気はないずら♡)

花丸(千歌ちゃんがえっちされるところ見れて、マル自身もえっちできれば……♡)

花丸(最高ずら~♡)ニコニコ
4: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 11:55:05.84 ID:cc5fMKDg.net
ようまるまり「じゃあ しゅっぱーつ!」ズラー!
5: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 11:56:53.26 ID:cc5fMKDg.net
~廊下~


コソコソ


鞠莉「ってことでちかっちを探しに来ました」カクレテマス

花丸「あっ」

鞠莉「さっそく ちかっちを発見ね……♡」コソコソ

鞠莉「都合よく>>7もいるし……うふふ♡」

曜「>>7ちゃんかぁ……ちょっと複雑なような」

花丸「曜だけに?」

曜「千歌ちゃんみたいなこと言わないでよ……///」

鞠莉「ほーら。騒ぐとバレちゃうよ?♡」

鞠莉「どうなるかなー……♡」


鞠莉「えい♡」( 。・ω・。)ノ 凸ポチッ


>>7 ちゃん(人物指定)
曜ちゃん、花丸ちゃん、鞠莉ちゃん
以外のAqoursメンバー
7: 名無しで叶える物語(浮遊大陸)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 11:57:31.05 ID:sRlCrh2y.net
よしこ
14: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 12:06:52.88 ID:cc5fMKDg.net


千歌「ねー善子ちゃーん」

千歌「はやく行かないと部活 遅刻しちゃうよ~?」

善子「ふっ、待ちなさいよ」キリッ

千歌「花丸ちゃんもルビィちゃんもいないからって……」

千歌「どーして千歌が黒魔術?の手伝いなんか……」シカモ キョウシツデ

善子「ふっふっふ……できたわ。これで陣より最高位の堕天使ルシファーが召喚される……」


( 。・ω・。)ノ 凸ポチッ


千歌「梨子ちゃんたちに怒――ふぁっ!?♡」ビクッ

善子「」ビクッ

善子「ち、千歌……?」

善子「ど、どうした……の?」オロ...


千歌「……………………うん」ウツムキ


善子「え……ま、まさか本当に召喚成功?」

千歌「…………♡」ニヤ

善子「」ビクゥッ!!

千歌「ねぇ、善子ちゃん♡」ニコー♡

善子「えっ、な、なに……?」

千歌「えへへ……♡」ジリジリ

善子「ちょ……! ちょっと、なに……なによぉっ!」ナミダメ

千歌「がおーっ♡」ガバッ

善子「きゃーーーっ!!」
17: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 12:12:12.52 ID:cc5fMKDg.net
千歌「えいっ♡」ダキッ

善子「ひっ///」

千歌「善子ちゃん捕まえたー♡」

千歌「えへへ……♡ よしこちゃん♡」ギュ

善子「ちょ、ちょっとぉ! なにっ!?///」グイグイ

千歌「えへへ♡ 善子ちゃん♡」スリスリ♡

善子「ひぃえぇぇ……///」

善子「ど、どうしよう! 千歌さんが変に!/// んぁっ///」

千歌「ふふ♡」ニヤァ...♡

千歌「かわいい声……♡」スリスリ

善子「っ/// はーなーせーぇっ!!///」

千歌「もー♡ 暴れないでよ♡」

千歌「善子ちゃんをいただきます……できないでしょー♡」

善子「えっ……?」ゾク...
18: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 12:14:30.31 ID:cc5fMKDg.net
善子「ちょ、ちょっとなに……えっえっ」

善子「うそ……あの……えっ、ちょっとぉっ!///」

千歌「ふふ……♡」ジリジリ

善子「ちか……ちょっと近い!/// あっ!///」

千歌「千歌だけに?」

善子「違――
19: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 12:18:50.62 ID:cc5fMKDg.net
千歌「――んむっ♡♡」チュウ

善子「んんっ!?♡」ビクッ


千歌「はぁ♡ んぶ♡ じゅるっ♡」

善子「んんっ!!/// んーっ!!///」ビクッ

千歌「もぉ♡ 善子ちゃん大人しくして♡ よ……っ♡」チュバッ!!

善子「んんぶっ♡ ぶちゅっ♡ んんーっ♡♡」ゾクゾクゾク...!

千歌「……じゅるるるっ♡」

善子「ふぅぅっ♡♡」ビクッビクッ

千歌「えへへ……善子ちゃんのくち……あまぁい……♡」チュパチュパ

善子「ふっ♡ ふぅぅ……♡」ビクンビクン...

千歌「そうそう♡ 抵抗しないでねー♡」

千歌「いまから千歌が♡ 善子ちゃんのおくちのなか……♡」ペロッ

善子「ひ……♡」

千歌「全部♡ 舐めちゃうんだからね……♡」ジュルルルル♡

善子「んんーーーーっ♡♡」ビクッ!!
23: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 12:30:14.45 ID:cc5fMKDg.net


千歌「ぷあ♡ えへへ……♡」ネバー...

善子「はぁ♡ はぁ♡ はぁ♡」ベトベト

千歌「もうクタクタだね♡」

千歌「まぁ……まだやめないけど♡」

善子「も♡ もうやだぁ……♡」フゥフゥ

千歌「ダメー♡」ジュルッ♡ ヂュルルルル♡

善子「んぶぶぶぶ♡」ガクガクガク





千歌「……ぷっ♡ はぁ♡」

善子「」ビクッビクッ

千歌「……ごちそうさまー♡」ペロッ♡

善子「ひっ♡ ひっ♡ ひっ♡」トローン♡

千歌「……善子ちゃん、すっごいトロトロの女の子の顔になってる♡」

千歌「堕天使なのにー♡」

善子「い、意味、わかんな……♡」

千歌「…………♡」ゾク


千歌「」

>>25 善子ちゃんを……
襲うor襲わない

>>27 ちかっち以外……
生えてるor生えてない
25: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 12:31:53.26 ID:+xGeHiNa.net
襲う
27: 名無しで叶える物語(地図に無い島)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 12:32:34.60 ID:2XEmbaFi.net
( ◠‿◠ )✂╰;.’:╯バチィン
33: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 12:42:22.34 ID:cc5fMKDg.net
千歌「よーしーこーちゃーん♡」ニコニコ

善子「ひっ♡ も♡ もぉやだぁ♡」ズリズリ

千歌「逃げちゃダメだよ♡」


千歌「善子ちゃんだって……気持ちよくなりたいでしょ♡」クチュ

善子「あんっ!♡」

善子「――っ!?///」バッ

千歌「……♡」

千歌「善子ちゃんってかわいい声してるよねー♡」クチュクチュ

善子「あっ!?♡ ああぁっ♡」ビクッビクッ

千歌「なーんだ♡ もうぱんつ ぐちゃぐちゃだよぉ♡」クチュクチュ

千歌「ほら♡ もうこんなえっちな音がくちゅくちゅって♡」クチュクチュクチュクチュ!!

善子「ああぁぁぁぁ!!♡♡」ガクガクガク!!

千歌「……♡ かわいい……♡」

善子「千歌さっ♡ ダメっ♡ ホントダメだってばあっ!♡♡」ビクッビクッ

千歌「どうして?♡」クチュクチュ

善子「~~~~っ!!♡」
39: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 13:09:55.01 ID:cc5fMKDg.net
千歌「善子ちゃんってば堕天使でー♡ いつも千歌たちのことリトルデーモンって言ってるのに♡」グチュッグチュッ

善子「あっ♡ あっあっあっ♡♡」

千歌「リトルデーモンにいいようにされて」

千歌「……もうすっかり女の子だ♡」

善子「ひぅっ♡ ちっ♡ ちかさぁ……♡」

善子「もっ♡ もっ♡ おっ♡ お♡」ガクガクガク

千歌「うんっ♡ いっぱい気持ちよくなって♡ 千歌に善子ちゃんが気持ちよくなってるの見せて♡」グチ...

善子「っあ♡ あー♡ あーーっ♡」...ビクンッ

千歌「……♡」


千歌「んぐっ♡」チュ...

善子「…………っ♡」


善子「……っ!!♡♡ っ!!♡♡」ビクンッビクンッ!! プシャッ♡

千歌「ちゅぅぅ……ぅ♡」

善子「ふーっ♡ ふーっ♡ ふーっ♡」ビクンッ...ビクッ...ビク...


41: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 13:16:14.03 ID:cc5fMKDg.net
~廊下~


曜「……ごくっ///」

花丸「はぁぁ~~♡」ゾクゾク

鞠莉「これは……excellentね……♡」マジマジ


花丸「すごいボタンだね……♡」

曜「ちょ、ちょっとやりすぎなんじゃ……///」

曜「びっちって言うか……ハイレベルすぎない……?」

鞠莉「やぁね~♡ 曜たちがシたいって言うからちかっちをせめっちする設定なのにっ☆」

花丸「そんな設定あったずらか……」

鞠莉「次からはちょっと調整してみようか♡ あっ、出てくるよ!」ササッ
42: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 13:20:26.33 ID:cc5fMKDg.net
善子「」ピクピク...

千歌「ぷちゅ♡ ……善子ちゃん?」

千歌「善子ちゃーん?」ペチペチ

千歌「……気絶しちゃったのかな♡ えへへ♡」ギュ

善子「ぁ……♡ ぁ♡」

千歌「うーん……でも、善子ちゃんどうしよう。このままだとまずいよね」


イソイソ フキフキ


千歌「これでよしっ!」

千歌「保健室に運ぼう……ってひとりじゃ無理だよね」


千歌「>>44ちゃんに頼もう!」


>>44 ちゃん
善子ちゃん以外のAqoursメンバー
44: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 13:21:51.25 ID:5oZrQq3P.net
ルビィ
45: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 13:31:21.26 ID:cc5fMKDg.net
~廊下~

千歌「おーい、ルビィちゃーん」

ルビィ「千歌ちゃん」トテトテ

千歌「ごめんね、いきなり呼び出しちゃって……」

ルビィ「う、ううん……そりぇは大丈夫」

ルビィ「それで……」

千歌「あー……うん。ちょっと善子ちゃんを運ぶのを手伝ってほしいなーって」エヘヘ///


ガラッ


ルビィ「ってわぁっ!?」

ルビィ「よよよ善子ちゃん!?」タッ

ルビィ「大丈夫!?」

善子「う、うーん……♡」

ルビィ「ななっ、なにがあったの!?」

千歌「いや……ちょっと♡」

ルビィ「……??」


千歌「手伝ってくれる?」

ルビィ「う、うん! よいしょ」カガミ

千歌「…………」ジィ


千歌(無防備だなー……♡)ゾクゾク

千歌(捲りあがった制服とか、際どいスカートとか……♡)


ルビィ「ち、千歌ちゃんも持ってぇー……!」プルプル

千歌「あっ、ごめんね」


善子「うーん……♡」
47: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 13:43:41.16 ID:cc5fMKDg.net
~保健室~


ルビィ「よいしょ、よいしょ」


ドサッ


善子「うぇっ」


ルビィ「ふー……」

千歌「ありがとうルビィちゃん!」ニコー

ルビィ「う、ううん……///」テレ


ルビィ「それで……あの、善子ちゃんはどうして……」

千歌「……知りたい?♡」

ルビィ「えっ、う、うん」

千歌「そっかぁ♡ じゃあルビィちゃんにも教えてあげようかな!♡」

ルビィ「…………?」


千歌「ねールビィちゃん♡」ダキッ

ルビィ「ピギャ!? ちちちち千歌ちゃんっ↑!?///」ワタワタ

千歌「えへへ♡ ルビィちゃん♡」

ルビィ「あわ/// あわわわ///」


千歌「……っ♡」ゾクゾクゾク...!
48: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 13:45:15.15 ID:cc5fMKDg.net
ちょっと更新ペースおそくなります……
50: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 13:56:01.82 ID:cc5fMKDg.net
千歌「ルビィちゃんって、誰かとちゅー……とかしたことある?」

ルビィ「ちゅちゅ、ちゅー!///」

ルビィ「ないで、ないですっ!///」

千歌「そっかぁ♡ そうだよねー♡」グググ...

ルビィ「いっ……///」


千歌「千歌と……ちゅー……してみない?」

ルビィ「……えっ?」


ルビィ「!///」ボンッ!!


ルビィ「あのっ、あのっ///」

ルビィ「そう言うのはまだルビィたちには早いっておねぃちゃんが……!///」

ルビィ「はは破廉恥なのは駄目ですわって……わっ、わっ///」

千歌「……千歌とちゅーは いや?♡」

ルビィ「ひぅ/// ち、千歌ちゃんの息が……///」クチビルニ...

千歌「ルビィちゃん……♡」ソッ

ルビィ「わっ/// あの! あ、あ!///」

ルビィ「~~っっ///」ギューッ


――チュ
51: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 14:05:52.88 ID:cc5fMKDg.net
ルビィ「~~っ///」チュゥ

千歌「……♡」チュ


千歌「……ふぅ♡」

千歌「どうだった?」

ルビィ「あぁ……///」ポー...

千歌「くちびるが触れ合っただけでも すごい気持ちいいでしょ?」

ルビィ「ぅ……ぅゆ……♡」コクン

千歌「善子ちゃんはね♡ これでとってもとっても気持ちよくなっちゃって……♡」

ルビィ「えっ……♡」ゾク...!


千歌「ルビィちゃん♡」

ルビィ「」ビクッ

千歌「もっと――していいかな?」

ルビィ「あ……ぁ……///」

ルビィ「こ、これ……い、いいの……?」

ルビィ「えっちなこと……ありぇ、えっち……?///」クラクラ

千歌「いいに決まってるよぉ♡」ボソッ

ルビィ「ぅ♡」ビク


千歌「ぷわぷわするでしょ?♡」

千歌「きゅーって しあわせな気持ちになるよね?」


千歌「ルビィちゃん……いい?♡」ナデナデ

ルビィ「ぁ……♡」


ルビィ「……///」コクン
56: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 14:25:53.62 ID:cc5fMKDg.net
ルビィ「ちゅ♡ ちゅっ♡」

千歌「ん♡ んぅ♡」

ルビィ「ちかちゃ……♡ はぷ♡ ちゅー……♡」

ルビィ「ちゅぱ♡ ちゅ……ちゅ……♡」トローン...♡


千歌「ルビィちゃん……♡ んっ♡」

千歌「ちゅー♡ 好きになってくれた♡ んむ♡ みたいだね♡」

ルビィ「ぅ……♡ ぅん……♡」チュ

ルビィ「あたま……ぴりぴりしゅ……る♡」チュッチュ♡

千歌「ルビィちゃん♡」グ

ルビィ「ぅゅ……♡」


千歌「これだけ……ちゅーが好きになってくれたから……」

千歌「もっと気持ちいい……ちゅー……してみる?♡」

ルビィ「え……♡」

千歌「……♡」ニヤァ...


千歌「くち……あけて?♡」

千歌「あーん……って♡」

ルビィ「えっ、えっ……♡」ゾクゾク

ルビィ「そそ、それって……♡」


千歌「♡」ニコニコ

ルビィ「は、はぁ……♡ ごく……♡」

ルビィ「あ、あー……♡」
60: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 14:53:17.85 ID:cc5fMKDg.net
千歌「ルビィちゃんのちっちゃいおくち……♡」スッ

ルビィ「あー……♡」

千歌「いまから千歌がいっぱい……気持ちよくしてあげるね♡」


千歌「ん……ぐ♡」

ルビィ「っむぅ♡」ビクッ

千歌「くちゃ……っ♡ じゅる♡ じゅる……っ♡ ぢゅ……っ♡」

千歌「ぢゅーっ♡ ぢゅるる♡ くちゃくちゃ♡」

ルビィ「ぅっふ♡ んむっ♡ ちゅっ♡ ちゅぅぅ……♡」ビクッビクッ

千歌「舌……のばして……みて♡」クチャ

ルビィ「はふ♡ はふ♡」

ルビィ「んべ……♡」

千歌「ぱくっ♡」

ルビィ「ふっ!?♡」


千歌「じゅぷっ♡ じゅっ♡ ぷっ♡ じゅぷじゅぷ♡」

ルビィ「びぃ♡ ぢ、ぢかちゃ♡ りゅびぃのしだ♡ じゅるるる♡」ビクッビクッ

千歌「ほら♡ 垂れてきたヨダレはごっくんしなきゃ♡」

千歌「ぶっ♡ ちゅぷっ♡ ちゅば♡ ちゅぱっ♡」

ルビィ「ぅぅ♡」ング...

ルビィ「ふぅ♡ ごく♡ ごくっ♡ ごくっ♡」
62: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 15:24:32.07 ID:cc5fMKDg.net
ルビィ「は……は……♡」

ルビィ「きゅう……♡」グタッ

千歌「わっと」ガシッ


ルビィ「ちかちゃ……♡」

ルビィ「あたま……ボーってしゅる……♡」ギュ...

千歌「うん♡」

ルビィ「も♡ もっとした……♡」アー...

千歌「んー……♡」ドウシヨウカナ...


千歌「今度、もっとすごいのしてあげる♡」ボソッ

ルビィ「ゅ……♡」ビク

千歌「いまは隣に 善子ちゃん寝てるし……部活もあるから♡」


千歌「ちょっと休んだら部活においでー♡ 千歌、先に行ってるね♡」パッ

ルビィ「あ……」ウルッ


千歌「えへへ……♡ これでルビィちゃんは千歌のトリコリコだ……♡」ボソッ

ルビィ「ち、ちかちゃん……♡」ウルウル


千歌「……♡」チラ


千歌「先 行ってるね♡」ガラッ


ピシャ...


ルビィ「ぁ……あぁぅ……♡」

ルビィ「ち、千歌ちゃん……千歌ちゃん……♡」モンモン
65: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 15:36:49.89 ID:cc5fMKDg.net
~廊下~


花丸「ルビィちゃんえっちぃ……///」クチュクチュ

曜「」ビクッ

鞠莉「まーるー?」

花丸「はっ!/// つい弄っちゃってた……///」カァ

曜「えぇ……///」ツッコミドコロガ...


曜「……ところで、どうする?」チラ

曜「千歌ちゃん、部活に……部室に行くみたいだけど」

花丸「1年生はマルも含めて全滅ずら」


鞠莉「そうねぇ……もうちょっと隠れて様子見ましょうか♡」

鞠莉「確か部室にはもう>>67がいるはずよ♡ 先に行くって言ってたし」

曜「>>67ちゃん……///」

花丸「ついに上級生ずら……♡」ワクワク


>>67
ダイヤちゃん or 果南ちゃん

>>69
せめっち or 受けっち(誘い受け?っち
67: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 15:41:50.57 ID:AMhJ7rXk.net
|c||^.- ^||
69: 名無しで叶える物語(きびだんご)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 15:42:17.65 ID:1NW6D3hA.net
誘い受けっち
74: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 15:52:28.50 ID:cc5fMKDg.net
~アイドル部 部室~


千歌「こんちわー!」ガラッ

ダイヤ「あら、千歌さん」

ダイヤ「お疲れ様ですわ。1人ですか?」

千歌「うん」

千歌「ダイヤさんもひとり?」

ダイヤ「えぇ……」フゥ


ダイヤ「果南さんは家の手伝いがあるそうで帰宅、鞠莉さんは……」

ダイヤ「まぁどこかでフラフラしてると思いますわ」

千歌「そ、そうなんだ……」アハハ...

ダイヤ「まったく、3年生になったと言うのに、いつまでも鞠莉さんは子どもっぽいと言いますか……」

千歌「まーまー♡ そこが鞠莉ちゃんのいいところじゃないですか♡」

千歌「千歌は鞠莉ちゃん、大好きですっ!♡」ニコー...♡


アーンチカッチー!!
アッマリチャ
バレルズラー!!


千歌「……ん?」

ダイヤ「どうかしましたか?」

千歌「あ、あぁ なんでもない……なんでも♡」
92: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 18:09:16.18 ID:EjvjQ1oO.net
千歌「それにしても今日は暑いですね」ウデマクリ

千歌「秋なのにー……ダイヤさんは暑くないんですか?」パタパタ

ダイヤ「……っ///」ゴホン

ダイヤ「……千歌さん、ここは部室とは言え、学校の敷地内なのですから」

ダイヤ「そんな制服の裾をパタパタしないように。おへそが見えていますわ///」

千歌「……おへそ♡」

千歌「わー♡ ダイヤさんおへそって♡ かわいい♡」

ダイヤ「なっ!///」

ダイヤ「千歌さん!///」

千歌「いいじゃないですかぁ♡」グテー

千歌「ここには千歌とダイヤさんしかいないんですし……ダイヤさんさえ見なければ千歌ひとりのようなものです♡」パタパタ

千歌「あ、スカート パタパタすると気持ちいい♡」

ダイヤ「……///」チラ
94: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 18:16:22.92 ID:EjvjQ1oO.net
千歌「んー……♡」ノビー...

千歌「みんな来ないですね♡」

ダイヤ「そ、そうですわね」チラ


千歌「…………♡」


千歌「あ、そうだダイヤさん」トテトテ

千歌「千歌、最近 筋肉ついたかなーって思うんです♡」

千歌「ほら♡」ウデマクリ ニノウデ ワキノシタ

ダイヤ「……っ///」ドキッ...

千歌「ふん♡ ね?」

ダイヤ「そ、そうですわね……/// 普段の練習の成果が出てると思いますわ///」フイ

千歌「あーっ♡ ちゃんと見てくださいよぉ♡」ダキッ

ダイヤ「ちっ!/// 千歌さん!///」

千歌「ほら、さわってみてもいいですよっ♡」グイグイ

ダイヤ「ちょ///」
98: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 18:44:03.41 ID:EjvjQ1oO.net
ダイヤ「ははは破廉恥ですわ!!///」

千歌「えっ……?」シュン

ダイヤ「あっ」


千歌「……千歌の腕がハレンチって
……そんな……」グスッ

ダイヤ「あっ……えっと」

千歌「千歌、ダイヤさんに褒めてもらいたかっただけなのに……」グスグス

千歌「ダイヤさんが組んでくれたメニューの成果がでて、うれしかったから……」

ダイヤ「……っ」ズキ...


千歌「ごめんなさい」スッ

千歌「身だしなみ、整えますから……」スルスル


ダイヤ「………………」

千歌「…………」ショボ
100: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 19:18:45.46 ID:EjvjQ1oO.net
ダイヤ「い、いいですわ……///」

千歌「…………?」

ダイヤ「で、ですからっ/// その……///」

ダイヤ「千歌さんの、腕を、さわ……っ///」

千歌「ダイヤさん……///」ウルウル


千歌「わーいっ♡」ダキッ

ダイヤ「きゃあっ!?///」

千歌「えへへ♡ ありがとーございます♡」ギュ

ダイヤ「っ///」ムネガ...!

千歌「ダイヤさん♡」スリスリ

ダイヤ「ちょ……ちょっと、今日の千歌さん、なんだか変ですわよ///」

ダイヤ「甘えた、と言うか……///」


千歌「いつもは……ルビィちゃんがいますから」ボソッ

ダイヤ「えっ?」

千歌「ダイヤさんと……ふたりきり、ですから……///」ウルウル

ダイヤ「……っ///」ドキッ...

千歌「ダイヤさん……千歌……千歌は……///」グイグイ

ダイヤ「……ごくっ///」

ダイヤ「ち、千歌さ……///」ボーッ...
102: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 19:41:56.23 ID:EjvjQ1oO.net
千歌「……ちゅ♡」

ダイヤ「……ぁ……///」ホッペニ...

千歌「……えへへ♡」ニコッ

ダイヤ「ち、千歌さん……っ///」ドキ ドキ ドキ

千歌「我慢できなくてしちゃいました♡」テレテレ


千歌「ダイヤさん♡」スリスリ


ダイヤ「――――……」


ダイヤ「」プチン
103: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 19:50:10.80 ID:EjvjQ1oO.net
ダイヤ「千歌さん……!///」グイ

千歌「うわっ!?///」


...ドサッ


千歌「だ、ダイヤさん……?///」

ダイヤ「……ぎゅー、ですわ///」

千歌「……ぷっ♡」

ダイヤ「なっ///」

千歌「千歌、ぎゅー♡」ギュ

ダイヤ「……っ///」


千歌「…………♡ ダイヤさん♡」ジッ

ダイヤ「うっ……な、なんですか……///」

千歌「…………♡」ウルウル

ダイヤ「は……///」ドキ ドキ ドキ ドキ


ダイヤ「――んむっ♡」チュッ!!

千歌「ん♡」

ダイヤ「ち、千歌さんが悪いんですわよ!/// こ、こんな――」

ダイヤ「私を、誘って……! んちゅっ!♡」

千歌「んん♡」
104: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 19:55:06.94 ID:EjvjQ1oO.net
...チュッチュ♡


ダイヤ「ち、かさん……♡」ツプ

千歌「はふ♡ はふ♡」


千歌「あ、あつぃ……♡」ヌギヌギ

ダイヤ「なっ!?///」

千歌「あ……」


千歌「……///」チラ

千歌「……ぬ、脱いじゃいました、つい……ボーッとして……♡」

ダイヤ「い、いいから早く着――」チラチラ


...ギュ


ダイヤ「!?」

千歌「えへへ♡ こうするともっと、ダイヤさんが近く感じます……♡」

千歌「あ、これはですね。千歌の名前と距離の近くを――」


ダイヤ「…………///」バクバクバクバク

千歌「……ダイヤさん?」

ダイヤ「い、いくらなんでも……っ!///」ガバッ

千歌「きゃあっ!///」
106: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 20:50:36.29 ID:EjvjQ1oO.net
千歌「やぁっ♡ 手っ♡ 手、おっぱぃ……っんあっ♡」

ダイヤ「はぁ♡ はぁ♡ 千歌さん♡ 千歌さん♡」モミモミ♡

千歌「んん♡ い、動きがやらしいよぉ♡」ゾクゾク

ダイヤ「い、イヤらしいのはどちらですかっ♡ はぁはぁ♡ こ、こんな破廉恥な格好で人に抱きつくなど……っ♡♡」モミュ♡

千歌「くぅっ♡」ビクッ

ダイヤ「ちち、千歌さんって、意外と胸 あるんですわね……っ♡」ハァハァ///

千歌「やぁ……♡ い、息が胸元……っ♡」

ダイヤ「千歌さんっ♡ 千歌っ♡」モミッ♡ モミッ♡

千歌「そ、そんな激しく揉んだら……っあ♡」

千歌「し、下着♡ ずれて♡ み、見えちゃうよぉ……っ♡」ビクン

千歌「はふ♡ はふ♡」


ダイヤ「…………!♡」ゾクゥッ
108: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 21:26:03.72 ID:EjvjQ1oO.net
ダイヤ「み、見せて……くれませんか……!♡」ハァハァ...!

ダイヤ「み、見てしまいます……千歌さんの……ごくっ♡」ガシッ

千歌「や……っ♡」バッ

ダイヤ「……っ!」グググ...!

千歌「うあっ♡ ちから、つよぃ♡」

千歌「ち、千歌のおっぱい♡ 見ようとして♡ ダイヤさん、こ、こんな必死に……っ♡♡」

ダイヤ「はぁっ♡ はぁっ♡」

千歌「ひっ♡ みえっ♡ あっあっ♡ 浮い……♡」ドクンドクンドクン

ダイヤ「っ!!♡」バッ


プル...♡


千歌「~~っ///」カァ///

ダイヤ「こ、これが、千歌さんの……!♡ ごくっ♡」

千歌「ひ♡ 息♡」

ダイヤ「……き、綺麗ですわ……っ♡」モミッ♡


千歌「あんっ♡」

ダイヤ「や、やはり自分のものとは……全然……!♡」モミッモミッ♡
110: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 21:58:53.85 ID:EjvjQ1oO.net
ダイヤ「は……♡ は……♡」グググ...

千歌「やぁ……♡ ダイヤさん……それは……♡」

千歌「し、舌のばして……ダメです♡ ダメですよぉ♡」

ダイヤ「はぁーっ♡ はぁーっ♡」


ダイヤ「ちゅばっ!♡」

千歌「ひんっ♡」ビクッ

ダイヤ「ちゅぱっ♡ ちゅぱっちゅぱっ♡ 千歌さんっ♡ 乳首っ♡」ジュルルッ

千歌「吸♡」ビクンビクン

ダイヤ「んぶぶぶ♡ じゅっ♡ ちゅぱちゅぱっ♡」チュルルル♡

千歌「あーっ♡ あーっ♡」ギュ

ダイヤ「はぷっ♡」

千歌「ダイヤさんがぁ♡ 千歌の♡ ちくび♡ 思いっきり吸って♡」ビクッビクッ

千歌「こ♡ 腰がビリビリしゅるよぉ……っ♡」
114: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 00:03:12.66 ID:oPe2oB1v.net
ダイヤ「ちゅる♡ はぁ♡ ちゅぱっ♡ ふぅー♡ ちゅばっ♡」モニュッ モミッ♡

千歌「ひんっ♡ ひんっ♡」ビクッビクッ


ダイヤ「ふふっ……♡ 千歌さんの乳首……っ♡」シコッシコッ

千歌「あぁぁ……♡」

ダイヤ「こんなにイヤらしく かたくなって……♡」ゾクゾク

千歌「だ、ダイヤさんが♡ めちゃくちゃ吸うからぁ……♡」ピクピク

ダイヤ「……ここまで来て、なお、私のせいにしますのね♡」サワッ

千歌「ぃっ!?///」


ダイヤ「あぁ……あったかいですわぁ♡ 千歌さんの、ふともも♡」サワサワ

千歌「んっ♡ さ、さわりかたぁ♡」

ダイヤ「まったく……ふふっ♡ 私だからこうやって千歌さんを気遣いながら出来ているのですわ♡」ハァハァ///

ダイヤ「あ、あ、あなたが誘惑するから……っごく♡ これは私が発情しているわけではないのですよ♡」フゥフゥ///

ダイヤ「その……証拠に……♡」クチュ♡

千歌「あんっ!♡」


ダイヤ「なんですかこれは……♡ 下着を指でなぞっただけなのに……♡」ゾクゾク

ダイヤ「や、やはり発情してるのは千歌さんですわね……っ!♡」グリッグリッ♡

千歌「あっ♡ あんっ♡ あんっ♡」
115: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 00:14:40.14 ID:oPe2oB1v.net
ダイヤ「ふふっ♡ ふふふっ♡」クチュクチュクチュクチュ

千歌「やぁっ♡」ギュ

千歌「ひぃぅ♡ ダイヤさん♡ ダイヤさんっ♡」ガクガクガク

ダイヤ「あらあら……♡ 私に抱きついて……♡」グッチュグッチュッ♡

千歌「あひっ♡ んああぁぁっ♡ んんんっ♡♡」ギューッ

ダイヤ「……っ♡」ゾクゾクゾク...!

ダイヤ「いいですわ♡ いっぱい私に甘えてください♡」

ダイヤ「私がいっぱい、気持ちよくしてさしあげますわ♡」クチュクチュクチュクチュ♡

千歌「ひ♡ あ♡ あ♡ あ♡ あ♡」ビクンビクン

ダイヤ「千歌さん♡ 腰が浮いてきましたわね♡ 絶頂……しそうですわね♡」

ダイヤ「それっ♡」グチュッ!!

千歌「っ!!♡♡♡」ビク...!


千歌「……っあ……っ♡」...ブルブル...ッ


千歌「あああぁぁああああ!!♡♡♡」ビクンビクン!! プシッ!! プシャアアァァ...♡


ダイヤ「……♡」クチュ...クチュ...

千歌「あー……♡ あー……っ♡」ガクビクガクビク

ダイヤ「千歌さん……かわいいですわ♡」チュ

千歌「んむぅ……♡」ビク...ビク...
118: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 00:24:21.22 ID:oPe2oB1v.net
>>120
誰かが部室にやってくる or やってこない

やってくるなら……
善子ちゃん、果南ちゃん以外のAqoursメンバー指定

こないなら……
Aqoursメンバーからひとり指定(次の話の子)
120: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 00:30:03.58 ID:7LFFZsWz.net
Canaan
125: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 05:14:29.90 ID:oPe2oB1v.net
千歌「はふ♡ はふ♡」トローン...♡

千歌「んん♡ ダイヤさん……♡」ギュ...♡


ダイヤ「千歌さん……っ♡」

千歌「えへへ……♡」

千歌「千歌、ダイヤさんにイかされちゃいました……♡」

ダイヤ「……っ///」

千歌「……♡」ギュ


千歌「とっても気持ちよかったぁ♡」

千歌「また……してくださいね♡」ウルウル

ダイヤ「」プチン


ダイヤ「ももも、もちろんですわっ!///」ドッキドッキ...///

千歌「わぁい♡」ギューッ

ダイヤ「はっ……っ///」ドッキドッキ...///


139: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 17:31:15.47 ID:oPe2oB1v.net
~廊下~

鞠莉「●REC」

花丸「鞠莉ちゃん鞠莉ちゃん」クイクイ

鞠莉「ん~?」

花丸「あとでその撮った動画、オラにも見せてほしいずら」

鞠莉「もちろんよー♡」

花丸「ずらー♡」


曜「…………///」

花丸「ん……曜さん?」ドウシタノ?

曜「いや……ふたりともよく平気だなって……///」

曜「……うぅ///」モンモン

花丸「や、マルはさっき無意識に……///」

鞠莉「マリーは平気ね♡」

曜「すごいね///」

鞠莉「まだまだ♡ お楽しみはこれからでしょ♡」ウィンク


花丸「……でも、ボタンの効き目もバッチリだってわかったし、そろそろオラも……///」モジモジ

曜「う、うん……///」

鞠莉「そうね……♡」クス

鞠莉「って、そろそろ部活も始まっちゃうし、びっちかっちも解除してあげなきゃ♡」

花丸「えぇー!」

曜「こ、こんな悶々として練習するんだね……///」

鞠莉「それは仕方ないでしょー☆」
141: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 17:34:26.68 ID:oPe2oB1v.net
鞠莉「明日は……ふふふ♡」

鞠莉「放課後……たっぷり堪能しましょう?♡」

曜「……っ///」

花丸「はぁぁ~♡」ワクワク


( 。・ω・。)ノ 凸ポチッ


鞠莉「そういえばこれ……いま押しても大丈夫だったのかしら」チラ

曜「はっ!」チラ

花丸「も、元に戻るんだよね……」チラ


143: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 17:40:15.32 ID:oPe2oB1v.net
~アイドル部 部室~


千歌「……ダイヤさん♡」スリスリ

ダイヤ「……///」ギュ


( 。・ω・。)ノ 凸ポチッ


千歌「ふぁっ!?♡」ビクッ

ダイヤ「」ビクッ

ダイヤ「ち、千歌さん!?///」


千歌「……ぇ……あ、あれ……?」ポケー


千歌「…………」↓

千歌「…………ぇ」フクガ...パンツガ...

ダイヤ「ち、千歌さん……?」

千歌「っ!!!!///」バッ

ダイヤ「あっ」


千歌「///」イソイソイソイソ

千歌「~~~~っ///」カオマッカ


千歌「だ、ダイヤさん……あの、あのその!///」

ダイヤ「ち……」

千歌「ご、ごめんなさいっ!///」ダダダダダッ

ダイヤ「千歌さんっ!」


ガチャッ!! ドテッ!! イテッ!!


ダダダダダッ...


ダイヤ「」ポツーン
144: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 17:45:45.08 ID:oPe2oB1v.net
~廊下~


鞠莉「……っ♡」ゾクゾクゾク...!

曜「あーあー……ち、千歌ちゃん……///」

花丸「ちょっとかわいそうずら」


鞠莉「どうも記憶はあるみたい……残ってるみたいだけど」

鞠莉「あんなちかっちの顔……んふっ♡」

曜「うわぁ……鞠莉ちゃん、今日1番嬉しそうな笑顔……」


花丸「千歌ちゃん帰っちゃったよ?」

花丸「部活は?」カナンチャンモ イナイミタイズラ

鞠莉「それはそれ。これはこれです!」

鞠莉「部活は一生懸命にしましょう。まぁ、ちかっちに襲われた人は気が気じゃないだろうけど♡」

曜「私たちもね……///」

花丸「ずら……///」


~翌日に続く~
148: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 19:19:08.66 ID:oPe2oB1v.net
~翌日 早朝~

ガチャ


果南「いってきまーす」


果南「んん~……」ノビー...

果南「昨日は練習出れなかったし……朝練は気合いを入れて……って」


千歌「……果南ちゃん♡」ニコッ


果南「千歌?」

果南「どうしたのこんな朝から」

千歌「……たまには果南ちゃんと学校……朝練、いこうかなーって思って……えへへ♡」

果南「」パチクリ

果南「……くすっ♡ そのためにわざわざこっちまで来てくれたの?」ナデナデ

千歌「うん♡」


千歌「♡」ギュ

果南「千歌……///」

千歌「えへへ♡ 最近 寒いもんね。今日も……」

千歌「だからぎゅーってしちゃう♡」

果南「あはは……ちょっと歩きにくいけどね///」

果南「まぁいいか♡ 行こ?」

千歌「うん♡」
151: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 20:35:23.45 ID:oPe2oB1v.net
トテトテ


千歌「……♡」スリスリ♡

果南「千歌ー」

千歌「なぁに?」

果南「腕を組むのはいいけど、もう もたれかかってる勢いだよ」アハハ...

果南「さすがに歩きにくすぎるから 少し遠慮してよ♡」

千歌「むぅ……」

果南「どうしたの今日は?」クスクス

千歌「……わかんない」ブス

千歌「起きたら果南ちゃんに急に会いたくなって」

千歌「いてもたってもいられなくなったんだもん」

果南「なにそれ♡」


千歌「これでも遠慮してるほうなんだけどなー……」ニヤ

果南「はぁ……?」

千歌「えへへ……♡ こうなったら……♡」


千歌「ねぇねぇ果南ちゃん」グイグイ

果南「わっ、っとと」

果南「急に引っ張ったら危ないってば」

千歌「いーいーかーらー♡ ちょっと来て♡」

果南「はぁ……わがままだなぁ♡」

果南「ちょっとだけだよ。遅れちゃうからね」

千歌「うん……♡」ハァハァ♡
152: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 20:44:37.35 ID:oPe2oB1v.net
~茂み~


果南「……それで、どうしたの?」

千歌「えへへ……はぁはぁ♡ ね、果南ちゃん……♡」スルスル...♡

千歌「見て……はぁはぁ♡」スカート タクシアゲ

果南「は……?」

果南「えっ……は、はぁっ!?///」

果南「ち、千歌……なに……な///」


果南「なんでぱんつ穿いてないの!?///」


千歌「……っ♡」ゾクゾク...♡

果南「しまいなさいっ!! あと穿きなさい!!///」

千歌「や♡ やだ♡ ね、ねぇ♡ 見て、もっと見て♡」

千歌「千歌ね♡ はぁはぁ♡ 千歌……朝からずっとこうなの……♡」クチュクチュ

果南「千歌ぁっ!///」メソラシ///

千歌「あ♡ あんまり♡ んっ♡ 大きな声♡ あんっ♡」クチュクチュ

千歌「出すと誰か来ちゃうよぉ……♡」ゾクゾク


果南「っ!?///」ビクッ
155: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 21:11:45.64 ID:oPe2oB1v.net
千歌「ふっ♡ んっ♡ あんっ♡」クチュクチュ...

果南「ち、千歌……わ、わかった。大きな声は出さないから、しまってよ……おかしいってば///」

千歌「おっ♡ おっ♡」カクカク

千歌「おかしいのは♡ 千歌だってわかってるんだよぉ♡ だ♡ だから♡」

千歌「でも♡ あんっ♡ 止められないから♡」クチュックチュッ!!


果南「……な、なんで……私に見せつけるように……///」

千歌「それも違っ♡ んんっ!♡」ビクッビクッ


千歌「あは……♡ も♡ もう♡ こんななっちゃった♡」ジュンッ...♡


ポタ...ポタ...


千歌「果南ちゃんに♡ してほしいから……♡」

千歌「ぱんつ♡ 穿かないで来たんだぁ♡」

果南「はっ!?///」

千歌「ねぇ♡ 果南ちゃん……っ♡ せつないの……♡ 果南ちゃんにシてほしいんだよぉ……♡」ウルウル

果南「いやいや……あ、そ、それは……///」ゴクッ

果南「さすがに……やばいっていうか///」チラ


ポタ...♡


果南「そ、すっごい、濡れてる、みたいだし……ごくっ♡」

果南「いじってほしいって、わかる……あぁいや、なに言ってるんだろう私……///」
156: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 21:18:20.39 ID:oPe2oB1v.net
千歌「果南ちゃぁん……♡」ウルウル

果南「……っ///」ゴクッ


果南「し、しかたない……よね」ザッ

千歌「あ♡」

果南「大切な幼なじみ、妹、みたいな」

果南「千歌がそこまで……んく♡ 言うんだから仕方ない……から♡」

果南「シてあげるよ♡ しょうがないから……♡」ハァハァ

千歌「うん♡ うん♡」キュンキュン♡

果南「ほら、スカートちゃんと持って♡ 足……広げないと♡」ボソッ

果南「そこの木に 背中預けてさ♡」

千歌「は♡ はやく♡ はやく♡」


果南「あ、焦らないでよ……♡ ま、まったく、本当はダメなんだから、仕方ない、はぁはぁ……っ♡」クチュ

千歌「んんっ!!♡♡」ビクッ!!

果南「うわ♡」

果南「こんな濡れてる……っ♡」クチュ...クチュ...
157: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 22:00:41.30 ID:oPe2oB1v.net
果南「千歌がこんなえっちな子だったなんて……♡」クチュクチュ

千歌「あんっ♡」ビクッビクッ

果南「幼なじみとしてちゃんと面倒見てあげ、ないと だし♡」クチュクチュッ

千歌「ふぁぁ♡ ふぁあぁぁ……♡ 果南ちゃん♡ んんっ♡ あっ♡」

千歌「果南ちゃんの指♡ ゆっ♡ 気持ちいいよぉ……っ♡」ビクンビクン

果南「っ♡」ゾク...

果南「そんな気持ちいいんだ♡」グチュッ♡

千歌「ふぉっ♡」ビクッ

果南「あーあ……2本 すんなりはいっちゃった♡」グチュ...

果南「ま、これくらいのがちょうどいい……でしょっ!♡♡」グチュッグチュッグチュッグチュッ♡

千歌「あーっ!♡ あーっ!♡♡」ガクガクガク

千歌「かなっ♡ あーーーーっ!!♡」ビシャッ♡ ポタポタ♡

果南「ほら♡ 千歌こそ声を抑えないと……♡」ゾクゾク

果南「こんなえっちな姿 見られちゃうよ?♡」グチュッグチュッ
158: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 22:29:48.99 ID:oPe2oB1v.net
千歌「っ♡ っ♡ っ♡」ガクガクガク

果南「そうそう♡ そしたらちゃあんと……♡」グチュッグチュッ

果南「最後まで、っ、してあげるからね♡」クチュ...

千歌「ふーっ♡ ふーっ♡」

果南「……くす♡ 千歌のあそこ……もう、ぱくぱくしっぱなしだ……♡」クチ

果南「お豆もこんなびんびんで……♡」クリクリ

千歌「ふぅっ!!♡♡」ビクッ!!

果南「…………っ♡」


果南「>>160」(選択)


1:指でイかせちゃおうかな?

2:口でイかせちゃおうかな?
160: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 22:31:10.95 ID:mfjBGI2z.net
2
165: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 01:27:32.27 ID:EWvnkSEd.net
果南「ほーら♡ 足、閉じてきてるよ?」

果南「広げて♡」

千歌「っ♡ ぁぅ♡」ザッ...


果南「そうそう♡ そのままだよ♡」スワリ

果南「……近くで見るとすごいね……♡」

果南「ひくひくして ぱくぱくして♡」ツー...

千歌「ぅひんっ♡」ビクッ

果南「ちゃんとイくときは言うんだよ? そうしないと……」ソー...

千歌「かっ、果南ちゃ、なにっ、あっあっ……なに、なにするの!?♡♡」ビクッビクッ

果南「――じゅる……っ♡」パク

千歌「かっ!?♡♡」ビクン!!

果南「やりすぎちゃうかもしれないからね♡」


果南「じゅる……っ♡ じゅる♡」クチュクチュッ

千歌「あっ!♡ あああぁっ!!♡」

千歌「かなっ♡ 果南ちゃ♡ 千歌のおまんこっ♡ おくちでっ♡」ガクガクガク

果南「じゅぶっ♡ ぐっちゅっ♡ ぢゅるるるるる!!♡♡」

千歌「ああぁぁぁぁあ……っ!!♡♡」
166: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 01:35:10.23 ID:EWvnkSEd.net
果南「ぐぶっ♡ ぷっ♡ ちか……♡ 口と手♡ いっぺんにされるのいいでしょ♡」クチュクチュクチュクチュ

果南「イきたくなったら遠慮せずにイくんだよー?」クチュクチュ

千歌「ふっ♡ ふぅーっ♡ んんっ♡」

果南「……じゅっ♡ じゅるっ♡ ぐちゅ♡ ぐりぐり……っ♡」グチュッグチュッ

千歌「っ!♡ っ!!♡」ビクッビクッ!!

果南「……耐えるなあ♡」

千歌「も♡ っと♡ し♡」


果南「……ダーメ♡ 朝練 遅刻しちゃうでしょ♡」ジュルルッ!!

千歌「~~っ!?♡♡」ビクッビクッ!!

果南「しょうがないなぁ♡ じゃあ、千歌のお豆 いじめちゃおうかな……♡」アーン...

千歌「っ!?♡♡」フルフル!!


果南「――かりっ♡」

千歌「お゛っ!?♡♡」ビク...!!

果南「かみかみっ♡ ぐ……ちゅっ!!♡」

千歌「ううぅぅんん……!!♡♡」ガクガクガク

千歌「う゛っ!!♡♡」プシャアアァァ...♡
167: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 01:40:52.48 ID:EWvnkSEd.net
果南「うわっ!」

千歌「ふっ♡ ふーっ♡」プシャ♡ プシャ♡


果南「あーあー……派手にイっちゃったね……♡」

千歌「かはっ♡ はー♡ はー♡」プシャ...チョロロロ...

果南「おもらしするほどよかったんだ♡ それならよかった♡」

果南「外でよかったね、千歌♡」ナデナデ

千歌「う♡ うん♡ しゅごかったぁ……♡」トローン...♡


果南「……っ♡」ゾクゾク

果南「ま、まったく……♡」ゴクッ

千歌「えへへ……ごめんなしゃい……♡」ピクピク

果南「い、いいよ、これくらいなら……ま、また……///」

果南「これくらいなら また……まぁ、シてあげないこともない から///」

千歌「かなんちゃん……♡」コテン

果南「わっちょっと!」ギュ

千歌「えへへ……♡」ギュー...

果南「も、もぉ……しょうがないなぁ 千歌は……♡」


169: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 04:42:44.04 ID:EWvnkSEd.net
~学校の屋上 朝練~


果南「ほら、千歌/// しゃきっとしなよ///」

千歌「う、うん……♡」フラフラ


ガチャッ


果南「お、おはよ~……」


オハヨー オハヨウゴザイマス
ヨーソロー スピリチュアル


ダイヤ「珍しいですわね、果南さんが時間ぎりぎりなど……あっ」


千歌「お、おはよ~……♡」フラフラ


善子「///」ビクッ
ルビィ「っ///」
ダイヤ「……///」


ダイヤ「お、おはようございます、千歌さん、その///」イソイソ

善子「お、おはようっ! 千歌さん!///」ズイッ

ルビィ「ちっ、ちかっ///」カオマッカ///


千歌「おはよ♡ どうしたの……?」

だいるびよし「ど、どうしたの、って……///」テレテレ

千歌「……?」ニコッ

だいるびよし「っ///」キューンッ♡


果南「」ム...


果南「ほら千歌、いつまでも脱力してないで気合い入れるよっ!」グイ

千歌「あんっ♡」ビクッ

果南「!?///」

だいるびよし「!?///」
170: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 04:49:50.11 ID:EWvnkSEd.net
千歌「はふ♡」コテン

果南「わっまたっ!?///」ダキッ

千歌「えへへ♡ 果南ちゃん♡」スリスリ♡

果南「ち、千歌ってばー……///」


ダイヤ「……」

善子「……」

ルビィ「……」


ダイヤ「随分と仲がよろしいんですわね」ズイ

果南「だ、ダイヤ?」

果南「まぁ、仲がいいって、幼なじみだし」

善子「幼なじみねぇ……」チラ

善子「……ただの?」

果南「……っ///」ドキッ

ルビィ「……千歌ちゃん、なんか……///」

ルビィ「顔が、その……///」ウツムキ///


千歌「果南ちゃぁん♡ 千歌、また――」


果南「わっ!/// わぁっ!///」バッ

千歌「んぐぐ♡」


だいるびよし「…………『また』……?」


果南「んっ♡ 手のひら舐めないでっ///」

千歌「んぐ♡ むーっ♡」ペロペロ


だいるびよし「……」ギリ...
171: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 04:56:25.04 ID:EWvnkSEd.net



曜「……鞠莉ちゃん///」ヒソヒソ

花丸「千歌ちゃん……もしかして」ヒソヒソ

鞠莉「あ、アルェー……?」アセッ...

鞠莉「ボタン、効いてる……?」

曜「えっ、押したんじゃないの!?」

鞠莉「NoNoNo!」

花丸「いーまーがさいこー……じゃなくて」

花丸「じゃあ、あの様子は……///」

曜「……ごくっ///」

鞠莉「こ、故障かしら……?」スッ


梨子「――なんの話をしてるの?」
181: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 12:51:50.32 ID:5IFoIsId.net
ようまるまり「」ビクッ


梨子「3人揃ってひそひそ話?」チラ

梨子「なんか……千歌ちゃん、とよっちゃんたちの様子 おかしいし……///」

梨子「なにか関係あるの……?」


ようまるまり(鋭すぎぃー!?)ガーン!!


梨子「……?」キョトン


曜「ど、どうするの?」ヒソヒソ

花丸「いや、普通にシラを……」ヒソヒソ

曜「もう こうやって話してるのバレてるんだよ?」

鞠莉「…………んん」チラ


鞠莉(>>183


1:梨子ちゃんはなんとなく感づいてるようだ
鞠莉(隠すのはキケンがアブナイかもね……)

2:梨子ちゃんは平静を装っているみたいだけど 千歌ちゃんが気になって仕方がない様子
鞠莉(……ちかっちを梨子にけしかければ……うふふ♡)
183: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 12:53:03.52 ID:J4uritRE.net
2
184: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 13:00:41.51 ID:5IFoIsId.net
鞠莉「まかせて♡」ニコッ☆

ようまる「?」


梨子「ねぇ……曜ちゃ


鞠莉「ちかっちーーー!!」


千歌「んぐ?」

だいかなよしるび「」ビクッ

鞠莉「梨子がー、ちかっちをぎゅーってしたいってー!!♡」

梨子「えぇっ!?///」

だいかな「なっ!」

善子「リリー!?」

ルビィ「ピッ!?///」


千歌「んぐぐ?(梨子ちゃん?)」

果南「あっ」パッ

千歌「梨子ちゃん……?」

梨子「いやっ、ま、鞠莉さんっ!!///」

千歌「…………」


千歌「………………♡」ニヤー♡
186: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 13:10:48.29 ID:5IFoIsId.net
千歌「梨子ちゃん♡」トテトテ

梨子「ちっ、千歌ちゃん!?///」ドキドキ

千歌「鞠莉ちゃんの言ってたこと……ホント?」ウズウズ

梨子「えっ、あのっ///」


鞠莉「ホントだよ ちかっち♡」


梨子「鞠莉さんっ!?///」

鞠莉「ちかっちが かわいすぎてー ぎゅーってしたくてたまらなくてー」

梨子「ちっ、ちがっ///」ワタワタ

鞠莉「違うの?」

梨子「それは……///」チラ

千歌「♡」ニコニコ

梨子「……っ///」ドキドキ


鞠莉「っていうことでぇ! ちかっち、行っちゃえ!♡」

千歌「うんっ♡」ニコー♡


ガバッ


梨子「きゃあっ!?///」
187: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 13:17:55.20 ID:5IFoIsId.net
ドテーン!!


梨子「いたたた……っ///」

千歌「えへへ♡ ごめんなさい♡」

千歌「でもこれで……♡ ぎゅー……っ♡」ダキッ

梨子「千歌ちゃん!/// どこさわって!!///」

千歌「もふもふ♡」

梨子「ちょ……っ/// んぁっ♡」


曜「……っ///」

花丸「おぉ……///」ジィー

鞠莉「●REC」


梨子「見てないで助けてくださいっ!!///」ジタバタ


鞠莉「……ちかっちー♡」

鞠莉「そういえば、梨子ってばさっき、ちかっちにえっちなことされてみたいなぁって言ってたよ♡」

梨子「なぁっ!?///」

千歌「……そうなんだ♡」


ダイヤ「……な、いったい何が///」

ルビィ「あわ/// あわわ……っ///」

善子「り、リリー……?///」

果南「ちょっと鞠莉! 鞠莉の仕業でしょこれ!///」

鞠莉「なんのことー?」ニヤニヤ
188: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 14:12:10.66 ID:5IFoIsId.net
善子「ちょ、ちょっと止め……っ///」ダッ

善子「千歌さんっ///」グイグイ

千歌「わぁっ!?」ステン

梨子「……っ///」バッ


梨子「……あ、ありがとう、よっちゃん……///」ドキドキ

善子「う、うん……///」

千歌「もぉ、善子ちゃん邪魔しないでよぉ♡」

鞠莉「そーだそーだぁ!」


果南「鞠莉っ!!///」


鞠莉「ひぇっ」


ダイヤ「鞠莉さん……き、昨日 千歌さん様子がおかしかったのは鞠莉さんせいなのですか?///」

ルビィ「」コクコク!!


鞠莉「知らないってばぁー」


曜「た、大変なことに」ヒソヒソ

花丸「なってきたずら……!」ヒソヒソ

曜「このままバレれば私たち」

花丸「……!」コク
189: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 15:01:30.48 ID:5IFoIsId.net
曜「鞠莉ちゃん!」ガッ

花丸「鞠莉さんっ!」ガシッ


鞠莉「ん? ――ワァォッ!?」ヒョイッ


曜「うっ重……くはないけど~!///」ダダダダッ

花丸「とんずらずらずら~っ!!///」ダッシュ!!


ポロッ...


果南「あっ!」

ダイヤ「待ちなさいっ!」


ようまる「ごめんなさ~いっ!」


シーン...


みんな「」パチクリ

千歌「善子ちゃ~ん♡」スリスリ

善子「わ/// 千歌さんってばぁ!///」


ルビィ「……?」

ルビィ「なんだろこれ」オトシモノ...
190: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 15:09:55.56 ID:5IFoIsId.net
ルビィ「押しちゃえ♡」ポチッ


千歌「ふぁっ!?♡♡」ビクッビクッ


みんな「千歌!?」チャン!? サン!?


>>192(選択)
(どちらも梨子ちゃんがメインになります)


1:千歌ちゃん 正気に戻るもボタンの仕組みに気付いたみんなに色々されちゃうルート
千歌「ぇ……ぁ……み、みんなぁ、なんで……っ、なんでそんな目でみるのぉ……?」ガクガク

2:千歌ちゃん さらに暴走するルート
千歌「ぺろっ……♡ えへへ……いまの千歌ならなんでもできそうな気がするよぉ♡」
192: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 15:12:18.47 ID:XsEVvdyd.net
2
194: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 15:25:30.89 ID:5IFoIsId.net
千歌「ふぁぁ♡」ビクッビクッ


みんな「千歌!?」チャン!? サン!?


千歌「ふぁ……はふぅ♡」トローン...♡

千歌「……えへ♡」ギュ

善子「いつっ/// ち、千歌さ――

千歌「んちゅるっ♡」チュウ

善子「んぶっ!?///」


みんな「!?///」


千歌「ちゅっ♡ ちゅうーっ♡」チュパチュパ

善子「んんーっ!!♡」ビクッビクッ


果南「ちょ……っと千歌!///」


千歌「んむぅ?♡♡」ジュルルッ

善子「っぶ♡」ビクッ!!

千歌「ぷはっ♡ 果南ちゃん♡ どうしたの?」

善子「はひっ♡ ひっ♡」ピクピク


果南「どうしたじゃなくて……っ///」

千歌「果南ちゃんもしてくれるの?♡ わーい!♡ んー……♡」グイ

果南「いやっそうじゃなくてっ///」ヒキッ

千歌「む、してくれないんだ」


千歌「じゃあいいよっ。うーん……」キョロキョロ


千歌「……ルビィちゃん♡」オイデオイデ

ルビィ「ピギィッ!?///」

千歌「ちゅーしよっ♡」

ルビィ「あああぁのあの!///」
196: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 15:30:37.97 ID:5IFoIsId.net
ダイヤ「待ってくださいっ!///」

ダイヤ「きっ、昨日から千歌さん 様子がおかしいですわっ!/// 先ほどの鞠莉さんと言い――


千歌「んちゅっ♡ ちゅぱっ♡ ほりゃ♡ 昨日みたいに舌べらのばして……♡」

ルビィ「ふぅ♡ ふぅ♡ んー……♡」

千歌「ルビィちゃんのかわいい舌♡ いっぱいいじめてあげりゅね♡ ぱく♡」

ルビィ「っ!♡」ゾクゾク

千歌「んぶっ♡ じゅるっ♡ ぶっ♡ ぶっぶっ♡」ジュポジュポ♡

ルビィ「ぶぶぶぶ♡」ビクッビクッ


ダイヤ「聴きなさー一いっ!!///」
198: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 15:40:46.65 ID:5IFoIsId.net
ルビィ「ぴ♡ ぴ♡」ピクンピクン

千歌「……ちゅぱ♡」

千歌「えへへ♡ ダイヤさんも来てください……♡」

ダイヤ「はぁっ!?///」

千歌「大丈夫ですよぉ♡ ダイヤさんのことも忘れてないですから……♡」

ダイヤ「で、ですから……///」

千歌「ほらルビィちゃん、座って♡ 足、広げてみよっか♡」

ルビィ「えっ/// あっあのそうするとぱんつ……///」

千歌「んむ♡」

ルビィ「んぐっ♡♡」ビクッビクッ


プルプル...


カパッ...


ダイヤ「ルビィ……///」

みんな「……///」


千歌「ルビィちゃん、みんなの前ではしたなく 足、広げちゃったね♡」エムジカイキャク?

ルビィ「は♡ は♡」カァー...///
201: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 16:36:51.59 ID:5IFoIsId.net
ルビィ「見ないで……見ないでください……っ///」プルプル


ダイヤ「……んくっ♡」

果南「な……なに? なんなのこれ///」

善子「ルビィ……///」ハァハァ


千歌「……♡」

千歌「はい梨子ちゃん!」ビシ!


梨子「」ビクッ


千歌「…………ルビィちゃんの、一緒にシよ?」

梨子「えっ?///」

千歌「千歌、梨子ちゃんえっちな顔も見てみたいんだぁー♡」ニコニコ

梨子「えっ……で、でも……///」チラ


ルビィ「……っ///」プルプル


千歌「ダイヤさんと果南ちゃん、善子ちゃんはごめんね♡ この後シよ?」

だいかなよし「っ///」

千歌「まずはルビィちゃんと梨子ちゃんとシたいなぁー♡ なぁー♡」
202: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 17:07:33.47 ID:5IFoIsId.net
梨子「ち、かちゃん……?///」

梨子「ルビィ、ちゃん……っ///」ドキドキ


千歌「ほら、ルビィちゃんが待ってるよ?♡」サワッ

ルビィ「ピギ……!?♡♡」ビクッ

千歌「うん♡ そのまま感じてて、ルビィちゃん……♡」

千歌「千歌の指が、ルビィちゃんのおまんこ……ぱんつの上からなぞってるんだよ♡」スリスリ♡

ルビィ「ふ……っ♡ んんぅ……っ♡」ビクッ...!

千歌「ほら、梨子ちゃんも一緒にシよ?」

千歌「ルビィちゃんのおまんこ……いっしょにかわいがろう?♡」ニコニコ

梨子「え、えぇ……///」フラフラ


千歌「……♡」ニヤ
204: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 17:45:42.46 ID:5IFoIsId.net
梨子「ルビィちゃん……///」ソッ

ルビィ「あっあっ♡ 梨子さん……♡」ゾワ

ルビィ「あ♡ あっ……♡ さわ♡ さわられちゃ……♡」


梨子「……っ♡」プニッ


ルビィ「んきゅぅぅっ♡♡」ビクンッ!!

千歌「うわっ♡ すごっ♡」

梨子「ルビィちゃん……気持ちいいの……?///」スリッスリッ

ルビィ「んきゅ♡ あんっ♡ あっあっあっ♡」ビクッビクッ

梨子「……っ///」ゴクッ

千歌「ルビィちゃん……♡」チュウ

ルビィ「んむぅっ♡」

梨子「ルビィちゃん……な、なんか、やわらかくなってきたよ♡」ハァハァ///

梨子「も、もう指が……沈……♡」グニッグニッ♡

ルビィ「んぶっ♡ じゅるるる♡ ちゅぱっ♡」

千歌「……♡ ちゅるる♡ ちゅーーっ♡」
213: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 07:08:48.59 ID:F3fF1XLN.net
ルビィ「ぴゅふ♡ ほぁ♡ んぐっ♡」ビクッビクッ

千歌「……腰がかくかくしてきたね、ルビィちゃん♡」ジュルルッ

梨子「……はぁ、はぁ♡ ルビィちゃん、し、下着に染みが……♡」グリグリッ♡

ルビィ「んんっ!?///」プルプル...///


ハァハァ///
アンッ...チカチャ...リコサン...


ダイヤ「……る、ルビィ……♡」ハァハァ///

果南「止めないの……?///」

善子「と、止めるって言っても///」ドウスレバ

ダイヤ「も、もう我慢できませんわ……っ♡」クチュ

かなよし「!?///」ビクッ

ダイヤ「す、すみませ……っ♡ ふぅっ♡ で、でも私……っ♡」クチュクチュ

果南「だ、ダイヤ~……///」キモチハ ワカルケド...

善子「わ、私なんか放っておかれてるのに……っ♡」ムラムラ

果南「……私たちもしちゃう?///」ナンテ

善子「……っ///」プイ
214: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 07:21:03.94 ID:F3fF1XLN.net
千歌「梨子ちゃん♡ ルビィちゃん、もう顔がとろとろ♡」カワイイ♡

梨子「お、女の子ってこんな顔するんだ……♡」

ルビィ「はひゅ♡ ひゅ♡」

梨子「下着も、こんな」ツツー...

ルビィ「ひゃんっ♡」ビクッ

梨子「もう、さわった指が、濡れちゃうくらい、ぐしょぐしょで……♡」

ルビィ「梨子さん……♡ 千歌ちゃぁん……♡」

千歌「うん♡ なにかな、ルビィちゃん♡」

ルビィ「も♡ もっとしてほしいでしゅ……っ♡」カァ///

梨子「……っ///」ゾクゾク

千歌「うん♡ そうだね……♡」


千歌「ならさ、ふたりでくちゅくちゅしあってみてよ♡」

りこるび「えっ!?///」

千歌「千歌、それ見ながら自分でシたいなー♡ きっと とっても気持ちいいと思うんだぁ♡」

ルビィ「えっえっ/// でもっ、それって……っ///」チラ

梨子「……///」

千歌「大丈夫!♡」スッ

梨子「あっ 千歌ちゃん!///」スカート メクラナイデ!!///

千歌「ほら、梨子ちゃんも もうこんなに ぱんつ、染みだらけ……太ももにえっちなおつゆ、たれてきてるし♡」

梨子「あぁ……っ///」カァー...///
215: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 07:26:17.87 ID:F3fF1XLN.net
ルビィ「り、梨子さん……♡」ソッ

梨子「あっ♡」ビクッ

ルビィ「し、シませんか♡ ルビィ、梨子、梨子さんなら……♡」クチュ

梨子「ひゃっ!?♡♡」

ルビィ「……っ♡」クチュクチュッ

梨子「っ♡ ま……っ♡」ビクッビクッ

ルビィ「うわぁ……♡ 梨子さんっ♡ あの 梨子さんが、こんなえっちな……♡」クチュクチュ♡

梨子「っ///」キッ

梨子「わ、私だって……!///」クチュッ♡

ルビィ「ピッ♡♡」ビクッ

梨子「ちょ、直接、下着越しじゃなくて、ルビィちゃんの……っ♡」クチュクチュッ♡

ルビィ「ルビィだって♡ あっ♡」クチュクチュ


千歌「……っ♡」ゾクゾク...!

千歌「あ、あっという間にふたりの世界だなぁ♡ はぁはぁ♡ ちょっと複雑かも……♡ ん♡」クチュ...♡
217: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 09:11:45.50 ID:F3fF1XLN.net
梨子「あ♡ ん♡ ルビィちゃん……♡」クチュクチュ

ルビィ「ふぅ♡ ふぅ♡ 梨子♡ さ♡」クチュクチュ


梨子「あぁ♡ わた♡ 私……なんで♡」

梨子「千歌ちゃんに見られ……♡」ゾクゾク

梨子「気持ちよくなっちゃってるんだ♡ ろっ♡」ビクッビクッ

ルビィ「ルビィもです♡ んっ♡ 」

ルビィ「ふぁ♡ 梨子さっ♡」ガクガクガク


千歌「梨子ちゃんもルビィちゃんもかわいいなぁ♡ はぁっ♡」クチュクチュ

千歌「指がくちゅくちゅとまらないよぉ♡ あはっ♡」


ダイヤ「はぁはぁ♡ 千歌さんっ♡ までっ♡」グチュグチュ

果南「……っん♡」クチュ...クチュ...

善子「~~っ♡」モジモジ...
219: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 12:28:06.23 ID:F3fF1XLN.net
梨子「っあ♡ ルビィちゃ……っ♡」ヘコヘコ♡

ルビィ「んきゅ♡ んはぁ……♡」カクカク♡

梨子「ルビィちゃ♡ イッ♡ ィきそっ♡ でしょっ♡」クチュクチュクチュクチュ!!

ルビィ「ひゃああぁぁ……っ♡」ガクガクガク

ルビィ「りっ♡ 梨子さんだってぇ……っ♡」グッチュグッチュグッチュ!!

梨子「んんんんっ♡♡♡」ビクッビクッ


千歌「えへっ♡ へぁ♡ ふたりとも必死に我慢してるぅっ♡」クチュクチュ

千歌「こっ♡ これっ♡ あーっ♡ イ♡ 先♡ イ……っ♡」ビクビクッ!!


ダイヤ「ふっ♡ ふぅ♡ ふっ♡」クチュクチュ♡

ダイヤ「んんぅっ♡♡」ビクッ...! ビクビクッ!!

果南「ダイヤ、いま、軽くイったでしょ……っ♡」クチュ...

ダイヤ「はぁ、はぁ?♡ イッ♡ イッてにゃんかないでしゅわ……ぅおっ♡」ガクガク♡

善子「っ♡っ♡ っ♡」クチュックチュッ♡
220: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 12:34:59.82 ID:F3fF1XLN.net
ルビィ「梨子さ……♡ んっ♡」クチュ...!

梨子「ルビィ……ちゃ……♡ ちゅぅ……♡」ブル...ッ♡


りこるび「ふああぁぁぁ……っ♡♡」ビクビクッ!! ビクンッ!!


千歌「あはっ♡ 梨子ちゃルビィちゃ♡ ふたり同時にっ♡ はぁはぁっ♡」

千歌「いいな……ぁ♡」ビクン...ッ

千歌「――――っ!♡♡」ガクガク♡ プシッ♡ プシャッ♡


ダイヤ「ひぃ♡ ふぁぁ♡」ビクビクッ!!

果南「んっ♡ んんっ!!♡♡」ビクンッビクンッ

善子「イ……っあ!♡」ガクビクガクガク...!


みんな「ああぁぁ……っ♡」ビクッビクッ...!

みんな「……っ♡ はぁ♡ はぁー……っ♡」


224: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 17:29:19.27 ID:Lqi7nIjK.net
~理事長室~


ドタドタドタ!!


鞠莉「やーんっ/// ぱんつ見えてるわよぉ///」オロシテー

曜「まかせて☆ じゃないよぉ!」ドテーン!!

花丸「ずらぁ☆」ドテーン!!

鞠莉「アウチッ!!」

鞠莉「いたぃわ!」オシリウッタワ...

曜「どどっ、どうするのさぁ! カンペキにバレちゃってるよぉ特に鞠莉ちゃん!」

花丸「こ、このままオラたちだけ おあずけなんて嫌ずらぁ……」

鞠莉「まァまァ♡ 最悪 収穫(●REC)はあるし♡」スチャッ

ようまる「」ギロッ!!

鞠莉「」


鞠莉「……イッツジョークよ」コワイワー...

鞠莉「ごほんっ、それはともかく!」

鞠莉「バレたって証拠なんかないから平気だよっ♡」

鞠莉「肝心のボタンがここにある限r――」ガサゴソ


鞠莉「…………?」ゴソ...

鞠莉「……」キョトン


曜「…………鞠莉ちゃん?」

花丸「…………ま、まさか」


鞠莉「……てへ☆」


ようまる「」ブチッ
225: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 17:33:44.02 ID:Lqi7nIjK.net
曜「まーりーちゃーんー!!」

花丸「その肝心なボタンなくなったいま もう鞠莉ちゃんに用はないずら」ケッ

鞠莉「ひどいっ!?」


曜「まるちゃんっ!?」

花丸「……って言うのは冗談として」イッツジョークズラ...///

花丸「どうするの?」ゴメンズラ///


鞠莉「ぐすん」

鞠莉「……一応、解除するだけのボタンはあるわ」

鞠莉「念のための緊急用で。とりあえず押すわね」

曜「みんな屋上で……うん///」↑チラ

花丸「硝子の花園だろうけど……/// このタイミングで切ると空気が凍りそうずら///」

鞠莉「ちかっちを元に戻さないと みんなに言い訳もできないわよね……」トホホ

曜「素直に白状するしかない かぁ……」ガックリ

花丸「みんなはともかく 絶対 千歌ちゃんに嫌われたずら……おしまいずらぁ……」

ようまるまり「はぁ……」


( TωT)ノ 凸ポチッ


\ギャアアアアアア..../


ようまるまり「…………」


226: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 17:53:32.39 ID:Lqi7nIjK.net
~屋上~

鞠莉「たいっへん」ド

曜「申し訳」ゲ

花丸「ずらーっ!」ザ


みんな「…………」


ダイヤ「や、やっぱりなにか変だと思っていましたけど……///」

果南「鞠莉、サイテー///」

鞠莉「はぅっ」ナミダメ


梨子「あ、あんな恥ずかしい……っ///」

梨子「ことっ/// 曜ちゃんのばか///」

曜「いやっ でも結局は梨子ちゃんが」

梨子「っ!///」キッ

曜「はい」


ルビィ「る、ルビィは……は、恥ずかしかったけど、千歌ちゃんと梨子"ちゃん"ととっても仲良くできたし///」テレテレ

善子「ずら丸」

花丸「ずら?」

善子「堕天使を逆に堕天させようなんてっ/// このーっ!///」コブラツイストォ!!

花丸「ずらーーーーっ!!」
229: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 18:03:17.71 ID:Lqi7nIjK.net
みんな「はぁはぁ」

ようまるまり「」チーン


梨子「……っこほん!///」

梨子「ま、まぁ……曜ちゃんの言うことも正しい……と言うか///」

果南「みんな 千歌に誘惑されて……」

ルビィ「ま、負けちゃったっていうか。雰囲気に飲まれちゃったよね///」

善子「その点 私たちも同罪よ。そう……まるでギルティなキスn

ダイヤ「一方的に鞠莉さんたちを責めるのはお門違いですわね……///」

善子「おーい」


ようまるまり「…………」シュン


梨子「……私たちはもういいから」ニコ

ダイヤ「千歌さんに謝りに行きましょう?」

果南「そうだね。なんか突然 我に帰って 顔真っ赤にして出て行っちゃったけど……」ドコニイッタンダロ


鞠莉「いや」

鞠莉「まずはこの3人で行くべきよ。……ね?」

曜「うん……」

花丸「」コクン


ルビィ「まるちゃん……」

善子「まぁ千歌さんだし、そこまで大事にはしないでしょ」タブン


ようまるまり「みんな……」ウルウル


梨子「ほら、もうすぐ鐘がなっちゃうよ」ニコ

梨子「いってらっしゃい♡」


ようまるまり「うん!」


230: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 18:09:52.93 ID:Lqi7nIjK.net
曜「千歌ちゃんはどこにいるんだろう?」

鞠莉「>>232 かなー?」

花丸「手分けして探す?」

曜「そうだね……うん、そうしよっか」

鞠莉「ォーケー!☆」

花丸「じゃあ>>234 ずらね」



>>232(場所)

>>234 (曜ちゃん、花丸ちゃん、鞠莉ちゃんを好きなように割り振って、どちらかのグループを指定してください)
(1:1:1 or 1:2)
232: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 18:12:25.42 ID:tMiWQPqt.net
更新乙ですわ

安価はお手洗いで
234: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 18:13:15.55 ID:wxmqscW4.net
丸 曜&鞠莉
237: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 18:17:12.44 ID:Lqi7nIjK.net
下1:どちらを見る?

1:花丸ちゃんルート

2:曜ちゃん&鞠莉ちゃんルート
238: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 18:18:12.77 ID:Be9ashtz.net
1
239: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/10(木) 18:23:21.36 ID:Lqi7nIjK.net
~お手洗い~


千歌「ふぅっ♡ んっ♡ っぁ♡」クチュクチュ

千歌「な、なんでぇ♡ んっ♡千歌っ♡ 千歌のカラダ、変だよぉ♡」クチュクチュ!!

千歌「気がついたらみんなと……っ♡ あんな……っ♡」グリュッ♡

千歌「ふぅぅっ!!♡♡」ビクッビクッ...!

千歌「っ♡♡」プシャッ♡ チョロロ...♡


千歌「~~っ♡♡」ガクガクガク...

千歌「たりな……っ♡ たりないよぉ♡」...クチュ...ッ
247: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 16:06:10.07 ID:jrAfywxR.net


花丸「千歌ちゃん どこにもいないずら……」ハァ


ガタッ


花丸「あ」

花丸(お隣さんはいってる……)


ガチャ パタン


スルスル...


花丸(お隣さんがいるとちょっと恥ずかしい///)~♪


クチュ...
ン... ハァ...


花丸(……お隣さん 苦しそうずら)

花丸(ちょっと気まずい……///)


マル...チャン...?
マルチャン...ダヨネ...?


花丸「ずらっ!?」ビクッ
250: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 16:16:15.91 ID:jrAfywxR.net
千歌『や、やっぱりマルちゃんだぁ♡』

千歌『マルちゃん……はぁはぁ♡』

千歌『千歌……ちかだよぉ♡』


花丸「千歌ちゃん見つけたずら!」

花丸「って……大丈夫? なんだかすごい苦しそう……」


千歌『ダメ……かも♡』ハァハァ///


花丸「あわわっ! お腹痛いずらか!? お薬いる!?」


千歌『マルちゃ♡ あっ♡ おねが♡ お願いしていいかなぁ♡』


花丸「う、うんっ、マル なんでもするよ!」
251: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 16:27:18.16 ID:jrAfywxR.net
カチャ...


千歌『マルちゃん……いま、ふぅふぅ♡ 鍵 あけたから』

千歌『来てくれる……中……?』


花丸「えっ!?」


千歌『おねが……おねがい♡』ハァハァ///

千歌『別に汚、くない、つもりだから♡ ちょっとそばに来てほし、ふぅふぅ♡』


花丸「……///」

花丸(な、なんだか妙な展開ずらぁ……///)

花丸(ボタン 解除……したんだよね。鞠莉ちゃん……///)


キィ...


花丸「は、はいるよ?」

千歌『う、うん……♡』
252: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 16:54:47.19 ID:jrAfywxR.net
キィ...


花丸「千歌ちゃん、ん!?」ビクッ

千歌「はぁはぁっ♡ マルちゃん、ごめっ♡ ごめんねっ♡」クチュクチュ♡

花丸「なっ……///」

千歌「たすけて……たすけてマルちゃん……っ♡」クチュクチュ

千歌「いくらひとりでシても♡ はぁはぁっ♡ ダメなんだよぉ♡」

花丸「は……えっ、あ……///」

千歌「マルちゃんんん……♡」クパァ...♡


花丸「は……///」ドキッ...


千歌「ち♡ 千歌のカラダ♡ あそこ♡ 壊れちゃったよぉ……っ♡」クパクパ

花丸「ち、千歌ちゃん……あの、千歌ちゃん、だよね……?///」

千歌「……?」フゥフゥ///

花丸「あ……うん、なんでもない……ずら///」


千歌「ね、ねぇ……っマルちゃん……♡」

千歌「まっ、マルちゃんさえよかったら……あっ♡ ちっ、千歌のぉっ♡」ビクッビクッ

千歌「シてもらえない……っかな♡」

花丸「…………っ///」ドクン...ドクン...


千歌「マルちゃん……っ///」
253: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 17:54:26.98 ID:jrAfywxR.net



花丸「千歌ちゃん♡ 千歌ちゃん♡」ズチュズチュッ♡

千歌「やああぁぁ……♡」ビクッビクッ


ギッギッ...♡


花丸「千歌ちゃんっ♡えっちずらっ♡ ま、マルをこんな♡」ギシギシ

花丸「自分から開いてっ♡ えっち♡ 誘惑っ♡ はぁぁぁ……♡」グチュグチュ

千歌「ひんっ♡ ひんっ♡」ビクッビクッ

千歌「マルちゃん♡ マルちゃん♡」

花丸「おまた♡こすり合わせるの気持ちいいずらぁ♡ あ♡」ビクッ...!

花丸「千歌ちゃんのとろとろのあそこが♡ オラのマルをちゅうちゅうって♡ うっあ♡」グチュグチュ♡

千歌「マルちゃっ♡ 千歌も♡ 千歌もぉ♡」ハァハァ♡

千歌「気持ちいいのぉ♡ 自分じゃダメなの♡ あっあっ♡」ビクッ...!

花丸「うふふ♡ 曜さん鞠莉ちゃんにはごめんずら……っけど♡」ギッギッ♡

花丸「据え膳食わぬは なんとやら……っ♡」グチュッ♡

千歌「あーっ!♡ あーっ!♡」

千歌「トイレ♡ そんな体重ごとっ♡ 擦り……っ♡」

千歌「トイレ壊れちゃうよぉっ♡♡」ガクガクガク
255: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 18:27:52.09 ID:jrAfywxR.net
...キーンコーンカーンコーン


花丸「あ♡」ギ...

千歌「ふぁ♡」


花丸「予鈴、なっちゃったね」

花丸「どうするずら?♡」グチュ

千歌「あんっ♡」

花丸「……っ♡」ゾクゾク

花丸「行かなくていいずら?♡ イく?♡」グチュグチュッ!!

千歌「ひゃぁ♡ あんっ♡ あんっ♡」

千歌「イきた……♡ イかなくてもいいからぁ♡ イっ♡」ビクンッ!!

千歌「イくっ!!♡♡」プシャアア♡

花丸「あんっ!♡」

花丸「ふ……うふふ♡ オラのマルが♡ み、密着した状態でイくなんて……♡」グチュ...♡

花丸「イケナイずら!♡♡」ギッギッギッギッ!!

千歌「おっ!?♡♡」

花丸「千歌っ♡ 千歌ちゃ!♡」ギシギシ!!

花丸「はーっ♡はーっ♡ ふぅふぅ!♡」グチュグチュグチュグチュ!!

千歌「お♡ お♡ お♡」ガクガクガク
256: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 18:34:55.08 ID:jrAfywxR.net
千歌「ま♡ マル♡ ま♡ まって♡」ガクガクガク

千歌「おっ♡ お♡」ビクビク!!


花丸「はぁはぁっ♡ はぁっ♡」
グチュグチュ!!


千歌「イって♡ る♡ か♡」


花丸「オラもイきた……っ♡」グリュッ♡


千歌「――っ!?♡♡」ガクンッ!!

千歌「お……っ!?♡」プシャッ...アアァァ...♡


花丸「イ……っ!!♡♡」ビクッビクッ...!


ちかまる「――あああぁぁぁぁああ!!♡♡♡」ビクンッビクンッビクンッ♡
258: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 19:59:58.97 ID:jrAfywxR.net
千歌「あひっ♡ ひっ♡」アヘ♡

花丸「あー……♡ あー……♡」グチョ


千歌「マル……ちゃ……♡」チョロロロ...

花丸「あっ♡ 千歌ちゃ……♡」ビクッ

花丸「まだオラのマルがちゅっちゅしてるのに……おもらしなんて♡」ブル...

花丸「あ♡」ショワアアァァ...♡

千歌「ふぅぁぁ……♡」プルプル


花丸「ん……っ♡」

花丸「いっしょにおもらしなんて……っ♡ えっちすぎ ずらぁ……♡」


千歌「ひっ♡ ひっ♡」

千歌「マルちゃ……も♡」


千歌「もっとぉ……♡」ウルウル


花丸「……っ♡」ゾクン...!


花丸「ふ……うふふ♡ ホントにえっちずらね 千歌ちゃん……♡」クチュ...

花丸「ボタンで箍が外れたのかわからないけど……♡ マルにしてみれば幸運ずら♡」


千歌「ふぅー♡ ふぅー♡」クパァ♡


花丸「いっぱいシてあげるずら♡ 千歌ちゃん……♡」

千歌「あ♡」


261: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/12(土) 01:45:48.02 ID:apsZ0CdU.net
~保健室~


ギシギシッ♡

ズチュズチュッ♡


千歌「ひ♡ あ♡ ひ♡」ユッサユッサ

花丸「はっ♡ はぁっ♡ はぁはぁ♡」グチュグチュッ

千歌「マル♡ ちゃ♡ また♡ イ♡」

千歌「イっ♡♡」ビクビクッ!! ビクッ...!


花丸「休んじゃダメずら……っ♡ マルも、もうちょっとで……っ♡」ギッギッ♡

千歌「おぅ♡ お♡」カクカク

花丸「んんぅっ♡♡」ビクッビクッ...!


花丸「は……♡ はぁ……♡」グタッ

千歌「はぁ……はぁ……♡」グテー...

千歌「マル……ちゃん……♡」チュゥ

花丸「千歌ちゃん……///」チュ

千歌「マルちゃん……マルちゃん……♡」スリスリ

千歌「千歌、おかしくなっちゃったよぉ……♡」ペロペロ

花丸「んっ♡ ほっぺ舐めちゃ♡」

千歌「千歌……どうしちゃったのかな……っ♡」


花丸「……はっ!」

花丸(そうだった! 謝るはずだったずら!)バッ


花丸(……もう4時間目の授業中……お昼前ずら)ヤリスギタ!!


千歌「マルちゃん……?」
269: 移動中のためIDころころ(庭)@\(^o^)/ 2016/11/12(土) 12:28:42.78 ID:drbf+SYI.net
千歌「……?」モゾモゾ

花丸「ぅ……///」


花丸(いくら先生とかいないからって……ほぼ全裸シーツとか、ごくっ♡)ズラ


花丸「い、いや……///」

花丸「授業……どうしようかなって……」

千歌「あっ……」ポケー

千歌「ここ……学校だった。えへへ……マルちゃんしか見えてなかった♡」

花丸「うっ……///」


千歌「マルちゃん……♡」モゾ

千歌「マルちゃん……ちょっと休んだら また シたいよぉ……♡」ギュ

花丸「せ、先生 戻ってきちゃうずら……///」

千歌「じゃあトイレ行こ? 屋上でもいいよ? ね?」ウルウル

花丸「はわぁぁ……///」クラクラ


花丸(千歌ちゃん、かわいすぎるずらぁ~えっちすぎるずらぁ~♡)


花丸「もう……仕方ない先輩ずら♡」ギュ

千歌「あん♡」

花丸「もう今日はずっとえっちする……シよう?」///

千歌「……うん♡」
270: 移動中のためIDころころ(庭)@\(^o^)/ 2016/11/12(土) 12:34:53.03 ID:drbf+SYI.net
~屋上~


花丸「ちゅぱっ♡ ちゅぱっ♡」

千歌「んぅっ♡ おっぱぃ♡ そんな強く吸っちゃ♡」

花丸「午後の授業はじまっちゃったね♡ じゅぱっ♡」

千歌「千歌の乳首ぃ♡ 伸び……ぁ♡」ビクッビクッ

花丸「さすがにおっぱぃは出ないずらね♡ ちゅうちゅうっ♡」

千歌「ああぁぁ……♡」

花丸「千歌ちゃんのミルクなら オラ、飲めそうなのに♡ もったいないずら♡」ジュルルル

千歌「ぶるぶるさせちゃやだぁぁぁ……♡」ガクガクガク

花丸「いっぱいえっちしたせいで、おっぱいでも感じ過ぎちゃう?」

千歌「っ♡ っ♡」コクコク!!

花丸「ちゅぱ……♡ 乳首、こんな コリコリで♡ じゅる♡ ぴんぴんで♡」シコシコッ

千歌「あっ♡」ビクビク

花丸「でも……千歌ちゃん乳首さん♡ もっと吸ってーって♡ 言ってる……ずら!♡」パクッ

千歌「ひんっ♡」

花丸「ぢゅぱっ♡ ちゅぱっちゅぱっ♡ ちゅうううぅぅぅぅ……!♡」

千歌「ああぁぁぁ♡♡ ああぁぁぁあああ!!♡♡」ガクガクガク
274: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 05:43:16.29 ID:jB57SSBi.net
ガチャ


ちかまる「!?」ビクッ


曜「鞠莉ちゃーん……ここにもいないみたいだよーっ!?」

鞠莉「んもぅ! ふたりともどこに行ったのかしら!」プンプン

曜「もう授業はじまっちゃったよ? 教室行こうよ」

鞠莉「そんなの理事長権限でなんとかします!」

曜「えぇ……」

鞠莉「あと見てないのは屋上だけでしょう? ささっと調べてしまいましょう!」

曜「はーい」ザッザ...


ちかまる「……っ」ドクン... ドクン...!

千歌「マルちゃ……っ♡ バレ……っ♡」ヒソヒソ

花丸「んちゅ♡ ちゅぅぅ……♡」


曜「はーぁ。千歌ちゃんもまるちゃんもどこ行ったのかなぁ」

曜「まさか帰っちゃった? でも家に連絡しても帰ってないって言ってたし……」ヒョコ

曜「こんな物陰にいるわけな――


ちかまる「……っ」ジッ


曜「………………いよねー……」

千歌「…………っ///」

花丸「……ちゅぱ」

千歌「んっ♡」

曜「」


曜「なにしてるの」ヒク...

曜「まるちゃん……千歌ちゃん……」
275: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 05:45:21.51 ID:jB57SSBi.net


花丸「ずらぁ~」ズザーッ


曜「いや それだけじゃわからないからねっ!?」ガーン

鞠莉「つまり……ちかっちにユーワクされて、朝から人の目を盗んで ずぅっとえっちしてたってこと?」

花丸「うん……」


鞠莉「抜け駆けずらー」

曜「抜け駆けずらー」

花丸「ごめんなさい……」

花丸「うぅっ……で、でもふたりだって同じ立場ならマルと同じようになったに決まってるずら!」


千歌「あ、あのっ!」

ようまるまり「ん?」


千歌「よく わかんないけど。マルちゃんを怒らないであげて……千歌が……その……///」

千歌「千歌のカラダ、壊れちゃって……それでマルちゃんに……///」チラ

花丸「千歌ちゃん……」ウルウル

千歌「っ///」ドキッ

千歌「は……っ♡ だ、だからね、曜ちゃん……鞠莉ちゃん……♡」


鞠莉「ちかっち……」

曜「鞠莉ちゃん」

鞠莉「」コク

曜「まるちゃん」

花丸「うん」
276: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 05:49:42.71 ID:jB57SSBi.net
ようまる「千歌ちゃん」
まり「ちかっち」


ようまるまり「ごめんなさいっ!」ペコリ!!

千歌「へ?」


曜「その……」

曜「千歌ちゃんのカラダがおかしくなった 原因は……わからないけど」

曜「そもそもの きっかけを作ったというか……」

千歌「えっ……?」


花丸「えっちなことが大好きになってしまう不思議なボタン」

花丸「それをオラと曜さんが鞠莉ちゃんに」

千歌「…………」


鞠莉「作ってほしいって言われて 作って」

鞠莉「悪用しちゃったの」

千歌「……………………」


鞠莉「最初は普通にうごいてたのよ?」

鞠莉「でも やっぱり無茶ですぐ壊れちゃったみたい」

曜「千歌ちゃんの意識ははっきりしてるのに、カラダはえっちなままで……」

花丸「きっといまも、快楽に身を引きずられていると思うずら……」


曜「だから千歌ちゃんのカラダがおかしくなったのは私たちのせいなんだ」

花丸「本当にごめんなさいずら」ペコ

曜「ごめんなさい」

鞠莉「ごめんなさい」
277: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 05:54:43.49 ID:jB57SSBi.net
千歌「……え?」

千歌「そんな……えぇっ!?///」

千歌「そんな……あはは♡ そんなのあるわけないし、え、えっちになるボタンって……」

千歌「たしか……確かに、えっちなことしたくて、たまらなくなっちゃってる。ケド」


千歌「…………千歌だよ?」


ようまるまり「…………」


千歌「なんで……千歌なの?」


ようまるまり「…………///」


千歌「ねぇ。答えて――」ジッ

千歌「千歌が嫌いだから……?」ウルウル


曜「それは違うよっ!///」

千歌「…………」

千歌「……どうしてなの? 曜ちゃん……」

千歌「マルちゃん……鞠莉ちゃん……」グスッ


曜「わ」

曜「私は、好きな子のえっちな姿 見たいと思ったから……///」

曜「あわよくばえっち 出来るかも、って……」

千歌「…………ぇ///」


花丸「千歌ちゃんがえっちなことしてるのが見たかったからずら……」

花丸「ついでに千歌ちゃんとえっちできるかもって思ったからずら!///」

千歌「マルちゃん///」コエ オオキィ...///

花丸「でも 真剣ずら……」
282: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 16:25:39.70 ID:jB57SSBi.net
花丸「オラも千歌ちゃん大好きだから……///」

千歌「マルちゃん……///」


鞠莉「ちかっち」

千歌「…………///」

鞠莉「私は……って、言わなくてもわかるよね♡」ギュ

千歌「あっ♡」

鞠莉「マリーもちかっちを愛しているから。つい悪戯したくなっちゃったの♡」

千歌「…………///」


千歌「って、なんかいい感じにしてるけどひどいよ!?」

鞠莉「あら♡ 誤魔化しきれなかったかな」

千歌「当たり前だよっ!?」

千歌「こんな……千歌のカラダおかしくして……♡」スンスン♡

鞠莉「♡」ギュ...

千歌「……本当に悪いと思ってる?」

千歌「本当に……千歌のコト、す、好きなの……? こんな千歌だけど……///」

曜「もちろんだよっ!///」

花丸「好きな子をこんなとか言われると嫌ずら……」

千歌「……鞠莉ちゃん、抱きつくのつよい……///」

鞠莉「言葉より伝わるかなーって♡」
283: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 16:32:40.10 ID:jB57SSBi.net
千歌「…………責任」


千歌「責任、取ってよ」

鞠莉「……ちかっち?」


千歌「曜ちゃんと、鞠莉ちゃん……マルちゃん」ハァハァ...///

千歌「千歌のカラダが治るまで……♡」

千歌「ち、千歌がえっちな気分になったら、責任とって、いつでも、どこでもっ」

千歌「千歌を気持ちよくすること……してくれたら……許してあげる……♡」


千歌「いま♡ いまも♡ 鞠莉ちゃんのいいにおいで、くらくら、してるんだよぉ……っ♡♡」


曜「……そ、それって///」

鞠莉「……っ♡」サワッ

千歌「ひあぁ♡」

鞠莉「もちろん♡ 願ったり叶ったりだよ♡」

曜「わわっ……/// な、なんか、ついに、じゃない、ええっと……///」

鞠莉「ほーら、曜。やっとちかっちにさわれるんだから……♡」クチュクチュ

鞠莉「やだ♡ もうびしょびしょだよ ちかっち♡」

千歌「あっ♡ あっ♡」カクカク
284: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 18:50:13.82 ID:jB57SSBi.net


曜「んく……///」

曜「じゃ、じゃあ……するからね。千歌ちゃん……しちゃうよ?」

千歌「う、うん……♡」

千歌「曜ちゃん……して、してぇ……♡」

曜「……は///」ドキドキドキ


曜「ち、千歌ちゃん……んっ///」チュ

千歌「んっ♡」


曜「し、した……/// 千歌ちゃんと、ちゅー……っ♡」

曜「んちゅっ///」

千歌「んんむ♡ ちゅ♡ ちゅ♡」

曜「ちゅっ♡ ちゅ……♡」ボーッ///

千歌「ちゅ、曜ちゃん……もっとシてよぉ……♡」アーン

千歌「ちひゃのくちのなきゃ♡ いっぱぃ♡ じゅるじゅる ひて いいよ♡」アー...

曜「千歌ちゃ……///」ドクン...

曜「千歌ちゃんが、大口 あけて、ぷるぷるの舌 とか///」

曜「ほ、本当にしちゃうよ?/// いっぱいシちゃうよ?///」

千歌「あー……♡」コクン


曜「ごくっ///」
290: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 04:48:22.03 ID:MJVFaP7B.net
曜「……千歌ちゃん……っ///」ソッ

千歌「ん♡」


曜「……ふ……っ///」プルプル

曜「千歌ちゃんの、舌……///」

曜「……いただき ます……///」

千歌「……♡」ドキドキ


曜「――ぷちゅ♡」

千歌「んむ♡」


曜「くちゃ……っ♡ くちゅ♡ ちゅ♡ ちゅぱっ♡」

千歌「んぶ♡ んぐんぐ♡」

千歌「んっ♡」

曜「はぁはぁ♡ んっ♡ じゅ……っ♡ じゅる……っ♡」ジュルルル

千歌「ぶぶ♡ んぶ♡」ビクッビクッ

曜「千歌ちゃん……!///」ガシッ

曜「……ぢゅるるるるっ!♡」

千歌「ぢゅううぅぅぅ……っ♡」
291: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 04:55:13.42 ID:MJVFaP7B.net
花丸「はわわ/// 曜さん、あんな……///」

鞠莉「がっついてるわねー☆」

鞠莉「あんな、顔を両手で、がっしり固定して……ちかっちの涎、吸っちゃって……♡」ムラムラ

花丸「曜さん、千歌ちゃんにぐいぐいくちびる押し付けて……♡」ハァハァ...///

花丸「あんな必死に、ちゅー……♡」

鞠莉「見てよ♡ 曜ったら、あんなごくごく喉ならして……♡」

花丸「うわぁ/// うわぁ~/// 千歌ちゃんの涎、飲みすぎずら……♡」


鞠莉「……妬けちゃうなぁ♡」

鞠莉「……そうだわ!♡」


花丸「ま、鞠莉……ちゃん?///」

鞠莉「ォウ♡ 先にいいでしょ?♡ 朝からずーっとシてたんだし♡」マルチャン

花丸「う、うん……♡ それはいいずら♡」

花丸「こ、こんな近くで思う存分 千歌ちゃんの痴態を見れるなんて最高ずらぁ……♡」
292: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/14(月) 05:06:57.80 ID:MJVFaP7B.net
曜「じゅるじゅる♡ ふぅっ♡ ふーっ♡ ふーっ♡」グググ...!

千歌「んぶぶぶ♡」ジュルル♡

曜「ふーっ♡ ごくっ♡ ごくっ♡ ふーっ!♡」

千歌「よぅひゃ♡ んぐぐぐ♡」ビクッビクッ


曜「ぷはぁっ♡」ツツー...

千歌「はぇ……♡ はぁ♡ はぁ♡」トローン♡

千歌「よーちゃ……♡ 苦しいよぉ……♡」

千歌「よーちゃんみたいに……息 長くないんだから……ふぅふぅ♡」

曜「ご、ごめ……///」

千歌「もぉ……♡ よぉちゃんのせいで、口のなか、曜ちゃんの味しかしないよ……♡」テレテレ

曜「うぅ……///」


鞠莉「――ちかっちー♡」ダキッ

千歌「ひゃっ!?♡」

鞠莉「ちかっち……曜とばっかりイチャイチャしちゃ、マリー 泣いちゃうわ♡」ギュ

千歌「ま、鞠莉ちゃん……♡」
297: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 04:17:27.22 ID:oPaxE2Rr.net
鞠莉「いいよ♡ そのまま曜とちゅーしてても♡」

鞠莉「私は……うん♡」クチュ

千歌「ひゃあっ!?♡」ビク!!

鞠莉「ちかっちを気持ちよくする方に集中するからね♡」クチュクチュ


曜「千歌ちゃん……♡」チュ

千歌「んぶ♡」

鞠莉「それそれーっ♡」グッチュグッチュ♡

千歌「んぉっ♡ ぶっ♡」

曜「じゅるるるるっ!!♡♡」


花丸「はわわ……///」

花丸「千歌ちゃん、足 かくかくするくらい、前から 後ろから……///」

花丸「もう、もう半分 白目向いてるずらぁ……♡」
299: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 04:26:02.57 ID:oPaxE2Rr.net
千歌「――――っ♡」プシッ♡

鞠莉「やんっ♡」ビクッ

曜「んぐ?♡」

千歌「~~っ!?♡ ふーっ!?♡ ふーっ!?♡」プシャアァァ...♡


鞠莉「……イっちゃった♡」

曜「……ぷはっ♡」

千歌「あぁは……♡ あへぁ♡」グタッ


鞠莉「ちかっち、どう?♡」

鞠莉「まだしたいよね……♡ まだ、私たちが気持ちよくなってないもの……♡」ボソ

千歌「」コクコク

鞠莉「だって♡ 曜」

曜「……だって、って///」

曜「う……///」チラ

千歌「……は♡ は♡ は♡」

曜「ごく……っ♡」


曜「鞠莉ちゃん、こそ。千歌ちゃんをどうするつもりなの……?///」

鞠莉「私ぃ?」

鞠莉「ォゥ! そんなの決まってるわ――」
300: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 04:36:44.11 ID:oPaxE2Rr.net


鞠莉「んっ♡ はぁ♡ んぁっ!♡」ビクッビクッ

千歌「鞠莉ちゃん……///」クチュクチュ

鞠莉「あはぁ♡ ちかっちの指が……マリーのアソコ、弄って……っ♡」ゾクゾク

鞠莉「んあっ♡ そこイイっ♡」ビクッ

鞠莉「うふふっ♡ それっ♡ おかえしっ♡」グッチュ

千歌「あんっ♡」

鞠莉「いまさっき、あんな派手にイったのにまだ気持ちいいんだね ちかっち♡」クチュクチュ

千歌「やぁ……っ///」グチュッ

鞠莉「あんっ♡ ちかっちと♡ くちゅくちゅシあいっこ……♡」ビクッビクッ

千歌「んっ♡ んっ♡ んっ♡」クチュクチュ

鞠莉「あんっ♡ あっ♡ あんっ♡」グチュ!


曜「うわぁ……な、なんだか///」

花丸「すごい えっちずら……///」

曜「向かいあって、お互いの 弄ってるだけなのに……っ///」
304: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 17:49:06.46 ID:r4z4Xr8G.net
曜「……っ///」ジュンッ


鞠莉「あんっ♡ あ♡ ちかっち♡ ちかっちぃ♡」クチュクチュ

千歌「鞠莉ちゃ♡ まりちゃ♡」クチュクチュ

鞠莉「ちかっちの声……かわいすぎ、るわぁ♡ あんっ♡」ジー

千歌「えへへ♡ 鞠莉ちゃんも♡ んっ♡」ニコ...♡


鞠莉「ちかっち♡ んっ♡」チュ

千歌「鞠莉ちゃん♡ んむ♡」

鞠莉「ちかっち……マリー、はぁはぁ♡ イきそ……っ♡」ビクッビクッ

千歌「えへへ♡ ちか、もぉ……♡」ビクンビクン!!


――グチュッ...♡


鞠莉「――んんぅっ!♡♡」ビクッビクッ!!

千歌「んきゅっ♡♡」ビクビクッ!!
305: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 17:54:01.74 ID:r4z4Xr8G.net
曜「……っぁ♡ んぁ♡」クチュクチュ

花丸「曜さん、自分でシちゃってるずら♡」

曜「だ♡ だってぇ……♡」


鞠莉「うふふっ♡ はぁ、はぁ♡」ピク...ピク...♡

鞠莉「ちかっち……♡ 曜のも気持ちよくしてあげて♡」

千歌「ふぅ♡ ふぅ♡」トローン♡

千歌「よーちゃ……♡」


千歌「よーちゃんのも……イイよ……?♡」

曜「ほ、ほんと?」

千歌「うん♡ 来て……♡」
306: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 18:04:54.35 ID:r4z4Xr8G.net
千歌「よーちゃんの……きれい……♡」ジー

曜「うぅ……は、恥ずかしすぎるよぉ……///」クパァ...♡

曜「千歌ちゃんだけじゃなくて」ゾクゾク

曜「まるちゃんにも……鞠莉ちゃんにも、中まで、見られ……っ///」トロー...♡

花丸「うわぁ/// 曜さん、もうとろとろずら♡」ジィ

鞠莉「自分で慰めちゃってたしね♡」

曜「うぅ……///」

千歌「ひくひくしてる……♡ そんな千歌にくちゅくちゅしてほしかったの?」

曜「なぁ……っ///」

花丸「あ、キュンってしたずら♡」

曜「言わないで!///」
307: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 18:28:34.95 ID:r4z4Xr8G.net
千歌「曜ちゃんの……かわいい♡」ポーッ///

曜「千歌ちゃん……ぅ///」カァ///

千歌「うん♡ じゃぁ、するね……♡ いっぱい、感じてほしいよ♡」ソッ


千歌「……んちゅ♡」

曜「ひゃぁっ♡」ビクッ!!

千歌「ちゅぷ♡ ぺろ……れろぉ♡」

曜「ちょ、んんぁっ!?♡♡」

千歌「んふふ♡ よーちゃんのあそこ、千歌がぺろぺろしだしたら急に……♡」

花丸「ぶわって、奥から……♡」

鞠莉「現金ねぇ、曜♡」

曜「うるさいーっ///」


千歌「ぺろぺろ♡ じゅる♡ ちゅーーっ♡」

曜「くはぁっ!♡」ビクビクッ
309: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 19:11:53.83 ID:r4z4Xr8G.net
曜「千歌ちゃんのっ♡ あんっ♡」

曜「やわらかい、舌がぁ……っ♡」ビクッビクッ

曜「ぞり♡ ぞりって♡」

千歌「ぷちゅる♡ じゅるる♡ つぷ……♡」

曜「ひぁ……っ♡」

千歌「ぐりゅ♡ ぐちゅ……っ♡」

千歌「ぐりぐり♡」ンブブブ♡

曜「かはっ……♡」ビクッビクッ


鞠莉「……っ、曜の表情、だんだん余裕なくなってきたわね……♡」

花丸「千歌ちゃん、あんな、くち、顔、密着させて、ぺろぺろって……♡」ハァハァ///


曜「はぁっ♡ はぁっ♡」ガクガク

千歌「よーちゃ♡ ぷっ♡ じゅるる♡」

千歌「どんどんあふれてくるよ……♡」ゴク...ゴク...

曜「飲……っ♡」ゾクゾク
310: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 19:23:27.84 ID:r4z4Xr8G.net
花丸「……お、オラ」

鞠莉「……?」

花丸「オラ、もう我慢できないずらっ///」ガバッ

鞠莉「あっ!」


花丸「千歌ちゃん、はぁはぁ♡ おしり、こっち向けるずらっ♡」グイグイ

千歌「ちょっ、マルちゃん!?///」

曜「ふぇ……♡」トローン♡

花丸「っ!///」

千歌「やっ!?///」


花丸「はぁはぁ……♡ お、オラも舐めるずら♡ 千歌ちゃんの……っ♡」

千歌「い、息ぃ……♡」ビクッ

花丸「――ぢゅる……っ♡」
311: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 19:59:14.08 ID:r4z4Xr8G.net
花丸「じゅるっ♡ じゅるっ♡ ずら♡」

千歌「あんっ♡ あっ♡ ぶっ♡ ちゅうううううっ♡」

曜「あーーーっ!♡♡」ビクッビクッ


イチャイチャ
アン マルチャ♡ チカチャアァァ...♡


鞠莉「……いつの間にかマリーひとりぼっちだわ」

鞠莉「私もまぜてーっ///」
313: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/15(火) 20:48:08.41 ID:r4z4Xr8G.net
~放課後~


千歌「やっと……カラダがおさまってきた……///」


曜「はひ♡ はひ♡」

花丸「じゅらぁ……♡」ピクピク

鞠莉「んん♡ さすがに私もちょっと疲れちゃった♡」クスクス


千歌「もぉ……♡ 鞠莉ちゃんは早くボタン?をなんとかしてよ……///」

鞠莉「あー……でもね」

千歌「……?」

鞠莉「なくしちゃった☆」(´>∀<`)ゝ

千歌「は?」


鞠莉「だーかーらー♡」ギュ

千歌「あっ///」

鞠莉「……しばらくはちかっちが発情したら私が……ううん♡」

曜「よ、よーそろー……///」

曜「私もいるよ~……なんて///」

花丸「ずらー……♡」

鞠莉「そういう事♡」


ダイヤ「あーなーたーたーちー!!///」

ようまるまり「」ビクゥッ!?

千歌「ダイヤさん」

ダイヤ「もう放課後ですわっ!!///」

ダイヤ「お昼以降 鞠莉さbゥないと思bチたら……! こんなっ!///」


ダイヤ「破廉恥ですわーーーっ!!///」
317: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 11:54:43.71 ID:LY+SNW1U.net


みんな「ごめんなさい」ペコリ

千歌「あの、そんな一斉に頭を下げられても……///」

千歌「って言うか、さっき曜ちゃんたちに散々謝られたし」


梨子「千歌ちゃん」

千歌「な、なに?」

梨子「その……こんなこと言っていいのかわからないけど」

梨子「――いいの?」

千歌「なにが?」

梨子「いや、私たち、千歌ちゃんに酷いことしたから……普通なら嫌われても……」

みんな「…………」


千歌「うん……///」

千歌「最初は、そうなるかも、って。鞠莉ちゃんたちから聞いたとき 思ったんだけど」

鞠莉「ちかっち……」

千歌「……///」

千歌「曜ちゃんも、マルちゃんも、鞠莉ちゃんも」

千歌「千歌のこと 好きだって言ってくれたから……///」
318: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 12:20:25.19 ID:LY+SNW1U.net
千歌「こんな千歌のこと 好きだって言ってくれたんだもん」

千歌「それに千歌だって、みんなのこと だいすきだから///」テレテレ

ようまるまり「……っ」ジーン...


千歌「みんなは……千歌のこと、きらい?」

みんな「」ブンブンッ

千歌「よかった……♡ うん、それなら、千歌こそ みんなを襲っちゃったみたいだし……ごめんなさい」ペコリ

千歌「だから、えっちしちゃったことは もう、いいの♡」

千歌「でも、千歌と……うん、その///」

千歌「今後、え、えっちなことしたければ、ちゃんと言って、ほしぃーなぁー……なんて///」


ようまる「千歌ちゃん!」ダキッ
まり「ちかっちぃー♡」ハグッ


千歌「やっ♡ んぁせっかくおさまってきたのにぃ!///」


♡イチャイチャ♡


果南「……これでいいの?///」

ダイヤ「千歌さんらしいと言えば そうですけど……///」

だいかな(言えば また えっちできる……!?)


千歌「もぉ、しばらくはえっち禁止だってばぁ!///」

千歌「無理やり発情させるのはダメー!///」


善子「……しばらく って///」

善子「しばらくしたらまた……えっt……できるのかしら……///」

梨子「したいの?」

善子「ま、まぁ……リトルデーモンとまぐあうのもヨハネの務めだし……///」

梨子(まぁ 私もしたいけど……///)
319: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 12:35:51.43 ID:LY+SNW1U.net
ルビィ「ねぇ、鞠莉さん……///」クイクイ

鞠莉「んっ♡ なぁに?」

ルビィ「ボタンってこれですよね?///」

ルビィ「お昼 落として……ルビィが持ってたんです」

鞠莉「そうだったの! ありがとう!」

鞠莉「本当に無くしていたら大変だったわ♡」ナデナデ

ルビィ「えへへ……♡」


千歌「それが例のボタンっ!?」

千歌「貸してっ!///」コンナモノ!!

鞠莉「あんっちょっとちかっち!」グイッ


ポロ...


ちかまり「あっ……」


ポチ♡


320: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 12:45:19.92 ID:LY+SNW1U.net
千歌「あはぁっ♡ けっ♡ けっきょく♡」ズチュズチュ

千歌「またっ♡ 発情しちゃった♡ しちゃ♡」

曜「うぅ♡ 千歌ちゃ……もぅやめてよぉ……♡」ビクッビクッ

千歌「ダーメ♡ もう♡ 発情♡しちゃ♡」ズチュズチュ

千歌「イくっ♡♡」ビクンビクン!!

曜「うぁ♡」ビクッビクッ

曜「ぅぅ……っ♡」クタァ


千歌「んもぉ、曜ちゃんもみんなもだらしないぞー///」


千歌「ほーら鞠莉ちゃん♡ 起きて起きて♡ ちゅ♡」

鞠莉「んぶ……」

千歌「んちゅ♡ じゅるるる♡」

鞠莉「」ビクッビクッ


千歌「マルちゃんも♡ 寝てないで千歌のおまんこ舐めてよぉ♡」グチュ

花丸「んぶぇ」

千歌「えへへっ♡ マルちゃんのお顔で♡ ひとりえっち♡ 気持ちいいよぉ♡」グリュッグチュ♡

花丸「」ピクピク
322: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:00:11.52 ID:LY+SNW1U.net
千歌「……ぺろっ♡」

千歌「もぉ♡ みんなだらしないなぁ♡ 果南ちゃーん、ダイヤさーん♡」

千歌「梨子ちゃんもルビィちゃんも善子ちゃんも 息も絶え絶えだし……♡」クルッ


曜「ひ……♡」

鞠莉「ちかっちぃ……♡」ゼェゼェ♡

花丸「も、もぉ本当におかしくなるずら……っ♡」


千歌「ちゃんと 千歌のカラダがおさまるまで……シてくれるよね?♡」クチュクチュ♡

ようまるまり「ひ、やぁ、あっ♡ あーーっ!!♡♡」ビクッビクッビクッ!!


おわり♡
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『鞠莉「できたわ! ちかっちがびっちになるボタンよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。