にこ(もうすぐクリスマスなのに…お金がない…)

シェアする

にこ-アイキャッチ11
1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 20:55:18.52 ID:lLYDk5hl.net
こころ「クリスマスケーキ楽しみ!」

ここあ「美味しいチキン早く食べたいなぁ!」

希「お寿司に焼肉!」

こたろう「ごちそー」

にこ(ごめんねあんたたち…)

元スレ: にこ(もうすぐクリスマスなのに…お金がない…)

スポンサーリンク
19: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:08:34.81 ID:SsjmfXPC.net
にこ(うう、プレゼントはママが用意してくれるとして……)

こころ「お姉さま、クリスマスケーキはイチゴのショートケーキがいいです!」キラキラ

ここあ「ケンタッキーのチキンじゃイヤだよ!」

こたろう「でぃなー」シャンシャン

希「パーティー、楽しみやなぁ」

にこ(どうしよう……)


にこ「って、ぬゎんであんたがここにいんのよ!」

希「うちは存在感を自在にコントロールできるんよ」フフン

にこ「カメレオンか!」
21: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:17:28.62 ID:SsjmfXPC.net
にこ「何しに来たのよ!」

希「今夜は矢澤家でご馳走になりたい気分なんよ」

にこ「はぁ!?」

希「だって、にこっちのご飯は美味しいんやもん」キラキラ

にこ「……そ、そう?//」

ここあ「あ!ねーちゃん赤くなった!」

にこ「うっさい!///」


希「それで、今日はお寿司?焼肉?」

にこ「帰れぇっ!!」
22: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:21:36.27 ID:SsjmfXPC.net
希「ちぇー。にこっちのいけず」

ガチャッ

希「ただいまー」

シーン……

希「……そら、そうやんな」ハァ

希「うちを待ってくれているのは、誰もいない我が家と、机の上の五千円札のみや」


『今夜の夕食代です。 母より』


希「……こんなにいらないのに」
24: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:25:13.25 ID:SsjmfXPC.net
職員室

にこ「お願いします!どうしても先生の許可がいるんです!」

先生「保護者の同意書はどうした?」

にこ「マm……母は年末まで出張で帰ってこれないんです!」

にこ「後で必ず持ってきます!どうか、この通りです!」

先生「しかしなぁ、矢澤」

先生「お前、年明けはスクールアイドルの大会だろ?」

先生「その上バイトまで入れて、いつ勉強するんだ?」

にこ「……うう」
25: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:31:02.90 ID:SsjmfXPC.net
先生「言いたくないけど、だから推薦入試に出願しとけって言ったんだぞ」

にこ「……うちは私大に行くゆとりなんてないんです」

先生「じゃあ当然、国公立だよな?」

先生「数学と世界史はさておき……この英語の成績だと正直厳しいぞ」

にこ「わ、わかってます……」

先生「ともかく、バイトはナシだ」

先生「今は学業と部活動に専念しろ。金ならこれから先、好きなだけ稼げるから。な?」

にこ「……今じゃないと、ダメなのに……」
26: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:36:53.56 ID:SsjmfXPC.net
希「……」モソモソ

希「そろそろコンビニの焼き肉弁当も飽きたなぁ」

希「近所のファミレスのメニューは食べ尽くしたし、一人焼き肉はこないだやってしもた」

希「かといってあんまり高級なお店は入りづらいし……高校生って不自由やね」

希「この余った夕食代、どうしよか」



希「……せや!」
27: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:41:09.98 ID:SsjmfXPC.net
にこ「……」カタカタ

にこ「いっそアイドルグッズを出品しちゃおうかしら」

にこ「伝伝伝とか、高く売れそうよね」

にこ「でも絶対、花陽は悲しむわよねぇ……」

にこ「これなんて中古ショップを血眼で探して、ようやく見つけた掘り出し物だし……」

にこ「はぁ……手っ取り早くお金がほしい……」



にこ「ん?なにこれ」

にこ「えっ」

にこ「……こんなの、需要あるの?」
28: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:44:42.02 ID:SsjmfXPC.net
希「はい、こちらの商品をお願いします」

希「えっ、予約ですか」

希「はい……はい!お願いします!」

希「ありがとうございました!失礼します!」

ピッ

希「……これでケーキの予約は完了やね」

希「次は、クリスマスチキンや♪」
29: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:53:16.00 ID:SsjmfXPC.net
にこ「うう、どうしよう……」

にこ「なーんかいかがわしいニオイがするのよね、これ」

にこ「でも、下着や制服を売るわけじゃないし……」

にこ「だいたい、こんなの何に使うのよ」

にこ「もしも売っちゃったら、どうなるかしら」

にこ「みんな、絶対びっくりするわよね」

にこ「ネットニュースになったりして……」

にこ「やっぱ、やめようかしら」

にこ「でも……」

にこ「……ちょっとの間、我慢すればいいだけよね」

にこ「よしっ!」
30: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 22:58:07.88 ID:SsjmfXPC.net
希「♪~」イソイソ

希「よし!これでクリスマスツリーは完成やね」

希「次は……せやせや」

希「クリスマスのメインイベントと言ったら、プレゼントやん♪」

希「ここあちゃんは何がいいかなぁ。こころちゃんも年頃の女の子やしなぁ」

希「こたろう君は……男の子って何が好きなんやろ」

希「にこっちは……実はもう決まってるんよ♡」

希「喜んでくれるとええなぁ」
31: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 23:00:57.39 ID:SsjmfXPC.net
美容院

美容師さん「……本当に、よろしいんですか?」

にこ「はい、バサッとやっちゃってください」

美容師さん「でも、なんだかもったいない気がしますね」

美容師さん「せっかく綺麗な髪なのに……」

にこ「切ったら、これに包んでください」

美容師さん「かしこまりました」

美容師さん「……本当に、いいんですね」

にこ「お願いします!」



チャキチャキ

バサッ……
32: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 23:04:48.57 ID:SsjmfXPC.net
にこ「ただいまー」

ここあ「ねえちゃんおかえ……わぁっ!」

こころ「おねーさま、その頭!」

こたろう「ばっさりー」

にこ「うん、思いきってショートにしちゃった」

にこ「ちょっと首筋が寒いわね、この髪型」

ここあ「ど、どーして!?」

こころ「もしかして……失恋ですか!?」

にこ「ち、違うわよぉ!」

にこ「それよりあんた達、喜びなさい!クリスマスはごちそうが食べられるわよ!」

ここあ「わーい!」

にこ「もちろんケーキも!」

こころ「わーい!」

こたろう「たのしみー」
35: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 23:18:47.21 ID:SsjmfXPC.net
希「♪~」カキカキ

希「できた!」

希「ツリーにごちそう、そしてプレゼント!」

希「準備万端やね。あとはにこっちに、この招待状を渡すだけや」

希「……まったく、にこっちも意地っ張りなんやから」

希「お金に余裕がないなら、素直にうちに相談してくれたらよかったんよ」

希「でも、もう大丈夫!」

希「希ちゃん主催の、スピリチュアルでハートフルなクリスマスパーティーにご招待や!」

希「にこっち、喜んでくれるやろか」

希「……喜んでくれるよね」

希「ちゃんとプレゼントだって用意したもん」

希「鼈甲の櫛……にこっちの長い黒髪にぴったりやんね」

希「今年は、素敵なクリスマスになりそうや♡」



おしまい
36: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 23:21:22.53 ID:SsjmfXPC.net
元ネタはO・ヘンリーの「賢者の贈り物」です
教科書で有名な短編ですね
スレタイ見た瞬間にパッとこの話が浮かびました

これで、前に約束したのぞにこは書けたぞーい
39: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 23:42:28.58 ID:SsjmfXPC.net
仕事終わって帰ったら、ずっと避けてた親から誕生日プレゼントが届いてた
マジで泣きそうだから誰かショートにこちゃんくれ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ(もうすぐクリスマスなのに…お金がない…)』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。