千歌「この片付けてねボックスってなんなんですか?」ダイヤ「そこにアンケートを入れて頂ければ私が一考しますわ」

シェアする

ダイヤ-アイキャッチ16
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 15:45:21.56 ID:rb5BlS70.net
千歌「じゃぁ……できました!はい!」

ダイヤ「目の前にいるのですから直接手渡しで良いでしょう?……まったく」

「今週末おでかけしませんか?」

ダイヤ「……っ……」

千歌「あ、あれ?だめでした……?」

ダイヤ「……べ、べつに構いませんわよ」

なんだこの不器用な二人

元スレ: 千歌「この片付けてねボックスってなんなんですか?」ダイヤ「そこにアンケートを入れて頂ければ私が一考しますわ」

スポンサーリンク
34: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 19:00:50.66 ID:vlez0tUi.net
千歌「じゃ、じゃあ…」

ダイヤ「楽しみにしてますよ…?」

ダイヤ「私を…エスコートしてくださいな!」

千歌「…!!!」パァァァァ!

千歌「が、がんばます!」

千歌「私、ダイヤさんを愉しませます!」

ダイヤ「///」

千歌「あ、ダイヤさん、嬉しかったり…します///?」

ダイヤ「んなっ…///まあ嬉しいですわよ」

ダイヤ「千歌さんがそんなに私に対して好意を示してくれれば…」

千歌「///」カァァァァ

千歌「し、失礼しました!」
 
バタンっ!

ダイヤ「…」

ダイヤ「ふふ…本当に楽しみ…」
36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 19:09:28.81 ID:vlez0tUi.net
千歌(デート、デート、ダイヤさんとデート!)

千歌(楽しみだなぁダイヤさぁん…♡)


曜「ちょっと千歌ちゃん!そこ振りが違うよ!」

千歌「あっ、ごめんなさいダイヤさん!」

曜「えっ…?」

ダイヤ「!?」キキミミ

曜「ちょっとー私はダイヤさんじゃないよ~」

千歌「ごめんごめん…」テヘヘ


千歌「………」

千歌「…」チラッ

千歌「//////」ジーッ

ダイヤ「!!!」

ダイヤ「//////」プイッ

千歌(ダイヤさん…私を見てくれてた♡)

ダイヤ(千歌さん、私のことで頭がいっぱいになってるのですね…///)ドキドキ


曜「?」

ルビィ「?」
38: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 19:22:39.27 ID:MvR5HZec.net
土曜日の早朝

千歌「よし!準備できた!」

千歌「そーっとそーっと…静かにね…」ガララ

千歌「ダイヤさん…驚くだろうなー♡ウェヒヒヒヒ」

千歌「この服装…可愛いかなぁ」

千歌(いつも出掛けるときよりもすっごく短いスカートなんだ♡)

http://imgur.com/Lt3GDxP.png
1479278721-レス38-画像
39: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 19:26:23.57 ID:bAdjXoMB.net
千歌(膝上…何センチだろう…)

千歌(デート相手ダイヤさんの気を引きたい…)

千歌(私って普通だし、お喋りもそんなに得意な方じゃないし)

千歌「だから、こうするしかないんじゃないかって」

千歌(身体で誘惑する…///)

千歌「私、破廉恥って言われちゃうかなぁ…///」

千歌「待っててください!ダイヤさぁん♡」スキップスキップ



梨子「ん…?」パチクリ

梨子「外から声が………千歌ちゃん?そんな早くに…」

梨子「…へぇ」
42: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 19:34:19.28 ID:enecadQY.net
◆黒澤家◆


千歌「ご近所さんだもんね!」

千歌「じゃあどうしようかな…」チラッ

時計「朝5時」


千歌「まだ寝てる…いや、起きてるかな?古い家だし」

千歌「いやいやそれはさすがに…」

千歌「う…寒いや…」ブルッ
(千歌はスカートは画像のままですが、上はちゃんと秋仕様になっています)

千歌「寒いよ~…」太ももスリスリ

千歌「ダイヤさんが出てくるまで待ってようっと…」ハァァ…
44: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 19:37:43.62 ID:R5y/6lSe.net
千歌「ダイヤさん、今寝てるんだろね…」

千歌「暖かい布団でぬくぬくと…」

千歌「サムイヨ…」

千歌「ふぁぁぁぁぁ…昨日は緊張してあまり眠れなかったよ…」

千歌「だってダイヤさんとデート!初デート!
緊張しないわけないよぉ…」


???「奇遇ですね」

千歌「えっ?」クルッ

ダイヤ「私も同じでしたのよ」

千歌「え…?ダイヤさん…」

ダイヤ「ふふふ、ほら、寒いでしょう、中にお上がりなさい」
46: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 19:44:59.42 ID:7Ml1+Q2y.net
千歌「ダイヤさんの部屋だぁ…」

ダイヤ「今、お茶を出しますから」

千歌「ご遠慮なく~…」

バタンッ

千歌「ここが、ダイヤさんのお部屋」キョロキョロ

千歌「ダイヤさんの全てがここに…」

千歌「例えば、そのタンスにパ、パ、パンツとかあったりぃ」ドキドキ

千歌「…」ドキドキ

千歌「うわぁぁぁ!何やってるんだー!私!」

千歌「エロチカじゃんかぁ…エスコートする相手に何をしてるんだ君は!」バシッ

千歌「痛い…強く叩きすぎた…」ヒリヒリ


千歌「ん?」


ダイヤのベッド「ムワァァァン…」


千歌「………」

千歌「お邪魔します」バサッ
47: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 19:49:48.44 ID:DP4nhBmO.net
千歌「~~~♡♡♡」キュンキュンキュン

千歌「あああああ♡♡♡」

千歌「これすごっ…ダイヤさんの匂いが濃ゆい…ん…♡いいよっいい…♡」スーハースーハー

千歌「布団もぉ…それに…」


ダイヤの枕「」


千歌「………」グリグリグリ

千歌「………さいっ…こぉ…♡」キュンキュンキュン

千歌「ダイヤさんの髪の匂いが鼻の中いっぱいに広がって…♡」

千歌「………」ジュン

千歌「………」ムラムラァ

千歌「んっ…♡ふっ………♡」クチュッ♡



千歌「…」

千歌「///ダメダメだめだよそんな事したら///」

千歌(あー!やっぱりエロチカだぁ…)
50: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 20:01:35.26 ID:4tdqTgnw.net
千歌(やめようやめよう…平常心平常心で…)

千歌(あー…いい匂い…あったかいし…なんだか眠…)

千歌「ぐぅ」Zzz


ーーー
  ーーー
    ーーー

千歌「…ん?」

千歌「寝ちゃっ…た…?」

千歌「どーしよーーー!ダイヤさんとデートなのにー…」

千歌「ぅぅぅ…(ムニッ)」

千歌「むにっ?なんだ?」チラッ


ダイヤ「すぴー…」Zzz


千歌「………///」

千歌(なんでダイヤさんが…)

千歌(それに私の手の平の感触は…)

むにゅぅ…

千歌(ダイヤさんの、お、お、お、…♡)

千歌(パジャマだから、ノーブラだしぃ…)

千歌「………///」

もにゅう…♡むにむにぃ♡

ダイヤ「んっ…♡くはっ…あ…♡」

千歌「」ムラムラァ…♡

千歌「もう無理…いいですよね…?」

千歌(パジャマ脱がしちゃお…)ソー


ダイヤ「おはようございます」パチッ
52: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 20:08:38.60 ID:XJWBHso8.net
千歌「ひいっ!?」ビビクン

ダイヤ「おはようございます」

千歌「…おはようございます」

ダイヤ「で、何しようとしたのですか?」ギロッ

千歌「い、いやー…その…ね?」

ダイヤ「………おおよそわかります」


ダイヤ「部屋から変な声が聞こえたので覗けば、
千歌さんが私のベッドで致してますし…」

千歌「うっ…」

ダイヤ「それからしばらく待って、静かになったと思えば寝ちゃいますし…」

千歌「はい…ずみまぜん…」

ダイヤ「で、どうしようかな、と思いましたけど」

ダイヤ「私も眠かったんですよね、昨日なかなか寝付けませんでしたから」

ダイヤ「なら、一緒に寝ましょう、と…これもデートですわ」ニコっ


千歌「ダイヤさん///その…ね…」モジモジ

ダイヤ「はい、なんでしょうか」

千歌「あの…ダイヤさんのベッドで…しちゃいましてすみませんでした…///」

ダイヤ「…べつにいいですわ」

千歌「でも…」

ダイヤ「それに…私が千歌さんの部屋で同じ状況になってたら、
私だって千歌さんのベッドでし、し、しちゃってたと思い…ゴニョゴニョ…///」

千歌「…//////」
54: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 20:15:53.83 ID:CC1ju3/u.net
千歌「………///」

ダイヤ「………///」

ルビィ「あのー…ちょっといい?」


ちかダイ「る、ルビィ(ちゃん)!!!」ビクッ

ルビィ「おねえちゃぁ…今日は千歌ちゃんとデート行くんでしょ?」

ルビィ「千歌ちゃん!おねえちゃぁをデートに誘っておいて寝ちゃうなんてだめだよ?」


千歌「…ごめんなさい」

ダイヤ「でも…今日はお部屋デートってのもありかなぁ…と」


ルビィ「だめ!」

ダイヤ「えっ?」

ルビィ「今日のために昨日一生懸命服選んでたんでしょ?勿体無いよ…」

ダイヤ「それはそうですが…」


千歌「えっ?そうなんですか?見たいです!」

ルビィ「ルビィもおねえちゃぁのデートの服装見たいな~…」


ダイヤ「…」

ダイヤ「ふふん、ではお見せしましょう!私のデートの服を!」バッ!バッ!バッ!


千歌「わ、目の前で着替えるからパンツが丸見え…///」カァァァァ…

ルビィ「(ワクワク)」

ルビィ「???」



ダイヤ「どうです、これがデートの服装です」バーンッ!

http://imgur.com/owl223q.png
1479278721-レス54-画像
56: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 20:20:13.87 ID:CC1ju3/u.net
千歌(どうしよう…なんと言えば…)

ダイヤ「ふふん」

千歌(これ、うーん…)

千歌(お尻がくっきりしててえっちいんだけど…)

千歌(多分ないよ…)

ルビィ「おねえちゃぁ…さすがにそれは…」

ダイヤ「あら?ルビィどうしましたか?」

ルビィ「流石にそれはないよぉ…中国田植え歌じゃないんだからさ…」 

ダイヤ「ちゅっ…なんですって…?」

ルビィ「おねえちゃぁはもっとお嬢様っぽいのが似合うんだって…えーと」

タンスガサガサ

ルビィ「うん…これとこれにしよう!着て!」

ダイヤ「は、はい…」ぬぎぬぎ…
57: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 20:26:47.12 ID:CC1ju3/u.net
ダイヤ「ど、どうでしょう…」おずおず

千歌「………」

ダイヤ「似合ってますか?」
http://imgur.com/hzlCeSQ.png
1479278721-レス57-画像



千歌「…かぁいい………♡」ポケー

ダイヤ「そ、そうですかぁ?///」

千歌「かぁいいよぉ…私だけのものにしちゃいたいぐらぁい…♡」

ダイヤ「ち、ちかさん?」ヒキ

千歌「あぁん…♡ダイヤさんお持ち帰りしたぁい…♡」モギュー

ダイヤ「んっ///」

ダイヤ(千歌さんに抱かれて…♡)

ダイヤ「ど、どうしたんですの!?」ぐいぐい


千歌「あっ…」

千歌「ごめんなさぁい…つい…♡」

ダイヤ「つい、なんですの?」

千歌「なんか…私の理想の女の子って感じで…」

千歌「普段のダイヤさんは凛々しいのに…このダイヤさんは幼い感じがして守りたくなる、ていうか…♡」


ダイヤ「なっ…///」カァァァァ


千歌「すいませんね、変な事言って///」

千歌「//////」カァァァァ
59: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 20:41:28.66 ID:PVwFTnAP.net
ルビィ「あのー…」

ルビィ「着替えたのならもう行けば?」

ダイヤ「は、はいっ!」

千歌「う、うん!」


ルビィ「行ってらしゃーい!」

ルビィ「くすっ、あんなおねえちゃぁ始めてみたよぉ♪」
61: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 20:48:06.25 ID:PVwFTnAP.net
沼津

ダイヤ「とりあえず、本屋にでも行きましょう」 

千歌「そうですね!」

千歌「そうだ、ダイヤさん、ちょっと…」ぐいっ

ダイヤ「!?」

千歌「デートなんだから…腕組みましょう…♡」

ダイヤ「♡♡♡」



ダイヤ「とりあえずスクールアイドルのコーナーでも見ましょうか」

千歌「はいっ♪」


ダイヤさーん…♡が
周りの目がありますわよ…♡
むしろ見せつけましょうよー♡
もうっ…♡


花丸「ずらっ!?」

花丸(千歌ちゃんとダイヤさん…こんなにくっついて?)

花丸(ダイヤさんなんて顔真っ赤にずらぁ…)

花丸「…」

花丸「…」パシャッ

花丸(とりあえずLINEでこの画像見せるずらぁ)ぽちぽち
72: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:24:20.57 ID:NbAf4FEM.net
千歌「良かったですね~」

ダイヤ「こういうのがデートなのですわ!あら…?」


幼女「えーん!えーん!」

 

ダイヤ「女の子が泣いてますね…」

千歌「どうしたんだろう…」

ダイヤ「…」


スタスタスタ…


ダイヤ「どうしたのですか?そんなに泣いて…」なでなで

千歌(さすがダイヤさん…姉の鑑…!)

幼女「うっ…ひっく…アレ…アレ…」ユビサシ

ダイヤ「アレとは…ああ…」

千歌「風船が木に引っかかってるや……」

幼女「私の風船…ぐすっ…」



千歌(よーし、ここは私が取っていいとこ見せようっと!)

千歌「えーいっ!」ピョーンッ

ダイヤ「!?」

千歌「えいっ!とりゃーっ!このっ!このーっ!」ピョンピョコピョンピヨン

千歌「ああもう!取れないよ~!」ピョーンッ

ダイヤ「この高さでは、ジャンプじゃあ………///」 

ダイヤ「///」


千歌「よっ!はっ!よっ!」ピョーンッ!ピョーンッ!

チラッ♡チラッ♡

ダイヤ(千歌さんがジャンプするたび…)

千歌「くっそー!取れてよ!この!くのっ!」フワァ♪チラッ♡チラッ♡

ダイヤ(千歌さんのパンツがチラチラモロモロ…///)

ダイヤ「………(ムラムラァ♡)」ジーッ

千歌「うーん…どうしても駄目だなぁ…あれ?ダイヤさん、やけに静かですね…」

ダイヤ「何でもありませんわ…///」
73: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:27:21.80 ID:NbAf4FEM.net
ダイヤ「どうしましょうか…」

幼女「私の風船…ぅゅ…ぐすっ…」

ダイヤ「………」

ダイヤ(昔のルビィを思い出しますね…)

ダイヤ(何とかして助けてあげたいですが、あの高さでは…)チラッ

ダイヤ「ふ~む………」カンガエ



千歌「そうだ!」ポンッ

ダイヤ「何か思いつきましたか?」

千歌「はいっ!とってもいい考えが!」
74: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:35:10.07 ID:rJzJgVO/.net




ダイヤ「だからといって…肩車…ですか!」

千歌「すみません!私、重くて!」

ダイヤ「なんで…私が!肩車を!するの!ですか!よっほっ…」

千歌「だって…こういうのって、背が高い人が肩車するのがセオリーじまないですか~」

ダイヤ「それはそうですけど…千歌さんが言い出しっ…おっととと…!」グラッ

千歌「あああぶなっ…」ギューッ

ダイヤ「そんなに強く締めな…」


ダイヤ「………!」

ダイヤ(そうですわ…今の状況は…
首に…千歌さんの太ももが思いっっっきり回されてる…!)

ダイヤ(それに…千歌さんのスカート、短いから…)

ダイヤ(首元に千歌さんのパンツの柔らかな…)

ダイヤ(直接感じて…)

ダイヤ(いい…//////)
76: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:49:09.98 ID:7nOblQB0.net
千歌「……ダイヤさーん?」

ダイヤ「………」

ダイヤ「っ!なんでしょうか…?」

千歌「もう少し、左に行って欲しいんですけど…」

ダイヤ「あっ、はい、左ですね、よっ…」ズリズリ

千歌「あっ…そこでストップ…!よっ……と、取れたぁ!」

ダイヤ「取れましたか…では降ろしますね」ヨイショ





幼女「わあっ!ありがとう!!!」ニッコニコ

母親「どうも…わさわざすみませんでした」

ダイヤ「当然のことをやったまでですわ」

千歌「もう離しちゃだめだよ~!」

幼女「うんっ!ありがとー!」

ダイヤ「ふふふ…」なでなで


母親「…じゃあ、行くわよ
本当、わざわざありがとうございました…」ペコリ

ダイヤ「いいえ、そんなにお礼されるほどではありませんわ」  

幼女「お姉さん達またね~!」ブンブン

千歌「またね~!」フリフリ


幼女と母親を見送るちかダイ


ダイヤ「良かったですわ…本当…千歌さんはどうお思いで?」

千歌「私は…ダイヤさん、小さい子の扱い、凄く上手いな~て」

ダイヤ「それはルビィのお世話をずっとしてきましたから…」

千歌「ですよね~!ダイヤさん、凄くいいお母さんになれると思います!」

ダイヤ「!!!/した/////」

ダイヤ(私がいいお母さん…?ならお父さんは…)

千歌「?(ニッコニコ)」

ダイヤ「//////」カァァァァ…

千歌「ダイヤさん…?」


ダイヤ「何でもないです!!!」

ダイヤ(あなたはもっと意識した発言をしてください…!)
77: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 18:55:40.47 ID:S+sZsTSZ.net
幼女「あっ、そうだ…!」クルッ

千歌「あれ?こっち向いた」

幼女「お姉さん達も、お互い手を離さないようにしてねーーー!」

ちかダイ「!?」

幼女「お姉さんたち、どっちがパパでどっちがママなの???」

母親「ほらっ!何言ってるの!」

母親「あの歳じゃ、結婚はできないの!すみませんね…」ペコリ



ダイヤ「………///」

千歌「………///」

ダイヤ「私がママですかね…」ボソッ

千歌「えっ!?私がママですよ!」

ダイヤ「いーや!私のほうが良妻適性が高いと思いますので!」

千歌「いーや!私は旅館の娘ですよ?」


ワーワーギャーギャー…


ダイヤ「…私達、そんなに仲良く見えるんですね///」

千歌「みたいですね///デートを通り越して、夫婦水入らずみたいな…///」
78: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:05:40.08 ID:S+sZsTSZ.net
千歌「………ダイヤさん」

ダイヤ「………はい、なんでしょう」

千歌「さっき肩車した時どうでしたーそのー…」モジモジ

千歌「チカの感触とか///!!!」カオマッカ

ダイヤ「………///」

ダイヤ「…ヨカッタデスワ///」カオマッカ


千歌「//////」プシュゥゥゥゥ…

ダイヤ「//////」プシュゥゥゥゥ
79: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:10:16.65 ID:S+sZsTSZ.net
千歌「ねぇダイヤさん…」

千歌「なんで私、今日こんな格好だか分かります?」

ダイヤ「え…?」

千歌「私がこんなエッチなスカートを穿いているか!」

ダイヤ(自覚していたのですか!?このミニスカ…)

千歌「それはですね…私、普通でしょう?だから少しでも露出度高い服で
ダイヤさんの気を引こうかなーって」

千歌「ごめんなさい、こんな卑怯な事して…」

ダイヤ「千歌さん…?」

千歌「私がジャンプしている時、ダイヤさんが私の事をじーっと見ていたの気づいたんですよ?」

千歌「だって…ワザと見えるようにジャンプしていたんです…」

ダイヤ「!?」

千歌「ごめんなさい…こんな破廉恥な私で…幻滅しましたよね?」

千歌「だって…ダイヤさんにいっぱい私を見てもらいたかったから…」
80: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:18:41.19 ID:kKZGsvsG.net
ダイヤ「………」

ダイヤ「おバカっ…!」ダキッ


千歌「…!?」

千歌(えっ……?)


ダイヤ「何であなたは…そう卑屈になるのですか…」


千歌「…」


ダイヤ「私の気を引きたい?何を馬鹿な…」

ダイヤ「昨日の夜、ワクワクしすぎて
結局3時間ぐらいしか眠れなかった私になんて事を言うんですの…」ギューッ


千歌「ダイヤさん…」


ダイヤ「そんなに自分を蔑む貴女を見ていると、私まで悲しくなります…」

ダイヤ「そんな事、二度と言わないでください、思わないでください…」


ダイヤ「卑屈になりそうになったら、
そのままの千歌さんがの事を愛している
私のがいる事を、思い出してください…!」


千歌「//////」キュンキュンキュン
81: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:27:12.52 ID:FDOnTYhb.net
千歌「………//////」キュンキュンキュン

ダイヤ「………」ギューッ

千歌「ごめんなさい…」

千歌「そして、ありがとうございます………」キュッ

ダイヤ「感謝しなくてもいいですわ…」

千歌「ううん、本当にありがとうございます」

千歌「ダイヤさん、私の事を愛してくれてるって…///」


ダイヤ「!!!~~~///」カァァァァ…

ダイヤ(そう言えば…あまりに熱がこもりすぎて何を…///)

ダイヤ「そんな事…言いましたっけ///」

千歌「言いましたよぉ~///」

ダイヤ「………つい…気持ちが篭りすぎましたわ…///」

千歌「私も同じですよ」

ダイヤ「えっ?」

千歌「私はダイヤさんの事を、愛していますっ!これで両思いですね!」ギューッ

ダイヤ「///」

ダイヤ「そうですわね…♡」


千歌「ね、ダイヤさん…♡んー…」ウルウル

ダイヤ「!!!」

ダイヤ「はい…千歌さん…♡」ウルウル


 


ちゅっ♡
82: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:30:10.16 ID:FDOnTYhb.net
―――
  ―――
    ―――


ダイヤ「来ちゃましたね…♡」

千歌「はい…♡」

ダイヤ「私の家や千歌さんの家じゃ、誰かに見られますから、しょーがなくですわよ!しょーがなく!」

千歌「そ、そうです!だからホテルに入るのはイケない事じゃないんです!」

ダイヤ「ああ…でも生徒会長が入っていいいものか…」ブツブツ

千歌「ああ…もう入りましょうよ~ほらほら~」グイッ



ラブホテル
83: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:36:13.83 ID:XKIpPJz/.net
梨子「…あの二人♡そこまで進んでたのね♡」

花丸「驚きずらぁ…千歌ちゃんとダイヤさんがずらぁ…」

梨子「今朝の千歌ちゃんがおかしいと思ってた所に
花丸ちゃんからLINEが来て…」

梨子「それから速攻で沼津に来て正解だったわ…」 

梨子「さっきなんか公開告白してたからね…
そうだ!あの動画、ちゃんとコピーしてよね?」

花丸「もちろんずら!じゃあ今梨子さんのスマホに…えーっと」すっすっ

花丸「えーっと…これずら!」ポチッ


花丸「……」

花丸「あ…」


梨子「どうしたの?花丸ちゃん」

花丸「公開告白の動画、LINEに上げちゃったずら~…」テヘペロ

梨子「えっ…?」


ピコーンピコーンピコーン


花丸「ずらっ!ものすごい勢いで反応が…」

梨子「あーあ…花丸ちゃんのせいよ?」

花丸「ずらぁ…」

梨子「当の二人は今頃ホテルの部屋で…♡」
84: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 19:36:20.01 ID:XKIpPJz/.net
終わりです
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「この片付けてねボックスってなんなんですか?」ダイヤ「そこにアンケートを入れて頂ければ私が一考しますわ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。